この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 80年代 | 90年代 | A | アメリカ | オルタナティブメタル/ニューメタル | スラッシュメタル | 有名バンド
ANTHRAX
For All Kings (2016年)
1. You Gotta Believe (9)
2. Monster at the End (0)
3. For All Kings (3)
4. Breathing Lightning (0)
5. Suzerain (0)
6. Evil Twin (3)
7. Blood Eagle Wings (0)
8. Defend/Avenge (0)
9. All of Them Thieves (0)
10. This Battle Chose Us (0)
11. Zero Tolerance (3)
PC向けページ

解説


外部リンク
"For All Kings" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている4曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. You Gotta Believe, 2. Monster at the End, 2. For All Kings, 2. Breathing Lightning, 3. Suzerain, 3. Evil Twin, 4. Blood Eagle Wings, 4. Defend/Avenge, 4. All of Them Thieves, 4. This Battle Chose Us, 4. Zero Tolerance


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. 名無し ★★★ (2016-02-27 13:54:38)
worship musicから四年半ぶりのアルバム。
全体的なイメージはworship musicとくらべると平坦になった印象。よく言えば捨て曲がない。
前半は・・・そこそこ速いのかなといったころだけど、なめてると後半三曲にやられます。
ベテランスラッシュアーティストが
これだけ速さ重さを兼ね備えたアルバムを出してくれてうれしいです。
これからも四天王で一番のアンスラックスを応援します。


2. アクセルブルー ★★★ (2016-03-04 20:27:59)
ジョーイ復帰後2枚目のアルバム。
前作よりも疾走曲が増えたのはうれしい。疾走曲以外でも高速リフが炸裂するナンバーが多い。
とあるインタビューで「今作は速度・硬度・強度の全てを兼ね備えた作品になる」と言っていたが、まさにそのとおりだと思う。
→同意(0)
3. ヤングラジオ ★★ (2016-03-10 17:48:36)
元々、なんでもありというスタンスを取っていたバンドである、という事を忘れていなければ、まあ彼ららしい作品という位置付けでいいと思う。
勿論、初期のような感じではないし、前作とも少し質感は違っている。

もはや単純に「スラッシュ・メタル」というには無理な部分が多く、モダンさを取り入れながらも、基本は普遍的なHR/HMであると言えるではないだろうか。

楽曲は、単純に流れない。
これをどう捉えるのか。
もしジョーイがヴォーカルでなければ、楽曲自体は少し弱いのかなという感じがするものの、それも今に始まった事ではないので、個人的には真ん中より少し上といった評価である。

でもジョナサンは、想像以上に楽曲に新鮮味を与えているので、それはかなりのプラスポイントではある。

僕は前半が好きだけど、後半のオルタナ感も決して悪くない。

…続き

4. naosuke ★★ (2016-03-17 23:51:20)
個人的に久しぶりのアンスラ。
youtubeで聴いた4曲目のメロディーが頭から離れず購入。
スラッシュ4天皇のうち
slayerは「アグレッション」metallicaは「ドラマティック」megadeathは「テクニカル」
そしてanthraxは「キャッチー」若しくは「グルーヴ」
それぞれの切り口でスラッシュメタルを体現してきたが
そういう意味でもまさに納得の出来。
正直本作は歌メロとリズムが肝でありギターリフは弱い。
それでもこれだけノレて頭に残るんだからスゴイね。
今さらながらチャーリーのドラミング素晴らしさを実感。
→同意(0)
5. 火薬バカ一代 ★★★ (2016-04-09 10:06:14)
ジョーイ・ベラドナ(Vo)復帰2作目、SHADOWS FALLのジョナサン・ドネイズ(G)を擁するラインナップで'16年に発表されたニュー・アルバム。
今回は初手からジョーイの存在を念頭に置いて曲作りが進められたとのことで、そのためか、全体的にオーセンティックなHM風味が増強。方向性は2nd『狂気のスラッシュ感染』に通じるのですが、しゃにむに限界を押し広げようとする爪先立ち感覚が、スラッシュ・メタルならではの焦燥感/疾走感として具現化していたあのアルバムに比べると、本作はメンバーの技量や作曲能力が格段に洗練され、またサウンドの中核の為すジョーイの歌唱が余裕綽々なこともあり、随分とメロディアスな仕上がりになったとの印象が。
尤も、それが「ユルい」なんて意味じゃないことは、エピック・メタル調のインスト序曲①に続き、スラッシュ界屈指のリズム・カッター・トリオ、チャーリー・ベナンテ(

…続き

6. cri0841 ★★★ (2016-05-03 08:59:21)
素晴らしい!これ程にメロディ重視な作品は、他のスラッシュ四天王だと無理でしょうね。元々スラッシュ四天王に入っているのが
不思議な彼らですが、『歌える』Voに新加入のGuが非常に良い仕事をしております。リズム隊も完璧で隙など無い!
MEGADETHの新譜よりこちらを好んで聴いてますね。元々正統派メタル好きではありますが、彼らがこんなに真っ当なアルバムを作るとは!
変化球を投げすぎて疲れたのかwメタル初心者にも勧めたい普遍的な魅力に溢れております。正に『王者』のサウンド!
前作も素晴らしかったが、更に洗練されましたね。オススメです!

→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage