この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 5件
Lights / Infinity / JOURNEY (名無し)
Hard Luck Town / Method to the Madness / KILLER DWARFS (火薬バカ一代)
Driftin' Back / Method to the Madness / KILLER DWARFS (火薬バカ一代)
Method to the Madness / KILLER DWARFS (火薬バカ一代)
Ever Since the World Began / Ambition / TOMMY SHAW (名無し)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 5件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Lights / Infinity / JOURNEY
ボーカルは言うまでもなくコーラスも最高です

名無し ★★★ (2017-10-20 01:26:46)



Hard Luck Town / Method to the Madness / KILLER DWARFS
OPナンバーらしい快活なノリの良さを漂わせつつ
聴き進めるとブリッジを過ぎた辺りから
哀愁が滲み出して来るという、
バンドの個性が分かり易く表れた1曲。

火薬バカ一代 ★★ (2017-10-19 23:13:54)



Driftin' Back / Method to the Madness / KILLER DWARFS
哀愁に満ちた曲調と、ピアノの調べが
そこはとなくノスタルジックな感傷を刺激する抒情ナンバー。
Voは丁寧に歌い上げるタイプではありませんが、
全力投球な歌いっぷりが案外マッチしているのではないかと。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-10-19 23:05:35)



Method to the Madness / KILLER DWARFS

メンバー全員が「ドワーフ」姓を名乗っていたことでも注目を集めた、カナダはトロント出身の4人組が’92年に発表した5thアルバム。ちなみに彼らのカタログは数年前までは(例え帯付でも)中古盤が安値で入手可能でしたが、先日過去作もチェックしようと思い立って調べてみたら、いつの間にか価格が高騰していて「一体何があったんだよ?」と。
そんなわけで、KILLER DWARFSのアルバムはコレしか所持していないため、以前の作品と聴き比べてどうこう言うことは出来ないのですが、とりあえず本作に託されているのはギミックに頼らないストレートなHR。Voがシャウト主体のラフな歌唱スタイルなこともあり、ロックンロール寄りの感触が無きにしも非ずという。これといったキメ曲に乏しい本編を初めて耳にした時は、失礼ながら「地味だ」とか思ったものですが、正統派のHRとしては無駄な力みがなく自然体。ロックンロールとしては埃っぽさや能天気なノリが控えめで、メロディからは透明感すら感じられるという、実にカナダのバンドらしいサウンドは、聴けば聴くほどにその旨みが浸透してきます。特にピアノの旋律がノスタルジックな哀愁を増幅させる抒情ナンバー③や、逆にハードに駆け抜ける疾走ナンバー⑫等はなかなかの出来栄え。また前作収録のアコギ・バラード⑬が再び収録されているのは、ゴッドの解説によれば、ラジオを中心にヒットの兆しがあったにも関わらずレコード会社の無策が原因で折角の機会を潰されてしまったことに対する彼らなりのリベンジの模様。
バンドは本作発表後間もなく解散。しかし'01年には再結成を果たし、その際にはお蔵入りしていた6th『STAR@ONE』もリリースされています。

火薬バカ一代 ★★ (2017-10-19 22:58:12)



Ever Since the World Began / Ambition / TOMMY SHAW
オリジナルは、イントロのピアノが、すばらしいです。

シルベスター・スタローン初監督の「ロック・アップ」の主題歌になってますが、サバイバー2代目ヴォーカリスト、ジミ・ジェイムソンさんのソロです。

名無し ★★★ (2017-10-19 19:05:21)