この曲を聴け! 

ニューウェーブ/ポストパンク

最近の発言

解説

Revolt Into Style / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
Art/Empire/Industry / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
A Better Home in the Phantom Zone / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
Furniture Music / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
Stop/Go/Stop / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
Don’t Touch Me (I’m Electric) / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
BILL NELSONS RED NOISE (めたる慶昭)
New Year's Day / War / U2 (めたる慶昭)
New Year's Day / War / U2 (めたる慶昭)
New Year's Day / War / U2 (Supersonic)
New Year's Day / War / U2 (Supersonic)
New Year's Day / War / U2 (Middle finger is the flag that...)
New Year's Day / War / U2 (Middle finger is the flag that...)
New Year's Day / War / U2 (朱雲)
New Year's Day / War / U2 (朱雲)
New Year's Day / War / U2 (すなお)
New Year's Day / War / U2 (すなお)
New Year's Day / War / U2 (shin-badboy)
New Year's Day / War / U2 (shin-badboy)
→PC向けページ
Tweet



新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)

Revolt Into Style / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
アルバムラストナンバー。
高速テクノでこの曲も最後を飾るに相応しいハイライトチューンですね。
ビルの弟イアン ネルソンのサックスが効果的で捻りの多いサウンドに更にもう一捻り加えております。
これもデイブ マダックスが叩いていますが、本当にこの人は必殺仕事人ですなあ。
めたる慶昭 ★★★ (2020-06-19 22:34:04)

Art/Empire/Industry / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
Be-Bop Deluxeの3rd「炎の世界」収録の「熱く疼く夜」ぬかなりメロディーが似ている曲。
サウンドはスピードが増してテクノになっている分かなり違っていますがね。
どちらも大好きな曲ですよ。
この曲なんか、かなりビルの遊び心が感じられるのは私だけでしょうか?
めたる慶昭 ★★ (2020-06-19 22:29:56)

A Better Home in the Phantom Zone / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
本作で唯一と言っても良いハードロック然としたナンバー。
とても良く出来た曲でハイライトナンバーとも言えますね。
ただ、Be-Bop Deluxe時代とはサウンドがかなり様変わりしており、テクノ寄りのハードロックとなっております。
ビルの弾くギターリフが悶絶物の格好良さでセッション参加のデイブ マダックスが良いドラミングを披露しており、Fairport Conventionに居る人とは思えません。
めたる慶昭 ★★★ (2020-06-19 22:25:28)

Furniture Music / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
家具の音楽というシュールなテーマの局で、ビルの中低音域中心のボーカルはゲイリー ニューマンの様に感情を排した歌い方で、アンディの細かいキーボードフレーズもシュールで無機質な世界の構築に一役買っています。
めたる慶昭 ★★ (2020-06-19 22:19:51)

Stop/Go/Stop / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
on off stop go stopって言うリフレインが非常に虚無感を演出する曲。
ビルのギターとアンディのキーボードが無表情に鳴り響きます。
ドラムはビル自身が叩いており、決して打ち込みではないのですが、この近未来性は40年後の今でもまだ古さとは無縁ですぞ!
めたる慶昭 ★★ (2020-06-19 22:16:03)

Don’t Touch Me (I’m Electric) / Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
アルバムオープニングナンバー。
アップテンポでテクノで無機質なエモーションを極力排除したそのサウンドは、Be-Bop Deluxeの最終作「プラスティック幻想」を更に推し進めた感じで、そこにビル ネルソンならではの感性が反映されており、このアルバムを象徴しておりますね。
めたる慶昭 ★★ (2020-06-19 22:12:06)

Sound on Sound / BILL NELSONS RED NOISE
79年に発表された彼等の唯一作。
80年代を目前に控えて、Be-Bop Deluxeでは表現出来ないテクノで無機質な近未来サウンドをビルがドラムもベースも半分以上自分でプレイして具現化しました。
プロデュースもビーバップ時代からのジョン レッキーと共同プロデュースしています。
今聴いても全然古さを感じさせないサウンドにそれにピッタリフィットしたメロディー、ビル ネルソンの才能の豊かさがフルに発揮された極上の1枚ではないでしょうか。
Be-Bop Deluxeの傑作「Modern music」にも引けを取らない出来ですよ!
ライナー担当の山田道成氏も「80年代が駆け足でやって来る。今機械文明の真っ只中に立ちはだかるビル ネルソンはBe-Bop Deluxeの伝説を打ち砕き、完全に抹殺した。
そう、これからの時代の支配者となり、象徴となり得るのがRed N
めたる慶昭 ★★★ (2020-06-19 22:07:59)

BILL NELSONS RED NOISE
Be-Bop Deluxe解散後にリーダーだったビル ネルソンが結成したバンド(というよりプロジェクト)。
キーボードのアンディ クラークのみ此処まで残留。
ドラムスには確か4曲くらい、あのデイブ マタックス(Fairport Convention等で活躍)が参加しています。
アルバム「Sound on sound」→邦題は「触れないで!僕はエレクトリック」を1枚だけ発表して解散。
ビーバップのラストアルバム「プラスティック幻想」をより機械化した様なテクノの走りとも言える先鋭的なサウンドを現しており、非常にモダンな感じです。
めたる慶昭 ★★★ (2020-05-22 22:45:42)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
イントロからして非常に内省的で、シリアスな雰囲気が漂います。
アイルランド🇮🇪という厳しい歴史を背負った国のバンドらしい音だな。
Gary Mooreの「Blood of emererd」なんか思い出すなって感じですね。
少ない音数で印象的なメロディで勝負をかけるといった潔いバンドだなと思います。
今はどうなのか知りませんが・・・
めたる慶昭 ★★ (2019-07-24 23:43:35)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
イントロからして非常に内省的で、シリアスな雰囲気が漂います。
アイルランド🇮🇪という厳しい歴史を背負った国のバンドらしい音だな。
Gary Mooreの「Blood of emererd」なんか思い出すなって感じですね。
少ない音数で印象的なメロディで勝負をかけるといった潔いバンドだなと思います。
今はどうなのか知りませんが・・・
めたる慶昭 ★★ (2019-07-24 23:43:35)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
初めて聞いたのは小6だった。
今でもイントロを聴いただけで
ゾクゾクする。
Supersonic ★★★ (2012-10-16 15:24:15)
New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
初めて聞いたのは小6だった。
今でもイントロを聴いただけで
ゾクゾクする。
Supersonic ★★★ (2012-10-16 15:24:15)
New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
ピアノとギターの音色に惹かれる。特にギターソロの後半は鳥肌モノ。エッジは独創的でカッコいいし、ボノもこの頃までは憧れてたけど...(個人的にU2は焔までで終了)
Middle finger is the flag that... ★★★ (2009-05-22 02:15:35)
New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
ピアノとギターの音色に惹かれる。特にギターソロの後半は鳥肌モノ。エッジは独創的でカッコいいし、ボノもこの頃までは憧れてたけど...(個人的にU2は焔までで終了)
Middle finger is the flag that... ★★★ (2009-05-22 02:15:35)
New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
普通にいい曲です。
それ以上に、今も時々聞きたくなるほどの中毒性を持っている点が秀逸。
朱雲 ★★ (2009-05-12 22:14:37)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
普通にいい曲です。
それ以上に、今も時々聞きたくなるほどの中毒性を持っている点が秀逸。
朱雲 ★★ (2009-05-12 22:14:37)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
この曲にやられてU2大好きになりました。
とにかくギターの音がかっこよすぎる!!!!
超名曲!
すなお ★★★ (2009-04-27 13:46:53)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
この曲にやられてU2大好きになりました。
とにかくギターの音がかっこよすぎる!!!!
超名曲!
すなお ★★★ (2009-04-27 13:46:53)

New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
悲しげなギターの音と、ボノの魂の叫びが印象的な名曲。
寒々とした独特の雰囲気が、適度な疾走感によって映えているよう。
アルバム「War」のベストナンバーだと思います。
shin-badboy ★★★ (2008-11-23 05:30:34)
New Year's Day / War / U2  →YouTubeで試聴
悲しげなギターの音と、ボノの魂の叫びが印象的な名曲。
寒々とした独特の雰囲気が、適度な疾走感によって映えているよう。
アルバム「War」のベストナンバーだと思います。
shin-badboy ★★★ (2008-11-23 05:30:34)

発言

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage