この曲を聴け! 

ヘヴィメタル/ハードロック
アーティスト分類-ABC順
M | テクニカル
MAGNITUDE 9
Reality in Focus (2001年)
1. No Turning Back (1)
2. What My Eyes Have Seen (0)
3. Far Beyond Illusion (0)
4. Afterlife (0)
5. The End of Days (0)
6. Lost Along the Way (0)
7. Flight of Icarus (0)
8. Temples of Gold (0)
9. Quiet Desperation (0)
10. Mind Over Fear (0)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Reality in Focus" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている10曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. No Turning Back, 2. What My Eyes Have Seen, 3. Far Beyond Illusion, 4. Afterlife, 5. The End of Days, 6. Lost Along the Way, 7. Flight of Icarus, 8. Temples of Gold, 9. Quiet Desperation, 10. Mind Over Fear


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. KUZU ★★ (2002-04-06 23:02:00)
前作 'Chaos To Control'は良くも悪くも、彼らの迸るテクニックやフレーズセンスを上手く曲やメロディーの中に封じ込みきれなくて、「いいパーツは多いんだけど...」どこか消化不良を起こしているアルバム全体を皮肉にも良く現してしまっていた。
ところが本作は、引くべき所は引き、押す場所は全面に一気に押し出すところ、彼らの有る意味驚くべき成長の跡が、完全に整理し切った状態でアルバムに封じ込められている。特に、前作では無制御に近かったテクニックは、きちんとメロディーを引き立たせて、それを際立たせることに徹しているように感じる。プログレッシブ、且つテクニカル、そしてメロディアスで、心にまっすぐ届き易く、有る意味かなり解りやすい1枚。
これでも、彼らのポテンシャルを実はまだ完全に顕わしきっているとは言えないかも知れない。あまりにも曲のメロディーを重視していて、押さえ気味に感じ

…続き

2. ヤング・ラジオ ★★ (2005-05-03 23:07:00)
実はこういったテクニカルでプログレっぽいサウンドを信条としているバンドは数こそ多い。その中でも僕が聴いた中では、レベルは高いほうである。ドリーム・シアターやシンフォニー・X等のファンの方には、この良さがきっと理解できると思う。
例えば日本のレコード会社の人達が上手くプロモーションすれば、ブレイクも期待できる完成度である。ポップであり楽曲のスタイルは本家には及ばないが、案外これがなかなかいいのである。こういったバンドも、もっと注目されていいと僕は思う。

→同意(0)

3. うにぶ ★★ (2008-04-23 23:55:00)
'01年発表の2ndアルバムです。
速弾きバカテク・ギターに、力強くもメロディアスなヴォーカルという組み合わせの、テクニカル・メタルです。
シンフォニーXが好きな人なら気に入るんじゃないでしょうか。オリジナリティーはともかく、レベルは確かに高いバンドだと思います。
売れないのはバンド名のせいもあったりして(地震は嫌ですからね)。
メイデンの「イカロスの飛翔」と、レインボウの「銀嶺の覇者」をカバーしています。前者は良いですね。

→同意(0)

4. ジョージべラス ★★ (2009-09-03 05:02:00)
ロブ・ジョンソンのギターは素晴らしい。彼のソロアルバムも持っているが、ランディーローズの弟子だけあってクラシカルなフレーズを多用し、師匠より勝っているテクニックはとても良い。ギターはイングヴェイに近いが、楽曲的にはシンフォニーXやアーテンションあたりに似ている。DTとはちょっと路線が違うような気がします。ネオクラシカルプログレとも言うのだろうか。キーボードとのバトルなんかはタイム・レクイエムっぽいし、そういう感じですね。

→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage