この曲を聴け!
C'MON (2011年)
MyPage

C'MON
モバイル向きページ 
解説 - C'MON
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 3割2分5厘 ★★ (2011-07-28 22:48:06)

2011年発表のB'z18枚目のフルアルバム。何回か通して聴いたのでコメント。
なお、シングル含め、アルバムに収録される曲は事前に一切聴いていない。



端的に言えば、「よく出来ている」。
シングル曲含め、今風のメロディアスでポップな、耳に心地よい感触のヘヴィロックが並ぶ。
前作MAGICを洗練して、メロディ重視にしたという感じ。あまり曲ごとの起伏は少なく、統一感のある内容。
久々に即効性の高いアルバムを仕上げてきたように思った。
2009年にイチブトゼンブがヒットしてから、松本グラミー賞獲得、ペプシネックスとのタイアップ等、久しぶりにB'zの話題が増えてきている時期でもあり、このタイミングで「わかりやすい」アルバムをリリースしたとしても理にかなっている。
或いは、稲葉の歌詞はどこか震災の影響も思わせるような、「辛いときでも前を向こう」という内容が多く、必然的に楽曲の雰囲気が統一感を持つことになったのかもしれない。

前作MAGICで感じられたのは、「奔放なB'z」だった。
骨太ロックに、LOOSEあたりの作風を思い起こさせるような、奔放なサウンド。
B'zが楽しんで、ライブで暴れまわるのを意識しながら制作を進めていたのが音を通じて伝わってきた。
当初はその昔に返ったようなサウンドに戸惑った自分だったが、気が付けば何度も何度もリピートし、(予想通りの)最高のライブもあいまって、どんどん好きになっていったアルバムだった。

今作のB'zは、一言で表すと「優等生」だ。
リフは重いが、さして印象に残る名リフはない。「long time no see」や「MAGIC」で暴れまわっていた松本の姿は、今回はあまり見当たらない。
ブラスの使い方も、教科書通りという感じで、「Mayday!」のように聴き手をワクワクさせるようなものではない。
メロディも、「良い」の言葉以外に感想がない。最初聴いた時に「なんだこれ?」となって、何度も聴いていくうちに虜になるような、そんなメロディがない。
かといって、メロディという点では最強のアルバムだったTHE CIRCLEのような、刺々しく攻撃的な、しかし一瞬で引き込むメロディがあるわけでもない。
歌詞も同様。全体的に落ち着いており、その前向きなメッセージは、耳にはスムースに入ってくるが、何度も咀嚼しながら味わえるような深みのある歌詞でもない。
そしてボーカル。「MONSTER」、「黒い青春」、「だれにも言えねえ」と、アルバムに1曲はあった稲葉のロングシャウトが見られる曲はついに1曲もなくなってしまった。

これはこれで、B'zの新しい姿だ。
ファンの期待を振り切ってやりたいことをやりながらも、最後には楽曲の持つエネルギーとライブパフォーマンスでファンを満足させる、そんなB'zが、ある意味ではファンの「期待通り」のアルバムを出した。
落ち着いてまとまったメロディというのも、1つの魅力だ。「ピルグリム」はいい曲だと思うし、「命名」は「ROOTS」「光芒」に並ぶスケール感溢れる強力なアルバム曲バラードだ。

でも、MAGIC及びそれ以前のアルバムを聴いていたときのような、「ワクワク感」が希薄だというのは、自分にとってはとても残念だ。
このような優等生的サウンドにおいては、「Too Young」も、アルバムの雰囲気が偏らないようにわざと入れた、というような印象がしてしまう。
この路線は前作の、「夢の中で逢いましょう」で既にお腹いっぱいだったし、何よりしっかりアルバムに溶け込んでいた。
特に最大のウィークポイントだと思うのは「デッドエンド」。この手の曲は既に今作に5・6曲登場しているので、曲の途中で飽きてしまう。


MAGICとやたら比較してしまったが、実を言うと自分にとって今回のアルバムの最大の収穫は、

・MAGICをより好きになれた

ということだ。確かMAGICの評価が星3つだったはずだが、星4つに変更したい。そして、今作「C'mon」に、今度こそ、星3つの評価をしたいと思う。「普通に好き」、ということ。

★★★☆☆

注目曲→「ボス」

菅総理大臣に対する稲葉なりの同情、なのだろうか。




2. 1573 ★★ (2011-08-22 17:53:20)

(全コメント修正!)
このアルバムはタイトルナンバー「C'mon」の為だけにあると言っても過言じゃない!
それだけに突出した素晴らしい出来の一曲。
他にもDAREKA、ピルグリム、ザ・マイスター等々上々の出来の曲もある。
アルバム全体を見渡すと、盛り上がりには欠けるけど、十分に良い仕上がりの聴き易い良質なアルバムになっていると思う。

ただし、苦言もある。
HomeboundとDon't Wanna Lieの2タイトルがアルバム構成の位置的に、ちょっとアルバムの勢いを落としてしまっている気がする。
現に自分はこのアルバムを聴く時、この二つをとばす事が多い。
あとは以前も書いていたultra soul 2011。
時期的なメッセージとして分からないでもないが、正直、スプラッシュスタイル程の面白みが無かった。




3. 名無し ★★★ (2011-08-23 02:02:24)

このアルバムは前編にわたってローペースで進んでいくが、その中でも「ひとしずくのアナタ」や「デッドエンド」などのダークなHRナンバーが異彩を放つ。キラーチューンはC'monとこの2曲で充分。
従来のB'zのような、盛り上がるところに盛り上がりますよーってなお約束感を期待している人にはあまりお勧めできないアルバムだが、前作「MAGIC」よりも遥かにクセのある曲が並んでいて、聴きごたえはここ数年のB'zでもトップクラスでは。
ラストにulra soulのセルフカバーを入れたりと、良い意味で間口が広くスケールがデカい。



4. 名無し ★★★ (2011-08-25 01:59:48)

前作が割とシンプルだったので、今後もシンプル路線で行くのかと思ったけど、今回はピアノにストリングスはもちろん、シンセやオルガン、ブラスなどバンド以外の+αの音が色々入ってますね。アレンジも凝っていて作りこんでる印象。曲も相変わらず幅広く、HRはもちろん、ファンクっぽい曲からジャズ調のもの、GSをB'z流にアレンジした曲と様々。歌詞は東日本大震災の影響を受けてか、シリアスなものが多い。もはやラブソングはなく、日々戦い続ける人間を激励するような言葉が響く。

お気に入りは「ボス」。これはバンドの演奏がかっこいい。音のバランスがすごく良くて、大音量で聴くと最高!!



5. 名無し ★★★ (2011-08-26 00:23:51)

1573さんはキラーチューンがないと満足できないんですかね。Hadouのレビューしかり。まぁ人それぞれなんでいいんですが。
MAGIC同様、とびぬけた曲もあまりなく、悪い曲もなく、安心感は得られます。



6. 名無し ★★★ (2012-06-02 21:56:24)

全体的に暗さとか物悲しさがある気がするんだけど、落ち付いて聴ける曲が多いです。
万人受けする名曲はないと思うけど、佳曲が多いっていう感じかな。

素敵です。

ただ、このアルバムだけじゃなくて、音楽業界全体の話かもしれないけど、求心力がなくなったなーとつくづく感じる。

いい曲なんですけどね。



7. 名無し ★★★ (2012-08-21 16:04:28)

MAGIC同様バランスのとれたアルバムでクセがない。
適度にロック。どちらかというとメッセージ性の高い王道的楽曲が多い。
まあ「普通」ではあるんだれども、アレンジのせいか本当にここ数年はマンネリを感じなくなってきた。


前作との違いは、たいていアルバムに1曲くらい暗めの曲(最近では光芒、TINY DROPSなど)が来るんだけど今回は震災後のリリースもあって多少意識したのかそういう曲がなかった。
デッドエンドもタイトルとは裏腹に歌詞は背中を押すような内容だし暗い曲ではない。

ギターがへヴィーなものはシングル「さよなら傷だらけの日々よ」かデッドエンドくらい。
マニアックなハードロック路線が好きな人には向いていない。


綺麗にまとまりすぎていて少々飽きやすいかもしれないが、なかなか完成度の高い楽曲がそろっているので最近ファンになった人にはいいかもしれない。



8. 名無し ★★★ (2014-06-09 20:32:59)

一時期かなり稲葉の詞も遊び心がなくどこか堅苦しい雰囲気を感じていたが、前作同様稲葉節が復活していてうれしい

まぁアルバム単位でいえば前作とほぼ同じ路線というか延長線上みたいな感じで特別新境地に踏み出したわけでもないが、悪くはない
ただ、いささか「普通」止まりの完成度になっている気がしないでもない
おそらく製作中に震災が発生したことも影響しているのだろう
それでも個人的にはGREEN~THE CIRCLEあたりよりはかなり完成度も高いし安定感がある
いい意味でのマンネリみたいな

表題曲C’monはアルバム表題曲の中でも久々の傑作だと思う
これはRUNに匹敵するのはないかと思った
今後プレジャーツアーで定番化されることを期待している

松本は近年ソロでも歌謡曲やジャズに手を出しているが、本当に良い歳の重ね方をしている
もともとジャズを学んでいたこともあるのだろうが、昔から彼はこの手の曲を作ると本当に外れがない
Too Youngなんか本当に素晴らしい
お酒を飲みながら聴きたいね

Homeboundやピルグリムもやはり彼のドラマティックな音楽性が非常に表れてる

そんな一方で稲葉も遊び心を忘れていない
DAREKAは一見するとポップで明るい曲のように聞こえるが、遊び心の中にシリアスなテーマを提示しているのが素晴らしい
これは彼のソロ作品でよく見られる傾向だね

個人的にultra soul 2011はいらなかったかな
あの曲はお腹いっぱいだし、単純に打ち込みを使った原曲のほうが好き
ただ、間違いなくあのころよりも確実にバンドとしてのレベルが上がっているのはわかる

すでにベテランバンドとなったわけだが、ベテランゆえの安心感を感じられる非常に聴き心地の良いアルバムだろ思う



9. 名無し ★★★ (2015-01-02 12:03:05)

今回も素晴らしい安定感
マンネリ感はMONSTER以降なくなってきていて近年のB'zは本当に素晴らしい
MAGICの延長線上なイメージですが、前作に比べ疾走系の曲が少ない分メッセージ性の高い曲が増えた気がします
表題曲は言うまでもなく名曲ですね
Too Youngみたいな渋い曲も入っているから侮れない
震災で一度制作がストップしたことで不完全燃焼で終わったのか?と言えばそうでもない
ウルトラソウルはいらないなぁ・・・命名でしめるか、久々のライブ音源をボーナストラックに入れるとかそういう試みも見たかった

当時のマツコデラックスが出てたCMがシュールで面白かった(笑)



10. 赤い鳥 ★★★ (2015-02-25 14:14:00)

ベテランだから出せる音ってあるんだな~と感じました。



11. 名無し ★★ (2015-12-03 13:41:05)

今年発売されたEPIC DAYや前作MAGICと比べると大人しすぎるのが少々物足りないけど、やはり震災ムードが漂っていたためだろう。
それでも1曲1曲の完成度に関しては非常に安定感がある。
さすがB'z。
ACTIONあたりからミックスも変わり音質が良くなったのもあって、聴きづらさはないです。
先行シングルの「さよなら傷だらけの日々よ」がタイトルと裏腹にゴリゴリHRだったので、今作はこの路線で来るのかと思いきや、表題曲が「聴かせるタイプの曲」であったのは意外でした。
確実にシングルカットしても可笑しくない出来ですし、アウトロのギターなど、どこかRUN期の彼らを思い出すものがあります。
バラードが多いですが、どれも非常にグッとくる叙情的なもので感動しました。
Homeboundはジワジワ涙腺を刺激するような、ホッとする暖かさを感じましたし、季節感を感じるプルグリムもBメロからサビへの展開が素晴らしい文句なしの名曲です。
特出して実験的な曲がないのが難点ですが、しいて言うならひとしずくのアナタの半音下げチューニングによるリフにまとわりつくようなシンセの音が印象的ですね、サビは単調ですが悪くないですしこれをライブでほとんどやらなかったのが非常に残念です。
最後のボーナストラック的に収録されたウルソの新バージョンは、今の彼らのバンドサウンドに心酔している自分にとってはCDでライブ感を味わうことのできる一曲で納得です。
まぁ曲自体はもうお腹いっぱいなんですがね…

75点。



12. 名無し (2015-12-03 13:42:10)

訂正
プルグリム→ピルグリム



13. あると ★★ (2016-01-04 06:49:20)

B'zのアルバムとしては、かなり聴きやすい部類のアルバム。
一曲一曲のサウンドがとても丁寧で、印象に残るものが多い。
一番聴きやすいのはおそらく表題曲の「C'mon」であろう。イントロのアコースティックギターがなんともいえない雰囲気を出している。稲葉の声もだいぶおとなしい感じがする。
そのほか、「ひとしずくのアナタ」のようなダークな曲も見られる。
個人的なおすすめは「DAREKA」と「デッドエンド」である。
どちらも歌詞が素晴らしい。特にデッドエンドは本当に歌詞がステキ。
アルバムとしての完成度はかなり高い。

このアルバムのどこを非とするか。それは「期待通り」であろう。
ACTION、MAGICというアルバムに続き出された本作であるが、上記のとおりかなり「おとなしい」。
いい意味で期待を裏切られなかったのは少し残念だった。
以前、どこか別のサイトでこういうものを目にしたことがある。

「C'mon」は1番~9番バッターまでズラリ。
「LOOSE」は4番バッターがズラリ。

ううむ。何と言えばいいか、ここで別のアルバムの話をするのもあれだが・・・
LOOSEは曲一つの完成度は非常に高いのだが、アルバムとしての聴きやすさはC'monのほうが数倍は上である。だが、そこでの凹凸の無さは否定できない。

幅広いB'zサウンドに触れることができる本作は、入門向けと言えるであろう。



14. arizona (2016-01-24 08:14:18)

良い意味でも悪い意味でも「バランスのいいアルバム」
だからアルバムとして聞いたとき、曲の1つ1つの良さが目立っていない
でも、「C'mon」「ピルグリム」は曲調が好きだし、「DAREKA」「命名」は歌詞が良いので、悪い作品とも言えない
「デッドエンド」は賛否両論あるが、個人的には結構好きな曲
聴くのなら、曲単位がおすすめ


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示