この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 10件
No Surrender / From Hell with Love / BEAST IN BLACK (夢想家・I)
Heart of Steel / From Hell with Love / BEAST IN BLACK (夢想家・I)
The Court of Crimson King / Fantasia: Live in Tokyo / ASIA (名無し)
Darker Than Black / VOLCANO (失恋船長)
大行進 / 大行進 / 凱旋MARCH (火薬バカ一代)
大行進 / 凱旋MARCH (火薬バカ一代)
今日の10曲 (失恋船長)
Let Go / When the Mirror Cracks / Q5 (METALおやじ)
Don't Say Goodbye (Tonight) / Guardians of the Flame / VIRGIN STEELE (METALおやじ)
Take Me to the Doors / Dealers of the Night / VIVA (METALおやじ)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 10件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



No Surrender / From Hell with Love / BEAST IN BLACK
これはビックリした!
初めて聴いた時の感想は「エアロビクス・メタル???」(爆)
ノリノリのダンス・ビート、異常にキャッチーな歌メロにも驚愕ですが、何よりも驚いたのがヒャカヒャカしたチャラいシンセ音のチョイス、メタル脳なら普通この音は「無し」なんですが、何の違和感も無くハマっているのが凄過ぎる!
POPの極致でありながら、しっかりとメタルらしさをアピールするギターのセンスもただ事では無い。
こう書くと怒り出す人もいそうですが、実の所BABYMETALと非常に近似したサウンド、まさに新世代HEAVY METALの息吹を感じます。

本作ではダントツにお気に入りの一曲であります。

夢想家・I ★★★ (2019-03-24 23:36:43)



Heart of Steel / From Hell with Love / BEAST IN BLACK
一言で云うと「ロッキー」系(笑)
こういうのは昔からアントンの得意とするタイプの曲ですね。
気分が高揚し、思わず拳を振り上げたくなります。

夢想家・I ★★★ (2019-03-24 23:11:46)



The Court of Crimson King / Fantasia: Live in Tokyo / ASIA
ジョン・ウェットンがクリムゾン・キングの宮殿を歌っているので、このアルバムを買ってみました。
そんなに違和感はなかったけれども、グレッグ・レイクはテノールの様な歌唱が唯一無二だと改めて再認識出来ました。

名無し(2019-03-24 22:29:05)



Darker Than Black / VOLCANO

つい最近、VOLCANO名義でカヴァーアルバムをリリースしたと思っていたら、新譜のフルアルバムを出してきたんだから驚きです。
近年の盛況ぶりに驚かされますが、今作も従来のスタイルを基盤とした音楽性を踏襲。泣きの曲は泣かせ、ブルータリティなナンバーは徹底的に無慈悲さを強調と、各楽曲の方向性を明確に定める事でメリハリを生み出している。やや泣きの成分が薄まった感覚はあるのだが、聴き込む程に拘りの演出を施しており、安定のブランド力を発揮している。
普遍性を保ちながら新機軸を打ち出す事の難しさ、そして同じ場所に踏みとどまるのではなく、アルバム毎に新しい事にも果敢にチャレンジする姿は現役のバンドならではの強みでしょう。

国産メタルの牙城を守るVOLCANOだが、日本国内のみで認知度を高めるのは難しい。やはり日本の音楽シーンにおいてメタルというジャンルはマイナーな存在であり、特異な目で見られるケースも少なくない。SABER TIGERも海外のレーベルと契約を交わした。満を持してANTHEMも大手レーベルと始動。是非とも屍忌蛇氏にもギターケース片手にプロモーションなどにも精を出して欲しいなぁと思いますね。AVEXはベアナックルからリリースされた名盤と呼ばれる1stも再発された今、このバンドを国内外問わず知らしめる最大のチャンスだと思いますので。

失恋船長 ★★ (2019-03-24 21:53:41)



大行進 / 大行進 / 凱旋MARCH
「むぅ…、この名曲はまさしく凱旋MARCHの“大行進”!」「知っているのか、雷電?!」
と思わず『男塾』風の会話を交わしたくなる、雄々しくマッシヴ、
バンカラ風味の増量されたACCEPTといった趣きで突進するスピード・ナンバー。
随所で炸裂する応援団風コーラスが楽曲を力強く盛り上げてくれています。

火薬バカ一代 ★★★ (2019-03-24 21:46:37)



大行進 / 凱旋MARCH

雑誌等でデモテープが高評価を得ていたにも関わらず、メンバーの脱退が相次ぎ解散を余儀なくされたBRAVE BOMBER。「音を聴いてみたかった…」と残念がってたら、リーダーの齋藤正寿(Vo)を中心に新たに凱旋MARCHとしてリ・スタートを切ってくれました。本作はデビューEP(’98年)に続き、'03年に満を持して発表された1stアルバム。
音楽性は齋藤の野太く男臭いVoを軸に、好戦的且つパワフルに刻まれるリフ&リズム、重厚な地響きコーラスとが火の玉となって突き進む非常にオス度の高いパワー・メタル。昔ならACCEPTや2nd~3rd期のMANOWAR、今だったらエピック・バトル・メタル勢を引き合いに出して語りたくなるスタイルなれど、それを軍歌風味で料理してみせたのが、欧米のバンドとは異なる凱旋MARCHならではの強烈な個性になっています。
勇壮な曲調やメロディから「軍歌メタル」とも評された…と書くと、イデオロギー論争喧しい昨今「右翼バンドなの?」と誤解されそうですが、本作において彼らが歌い上げているのは他者への攻撃等ではなく、ストイックに己を律し聴く者を鼓舞せんとする応援団的姿勢。「軍歌メタル」というカテゴライズに眉を顰める向きには「男塾メタル」としてお薦めする次第。
オッス!オッス!と猛々しく突進するスピード・ナンバー③④⑨、聴いているだけで筋肉が鍛えられるような錯覚を覚える⑤、大仰且つ怒涛の盛り上がりを呈する⑥、あるいはバンドのテーマ曲で10分越えの大作⑩といった闘魂荒ぶる楽曲の数々を前にすると、70分オーバーという胃もたれ起こしそうな収録時間すらも「このやり過ぎ感こそが魅力よ…」とポジティブに評価したくなってしまうのだから不思議です。押忍!

火薬バカ一代 ★★★ (2019-03-24 21:35:49)



今日の10曲

『29日まで待てないANTHEM』10選 

①Immortal Bind - 『Nucleus』
海外のマニアをノックをアウトするであろう
この名曲を引っ提げドイツのフェス頑張ってください


②Black Empire - 『Nucleus』
雰囲気バッチリ
単なる焼きわましではないのが素敵だ
坂本ヴァージョンも素晴らしいが
空気を変えた森川は凄い


③Bad Habits Die Hard - 『Gypsy Ways』
全編英詩によるヘヴィかつメロディックなミドルナンバー
アンセムらしい叙情性とヘヴィなサウンドは
新たなる可能性を示唆した



④Eternal Warrior - 『from LIVE CIRCUS 2016』
シングルのカップリング
このライブヴァージョンを聴き
リメイクがどのように変貌するか興味を尽きない
ここで聴ける森川の歌唱は素晴らしい



⑤Awake - 『from LIVE CIRCUS 2016』
タイトなリズムがカッコいい歯応えのあるミドルナンバー
色気のある森川節もハマっています
清水のギターは言うに及ばず上手い


⑥ARE YOU READY? - 『BEST』
指紋の跡がベタベタに付きまくる
ゴールドジャケのベストに収録されたパンキッシュなナンバー
確かHUNTING TIMEのボツ曲だったはずだ


⑦Gold And Diamonds - 『ANTHEM WAYS』
耳を惹くリフワーク
柴田直人主導ではあるが
メンバー間の強さを感じさせる
このメンツには確実にマジックはあった
妖艶な今作を聴くとつくづく思う


⑧Shadow Walk - 『ANTHEM WAYS』
アンセムの森川といえば真っ先にこの曲を思い出す
ギターソロも含め是非ともリメイクして欲しい
ここでは島紀史ヴァージョンを聴きたい
中間が抜けていなければこうなったという思いも含め
素晴らしいヴァージョンだ
そして森川のメロディアスだが獣性を帯びた歌唱スタイルも極まった感を強く抱かせる


⑨In the Chaos - 『Absolute World』
うねりを上げるタイトでヘヴィなリズムの波状攻撃
森川の歌も更なる迫力を加速させる
ヘヴィなのにメロディアス
流石の一曲である


⑩Love of Hell - 『Absolute World』
個人的には大好物な一曲
抑え気味の歌唱もムーディー
ライブで聴いた時も酔いしれたねぇ
今後もアルバム毎に収録して欲しいタイプの
叙情派メロディアスHM/HRの名曲中の名曲
バンドの一体感もエグイ

失恋船長 (2019-03-24 21:02:56)



Let Go / When the Mirror Cracks / Q5
1stの出来から期待するとガッカリなのだが、この1曲だけでも価値はある。

METALおやじ ★★★ (2019-03-24 20:49:06)


Don't Say Goodbye (Tonight) / Guardians of the Flame / VIRGIN STEELE
彼らの中で一番好きな曲。出だしから格好良くて、メロディもギターソロも泣いてます。

METALおやじ ★★★ (2019-03-24 20:39:41)


Take Me to the Doors / Dealers of the Night / VIVA
2ndの方が佳曲は多いが、彼らの1曲を選ぶならコレ。リフ良し、メロディ良し、ノリ良し!

METALおやじ ★★★ (2019-03-24 20:36:19)