この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 32件
Rise of the Animal / Three Lock Box / SAMMY HAGAR (MK-OVERDRIVE)
Dancin' in the Ruins / Club Ninja / BLUE OYSTER CULT (人間そっくり)
Please Don't Touch / Ace of Spades / MOTORHEAD (火薬バカ一代)
Motorhead Vs Girlschool / MOTORHEAD (火薬バカ一代)
BLAST! / シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ (夢想家・I)
Survival of the Fittest -interlude- / シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ (夢想家・I)
Journeyman / Dance of Death / IRON MAIDEN (枯林)
X.Y.Z→A (名無し)
VOLCANO (名無し)
狂死曲 / 十字架の結末 -第二の悲劇- / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL (名無し)
帰るべき場所 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
あの部屋から / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
くれくれシックスティーン〜青春の俗欲〜 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
サンダーロード / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
パーティーソング / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
糞野郎 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
哀罠メタル / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
ヘッドバンギン謝罪行脚 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
帰郷 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
Lucifer / 悲劇の終幕 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL (名無し)
〜テーマ オブ 鉄兜〜帰ってきたヘビーメタル / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠 (失恋船長)
Le Miserable / 悲劇の終幕 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL (名無し)
Imagine Me Alive / SLEDGE LEATHER (失恋船長)
オペラ座ノ悲劇 / 亡界ノ魔都 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL (名無し)
パラサイト / 十字架の結末 -第二の悲劇- / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL (名無し)
リストカッター / 火炙りの数え唄 / 蜉蝣 (名無し)
夕暮れの謝罪 / 色メガネとスキャンダル / 蜉蝣 (名無し)
Missa / DIR EN GREY (名無し)
Jealous / DIR EN GREY (名無し)
Jealous / Jealous / DIR EN GREY (名無し)
Unknown...despair...a Lost / Jealous / DIR EN GREY (名無し)
In the Room / Three Lock Box / SAMMY HAGAR (MK-OVERDRIVE)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 32件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Rise of the Animal / Three Lock Box / SAMMY HAGAR
ライナーノーツでは"AEROSMITHばりにワイルドに決めた"と言ってるけど、3連シャッフルのバッキングがSAMMYならではだろう。何にしても男は狼に変身するものさ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-08-20 07:22:05)



Dancin' in the Ruins / Club Ninja / BLUE OYSTER CULT
そうです。ハイライトです!当時新譜だ~と狂喜して輸入盤を買った時はこの曲だけにハマりました。
アラン・ジョー・アルバートのNYパンク系要素が抜け落ちていたからなんでしょうかね。
今では大好きなアルバムですけれど。

人間そっくり ★★★ (2017-08-20 04:54:40)


Please Don't Touch / Ace of Spades / MOTORHEAD
JOHNNY KIDD & THE PIRATESのデビュー・ヒット曲のカヴァーにして、
MOTORHEADとGIRLSCHOOLが合同で発表した3曲入りEP(全英チャート最高第4位)
『St. Valentines Day Massacre』のリーダー・トラック。
メインVoはレミーとケリー・ジョンソンが分け合い、
ドラムは首の骨折って入院中だったフィルシー・テイラーの代わりに
GIRLSCHOOLのデニス・デュフォードが叩いている。
3分弱のランニング・タイムをヤサグレ気味に突っ走る無頼な名曲。

ちなみに動画サイトで見られるTV番組出演時のライブ映像が非常にクール。
ドラム叩かんとウロチョロ踊るフィルシーが何度見ても笑えます。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-08-20 01:05:34)



Motorhead Vs Girlschool / MOTORHEAD

タイトルに「VS」なんて付いてますが、MOTORHEADとGIRLSCHOOLの電流デスマッチの模様を収めた実況録音盤…なわけは勿論なくて。2バンドが共同でBRONZ RECORDSから発表したEP『St. VALENTINES DAY MASSACRE』をメインディッシュに、そこに彼らのシングルB面曲、更にはBRONZとワン・ショット契約を交わしていたYOUNG & MOODY BAND(レミーを始め、STATUS QUOのボブ・ヤング、WHITESNAKEのミッキー・ムーディやコージー・パウエルらが参加)が発表したシングル2枚等の音源を「取りあえず全部入れとけ!」ってな勢いでブッ込んだテイチクお得意の企画盤。これ1枚で入手困難音源を手軽に振り返れるので便利っちゃ便利なんすが、CD容量の関係で数曲カットされていたりするので、結局は元作品も集める必要が出て来てしまう点は痛し痒しという。
内容については、やはり目玉は「HEADGIRL」とも「MOTORSCHOOL」とも評されたプロジェクトからの楽曲であり、特にJOHNNY KIDD & THE PIRATESのヒット曲のカヴァー①は、レミーのやさぐれVoと、GRILSCHOOLの楽器隊が生み出す無頼な疾走感がマッチした仕上がり。それぞれの持ち曲を交換カヴァーした②③も流石のハマリ具合です。
あと、ボートラ的に収められたYOUNG & MOODY BAND(Voは名曲“孤独のナイト・ゲームス”の作曲者エド・ハミルトン。コーラスはTHE NOLANDSが担当)の⑪⑫⑬は全曲リラックスしまくりのロックンロールで、火花散るような緊張感を求めると落胆確実なれど、参加面子が面子だけに個人的には非常に興味深く聴けることが出来ましたよ。
マニア向けアイテムとはいえ、見かけたらチェックする価値は十分にあるのではないかと。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-08-20 00:18:33)



BLAST! / シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ
”Chai Maxx” あたりから培われて来た、ももクロ流闘魂注入曲の最新進化版「これぞ、ももクロの新必殺技!」といった感じ。
メンバー全員が個性を発揮していますが、特に玉井詩織のラップ・パートがカッコよくて強く印象に残ります。
肉厚で迫力あるバッキングもGood!
作詞/作曲/編曲はinvisible manners、情報量の多い歌詞と突き抜けるサビの高揚感はさすが名曲 "マホロバケーション" を送り出したコンポーザーといった所、ももクロとの相性もバッチリですね。

一流アスリートが多数出演したMVも非常にカッコいいですが、メンバーよりも何故か卓球コーチ役の織田信成氏の方が目立っているのはご愛嬌(笑)

夢想家・I ★★★ (2017-08-20 00:06:51)



Survival of the Fittest -interlude- / シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ

タイトルが示すとおり、次の "BLAST!" の序曲、
試合前の緊張感を描写した百田夏菜子のモノローグが引き締まった雰囲気を醸し出しています。

夢想家・I (2017-08-20 00:04:31)



Journeyman / Dance of Death / IRON MAIDEN
メイデンの少ないバラードでも異色のアコースティック曲。ライナーによると、完成したエレキバージョンをわざわざアコースティックバージョンに作り直したと。

かなり冒険的な試みですが、個人的にはこれはアコースティックで正解だと思います。歪み音が無いこともあり、ブルースの歌がよく聞こえます。哀愁歌唱がグッドです。即効性よりもジワジワくる。

ただスティーブが兼任するシンセがとても大きな役割を果たしていて、弦楽器隊がほとんど装飾程度の役割しかないのがどうなんでしょう。いい曲だから別にいいんですが、シンセ抜きのバンドサウンドだけで演奏したらどんな風になったのか気になる。

枯林 (2017-08-19 19:25:11)



X.Y.Z→A

2年ぶりのワンマンツアー決定です
めっちゃ楽しみです

名無し ★★★ (2017-08-19 17:02:17)



VOLCANO

三年連続アルバムリリース
以前と比べるとすごく活動的で嬉しいです。
しかもどのアルバムも最高です。
LIVEもじゃんじゃんやってください

名無し ★★★ (2017-08-19 16:56:50)



狂死曲 / 十字架の結末 -第二の悲劇- / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL
グッチャグチャにされる感じの曲(笑)
初っ端のシャウトから痺れる!!
歌詞は意味分からん。だがそれがいい。

名無し ★★★ (2017-08-19 16:53:42)



帰るべき場所 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠

ヘヴィバラードですね
ストレートな世界観が逆にエエですよね
アルバムを〆るのに相応しい一曲です

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:52:39)



あの部屋から / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠

哀愁のあるアニソンメタルですね
こういうのも冠の魅力でしょう

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:48:19)



くれくれシックスティーン〜青春の俗欲〜 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠

タイトルからも想像できますがポップですね
なんだかカボチャメタルですね
歌詞もストレートな青春です

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:46:09)



サンダーロード / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
ヘヴィなグルーブが心地よい三連ナンバー
歌メロの乗せ方も耳馴染みが良いですね
サビが印象的です
面白いですよね

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:44:08)



パーティーソング / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
パーティソングというタイトル通りの分かりやすさが詰まっています
ノリノリな軽やかさとパンキッシュに弾けるメタルスピリット
これぞ冠流ヘヴィメタルサウンドなんでしょう

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:37:36)



糞野郎 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
キャッチーなサビメロとアグレッシブなヘヴィーグルーブに目も覚めますね
ウンコ漏らした小学5年生のピンチを歌っています
一見アホそうですが、サビで繰り返されるリフレインには違う景色がありますよね
冠節は裏設定を考える面白さもあるんですね

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:35:29)



哀罠メタル / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
ノリのよい曲ですね
冠がメタル愛をキャッチーなメタルサウンドに乗せて歌いあげています
余計な事を考えず楽しみましょう
LIVE映えするんでしょうね

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:30:23)



ヘッドバンギン謝罪行脚 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
ヘヴィメタルなサラリーマン哀歌ですかね
大真面目なオフザケにワタクシは付いていけませんが
このバンドの魅力が詰まっています

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:28:49)



帰郷 / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠
悲哀に満ちた人生観を冠流に表現していますね
ヘヴィなミドルナンバーですがサビメロの持って行き方も冠流ですね
この辺りが親しみやすさなのでしょう
メタルを知らない人にこそ聴いて欲しいですよ
曲調は紛れもなくズッシリとしたヘヴィグルーブを基調としてますからね

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:24:41)



Lucifer / 悲劇の終幕 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL
メロディと歌詞がイイネ☆
「さよならと告げる君の細い指先が」からのクライマックス
がたまらない!!

名無し ★★★ (2017-08-19 16:22:26)



〜テーマ オブ 鉄兜〜帰ってきたヘビーメタル / 帰ってきたヘビーメタル / THE 冠

壮大なイントロに導かれ始まるドがつくヘヴィメタルナンバー
LIVEでも皆が拳を突き上げるでしょうね
まさに帰ってきた冠サウンドに焦がれます

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:20:29)



Le Miserable / 悲劇の終幕 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL
サビ?がダサい。
「貴女に殺められた 私の汚れた心」のところはいいんだけど
「廻る廻る毒々しく」がダサい。初めて聴いた時驚いた。
今は聴きすぎてなんとも思わなくなってしまった(笑)

名無し ★★ (2017-08-19 16:17:51)



Imagine Me Alive / SLEDGE LEATHER

長らく第一線から身を引いていたと言われる本格派女性シンガーのレザー・レオーネが、Chastain加入前にガールズメタルバンドMalibu Barbiで活動を共にしていた盟友でドラマーのサンディ・スレッジと結成したのがこちらになります。
結成時は女性のみの4ピースで活動、今回のレコーディングにはベースにジミー・ベイン、キーボードにスコット・ウォーレンのDIO組に、経歴の分からないギタリスト、マティアス・サイライトが参加。レザー・レオーネの獰猛なパワフルヴォイスとスレッジのキレのあるドラミングを軸とした疾走ナンバーも多く、音楽性の幅を広げる鍵盤プレイで魅了するスコットの存在感もあり、視聴感はヘヴィでダークなChastainよりも間口は広いかも知れませんね。
特筆すべきは、ブランクを感じさせないレザー・レオーネのパフォーマンスに尽きるでしょう。ヘヴィでミステリアスな雰囲気のある正統派HM/HRをココまで力強く歌いきる女性シンガーは中々いませんからね。衰え知らずのハイクオリティな彼女の歌声に魅了されました。また歌メロも以前よりもフックがあり、耳を惹くのもポイントが高いです。
自主制作と言う事でこじんまりとしたサウンドプロダクションでは、彼女達の思いは中々伝わってきませんが、光沢のある艶めかしいコンクリートサウンド、そのヘヴィネスさにドラマ性を持ち込んだ音楽性は、キチンとした形で聴きたいものですね。スコットが曲作りのも参加した⑩なんて、そう思わずにはいられませんよ。全11曲入りですが4曲が短いリプライみたいな小インストが多いので収録時間も短い31分ですからサラッと一気に聴けるのも好印象ですよ。
楽曲云々よりも、ある意味、レザー・レオーネの生々しい歌声が聴けるのが最大のポイントかも知れませんね。ダークでミステリアス、そして小気味よく駆け抜ける懐かしきUS産パワーメタルが好きな方なら聴いて損はしませんね。

失恋船長 ★★★ (2017-08-19 16:15:06)



オペラ座ノ悲劇 / 亡界ノ魔都 / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL

madethの中でもトップクラスに好きな曲!!
シャウト後の「狂気に満ちた殺人劇は~」のところが一番好き。
カラオケで歌いたいよーーー!

名無し ★★★ (2017-08-19 15:40:35)



パラサイト / 十字架の結末 -第二の悲劇- / MADETH GRAY'LL / MADETH GRAY'LL
「しかたがないので僕はノコギリで君の体を切断しました」
なんちゅー歌詞だって思った(笑)
この残酷さにハマる私・・・(大丈夫かな)
2つのバージョンどっちもイイネ☆

名無し ★★ (2017-08-19 15:34:13)



リストカッター / 火炙りの数え唄 / 蜉蝣
手首にまつわる曲(笑)
はち切れんばかりの歌い方がいい味を出してる。
曲の構成がR指定に似てると感じた。
「手首手首手首・・・」←ココ好き☆

名無し ★★★ (2017-08-19 15:23:19)



夕暮れの謝罪 / 色メガネとスキャンダル / 蜉蝣
ちょっとビミョ~ですね。サビが盛り上がらないからかな?
「大嫌い大嫌い」のシャウトは好きです。

名無し ★★ (2017-08-19 15:11:14)



Missa / DIR EN GREY

音が軽いな~(笑)
メイクと曲の世界観はド真ん中です☆
霧と繭、garden、秒「」深が大好きです!!
惨劇の夜もいれてほしかった・・・無理だね、うん。

名無し ★★★ (2017-08-19 13:52:51)



Jealous / DIR EN GREY

この時のメイクといい、曲の世界観といいド真ん中です☆
2曲とも最高で何度聴いても飽きがこない。
カラオケでもよく歌います!!

名無し ★★★ (2017-08-19 13:44:32)



Jealous / Jealous / DIR EN GREY
最初の一分はいらないな~(笑)
それ以外は最高!! カラオケでもPVが流れて嬉しい!!
最後のオルゴールが個人的に好き。音小さいけど(笑)
モロにヴィジュアル系って感じです。

名無し ★★★ (2017-08-19 13:40:37)



Unknown...despair...a Lost / Jealous / DIR EN GREY
最近のマイブームな曲です☆
王道なヴィジュアル系ナンバーでカッコイイ!!
リメイクより断然こっち派です。
カラオケでもノリノリで歌えます(笑)

名無し ★★★ (2017-08-19 13:32:17)



In the Room / Three Lock Box / SAMMY HAGAR
今で言う引き籠りか、それとも何者かに幽閉もしくは拉致されているのか。不思議な曲調からはいずれの状況にも取れるね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-08-19 10:19:50)