この曲を聴け!
NIGHT ETERNAL (2008年)
MyPage

NIGHT ETERNAL
モバイル向きページ 
解説 - NIGHT ETERNAL
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 安部@闇世界 ★★ (2008-09-07 01:04:00)

ポルトガル出身、ゴシックデスメタルバンドの2008作。
ゴシックメタルを軸に、ブルデス、シンフォニックブラック、民族音楽、プログ
レッシブロックを加えたかのようなサウンドのアルバムです。ゴシックデス系の
バンドにしては曲のテンポが速く、同様にパートチェンジも速い。また、たまにNWBHM
風なフレーズが聴けたりと意外と普遍的なメタルの要素が強いアルバムでもあります。
楽曲は良曲ぞろいで、特にコーラスが感動的な7,8曲目は個人的に名曲です。ギター
ソロなんかはけっこう正統派メタル然としているんですが、一捻り加えてあるおかげ
でなかなか凝った印象があり、いいソロを弾いてるかと思います。後はKeyがいい仕事
してますね。ミステリアスなものから壮大な感じのものまで様々な雰囲気を作りあげ
ることに成功してます。
非常に自由度の高いゴシックメタルをプレイしているバンドなので、ゴシックメタル
はノロくて退屈だと思っている方もこのアルバムなら聴いてみる価値は十分あるかと
思います。かなりの力作です。



2. ジョージべラス ★★★ (2012-02-10 10:23:55)

ジャンルで言うとゴシックブラックメタルで良いかと思う。
ディム・ボガーやクレイドルなんかに影響されている感じが
する。このアルバムは、今まで以上に出来が良く最高傑作か。
80点




3. ハルディン ★★★ (2015-03-19 21:23:45)

「SPV」へ移籍しての第二弾となる8th。前作「Memorial」はモダンなメロデス/ブラック色が強まりバンド史上最もエクストリームでアグレッシヴな作風に仕上がっていたが、その代償としてゴシカルな耽美性が抑えられてしまいやや不満の残るところもあった。今回もその流れを踏襲しつつも初期作を思わせるダークでミステリアスな雰囲気が大幅投下されたことで新旧サウンドのミックス具合が絶妙になり、まるでDARK TRANQUILLITYをぐっとゴシック/ブラック方面に傾倒させたかのような素晴らしい暗黒メタルへと昇華させている。

荘厳なシンフォ・ブラック化したOPETHのごとき邪悪なウネリのリフ捌きと共に切り込むOPの1やスラッシュ/メロデス寄りの2等といったデスサイド曲も、決して攻撃性一辺倒ではなくどこか妖しさを孕んだムードを持ち合わせているのがたまらない。またゴシック期の旨みを凝縮した4はとりわけ印象的なハイライトとなっており、歌姫アネク・ヴァン・ガースバーゲン(元THE GATHERING)とのデュエットも悲壮感とロマンティシズムに満ち溢れたもので大変美しい。

全9曲(限定盤だとボートラが数曲入るが)と曲数を絞ったことも功を奏してアルバム全体の流れがとてもスムーズになり、中だるみをほとんど感じさせなくなったのも好印象。暴虐と妖気に彩られた漆黒の闇へと誘う強力盤。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示