この曲を聴け!
JEAN SIBELIUS
MyPage

JEAN SIBELIUS
モバイル向きページ 
解説 - JEAN SIBELIUS

Jean Sibelius(1865年12月8日 - 1957年9月20日)は、フィンランドの作曲家である。スウェーデン系であり、出生時の洗礼名はJohan Julius Christianであるが、貿易商であった叔父がフランス語風にジャンと自称した名前をシベリウスは譲り受けた。
青年期にはヴァイオリニストを目指したが、後に作曲に専念した。主要作品は、7曲の交響曲、多数の交響詩、ヴァイオリン協奏曲などの他、劇音楽・歌曲・ピアノ曲等多岐に及ぶ。
歌曲にはフィンランドの詩人で、スウェーデン語で詩を発表しているヨハン・ルードヴィグ・リューネベリの詩を用いているものが多い。

1865年12月8日にヘルシンキの北方約100kmのハメーンリンナに生まれる。父クリスチャンは医師であったが、シベリウス2歳の時に他界。姉リンダ、弟クリスチャンはそれぞれピアノ、チェロの演奏をした。
1875年、最初の作曲。ヴァイオリンとチェロのための「水滴」。
1885年、ヘルシンキ音楽院で作曲などを学び始める。
1889年、ベルリンに留学。留学中にリヒャルト・シュトラウスの「ドン・ファン」の初演、ハンス・フォン・ビューローの演奏するピアノソナタなどに直接触れる。さらに、ウィーン音楽院においてカール・ゴルトマルクに師事した。
1891年に「クッレルヴォ交響曲」作品7を手がける。翌年春に初演。これは管弦楽に、独唱・男声合唱の加わる大規模な曲である。好評をもって受け入れられたが、3度しか演奏されないまま、生存中演奏されることはなかった。
1892年にアイノ・ヤルネフェルトと結婚。後に六女をもうける(一人は2歳で他界)。
1899年に「愛国記念劇」の音楽を発表。この曲の7曲目が改作されて交響詩「フィンランディア」作品26として独立し、人気を博した。
1904年にヘルシンキ郊外のヤルヴェンパーに「アイノラ」を建てる。この頃より、作品の性質がフランス印象派への接近を見せはじめる。
1908年に喉の腫瘍を摘出する手術を受ける。
1915年、シベリウス50歳の誕生日。この記念行事のために、交響曲第5番が作曲された。
1923年の交響曲第6番作品104、1924年の交響曲第7番作品105、1925年の交響詩「タピオラ」作品112を頂点にして、以後重要な作品はほとんど発表されなくなった。
1957年にヤルヴェンパーで脳出血により没。 91歳。ヘルシンキの大聖堂で国葬が営まれ、棺はアイノラの庭に葬られた。
その後彼の肖像は、ユーロ導入までのフィンランド100マルッカ紙幣に使用された。
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. Jpmagtma ★★★ (2013-02-06 18:18:39)

フィンランドの国民的英雄作曲家
代表曲はもちろんフィンランディア♪
ちなみに現Stratovariusのベーシストのラウリ・ポラーのおじいちゃんである


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示