この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 3件
Part of the Chaos / Segue / Extinct Instinct / THRESHOLD (火薬バカ一代)
Silent Night, Bodom Night / Hatebreeder / CHILDREN OF BODOM (名無し)
Extinct Instinct / THRESHOLD (火薬バカ一代)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 3件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Part of the Chaos / Segue / Extinct Instinct / THRESHOLD
8分越えの大作ナンバーですが、重厚且つドラマティックな曲展開といい、
妖しくも叙情的なメロディを朗々歌い上げるVoといい、
プログレというよりは様式美ヘヴィ・メタリックな魅力を放っています。

火薬バカ一代 ★★★ (2022-12-01 22:30:03)



Silent Night, Bodom Night / Hatebreeder / CHILDREN OF BODOM
ソロがRacer XのLoud and Clear(ライブ盤)のそれと似てる?

名無し ★★★ (2022-12-01 22:18:44)



Extinct Instinct / THRESHOLD

遅まきながらイギリスのベテラン・プログレッシブHMバンドTHRESHOLDに対する興味が再燃し、00年代以前に発表された彼らの初期のカタログを中古屋で見かける毎にコツコツと買い集めて早数年。彼らの作品は日本盤が出たり出なかったなのですが、’97年発表の早口言葉みたいなタイトルも印象的なこの3rdアルバムは、ファンダンゴから日本盤がちゃんとリリースされています。
前作1枚のみで脱退した2代目Voグリン・モーガンの後任として、初代フロントマン――これ以降も出たり入ったりすることとなる――ダミアン・ウィルソンの復帰という人事異動を経た本作なれど、内容の方は、重々しく刻まれるリフ&リズム、山あり谷ありの険しい道のりを越えた末に美しい絶景が目の前に広がっていくような、複雑にしてダイナミックに編まれた曲展開、その上で潤いに満ちた歌メロを拾っていくダミアンのVoと、デビュー作で提示した音楽性を順調にブラッシュアップさせた仕上がり。
小曲ながら胸を打つバラード④⑧⑪に垣間見えるメロディ・センスの冴えと、難解さや実験性よりもヘヴィ・メタリックなドラマ性、構築感を前面に押し出した楽曲構成を両軸に繰り広げられるTHRESHOLD流プログレ・メタル・サウンドの魅力は、緊張と緩和の波状攻撃で畳み掛ける⑥、そしてアルバムのクライマックスを妖しくもドラマティックに盛り上げる8分越えの大作ナンバー⑩に集約されているのではないでしょうか。
プロダクションのクオリティも向上していて、確かに初期の名作との評価に恥じぬ1枚です。

火薬バカ一代 ★★★ (2022-12-01 01:20:44)