この曲を聴け! 

新規発言(全項目, 24H以内) - 10件
CRAZE (名無し)
独り言・・・ (名無し)
Rats in the Cellar / Rocks / AEROSMITH (MK-OVERDRIVE)
Thank God for the Bomb / The Ultimate Sin / OZZY OSBOURNE (MK-OVERDRIVE)
GERMAN OAK (名無し)
Secret Loser / The Ultimate Sin / OZZY OSBOURNE (MK-OVERDRIVE)
Between the Hammer & the Anvil / Painkiller / JUDAS PRIEST (名無し)
The Hellion / Electric Eye / Screaming for Vengeance / JUDAS PRIEST (名無し)
PYG / PYG (火薬バカ一代)
Take It to the Limit / One of These Nights / EAGLES (ふらじゃいる)
→PC向けページ
Tweet

外部リンク
登録されている6曲を連続再生 - Youtube



新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)
CRAZE
最近の若い者は…
ぽく聴こえるけど、CRAZEはそれくらい貴重なストレートにえぐってくるバンド。
こういうバンドはいつの世にも絶対に必要。
I don't like backstreetboys
名無し ★★★ (2018-11-21 22:53:10)

独り言・・・
今、北原亞以子の「東京駅物語」を読了したのてすが、北原には珍しく駄作でした。慶次郎縁側日記シリーズや深川澪通りシリーズは、楽しめますが、この明治から昭和にかけての東京駅を舞台にした連作は、9話中まあまあ面白かったのが、2作くらいで後は読み進めるのが苦痛な程筋書きが退屈で、電車の中で読んでいても眠くなり、読むスピードが遅くなりましたよ。
名無し (2018-11-21 22:46:56)

Rats in the Cellar / Rocks / AEROSMITH  →YouTubeで試聴
本作3rdシングルでありエアロ自身そのものだろ!みたいにヘヴィメタリックなロックンロール。UPされているLIVE動画も凄いの一言だね、元々4分の曲をアドリブで倍に引き伸ばした大名演だ。
MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-21 19:37:36)

Thank God for the Bomb / The Ultimate Sin / OZZY OSBOURNE  →YouTubeで試聴
とってもメロディックでキャッチーなのは毎度のことで結構、結構。何が問題かってMETALLICAでも言わんだろうみたいなタイトルそのまんまの歌詞がヤバい。最後は自爆?
MK-OVERDRIVE ★★ (2018-11-21 19:12:33)

GERMAN OAK
ジャーマンオークといえば、伝説のプロレスラー ハンス・シュタインケ。
名無し (2018-11-21 10:46:45)

Secret Loser / The Ultimate Sin / OZZY OSBOURNE  →YouTubeで試聴
カーアクション映画"The Wraith"のサントラに使われたというだけでOVERDRIVEにとっては超名曲になっちゃう。何とCHARLIE SHEEN扮する主人公の名もJAKEだったとな。
MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-21 08:07:04)

Between the Hammer & the Anvil / Painkiller / JUDAS PRIEST  →YouTubeで試聴
この曲推しの人が多くて嬉しい
1番を決めるのは難しいけど、やっぱりこの曲がJPで一番。
歌い出しの歌詞と、威厳に満ちた曲調と鋼鉄感がたまらん
名無し ★★★ (2018-11-21 01:34:52)

The Hellion / Electric Eye / Screaming for Vengeance / JUDAS PRIEST  →YouTubeで試聴
エレクトリックアイはギターリフがメロディみたいなもんよ
名無し ★★★ (2018-11-21 00:46:55)

PYG / PYG
日本芸能史に燦然と輝くスター、沢田研二(Vo)を始め、萩原健一(Vo)と岸部一徳(B)、数多くのドラマや映画音楽を手掛け作曲家として名を成した井上堯之(G)、大野克夫(Key)ら錚々たる面子により結成され、そしてスーパー・グループの宿命に則り短命に終わってしまったニュー・ロック・バンドが'71年に残した、スタジオ・アルバムとしては唯一の作品。
CD化が実現した際、「GSのトップ・グループでアイドル的人気を誇ったメンバー達が本格派HRを追求するべく新たなバンドを結成」という、まるでLOUDNESSを先取りしたかのような結成経緯と、何より多士済々な顔触れに釣られ完全に興味本位で購入した本作でしたが、ファズの効いたGがかき鳴らされるOPナンバー①が始まった時点で、そのカッコ良さに金属バットで後頭部をフルスイングされたぐらいの衝撃を受けましたよ。
ジュリーとショーケンのツインVoの重
…続き
火薬バカ一代 ★★★ (2018-11-21 00:42:07)

Take It to the Limit / One of These Nights / EAGLES  →YouTubeで試聴
この曲の真のヴォーカリストはRANDY MEISNERだ!!
ふらじゃいる ★★★ (2018-11-21 00:22:25)

MyPage