この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 80年代 | 90年代 | B | ギターヒーロー | ブルージー | ポップ/キャッチー | 叙情/哀愁 | 日本 | 有名バンド
B'Z
DINOSAUR (2017年)
1. Dinosaur (12)
2. CHAMP (6)
3. Still Alive (12)
4. ハルカ (8)
5. それでもやっぱり (4)
6. 声明 (6)
7. Queen Of The Night (8)
8. SKYROCKET (2)
9. ルーフトップ (5)
10. 弱い男 (8)
11. 愛しき幽霊 (7)
12. King Of The Street (8)
13. Purple Pink Orange (6)
PC向けページ

解説


外部リンク
"DINOSAUR" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている12曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Dinosaur, 2. CHAMP, 3. Still Alive, 4. ハルカ, 5. それでもやっぱり, 6. 声明, 7. Queen Of The Night, 8. SKYROCKET, 9. ルーフトップ, 10. 弱い男, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments

1. 1573 ★★★ (2017-12-02 21:15:07)
数回聴いた時点でのレヴュー。
敢えて一言で言おう、このアルバムは「B'z流歌謡ロック」の完成であり、同時に誕生でもある。
この作品の立役者であり主人公は完全に松本孝弘その人。
18年前、松本は「変わりたい変われないオリジナルじゃない」と嘆いた。
そこから月日を重ね、試行錯誤を重ね、遂に自分のオリジナルを手に入れたのだ。

稲葉も稲葉で、一貫した世界観を持ち続け「これこそが俺の世界だ」と言って良い歌詞だ。(良く言えばやはり完成形、悪く言えばマンネリ)

それに今回はアレンジも実に素晴らしい。
過剰さ派手さ煌びやかさを取っ払い、無駄をそぎ落とし二人の世界観を壊す事の無い…いや、むしろ際立てさえする巧みさ。

先に「B'z」の項目で書いたが、「このアルバムは旧来のファンをふるい落とし、新規参入者にはキャッチーさが無くて訳が分から

…続き

2. CdG ★★★ (2017-12-23 19:58:50)
何周もアルバムを聴いたが、この日本の音楽シーンにおいて、これだけの音圧を誇るバンドの曲を私は知らない。前作EPIC DAYは所謂名盤というよりも、秀作の方がしっくりくるが、今作は名盤に足を踏み入れつつあると感じる。

日本におけるロックの頂点に君臨しながらも、そこで受ける孤独。だがそれらを無視して、これからもロックし続けるんだという強さを感じた。そして一音一音をじっくり歌う稲葉のヴォーカルがその中核を突き抜け、言うまでもないがB'zがB'zである為の存在証明は松本のギターと稲葉のヴォーカルにある。

3. 正直者 (2017-12-23 20:11:34)
地位と名誉を金で買った究極のフェイクロック。このようなバンドが日本で認知されていることが、国辱とも言える存在であり。我が国ニッポンがロック後進国とバカにされる理由だろう。

このハードさもエッジも歪みもないサウンドメイクがハードロックというのなら、AKBもハードロックにカテゴライズするべきである。ドラムとベースとギターがあれば全てハードロックという解釈か。こんなフニャチンサウンドにロックの欠片もない。
金で魂を売った男たち。自分たちの経歴を詐称。こそこそと他人のアイデアの影で成功を収めた下手人。

すべて過去の偉人の財産を喰い尽しただけのコンビニエンスな音楽。そんなものに価値などないよ。

このバンドを絶賛できるのは、オリジナルをしらない人だけ。パクリとリスペクトの違いとは何か?
いたって簡単です。

文明から遮断した密林の原住

…続き

4. astwd ★★★ (2017-12-23 20:37:54)
兎にも角にも、アンチが多いこのバンド。その人々は恐らくLed Zeppelinを筆頭とした洋楽至上主義の人々。確かにこのB'zというバンドには明確なパクリと受け取れる作品が数多く存在する。
Led ZeppelinのTrampled Under FoodやAerosmithのwhat it takes、その他ソロを含めるとGary Moorやそういった大御所からの引用が目立つ。
しかしそういったアンチの人々の言い分も理解することができる。俺たちの聴いていたハードロックを馬鹿にするな、と。
しかしそれは某雑誌の編集長のように、ある意味では盲目的でそちらの方が偏向的かつクールではない。その某雑誌の編集長のフェスでは、圧倒的な存在感を放ち、レジェンド的存在だったのは事実だ。

この2017年末にまで、その意見を引きずっているのはただの時代遅れの産物である。文化とは
…続き

5. 正直者 (2017-12-23 20:55:14)
アンチじゃなくて事実を述べたまで、どんな言葉を並べても原曲を知らないだけの話。

許されるレベルの模倣じゃない。

原曲を知らない相手に商売をしているだけ。

だれもが影響を受けたアーティストのフレーズの引用など当たり前に行う。

それはファンと共有出来る楽しみでもあるからだ。

このバンドは○○から影響を受けている。だからこのフレーズを組みたて来たんだと楽しめる。

それは盗んだのではない、自分のルーツを披露したのだ。

だからオマージュでありパクリではない。

経歴を隠しながら、あたかも自分たちが最先端を行くバンドだと振る舞い無知なファンを相手に荒稼ぎしているだけ。

こいつらのやることは全て肯定的にしか受け止められない信者の盲目なセリフ。

売れるのが正義だから盗

…続き

7. ABB ★★★ (2017-12-23 21:17:38)
「構いやしないさ望むとこ
この寂寥感この逆風感
それさえ君らの憧れだろう」

「称賛する声
罵倒する声
同情の声
すべてが遠くへ消えていく」

と、このアルバムでは歌われています。


8. トラベリンメン ★★★ (2017-12-24 22:34:51)
単純に50過ぎたオヤジたちが、こんな音を鳴らして、未だにロックし続けてる。
だから自分自身もまだ頑張らないとな、と思わされる。

色んな評価があっていいと思います。宗教じゃないから、神格化するのも違う。レジェンドでもない。B'zはB'zでしかないと感じたアルバム。Brotherhood以来、なんか物凄く考えさせられた。


9. トラベリンメン ★★★ (2017-12-24 22:35:28)
単純に50過ぎたオヤジたちが、こんな音を鳴らして、未だにロックし続けてる。
だから自分自身もまだ頑張らないとな、と思わされる。

色んな評価があっていいと思います。宗教じゃないから、神格化するのも違う。レジェンドでもない。B'zはB'zでしかないと感じたアルバム。Brotherhood以来、なんか物凄く考えさせられた。


10. ずなきち ★★ (2018-01-02 18:12:11)
衰えない稲葉氏の声と脂の乗りきって更に魅力的な松本氏のギターは脱帽です。ただ、楽曲は何年もマンネリ感がありますね。ポップなデビュー当初からハードな中間期を経て、B'zの最終形はどんな形になっていくのか楽しみでもあります。

→同意(0)

11. 名無し(2018-01-21 14:18:53)
B'z2000年代最低の作品


12. 名無し ★★★ (2018-09-15 17:52:06)
賛否両論あるみたいですが、自分の中ではLOOSEやSURVIVEやACTIONと並ぶくらいの名盤だと思います。
最初聴いたときはまあまあかなくらいの感想でしたが、何度か聴いているうちにこれは名盤確定だなと思うようになり、とても気に入ってます。
2つのシングル曲もしっかりアルバムに馴染んでいると思うし、表題曲やCHAMPのようなゴリゴリなハードロックも好きですが、自分が敢えておすすめ出来るのはQueen Of The Night、ルーフトップ、愛しき幽霊、Purple Pink Orangeといった感じですね。


13. 名無し (2018-09-15 19:10:44)
もうステマ飽きた。
B'zのことをゴリゴリのハードロックと呼ぶやつは一人しかいないんだよな。
逆にB'zの足を引っ張るよ。

吉村慶昭はけして謝罪しませんより


14. 名無し ★★★ (2018-09-20 03:33:35)
日本の音楽シーンのトップたち、つまりミスチルやサザン。誰もが認めるスター。
そこにB'zが入っているのが驚き。ハードロックもどきだろうがなんだろうが、このスタイルで第一線に立ち続けるのは簡単なことではない。
評論家のような言葉を使う人々はセーソクの文章と佐伯さんの文章を読んだのかな。


15. 名無し (2018-09-20 08:46:42)
必死に庇う複数アカウント乙

ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage