この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 9件
Time Will Tell / Out of the World / PLATENS (ANBICION 11)
Save Me / Out of the World / PLATENS (ANBICION 11)
/ D・N・A / JANNE DA ARC (名無し)
Master's Command / SACRED WARRIOR (火薬バカ一代)
Coerced Coexistence / Colony / IN FLAMES (枯林)
Snowman / Bent Out of Shape / RAINBOW (名無し)
Burn / Burn / DEEP PURPLE (名無し)
Athletic Rock / All for One / RAVEN (MK-OVERDRIVE)
Dystopia / MEGADETH (めがです)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 9件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Time Will Tell / Out of the World / PLATENS
ノスタルジックでキャッチーなサビメロが魅力的。勿論全体的に凝っていて、飽きやすい単純なポップメタルではない。バイクレースのBGMなんかに使えそう。

ANBICION 11 ★★★ (2017-03-31 04:49:46)



Save Me / Out of the World / PLATENS
パワフルかつメロディックな歌とシンフォニックなバックが絶妙に調和しているバラード。後半のGソロ中心のパートは絶望から這い上がっていくようなムードが漂う。何となくSTEELHEARTを想い出した。

ANBICION 11 ★★★ (2017-03-31 04:34:02)



/ D・N・A / JANNE DA ARC
桜の歌でNo.1

名無し ★★★ (2017-03-30 23:13:15)



Master's Command / SACRED WARRIOR

シカゴ出身の5人組クリスチャン・メタル・バンド(何せ本作のエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされているのは、ジーザス・クライスト様ですから)、HM聖戦士ことSACRED WARRIORが’89年に発表した2ndアルバム。
鋭くエッジの切り立ったGリフと、天を突くハイトーンVoをフィーチュアし、JUDAS PRIEST、初期QUEENSRYCHE直系の光沢を帯びた正統派HM路線を突き進む足取りには今回も迷いなし。不穏な雰囲気醸し出すアートワークが前作から大幅グレードアップを遂げたことと併せて、音楽性の方もより一層ヘヴィ・メタリックに研ぎ澄まされています。
重々しく走り出すOPナンバー①を手始めに、確かな歌唱力を有するVoと劇的且つメロディックに絡むツインGを活かした③、アグレッシブな疾走ナンバー④⑦といった要所に配された楽曲が表す通り、サウンドの基軸は正統派HMにドッカリと据え置き。その一方で、サビメロが印象的な②、爽快なポップ・フィーリングも感じさせる⑥、喉を潰したグロウルVoと伸びやかなクリーンVoを用いて、「聖vs邪」の対決を演出してみせる(メタルコア・スタイルの先取り?)⑩のような異色曲まであったりと、収録曲のバラエティは大きくその幅を広げているという。ついでに、祝福の凱歌の如くホーリーに響き渡る⑪辺りを聴いていると「パワー・メタリックになったSTRYPER」なんて形容詞も思い浮かんだりも。
SACRED WARRIORのカタログが一斉に日本で発売された時、まず最初に購入したのが本作だったこともあり、思い入れも一入の1枚。彼らの入門盤にもこれが向いているのではないかと。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-03-30 22:47:27)



Coerced Coexistence / Colony / IN FLAMES
こんなツーバス踏んだ曲、存在したことを忘れていました。久しぶりに聴くと凄い名曲に聴こえて仕方ありません。悲壮感あるのに聴いてると明るい気持ちになります。

皆様がおっしゃる通り、アンダース氏の「ジェア!」が素敵だし、サビメロでは今と違った太めの声で朗々と歌います。ある意味七色の声ですね。

ギターソロが過去未来含めて他に無い流麗な速弾きで、ビョーン氏こんな弾き方出来るのかと感心していたらキー・マルセロ氏がゲストで弾いていましたとさ。この人もやはり巧者です。

今のIn Flamesには合わないのでライブで演奏されることは無いと思いますが、某有名バンドが昔やっていた初期の四作まででライブを行うツアーみたいのがあったら、是非演奏してほしい一曲。

枯林 ★★ (2017-03-30 19:14:03)



Snowman / Bent Out of Shape / RAINBOW
良い曲だな。演奏も素晴らしい!

名無し ★★★ (2017-03-30 16:16:26)



Burn / Burn / DEEP PURPLE
酔った頭で数年ぶりに聴きました。以下感想を述べます。

楽曲・構成全て良し!
個々のメンバーに関して個人的に「凄え!」と思ったのは、ペイスのドラミング、ロードのハモンドオルガン、ヒューズの歌声かな。
まあ、ロック・バイブルの一つだよね。

名無し ★★★ (2017-03-30 12:47:06)



Athletic Rock / All for One / RAVEN
ズバリ奴らの音楽はコレ、それも頭にnumber one crazyが付くのである。自ら正体を明かすとは、実にわかりやすいではないか。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-03-30 08:04:48)



Dystopia / MEGADETH

アーティストの技量で曲のクオリティが変わるというのを、このレベルの人達でもあるというのを
まざまざと見せつけられました。
特にドラムの差は相当でかいですね。
これはイコール、ライブのクオリティも上がることになる。
(クリス・アドラーの後任、ダークもうまいです。)

デイブの声は変わってしまったけど、それを逆手に取ってヘビーさを出した現代版カウントダウンといった感じでしょうか。
有り余る才能に、聴くたびに衝撃を受けてます。

めがです ★★★ (2017-03-30 08:03:30)