この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 90年代 | F | アメリカ | インダストリアル/エレクトロ | オルタナティブメタル/ニューメタル | グラインドコア | スラッシュメタル | テクニカル | デスメタル
FEAR FACTORY
Obsolete (1998年)
1. Shock (29)
2. Edgecrusher (29)
3. Smasher / Devourer (3)
4. Securitron (Police State 2000) (8)
5. Descent (13)
6. Hi-Tech Hate (5)
7. Freedom or Fire (6)
8. Obsolete (7)
9. Resurrection (24)
10. Timelessness (5)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Obsolete" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている1曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Shock, 1. Edgecrusher, 1. Smasher / Devourer, 1. Securitron (Police State 2000), 1. Descent, 1. Hi-Tech Hate, 1. Freedom or Fire, 1. Obsolete, 1. Resurrection, 1. Timelessness


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. うにぶ ★★ (2003-04-13 23:46:00)
進化型メタル・バンドの3rdアルバムです。(バンド自身はリミックス盤も数えて5作目と考えてるかも)
ストーリー・アルバムになっていますが、これまでの作品は全部統一したコンセプトの下につくられてるらしいですね。科学の進歩がもたらす危機とか、人間の進化、未来の姿とかそんな感じでしょうか。
このアルバムのストーリーは『ブレード・ランナー』『ターミネイター』的な退廃的未来観と言いますか、機械に支配された文明と、それに抵抗する人間との戦いみたいな、SF映画によくあるタイプの話になっています。体制側に追われる主人公《エッジクラッシャー》の絶望的な戦い…とか書くと陳腐ですが、音楽性には合っているし、なかなか凝っていて完成度は高いです。歌詞の他に場面説明なんかも記載されていて、映画の脚本っぽくつくりこまれています。『マトリックス』みたいな映画が好きな人にはたまんないと思いますね。
作曲

…続き

2. GEORGE ★★ (2003-09-21 15:30:00)
前作みたいな速さと轟音で押しまくる部分はかなり減った。
その分リフとリズムの切れの良さが際立つようになり、ベースラインが心地よく乗せてくれるから聴いてて気持ちいい。
バートンも咆哮と歌唱を使い分けるだけでなく咆哮しつつ歌っちゃうし、もうすんごいね。
やっぱり効果音をとっぱらってもかっこいい曲を書いてる。
というか前と較べても効果音減ってるよね?
それでもインダストリアル味が減退してないのは何故だろう…

→同意(0)

3. オカケン ★★ (2004-03-16 23:23:00)
冷酷無比。それだけに「RESURRECTION」が流れてきた時にはホッとしました。
そういや、このアルバムの映画化の話ってどうなったんでしょう?

→同意(0)

4. RK ★★ (2004-11-01 18:59:00)
前作のようなスピード感はなくなったものの、曲のメロディが一段とよくなった印象を受けました。
アルバム全体がストーリー的みたいになっていて全然ダレることはありません。
疾走が好きな人にはあまりおすすめはできませんが、印象的なギターのリフや心地よいベースラインがあって個人的には気に入っています。
それとバートンのボーカルがさらにうまくなっていて⑨のRESURRECTIONは本当に感動する曲です。
FEAR FACTORYを初めて聴く人には2ndとこの3rdがおすすめです。
→同意(0)

5. 研究員 ★★ (2005-01-31 23:24:00)
とてもよく作りこまれた作品だと思います。特に歌詞世界はSF好きにはたまらないのではないでしょうか。歌詞を堪能するために日本盤を買うことをオススメします。
音楽的にはそこまで速い曲なんかは無い。じっくり浸れる作品だと思います。
→同意(0)

6. WILK ★★ (2005-05-23 20:05:00)
前作ほど速くはないが、その分、ディーノのリフとバートンの歌メロが強化されている。
2ndにも決して劣ってはいない。RESURRECTIONだけで買い。

→同意(0)

7. 天誅 ★★ (2005-09-26 12:07:00)
3rd。
一通り聴いてみるとこのアルバムは一種のストーリーアルバム的な感じがした。
特に前作のような突進力はないけど、切れ味のよいギターのリフやレイモンドの人間離れしたドラムは今作でも健在している。
おすすめの曲は①のSHOCKや⑨のRESURRECTION☆。
あとバートンの歌が前作よりもさらにうまくなっていて歌メロが強化されているので、とても聞きやすい作品だと思う。
→同意(0)

8. awake ★★ (2005-10-28 03:19:00)
もはや近未来SF映画の世界
サンプリングやSEのセンスはこのアルバムが一番
メロディが強化され聴きやすくなった上に、ヒップホップを導入した②や壮大な⑨等音楽性も広がった
個人的にFFとは何か、といえばこの一枚を挙げます
→同意(0)

9. hiromushi ★★ (2006-06-02 23:04:00)
第一印象がもう生理的に受けつけない感じがしました。
嫌~な予兆は凝りに凝ったSF哲学的歌詞(説明文に気が遠のく)にも確かにありましたが、正直に言って素晴らしい徹底ぶりです。素直に凄いと思います。
薄気味悪いサイバー化したメロディは、とっつき悪いというより悪寒がして
仕方ないという、まさに恐怖そのものだし、親しみ易いメロディを持った曲と
交錯するとこんなにも気持ちが悪くなるのか、といった具合でして、とても夢見の悪い
アルバムなんですよね。
・・・だから、もう二度と聴きたくないです、このバンド。尊敬の念を込めて、
偉大なる恐怖をありがとう・・・とだけ言いたい。

→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage