この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | R | アメリカ | アメリカンロック | ドラマティック | ポップ/キャッチー | メロディック | 叙情/哀愁 | 正統派 | 様式美
RIOT | RIOT V
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Rock City (39)
Narita (26)
Fire Down Under (47)
Restless Breed (28)
Born in America (23)
Thundersteel (125)
The Privilege of Power (59)
Star Box(Greatest Hits '78-'90) (12)
Nightbreaker (41)
The Brethren of the Long House (41)
Inishmore (48)
Sons of Society (18)
Through the Storm (24)
Army of One (28)
Immortal Soul (35)
Unleash the Fire (0)
Unleash the Fire (25)
Armor of Light (6)
-ライブ盤-
Riot Live (3)
Shine On (6)
Riot in Japan – Live!!(Live in Japan) (23)
The Official Bootleg Box Set Volume 1: 1976-1980 (3)
The Official Bootleg Box Set Volume 2: 1980-1990 (0)
Archives Volume 1: 1976-1981 (0)
-その他-
Riot Live (23)
The Tyrant Sessions(EP) (3)
Angel Eyes(EP) (6)
One for All, All for One(V.A.) (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1975年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークにて結成されたヘヴィメタル・バンド。
ギタリストMark Realeを唯一の固定メンバーとして長期に及ぶ活動期間の間に、非常に激しいメンバーチェンジを繰り返してきた。この為、ヴォーカリストの変化に準じて活動期を第1期(Guy Speranza)、第2期(Rhett Forrester)、第3期(Tony Moore)、第4期(Mike DiMeo)、第5期=Riot V(Todd Michael Hall)と区切って扱われることもある。
Steve Loebが主宰していた個人レーベルFire Signから1stアルバム『Rock City』をリリースしてデビュー。代表曲「Warrior」は「幻の叫び」という邦題でシングル・カットされ、日本でも早速人気を博すようになる。また、頭部のみアザラシでそれ以外が人間という謎のキャラクター「Johnny」が後々に至るまで良くも悪くもこのバンドのトレードマークとなった。モデルはバンドのローディであったMike"Mighty" Tiorであり、伊藤政則曰く「笑いがこぼれるほどそっくりだった」らしい。「成田闘争」にまつわるタイトルチューン(インスト)を収録した2ndアルバム『Narita』で、さらなる人気を獲得し、Monsters of Rockにも初出演。この頃の楽曲は、コード・ワークによるギター・リフ中心のアメリカン・ハードロックがメインではあるが、前述の「Warrior」「Narita」をはじめ、後にファンから「ライオット節」と呼ばれることになる、ツイン・リードギターによって奏でられる、アメリカのバンドらしからぬ独特の哀愁を帯びた叙情的なメロディが既に見られる。Elektra Recordsへ移籍して3rdアルバム『Fire Down Under』をリリースし、ツアーにつかれたSperanzaが脱退する頃には既にReale以外のオリジナルメンバーはいなくなっていた。
Rhett Forresterを迎えて第2期に入ったRiotは彼の歌唱スタイルに合った、ブルーズ色の強い楽曲が大半を占めた4thアルバム『Restless Breed』は叙情的なメロディは後退し、商業的に失敗してレーベルから契約を解消される。カナダのインディーズ・レーベルQuality Recordsから5thアルバム『Born in America』をリリースするも活動は停滞し、マネージメントとの理不尽な契約に縛られてしまうためバンドは偽装解散を行う。
1986年にSandy Slavinに再結成を持ち掛けられ、最終的にTony Mooreを迎えて再結成(第3期)。1988年に代表作となった6thアルバム『Thundersteel』をリリース。スラッシュメタルやパワーメタルなどの攻撃性と疾走感を前面に押し出したヘヴィメタルが人気を博しており、その影響からか、本作はこれ以前と比べて哀愁のメロディは保ちつつ、スピード感、攻撃性は全く異なるサウンドとなった。その衝撃的な変化とクオリティにより、日本のメタルファンの中で大きな地位を築く事になる。
1992年にビジネス面での対立によりTony MooreがMike DiMeoに交代して第4期に入る。これ以降の音楽性は、基本的には『Thundersteel』の延長線上のパワーメタルであるが、Mooreとは全くスタイルが違い、中音域寄りでややハスキー、かつ湿った声質のDiMeoのヴォーカルのため、またRealeの作曲パートナーがパワーメタルを得意としていたDon Van Stavernではなくなった事もあり、攻撃性は薄れた。更に1990年代前半頃から始まったグランジ/オルタナティヴの隆盛など、正統派ヘヴィメタルに対する逆風の吹き荒れる時代の趨勢も相俟って、アルバム自体の話題、セールス等でも全盛期を超えることはできなかった。
2008年、『Thundersteel』リリース20周年を記念して当時のメンバーが再集結するも、リマスター盤のリリースに留まる。Mooreの脱退と復帰を経て14thアルバム『Immortal Soul』をリリース、しかし、これがMark Reale在籍時最後の作品となった。2012年1月11日、Realeがクモ膜下出血を発症して昏睡状態となる。バンドは予定されていた公演をReale抜きの編成で行うが、Realeは回復することなく、長年患ってきたクローン病の合併症により1月25日に死去。遺族の意向もあり、Riot名義での活動に終止符が打たれた。Tony Mooreは既に活動する意欲を失っていたため脱退した。
バンドは残りのメンバーでの活動継続への道を模索し始めTodd Michael Hallが加入。そして、これまでバンドを牽引してきたRealeに敬意を表してRiot Vに名義変更して活動をしている。

Current members
Mike Flyntz – guitar (1989–2012, 2013–present)
Don Van Stavern – bass (1986–1990, 2008–2012, 2013–present)
Todd Michael Hall – lead vocals (2013–present)
Nick Lee – guitar (2014–present)
Frank Gilchriest – drums (2003–2007, 2014–present)

外部リンク
"RIOT | RIOT V" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

RIOT -UNOFFICIAL RIOT FAN SITE-
登録されている135曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Thundersteel, 2. Warrior, 3. Narita, 4. Flight of the Warrior, 5. Dance of Death, 6. Bloodstreets, 7. Road Racin', 8. Night Breaker, 9. Storming the Gates of Hell, 10. Johnny's Back, ....


コメント・評価

Selected Comments
1. HIGASHI ★★ (2002-05-06 23:27:00)

僕がRIOTと知り合ったのはモンスターオブロックのオムニバスアルバムから。お目当てはRAINBOWとSAXONだったが、B面のラストを飾る「Road Racin'」もいたく気に入り、早速2ndを買いに走った。
当初ライナーノートに書いてある「闘争」とは成田闘争の事であり、それ故よくこの「闘争」という単語がよく使われているんだろう、と浅い理解しかしていなかった。しかしだんだん調べていくうちに彼らのメンバーがアメリカでは偏見で見られる事の多い人種であり、そのためなかなかライブがさせてもらえなかったり、サポートが得られなかったり、という事実を知るにつけ彼らの「闘争」の悲しさに触れた。もちろんそれが「闘争」の全てを意味している訳ではないんだけれど・・・
このアルバムに収録されている「49ER」、「KICK DOWN THE WALL」で歌われている傷つ
…続き
2. KUZU ★★ (2002-05-07 00:01:00)
そう、彼らはプエルトリカンだった。RIOTデビューはVAN HALENとほぼ同時期で、マーク氏はかなりVAN HALENを意識したコメントを残して居た記憶があります。人種差別により、正当なサポートを得られなかったハンディを乗り越え、ついにFire Down Underからメジャーレーベルと契約するが...彼らの行く手にはその後も険しいアップダウンが続いたのでした。
RIOTは現在活動休止中になるのでしたっけ、確かマーク氏はWESTWORLDをメインにするという発言をしていたような。ただ、以前よりも音以外でのハンディは(依然残っているかも知れませんが)小さくなりつつあるのでしょうか。このGroup、マーク氏の前途に、「勝利」を願わずには居られない。
→同意(0)
3. 29 ★★ (2002-05-07 01:18:00)
初RIOTは「THUNDERSTEEL」、次は「THE PRIVILEGE~」でした。つまり、歴史的にはどうかと思いますが、個人的にはRIOT=トニー・ムーアなのです。彼の歌唱は一本調子だとか機械的だとかライブでヘタとか色々言われましたが、当時のバンドが持っていた攻撃性、有無を言わせぬ突撃性を表現するにはもってこいでした。だから彼の脱退は非常に残念でしたね。その後、イングウェイのバンドのオーディションを受けただの、ジョーイ・タフォーラとバンドを組んだだのという噂を聞きましたが、一向に表舞台には上がってきません。今は何してるんだろーなー。
したがってゴマ時代(ガイ・スペランザ、レット・フォリスター)は全て後追いですが、一度の解散前・後で音楽性が一変してますよね。再始動後は明らかにHM度が高くなっています。これはトニーの驚異的な声があったからこそだと思います。
マイク・ディメオの
…続き
4. KOZY ★★ (2002-05-07 02:56:00)
彼らに対する冷遇が、人種差別ゆえだとは知らなかった。音楽的には確かにヨーロピアンな湿り気を含んでいるが、決してアメリカでウケないようなものではなかったと思っていたので、不思議には思っていたのだが・・・。実のところ、俺もRIOTは後追いである。「THUNDERSTEEL」から入り、ルーツを探るために初期のものを追ったのだが、聴けば聴くほどアメリカで受け入れられなかった理由が分からなくなった。まさかそんな理不尽な理由とはねぇ。再結成以降、RIOTの曲には「闘い」の色合いが強くなっていた。ネイティブ・アメリカンやアイリッシュといった、いわゆる「マイノリティー」をテーマにした曲が増えたのも、それなら納得出来る。
RIOTの「闘い」はこれからも続くだろう。でも、良質な曲さえ提供してくれれば、ファンはきっとついて来る。しかし今、RIOTは大きなターニング・ポイントを迎えている。活動休止状態であ
…続き
6. C3 ★★ (2002-06-09 00:30:00)
「NIGHTBREAKER」でのマイクのヴォーカルにはどことなく物足りなさを感じましたね。でも「INISHMORE」は素晴らしかったですよ。ハイトーンが少し弱々しいというのも言われてみてそうかなと思う程度で、十分聴き応えはあるし、私には迫力満点のヴォーカルです。もともとハスキーヴォイスは苦手なのですが、マイクの場合許容範囲内です(笑)。不思議と時々ハスキーじゃなくなるような気がするのですが。気のせいかな・・。でもいい声してますよね。
"テクニック的にはトニー・ムーアには劣る"とKOZYさんはおっしゃっていますが、私はマイクの方が好きです。マイクのヴォーカルは「熱い」ですよね(笑)。そうです、エモーショナルで感情がこもっていて、抑揚があるのでとても素敵です。トニーはちょっと機械的かなという気がするのです。歌い方なんですかね。ハイトーンヴォイス大好きの私にはうってつけのヴォーカリストで
…続き
18. こうじ ★★ (2003-07-05 18:23:00)
このバンドは、過小評価されている。
彼らの曲が持つ熱さ、男気、無骨さ…これらは、ヘヴィメタル、
いや、ロックンロール本来の牙であり、本物だけが持つ事を許されているものだ。
くだらないメロパワが束になったってかなわない。
→同意(0)
20. Kamiko ★★ (2003-09-23 01:17:00)
ボクは熱心なライオットファンではないが、1stから愛聴しているモノとしては、ナイトブレイカーまでの作がいいね。でも、やはり初期のインパクトがココロに残ってます。
ここんとこライオットの話題で盛り上がってるんで、さっき最新作を借りてみたが、熱心なファンには申し訳ないが、THROUGH THE STORMはいささか退屈であった。
ボクがライオットに求めるモノは威勢のいいパワーと疾走感で、もっとエネルギッシュな持ち味を前面に出して欲しいと思う。
→同意(0)
25. ヤング・ラジオ ★★ (2004-06-15 21:39:00)
アルバムの出来には、確かにバラツキがある。またいい曲と、そうでない曲のレベルもかなり違う。しかし.....。RIOTは、本当についていないバンドである。B級といえば聞こえは悪いかもしれないが、彼らのB級度は超一流?である。日本人受けする泣きを伴なったナンバーも数多く、名曲と呼べる楽曲も多い。疾走するナンバーに泣きの要素が加わると、その魅力は悶絶ものである。再評価してもいいバンドである。
→同意(0)
28. けんしょー ★★ (2005-09-08 21:54:00)
来日参戦した方、ぜひレポートをおねがいしまーす!!!
→同意(0)
29. だるまや ★★ (2006-05-21 21:49:00)
いやー、新譜でますねぇ。期待大。
→同意(0)
42. 火薬バカ一代 ★★ (2007-04-20 23:47:00)
「やはり名曲を沢山持ってるバンドは強い」と実感させられたライブでした。
特に、中盤の“ROAD RACIN'"以降の名曲連打による怒涛の盛り上がりは圧巻!
トニー・ムーア時代、マイク・ディメオ時代の楽曲をバランス良く歌いこなしていた
マイク・ティレリの歌唱の素晴しさは言うに及ばず、“BURN"のカヴァーを止めたのは正しい判断だと思いますし、
その代わりに“DANCE OF DEATH"のような、埋もれてしまった過去の名曲を掘り起こしてくれたのもナイスでした。
これで会場がクラブチッタ、Dsがボビー・ジャーゾンベクだったら最高だったのにな・・・というのは欲張り過ぎですね。
→同意(0)
43. ドゴスギア ★★ (2007-04-21 21:19:00)
DANCE OF DEATHやったんですかっ!
しかもそれを歌いこなすVO.が…。
チキショー、見たかったな…。
→同意(0)
61. マーちゃん大豆 ★★ (2010-07-20 20:10:00)
新しいシンガーはいつになったら決まるのだろうか、もう半年以上経つというのに・・・。
いっそのことロブ・ロックにでも歌ってもらったらどうだろう?(同じアメリカ人で声質も近いし)
まああっちはあっちで忙しいでしょうけど。
「Wings Are For Angels」はトニーが歌っていれば今年のベスト・チューンに挙げたかもしれないのになあ。
→同意(0)
67. cri0841 ★★★ (2011-10-22 23:46:06)
「IMMORTAL SOUL」発売されましたね。素晴らしい内容だと思う。
疾走曲もカッコイイけど、後半のメロディアスな曲もすごく良い。
最近、あまりCD買わないけど、これは買う価値あったと感激しました。
→同意(0)
68. てかぷりお ★★ (2011-10-25 22:38:49)
RIOTの新譜「IMMORTAL SOUL」結構評判良いですね
彼等の曲はThundersteelしか知らないけど、買ってみようかな~
→同意(0)


Recent 20 Comments

75. N.A.ROCKS (2012-01-26 21:18:24)
ギタリストのMark Realeが亡くなりました。(57歳)

実は救急搬送された1/11から昏睡状態が続いており、いくつかの重大な合併症とも闘っているとのことだったので非常に心配で祈るような心境だったのですが・・・、
最悪の結末を迎えました。
こんな知らせはしたくないのですが・・・
これ以上コメントできません。
→同意(0)

76. マーちゃん大豆 ★★ (2012-01-26 21:39:26)
ショックすぎる…最新作はとにかく素晴らしかった。
次回作の曲作りも進めている、って言ってたのに…。
来日公演も…。
これからどうなるんだろ…。

→同意(0)

77. こ~いち ★★★ (2012-01-27 21:52:53)
そうですか・・・残念です。

ハードロック・ヘヴィメタルを愛した男、Mark Reale
素晴らしい曲を生み出してくれた彼に感謝。

ご冥福をお祈りします。

→同意(0)

78. lewy ★★★ (2012-01-29 17:05:15)
Only the good die young...
いや若くはないのかもしれないが、真摯に自分の音楽と向き合ってきた人生には畏敬の念を覚えます
天国には、差別も病魔も存在しないでしょうから、純粋にへヴィーメタルをプレイし続けてほしい
R.I.P.
→同意(0)

79. ユーフォー ★★★ (2012-01-29 20:30:57)
うわあああああああああああああああああああ
マイクウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ;;

まだ新作出して数ヶ月しか経っていないじゃないか・・・

R.I.P.
→同意(0)

80. HIGASHI ★★ (2012-01-30 00:04:26)
あまりにも突然な悲報だったので、未だに信じられません・・・・
10年前ここの1で共に「闘争」していき続けたい、っと書き込んでからまさかこのような形で彼らの「闘争」が終焉を迎えるようになるなんて夢にも思わなかった。まだまだ志半ばだったと思うが、今は心からご冥福をお祈りする事しかできません。
WARRIOR、Shine Shine on のフレーズが悲しく何度も心の中でこだまする・・・・・

→同意(0)

81. KUZU ★★ (2012-01-31 01:49:33)
寂しい・・・まだまだこれからだったのに・・・。
でも、彼は30年間ずっと病気と闘っていたことを思うと、良くぞここまで頑張ってくれたんだなあと、胸に迫るものがあります。

今はただ、ひたすら、安らかに眠ってほしいと思います。そのうち僕も天国で、Markの泣き泣きのギターを聴きに行くからね。

→同意(0)

82. ゾンビダルマ (2012-02-01 18:44:53)
本当に信じられません。中学の時に買ったThundersteelは一生の宝です。
→同意(0)

83. ぱうえる ★★★ (2012-02-11 19:08:16)
20年以上前からRIOTの曲が好きで、良く聴いていたのですが、もうこれ以上新しい曲を聴くことができないと思うと、非常に残念です。WARRIOR、NARITA、RUN FOR YOUR LIFE,C.I.A等の古い曲に思い入れはありますが、何と言っても、元気な復活を見せたTHUNDERSTEELが最高です。来日公演でオ-プニングがNARITAで感動した日を思い起こすと懐かしいです。今後も飽きること無く、MARKの曲を聴き続けることでしょう。ありがとうございました。
→同意(0)

84. うにぶ ★★★ (2012-02-18 11:19:25)
高校・大学時代によく聴いたバンドでした。
何回か手放してまた買いなおしたり。17年くらい聴いたのでしょうか。
過去のアルバムを聴きなおしたいと思ったら、全部実家の小屋の中でした。iPodには『THUNDERSTEEL』しか入っていないので、それを聴いています。
新譜、すぐ買えばよかったなぁ。これから購入してじっくり聴きます。

→同意(0)

85. ドゴスギア ★★ (2012-02-23 11:11:04)
ひさびさにここ来てみたら…。
そうでしたか。
悲しいです。

多くの充実した時間をありがとう、マーク。
今日は一日RIOTを聴きます。

→同意(0)

86. 名無し ★★★ (2012-03-05 02:31:39)
RIPマーク・リアリ


87. N.A.ROCKS (2013-01-28 01:29:41)
マーク・リアリが亡くなって1年ですね。
先日個人的に追悼をしました。普通やりませんが、
RIOTは特別ですから。
→同意(0)

88. RIOT1970 ★★★ (2013-05-26 07:26:48)
マーク・リアリが無くなってから一年か…
RIOTの作品は一応全部そろってるけど…
トニー・ムーア時代と、マイク・ディメオ時代の
アルバムが好き。よくかけるのがNIGHTBREAKERと
THE BRETHREN OF LONG HOUSE
THE PRIVILEGS OF POWER
THUNDERSTEELって殆どジャン!
闘争はしたが、結局CDセールスでは勝利する事が無かった。
けど、CDがどんだけ売れようと糞みたいな音楽もあるからね。
あまり売れなかったけど素晴らしい作品を生み出してくれた。

→同意(0)

89. 名無し ★★★ (2013-08-21 01:38:23)
2014年にニューアルバム出すために、12月スタジオ入りの予定があるみたいですね。


90. N.A.ROCKS (2013-11-23 21:02:40)
上の方が言われている様に、彼らは解散せず活動するようです。
更にVoが変わりTodd Michael Hallという人物になるそうです。

現在のメンバーは以下の通り。

・ Todd Michael Hall - Vo
・ Mike Flyntz - Gt
・ Don Van Stavern - Ba
・ Bobby Jarzombek - Ds

Todd Michael HallはHARLETやJACK STARR'S BURNING STARRというバンドでも活動してるそうです。

Tony Mooreは健康上の理由などで結局バンドを離れることになった模様。
ニューアルバムは2014年の夏頃のリリースを目指して製作中のようです。
Mark Realeがいなくなってしまったので活動は無理だろうと思い
…続き

91. cri0841 ★★★ (2014-09-04 23:07:34)
新作「Unleash the Fire」・・・これは一体どういう事?
マーク・リアリが亡くなったとはとても思えないような仕上がり。
逆に怖くなってきたw

→同意(0)

92. N.A.ROCKS (2014-09-16 01:27:31)
LOUD PARKにRIOTの出演が決定しました!!

しかし、RIOTは2日目に出演です。つまりMANOWARと分かれてしまいました。
私は、よっぽど良いメンツ(自分にとって)が揃わない限り行く気ないので、単独公演に期待します!
→同意(0)

93. usaneko ★★★ (2015-05-08 18:10:56)
「闘争」響きました。
初期、メタル色、ブルージー、再集結とRiotを知ってから約25年間、楽しませてもらった。
マーク・リアリ、ありがとう。

→同意(0)

94. HIGASHI ★★ (2018-04-15 23:39:33)
今月、遂に新譜が日本先行発売ですね♪
彼らの「闘争」のDNAは見事に受け継がれ、バンドは今も生き続きている・・・・素晴らしいことだ!

→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-94  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage