この曲を聴け! 

G | PROFOUND LORE RECORDS | アメリカ | アヴァンギャルド/エクスペリメンタル | テクニカル | デスメタル | ブラックメタル | プログレッシヴ | プログレデス/テクニカルデス
GERYON
The Wound and the Bow
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"The Wound and the Bow" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索



コメント・評価

Recent 20 Comments

1. Usher-to-the-ETHER ★★ (2017-03-07 11:49:37)
2016年発表の2nd。

KRALLICEのメンバーによるテクニカルデス…という事で興味を持ったんですが、最近のKRALLICEもテクニカル・アヴァンギャルド志向を強めているとはいえ、予想以上にアヴァンギャルドな路線で少々戸惑ってしまった作品。

ベースとドラムによる複雑怪奇、かつエクストリームな絡みの上に、ハードコアテイストのある絶叫が乗る…というスタイルですが、まるでベースとドラムのアンサンブルでどこまで行けるのか、その閾値を探っているかのような実験性がある…。楽曲やサウンドスケープよりも、その時の楽器隊の絡みに音を聴く楽しみを見出す感じで、トレモロリフによる高い叙情性も評価されていたKRALLICEとは全く別物。そもそも編成がギターレスですしね。

…という訳で近年のKRALLICE以上に好みが分かれそうな作風。知性や演奏力、クオリティなどは間

…続き
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage