この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 8件
Last Man Standing / Have a Nice Day / BON JOVI (MK-OVERDRIVE)
Camouflage / 戦アクシデント争 / FLATBACKER (kuroiyuki)
Dance / 戦アクシデント争 / FLATBACKER (kuroiyuki)
Can I Play With Madness / Seventh Son of a Seventh Son / IRON MAIDEN (洋楽大好きじーさん)
The Evil That Men Do / Seventh Son of a Seventh Son / IRON MAIDEN (洋楽大好きじーさん)
Die With Your Boots On / Piece of Mind / IRON MAIDEN (洋楽大好きじーさん)
Blessed & Possessed / POWERWOLF (火薬バカ一代)
Who Says You Can't Go Home? / Have a Nice Day / BON JOVI (MK-OVERDRIVE)



MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 8件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Last Man Standing / Have a Nice Day / BON JOVI
未発表曲集・100,000,000~The Premiere Collection収録曲のリメイク、大元はいつ頃出来たのだろう。どういう形であれ初期哀愁キャッチー路線の復元になっててイケるぜ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-01-24 09:50:58)



Camouflage / 戦アクシデント争 / FLATBACKER
雪崩れ込んでくる怒濤のリズム隊のプレイがカッコいい。
『奴等の目ん玉誤魔化せ!』こんな歌詞到底思いつかない。

kuroiyuki ★★★ (2017-01-24 01:12:45)



Dance / 戦アクシデント争 / FLATBACKER
バイオレンスなスラッシュメタルナンバー。
所々で聴ける強烈なビブラートがとくにカッコいいです。
Da Da Da Dance!

kuroiyuki ★★★ (2017-01-24 01:06:53)



Can I Play With Madness / Seventh Son of a Seventh Son / IRON MAIDEN
これのPVの主役がなんとモンティ・パイソンのグレアム・チャップマン立ったとはたまげたなあ…きっとオファーされたとき"Can I play with madness?"(狂気で演じてもいい?)って聞いただろう

洋楽大好きじーさん ★★★ (2017-01-24 00:52:40)


The Evil That Men Do / Seventh Son of a Seventh Son / IRON MAIDEN
第七の予言の中ではこれが一番好き!どのライブでもこれは欠かせないでしょ!

洋楽大好きじーさん ★★★ (2017-01-24 00:49:29)


Die With Your Boots On / Piece of Mind / IRON MAIDEN
ロックンロール感満載でライブとかで受けそうな曲だと思うけど、それなら"From here to eternity"の方がいいなあ。歌い方は好きだけどね。メロディーがどこか"Go johnny, Go Go"っぽい感じがする

洋楽大好きじーさん ★★ (2017-01-24 00:18:54)


Blessed & Possessed / POWERWOLF

ドイツ本国でチャート№1の座を獲得した5th『PREACHERS OF THE NIGHT』の勢いを駆り、'15年に発表された6thアルバム。ついでにここ日本でも漸く国内盤のリリースが実現(前作も同時発売)。更に国内盤は、JUDAS PRIESTの“A TOUCH OF EVIL”、SAVATAGEの“EDGE OF THORNS”、CHROMING ROSEの“権力と栄光”、BLACK SABBATHの“HEADLESS CROSS”etc.といった、思わず「ナイス・チョイス!」と肩を叩きたくなる名曲の数々のカヴァー、全10曲を収録したボーナスCDとの2枚組仕様。しかもお値段はお得な据え置き価格で、これはお買い得ですよ!(ショップTV風に)
音楽性の方も前作同様、シンフォニックなKeyとチャーチ・オルガンを活かした劇的なアレンジ、ラテン語を交えた歌詞を時にオペラティックに、時にメタリックに歌い上げるシアトリカルなVo、それにコーラスを荘厳に彩るクワイアがフィーチュアされた、勇壮にしてキャッチーなパワー・メタル路線を堂々追求。間違いなく日本のHR/HMファンにも希求し得る魅力を満載にしたサウンドのように思われます。
前作と比較した場合、“AMEN & ATTACK”レベルの頭抜けた楽曲が見当たらない…というか、少々楽曲のパターン化が気にならなくもないのですが、それでもスピーディ&パワフルな収録曲は(捨て曲の見当たらない)文句なく高いクオリティを維持。またドラマティック過ぎる程にドラマティックな作風でありながら、無駄に大作主義に走らず、楽曲をタイトにまとめ上げる姿勢も本作の「取っ付き易さ」向上に一役買っているのではないかと。
LOUD PARKで呼んでくれれば、日本でも人気に火が点くのでは?と思わせてくれる1枚。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-23 22:41:09)



Who Says You Can't Go Home? / Have a Nice Day / BON JOVI
カントリーロックならアメリカ人の感覚からしてヒットするのも当然、全米最高位23位と久々のTOP40入りした本作2ndシングル。この時点ではメロディがイマイチぎこちないのが玉にキズかな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-01-23 19:46:57)