この曲を聴け! 

10年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | B | ギターヒーロー | ドゥームメタル | ドラマティック | ブリテン | メロディック | 叙情/哀愁 | 正統派 | 有名バンド | 様式美
BLACK SABBATH
Dehumanizer (1992年)
1. Computer God (45)
2. After All (The Dead) (27)
3. TV Crimes (48)
4. Letters From Earth (12)
5. Master of Insanity (20)
6. Time Machine (17)
7. Sins of the Father (4)
8. Too Late (18)
9. I (23)
10. Buried Alive (17)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Dehumanizer" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

Dehumanizer - Wikipedia, the free encyclopedia
登録されている2曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Computer God, 1. After All (The Dead), 1. TV Crimes, 1. Letters From Earth, 1. Master of Insanity, 1. Time Machine, 2. Sins of the Father, 2. Too Late, 2. I, 2. Buried Alive


コメント・評価

Selected Comments
3. GEORGE ★★ (2003-08-07 23:36:00)
当時「HEAVEN AND HELL」は未聴だったので、ディオだから、という期待は全然してなかった。
だから何故こんなに不評なのか不思議だったのを覚えてます。
ヘヴィだけどモダンというほどではないし、けっこうかっこよかった。
逆にディオの声でトニー路線の曲をやってもヴォーカルのあくが強すぎてだめだったんじゃないのか?
→同意(0)
6. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-11-06 23:19:00)
確かにディオ復帰ともなれば「ヘブン・アンド・ヘル」路線だと思いますよね。
でも、ヘビィーだったのはむしろ原点回帰だったのでは?
→同意(0)
7. ら~しょん ★★ (2003-12-03 14:09:00)
"ロニー=様式美の権化"というイメージを持って聴くと大ハズレのアルバムですが、オジー時代のアルバムや「BORN AGAIN」あたりが好きならそこそこ気に入るんじゃないですかね。音像は少しモダン化していますが、良いヘヴィリフが満載されていてトータル的には良いアルバムだと思います。
特にComputer God、After All、TV crimeの冒頭の3曲とToo Lateは名曲でしょう。
→同意(0)
8. STORMBRINGER ★★ (2004-01-07 15:07:00)
評判悪すぎて逆に有名な作品じゃないかと思いますが(笑)。
やはり様式美的なロニーが好きな人には厳しいかもしれないが、俺はロニーの声自体が好きなので、ヘヴィさはあまり気にならなかった。というかむしろヘヴィなほうがオジー時代のサバスに近いと思うのですが、どうでしょう。
というかこのアルバムは名曲揃いですから、よ~く聴きこんでみてください。良い曲だらけですよ(マジで)。特に俺は「AFTER ALL」や「TV CRIME」「MASTER OF INSANITY」「TIME MACHINE」などは気に入ったし、全体を通しても捨て曲を見つけることが出来なかった。
なので、これは実は隠れた名盤なんじゃないっすか。
→同意(0)
9. 頭文字T ★★ (2004-01-20 16:07:00)
中古店のサバスコーナーに必ずといっていい程あるんですよね、これが。
しっかり聴けばいい曲が多数見つかるはずなんですけど。
ヘヴィなリフが耳につきますが、実はメロディアスな間奏も随所に散りばめられてるんです。
→同意(0)
11. 0フレット ★★ (2004-02-19 00:01:00)
気持ちは分かりますがね。よ~く。
個人的には、タイム・マシーンあたりをOZが唄ったら、やたらスリリングになるかも
しれません・・・。
→同意(0)
13. H・W ★★ (2004-05-06 23:37:00)
このアルバムを作るぐらいなら、なんでロニーをわざわざ呼び戻したのか?
上の誰かもおっしゃっていたが、オジーの方が明らかに適任だし、なんならほかの誰かでも良さそうな感じの曲調が並ぶ。
てなわけで、一曲目がスタートしてからずっと、僕はジャケに描かれている白シャツ男の如く、「アイター」となっていたわけだが、
TV CRIMESが始まったとたん、今度はいい意味で白シャツ男のポーズになった。「ビビビビ」
しかし最大風速を記録したのはその一瞬のみ。
「アイター」
→同意(0)
18. 帝王序曲 ★★ (2004-11-27 22:05:00)
発表当時、ロニーが戻って来るっていうんで俺も含め、ほとんどのファンは「HEAVEN AND HELL」の再来を期待したでしょう。
しかし、本作は大方の期待をまったく無視するかのような出来。それゆえに評価が良くなかったんじゃないかな。
様式美などそっちのけ、ひたすらダークでヘヴィなリフが疾走、這いつくばり続ける。
無機質でザラつきのあるサウンドで、青筋を浮かばせながら歌っていそうなロニーのヴォーカルが聴きごたえ十分。随所にメロディックさもちりばめてある。
様式美を前面に出す近年のSABBATHにイマイチ馴染めない俺には、久しぶりに快感を味わえる、硬派で力強く、スリリングでアグレッシヴなアルバムだ。
→同意(0)
19. 夢・マグナム・ナイト ★★ (2004-12-11 01:17:00)
申し訳ないけれど、「BURRN!」での評価、または「HEAVEN AND HELL」を求めた人達に、どうも誤解されているような気がする。
いや、単純に、普通に聴けばいいのだ、なんの先入観もなく。そうすれば、この作品が素晴らしいということがすぐに分かる。
僕は一発で好きになったし、イントロのヴィ二ーのドラムの物凄い固い音像にビビりが走りました。
これをマーティンが歌っていたら、もっと違っていたと思っている。というのは、ロニーというシンガーの実力は最高だと思っているが、彼よりBLACK SABBATHの曲を歌うのに適しているのはマーティンだと思っているからである。
→同意(0)
20. 夢想家・I ★★★ (2005-03-27 01:45:00)
ロニーが以前どこかのインタビューで自身のキャリアで一番のアルバムはとの質問に 「最高のサウンド、最高の楽曲」 と言って本作を挙げていました。
個人的に 「HEAVEN AND HELL」 よりも断然聴く回数の多いアルバムです、へヴィだし良いメロディも満載でこれが何で不評なのか分かりません、サウンドは確かに特異でSABBATH全カタログ中最も硬質でメタリックですがそれが悪いとも思えませんし・・・。
とにかく本当にカッコいいので過小評価に惑わされずに是非一度聴いてみて欲しいアルバムです。
→同意(0)
23. メタル伝道師 ★★ (2005-06-20 19:42:00)
記念すべきロニーの復帰作。
期待外れだとか散々叩かれてるうえに評価が悪いですが、一体なぜ?
まさか皆B!の意見に踊らされてませんか?このアルバムはいいアルバムですよ。
確かに「HEAVEN AND HELL」の音を求めて聞いたら肩透かしをくらいますが、普通に
聞けば名盤と言われる事はあっても駄作とよばれるレベルのアルバムでは無いですよ。
ロニーの歌い方もねちっこくてサバスの雰囲気がよく出てていいと思います。
先入観を捨てて聞いてほしいですね、とりあえず個人的には大プッシュなアルバムです。
→同意(0)
25. 臣呼吸 ★★ (2006-02-09 19:22:00)
僕は大好きですよ、このアルバム。
とてもヘヴィーでカッコイイ曲がたくさんあっていいですね。
個人的には特に最初の三曲と「Time Machine」が好きですね。
もっと評価されるべきアルバムだと思います。
もちろん好みは人それぞれなので、良いと思うも悪いと思うも、
全てリスナーが判断するわけですが。
→同意(0)
26. ラスカル ★★ (2006-02-23 22:09:00)
みなさんおっしゃる通り、過少評価されているのが理解できないです!!!!
へヴィでメロディアスなBLACK SABBATHの魅力が充分詰まってると思います!!!!
個人的にはHEAVEN AND HELLよりも本作のほうが優れた名盤だと思います!!!!
ロニーならではのドラマティックな歌メロも特筆ものですね~!!!!
→同意(0)


Recent 20 Comments

38. anthem ★★ (2007-04-09 19:19:00)
当時購入して聴いて→即売ったが、新ベスト『DIO YEARS』があまりにイイので、輸入盤を注文しました。「COMPUTER GOD」は名曲だしね!久々に聴くのが楽しみ~。BURRN!もこういう作品をけなすだけじゃなくてもっと評価すべきだよなぁ・・・

→同意(0)

39. ライオッ党 ★★ (2007-06-20 17:26:00)
発売当時BURN!では酷評されてたし、その後もなんか意地になって認めてない感じだけど
別に最初からかっこいいなぁと思って聴いてたよン!BURN!ではこのアルバムを認めないのが統一方針なのかねェ・・・ なんか意地の悪さを感じるね。誰かがコメントしてたけど「己の感性を信じるのみ!」ですよ! イイものはイイ!


40. ウカア ★★ (2007-07-04 08:54:00)
何気にこのアルバム気に入ってる


41. Dr.Strangelove ★★ (2007-07-17 12:12:00)
名盤だと思う。
これぐらいへヴィな方がサバスらしくて良い。
隠れた名曲揃いでお薦め。

→同意(0)

42. kunihisa ★★ (2007-08-30 21:25:00)
悪い悪いと言われていたので、今の今まで手を出さなかったけど、聴けばなかなかカッコイイ曲がそろっている。さすがに「heaven~」や「MOB~」程の完成度はないけれど、充分お金を払う価値はあると思います。個人的には#1と#3が気に入っています。やっぱ、自分の耳で聞くのが一番ですね。


43. がおり~ ★★ (2008-01-15 00:13:00)
この作品についてレビューされている方のほとんどが、
ご自身の耳で作品をしっかりと捉えているのだと思います。
某専門誌は、上っ面だけの世論に迎合して、
未だにこの作品に対して正当な評価をしていないと感じます。
特に#1、#2、#3、#5、#6、#9はサバス史上の名曲と言っても過言ではありません。
昨今リリースされた『The Dio Years』に収録されている曲は、
リマスター処理も施され、更にこのアルバムの曲を際立たせています。
是非アルバムごとリマスターされて再発していただきたいですね。
→同意(0)

44. 店員 ★★ (2008-01-20 23:45:00)
この掲示板に来られている方々は良識のある方々ばかりだと思います。
私の個人的な感想ですが、このアルバムは90年代のメタル10傑に入るアルバムと断言させていただきます。何よりアルバム全体を通して全くの隙が無いヘヴィーネスを貫き通しているところに脱帽です。
方向性は異なると思いますが、同時期のメタリカ「メタリカ」、ジューダス・プリースト「ペインキラー」、ファイト「ウォー・オブ・ワーズ」等のヘヴィーネスとセットに再考していきたい、90年代の傑作です。


45. 失恋船長 ★★ (2008-06-09 05:35:00)
メロディアスなサバス様式美を築き上げたメンバーが集結したアルバムを紹介します。ロニー復帰に伴いあの路線を期待したのですが、時代を意識したモダンなヘヴィ路線へとシフトチェンジその融合具合が評価の分かれ目でしょう。ロニーはメロディを歌うのではなくヘヴィでパワフルな歌唱を披露し若いファン層にアピールしている。彼らにはモダンでヘヴィなバンドが頭角を現しシーンに新しい風を送って来た時期だけに問答無用の正統派HM/HRアルバムを叩きつけ存在をアピールして欲しかったと言う向きが多かっただけに評価が厳しいものになったのでしょう。このメンバーと気にしなければ楽しめる内容で凡百のバンドでは太刀打ち出来ないレベルではある。むしろ再結成ブームの走りでアルバム一枚、ワールドツアー一回みたいな契約があったと言う事実に興ざめした覚えがあります。良くも悪くも90年代的アルバムですね。

→同意(0)

46. いおっみ ★★ (2008-11-24 17:10:00)
「激的なサバス」の超傑作!
美しく劇的な「TYR」からメンバーも路線も一転、激しく怒っているヘヴィアルバムだ。
だが、その孤高のクオリティには一点の曇りもなく、「TYR」と真逆の方向性ながら同等のアルバムとも言える。
サバスに相応しい言葉ではないかも知れないが、この時期の彼らは本当に神懸かっている。
なにせ「十年に1枚」のアルバムを2枚連続で作り出したのだから!
特筆すべきはやはりロニーの歌だろう。
ライブではド迫力に歌う彼もスタジオでは美しく歌い上げる事が多かった。
ところが、このアルバムではついにライブと同様のアグレッション&ハイエナジーをスタジオで再現してみせたのだ。
また、単にヘヴィ&アグレッシブなだけで終わらせないのも凄い。
怒濤の迫力をキープしつつ、ブリッジ~サビではキャッチーでもあり、なおかつじっくりと情感も滲ませている
…続き
47. ムッチー ★★ (2009-04-29 02:19:00)
ロニーが久々にサバスに復帰したアルバム。
でも『HEAVEN AND HELL』・『MOB RULES』とは少し違う印象ですね。
よりへヴィに、よりシリアスになってる感じがします。
そして、曲の質も高い。いい曲ばかりですよ。
それと、ロニーは相変わらず素晴らしい!「荘厳」という言葉がピッタリな歌いっぷりですわ。

(追記)と,当初はこの様な感想でしたが,前後のマーティン在籍時5枚を聴いた後,だいぶ印象が変わりました。
このアルバムは他のアルバムと比べて明らかに異質ですね。
自分は他のアルバムはHRに感じますが,これは唯一.間違いなくHMアルバムですね。それもちょっとモダンな。
これはこれで疑いようもなく高品質でカッコいいのだが、
これ1枚だけでこのラインナップは崩れてるわけなんだし、せっかくバンドとして安定し始めて、
素晴

…続き

48. モブルールズ ★★ (2009-07-05 21:21:00)
世間で言われてる程悪くはない。でもやはりHEAVEN AND HELLやMOB RULUSには遠く及ばないというのが僕の感想。アイオミのプレイは素晴らしい。

→同意(0)

49. メタルKEISHOU ★★ (2009-12-06 11:34:00)
これは厳しかった。
ロニーの声にこのへヴィさは合ってないと言わざるを得ない。
彼自身の当時の考えで、こうしたへヴィさを求めたと記憶しているが、まあロブ ハルフォードも血迷っていた時期が有ったわけだし、アーティストが変化を求めて、ファンからすれば頓珍漢にしか思えないことをするのは、往々にしてあることなので、非難するということではなく、おいおい勘弁してくれよと愚痴をこぼしたくなったというのが、私の心境でした。
「電脳の神」「I」は良いな。

→同意(0)

50. Lenny ★★ (2010-01-17 19:03:00)
トニー印のリフ満載の楽曲、魔力を増したロニーの強力なボーカル、
豪快にうねるギーザーのランニングベース…とにかく素晴らしいの一言。
「Computer God」ではトニーお得意のカタルシス展開が聴けるし、
「TV Crime」はメタルファン歓喜のファスト・チューンだ。
その他にも、一度聴いたら歌えるサビが魅力的な「I」、
ウェインズ・ワールドのサントラにも入っている「Time Machine」など、
粒ぞろいの楽曲が並んでいるので、聴きごたえのあるアルバムである。
ただ少し残念なのが、ヴィニーのドラム・サウンドである。
アルバムに漂う「90's的なモダンな無機質さ」は、
硬質なドラム・サウンドによるところが大きい。
コージーのドラミングも硬質なサウンドなのだが、
このアルバムの場合、硬質なドラム・サウンドによって『グルーヴ
…続き


51. エクスプローラー ★★ (2010-03-14 01:15:00)
★★★★☆
→同意(0)

52. カルチョ ★★★ (2011-12-20 21:03:25)
楽器隊の音がヘヴィになっただけで、歌メロはいつものロニー節が炸裂しております(Buried Aliveのサビとか悶絶モノ)。
海外ではもう「名盤」に近い評価らしいですが。日本での評価はイマイチなのかなぁ?
→同意(0)

53. ino_chan ★★★ (2012-06-16 18:23:02)
前作のあまりの出来の良さもあり、ラインナップから早々と「H&Hの再来!」と勝手にメディアが決めつけてしまったのが、返す返すも残念な作品。
(加えて、ジャケの酷さも後の悪評の一因となったかも)

おかげでこの傑作に巡り逢うのに、何年も遠まわりをしてしまいました。
①②③⑤⑥など名曲ぞろいで、90年代HMの傑作のひとつと言えるでしょう!
→同意(0)

54. 波止フカセ師 ★★★ (2017-02-18 21:52:18)
早く手に入れたいアルバムです。
これも名曲揃いだと思うんですがね。
→同意(0)

55. 名無し ★★ (2017-09-12 13:08:26)
むしろBlackSabbathがHeaven and Hellを出した事がロニーに合わせた感があってあのアルバムは優れていて私も嫌いじゃないがあれをBlackSabbathでやる必然を当時から感じなかった。
あれから随分長い年月を経て今でもちょくちょく聴くのがこのアルバム。


56. 名無し ★★★ (2018-08-21 23:03:40)
上の方でこのアルバムとTYRを両方好ましいと思う人が居たらコワイというのがあったが、なるほどなと思ってしまった。
俺の場合TYRの良さがまったく判らないですわ^^;
基本的にビルワードが居ないサバスでいまだにCDを通しで聞くのはヘッドレスクロス(名盤だと思う)、ついでこのデヒューマナイザーとあとせいぜいエターナルアイドルくらいです。
難点としては、なんかしらんアイオミ先生がギターをジャカジャカと掻き鳴らしてる曲が多いのよね。勿論よいリフもちゃんとあるが。あとはドラムがビルかせめてコージーだったらなあ・・ってとこですかね。いあむしろ楽曲的にはコージーの方があうのかな。
まあ総体的な俺的評価として、このアルバムはサバスは初期だけが好きな人にもお勧めできる良いアルバムだと思います。
逆にいうとTYR最高! な人にはお勧めしにくいかも^^;


57. 正直者 ★★★ (2018-11-25 15:32:33)
リリース当初は誰もが、おいおいおいロニー・ジェイムス・ディオを戻してこれかよと嘆いたね。まるでHEAVEN AND HELLパート2が出るような勢いで煽ったメディアの責任が大きい。このアルバムリリース後のミュージックシーンを見渡せば、このアルバムが駄作であるわけがない。でもまぁ平均点は越えていない。すくなくともタイトルだけカッコいいNEVER SAY DIEよりはましだ。

→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-57  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage