この曲を聴け! 

新規発言(全項目, 24H以内) - 10件
Loud and Clear / Street Lethal / RACER X (火薬バカ一代)
Fire Fire / United World Rebellion: Chapter One / SKID ROW (失恋船長)
D.O.A / GOLDEN BAT / GRAND SLAM (失恋船長)
DON'T YOU / GOLDEN BAT / GRAND SLAM (失恋船長)
Rocklaw Living Arab (Joan Jett & the Blackhearts Cover) / GOLDEN BAT / GRAND SLAM (失恋船長)
ONCE MORE KISS / GOLDEN BAT / GRAND SLAM (失恋船長)
GOLDEN BAT / GRAND SLAM (失恋船長)
Brain? No', No'! Know!? / ASTLLA (失恋船長)
Reset / XI / METAL CHURCH (きゆすや いかさ)
Street Lethal / RACER X (火薬バカ一代)
→PC向けページ
Tweet

外部リンク
登録されている7曲を連続再生 - Youtube



新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)
Loud and Clear / Street Lethal / RACER X  →YouTubeで試聴
音の悪さも荒々しくガナるVoも、ササクレたエネルギーに
転化して突っ走るパワーメタル・ナンバー。
改めて聴くと、Voの感じ含めてジャパメタっぽい印象が無きにしも非ずという。
勢いだけでなく、勇壮なメロディには耳を捉えるフックが備わっていて
ポールのGテクだけに留まらぬ、確かなメロディセンスも発揮された名曲です。
火薬バカ一代 ★★★ (2021-02-25 23:49:29)

Fire Fire / United World Rebellion: Chapter One / SKID ROW  →YouTubeで試聴
我らがEZOのカヴァー
そういえば同期デビューだもんなぁ
一緒にツアーも出たみたいなニュースもあった気がする
以外とハマっているのに驚いた
でも本家の方が迫力ありますよ
こうして取り上げてくれたことが嬉しい
失恋船長 ★★★ (2021-02-25 13:44:01)

D.O.A / GOLDEN BAT / GRAND SLAM  →YouTubeで試聴
イントロでガツーンといき
Aメロで引く展開
ヴィジュアル系から入った人にも優しい仕様です
本格派のハードサウンド
腕が確かなメンバーが色んな思いを飲み込み時代に合わせアレンジしている
その努力に☆3個献上しますよ
失恋船長 ★★★ (2021-02-25 13:36:04)

DON'T YOU / GOLDEN BAT / GRAND SLAM
派手なギターソロも決まっています
このバンドらしいアメリカンロック
バンドしての一体感がいいですね
失恋船長 ★★ (2021-02-25 13:34:03)

Rocklaw Living Arab (Joan Jett & the Blackhearts Cover) / GOLDEN BAT / GRAND SLAM  →YouTubeで試聴
何故タイトルが違うのだろうか?『I Love Rock N' Roll』なのは間違いないはずである
ん?この曲には他のタイトルヴァージョンがあるのか?
色んな疑問が頭をもたげますがシンガーの加藤純也が以外とハマっています
失恋船長 ★★ (2021-02-25 13:30:48)

ONCE MORE KISS / GOLDEN BAT / GRAND SLAM  →YouTubeで試聴
少々狙い過ぎな感はありますが
底抜けにキャッチーなメロディが耳を惹きます
歌詞もティーンエージャー向け
曲調も含めオープニングナンバー何でガツーンと来てほしかった
でも上手いことやって目先を変えている
この判断は正しい
キャッチーな掴みで徐々に始まる本格志向のロックを聴かせるという手腕は評価されるべきでしょうね
失恋船長 ★★ (2021-02-25 13:25:27)

GOLDEN BAT / GRAND SLAM
バンドブームの波に押し込まれたジャパニーズハードシーン、その勢いはヴィジュアル系の登場で息の根を止められたが、解散&方向性にメスが入っきた大御所たちも離散集合を繰り返す中で、結成されたのがコチラ、44マグナムにリアクション、プレゼンス、メイクアップの4バンドから集合。特にメインソングライターを担当した44マグナムの吉川は曲作りの上手さに定評があり、彼が主軸のバンドとして活動するのであれば、どういう方向に向かうのか興味もありました。
2曲目のジョーン・ジェットがやった『I Love Rock N' Roll』をカヴァーしたりと、4曲の中にメッセージを込め、端的に魅力を詰め込んできた。
メロディアスでキャッチーなジャパニーズアメリカンロックの①はファンの間では大切な曲らしい、③は明るくアメリカンと、このバンドの本流となる一曲。そして直線的に迫るハードサウンドの④、これもワビサビを
…続き
失恋船長 ★★★ (2021-02-25 13:20:57)

Brain? No', No'! Know!? / ASTLLA  →YouTubeで試聴
京都を拠点に活動していたド派手なルックスが話題のバンドだった。今作のリリースは1989年、ヴィジュアル系ブームが勃発していた時期だけに、また新手が現れたぞである。
ジャケットを眺め、右二人のインパクトは絶大だ(左端だけ抵抗)カラフルに染め上げたロン毛を逆立て(スプレー何本使ってるの?)フロンガス満載の楽屋に環境団体も訴えてきそうだが、衣装がハッピなのか振袖なのかよくわからないが、ド派手なセンスの悪い着物を羽織り活動しているらしい(左端はどうなっている?)
このインパクト大なヴィジュアルとリリース時期、聴く前にOUTな状況でしたが、聴かせてもらうと評価が一変。あのハッタリを噛ませまくり収集が付かなくなった、和柄を取り入れたハイブリットヴィジュアルが、どう考えても無駄にしか感じない本格派のサウンドを披露。
アメリカンな軽快なメロディもあるが、根幹にあるのは芯の太い本格派のハ
…続き
失恋船長 ★★★ (2021-02-25 13:01:55)

Reset / XI / METAL CHURCH  →YouTubeで試聴
 Metal church、大学時代よく聞いたバンドだ!当時流行っていたメタルバンドの中でもかなり面白い方だと思う。上手いし!この曲は正直よく知らない。比較的新しいのだろう⁉︎
 人生色々あるが、君も今日から気を取り直して頑張るんだ!Reset‼︎
きゆすや いかさ(2021-02-25 04:41:08)
Street Lethal / RACER X
若干19歳にして「世界最速」とも謳われたハイテクニックを駆使し、ギター戦国時代に切り込んだ早熟の天才ギタリスト、ポール・ギルバート率いるRACER Xが'86年にSHRAPNEL RECORDSから発表した1stアルバム。
手元にあるCDを確認すると、タイトル表記が「PAUL GILBERT with RACER X」となっており、この時点ではバンドというよりは、マイク・ヴァーニーの秘蔵っ子たるポールをデビューさせるために急遽あつらえたプロジェクトであったことが伺えますが、折角そこまでお膳立てを整えた割にレコーディングは短期間&低予算というブラックな環境で行われており、風呂場で録音したみたいな音質は貧弱もいいところ。LOUDNESSやイングヴェイといった、当時ポールが影響を受けたアーティストからの影響がダイレクトに反映された楽曲の方も相当に粗削りな出来栄えとなっています。

…続き
火薬バカ一代 ★★★ (2021-02-25 00:18:38)


MyPage