この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | S | ヴィジュアル系 | ヴィジュアル系/準V系 | 日本
SADS
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
SAD BLOOD ROCK'N'ROLL (12)
BABYLON (10)
The Rose God Gave Me (24)
“ ”(untitled) (6)
13 (17)
THE 7 DEADLY SINS (6)
Lesson 2 (2)
erosion (0)
-その他-
03.06.11 Zepp Tokyo (4)
131 Days (4)
Conclusion of My Babylon “the Revenge" (4)
Greatest Hits-best of 5 Yearas- (4)
02.12.25 Ebisu the Garden Hall (2)
Appetizing 4 Songs Ep (0)
シングル及びカップリング (0)
未収録 (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1999年、黒夢のボーカリストとして活動してきた清春が自身のレーベル「FULLFACE」を立ち上げ、結成した日本のロックバンド。
1999年1月29日に黒夢が無期限活動停止。黒夢のボーカルであった清春が黒夢活動停止後すぐさま始動させたのがこのSADSである。
バンド名は清春が敬愛する日本のロックバンド「THE MODS」にあやかったもの。ボーカルの森山達也にもバンド名について事前交渉し、快諾を得ている。その年の7月にシングル「TOKYO」でデビュー、オリコン初登場2位を記録する。2000年、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の主題歌だった4thシングル「忘却の空」がロングヒットを記録。同年6月に発表した2ndアルバム『BABYLON』でオリコン初登場1位を獲得し人気の高さをみせつけた。清治はこの頃から個人事務所を立ち上げたが、セットに2億円以上かけたせいでツアー赤字の負債5,000万円も負う形になる。2001年にレコード会社を東芝EMIからBMGファンハウス)に移籍、2002年はインディーズでの活動を経てユニバーサルミュージックと契約。
2003年にベストアルバム『GREATEST HITS 〜BEST OF 5 YEARS〜』を発売した後は満園英二脱退のためSADSのドラム探しをしながらソロ活動をしてSADSを再開させるつもりが、2004年にギターの坂下たけとものFULLFACE退社に伴う事実上の脱退により無期限の活動休止となる。
その後SADSの未発表曲音源がアレンジされたものや一部分を使われた曲などが清春のソロ作品として発表される。また清春の著書・雑誌のインタビューで既に過去のものとして扱われている現状を見る限り、バンドは事実上解散したものと思われていた。
しかし2010年1月29日、清春が自身のブログで活動再開を表明、同時にオフィシャルサイト及びMyspaceをオープンした。

1stアルバム『SAD BLOOD ROCK'N'ROLL』ではTHE STREET SLIDERSを意識したシンプルな3ピースロックンロール系サウンド、2ndアルバム『BABYLON』ではシャッフルやジャズなどの要素も取り入れ、ディレイ等音響効果も積極的に使用し清春が元々持っている妖艶で怠惰的なイメージを強く全面に打ち出した物になり、3rdアルバム『THE ROSE GOD GAVE ME』ではグルーヴ感を重視しドラムとベースは一緒に録音し、ギターやベースのチューニングを落とし、意図的に音を割れさせ、より一層ハードでヘヴィなサウンドになっている。このアルバム以降、ヘヴィロック/メタルサウンドへの傾斜が顕著になっていく。
このようにアルバムごとにその色を変えていく様は黒夢時代から続いている現象であった。一方、SADSになってからは社会を風刺するような歌詞はあまり書かなくなり、黒夢の後期では拒んでいた化粧や派手なファッションも取り入れるようになった。さらに後期黒夢で散々拒んでいたテレビ出演もSADSになってからは何度かしている。ちなみに清春がタトゥーを入れ始めたのもこの頃である。

Current members
清春(森 清治) – vocals (1999-2003, 2010-present)
K-A-Z(杉田 一浩) - guitar (2010-present)
クボタケイスケ - bass (2010-present)
GO - drums (2010-present)

外部リンク
"SADS" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

Sads OFFICIAL WEB SITE
登録されている67曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. 忘却の空, 1. TOKYO -Album version-, 1. LIAR, 2. ナイトメア, 3. Hello, 4. Metal Fur, 5. Sandy, 6. ポルノスター(japanease Ver), 7. See A Pink Thin Cellophane, 8. Masquerade, 9. Because, 10. Feeling High & Satisfied, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. N男 ★★ (2004-11-11 19:52:00)
黒夢解散後、清春が作ったロックバンド。当初は末期黒夢の勢いでR&Rな感じだったが、最近はHEAVY ROCKや洋楽らしきサウンドを取り入れ独特の雰囲気のある曲作りがなされている。実は黒夢より好きです。しかし、去年(2003年)の中頃から活動停止中なのであります。ソロ活動ばっかやってないで、とっととドラマー見つけて復帰してほしいものです。

→同意(0)

2. dave rodgers ★★ (2005-04-03 21:28:00)
ソロも良いけどこっちも早く活動してください。

→同意(0)

3. 松戸帆船 ★★ (2005-04-11 17:31:00)
上のお二人には残念な話ですが、sadsの活動再開は(少なくとも活動休止前のメンバーでは)あり得ません。
ファンクラブの会報で清春氏が「SADSはもうおしまい」と断言していましたし、清春35Xの最新号でも「SADSは彼ら(当時のメンバー)のヒストリーに残るものではない」と答えていました。

→同意(0)

4. dave rodgers ★★ (2005-05-10 00:02:00)
遂にsadsまで…。確かにそれも彼の音楽性、カリスマ性を徹底していく上での決断なのか、まぁ彼らしいと言えばそんな気もしますね。でもたとえ
変化していこうとこれまでもそうだったように、決して踏み跡を見ることなく常に独自性を持った世界観を貫き確実に前進してる
ので、彼の生き様には良くも悪くもいずれも惹かれます。
にしてもsadsまでが…まだまだ有望だと思うのに。

→同意(0)

5. 松戸帆船 ★★ (2005-06-14 19:15:00)
sads終了の空気は去年からsadsを続けるためのソロのはずなのに「ソロが一番」というような発言が飛び出した辺りから漂っていました。
ただ今年に入ってからオフィシャルな発言で「sads終了」が出たというだけです。
坂下、小林の両名がフルフェイスを離れて(小林は発表していないが恐らく辞めている)活動しており、清春ソロは問題なく進行。sadsの未発表曲がアルバム「MELLOW」に収録され、もはや復活は期待できません。
発売日未定の「sads box」でsadsの名前が世に出るのは最後と思った方がいいでしょう。

→同意(0)
6. dave rodgers ★★ (2005-06-24 23:41:00)
「MELLOW」に持ち込むあたり復活はもはや皆無だったんでしょうね。
こうなった以上しょうがないですが、「言うこと/やること」の
意表をつく清春のその言動こそ常に新鮮で惹かれる一要素でもあります。
今後Sadsの名を引きずることはおそらくないですけどね(笑)それと、
たぶんBOXは買わないな。。あとはこれまでのアルバム、
それとDVDでも見て楽しんでいればそれで十分満腹かな‥とか
言いながらそのとき買ってたりして(爆)それもやっぱり常に脱皮される
独創的な世界、その独創力で魅せてくれるのが彼の魅力でもありますしね。
正直言って未練は残らなくもないけど、あくまで彼のキャリアの
過程として素直にしっかり受け入れたつもりです。
清春ファンとしてはそれを理解してこそだと思いますし、それを正当に
評価できないならおそらくその輩はその

…続き

7. dave rodgers ★★ (2006-01-29 23:09:00)
何年か前に放送されたSadsのカウントダウンライヴ(2001~2002?)がすごく印象深かった。新年1発目のナイトメアに鳥肌が立った。
「THE ROSE~」のツアー、清春に脂が乗っていた絶頂の時期はたぶんこのあたりだったと思う。

→同意(0)
8. 松戸帆船 ★★ (2006-04-12 17:20:00)
しかし、思い返してみれば随分メンバーチェンジの多いバンドだった。
1stシングル発売前にベースの田沼が脱退。
間にサポートを一人挟んで小林勝が2000年12月に加入。
(といってもこの時点で小林と100本ライヴをしていた訳ですが)
年が明けてドラムの牟田が脱退。満園英二加入。
2002年のツアーで満園が怪我のためツアーから離脱。
舛岡圭司がその間ドラムを担当する。
ツアー終盤に満園が復帰、しかし翌2003年には再びドラムが叩けなくなり
アルバム「13」やシングル「Masquerade」にアコースティックの曲が入る。
(「楽園」は満園のドラムをパーツごとに録音したものを用いて打ち込んだ)
そしてツアー「13」は再び舛岡で行われ、ツアー後?(記憶が不確かになってきている)
満園の脱退が発表される。その後バンドは活動を休止、清春

…続き

9. パックスロマーナ ★★ (2008-11-01 20:00:00)
清春はSADSに関してはネガティブな感想しかしていないが
聴いているファンにとっては充実した五年間ではなかっただろうか
脅威的なライブスケジュールと飽くなきヘヴィーロック追求精神、
充分に評価されていいと思う。


10. カットタン ★★ (2010-01-29 21:29:00)
わお復活
びっくりしました
SADSではへヴィ路線を聴いてみたいな

→同意(0)

11. 朱雲 ★★ (2010-07-18 11:45:00)
黒夢もそうだが、リフを前面に出してくれるので、非常に好印象。

→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage