この曲を聴け! 

80年代 | 90年代 | R | スラッシュメタル | パワーメタル | 正統派
REVEREND
Play God (????年)
1. Butcher of Baghdad (0)
2. Heaven on Earth (0)
3. Fortunate Son (3)
4. Blessings (0)
5. Promised Land (0)
6. Play God (0)
7. Warp the Mind (0)
8. What You're Looking For (0)
9. Blackend Thrive (0)
10. Death of Me (0)
11. Far Away (2)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Play God" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

登録されている11曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Butcher of Baghdad, 2. Heaven on Earth, 3. Fortunate Son, 4. Blessings, 5. Promised Land, 6. Play God, 7. Warp the Mind, 8. What You're Looking For, 9. Blackend Thrive, 10. Death of Me, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. GEORGE ★★ (2003-08-23 22:29:00)
METAL CHURCHとヴォーカリストをとっかえっこしたHERETIC、もしくはマイク・ハウとバックバンドをとっかえっこしたデイヴィッド・ウェインの2nd。
基本はMETAL CHURCHと同様のストレートなアメリカンパワーメタル。
いいですよね、こういうバンド。
最近のパワーメタルと違ってワイルドでアグレッシヴで。
デイヴィッド・ウェインの声が特徴的で、かつ歌メロも一筋縄でいかなくて、でもどこをどう聴いてもメタル!っていうのが好き。
このアルバム、中古屋を探し回ってやっと入手したけど1stが手に入らない。聴きたいよ~。

→同意(0)

2. KARL ★★ (2003-08-29 22:15:00)
やはり聴きどころはデイヴィッド・ウェインのvoだろう。ウェインのvoには、他のバカテクヴォーカリストと違い、妙な下心がない。感情のままに歌っているという感じだ。
奥村氏もB誌でいっていた気がするが、彼のvo完成形、そして頂点がここにある。この後どうしてたんだろ?METAL CHURCH再結成ではその衰えっぷりに驚いたが、やっぱり歌のうまい人は衰えても味があっていい。センスがいいっちゅうのかな。
REVERENDでウェインが歌うアルバムは4枚持っているが、この「PLAY GOD」はアルバムとしては2枚目で、ファースト、ミニアルバム、あと2001年に出た再結成REVERENDである。これはちょっとアレだが(笑)。
またREVERENDのライブアルバムが西ドイツ盤で存在しているというようなことをB誌の10年位前のライブアルバム特集で読んだ気がするが、どうなんでしょ??
→同意(0)
3. 火薬バカ一代 ★★★ (2006-12-18 22:06:00)
元METAL CHURCHのVoデヴィッド・ウェイン率いるパワー/スラッシュ・メタル・バンド、'91年発表の2ndアルバム。
メンバーの約半数が日系人という点もユニークなバンドでしたが、本作発表の時点で既に彼らの姿はありません。残念。ただ(喜ぶべきか悲しむべきか)作品の完成度には全く影響なく、今回も前作に勝るとも劣らぬハイクオリティ。
全体的にMETAL CHURCHっぽさはかなり後退していて、その作風はスラッシュ・メタルというより、モダンなアメリカン・パワー・メタルといった趣き。マイケル・ローゼンが手掛けた肉厚なサウンド・プロダクションもそう感じさせる一因で、例えば①⑦といったスピード・チューンは、何処となく第3期LOUDNESSに通じる雰囲気も。(といってもリリースは本作の方が先ですが)
またアコギやKeyの導入等、メロディ重視の姿勢も押し進められていて、ウェインの

…続き

4. cri0841 ★★ (2007-01-05 23:30:00)
1stよりあらゆる面で完成度高いと思うけど、洗練されておとなしくなった
と受け取る人も多いかも。このアルバムのデビット・ウェインの歌いっぷりは
正直もの凄い。本当にもの凄い。叙情性と凶暴性が完全に両立しててホント見事
としかいいようがないです。このアルバムでの歌唱が彼のベストなんだろうな。

→同意(0)

5. 格闘系ベーシスト ★★ (2008-11-01 20:41:00)
もう、デヴィッド・ウェインのディストーションヴォーカルが
2度と聴けないのが残念でなりません。
あれから3年の月日が流れてしまったのですね。
彼等を知ったのはMetal Churchが「The Human Factor」をリリースして
しばらくしてから、このアルバムをリリースしてきました。
ハマると病みつきになる声と言うかメタルチューンをこんな風に唄ってほしいと
思い込んでいるリスナーの曖昧な期待をモノの見事に表現するシンガーでした。
カート・ヴァンダーフーフも間違いなくヴォーカル選びは
今でもデヴィッドを基準にしてる筈です。
→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage