この曲を聴け!
BLUE ÖYSTER CULT (1972年)
MyPage

BLUE ÖYSTER CULT
モバイル向きページ 
解説 - BLUE ÖYSTER CULT
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. せーら ★★ (2004-09-27 20:40:00)

72年発表の1stアルバム。
オカルトチックなメロディーと、キャッチーなメロディーを巧みに使い分ける手法は、この時点で既に開花しています。
1曲目の「悪魔同盟」は、怪奇趣味的なアートワークをそのまま音に変換したような、衝撃の名曲。
薄気味悪い「汚れた天使」や気迫溢れる「炎の街」など、他にも面白い楽曲は沢山あります。
ところで...
BLACK SABBATHは知っているけど、BLUE OYSTER CULTは知らないという人は結構いるんじゃないかと思います。PRIEST登場以前、SABBATHと共にメタルの基礎を築き上げた名バンドなのです。
わたしは現在二十歳を少し過ぎたばかりの若造ですが、同世代でBOCを知る人は殆どいません。知らないのが当たり前という感じ。しかしこういうバンドこそ、絶対に忘れてはならないと思うのです。
国内盤は廃盤ですが、輸入盤では入手可能ですので、是非一度体験してみて下さい。




2. m.c.A.K. ★★ (2005-11-28 14:42:00)

わたしはもうすぐ40歳に手が届きそうなおっさんですが、同世代で今でもBOCを聴いている人はなかなかいないっす。
ライブではおなじみの曲も入っていますし、ファンなら必聴でしょう(などと私がいうまでもないでしょうが・・・)。
ちょっと前に出たリマスター盤(国内未発)にはボーナスも入っていますので、これから入手する方には宜しいんじゃないでしょうか。




3. Dr.Strangelove ★★ (2008-07-12 13:51:00)

デビュー作にしては中々の出来。
個人的にBOCは初期の方が好みだ。




4. メタルKEISHOU ★★ (2009-12-12 22:47:00)

歴史に名を残すバンドは1stから個性を確立しているバンドが多いが、彼らも勿論その中に入れなくてはいけません。
オープニングナンバーの高音から低音へと階段を1段ずつ下りていく様な不気味なリフで既にニューヨークの醒めた狂気を体現するバンドとしての地位は約束されたようなものでした。
エリック ブルームの首を絞められた鶏の様な声が響き渡るともうそこはBOCの世界。今でもその世界から抜け出せない・・・




5. はっちゃん ★★★ (2012-05-27 14:12:02)

HEAVY METALの冠が付いてはいるけど、サバスとは違う切り口で恐怖感を提示してみせたBOC。

現代のHMの感覚で聴くと違和感があるだろうけど、サウンド・テクスチャー、ディテイル各々の
雰囲気を聴いていると今どきのへヴィなバンドより重たく感じる事があります。
コレ、同じくBOCの出身地ニューヨークから現れたN.Yパンクの一連のバンドを聴いていても
同様の重さを感じる事がありますね。
サウンド・プロダクション的な事ではなく、どの音符を選ぶか そのセンスはかなり重要ではないかと
思います。

この1stでもそのセンスは遺憾なく発揮されています。一聴しただけで冷たい質感と同時に鉛を
飲み込んだかのような重さが感じられます。不安感を煽る音のチョイスは見事。
叙情メロディが素晴らしい「THEN CAME THE LAST DAYS OF MAY」はアメリカン・ニュー・シネマ
のような歌詞世界と鬱なアンサンブルが絶妙です。
かと思えば、「STAIRWAY TO THE STARS」のようにキャッチーな曲もあったりしてデビューの
時点でいわゆるBOCをBOC足らしめる主要項目は出揃ってますね。
しかも本作を含む初期の作品は攻撃的なリフの頻度も高く、この時代しか認めないというファンも
多数存在します。彼らの魅力はそれだけじゃないんだけどなぁ。




6. 夢想家・I ★★★ (2012-10-13 20:17:04)

'72年発表の1stアルバムです。
邦題「狂気への誘い」
アメリカのバンドらしいダイナミックさも持ち合わせながら大味にならず非常に計算された緻密な曲作りが魅力で、このバンドの特徴である都会のコンクリート的なひんやりとした硬質なサウンドはこの時点で既に確立されています。
謎めいたシンボル・マークと無機質な空間を思わせるモノクロのアートワークも音世界に良く合っています。

ヘヴィ・メタルの「元祖」としての歴史的価値だけで無く、名曲、代表曲も多数収録された名盤です。




7. 人間そっくり ★★★ (2014-07-16 03:53:46)

カントリーやソフトブギーを演っていた69年~70年の音源を聴くと、71年録音の本作とのギャップに驚く。
その始まりが評論家によって「作られた」バンドだったことを考えればおかしくはないのかも知れないが、短期間にこれだけのスタイルを構築できたのはバンドに十分な力量が備わっていたからに他ならないだろう。
彼らは後々ライブでドアーズ・ステッペンウルフ・アニマルズ・MC5等のカヴァーを披露したが、各バンドからの影響は本作からもはっきり読み取ることが出来る。
また幾分ごった煮感の有るところも楽しいし飽きさせない。
それをGawlikによる謎めいたジャケットとそこに浮かぶシンボルマークが一つにまとめて、この良質なデビューアルバムは完成したのだ。
余談だが本作「狂気への誘い」は各曲の邦題もハマっていて、70年代当時の洋楽ロック担当ディレクターは邦題名人が多かったなぁと思わせてくれる。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示