この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 70年代 | 80年代 | W | ギターヒーロー | ツインリード | テクニカル | ブリテン | ブルージー | ポップ/キャッチー | メロディック | 叙情/哀愁 | 正統派 | 有名バンド | 洋楽ロック/ブルース
WHITESNAKE
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Trouble (19)
Lovehunter (24)
Ready an' Willing (57)
Come an' Get It (36)
Saints & Sinners (26)
Slide It In (67)
Whitesnake (218)
Slip of the Tongue (122)
Restless Heart (40)
Good to Be Bad (35)
Forevermore (15)
The Purple Album (8)
1987 (30th Anniversary Edition) (0)
Best Ballads (0)
Flesh & Blood (6)
-ライブ盤-
Live at Hammersmith (15)
The Vintage Concert (0)
Live... in the Heart of the City (22)
The Best of Whitesnake (2)
1988-06-13: Bad Boy Boogie: Tokyo, Japan (0)
1990-08-18: Monsters of Rock: Donington Park, Derbyshire, UK (0)
The Best (0)
Whitesnake's Greatest Hits (0)
Greatest Hits (18)
Starkers in Tokyo (20)
20th Century Masters: The Millennium Collection: The Best of Whitesnake (0)
The Back to Black Collection (0)
The Black to Black Collection (0)
Here I Go Again: The Whitesnake Collection (2)
Best of Whitesnake (0)
The Silver Anniversary Collection (0)
The Early Years (2)
The Definitive Collection (0)
Gold (0)
Live in the Shadow of the Blues (6)
Live in the Still of the Night (14)
30th Anniversary Collection (0)
Live at Donington 1990 (0)
Box 'o' Snakes (The Sunburst Years 1978-1982) (0)
Made in Japan (0)
Made in Britain / The World Record (0)
Live in 1984: Back to the Bone (0)
The Purple Tour (0)
-その他-
Slide It in(US) (28)
1987 Versions (16)
1987/slip of the Tongue (6)
Super Rock Live in Japan 1984 (6)
Snakebite (5)
Bootleg (donington 1990) (4)
Definitive Spokane (2)
In Concert Featuring Whitesnake (2)
Rock in Rio1985 (2)
The Four Gambler (2)
→PC向けページ
Tweet

解説
1978年、イングランドのノースヨークシャー、ミドルズブラでDavid Coverdaleにより結成されたロックバンドである。
David Coverdaleは、Deep Purple解散後にソロ活動をしていたが、このとき作曲と演奏の両面で共同制作者としてサポートしたのがギタリスト・ソングライターのMicky Moodyである。彼らが中心となり、David Coverdale's Whitesnakeは形成され、EP『Snakebite』を経て、1st『Trouble』発表時には単に“Whitesnake”と名乗るようになっていた。
初期の音楽性はDeep Purpleを引き継いだハードロックやブルースロックを基調としていたが、1980年代に入るとより商業的にアクセス可能なロックスタイルへ変遷してゆく。1984年の6th『Slide It In』をリリースする頃には、4作目の全英チャートトップ10入りにして、全米42位を記録、売り上げも200万枚を記録するようになる。そして、John Sykesを迎えて制作された1987年の7th『Whitesnake』(別名:1987/Serpens Albus)は全米2位を記録し、アメリカ国内だけで800万枚以上のセールスを記録という、最も商業的に成功したアルバムになった。1989年の8th『Slip of the Tongue』も300万枚を売上げたが、1990年の暮れにバンドは解散。その後も、再結成と解散を繰り返したが、2002年以降は継続して活動している。
結成当初も現在もDavid Coverdale(vocals)を不動のフロントマンとし、他のメンバーは彼をサポートをする形をとっている。

Current Members
David Coverdale – lead vocals (1978–1991, 1994, 1997, 2002–present)
Tommy Aldridge – drums, percussion (1987–1991, 2002–2007, 2013–present)
Reb Beach – guitar, backing vocals (2002–present)
Michael Devin – bass, harmonica, backing vocals (2010–present)
Joel Hoekstra – guitar, backing vocals (2014–present)
Michele Luppi – keyboards, backing vocals (2015–present)

外部リンク
"WHITESNAKE" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

COME ON...
Whitesnake.com
登録されている129曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Still of the Night, 2. Is This Love, 3. Bad Boys, 3. Here I Go Again '87, 4. Crying in the Rain '87, 5. Straight for the Heart, 6. Now You're Gone, 6. Fool for Your Loving, 7. Don't Break My Heart Again, 7. Fool for Your Loving '89, 8. Love Ain't No Stranger, 9. Give Me All Your Love, 10. You're Gonna Break My Heart Again, ....


コメント・評価

Selected Comments
1. H・W ★★ (2002-08-28 22:17:00)
さてお立会い。
ここに並んだ色とりどりのヘビたち、じつはぜーんぶ白蛇だってんだ。どうだい、驚いただろう?
・・・てなわけで(笑)
時代によって様々に変化してきたWHITESNAKEであるが、個人的には、どの時代にもそれぞれ聴き所があって、好きである。
デヴィッド・カヴァーデイルが非常に魅力的なシンガーであることに異論はなかろう。その個性的な味を、様々なスタイルで堪能できた事は、リスナーとして幸せであるとおもうのだ。
絶品のバナナがあれば、パフェにも入れてみたいし、バナナケーキも作ってみたい。
たとえ、「俺はやっぱりバナナパフェに限る」という人間が現れたとしても、「ケーキでもイケルかも知れない」と試みた実験そのものを否定する事は出来ないだろう。
スティーヴ・ヴァイ在籍時が一番ボロクソ言われるし、デヴィッド本人も「あれはやりすぎたかも」と思っているよ
…続き
2. VITO ★★ (2002-12-21 18:18:00)
2003年に行われる、WHITESNAKEツアーのメンバーが発表されました。
デビッド・カヴァーデール Vo
ダグ・アルドリッジ G
レブ・ビーチ G
ティモシー・ドゥルリー KEY
マルコ・メンドーザ B
トミー・アルドリッジ Dr
いつもながら物凄いメンバーです。
→同意(0)
4. Kamiko ★★ (2003-09-15 13:21:00)
バンド名が語る通り、ヘビにこだわっている。
こういうトレードマークがあるバンドは好きだ。
ちなみにヘビ好きバンドとしてOMENを忘れてはならないッス。
こんなコトをここで吠えても仕方ないんではあるが・・・。
→同意(0)
8. ふじ ★★ (2003-12-09 22:17:00)
このバンド程どの時代のメンバーも優れてたバンドってなかなか無いんじゃないですかね。しかし、その中でも一つだけ言えることがある。それは、デイビッドにはジョンサイクスが必要なんです。彼の作るメロディはやはり他のメンバーには到底作れないほどのレベルにある。サーペンスアルバスが売れたのは運や流行ではないのだ。もちろんこの前のライブ行ったし、ダグアルドリッジもレブビーチも良かった!新作も期待してる!しかし、絶対サーペンスは超えられない。
個人的にこのバンドで実現して欲しいメンバー(かなり暴走してます)
Vo デイビッドカヴァデール
G ジョンサイクス
G ゲイリームーア
B フィルライノット(涙)
Dr イアンペイスまたはコージーパウエル
ああ、自分のやってることが妙にむなしい・・・
でも夢見させてくれ・・・
→同意(0)
9. 銘菓ひよこ ★★ (2004-01-12 02:43:00)
去年見たライヴは凄かったなぁ。まさかこんな田舎の小さなハコでやってくれるなんて・・・
早くライヴアルバム出してちょ~だい
→同意(0)
10. STORMBRINGER ★★ (2004-01-12 11:29:00)
久々のライヴアルバム早く出してほしいっすね~。セットリスト見ると見事に『SLIDE IT IN』以降の曲ばっかり(「FOOL FOR YOUR LOVING」と「AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF CITY」以外。「HERE I GO AGAIN」もそうだけどあれはリメイクのほうがインパクト強いですね)ですがそれでも満足です。
→同意(0)
12. BLACK MURDER ★★ (2004-06-24 22:42:00)
WHITESNAKEって「SLIDE IT IN」を境に別のバンドとして俺は考えてます。個人的には初期のブルース、ロックンロール時代も大好きで、名曲「FOOL FOR YOUR LOVING」とか今聴いてもゾクゾクしてしまう。しかし、天才ジョン・サイクスをむかい入れた「サーペンス・アルバス」はこのバンドの最高傑作と言わざるを得ない。確かにこの作品と「SLIP OF THE TOUNGE」は過去を捨てた、と言われても仕方が無いほどの変わりようだ。しかし、この二つをして似たような路線でありながら前者は最高傑作と言われ、後者はけっこう失敗作として見られるのは純粋にジョン・サイクスがソングライターとしてエイドリアンやカヴァデールよりも素晴らしい曲が書け、その素晴らしさに多くのファンが納得させられたからだ。あのアルバムには極上のロックソング、バラードが収められている。そしてそれらの曲でカヴァデール
…続き
16. レナリス ★★ (2005-01-18 11:19:00)
WHITE SNAKEに関しては、初期からリアルタイムで追って来たわけではなく、
本格的に聴いたのはかなり後になってからでしたが、トータルで一番好きなのは
やはり「サーペンス・アルバス」です。
このアルバムが出た頃、他のバンドを追ってたので白蛇を深く知っているはずはないのに、後にこれを聴いたら何故か知っている曲ばかりだったという(笑)
しょうがありません、名曲ばかりなのですから…。
あと、WHITE SNAKEイコール、ギターはJon Sykesだと勝手に思っています。
ヴァイ参加時のアルバムからさかのぼって全部聴いたタイプですので、「古い方が良い」というこだわりはまったくなしで聴いても、サイクス派です。
バンドのどこを重視するかによっても違って来るかとは思いますが、個人的には
大好きな声質のヴォーカリストがいる事と、ギターの名手がいる事、
…続き
65. ピュアメタラー ★★ (2005-05-15 01:23:00)
DVD初回特典は同ライヴのCD付!完売必死!予約急げ!
→同意(0)
73. 1210mush ★★ (2005-05-30 15:16:00)
初めまして。
個人的にはホワイトスネイクの初期の曲が意外に多いのにびっくりしましたね。
今回のセットリストはBlack Murderさんの言うとおりの目玉Burnを含む個人的にも納得のセットですね^^
このサイトではやはり少数派ですが、Slide It In以前が好きな私です^^;
無論サーペンスの曲も痺れるほど大好きではあるのですが、
得たものと同等か、もしくはそれ以上のものを失った気はしますねぇ。
というか既に同じバンドとして考える事すらほんの少し抵抗ありますからね^^;
まぁダブルヘッドライナー、ボーカル共通と言った感じで(笑
メンバーチェンジが激しい事で言えばDeep PurpleやBlack Sabbathあたりも似たようなものなので
むしろ「一粒で二度(三度…四度?)美味しい」に通じるところなんですがね。


…続き
78. kotora ★★ (2006-04-23 18:12:00)

→同意(0)


Recent 20 Comments

79. anthem ★★ (2006-04-28 17:53:00)
DVD見た。バンドはすごい。文句ナシ(特にトミー・アルドリッヂ)
しかし肝心のヴォーカルは・・・こんなに下手だったか?いや確かに昔からカヴァーデイルはライブじゃ危ないとか言われてたけど・・・
音程云々より“声そのもの"が機能していない。過去の栄光を知らない若い世代が先入観なしで聴いたら「ただの変な声のオジサン」で終わりそうな気がする。ヒステリックな歌い方は『白蛇の紋章』以降のもの。それは分かっている。しかし1曲目からノドがつぶれているように聴こえるのは年のせいか?なんか悲しくなった。イアン・ギランもカヴァーデイルも終わってる。
音や映像は素晴らしいのだが。残念だ。

→同意(0)

80. まーしゃる ★★ (2006-04-28 22:17:00)
トミー・アルドリッジは確かにすんごいですねぇ~。調べてみれば何とライブ時で54才!!
こんなパワフルな50才半ば、私は見たことがありませぬ…。
→同意(0)

81. ドクトル・メタル ★★ (2006-04-28 22:47:00)
確かにトミーは狂ってましたネ。クスリでもやってるんじゃないかってくらい(笑)。

→同意(0)

82. absoluto ★★ (2006-05-24 19:13:00)
東京国際フォーラムで観て来ました。素晴らしいライブでした、御大やダグよりトミーのドラミングに痺れましたね。 BLAZEのLIVE IN JAPAN2004のDVDは紫、虹ファンは必見です。ジャケットからして最高だよなあ、早くライブが観たいです。


83. GEEK ★★ (2006-05-27 18:48:00)
僕も東京国際フォーラム行って来ました。Fool For Your Lovin'もDon't Break My Heart Againも無かったのは残念だけど、Lovehunterもやってくれたし、Slide It Inからは4曲もやってくれたしで、すごく楽しかったです。
→同意(0)

84. mos ★★ (2006-07-05 03:28:00)
歌下手すぎて衝撃うけた
→同意(0)

85. david lee coverdale ★★ (2006-08-26 22:23:00)
2枚組ライヴ・アルバム「LIVE…IN THE SHADOW OF THE BLUES」リリース決定!11/3にドイツ、11/6にヨーロッパにてリリース予定。今年のヨーロッパでのフェスティヴァル出演のパフォーマンスを収録したものらしい。
<収録予定曲>
CD1:
1.Bad Boys
2.Slide It In
3.Slow An' Easy
4.Love Ain't No Stranger
5 Judgment Day
6.Is This Love
7.Blues For Mylene '06
8.Snake Dance '06
9.Crying In The Rain
10.Ain't No Love In The Heart Of The City
11.Fool For Your Lovin
…続き

86. ピュアメタラー ★★ (2006-11-21 23:13:00)
「サーペンス~」のリマスター、リミックス盤出してくれないかなぁ~。

→同意(0)

87. anthem ★★ (2006-12-09 00:52:00)
DVDか何かついて来春再発らしいよ。たぶんリマスターでしょう。
まぁすでに「SLIP OF THE TONGUE」とのカップリングでリマスター盤出てますけど(音メチャクチャいいよ)・・

→同意(0)

88. Spotlight Kid ★★ (2007-01-06 16:34:00)
ちょっとヒマだったのでいろいろ聴いてみました。
新しいライヴ版非常に良いですよ。トミー笑えるほどすごいです(笑)
てかSlip~のFool For Your Lovingよく聴いてみましたがオリジナルよりキー上げてるんですね。
原曲でも相当キツイのに。。。
年取って歌のキーあげる人なんて始めて見つけましたよ^^
カヴァデールもイカれてますね(笑)
→同意(0)

89. アウトランダーズ ★★ (2008-04-26 17:45:00)
新作と一緒に我がフェイバリットアルバムである「サーペンス~」の24bitリマスター盤を購入しました。
余計なボーナストラックやリミックスなどの追加は一切無しなのがうれしい。
2800円とちょっと高いけどSHM-CD仕様の最高の音質でその価値は十分あり。
あらためて本作をじっくり聴いていると、これを超えるハードロックアルバムなど永久に出ないんじゃないかと思った。(う~ん、新作が霞んで聴こえてしまう・・・)
でも、デビカバばっか褒めてサイクスの功績にまったく触れてない解説もそのままなのが不満(苦笑)

→同意(0)

90. 瑞穂区民 ★★ (2008-05-09 23:10:00)
>アウトランダーズさん
ほぼ同意ですが私的にはYOU'ER GONNA BREAK MY HEART AGAINが
入ってれば完璧でした。
あとサーペンスはサイクスの功績が7割以上だと思いますね。
歴代のギタリストの中でも総合的に見たら一番だと思います。
→同意(0)

91. GANG ★★ (2008-05-18 03:03:00)
デフレパードとのダブルライブが決定しましたね。
こりゃ行くしかないな!
→同意(0)

92. PURPLE ★★ (2008-10-25 20:00:00)
武道館行ってきました。
David Coverdale凄かった、素晴らしいライブでした。


93. パックスロマーナ ★★ (2008-10-26 20:23:00)
↑さん、セットリスト分る範囲で教えて!
ダブルヘッドライナーツアー・・・2バンドとも好きなだけ
興味心身、ジョイントはあるのか?
想像力のみが先行する。


94. テツオ ★★ (2008-11-01 02:06:00)
今回のダブルヘッドライナー公演。
ステージセットではレップスの勝ち、
パフォーマンスで白蛇の勝ちと見た。


95. こ~いち ★★★ (2010-10-07 00:21:19)
最近、初期WSを聴いてます。
これまでブルーズ風味で地味という先入観があって聴いてなかったんで。
たしかに地味な曲も多くて、全体的には好みとは違いますが、DON'T BREAK MY HEART AGAINとかSTANDING IN THE SHADOWとかすごく気に入って何度も聴いてます。

→同意(0)

96. かめはめ ★★★ (2010-10-30 00:58:35)
サーペンスアルバムはロック史に残る名盤。
カバデルの真価が発揮されたバンドといってもいい。
サイクスの働きも大きいだろう。
→同意(0)

97. Arsenal / Gunners ★★★ (2012-07-25 19:28:31)
名盤 傑作 神盤 色々ありますが、聴く回数がもっとも多いアルバムが サーペンス・アルバス・・・・です。

→同意(0)
98. MK-OVERDRIVE ★★★ (2015-03-04 20:05:02)
RAINBOWデビュー後遡ってDEEP PURPLEをザックリ聞いていたら、Burnという疾走曲を何やら滑舌悪そうに歌うヴォーカリストに出くわした。当時弱冠22・3歳のDAVID COVERDALEである。だがDEEP PURPLEは第2期がベストという大方の意見に流されてしまい、それ以降解散までの間のことは殆ど知らない。むしろRITCHIE BLACKMOREという一風変わった男に魅かれ、特に78・79年辺りは英国バンドに限って言うとRAINBOWばかり聴いていた。
1980年、Fool for Your LovingでWHITESNAKEの名を初めて知る。RAINBOWに比べると随分シンプルなHRという第一印象。メンバーを見るとJON LORDがいてIAN PAICEもいる…DEEP PURPLEの延長みたいだなと思いつつ、興味がアメリカンロック/ポップスの方に向いていたため、

…続き
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-98  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage