この曲を聴け! 

80年代 | T | ブリテン | ブルージー | 関連アーティスト | 洋楽ロック/ブルース
THE FIRM
Mean Business (1986年)
1. Fortune Hunter (0)
2. Cadillac (0)
3. All the King's Horses (3)
4. Live in Peace (2)
5. Tear Down the Walls (0)
6. Dreaming (3)
7. Free to Live (0)
8. Spirit of Love (3)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Mean Business" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている4曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Fortune Hunter, 2. Cadillac, 2. All the King's Horses, 2. Live in Peace, 3. Tear Down the Walls, 3. Dreaming, 4. Free to Live, 4. Spirit of Love


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. クーカイ ★★ (2001-09-05 23:59:00)
'86年発表。2作目。
発表当時B誌のレヴューで69点をつけられていたっけ?音が凄まじくこもっていて、ちゃんとプロデュースしたのかとか言われていた。
ごもっとも。確かに音は良いとはいえない。
だが、やっぱりこのアルバムも私は大好きなのだ。
本作の特徴としては、トニー=フランクリンが大活躍している点を挙げられよう。さすがフレットレスベースの名手。いや、もうたまらん。
トニーは作曲面でも貢献しており、彼が書いた6曲目「DREAMING」が私にとっては本作のベストである。まさに夢の中を漂うかのようで、ジミーのソロと曲の後半にテンポアップするスリリングな展開も申し分無し。
1stと本作では、本作のほうが好きな曲が多い。やはりアルバム隋一のハードロック曲①、ウルトラヘヴィーブルーズの②、ちょっとAORな③と④、単純なリフが妙に格好良い⑤、先にも取り上げた幻想的な

…続き

2. 柴が2匹(会社から) ★★ (2004-01-08 22:49:00)
前作同様、お二人のルーツであるブルース、R&Bが下地の作品です。
唯一ペイジらしいハードなオープニング曲の除くと、どれもロジャースの息がかかった曲が多く
やはり唯一のシンセメインのヒット曲「オール ザ キングス ホーシス」を除くと、殆どシンセが使われていない
非常にシンプルで渋い曲ばかりのアルバムです。
全体をとおして聴くとより前作よりもロジャースの歌いまわしやピアノの旋律が強調され彼のボーカルが際立つ作品となっています。
当時、ハードポップになったバドカンよりもこのザ・ファームの方が70年代を背負い込んだ感がありますね。

→同意(0)
3. 火薬バカ一代 ★★ (2018-01-29 22:56:47)
BAD COMPANYを解散させたポール・ロジャースと、LED ZEPPELINを解散させたジミー・ペイジのご両人が、多発性硬化症を患うロニー・レーン(元FACES)のために開催されたベネフィット・コンサートを切っ掛けに意気投合。その後立ち上げたTHE FIRMが’86年に発表した2ndアルバムにしてラスト作となったのがこちら。
ペイジが弾き、ロジャースが歌う…こいつぁ凄いことになりそうな予感!とパンパンに膨らんだファンの期待を他所に、デビュー作で提示されたのはZEP色の薄い、シンプルで飾り気のないブルーズ・ロック。バブルに浮かれる80年代真っ盛りのロック・シーンにおいては、「地味」「期待外れ」と芳しい評価を得られなかったと聞き及びますが、後追いリスナーな上に、そもそもZEPには殆ど思い入れがないボンクラゆえ(BAD COMPANYは大好きなのですが)「ポール・ロジャースの上手い歌

…続き
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage