この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 10件
The Shadows Are Alive / Play My Game / TIM RIPPER OWENS (火薬バカ一代)
Death Race / Play My Game / TIM RIPPER OWENS (火薬バカ一代)
The Cover Up / Play My Game / TIM RIPPER OWENS (火薬バカ一代)
Mersal / Shehili / MYRATH (めたる慶昭)
Monster in My Closet / Shehili / MYRATH (めたる慶昭)
Dance / Shehili / MYRATH (めたる慶昭)
Born to Survive / Shehili / MYRATH (めたる慶昭)
Shehili / MYRATH (めたる慶昭)
The Millionaire Waltz / A Day at the Races / QUEEN (名無し)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 10件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



The Shadows Are Alive / Play My Game / TIM RIPPER OWENS

抒情的なイントロに始まり、ドゥーム・メタルばりに
タメを効かせた前半から、重々しくテンポアップしていく
アルバムの締め括りに相応しい重厚感を湛えたヘヴィ・チューン。
SAVATAGEのクリス・キャファリーが秀逸なGソロを提供してくれています。

火薬バカ一代 ★★★ (2019-08-23 01:20:40)



Death Race / Play My Game / TIM RIPPER OWENS

リッパー在籍時のJUDAS PRIESTで、
こういう楽曲がもっと聴きたかった
と思わずにはいっれないタイトで
アップテンポのHMナンバー。

火薬バカ一代 ★★★ (2019-08-23 01:16:07)



The Cover Up / Play My Game / TIM RIPPER OWENS

リッパーのスクリームと、ジェフ・ルーミスの火を吹くようなGが
真っ向ぶつかり合う様がスリリングな疾走ナンバー。
歌メロにもうちょいフックがあれば尚良かった。

火薬バカ一代 ★★ (2019-08-23 01:10:27)



Mersal / Shehili / MYRATH
シンフォニックなイントロに続いてはゲストのロトフィ ブシュナークをフィーチャーして、いきなり日本の演歌の様なコブシの効いた歌唱に度肝を抜かれます!
こうして聴くと、坂本冬美や石川さゆり、北島三郎等演歌勢の曲にメタルを感じる一瞬が有るのも腑に落ちますな。

めたる慶昭 ★★ (2019-08-22 23:27:46)



Monster in My Closet / Shehili / MYRATH
やはり、イントロで使われているパーカッションからして、異国のサウンドである事を強烈に主張しています。
この曲はボートラとして日本語バージョンも収録されていますが、この発音がまた上手く、BOCやポリス、クイーンも参りましたというレベルです。
英語も母国語ではないでしょうに、ほとんど癖など感じませんし、ザベルのボーカリストとしての実力には底知れないものを感じてしまいます!
何より、声の存在感が凄い!
凡百のボーカリスト10人分くらいの存在感が有りますね。

めたる慶昭 ★★★ (2019-08-22 23:23:00)



Dance / Shehili / MYRATH
ちょっと普通とは違うパーカッション(ベンディールとかダルブッカという打楽器が使われているらしい)がオリエンタルムードを演出し、全体としてはダンスミュージックではなく、メロディックメタルの王道とも言うべきサウンドを展開していきます。
ザベルのボーカルは音域も広く、エモーションもタップリでA級の実力の持ち主であることは間違い有りません!
演奏陣も腕達者揃いだよ!

めたる慶昭 ★★ (2019-08-22 23:16:17)



Born to Survive / Shehili / MYRATH
1曲目の序曲から受け継がれて始まる、事実上のオープニングナンバー。
いきなり炸裂するメロディがブリティッシュでもヨーロピアンでもましてやアメリカンでもなくチュニジアという辺境から出てきたバンドなんだなと分かる独特な節回しで、Myrathサウンドはこれなんだと認識出来ました。
久しぶりに若くて良いバンドを見つけたぜ!(5月4日にロックシティでオンエアしたのもこの曲でした)

めたる慶昭 ★★★ (2019-08-22 23:10:06)



Shehili / MYRATH

チュニジア🇹🇳のバンド、Myrathの通算5枚目のアルバムだそうです。
2〜3ケ月前に一度政則の「Rock city」で見聞し、気になっていたので、思い切って購入しました。
やはり、買って良かった!
チュニジアという辺境ならではの独特のメロディとリズムが感じられ、しかも王道メロディックメタルでもあるという、超美味しいサウンドでした!
ボーカルも演奏陣も一流揃いで、特にザヘル ソルガティの声の存在感が半端無く、軽くカヴァーディルやボネットと肩を並べる位のアピアランスを見せつけています。
1〜4枚目まで遡るかどうかはともかく、今後新譜が出れば必ず購入するバンドであることは確実ですね。

めたる慶昭 ★★★ (2019-08-22 23:04:16)



記憶に残る洋楽ヒット曲

第70弾はロキシー ミュージックです。
先日「恋はドラッグ」の書き込み時にも触れた通り、彼等の曲はこの曲位しか知りませんが、それで十分です。
遅れて来たグラムロックというかボウイっぽいバンドだかで、世間の評価は高い様ですが、私の感性にはピンと来ませんでした。
ブライアン フェリーだって何処が格好良いの?と理解出来ません。
ましてや、ブライアン イーノやフィル マンザネラはソロは聴いたことも有りません。(ブライアンのソロも未聴)
これ以上言及してもディスりと思われそうなので、ここらでやめときます。

めたる慶昭 (2019-08-22 21:47:13)



The Millionaire Waltz / A Day at the Races / QUEEN
この曲はもっと評価されてもいい
優雅なピアノ、踊るようなベースライン、ギターの音色は他にはないくらい上品。
コーラスも分厚いし何よりフレディのボーカル!
伸びやかな声から力強い声まで、まさにQUEENの集大成と言える曲

名無し ★★★ (2019-08-22 10:55:17)