この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 90年代 | O | ゴシックメタル | テクニカル | デスメタル | ドラマティック | プログレッシヴ | プログレデス/テクニカルデス | プログレメタル | メロディック | 叙情/哀愁 | 北欧 | 有名バンド
OPETH
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Orchid (12)
Morningrise (17)
My Arms, Your Hearse (14)
Still Life (43)
Blackwater Park (77)
Deliverance (37)
Damnation (50)
Ghost Reveries (90)
Watershed (36)
Heritage (15)
Pale Communion (5)
Sorceress (3)
-ライブ盤-
Lamentations: Live at Shepherd's Bush Empire 2003 (12)
The Roundhouse Tapes (6)
The Roundhouse Tapes (DVD) (2)
In Live Concert at the Royal Albert Hall (0)
-その他-
Still Day Beneath the Sun (2)
→PC向けページ
Tweet

解説
1990年にスウェーデンのストックホルムにて結成されたプログレッシヴメタルバンドである。
バンドリーダーはMikael Åkerfeldtで、ヴォーカル、ギターの他、作曲、作詞も担っておりバンドサウンドの核は彼一人が握っていると言っても過言ではない。
ゴシック的なニュアンスを含む暗黒性と、重厚なデスヴォイス・幽玄なクリーンヴォイスの使い分けに代表される巧みな動静の対比を活かした楽曲展開を特徴とし、北欧のプログレッシブ・メタル、ひいてはプログレデスの代表格としばしば評される。日本での人気も高く、『北欧の暗黒神』という独自の愛称が存在する。Mikael ÅkerfeldはDan Swanö(ex-Edge of Sanity)と互いに影響を与え合い、共に70年代のプログレッシブ・ロックとデスメタルを組み合わせたスタイルを作り上げたことで著名である。
初期はテクニカルなデスメタルにプログレ的な展開の妙味を加えた大作志向、と(後年に比して)ストレートな音楽性であったが、度重なるメンバーチェンジに加えて大きな特徴である動静のニュアンスを複雑化させ、『Blackwater Park』より大々的に鍵盤楽器をフィーチュア、次第に古典的なプログレッシブ・ロックに近い抒情性・幻想性を強める。のみならず『Damnation』『Heritage』のように意図的にデスメタルの要素を希薄化・プログレの要素を前景化させる実験的なアプローチもとった。
Mikael ÅkerfeldtはIron Maiden、Slayer、Death、Black Sabbath、Deep Purple、Celtic Frost、King Diamond、Camel、Morbid Angel、Judas Priestから影響を受けおり、中でもJudas Priestの『Sad Wings of Destiny』を今までにリリースされたメタルのアルバムで最も優れたものであると評している。
2006年10月14日に行われた日本のヘヴィメタル・フェスティバル「LOUD PARK 06」では、初来日公演を行った。

世界総売り上げはアルバムとDVD合わせて150万枚以上。

Current members (リーダーはMikael Åkerfeldt)
Mikael Åkerfeldt – guitars, vocals (1990–present), lead vocals (1992–present), acoustic guitar, sound effects, mixing, engineering, production, bass guitar, grand piano
Martín Méndez – bass guitar, upright bass (1997–present)
Martin "Axe" Axenrot – drums, percussion (2005–present)
Fredrik Åkesson – guitars, backing vocals (2007–present)
Joakim Svalberg – keyboards, synthesizer, piano, mellotron, backing vocals, percussion (2011–present)

外部リンク
"OPETH" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

Opeth - The official site
Opeth.jp
登録されている71曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Ghost of Perdition, 2. The Drapery Falls, 3. Harvest, 4. Deliverance, 5. The Leper Affinity, 6. The Grand Conjuration, 7. Dirge for November, 8. Windowpane, 9. The Moor, 10. Bleak, ....


コメント・評価

Selected Comments
15. アゴ 勇 ★★ (2004-06-07 23:30:00)
どうも。
自分もProwlerさんと同じく「STILL LIFE」以降の四枚を持ってますが、
過去の作品も全部揃えたいと思わせた、数少ないバンドの一つです。
このOPETHといい、他にもPAIN OF SALVATIONやSENTENCEDといったアーティスティックで美的感覚の鋭いバンドが、未だに来日公演が実現せず、過小評価されている現状がすごく残念でならないです。
→同意(0)
25. カズチン ★★ (2005-05-05 23:11:00)
OPETHにキーボーディストが正式加入ですか…
彼らの場合はそれで更に期待できそうだからイイですねぇ。
…そういや最近初期の聴いてないな…
→同意(1)
27. ソナタ ★★ (2005-06-02 15:51:00)
新作は『Ghost reveries』というタイトルなんだとか。
わくわくですなぁ。
→同意(0)
28. ボドムっ子 ★★ (2005-06-02 17:05:00)
おぉー、やっと新作の出る気配が。
KEY奏者加入もあって期待は高まるばかりですね。
なんとか年内にリリースして欲しいものです。
楽しみや~。
→同意(0)
41. WILK ★★ (2005-09-19 03:04:00)
こんな素晴らしいバンドが未だ来日もしていないなんて勿体無い。
新譜は今までよりもプッシュされているみたいなので、これを機にもっとOPETHがブレイクしてくれる事を願います。
→同意(0)
42. WILK Ⅱ ★★ (2005-12-16 18:21:00)
うわっ、ベストアルバム投票上位に行ってるね~。
こりゃ初来日もあるんじゃないの!?
頼むから呼んでくれ。
→同意(0)
45. J尾崎 ★★ (2005-12-31 15:49:00)
まだ今年のベストに投票してませんが自分の中に「GHOST REVERIES」が入るのは間違いなさそうです。内容はもちろんアートワークも秀逸。GHOST OF PERDITIONもベストチューンTOP3に入ります。
初来日祈願!!!
「STILL LIFE」以降だと自分もイチオシは「Blackwater Park」ですね。耽美なメロディと妖しさだと「STILL LIFE」、メジャー感だと「GHOST REVERIES」でしょうか。あくまで独断ですが。
→同意(0)
48. アウトランダーズ ★★ (2006-02-20 21:12:00)
最近になってやっと「GHOST REVERIES」がジワジワと効いてきました。
これはかなりやみつきになりそうデス。
過去のアルバムも聴いてみようかな~
→同意(0)
50. ドクトル・メタル ★★ (2006-04-15 22:17:00)
『人間の深層心理を深くえぐっていくような物語性』と『細部までに行き届いたこだわり』。それと『音楽の中にしのばせた、ロックの先人達への果てしない憧れ』。
聴いてると、「彼らの音楽っていいなぁ~」っていつも想います。
→同意(0)
52. C3 ★★ (2006-05-14 14:08:00)
後任のドラマーはMartin〝Axe〟Axenrotという人だそうです。
偶然にも同じ名前ですね。
→同意(0)
61. mokusatu ★★ (2006-09-12 02:43:00)
あのー、10月に輸入盤でとんでもないものが出るっぽいですけど・・・。
何かBOXSETとか書いてありますけど・・・4枚組とか・・・書いてありますけど・・・詳細がどこにも書かれてませんが・・・これは一体何なんでしょうか・・・。
→同意(0)
63. 7th ★★ (2007-05-19 09:04:00)
ギターのピーター・リングドレンが脱退してしまいました。後任は元ARCH ENEMYのフレデリック・オーケソンが加入したようです。ピーター脱退は個人的にもかなり残念だしショック。後任のフレデリックも何か想像つかないしちょっとヤバイかOpeth…
→同意(0)
66. 山口 弘 ★★ (2007-06-16 18:22:00)

Opeth って人気ないのかしら , “背中につめたい金属を当てられている"気分になる『神秘的』な曲は一種の癖になる . というかそこらのメロスピより様式を極めていると思う . 万人に進めれるかというと(“THE GRAND CONJURATION"をシングルカットするバンドなので)微妙 .
→同意(0)


Recent 20 Comments

68. k.s.m.2 ★★ (2007-08-24 01:54:00)
↑ARCH ENEMYやPAIN OF SALVATIONみたいな変身はしないでほしい……
ところで、関連付けでPORCUPINE TREEが無いのも変な話では。私は権限ないですが。グフ。

→同意(0)

69. にゃふ ★★ (2007-09-28 03:52:00)
最近はOPETHばかり聴いています。ほんとミカエルの声はいいですね。
特にDamnationが暗さ、聴き易さ共にいい感じです。
他に同じ雰囲気を持っているバンドとかご存知の方いましたらおススメを
教えて頂けないでしょうか?


70. breath ★★ (2007-10-08 21:54:00)
このバンドっていろいろなジャンルが入ってるけど、どれが一番近いんですか?私はメロデス好きなんですが、聞いて損はないですかね?


71. Dr.Strangelove ★★ (2007-10-09 17:41:00)
デスヴォイスが一切ない(というよりメタルじゃない)DAMNATION以外の
アルバムなら聴いて損はないよ
最初に聴くなら上位2作品がお薦め

→同意(0)

72. おぺす ★★ (2007-12-07 01:36:00)
メタル全体から見ると、OPETHは異端的なので、他に同じような雰囲気を持ったバンドはない。
しかし、強いて挙げれば、PORCUPINE TREE。(オーカーフェルト当人がゲスト参加している)
初めて『Deadwing』聴いた時は長尺で複雑な曲展開や緩急の付け方、全体的な雰囲気が似ていると感じたけれど、
ヘヴィなパートはデスメタル的な激しさはなく、スローパートは『Brave』以降のMARILLIONや
『鬱』以降のデヴィッド・ギルモアによるPINK FLOYDの様な雰囲気重視。
『Deliverance』より『Damnation』が好きという人には、
関連アーティストにもあるKATATONIA。プログレの方に振ると、ANEKDOTENを挙げる。
共に暗く、冷たく、儚いの3拍子が揃ったバンドで、奇しくもOPETHと同郷のスウェーデン出身である。
…続き

73. ラーマン ★★ (2008-05-18 07:14:00)
祝、来日公演決定!
ワクワク(o^o^)oo(^o^o)ワクワク
→同意(0)

74. 南瓜と夢の劇場 ★★ (2008-05-19 00:54:00)
ですねww
新譜ももうすぐだぁぁぁ!


75. おぺす ★★ (2008-06-03 20:29:00)
来日公演が俄然楽しみになって来たが、果たして新作から何曲演ってくれるのか?
2部に分けて、アルバム全曲演奏ってのもアリだと、思うが、
そうすると何時間のライヴになるのだろう。
日付が変わっても、会場が押さえられるのなら、最後まで付き合っていたいのだが。
→同意(0)

76. ラーマン ★★ (2008-06-08 21:57:00)
先週(先々週)先行予約があったのに、逃してしまった・・・
何とかしないと・・・
お盆休みずらして観るつもりなので・・・
→同意(0)

77. TatsuyaNV ★★ (2008-06-24 04:59:00)
Mountain Mirrorsというアーティストが、
「静」のOpethに似ていると思うんですがどうでしょうか?
Damnation好きなら気に入るかなと思います。
http://www.myspace.com/mountainmirrors
http://www.magnatune.com/artists/albums/mountain-dreadnought/
→同意(0)

78. ラーマン ★★ (2008-08-28 19:13:00)
昨夜の東京公演、行ってきました。
演奏の凄さとファンのマニア度の凄さが同居した、素晴らしいライブでした。
しかし、一曲が恐ろしく長い為時間が短く感じたことと、一番演奏して欲しかった「THE GRAND CONJURATION」がセットリストに無かったのが不満でした。
→同意(0)

79. メラニン ★★ (2009-09-16 16:48:00)
11月にまさかの来日公演決定!!
これは絶対に見逃せないでしょ!
→同意(0)

80. メタルンバ♪ ★★ (2009-10-03 17:36:00)
気づいたらこの一年ぐらいで興味を持ったバンドが全てスウェーデン出身でした。PAIN OF SALVATION、ANDROMEDA、ARCH ENEMY、SCAR SYMMTRY、そしてつい最近知ったOpeth。Opethもまた素晴らしい曲が沢山ありますね!こんなにオレのツボを刺激するスウェーデンてどんな国なんだぁ!?
→同意(0)

81. k.s.m.2 ★★ (2009-11-02 00:04:00)
最近は「持ってはいたがいまいち印象の弱かった曲」の価値の再発見が続いている……が、このOPETHも例外でなく。
黒水園の中で一番ランクの低かった「The Funeral Portrait」が、実は凄く美味しいメロディ持ってるじゃないの、と。
このバンド、意外にも「メタルとしての熱さ」もしっかり持ち合わせていたらしい。
普段の曲想が、アグレッシブな割に幽玄だから、その辺りは意識していなかったのだが……

→同意(0)

82. sだlkfj ★★ (2010-04-17 22:34:00)
The Funeral Portraitオレもかなり時間たってから良さが分かるようになった
こういう発見がプログレデスの魅力の一つだよな


83. マーちゃん大豆 (2011-08-01 13:54:28)
9/14に新作「Heritage」が発売されます!
Key奏者が今作の完成をもって脱退する模様。
宗教画のような美しいアートワークが購買欲をそそりますね。

→同意(0)

84. 改悪妖愚瑠斗 (2011-09-14 18:06:44)
新譜「Heritage」…これはこれで味があって面白いけど…
俺がOpethに望んでたものじゃない…。
暴虐性皆無。
これなら他のバンドでも出来る。
ジャズ色が濃くなったのが悪いわけじゃないけど…。そうじゃないんだけど…orz
→同意(0)

85. netal ★★★ (2012-05-09 16:28:01)
公式サイトによると、ミカエルが頭を8針縫う怪我をし、ミネアポリスでのライブをキャンセルしていたらしい。
ざっと英語を読んだだけなので、間違ってたら御免なさい。
まあとにかく、今後の活動に支障はないようで一安心です。

→同意(0)

86. t-zo ★★★ (2013-07-10 07:00:25)
Opethは最も好きなバンドのひとつです。
彼らはアルバムの雰囲気をがっちり固めてからひとつひとつの曲で全体の流れをつくってくるから、アルバム内の統一感は完璧で世界観への入り込み方が尋常じゃない。さらに曲の展開は他のどんなバンドよりも聞き手に対して挑戦的で、最後の最後まで耳が離せない素晴らしいものばかりです。
雰囲気にかんしていえば、彼らのおとづくり
→同意(0)

87. Ice9 ★★ (2013-10-05 20:52:27)
どうでもいいですが、Opethって春とか夏には聴こうとは思わない(聴きたくない)
やっぱり、じめじめとした梅雨時も捨てがたいのですが肌寒くらなる季節から冬にかけてがおススメ!
ってことで今が旬ってこと!まっ勝手にしてくれって感じですがね・・・。

→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-87  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage