この曲を聴け! 

新規発言(全項目, 24H以内) - 18件
Dreamhunter / TREAT (らむいっとだうん)
Living in a Fantasy / Lionsheart / LIONSHEART (らむいっとだうん)
Turbo Lover / Turbo / JUDAS PRIEST (ペコチャンテイオー)
Astra / ASIA (名無し)
今日買った音源をみんなに報告してくれ (めたる慶昭)
Rock'n roll medley / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Look at Yourself / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Circle of Hands / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Tears in My Eyes / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Sweet Lorraine / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Sunrise / Uriah Heep Live / URIAH HEEP (めたる慶昭)
Wonderworld / URIAH HEEP (失恋船長)
Ouroboros / CONCERTO MOON (失恋船長)
Unchain the Wolf / ROADWOLF (失恋船長)
独り言・・・ (めたる慶昭)
DON’T CHANGE YOUR MIND〜SE: SO LONG / MAGICAL MYSTERY “MARI” 浜田麻里 LIVE ’85 / 浜田麻里 (火薬バカ一代)
Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS (LAメタルこそ我が起源)
ん?似てる? (めたる慶昭)
→PC向けページ
Tweet

外部リンク
登録されている3曲を連続再生 - Youtube



新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)
Dreamhunter / TREAT
曲作りが抜群に上手い。
キャッチーで印象に残るメロディを作らせたらピカイチ。
プロの職業作曲家が作ったハードロックアルバム。
らむいっとだうん ★★★ (2020-12-04 22:20:15)
Living in a Fantasy / Lionsheart / LIONSHEART  →YouTubeで試聴
メロスピは好きじゃないが、この曲は大好き。
勇壮で格好良すぎる。
らむいっとだうん ★★★ (2020-12-04 22:00:01)
Turbo Lover / Turbo / JUDAS PRIEST  →YouTubeで試聴
PBのサビの部分のロブのダンスが好き。
ペコチャンテイオー ★★★ (2020-12-04 21:43:45)
Astra / ASIA
エイジアのアルバムは全部買いました。今でも最高傑作と思ってます
名無し ★★★ (2020-12-04 19:42:16)

今日買った音源をみんなに報告してくれ
The Kinksの「Muswell hillbillies」を購入。
キンクス2枚目です。
コンプは目指さないけど、後何枚かは買うつもりです。
めたる慶昭 (2020-12-04 18:43:13)

Rock'n roll medley / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
私は、このロックンロールメドレー大好きです!
ニワカな奴らはこの良さは解らない様ですが。
40年代後半生まれ揃いのこの時のメンバーに取ってロックンロールは血肉となっている曲ばかりでしょう。
バイロンのノリノリボーカル、カースレイクのドラミング、セインのベースランニングも然り、ミックのギターも当然ですが、ケンちゃんのキーボードだってもう嬉々として演奏しているのが目に見える様じゃないですか。
全てが繋がってまるで1曲の様に聴こえますよ!
引き合いに出して悪いですが、沢田研二もライブ盤でロックンロールメドレーやってますが、レベルが全然違う!
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 18:24:01)

Look at Yourself / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
ギターとドラムが適当に煽り、バイロンがカモン バーミンガムと煽ってから曲げ始まります。
やっぱりリードボーカルはバイロンが歌った方が良いなあ。
ケンには悪いけどね。
スタジオテイクだって決して悪くないんだけどね。
キレが違うよキレが。
セインとカースレイクのコンビはポール ニュートンとイアン クラークのコンビの数倍良いプレイで良いグルーヴを生み出しております。(スタジオテイクも悪くないですよ、シツコイですが)
終盤のコール&レスポンスの格好良さも必聴だぜい!
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 18:16:47)

Circle of Hands / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
スタジオテイクも充分ドラマチックな曲ですが、このライブテイクでは更に数倍ドラマチックな仕上がりになっています。
ケンのキーボードはよりリリカルにバイロンのボーカルはよりエモーショナルにミックのギターもそうですね。
セインのベースラインは「七月の朝」と双璧を成す劇的なプレイで感激の涙も枯れ果てます!
勿論カースレイクのドラミングがボトムをしっかり支えている事も言っておきましょう。
終盤のバイロンの必殺シャウトでも涙腺再度崩壊!
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 18:09:24)

Tears in My Eyes / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
スタジオテイクではミステリアスでプログレッシブな印象のこの曲ですが、ライブでは完全にロックンロールナンバーと化します!
このハイボルテージな演奏は正に鳥肌もの!
格好良い曲を格好良く演奏するという事は正にこの曲のテイクの事を言うのです。
聴け万民よ!
バイロンなんとスタジオテイクのシンセサイザー音をボーカルで再現していて(かつて成毛滋氏が言ったデヴォトロンだなあ)もう唖然茫然するしかないぞ!
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 18:03:17)

Sweet Lorraine / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
続いて2曲目は、これも当時のニューアルバム「魔の饗宴」から。
スタジオテイクより全然テンポが速く、聴いていて気分爽快ですな。
セインのベースランニングが格好良過ぎて悶死寸前ですがな。
バイロンのボーカルも何て格好良い歌い回しなんだろう!
ケン&ミックも良いし、カースレイクのフィルイン絶好調!
ああ、聴いていて幸せだなあ。
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 17:57:12)

Sunrise / Uriah Heep Live / URIAH HEEP
アルバムオープニングナンバー。
短いチューニングを経てあのハモンドが鳴り響き曲が始まります。
スタジオテイクより兎に角生々しくバイロンがまるで目の前で歌っている様だ。
カースレイクのドラミングはシンバルを細かく鳴らし、繊細かつパワフルなプレイを披露しています。
この演奏がショボい?ダサい?
そう言う奴はgo to hell!
めたる慶昭 ★★★ (2020-12-04 17:51:35)

Wonderworld / URIAH HEEP
ミック・ボックスがインタビューで答えた『辛い時代だった』そして『もっといいものが作れた』この二つの言葉がキーワードのように思える。今アルバム。最近、亡くなったケン・ヘンズレー、その訃報を聴き、彼の歴史を再度触れているのだが、やはり制御不可能な我の強さを感じさせる作風に落ち着いている。
ハッキリ言えばユーライアヒープとは、どんなバンドなのか、それが見えてこないアルバムになってしまったと言えよう。それは、今作に限ったことではない、初期の重厚かつ幻想的なスタイル、ある種の神秘的な魔力的音楽性を手放してからの迷走ぶりを象徴しているように感じる。
アメリカでの成功を念頭に作られる70年代中期からのHEEPサウンド、襲い掛かるハモンドオルガンは影を潜め、バンドとして核になるサウンドが見失った。前作よりは英国的な情緒を取り戻していたとて、フォーキーでスローなナンバーも多く、やれないのではな
…続き
失恋船長 ★★ (2020-12-04 12:29:14)

Ouroboros / CONCERTO MOON
最近まで、初期のリメイクベストが出ているを知りませんでした。厳密にいうならば、After the Double Cross以降のアルバムを聴いたこともなく、井上の後任のシンガーのアルバムをチョイと聴き終了だった。
島紀史のアイドルオタクぶりが嫌いなのではなく、単純にアルバム自体が大味なものに進み、個人的な好みから外れてしまった。今回もリメイクだが、がなり気味の唄が台無しにするのではと、聴く前は懐疑的だった。
シンガーも新たに芳賀亘に変更。前任者を知らないとで何とも言えないが、初期の曲を歌うにはピッタリとも言える人材。ある意味、尾崎節を踏襲できるシンガーが唄っているという印象を受ける。正直、彼のパフォーマンスは甘い、まだまだとう印象が強いのだが、尾崎時代のギリギリの歌唱スタイルが、楽曲に刹那な響きをもたらし、ある種の悲壮感みたいなものがロックな炎となり燃え上がっていた初期が大好
…続き
失恋船長 ★★★ (2020-12-04 12:09:08)

Unchain the Wolf / ROADWOLF
オーストリアから現れた正統派HM/HRの精神性を継承する4人組によるデビューフルアルバム。ロック然とした力強い歌声、JPやSAXONと言ったバンドから影響を受けたサウンドはストレートな手法を用いり実直に再現、あまりに素直なスタイル故に、見新しさはないのだが、ツボを押さえた展開と楽曲構成、歯ごたえのある演奏と熱量の高さ、メタル特有のドラマとカタルシスの開放。ベタ故のお約束に熱くなれるかどうかがカギだろう。
トラディショナルサウンドに目がないマニアならグッとくること間違いなしだが、何らかの代替え品である事は否めない。それでも、こういう姿勢を現代に持ち込んだバンドを往年したくなるのは必定とも思え。個人的には愛して止まない音楽性であります。ハルフォード風の声質も楽曲にバッチリとハマっている。
時代を超越するHM/HRの本流サウンドに旨味、そして何物にも代えられない魅力、今作にはそうい
…続き
失恋船長 ★★★ (2020-12-04 11:52:55)

独り言・・・
Uriah Heep live に曲目を登録しました。
めたる慶昭 (2020-12-04 11:17:50)

DON’T CHANGE YOUR MIND〜SE: SO LONG / MAGICAL MYSTERY “MARI” 浜田麻里 LIVE ’85 / 浜田麻里  →YouTubeで試聴
スタジオ・バージョンも十分凄いのですが、
この時期のライブ・バージョンもまた凄い。
エネルギーが奔流となって溢れ出すような
(それこそ喉手術前のクラウス・マイネばりに)
尻上がりにパワーを増していく歌いっぷりに圧倒されます。
火薬バカ一代 ★★★ (2020-12-03 23:55:21)

Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS
ブライアンのアルバムではこれが一番好き。
本当にいい曲揃い。優れたメロディメーカーだと思いますね。
とくにアンニュイな雰囲気のcuts kike a knifeは秀逸。
こういう曲調は、そうそう誰でもは作れませんよ!
LAメタルこそ我が起源 ★★★ (2020-12-03 23:16:59)
ん?似てる?
今、スケルトン解きながらManic Eden流していたら、3曲目の「Ride the storm」がかなりEuropeの「Dreamer」に似てたな。
盗作寸前って感じ。
めたる慶昭 (2020-12-03 22:51:32)


MyPage