この曲を聴け!
OVER THE TOP (1979年)
MyPage

OVER THE TOP
モバイル向きページ 
解説 - OVER THE TOP
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 正やん ★★ (2002-11-13 10:17:00)

CDで発売されたかどうかはわかりませんが、私はレコードを擦り切れるほど聴きました。
RAINBOWでは硬めにチューンした音(それはそれで好きですが)でしたが、JEFF BECK GROUP時代のような「ドラムらしい」音のインストルメンタルアルバムです。
Jack Bruceのメロディアスなプレベの音が全編に心地よく、Max MiddletonやDon Airey、Gary Mooreなどセッションメンバーのプレイも個性的。
曲もこの手のアルバムにありがちな「セッションをレコーディングして適当にタイトルつけました」みたいなのはなく、緻密な仕上がりです。



2. アイスマン ★★ (2003-05-08 12:11:00)

ドラムに夢中だった10代の頃、自分にとって最高の憧れはコージーだった。
何年か前にイングヴェイと一緒に来日すると聞いたので見に行ったが
事故で怪我したと聞いていたのに・・・まさか亡くなっていたなんて
不覚にもつい最近まで知らなかった・・・。
何十年ぶりに『OVER THE TOP』のレコードを引っ張りだし聴きなおした。
やっぱり最高だった。きっと天国でも最強のドラマーでしょう・・・合掌



3. なP ★★ (2003-10-09 01:21:00)

そりゃフィル・コリンズみたいに歌手としての方が有名であるなら別だけど、ドラマーのソロアルバムなんて普通つまらないに決まってるが、あえて3部作と呼ばせてもらってるOver the Top、Octopass、Tiltは全て突出した出来であると思う。人気HRドラマーだったコージーの輝かしい履歴に恥じない、いやむしろそれと肩を並べるような作品である。
このアルバムに関しては、バラエティに富んでいるが実験的ってほど実験的でもなく聴きやすい作りになってて、HRファンの耳に大いに馴染む。
EL&Pっぽいキーボードインストあり、ゲイリー・ムーアとジャック・ブルースのスリリングなジャム曲Killersありーの、まんまジェフ・ベックのEl Sidありーの、後にゲイリー・ムーアがカバーで名演をするThe Lonerの渋いバージョンありーの、最後はドラムソロを楽曲化したのまで入ってる贅沢な作り。ドラムサウンドも柔軟織り交ぜて生々しいものが聴ける。




4. GEORGE ★★ (2004-01-29 22:53:00)

あまりインスト物って聴かないんだけど、これは好きですねー。
細かいテクのことはわからないがコージーのドラムの音色が好き。
ジャック・ブルースとドン・エイリーのフレーズも気持ちいい。
そしてそれ以前に曲がいい。
全7曲中6曲が名曲と思う。
中でもタイトル曲は壮大でめちゃめちゃかっこいいですよ。




5. COZYⅡ ★★ (2007-07-07 19:28:00)

ずーとベストしか持っていなかったので、今回の再発を楽しみにしていた。当然TILT,OCTOPUSSも買った。この三枚は超素晴らしい!!!今まで聴いてきたインストアルバムの中ではダントツの一位。特にOVER THE TOPはいい!!!



6. メタルKEISHOU ★★ (2009-09-25 22:30:00)

このアルバムは本当に凄い!!!
世の中の全てのアルバムの中でこれほどドラマーが己を主張しながら、且つ豪華なバックを家来のごとく従わせているサウンドが他に有るでしょうか。
ギターのクレム クレムソン・ゲイリー ムーア・ベースのジャック ブルース・キーボードのドン エイリーというつわものがコージーのドラミングの完全なる引き立て役になるとは・・・
特に「Killer」におけるスピーディーな展開、アルバムタイトルナンバーにおけるドラムソロから以降の1812のドラマティックな展開は悶絶必至ですな!!!!




7. 夢想家・I ★★★ (2012-04-05 22:51:49)

メロディーが大好きだったというコージー・パウエル、
当然ながらドラマーの自己満足なプレイなんて事は全くありません。
音だけ聴いていても叩いている姿が浮かんで来ます…。




8. gyope77 ★★ (2015-02-02 21:22:09)

本当に凄い。! 

これだけのメンツを揃え、主役であり得るコージー凄いよ。勿論、ソロ・アルバムだから当然かぁ。…

突出しているよ。… ジャック・ブルースのベース 最高。!

ロックインストアルバムの最高峰。!



9. NEELS ★★★ (2015-02-02 21:36:54)

1stでいきなりこんな豪華なセッションメンバーでのレコーディングは、さすがコージーの人脈の広さを感じます!完成度の高さに度胆をぬきました!

そして、コージーの切り込むようなフィルやオカズがエグイですし非常にクール!

gyopeさんが仰る通りジャックブルースのピックベースにも係わらず存在感が凄いですし、
ゲイリームーアのフュージョンギターもすさまじいです!

フュージョン系のアルバムでもありロックインストアルバムでもありますが、コージーがセッションミュージシャンと共に書いた曲でのドラムフレーズの多彩さや、上等フレーズが満載!

しかも最後の表題曲「オーバー・ザ・トップ」ではあのRAINBOWでのソロでも披露しているドラムソロでの上等フレーズ満載のドラムソロや「1812」を完全再現!

コージーが望んでいたジェフベックとの共演は今作では叶いませんでしたが、彼に捧げた(ジェフベックが弾く予定だったはずの)曲「ザ・ローナー」でのギターやバックのドラミングが素晴らしい!!!!ジェフが弾いたらどんな曲になっていたのだろうか・・・・。



10. gyope77 (2015-02-12 21:31:53)

NEELSさん

「ザ・ローナー」関してはデイブ・クレムソンがギターを弾いて正解だったと思います。個人的には想い入

れが深いです。

ジェフ・ベックが弾いたらなら、次元の違う楽曲になったかなぁ。!?

ゲイリー・ムーアとは1985年10月に地方公演で直接、会っています。

その2年後の日本公演での終演で弾いたゲイリーのバージョンも結構良かったですが。…!!

やはり、オリジナル音源の方が良いです。!



11. NEELS ★★★ (2015-02-12 23:42:03)

gyope77さん!

コージーだけでなくゲイリームーアとも直接お逢いしただなんて!凄いなんてものじゃあないですよ!?

本当に、一言では言い表せない位!その話、感動しました!!

1985年!スーパーロック84の一年後ですよね?!

まさか、日本公演でコージーの「ザ・ローナー」を弾いたというエピソードも興味深いですね!

確かにジェフベックが弾いたら、ムーアとはまた違った魅力のあるフュージョン系ギターになりそうですね!

僕もgyopeさんと同じオリジナルが好きです!でも、一度でいい出からライブでムーアのバージョンを聴きたかったですし、コージー・テープで音源が残ってあるならばジェフ・ベックバージョンを聴いてみたいです・・・・。生まれる時代が遅すぎましたね・・・・。

gyopeさんは凄い!



12. gyope77 (2015-02-15 21:30:17)

NEELS さん

当時、運が良かっただけですよ。!

僕がコージーと一緒に記念撮影させてもらった写真 数枚持っています。今では宝物です。! 誰が撮影したか解りませんが、最近30年が経過して色褪せて来たので専門家に修復依頼していた現在です。!
今の様な高精度のデジカメなんか当時、ありませんでしたから。(T_T)
多分、コージーの性格、日本の好きな飲み物・食べ物・文化について日本の音楽関係者や雑誌記者が到底解らない部分を自分が解っているかも知れません。!?

あと、NEELSさんがドラマーなので参考まで、1983年頃、ゲイリー・ムーア初来日 東京公演のイアン・ペイスとも直接、会いました。ペイスの個人リハーサル風景を観ています。身長は168cmくらいでしたね。凄く緊迫した雰囲気でしたのが、印象に残っています。…

共通点は二人のドラマーがリッチー・ブラックモアと演って来たことでコージーの方が、イアン・ペイスを
意識していたみたいですね。 !?



13. NEELS ★★★ (2015-02-15 22:12:42)

gyope77さん、

ええーっ!マジですか!?イアン・ペイスともお逢いしているなんて!

身長が168㎝??ペイスのリハーサル風景????お聞きしたいことがあり過ぎる!!!

ペイスって、小柄だったとは・・・・小さいのにあのパワフルドラムは凄いですね!

調度、DEEP PURPLE第三期ラストライブを聴いていたので、この話にビックリして椅子から転げ落ちそうになりました・・・!!

コージー・パウエルについて何でもご存知であるとは・・・・お聞きしたいことが・・・・どうしましょう????

コージーと一緒に写った写真!一生の宝物ですね(^^♪

お聞きたいことが一杯あり過ぎますね・・・・。

あの天下のコージーがペイスを意識していたなんて!?衝撃です!!!!

取りあえず一旦落ち着きたいと思います・・・・(深呼吸)


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示