この曲を聴け!
BILL EVANS
Empathy (0)
Interplay (0)
Undercurrent (0)
Trio 64 (0)
Alone (0)
Symbiosis (0)
Intuition (0)
Affinity (0)
Eloquence (0)
Intuition (0)
Quintessence (0)
Serenity (0)
What's New (0)
Portraiture (0)
Easy to Love (0)
Explorations (0)
Loose Blues (0)



MyPage

BILL EVANS
モバイル向きページ 
解説 - BILL EVANS
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. vuoy ★★★ (2012-01-19 23:41:06)

よく「リリカルなピアノ」とか言われますけど、
実際のところこの人の真骨頂は共演者とのスリリングな絡みですよね。
特にベーシストの紡ぐラインと、空間を縫い合わせるように交わっていく様は興奮すら覚えます。

やはりスコット・ラファロ期のトリオが一番ですが、
このトリオで残した4作の中でも、"Explorations"を特に愛聴してます。
勿論"Portrait in Jazz"、"Sunday at the Village Vanguard"、
そして"Waltz for Debby"も大好きです。



2. 銘菓ひよこ (2014-09-16 03:47:20)

間違いなくJAZZ GIANTの一人でエヴァンスを語らずしてジャズ・ピアノを語るな、言うぐらいの人なんだけど、Portrait in Jazzは何とか理解出来た。で、他の盤も色々集めて何とかエヴァンスを理解しようと
何度も聴いたんだけど、バド・パウエルみたいなピアノとは対極にある、ある意味クラシックを聴いてるような
ピアノの演奏に、どうも馴染めない。まだまだ耳がJAZZ耳になってないのかな。
ビ・バップなんかの激しい火の出るような熱い演奏が好みの自分には合わないだけか。
いや、ビル・エバンスを楽しめるようになる日までしつこく聴いてやる。




3. Voja ★★★ (2014-12-01 22:04:00)

子どもの頃、母親に「ジャズってどんな曲?」という意味不明な質問をして聞かせてもらったのがビルのWaltz For Debbyでした。
私も誰かに「ジャズってどんな曲」と聞かれたらきっと同じことをするでしょう。

そんなこと聞く人いないか。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示