この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 80年代 | 90年代 | M | アメリカ | テクニカル | ドラマティック | パワーメタル | メロディック | ロックンロール | 叙情/哀愁 | 正統派 | 有名バンド
MANOWAR
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
Battle Hymns (32)
Into Glory Ride (17)
Hail to England (19)
Sign of the Hammer (71)
Fighting the World (31)
Kings of Metal (79)
The Triumph of Steel (30)
Louder Than Hell (38)
Warriors of the World (72)
Gods of War (30)
Battle Hymns MMXI (6)
The Lord of Steel (7)
Kings of Metal MMXIV (2)
The Hell of Steel (6)
Hell on Wheels: Live (22)
Anthology (2)
Hell on Stage Live (10)
The Absolute Power (8)
Gods of War Live (2)
Metal Warriors (4)
The Dawn of Battle (4)
The Sons of Odin (4)
Fire and Blood (2)
Hell on Earth PartⅠ (2)
Defender (0)
Return of the Warlord (0)


解説
1980年に、アメリカ合衆国ニューヨークにて結成されたヘヴィメタルバンド。
Black Sabbathのツアーにパイロテクニクス及びベースの技師として同行していたJoey DeMaioと、ツアーのオープニングアクトを務めていたSHAKIN' STREETのRoss "The Boss" Friedmannが意気投合し、翌1981年にEric Adams、Donnie Hamzikを加えて結成された。バンド名の由来は軍艦を意味する"Man of War"から。 真のヘヴィメタルを標榜する彼らは「Death to False Metal」(偽メタルに死を)を合言葉に掲げ、1982年に1stアルバム『Battle Hymns』でデビュー。
1stアルバムにはロックンロール色の強い楽曲も収録されており、まだバンドの持つ音楽的イメージが十分には固まっていなかったが、2ndアルバム『Into Glory Ride』から筋骨隆々とした闘士のイメージを確立。以降モチーフを中世ヨーロッパの闘士、北欧神話、ギリシア神話・インディアンなどに求めた勇壮・雄大で高揚感の溢れる作品作りを中心に行う一方、各アルバムには必ずと言っていいほどバラードも収録され、戦士の孤独や倒れていった者達への哀悼などを哀愁漂う楽曲で表現することで、これら楽曲がアルバムに緩急をもたらすとともに、作品としての深みを持たせることに寄与している。これら叙事詩的なスタイルは主にヨーロッパで人気を博す一方、本国アメリカにおいては欧州ほどの支持は得られていないのが実情である。
他にはバンド自身や世界中のファンのことをモチーフにした楽曲、特にライヴにおける観衆との掛け合いを前提とした曲作りが多いのも特徴である。
力強くドラマティックな楽曲にEric Adamsのシャウト、Joey DeMaioの"光速"ベースが特徴。 右手首を左手で掴んだまま頭上に掲げるポーズは「Manowar Sign(マノウォー・サイン)」と呼ばれており、彼ら自身やファンの間だけではなく、他のバンド、ミュージシャンもライヴなどでポーズをとる事がある。メンバー全員が中世の戦士のように屈強な体躯をしており、曲名や歌詞によく現れる「Warrior(ウォリアー)」を体現している。またJoeyが過去のインタビューにおいて、バンドのメンバーになる条件として「大音量での演奏が好きで、女好きで、ビールを飲むことが好き。何より全世界のヘヴィメタルファンを愛していなければならない。」とインタビュアーの問いに答えている。彼らはファンを非常に大切にすることで知られ、これまで幾多のインタビューや楽曲においてファンに対する敬意を明らかにしてきた。2000年頃まではファンのことをMetal Warriors (ヘヴィメタルの戦士)、Manofans (Manowar + ファンの造語)、又はBrothers (and Sisters) of True Metal (真のヘヴィメタルの兄弟姉妹)などと表現していたが、2012年の楽曲にあるとおり最近はManowarriors (Manowar + Warriorsの造語)と表現することも多い。
音量に関して過去に『ギネス・ワールド・レコーズ』に記録されたことがあった(139dBを記録する)が、ギネス・ワールド・レコーズは2008年、「聴力障害を促する恐れがあるため」との理由で「世界で最もうるさいバンド」というカテゴリーを廃止した。ちなみに、Manowarというバンドにとって絶対にやってはいけないことは「アンプリファイアーのヴォリュームを下げることだ。過去にもしたことが無いし、この先未来永劫することはない。そんなことをするくらいなら、死を選ぶ。」とのことである。
世界で900万枚以上の売上げを記録している。

Current members (リーダーはJoey DeMaio)
Joey DeMaio - bass, guitars, keyboards, classical guitar (1980–present)
Eric Adams - lead vocals (1980–present), guitars (1980)
Donnie Hamzik - drums, percussion (1981–1982, 2010–present; session member: 2009)
Karl Logan - guitars, keyboards, classical guitar (1994–present)

外部リンク
"MANOWAR" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

コメント・評価

Selected Comments
51. el ★★ (2004-11-01 14:15:00)
ヘヴィメタルとは何たるか、ヘヴィメタルとしてやるべき事は何かを嫌って程判っていないとこんな音は出せまい。Metal Of Metal!!!
だからこそ一日も早い来日が待たれる。全国の真のメタラーが集まり、日本武道館だって埋めてしまうだろう。
侍に相応しい聖地は武道館以外無い。
→同意(0)
52. せーら ★★ (2004-11-01 16:38:00)
小さなクラブでプレイするMANOWARって、確かにちょっと想像し難いですけど、来日してくれるんなら、会場はもうどこでもいいです。とにかく一目本物を観てみたい、それだけです。
今、サイト作りしています。そこに、MANOWAR応援ページみたいなのを一緒に作ろうかなーと、ちょっと前から色々やってるんですが、根気がないのでなかなか思うように進みません(汗)
ま、気長にやってみます。
→同意(0)
55. KA'z ★★ (2005-04-20 00:39:00)
MANOWARに関してはド素人の自分ですが、「BLOOD OF MY ENEMIES」「METAL WARRIORS」などには完全に打ちのめされました。(他バラード系も好きですが・・・)
BEST盤『THE KINGDOM OF STEEL』から入門し、つい最近『FIGHTING THE WORLD』を購入しました。(正直『FIGHTING~』には「あれ?」ってな感じでした。)
昨年は激安の旧譜を中心に購入していましたが、MANOWARレベルのアルバムには殆ど出会えませんでした。
というわけで、今年最大の目標はMANOWARのオリジナル盤コンプリートに決めています。他にもどんなミドルテンポの名曲があるのか本当に楽しみです。
(今では最近まで未聴だった自分を恥ずかしく思います。)
→同意(0)
56. こうじ ★★ (2005-04-20 12:26:00)
そうですね。
powerはそれ程の曲じゃないでしょう。
彼等の魅力は「疾走感」というより「ドライブ感」でしょう。
荘厳で威圧的なミドル/スローもいいですし。
ロックンロールのノリを失わずに
ここまで孤高なメタル世界を構築したというのは
大変な事だと思います。
→同意(0)
72. minato ★★ (2006-01-11 01:53:00)
そろそろMANOWAR聴いてみたいです。
有名なバンドみたいですけど、オレはなぜか聴いたことがありません。
初めて聴くならどのアルバムがお勧めでしょうか?
→同意(0)
73. 車屋さん ★★ (2006-01-11 10:49:00)
>minatoさん
MANOWARだったら、先ずは『KING OF METAL』か『LOUDER THAN HELL』が個人的にお薦めです。MANOWARは駄作を作らない(妥協しない)ので、どれも傑作クラスの最強ALBUMなんですが、『KING OF METAL / HAIL AND KILL』や『LOUDER THAN HELL / THE POWER 』の凄さを是非体感して頂きたいです。
→同意(0)
76. 湘南メタル ★★ (2006-01-20 18:44:00)
MANOWAR will relerase a brand new single, "The Sons Of Odin", on February 27, 2006. This 10-minute epic, in classic true metal style, sets the perfect tone for the impending release of the yet-untitled full-length album, scheduled for April 3, 2006.
だそうです。
今度こそ来日して欲しい!
HAIL!!!
→同意(0)
77. ラスカル ★★ (2006-01-20 20:21:00)
おぉ!!!!遂に新作が完成するのですね!!!!今年も良いメタル年になりそうですね!!!!
みなさん、是非国内盤CDを買いまくってMANOWARを日本に呼ぼう!!!!!!
俺も初めてMONOWARを聴くのなら、LOUDER THAN HELLが王道メタルチューン満載で良いと思います!!FIGHTING THE WORLDも良い意味でコマーシャルなのでおすすめです!!!!
→同意(0)


Recent 20 Comments

81. ラスカル ★★ (2006-01-24 02:51:00)
おぉ!!KINGS OF METALをお買いになられましたか!!!!熱すぎる!!!!
もう今ごろMANOWARの虜ですな!!!!

→同意(0)

82. 車屋さん ★★ (2006-01-24 12:51:00)
>minatoさん
火傷にご注意下さい(笑)
最高に熱いぜ『WHEEL OF FIRE』
漲るメタル魂『HAIL AND KILL』
で昇天しちゃいましょう。HAIL!!!

→同意(0)

83. すりっぷのっと ★★ (2006-01-24 15:15:00)
MANOWARでエラく盛り上がってますね。
名曲「HAIL AND KILL」のアツさとカッコよさは天下一品でしょう。
まさにKINGS OF METAL。読んで字の如し。

→同意(0)

84. 暗黒騎士MARS ★★ (2006-01-24 21:58:00)
何故かこのバンドは未聴だが・・・WISHBONE ASHの「ARGUS」に似ているのか。
今度チェックしてみるか。

→同意(0)

85. 湘南メタル ★★ (2006-01-25 01:02:00)
新たな兄弟にHAIL!!!!!

→同意(0)

86. 暗黒騎士MARS ★★ (2006-01-26 01:24:00)
本日WARRIORS OF THE WORLDを注文しました。早く聴きたいです。

→同意(0)

87. ラスカル ★★ (2006-01-26 04:19:00)
WARRIOURS OF THE WORLDは最高ですよ!!!!
朝イチに聴くと、その日は無敵になれる気分になる。そんなアルバムです!!!!

→同意(0)

88. minato ★★ (2006-01-26 23:22:00)
ぬぐおおー!いいよいいよMANOWAR!

→同意(0)

89. ラスカル ★★ (2006-01-26 23:33:00)
おぉ、minatoさん!!次はライブDVDを買いましょう!!!!
最初から最後まで手抜き一切なしの熱いライブパフォーマンスは実に感動的ですよ!!!!

→同意(0)

90. 暗黒騎士MARS ★★ (2006-01-27 03:33:00)
CDがあと2日以内には届きそうであります。かつて、これ程までに期待してしまう作品があっただろうか?・・・・・ない。

→同意(0)

91. せーら ★★ (2006-01-29 00:39:00)
どうやらバイク事故でカールが怪我したとか。新作も発売が遅れる見通しのようで、残念です。
>minatoさん
これでもうMANOWARブラザーの仲間入りですね。
>暗黒騎士MARSさん
どうもはじめまして。「WARRIORS~」存分に楽しんで下さい。最高ですから。

→同意(0)

92. minato ★★ (2006-01-29 01:00:00)
ラスカルさん
そうですねっ!ライブDVD買ってみようと思ってきました!お勧めを是非教えてください!
せーらさん
(笑)そうですね!
このバンド、カッコいいが、「クール」ではないのだ。

→同意(0)
93. ラスカル ★★ (2006-01-29 02:01:00)
おすすめのDVDなんですが、どれも素晴らしく、一枚選ぶのが非常な困難なため、MANOWARマニアである真雄さんという方に意見を聞いてみました!!
「正直、現段階では俺はまだMANOWARファンと未熟であるがゆえに、どれが一番とは言える資格をもっていないわけだ。しかし、あえてここで言わせてもらうのならば、パートⅡは曲数が多い点では素晴らしいが、HAIL AND KILLなどの前奏がカットされてるのが痛い。そこをプロモで補っているわけだ。パートⅢは曲数は少ないながら、WARRIORS OF THE WORLDの曲が聴けるのは高評価である。ちなみにチューニングが下がっている。パートⅥはドキュメンタリーなので、初心者にはあまりオススメはしません。パートⅠのHAIL AND KILLはとても優れた映像作品だ!制作費に10億円かけて制作されたハリウッド映画なんかよりも遥かに凌駕する映像である事

…続き

94. 車屋さん ★★ (2006-01-29 12:59:00)
>ラスカルさん
はじめまして…でしたよね!?
手抜きの一切無い、熱いLIVEを見せてくれる事で有名なMANOWARだけに、
日本で見れないLIVE映像満載のDVDを俺も買おうと思います。今までど
んなBANDであっても映像作品に興味が無かった俺ですが…。↑の文面見
ていて『DVD買いたい』と素直に思いました!
>制作費に10億円かけて制作されたハリウッド映画なんかよりも遥かに~
→あぁ…HAIL AND KILLのPV見たくなりました。明日注文しに行きたいと
思います。

→同意(0)

95. ラスカル ★★ (2006-01-29 13:45:00)
HAIL AND KILLはプロモではなくライブなんですけど、HELL ON EARTH PART1に入ってるバージョンは最初の叙情的なパートがアルバム以上に叙情的でエリックが感動的な唄を聴かせてくれます!!!!
PART2でのHAIL AND KILLはいきなりアップテンポなパートから始まっちゃうんですけど、ドキュメンタリーが半分くらいのPART1よりはPART2のほうがライブ主体なので楽しめると思いますよ!!!!
まぁ、両方買うのもいいかもしれません!!!!
ドキュメンタリーも映像だけみてても面白いので、国内盤がないのが痛いですね。字幕さえあれば!!
PART1はVHSのみ国内盤があったのですが、今は残念ながら廃盤っぽいです。

→同意(0)

96. 車屋さん ★★ (2006-01-29 14:36:00)
>ラスカルさん
なるほど…。輸入版のみですか。
気になって仕方が無いので、輸入系のDVDが置いてあるショップ
に行かなくてはいけませんね。エリックの感動的な歌唱力を是非聴
いてみたいと思います。という訳で先ずは、『HELL ON EARTH PART1』
から買ってみたいと思います。詳しい情報ありがとうございました!

→同意(0)

97. 湘南メタル ★★ (2006-01-29 18:28:00)
マジにケツを蹴り上げるぜ!
http://www.youtube.com/w/warriors-of-the-world?v=vKpGYEFi7sc&search=manowar

→同意(0)

98. 暗黒騎士MARS ★★ (2006-02-02 01:28:00)
>せーらさん、ラスカルさん
WARRIORS OF THE WORLDがやっと届きました。今じっくり聴きこんでいる最中ですが、実に丁寧に作られた作品ですね。とても気に入りました!

→同意(0)

99. ラスカル ★★ (2006-02-02 02:10:00)
おぉ!!この勢いでHAIL TO ENGLANDも買いましょう!!!!国内盤もまだ生きているはず!!!!っつーか、日本のレコード会社もMANOWARの名作の数々を廃盤にするなんてどうかしてる!!!!こんなことするからMANOWARが日本に来てくれないんだ!!!!たとえ売上が少なくてもへヴィメタルの未来の為に再発するべきだ!!!!SABBATHとかSLAYERのアルバムもほとんど廃盤だか生産中止になってるっぽいし、日本はどうかしてるよ!!!!

→同意(0)

100. minato ★★ (2006-02-02 02:13:00)
ラスカルさん、ありがとーございます!
DVDにも挑戦してみまっす!

→同意(0)
| 発言: 1-50  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage