この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | B | NUCLEAR BLAST | デスメタル | ブラックメタル | 東欧
BELPHEGOR
Lucifer Incestus (2003年)
1. Intro: Inflamate Christianos (0)
2. The Goatchrist (3)
3. Diaboli virtus in lumbar est (3)
4. Demonic Staccato Erection (0)
5. Paradise Regained (0)
6. Fukk the Blood of Christ (5)
7. Lucifer Incestus (6)
8. The Sin-Hellfucked (0)
9. Fleischrequiem 69 / Outro (0)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Lucifer Incestus" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている5曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Intro: Inflamate Christianos, 1. The Goatchrist, 1. Diaboli virtus in lumbar est, 2. Demonic Staccato Erection, 3. Paradise Regained, 3. Fukk the Blood of Christ, 3. Lucifer Incestus, 4. The Sin-Hellfucked, 5. Fleischrequiem 69 / Outro


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. たまねぎ ★★ (2008-02-17 07:10:00)
このバンドもキャリア的には結構長いのですが、このアルバムしか持っていません。2003年発表の4thです。ジャケからしてもうアンチクライスト全開な背徳っぷり(かなり悪趣味ですな)が窺えますが、中身のほうも正にそんな感じです。轟音極悪ブルータル・ブラック。
ブルデス寄りのブラックの代表格としては現在のBEHEMOTHが挙げられると思いますが、こちらはもっとストレートにブラストビートとスラッシュビートを使い分けながらファストに爆走しているし、トレモロリフも非常に邪悪で荘厳、ヴォーカルであるHelmuthもブラックにぴったりな声の持ち主で、低めの咆哮やイーヴルな絶叫(元MARDUKのLegionを彷彿させる感じも)を憎しみたっぷりに聴かせてくれます。なので、このバンドのほうがブラック的な禍々しさは強いと思います。BEHEMOTH系というよりは、DARK FUNERALが図太く(ブルデス寄り

…続き
2. GOD ★★★ (2008-03-14 00:43:00)
「背徳」という言葉が最も似合うバンドのひとつ、オーストリアのBelphegorです。
ジャケットや歌詞カードからしてそういう匂いがプンプン漂います。
デスの暴虐さとブラックの邪悪さ、荘厳さをかなりいい具合にブレンドした音楽性です。
ヴォーカルはデス系の咆哮と、ブラック系の絶叫を使い分けています。
リフはかなり荘厳で、平伏したくなるような荘厳リフをバンバンだしてきます。邪悪なのはもちろんですが、どこか高貴な感じが漂います。
またデスメタルっぽいハーモニクスを用いるパートも結構あります。
音楽性は全く違いますが、そういう意味ではEMPEROR(3rdあたり)を彷彿とさせます。
ドラムはプレイ自体もさることながら重量感も十分あり迫力満点です。
ブラックメタルのドラマーはプレイ自体は凄くても音が軽めな方も結構多いですが、このアルバムは重さもバッチリ

…続き
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage