この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 80年代 | 90年代 | M | アメリカ | テクニカル | ドラマティック | パワーメタル | メロディック | ロックンロール | 叙情/哀愁 | 正統派 | 有名バンド
MANOWAR
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Battle Hymns (32)
Into Glory Ride (17)
Hail to England (19)
Sign of the Hammer (71)
Fighting the World (31)
Kings of Metal (79)
The Triumph of Steel (33)
Louder Than Hell (38)
Warriors of the World (72)
Gods of War (30)
Battle Hymns MMXI (9)
The Lord of Steel (7)
Kings of Metal MMXIV (2)
-ライブ盤-
The Hell of Steel (6)
Hell on Wheels: Live (22)
Anthology (2)
Hell on Stage Live (10)
The Absolute Power (8)
Gods of War Live (2)
-その他-
Metal Warriors (4)
The Dawn of Battle (4)
The Sons of Odin (4)
Fire and Blood (2)
Hell on Earth PartⅠ (2)
Return of the Warlord (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1980年に、アメリカ合衆国ニューヨークにて結成されたヘヴィメタルバンド。
Black Sabbathのツアーにパイロテクニクス及びベースの技師として同行していたJoey DeMaioと、ツアーのオープニングアクトを務めていたSHAKIN' STREETのRoss "The Boss" Friedmannが意気投合し、翌1981年にEric Adams、Donnie Hamzikを加えて結成された。バンド名の由来は軍艦を意味する"Man of War"から。 真のヘヴィメタルを標榜する彼らは「Death to False Metal」(偽メタルに死を)を合言葉に掲げ、1982年に1stアルバム『Battle Hymns』でデビュー。
1stアルバムにはロックンロール色の強い楽曲も収録されており、まだバンドの持つ音楽的イメージが十分には固まっていなかったが、2ndアルバム『Into Glory Ride』から筋骨隆々とした闘士のイメージを確立。以降モチーフを中世ヨーロッパの闘士、北欧神話、ギリシア神話・インディアンなどに求めた勇壮・雄大で高揚感の溢れる作品作りを中心に行う一方、各アルバムには必ずと言っていいほどバラードも収録され、戦士の孤独や倒れていった者達への哀悼などを哀愁漂う楽曲で表現することで、これら楽曲がアルバムに緩急をもたらすとともに、作品としての深みを持たせることに寄与している。これら叙事詩的なスタイルは主にヨーロッパで人気を博す一方、本国アメリカにおいては欧州ほどの支持は得られていないのが実情である。
他にはバンド自身や世界中のファンのことをモチーフにした楽曲、特にライヴにおける観衆との掛け合いを前提とした曲作りが多いのも特徴である。
力強くドラマティックな楽曲にEric Adamsのシャウト、Joey DeMaioの"光速"ベースが特徴。 右手首を左手で掴んだまま頭上に掲げるポーズは「Manowar Sign(マノウォー・サイン)」と呼ばれており、彼ら自身やファンの間だけではなく、他のバンド、ミュージシャンもライヴなどでポーズをとる事がある。メンバー全員が中世の戦士のように屈強な体躯をしており、曲名や歌詞によく現れる「Warrior(ウォリアー)」を体現している。またJoeyが過去のインタビューにおいて、バンドのメンバーになる条件として「大音量での演奏が好きで、女好きで、ビールを飲むことが好き。何より全世界のヘヴィメタルファンを愛していなければならない。」とインタビュアーの問いに答えている。彼らはファンを非常に大切にすることで知られ、これまで幾多のインタビューや楽曲においてファンに対する敬意を明らかにしてきた。2000年頃まではファンのことをMetal Warriors (ヘヴィメタルの戦士)、Manofans (Manowar + ファンの造語)、又はBrothers (and Sisters) of True Metal (真のヘヴィメタルの兄弟姉妹)などと表現していたが、2012年の楽曲にあるとおり最近はManowarriors (Manowar + Warriorsの造語)と表現することも多い。
音量に関して過去に『ギネス・ワールド・レコーズ』に記録されたことがあった(139dBを記録する)が、ギネス・ワールド・レコーズは2008年、「聴力障害を促する恐れがあるため」との理由で「世界で最もうるさいバンド」というカテゴリーを廃止した。ちなみに、Manowarというバンドにとって絶対にやってはいけないことは「アンプリファイアーのヴォリュームを下げることだ。過去にもしたことが無いし、この先未来永劫することはない。そんなことをするくらいなら、死を選ぶ。」とのことである。
世界で900万枚以上の売上げを記録している。

Current members (リーダーはJoey DeMaio)
Joey DeMaio - bass, guitars, keyboards, classical guitar (1980–present)
Eric Adams - lead vocals (1980–present), guitars (1980)
Donnie Hamzik - drums, percussion (1981–1982, 2010–present; session member: 2009)
Karl Logan - guitars, keyboards, classical guitar (1994–present)

外部リンク
"MANOWAR" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている96曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Hail and Kill, 2. Wheels of Fire, 3. The Power, 4. Hand of Doom, 5. Kings of Metal, 6. Blood of the Kings, 7. Black Wind, Fire and Steel, 8. House of Death, 9. Warriors of the World United, 10. Heart of Steel, ....


コメント・評価

Selected Comments
7. Kamiko ★★ (2003-09-26 19:40:00)
春夏秋冬、いつでもどこでも皮製品。
コレが彼らの真髄ッス。
→同意(0)
8. せーら ★★ (2003-11-11 01:42:00)
「勝利の鋼鉄」を聴いて、有無を言わせぬその迫力に圧倒。
「キングス・オブ・メタル」を聴いて、余りの爆走ぶりに失笑。
「ラウダー・ザン・ヘル」を聴いて、本物の「パワーメタル」を知る。
「バトル・ヒムズ」を聴いて、タイトル曲の壮大さに涙する。
「サイン・オブ・ザ・ハンマー」を聴いて、一生ついていくことを決意。
「ファイティング・ザ・ワールド」を聴いて、前半の流れに失望するも、後半で不変のサムライ魂を見せつけられ、狂喜。
「ヘイル・トゥ・イングランド」を聴いて、快楽の極致に達する。
「イントゥ・グローリー・ライド」を聴いて、ブラザーであることに誇りを感じる。
「ウォーリアーズ・オブ・ザ・ワールド」を聴いて、自分の中でマノウォーが、プリースト、メイデン、オジー以上の存在になる。
来日公演が実現せず、ひどく落ち込む。
「ファイアー・アンド
…続き
51. el ★★ (2004-11-01 14:15:00)
ヘヴィメタルとは何たるか、ヘヴィメタルとしてやるべき事は何かを嫌って程判っていないとこんな音は出せまい。Metal Of Metal!!!
だからこそ一日も早い来日が待たれる。全国の真のメタラーが集まり、日本武道館だって埋めてしまうだろう。
侍に相応しい聖地は武道館以外無い。
→同意(0)
55. KA'z ★★ (2005-04-20 00:39:00)
MANOWARに関してはド素人の自分ですが、「BLOOD OF MY ENEMIES」「METAL WARRIORS」などには完全に打ちのめされました。(他バラード系も好きですが・・・)
BEST盤『THE KINGDOM OF STEEL』から入門し、つい最近『FIGHTING THE WORLD』を購入しました。(正直『FIGHTING~』には「あれ?」ってな感じでした。)
昨年は激安の旧譜を中心に購入していましたが、MANOWARレベルのアルバムには殆ど出会えませんでした。
というわけで、今年最大の目標はMANOWARのオリジナル盤コンプリートに決めています。他にもどんなミドルテンポの名曲があるのか本当に楽しみです。
(今では最近まで未聴だった自分を恥ずかしく思います。)
→同意(0)
56. こうじ ★★ (2005-04-20 12:26:00)
そうですね。
powerはそれ程の曲じゃないでしょう。
彼等の魅力は「疾走感」というより「ドライブ感」でしょう。
荘厳で威圧的なミドル/スローもいいですし。
ロックンロールのノリを失わずに
ここまで孤高なメタル世界を構築したというのは
大変な事だと思います。
→同意(0)
73. 車屋さん ★★ (2006-01-11 10:49:00)
>minatoさん
MANOWARだったら、先ずは『KING OF METAL』か『LOUDER THAN HELL』が個人的にお薦めです。MANOWARは駄作を作らない(妥協しない)ので、どれも傑作クラスの最強ALBUMなんですが、『KING OF METAL / HAIL AND KILL』や『LOUDER THAN HELL / THE POWER 』の凄さを是非体感して頂きたいです。
→同意(0)
81. ラスカル ★★ (2006-01-24 02:51:00)
おぉ!!KINGS OF METALをお買いになられましたか!!!!熱すぎる!!!!
もう今ごろMANOWARの虜ですな!!!!
→同意(0)
104. HIGASHI ★★ (2006-03-06 00:19:00)
MANOWARのファンなら荒川静香が金メダルを獲った演技の最中にはエリックの熱唱が耳の奥で聴こえていたに違いない!
どうせなら再来日を早くしてもらってスケート場でライブ、エリックの熱唱をバックにゲストの荒川静香が氷上を舞い、ファンも一緒にイナバウワー!
こんな野望が頭の中をよぎっています(笑)
→同意(0)
118. ガイアナ ★★ (2006-08-14 02:23:00)
お気に召したようで良かったです。
新作は秋に発売らしいです。
DVDもまた出すとか。乱発しすぎ・・・。
→同意(0)
140. ICECLAD RAGE ★★ (2007-03-14 16:35:00)
記念すべきMANOWAR10枚目のアルバム「GODS OF WAR」。
買ってから毎日聴いていますが、個人的には素晴らしいアルバムだと思います。
勿論、一聴した時点では、前作からのいきなりの変わり様に驚きましたが、
聴き込んでいくことによって徐々に良さが分かるという、ある意味「スルメ盤」ですね。本作は。
でも、①②や⑧⑨みたいに、2曲続けてインストというのは聴く方には結構キツイ。
肝心の楽曲よりも、荘厳なインストの方がインパクトがかなりデカイです。
MANOWARなりに、前作「WARRIORS~」を発展させた新境地を表現しようとしたのは分かりますが、
アルバム自体は、ガイアナさんの言うように、
聴く人によっては慣れるまでにかなり時間が掛かる問題作には違いないと思います。
今後しばらくはMANOWARはクラシカル路線を突き進み、

…続き
156. けんしょー ★★ (2007-11-08 09:10:00)
昔のええかっこしいのBUURN!のせいですかね。
「真面目にやるのダサい」みたいなポップス大好きな軟弱編集者が
「THE WORLD HEAVIEST HM MAGAZINE」にウヨウヨいましたから。
確か「KINGS OF METAL」が79点じゃなかったかな・・・。
→同意(0)
159. k.s.m.2 ★★ (2010-08-08 15:32:00)
スタジオ版「Sign of the Hammer」初体験。
……なるほど、これはライヴ版(WheelsかStageかは忘れた)が懐かしくなるなぁ。
なんだろう、ああいう熱気はやはり特別なものなのか、音質問題なのか。
スタジオ版Guyanaのラスト、ぶちっ!と曲が切れるんですね。ちょっと違和感。
あれか、事件に沿ってみんな死んじゃったってことか?
→同意(0)
161. マーちゃん大豆 (2011-04-07 22:42:55)
ああ、何てこった・・・弔報の連鎖はついにこのバンドにまで・・・。
R.I.P. Scott Columbus...
→同意(0)
162. 夢想家・I (2011-04-12 16:57:30)
スコット・コロンバスの訃報はちょっと驚きました。
まだ50かそこらだと思いますがまさかこんなに早くヴァルハラへ旅立ってしまうとは・・・。

2008年にはバンド活動から遠ざかっていたようなのでその頃から具合が悪かったのかも知れませんね。

彼の名演といえば"Blackwind Fire And Steel"になるでしょうか?

ジョーイ・ディマイオ閣下もさぞ力を落としているでしょう・・・。

ご冥福をお祈りいたします。
→同意(0)
164. hiromushi ★★ (2011-09-05 20:20:38)
我々の音楽は、我々を鼓舞するためにやっているのだ、でしたっけ?昔B!誌で呼んだジョーイ・ディマイオ氏の発言が印象に残っていますが・・・。あーあと個人的にはFIGHTIG THE WORLDなんて働くリーマンの応援ソングって感じです。
→同意(0)


Recent 20 Comments
165. RIOT1970 ★★★ (2013-01-16 23:54:50)
個人的に思い入れの強いバンド。
HMの代名詞はMANOWARである、と。ジョーイ・ディマイオ閣下
はメタルの為に生きている
絶対やってはならない事、それは妥協する事、時代に迎合する事、
アンプリファイアーのヴォリューム
を下げる事。そんな事をするのは死を選ぶ」
とか、「偽物のメタルには死を」とかの発言、
普通に考えたら「アホか」と、ともすれば失笑を買ってしまう
アティテュードである。私もこの言動に初めは笑ってしまったが
実際、HMバンドとしてのソングライティング、個々のプレイヤーの
テクニック、大仰なVo、そして大仰な歌詞世界。
ある意味、究極までデフォルメされたその音像、ファッション、鍛え上げられた
肉体、そのすべてがHMバンドが、HMバンド足らしめている
がこのバンドにある。
 KINGS OF ME

…続き

166. フレディ・ヴィーナス ★★★ (2013-03-06 21:08:27)
下過ぎる!
→同意(0)

167. N.A.ROCKS (2013-04-05 03:25:04)
MANOWARのオリジナルメンバーのギタリスト、ロス・ザ・ボスが新たに立ち上げた噂のスーパー・バンド、"DEATH DEALER"が6月ルビコンから出ます。
ラインナップはロス・ザ・ボスの他、同じくMANOWARに在籍したライノ(dr)、そしてアメリカのJUDAS PRIEST型のアグレッシヴなHMバンド、"CAGE"のフロント・マン、ショーン・ペック(この人が重要!)、ロスのツインギターのパートナーで、アルバムのプロデュースも手掛ける最重要人物に元DUNGEON, 現EMPIRES OF EDENのシュレッダー、スチュ・マーシャル、最後のベーシストにはLIZZY BORDENのオリジナル・メンバーでHALFORDのメンバーでもあるマイク・デイビスという強力な布陣!
私的にはスーパー過ぎるバンドです!とにかく聴いてみたい!
→同意(0)

171. 名無し ★★★ (2014-03-30 13:01:48)
170
間違えた。MMXIV


172. ゆたか ★★★ (2014-05-03 01:26:08)
今年のラウパでヘッドライナーとして来日するみたいですね。
音量がでかすぎるのが少し不安。
→同意(0)

173. 名無し ★★★ (2014-05-12 18:45:10)
Kings of Metal MMXIV出てるぞー


175. てかぷりお ★★★ (2014-10-26 22:23:04)
こんにゃろ、チケット買ってやったんだから、最高のパフォーマンスで応えてくれなきゃただじゃおかないからね!
ヘイル!

→同意(0)
176. てかぷりお ★★★ (2014-10-31 00:32:06)
一日目行きましたが、いやー、凄かった
一回り男になってきましたよ
セットリスト通りやってくれたおかげ楽しめました!
Hail And Kill~Kings Of Metal時の会場の一体感は凄かったね ラウパの大会場で見れなかったのが悔やまれる
長いこと待たされたマノウォーリアー達もアツかったですね 行ってよかったー

セットリスト
Manowar
Blood of My Enemies
Call to Arms
Brothers of Metal Pt. 1
Sign of the Hammer
The Lord of Steel
The Dawn of Battle
The Warrior's Prayer~Blood of the Kings
Kingdom Come

…続き

177. 夢想家・I (2014-11-03 20:38:05)
てかぷりおさん

MANOWAR観に行かれたんですね!
最近の曲はあまり演らずクラシックス中心のセットリストで往年のファンは大喜びだっただろう事は容易に想像出来ます。
ジョーイ・ディマイオ閣下の日本語演説というのが気になる(笑)。
本当にうらやましいです、私も行きたかった…。

→同意(0)

178. てかぷりお ★★★ (2014-11-05 23:43:08)
夢想家・Iさん

そうですね クラシック中心のセットリスト通りで安心しましたよ 僕は熱心なマノウォーリアーではないので予習通りにやってもらわなければ困るのですw
ただあまり音響は良くなかったですね 見てた場所によって違ってくるだろうけど あとステージセット自体はシンプルだったので、ラウパ代替機材でもできたんじゃね?って思いました まあ素人ですからその辺のことはよく分からないですが

日本語演説ってのは、ディマイオが一人ビールを飲みながら、
ディ「Manowarノ Tシャツヲ 買エバ 無敵ダ!!!!!」
客 「うぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
ディ「オマエタチハ サイコウノ マノウォーリアーダ!!!!!」
客 「うぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

こんな感じのやり取りを3~4分しましたw

→同意(0)

180. アクセルブルー ★★★ (2016-05-25 23:16:04)
ラストツアーを行うらしいです。(文章を見ると解散とは言ってない模様なので訂正しました)
http://manowar.com/message-to-all-manowarriors-nachricht-an-alle-manowarrior/

→同意(0)

181. 火薬バカ一代 (2016-05-26 23:22:55)
明らかに迷走している感のあったここ数年の活動を振り返ると
驚くと共に「やはり・・・」と、ある程度納得する部分が無きにしも非ず。
でもやはりファンとしては寂しいですね。
SCORPIONSみたく、フェアウェルツアーやってみて「やっぱ解散なしよ」でも
全然オッケーなのですが。

→同意(0)

182. てかぷりお ★★★ (2016-05-28 23:41:54)
こないだの来日の時はまた戻って来ると力強く言ってたけど、、

→同意(0)

183. 火薬バカ一代 (2016-05-29 08:40:36)
初来日公演を川崎クラブチッタまで見に行ったのですが
その時もエリック・アダムスは「すぐまた戻って来るからな!」と
力強く宣言してましたからね。
それから再来日まで20年近く待たされたことを考えると
MANOWARタイムの「すぐに」は俗世での「だいぶ」に
相当すると思った方が良い…なんて。
LOUD PARKのトリ話が本当だと良いですね。

→同意(0)

184. てかぷりお ★★★ (2016-05-29 11:26:03)
20年か、、、それは長い

トリだったらすごく盛り上がりますね!

→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-100 101-150 151-184  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage