この曲を聴け! 

ヘヴィメタル/ハードロック
アーティスト分類-ジャンル
年代別区分
10年代 | T | ブリテン
THE TREATMENT
Running With the Dogs (2014年)
1. I Bleed Rock + Roll (0)
2. Drop Like a Stone (0)
3. Get the Party On (0)
4. Running With the Dogs (0)
5. Intro / The Outlaw (0)
6. Emergency (0)
7. She's Too Much (0)
8. Cloud Across the Sun (0)
9. Don't Look Down (0)
10. World on Fire (0)
11. What Is There to Say? (0)
12. Unchain My World (0)
13. Don't Get Mad Get Evil (0)
14. Way of the World (0)
15. The Seeker (0)
16. She Does It Right (0)
17. No Matter What (0)
18. In My Chair (0)
19. Running With the Dogs (acoustic) (0)
20. I Bleed Rock + Roll (acoustic) (0)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Running With the Dogs" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている20曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. I Bleed Rock + Roll, 2. Drop Like a Stone, 3. Get the Party On, 4. Running With the Dogs, 5. Intro / The Outlaw, 6. Emergency, 7. She's Too Much, 8. Cloud Across the Sun, 9. Don't Look Down, 10. World on Fire, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. 失恋船長 ★★★ (2015-07-06 13:05:18)
英国産の若きHM/HRバンドが2014年にリリースした2nd。一聴して耳に飛び込んでくるのはAC/DC直系のリフワーク、そして80年代風のキャッチーなロックサウンドにまぶされた、英国らしいクラシックな音色、アコギを生かした⑧あたりに顕著に表れているでしょう。美しいハーモニーを生かしたコーラスワークも壮大だし、全編に渡るメリハリの効いた構成とダイナミックなロックサウンドが醸し出すグルーブに往年の匂いを嗅ぎつつ、旧態然とした温故知新に頼るだけではない、瑞々しいサウンドには今の風をおもっいきり浴びる事が出来るので、老若男女問わず鮮明にそして新鮮に耳に届くでしょうね。個人的にはブルージーな渋みをましたナンバーや、艶やかで粘り腰のリズムワークに惹き寄せられました。こういう風格漂う楽曲の導入にはプロデューサーでもあり、ドラマーのダーニ・マンズワースの父親でもある元MOREのギタリストでも知られるロー

…続き
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage