この曲を聴け! 

70年代 | U | ギターヒーロー | テクニカル | ブリテン | プログレッシヴ | ポップ/キャッチー
U.K.
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
U.K. (17)
Danger Money (27)
Live In Boston (2)
UK Collection (0)
-ライブ盤-
Night After Night (3)
Concert Classics, Volume 4 (0)
Live In America (0)
Reunion: Live in Tokyo (5)
Curtain Call (2)
-その他-
Night After Night (12)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"U.K." を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

登録されている17曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. In the Dead of Night, 2. Nothing to Lose, 3. Rendezvous 6:02, 4. Carrying No Cross, 5. Nevermore, 6. Presto Vivace and Reprise, 7. The Only Thing She Needs, 7. In the Dead of Night, 8. Night After Night, 9. Danger Money, 10. By the Light of Day, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. エストック ★★ (2004-01-29 10:59:00)
ASIAが表のプログレスーパーグループだったとしたらこのバンドは裏のスーパーグループだったのだろう。ホントにこれ70年代か?と思わせるような先鋭的でPOPなサウンドと超絶技巧ミュージシャン達によるアンサンブルはすごいの一言。
リズム隊はもちろんアラン先生と貴公子エディーのプレイは今聴いても衝撃的。

→同意(0)

2. 部下T ★★ (2005-04-28 11:21:00)
数年前にウェットンが言ってたU.K.再結成ってどうなったんでしょう・・・
→同意(0)

3. anthem ★★ (2006-04-29 17:47:00)
紙ジャケ出るのは嬉しいけど、リマスターじゃないのが納得いかん!

→同意(0)

4. anthem ★★ (2007-01-29 01:28:00)
結局紙ジャケで10年ぶりにまた買ったけど意外と音いいな。リマスターじゃないのか?これ。

→同意(0)

5. anthem ★★ (2007-06-01 11:19:00)
いや違うか・・・

→同意(0)

6. RoadStar ★★ (2009-11-27 07:25:00)
今、エディ・ジョブソンとジョン・ウェットンが、また組んでツアーやってますね。
ギターはグレッグ・ハウで、あとなぜかスティックでトニー・レビン。
(ドラムはマルコ何とかって言う人)
……1994年頃言ってた再結成は、15年経って、変則的な形で実現してるようです。
ドラムをテリー・ボジオに変えて来日してくれないかな~。
→同意(0)

10. ★★★ (2020-05-28 14:43:53)
エディ・ジョブソンによる、U.K.完全再現ライブのDVDを聴いてみた。アラン・ホールズワースもビル・ブルフォードも居ないが、ファースト・アルバムをライブ再現する事で、アルバムよりも生の良さが引き立っている。セカンドのデンジャー・マネーの出来も悪くはないが、こちらは曲単位での良さを感じる。
→同意(0)

12. ★★★ (2022-01-12 02:48:14)
時代の徒花と言っていいかもしれないバンドですが、私は第1期のライブ音源を聴いて、ジャズ組の演奏力の高さを痛感しました。
また、テリー・ボジオが加入した第2期も素晴らしい。
→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage