この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | S | ギターヒーロー | ドイツ | ポップ/キャッチー | メロディック | 叙情/哀愁 | 正統派 | 有名バンド
SCORPIONS
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Lonesome Crow (23)
Fly to the Rainbow (45)
In Trance (62)
Virgin Killer (110)
Taken by Force (56)
Lovedrive (36)
Animal Magnetism (23)
Blackout (93)
Love at First Sting (77)
Savage Amusement (68)
Crazy World (54)
Face the Heat (24)
Pure Instinct (36)
Eye II Eye (18)
Unbreakable (40)
Humanity: Hour I (41)
Sting in the Tail (30)
Comeblack (6)
Scorpions MTV Unplugged in Athens (3)
Return To Forever (5)
-ライブ盤-
Tokyo Tapes (53)
World Wide Live (40)
Best of Rockers 'n' Ballads (8)
Best Selection (2)
Live Bites (9)
Best (6)
Moment of Glory (21)
Acoustica (13)
-その他-
Live at Wacken Open Air 2006: a Night to Remember, a Journey Through Time (10)
Super Rock Live in Japan 1984 (4)
Wind of Change (2)
→PC向けページ
Tweet

解説
1965年にドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ハノーファーで結成されたロックバンド。
ロシアで親善大使として迎え入れられていることで有名である。
70年代のハードロック・80年代のヘヴィメタルのムーヴメントを生き抜いたバンドであり、本国のドイツはもとより世界的な人気を誇る。
ドイツのロックバンドとしては最初期に商業的な成功を獲得したバンドであり、HR/HMのカテゴリーを超えたジャーマン・ロックの重鎮的存在である。
2010年には解散を表明するも、撤回。2015年には結成50周年を迎えた。
ScorpionsはそのLPジャケットにスキャンダラスな内容の(特に、性的に挑発的な)写真やイラストをよく用い、度々物議を醸して来たことでも有名である。幾つかのアルバムが、発売前もしくは発売直後に、多くの国でジャケットの差し替え措置が取られた。
メンバーは結成者にしてメインソングライター、唯一のオリジナルメンバーであるRudolf Schenker以外、幾度もの交代を経て現在のラインナップに至っている。ちなみに、Rudolf SchenkerはMichael Schenkerの実兄としても知られ、デビュー時と70年代の終わりにはMichaelもScorpionsに一時的に在籍していた。
バンドの世界総売上はこれまでに少なくとも7,500万枚以上、一説によれば1億枚に達するとも言われている。

Current members (リーダーはRudolf Schenker)
Rudolf Schenker — rhythm & lead guitars, backing vocals (1965–present)
Klaus Meine — lead vocals, guitars, tambourine (1969–present)
Matthias Jabs — lead & rhythm guitars, backing vocals (1978–present)
James Kottak — drums, backing vocals (1996–present)
Paweł Mąciwoda — bass, backing vocals (2004–present)

外部リンク
"SCORPIONS" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

Scorpions Official Website
登録されている144曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Blackout, 2. Rock You Like a Hurricane, 3. Pictured Life, 4. Wind of Change, 5. Still Loving You, 6. Virgin Killer, 7. We'll Burn the Sky, 8. Catch Your Train, 9. The Sails of Charon, 10. Dynamite, ....


コメント・評価

Selected Comments
2. かわち ★★ (2002-10-29 23:41:00)
正に「TOKYO TAPE」から「WORLD WIDE LIVE」へとここ日本から世界に羽ばたいたバンド、蠍軍団。
ウリの脱退がそうなる道筋だったとは考えられないけど、その後巨大になり過ぎた感はある。
蠍軍団が巨大になったその頃、OZZYがある雑誌のインタビューで「あるバンドはここ何年かライブで同じ曲ばかり演奏していていっこうに変化がない。変わったと言えばVoが帽子を被ったことぐらい」と皮肉たっぷりに言っていた。
それを読んで思わず笑ってしまったが、それでも1万人収容のアリーナを連日ソールドアウトで世界を駆け回っていた事実は否定できない。
いつも変わらぬ蠍軍団をファンは期待しているのだ。
ウリ在籍時の演歌的HMが好きな人、その後のメジャー路線的HMが好きな人、はたまた両方好きな人と色々だと思うが、いつの時代も主役はクラウスとルディーであることに違いない。
→同意(0)
3. ENK ★★ (2003-07-04 15:14:00)
確か公式サイトでだったかな。
昔、ルドルフ・シェンカーが“バンドとして成功するためには"というテーマのインタビューで、「五本の木があったら、一本だけに光が当たるのはナンセンスだ。全て同じ高さになれば、ベストかな」みたいな事を言っていたようです。
私も「ああ、なるほど」とガラにもなく考えさせられました。
こういう頼もしい発言は、自分達の演奏能力に絶対の自信がなければまず言えないことだろうなぁとも思う。
そうなると、クラウスには申し訳ないが一度でいいから、ヴォーカルを抜きにしたヴァージョンの代表曲というのも是非聴いてみたいものですな。
改めてその実力を再確認できそうです。
→同意(0)
7. うにぶ ★★ (2003-11-26 23:37:00)
>渡り烏さん
私もマティアス在籍時のファンです(ウリ時代も好きですが)。今も彼らは素晴らしい曲をつくり続けているし、もはやHR/HMとも言い難い『EYE II EYE』ですらも最上級の哀愁ハード・ポップで、感動的です。
「甘く切ない」という言葉はクラウスの歌声を言い表わすのにぴったりですね。あの声で歌われるだけで、大半の曲は3~8割増しに魅力的に聴こえます(当社比)。もちろんメロディ自体も良いのですが。
それにしても、あれだけのキャリアで、未だに曲づくりの才能が衰えないだけでなく、新しいサウンドにも挑戦していく姿勢には脱帽です。これからもSCORPIONSからは目が離せません。
→同意(0)
8. ★★ (2003-12-04 05:53:00)
先輩がスコーピオンズをバラード集団として認識していたので、BLACK OUTを聴かせてあげたら、まじでびっくりしてました。
そんなことからもわかるように、なぜか彼らは知名度があまり高くないですね。
どのアルバムも捨て曲なしの名盤ばっかりなのに・・。
→同意(0)
27. ヤング・ラジオ ★★ (2006-05-31 07:54:00)
このバンドなんかは、基本中の基本である。彼らの作品の良さが理解できないなら、HR/HMを聴くのは止めたほうがいいかも知れない。
僕は再評価という意味で発言しているが、ホントにいいバンドである。彼らの作品は.....いい。
→同意(0)
29. anthem ★★ (2007-05-19 20:30:00)
なんか良さげですよ。数曲試聴したけど・・・デズモンド節もチラホラ。
→同意(0)
32. ドクトル・メタル ★★ (2007-07-17 21:19:00)
叙情派には、大穴で「FLY TO THE RAINBOW」を勧める。
→同意(0)
37. ムッチー ★★ (2009-01-20 03:54:00)
あ、お爺のズボンさん、コメントどうもありがとうございます。
いや、クラウスの喉のことは知ってたんですけど、やはり気になったんで。
でも、「Animal Magnetism」と「Blackout」の間じゃありませんでしたっけ?
「Animal Magnetism」はまだ未聴ですが。まちがってたらごめんなさい。
それにしても、リアルタイムの方のご意見は非常に参考になります。
自分はSCORPIONSは、というかHR/HMを本格的に聴き始めてまだ2年ほどなので。
クラウスのヴォーカルなんですけど、自分も手術前と手術後では微妙に違うように感じます。
自分が初めてSCORPIONSを聴いたのは「LOVE AT FIRST STING」で、その時は、うまいんだけど無表情で冷たい感じのヴォーカルだなと思ったんですよね。
でも後で「IN TRANCE」とか
…続き
46. はっちゃん ★★ (2010-07-31 09:17:00)
↑沈黙の上州さん 僕も同じ気持ちです。
解散ではなく活動終了というのが蠍団らしいけど…
本音をぶっちゃけると
「ふざけんなバカヤロー!!まだまだやれるじゃねーか!!ストーンズを
見習えよッ!!」という感じです。
うぅっ マジで泣けてきた。
→同意(0)


Recent 20 Comments

56. N.A.ROCKS (2012-07-08 02:58:24)
Matthias Jabsによると、80年代に制作されたものの未完成となっていた未発表曲を復刻させ、今年の第1四半期に新たにレコーディングしたとのこと。
プロデュースを担当したのはMikael "Nord" AnderssonとMartin Hansen。
12曲を収録した作品として、来年リリースされる予定。
また、12/15に行われるドイツ・Oberhausen公演を最後にワールドツアーから引退するというバンドの計画に変更はないとのことです。
秋に来てくれ。
→同意(0)

57. 沈黙の上州 ★★ (2012-07-12 09:43:41)
80年代の未発表曲ですか〜、スコーピオンズはデモや未発表曲集などの類があまり出回ってないだけに嬉しい限りですね。
80年代と言えばルドルフのソングライティングが冴えに冴えまくっていた時期、一体どんな曲が埋もれていたのやら・・・。マティアスやハーマンの曲のあったりするのかな〜〜
今から楽しみです。
→同意(0)
58. RIOT1970 ★★★ (2012-07-20 02:23:04)
VIRGIN KILLERとFLY TO THE RAINBOWを入手。
まぁ、15年前位にFACE THE HEATを聴いたときはメロスピに
はまっていたので、当時の感想は、「ミディアムテンポの多いバンド
だなー、歌はうまいよね」てな感じで、すぐに売り飛ばしてしまった
のですが、最近、THERIONの「THERI」アルバム収録曲の中に
FLY TO THE RAINBOWが入っていて良い曲だなーと思って、
この二枚を入手した訳ですが。70年代のスコーピオンズって
湿った曲が多いんですね。確か、ウリ・ジョン・ロート在籍してましたよね?
間違ってたらごめんなさい。

 で。オリジナルのFLY TO THE RAINBOWを聴いてみたんですが、
これは素晴らしいできでした。カバーも良かったけど、
オリジナルバージョンには

…続き

59. はっちゃん ★★ (2012-07-24 23:18:26)
80年代の未発表曲ですか!!!
僕は70年代のウリ在籍時より、マティアス在籍時の80年代の方が好きなので、これは楽しみです。
できれば「LOVE AT FIRST STING」のようなサウンドでやってくれたら尚嬉しいんですけどね。
プロデューサーもディーター・ダークスだったらもっと良かったんだけど、聴いたことのない
音源が聴けるというだけでも贅沢な話ですね。

→同意(0)

60. N.A.ROCKS (2012-10-05 00:24:21)
SCORPIONS日本に来ないかもしれません!

先日友人に会った時、ACCEPTの話をしていたのですが、「ACCEPT行かないのはSCORPIONS2回行こうと思っていて」と言ったら「もう来ないらしいよ」と言ったので聞くと伊藤さんがラジオで「もう無理じゃないか」みたいなことを言っていたらしいです。確かにこの時点でアナウンスがないのはおかしいですし、(12/15に行われるドイツ・Oberhausen公演を最後にワールドツアーから引退する予定)かなりショックでした。なんせ一番好きなバンドですからブルーな気持ちになります。IPODでSCORPIONSの曲が流れると思い出してしまいます。日本にはSCORPIONSが好きな人は沢山いるのにバンドも日本に来たい筈なのに...。話の折り合いが付かないということですが、ツアーは大成功をおさめているのですから、不利な条件でも何とかするべきでは
…続き

61. N.A.ROCKS ★★★ (2012-12-17 23:57:02)
予定されているTOURは今日で終了。
これで終わってしまうのだろうか?それとも来年もやるのか。。。
→同意(0)

62. N.A.ROCKS ★★★ (2013-03-17 22:40:15)
とりあえず解散は遠のいたようでほっとしました。
        (^▽^)
→同意(0)

63. N.A.ROCKS ★★★ (2013-04-14 23:38:26)
2013年のツアーが発表され始めました。(少し)
こりゃ今年来そうだな。
ぁゎゎ ヽ(゚○゚ ;ヽ)三(ノ; ゚□゚)ノ ぁゎゎ
→同意(0)

64. 名無し ★★★ (2013-08-28 13:48:52)
スコーピオンズは、マイケルとルドルフmmmmmm

俺は、マイケルが好きだ。なんか演歌に聞こえるけどw

初期は、プログレみたいな事やってたよ。

個人的には、好きやった。


65. 沈黙の上州 ★★ (2014-08-20 18:14:55)
2015年はバンド結成50周年!!
ニューアルバム発売&ツアーで忙しい1年になるようですね。楽しみだ〜♪

ルドルフ少年がスコーピオンズを結成して半世紀・・・
まだまだ元気そうでなによりですね。
→同意(0)

66. SPOONER ★★★ (2014-10-27 16:02:48)
ニューアルバム??・・・
マジっすか?
楽しみだなあ
→同意(0)

67. 沈黙の上州 ★★ (2014-12-20 19:02:12)
来年の1月にウリのアルバム発売。
そして2月にウリ来日、でもってスコーピオンズ新作発売。

早く年明けないかなぁ〜。


→同意(0)

68. reyn ★★★ (2015-01-18 20:02:30)
一番好きなバンドかもしれない
ウリの時も現在も
哀愁ある曲調にクラウスのヴォーカルが素晴らしい
ウリのギターも素晴らしい
→同意(0)

69. 名無し ★★★ (2015-11-15 19:10:09)
LOUD PARKで来ないなら、単独で来てほしいです。
早くまたあのルドのギター振り回しが見たい!
私はベタですが、Black out,Love at first stingが好きです。
ビデオ(DVDの時代じゃありません)のWorld wide liveのJapanのところも
「私も写りたかったー」と喚きながら見てました。


70. 名無し ★★★ (2016-04-19 00:23:09)
今年のラウドパーク来るみたいですね〜
楽しみだな〜

ウリは単独でクレジットされてるからそっちも楽しみですね


72. 名無し ★★★ (2016-07-29 22:15:52)
10月行くで。


73. にわか仕込メタル ★★★ (2016-10-11 22:47:50)
大阪単独見に行って来ました。
パフォーマンス最高でした。
コタックには悪いがミッキーになって良かった。凄かった。
しかしなんで全席指定席やねん?クリエイティブマンさん。
大阪は荒れるとでも?
全然お客おとなしくて、ノッてる外人ばかりカメラに映されてましたよ。

ともあれ、メンバー元気なので再来日現実味ありそうだと思いました!
Queenもまた来たし!
クリエイティブマンさんまた男気見せてくださーい!!!!!
お願いします。
→同意(0)

74. 名無し ★★★ (2016-10-14 14:36:21)
東京単独、最高でした!
最前列ルドのまん前で、カッコよく動く60代の素晴らしいパフォーマンスを見せてもらいました。
個人的には荒城の月が歌えて嬉しかったー。
ミーグリでお会いしたメンバーもとっても優しい紳士ばかり。
また来て下さーい(^o^)


75. ラッシー (2017-02-27 15:52:01)
「はなのえん〜」の「え」が本来のメロと違って半音上がっているところが、スコーピオンズならではの個性ですね。と書き込みがありましたが、半音上がるのがオリジナルです。廉太郎の指定しているテンポも本来あのくらいの速さ。調性も旋律もテンポも山田耕作が編曲。今では編曲に批判的な人も多いそうだ。あたりまえだ。どれを聴いても日本人だけが山田耕作編曲で歌っています。スコーピオンズのみが滝廉太郎のオリジナル、なんか反対のようで恥ずかしい。
→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-75  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage