この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 90年代 | V | テクニカル | ドイツ | ドラマティック | プログレッシヴ | プログレメタル | 叙情/哀愁 | 様式美
VANDEN PLAS
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Colour Temple (14)
AcCult (2)
The God Thing (14)
Far Off Grace (3)
Beyond Daylight (7)
Christ 0 (6)
The Seraphic Clockwork (6)
Chronicles of the Immortals - Netherworld (6)
Chronicles Of The Immortals: Netherworld II (3)
The Ghost Xperiment - Awakening (3)
The Ghost Xperiment: Illumination (3)
-ライブ盤-
Spirit of Live (2)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"VANDEN PLAS" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

Vanden Plas (band) - Wikipedia, the free encyclopedia
登録されている84曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Crown of Thorns, 2. Rainmaker, 3. Holes in the Sky, 4. Scarlet Flower Fields, 5. Nightwalker, 6. Soul Survives, 7. January Sun, 8. Garden of Stones, 9. Free the Fire, 10. Beyond Daylight, ....


コメント・評価

Selected Comments
2. 29 ★★ (2001-11-12 23:29:00)
上のひーくんさんへ…おせっかいかもしれませんが…。
VANDEN PLUSの1st、「COULOR TEMPLE」なら、まさに消滅してしまった名HMレーベル、アポロンのFEMS(Far East Metal Syndicate)のものを持っています。
お探しになられて、どうしても入手出来なければ、お譲りすることは出来ませんが、何かしらの音源をお渡しすることは出来ますよ。
まあ、最後の砦があると思って、気長に探してみてください。
→同意(0)
3. KUZU ★★ (2002-06-16 03:06:00)
もう時間が経ちすぎているかも知れません。
輸入盤で宜しければ...
Colour TempleはINSIDE OUTレーベル(ドイツ盤)からSpecial Editionとして、Bonus CD付きで現在再リリースされています。
→同意(0)


Recent 20 Comments

4. 苦労婆 ★★ (2005-09-10 07:08:00)
私も長年探し求め、昨日ついに
「COLOUR TEMPLE」をブック・オフでGET!!!
ナント1000円でした(嬉)
→同意(0)

5. ANBICION 11 ★★ (2009-01-21 09:39:00)
BEYOND DAYLIGHTがなかなか届かないのでCHRIST 0を先に購入したが、これも名盤ですね。

→同意(0)

6. ANBICION 11 ★★ (2009-02-15 12:33:00)
BEYOND DAYLIGHTが届きました。これで2、4、5作目と聴いたことになりましたが、これはその中では最高の出来かも。そのときの気分によって変わりますが。3rdはまだレビューがないけど評判はよくないのかな?

→同意(0)

7. ピュアメタラー ★★ (2009-02-23 18:48:00)
↑「CHRIST 0」は間違いなく名盤ですね。陰鬱で地味に感じるからか・・・日本盤化が見送り続けられ非常に残念に思います。

→同意(0)

8. Devil's Tongue In Aspic ★★ (2009-02-24 01:24:00)
「Spirit Of Live」も素晴らしいですよ!
ロックシーンに残るといっても過言ではない、ライブアルバムとしては最高の部類に入るクオリティではないでしょうか。
個人的には彼らこそがProg Metalシーンにおける世界最高峰だと思っています。


9. ANBICION 11 ★★ (2009-02-24 01:26:00)
他の人の言葉を借りると、「10のテクニックで8のものをプレイする」みたいな凄みを感じるバンドです。全体のバランスが非常にいい。
このサイトのアクセス数は現時点では1100くらいだし、CIRCUS MAXIMUSなんかと比べると人気ないですね。
FAR OFF GRACEも買いましたが、これも素晴らしい。メンバー自身によるライナーもついているのも嬉しい。

→同意(0)

10. Devil's Tongue In Aspic ★★ (2009-02-24 03:22:00)
このバンドについては、「サウンド的にはカッコいいのに、メロディが盛り上がりそうでいまいち盛り上がらない」というような感想をよく目にします。
私としては、彼らがHEAVY METAL特有の下世話なドラマ性から意図的に距離を置いているように思え、それがこのバンドの個性であり大きなの魅力の一つでもあると思っています。
メロディの質としてはSTINGに通じるものを感じるのは私だけでしょうか。
実際にカバーもしてますけどね。
Andy KuntzのソロプロジェクトであるABYDOSも超おススメです。
こちらもVANDEN PLASに勝るとも劣らないドラマティックなProg Metalの傑作ですよ。


11. ANBICION 11 ★★ (2009-02-24 06:51:00)
確かに意図的に単純にクサメロと表現できそうな歌メロを避けている気がします。覚えにくいという意見もありますが、頭の中で気持ちよく溶けていく感覚が好きです。何度聴いても飽きにくいように計算されている気もします。
ABYDOSは気になっていました。ピルグリムワールドというプログレメタル専門のサイトでも高く評価されていますね。

→同意(0)

12. cri0841 ★★ (2009-05-26 21:23:00)
VANDEN PLUSの日本での過小評価っぷりは異常ですよ・・・

→同意(0)

13. ピュアメタラー ★★ (2009-06-13 00:03:00)
ライヴアルバム「SPIRIT OF LIVE」は迫力あって良いですね。

→同意(0)

14. ygele ★★ (2010-06-02 22:08:00)
新作出ますね!
→同意(0)

15. ANBICION 11 ★★ (2010-06-03 00:24:00)
新作は7月に国内盤もリリースされることに少し驚きました。コンセプトアルバムは苦手なものが多いんですけど、前作もコンセプト作品にしては聴きやすかったから多分大丈夫かな。

→同意(0)

16. ピュアメタラー ★★ (2010-06-13 12:39:00)
国内盤での発売は非常に嬉しいかぎりです。
前作に続き力作を期待してます。待ちきれないです。

→同意(0)

17. ANBICION 11 ★★ (2015-11-01 02:31:51)
最新作のCHRONICLES OF THE IMMORTALS: NETHERWORLD IIを予約しました。
試聴した限りではかなりの傑作の予感が。

→同意(0)

18. ANBICION 11 ★★ (2016-01-02 05:03:59)
CHRONICLES OF~ⅠとⅡはどちらも素晴らしい出来で最近はこの2枚ばかり聴いてます。彼らのライブ動画もよく観ているんですが、AndyのVOは劣化を感じさせない。

https://www.youtube.com/watch?v=B0GVDbB5AzE

https://www.youtube.com/watch?v=4VkjAS6HFF8

→同意(0)

19. ANBICION 11 ★★ (2016-04-01 01:09:46)
今年のライブ動画を見つけたけど、Andyの声は相変わらず衰え知らずで素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=DUNSvlxhVGw

→同意(0)

20. ANBICION 11 ★★ (2019-09-27 00:50:26)
新譜は何故か現在amazonでは予約できないです。
新曲Cold December Nightは素晴しい出来で一安心。

https://www.youtube.com/watch?v=SH-N1w8i8Gk

→同意(0)

21. ANBICION 11 ★★ (2020-10-04 06:29:04)
年末にリリース予定の新譜の2曲目公開。

https://www.youtube.com/watch?v=UKAeRyNXErI

→同意(0)

22. ANBICION 11 ★★ (2020-11-10 00:35:36)
12月にリリースの新譜はボーナス除いてもトータルタイム約56分ということで一安心。
前作は40分台で少し出し惜しみ感があった。

→同意(0)

23. ロックな毎日 ★★★ (2022-08-04 22:24:22)
アンディ・クンツ (Andy Kuntz) - ボーカル
ステファン・リル (Stephan Lill) - ギター
ギュンター・ヴェアノ (Günter Werno) - キーボード
トーステン・ライヒェルト (Torsten Reichert) - ベース
アンドレアス・リル (Andreas Lill) - ドラム
The Epic Works 1991-2015 (2019年) CD11枚組ボックスセットが発売されております。
→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-23  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage