この曲を聴け!
WITHERING TO DEATH. (2005年)
MyPage

WITHERING TO DEATH.
モバイル向きページ 
解説 - WITHERING TO DEATH.

2005年3月9日、FIREWALL DIV.よりリリースされた5th Album。
今作のキーワードともいえる「Wither」という言葉は、京がアルバム全体のイメージを感じたときに、「枯れる」というイメージを強く感じたことから来ており、そこから今作のタイトルになった。発売前の制作時のインタビューでは、「気持ち的にはフラットになって、やりたいことをやりたいようにやっている」という心境を語っている。また今作のイメージを問われた際、Toshiyaは、「『VULGAR』が一つの太い筆で殴り書きしたような感じだとすると、このアルバムは一つ一つの点が集まって一つの絵を作り出している感じ」とも語っている。前作『VULGAR』と比べてメロディアスさが強くなっており、幾つもの音を重ねて音に厚みを持たせていた『VULGAR』に対して、シャープな音作りが意識され、聴きやすく構成されており、その楽曲のバランスの良さや、間口を広く感じさせることからも、海外でポイントになっている曲も多いと語っている。このアルバム制作期間中にはライブ日程が組み込まれ、レコーディングが終了していないにも関わらず、敢えて数曲披露するといった実験的なことも行なわれていた。中には歌詞やメロディー、曲のタイトルさえも確定していないまま披露した曲も存在する。この試みは功を奏したようで、タイトルは変わらないが、フレーズなどが変化したり、アルバムのバランス的な面で最終レコーディングでは煮詰めることができて良かったと語っている。このあたりの経緯は、このライブツアーに密着したドキュメント本『Dir en grey THE MANIPULATED LIFE』などで知ることが出来る。
薫とDieによれば、これまでの自分達のギターの役割分担が曲によっては自然と逆転しているものもあると語っており、またShinyaは前述のライブツアーの中で、課題であった「出音を大きくする為の方法」として、力を入れるのではなく、重力を利用して叩くというドラミングのこれまでのスタイルを覆すような考え方に出会うことで、スタイルの転換期ともいえる最初の作品にもなっているとのこと。
→解説を作成・修正
コメント・評価 - WITHERING TO DEATH.

Selected Comments


3. しゅんぺ~ ★★ (2005-03-09 23:27:00)

すごい作品ですね。個人的には彼らの最高傑作は"GAUZE"だったんですが、新作はそれを超えたように感じます。一言で言うと、初期のメロディと"鬼葬"以降のへヴィネスの融合といった感じなんですが、そんな簡単な言葉で片付けられるようなものではないかもしれません。やっぱりその辺のバンドとは格が違いましたね。
そして、特筆すべきは、表現者としての京のずば抜けたレベルの高さです。
中音域からハイトーン、デス声、極悪シャウトなど、その全てがこの手のバンドの中では頭二つ位、抜きん出ているように思います。
本当にこの人、何者なんでしょうね? 本当に一人で歌ってんのか!? て感じです(笑)
"鬼葬"以降のへヴィ路線がどうにも肌に合わず、今回もあまり期待せずに買ったんですが、買ってよかったです。あとはやっぱり、ギース・ハワードさんと同じくライブで体感してみたいです。




7. sizuku ★★ (2005-03-18 21:44:00)

Dir en grey、またもや傑作を発表。
是非、聴きなされ。凄いから。日本とかそういう事は関係ないのよ。




10. Usher-to-the-ETHER ★★ (2005-03-25 09:28:00)

2005年発表の5thアルバム。
自分の周りでは、このアルバムを大きく分けて「今までの集大成」と見る人と、
「VULGAR」にて確立した音楽性を更に押し進めて出来た作品と見る人の2通りに分かれる様です。
個人的には「VULGAR」と比較すると、キャッチーさは少し薄れ、その代わり混沌とした感じや
曲に漂う空気感はより濃いものになったのではないかと思います。
特に「愛しさは腐敗につき」「鼓動」などで感じられるレトロな雰囲気は今までのDirには
あまり見られなかったもので、その音楽性がより深くなっている事を伺わせます。
そしてこの傑作アルバムの功労者はなんといっても京さんでしょう…
凄い事になってます、詞も、歌の表現力も。
まず詞ですが、前作で正直気に入らなかった「蝕紅」「OBSCURE」などのB級っぽいグロ路線は
今回は殆ど見られず、抽象的な中に作詞者の吐き出したいものが見え隠れする、味わいのある
詞になっていると思います。特に亡くなったファンへの鎮魂歌として書かれた「悲劇は目蓋を
下ろした優しき鬱」は、京さんの辛い物事へも渾身でぶつかっていく様子が良く分かります。
そして歌ですが…今回、ホントに凄いです…
頭がイカれたかのような絶叫、人を小馬鹿にしたハイトーン、ミックスヴォイスに頼らず、
絶唱とも呼べるような堂々たる高音、ゾンビのような嗄れた声…etc
メタルのフィールドでもここまで表現できる人ってなかなかいないと思います。
この人、マジで後世にヴォーカリストとして名を残す事になるかもしれません。
色々と書きましたが、ずばり名盤です。
是非このアルバムを買い、千変万化のヴォーカルとカオスの世界に身を委ねましょう。





Recent 50 Comments



11. シーク ★★ (2005-03-25 13:47:00)

今回は激しさと聞きやすさのバランスが非常に優れている気がします。
Nu Metalの影響を受けたと聞いたので聞いてみたんですがかなり良いです。
傑作です!



12. ふぁうすと ★★ (2005-03-25 18:15:00)

文句なしの傑作。2005年個人ランキングでもしかしたら1位になるかもしれない作品。
言うまでもなく楽曲の質が良い。これは言うまでもない。
よく「○○だけで元が取れますよ!」なんて言うけれど、このアルバムにはそんな言葉は必要ない。
その○○が大半の曲に当てはまりそうなくらいの佳曲・名曲ぞろい。
シングル曲以外だと「C」「愛しさは腐敗につき」「Jesus Christ Rn'R」あたりが良いと思った。
ヴォーカル・京の表現力も格の違いを見せつけるかのように、キレ具合が全く違う。
このアルバムを聴いた後にインディーズ時代のを聴いた日にゃぁ「えぇ!?」と思うこと間違いなし。
HR/HMリスナーにも受けが良さそうな出来なので、聴いてみてくださいな。




13. カズチン ★★ (2005-03-27 18:44:00)

このアルバムはスゴイです。
音だけならば前作の延長線上なんだろうが、京のヴォーカルがさらにバリエーションが豊かになり、それがいい具合に音と絡み合い最高の作品に仕上がってます。
その京のヴォーカルですが、前作に見られた咆哮が更にレベルアップし、ハイトーンやファルセットも使われ、キレた吐き捨てヴォーカルも用いられて、ホントに最高ですね。
それゆえに一般的なリスナーからどんどん離れてく感じがしますが、それが彼らの目的なんでしょうな。逆にV系が嫌いなメタラーには受けいれられそうな気がします、非HM/HRに登録されてるのが惜しまれます。
細かいことですが、タイトルは「WITHERING TO DEATH.」ですよね?最後の「.」が抜けとります。




14. むふん ★★ (2005-03-30 04:03:00)

ダニのようにライブでちゃんと歌えれば文句は無いんだがねぇ。



15. 中曽根栄作 ★★ (2005-04-17 21:44:00)

傑作。
捨て曲無しの。
オーヴァーレコーディングのきらいはあるが。




16. kamito ★★ (2005-05-07 21:52:00)

曲がかなーり粒ぞろい。
MACHIAVELLISMとJesus Christ Rn'Rが超好き。特に、Cは名曲よ。
それにCから朔-saku-の流れは、一気に畳みかける感じでカッコイイ。
あと、みんな言ってるとおり、京さんね。マジ凄い。
これは結構前からなんですが、京さんの中に何人入ってるんだよ!?みたいな。
音域が広いのももちろんですが、高くなめらかに歌い上げる時と、低く怒りをぶつける咆哮の時・・・・まるで別人w
バックのメンバーも安定したね。
ギターソロが全然ないけど、そのおかげで曲が短くて最後まで通して聴ける、名作だと思います。



17. zoa ★★ (2005-05-30 06:09:00)

かなりいい!ヴォーカルがいそがしそう。楽器がまとまりでたけど
ギターの音色の範囲が狭まったのでは。しかしやっと演奏がしっくりきた
感じはする。へんに凝ると聞きづらい。
それにしても曲自体はすべていい。歌詞も聞きやすい言葉になってきた。
これを超えるのは少し難しいかも。
LUNASEAでいうMOTHERかSTYLEの域に来てると思う。



18. メタル伝道師 ★★ (2005-06-18 14:52:00)

5th。
アルバムの音としては前作より3rdに近いような気がします。
演奏も楽曲も文句の付けようがないし、京のボーカルはさらに進化を
遂げています、表現力が半端じゃない。
もう彼らはこのまま自分達の信念を貫き通して突っ走ってください。
ただ曲によってはあの音圧が合わない気もします。
今後の改善点ですねとはいえそれも贅沢な悩みです、間違いなく彼らの傑作。




19. 第四帝国楽団 ★★ (2005-07-05 16:12:00)

多分Dirのアルバムの中で最強じゃないかと思います。
ヘヴィ、バラード、メロディアス等詰め込んだ名曲揃いのアルバムです。
京のノドが心配になるくらい、表現力が半端じゃないです。
本当にこの5人はカッコいいですね。



20. KK('A`) ★★ (2005-07-05 18:42:00)

今日やっと買って一通り聴いたわけだけども、凄いアルバム。
4thの路線を基盤に色んな音楽性を消化してる。
京のヴォーカルもよりエモーショナル度が倍増してこのバンドの本来持つ叙情性を浮き彫りにしてる。
歌メロも今までの耽美なのから随分とエモくなっちゃって・・・・・・・
V系から完全離脱まであと一歩的だよこりゃあ




21. メタリック ★★ (2005-07-15 23:58:00)

Dirの大傑作。
彼らを紹介する時はこれを推したい




22. ピクルス ★★ (2005-08-12 15:22:00)

最新にして最高傑作。音楽の固定観念を打ち砕いた作品。誰がなんと言おうと彼等の音は最強/



23. y-man... ★★ (2005-09-19 02:53:00)

Dirの最新アルバムで最高傑作!
このアルバムで、彼等は完全にHM/HRバンドの仲間入りでしょう。
「C」は駆け抜けるような疾走ヘヴィメタル。
「朔-saku」は完璧な仕上がりのデスメタル。
「Jesus Christ R'nR」ではミクスチャー系のメタルもやってみせてくれました。
「Machiavellism」は、これまでにないくらいのノリのロックを。
そして「THE FINAL」で、ドラマッティックな、近年のDirらしい曲を。
と、幅広い曲をやってくれているし、何故かこれまでのアルバムのような飽きがこず、何回でも聴けるアルバム。



24. マリリンマンソン ★★ (2005-09-25 16:57:00)

ヴェルガーの流れからとは思わせない、ものすごい・・・
まだまだヘヴィだとは思わないが、ギターはコシがあってよい。



25. みるふぃね ★★ (2005-11-22 13:36:00)

確かに最高傑作。Cのイントロ聞いた時点で名盤だと思いました。



26. RioT ★★ (2005-12-18 01:18:00)

曲のバリエーションがしっかりしてるからVulgarより聴きやすい。
メロディアスな点もあるけど。
何より京のヴォーカリゼーションの成長力には目を見張るものがある。
問題点を挙げるとするならギターリフかな、全体的にメロディに面白みが無いのと無理矢理音圧上げたっぽい音が個人的に気になる、まあここら辺はVulgarから変わってない点だから次のアルバムでは直してくれることを期待。




27. UJ-K ★★ (2005-12-25 15:58:00)

名曲揃い!!!!
特に「C」と「鼓動」がいいです。
バンド全体がアルバムを出すたび進化しています。
大傑作!!!!!!!



28. VULGAR ★★ (2006-01-20 13:07:00)

朔までの流れがすごい!!
アルバム全体の流れもよし!



29. 米軍曹 ★★ (2006-01-30 10:56:00)

今年のベストアルバムにこれを挙げてる人が多かったので、聞いてみたら・・・
大正解!!!でしたよ。と言うか、これを去年のうちに聞いてたらベスト3に挙げて
ましたよ。歌う、叫ぶ、囁く、がなると様々な京さんのヴォーカルが聞けますが、
どれも凄いです。一人の人間でここまでやられるとなぁ・・・
バックも物すご~くタイトです。どう考えてもメタルですやん、これ。
昔の作品も今遡って聞いてます。ライブ見に行きたい・・・と思ってたら5月には
DVD出るんですねぇ。見てみよ。
しかし京さんの歌詞が聞き取れない絶叫ってホント凄いですよ、「DEAD TREE」とか。



30. ふぁうすと ★★ (2006-02-01 14:19:00)

なんだかんだで2005年発表作の中で最も多く聴いたのはこのアルバム。
とりあえず非HM/HRに登録されているアーティストなので投票しなかったけれど、個人ランキングでは隠れ1位。
次作ではどのような進化をみせてくれるのか、それが楽しみ。




31. アヤラギ ★★ (2006-02-24 01:29:00)

海外でも最近人気のようで、ファンとしては嬉しい限り。
このアルバムは全体の流れが非常に考えられていて、飽きにくい作りになっていますね。
発売からそろそろ1年たとうとしてますが、未だにあきません。
演奏のレベルがどうとか関係ないのです。
ボーカルである京の叫びを、身体で感じ取れたらそれでいいのです(笑)



32. IR ★★ (2006-04-21 22:16:00)

まず、これは他のアルバムに比べて歌詞が圧倒的に良いんですよね。
昔のようなB級物語は減り、なかなか現実的な歌詞となっております。
んで京のヴォーカルがまたヤヴェんですよね。裏声から高音シャウトまでこなすとは。
「The Final」などで聴けるささやき系の歌い方も今までに無くグッドです。
てかこれだけ色々な歌い方をしていながら破綻していないのは凄いよなぁ……。
欲を言うならデス声はシャウト交じりでなく、もっと徹底的にデスって欲しいですがね。
でも、わざとにしろ違うにしろ、言葉の発音はもうちょっとどうにかならないものか。
昔からそれだけは直さないよね京って。折角詩が良いのに聞き取れないよ(泣



33. 虚無の剣 ★★ (2006-07-21 11:51:00)

ただ一言。




34. 寝坊メタル ★★ (2006-08-02 21:56:00)

HM/HR界の大物が次々と絶賛を始めたので、購入して聴いてみました。
楽器陣のテクニックや、モコモコしたギターの音等不満はありますが、楽曲のクオリティが非常に高いです。
へヴィ、メロディーのバランスが丁度良いし、独特なリズムを刻むドラムも面白い。
全編通してヴォーカル京の存在感に驚かされ、歌詞も非常に味わい深く私好みでした。




35. 名刀シイタケ ★★ (2006-08-30 09:26:00)

私は、前作が凄く気に入っていたので、今回はどうなんだろうなあ?と思っていたクチです。しかし、彼らは見事に前作からさらに進化しましたね~。まさにシングル「朔」や「THE FINAL」の世界観がアルバム全体に散らばったかんじです。よく、雑誌なんかで、退廃した雰囲気とか書かれていますが、そのような感じです。とにかくディルの魅力が詰まった名盤でしょう!コレを聴いた後は、あんなに気に入っていたVULGARすら昔のものに感じてしまいました。
例えば、前作もラストはドラマチックに締めてくれました。しかし、今回のラストの「鼓動」はそれを上回るドラマチックさでした。とにかくアルバム通して聴くとラストでホント感動します。




36. かがり ★★ (2006-10-06 21:54:00)

買ったその日に聴いて思わず前のめりになった曲(笑)
こんなにアルバム聴いて興奮したのは初めて。
びっくりするぐらい何度でも聴ける。
Vo.Gt.Ba.Dr.どれに耳を澄ませて聴いても斬新で面白いvv



37. あqwせdrftgyふじこ ★★ (2006-10-07 00:18:00)

Dirは衰えることを知りません。
このアルバムは5つの中で最高傑作かと。
Cはとにかくいい。
サビの部分の美しさ、それに非をうたないベースのかっこよさ・・どれをとっても最高の曲です。シングルとして出しても恥ずかしくないと。。
(カップリングはBeauriful Dirtで(笑))



38. larme ★★ (2006-11-30 22:19:00)

次作が早く聴きたくなるような、そんな総合的にも完成度の高い1枚です



39. 伝道師 ★★ (2006-12-16 00:24:00)

もうすぐ2年になるというのに、全然空きが来ないという感じです。むしろ今の日本に対してこのアルバムの曲群がまるで警告文のように感じてなりません。
自分で歌っていても周りが気にならないほど叫ぶ自分に対し「ヤバイ人…」もしくは「なんか納得…」しか思われていないかも知れません。



40. べっちょこ ★★ (2006-12-16 14:17:00)

かなり完成度が高いアルバム。いろんなタイプの曲があってかなり楽しめます。



41. コールドデモン ★★ (2007-01-22 18:03:00)

とてもいいアルバムです。
ビジュアル系だと批判されやすい彼らですが
見た目ばかりの他のバンドとは明らかにレベルが違う。
ただ、普通声の歌い方にビジュアル系っぽさがあるけどね。




42. うへ ★★ (2007-02-07 13:08:00)

個人的に、Dirの最高傑作ではないかと思います。
前作に比べ、へヴィな曲よりメロディーが綺麗な曲が多いと思います。
皆さんが言ってるようにCは最高ですね☆
音的にも、重くなくとても聴きやすくあまり耳が疲れなくていいですね。
前作とは聴いた感じイメージは全然違いますがとてもかっこいいです。
これぞDirって感じのアルバムでしょうか・・・



43. Dr.Strangelove ★★ (2007-04-07 18:20:00)

良い。
これは買い。




44. SHINTOKU ★★ (2008-05-20 03:54:00)

Dir史上、最高傑作!



45. チャイチャイ ★★ (2008-06-25 21:27:00)

名曲が多いですが、特に最初の三曲の流れが最高です!
メロディセンスが高く、なおかつ京のボーカルが表現力が抜群です!
Dirにしか出来ない作品です。




46. Scarlet320 ★★ (2008-07-27 18:56:00)

同じく、最初の3曲最高です
Dirのアルバムでは間違いなく最高傑作ですね。とにかく名曲ばかり。
しかし個人的にはMARROWには負ける。音作りはこっちの方が好きだけど。




47. NK ★★ (2008-09-11 20:20:00)

V系ならではの良さ(叙情的なメロディーなど)を活かしつつ、本格的にヘヴィーなサウンドに進化を遂げている。
他の楽器隊に比べドラムが少々ヘボいが、それでも良しと思わせるような楽曲群が揃っている。




48. チャイチャイ ★★ (2008-10-25 22:09:00)

最初の三曲のなだれ込むような感じが素晴らしいです。
特に最高傑作との呼び名の高い「朔-saku」のサビの美しさは圧倒的。
非常に艶やかなハイトーンに魅了されました。
また、「孤独に死す、故に孤独」や「dead tree」や「Beautiful Dirt」などの京のシャウトがブチ切れていて歌詞も非常に鋭利で、特に表現力に秀でていると思いました。
他にも、「GARBAGE」の何を言ってるのかさえわからない狂ったシャウトには独自性も感じられたし、「鼓動」のように突然に破壊力があるシャウトを聴けるのも驚愕したし、「THE FINAL」のメロディには何度も泣かされそうになったし、「悲劇は目蓋を下ろした優しき鬱」の歌詞はあるファンに向けていると知ってから、ますます悲しさが増して涙が出そうになったし、とにかく心を打つアルバムだと思います。
個人的には「鬼葬」のようなエログロな歌詞が苦手なので、今回みたいな抽象的で表現力の高い歌詞は大好きです。
(現時点で)Dir en grey最大の名盤と思う人がいるのも納得です。




49. 松尾芭しょんぼり ★★ (2008-11-08 11:07:00)

「VULGARの後に聴いちゃ絶対だめ」
と思ったのは自分だけ?
VULGARで重々しい曲いっぱい聴いちゃったから
微妙に思えた。
と思うのは・・・・。



50. ひわい ★★ (2008-12-01 22:36:00)

まず、1曲目のMerciless~Cの展開が聴いててかっこいい。
「THE FINAL」や「愛しさは腐敗につき」のような聴かせる曲もあれば、「GARBAGE」や「Beautiful Dirt」のような人を殺せてしまうようなぐらい激しいナンバーまでホント幅広く、そして聴きやすい曲も入っていて初めてDIR EN GREYを聴く人におススメのアルバムだと思います。
ただ聴きすぎて鬱にならないよう気を付けて(笑)。



51. hhheeeaaavvvyyy ★★ (2009-01-24 13:34:00)

聞き込んでるうちに感じ方が変わったので訂正を・・・
Dir en greyの全てが詰め込まれたアルバム。
これまでに無いタイプの美しいメロディーがちりばめられていて、不思議リズムもあって唯一無二のアルバムになっています。
しかしレコーディング技術に頼ってるところが目立ったり、
曲の展開が強引だったりするところを見ると個人的には少し過大評価されてる気がしないでもないです。




52. vox ★★ (2009-02-04 23:26:00)

とりあえず最初のMerciless Cult~朔-saku-の三曲が素晴らしい。



53. 背徳ノ翼 ★★ (2009-03-04 14:54:00)

昔の彼らしか知らない人がこれを聴いたら、同じバンドだと信じられるでしょうか?僕自身もこのバンドがこんなに進化したことが驚きです。昔のヴィジュアル系バリバリだった頃とは完全に違う彼らの音がここにはあります。



54. 紗葵 ★★ (2009-03-07 16:16:00)

2005年発表の5th。
前作「VULGAR」も名盤でしたが、それを軽く上回るくらいの名盤です。
「Merciless Cult」→「C」→「朔-saku-」の流れは完璧で、これだけでも満足なのに、それ以外の曲も粒ぞろい。
「愛しさは腐敗につき」のレトロな雰囲気や「Jesus Christ R'nR」のルーズな感じは、今までのDirにはなかったものではないでしょうか。
また、京の歌唱が多彩で、「朔-saku-」のハイトーンや「dead tree」の絶叫、「Beautiful Dirt」のブチ切れた歌唱には驚きを隠せません。
歌詞も抽象的かつ生々しく、昔のようなエログロ路線とは一線を画しています。
正直な話、ギターのもこもこした感じや迫力に欠けるドラム等、気になる部分はありますが、
そんなことは些細だといえる、それだけのクオリティがあると思います。



55. Spleen ★★ (2009-08-03 02:00:00)

バックの音がちょっと籠っているところはありますが、静と動の入り乱れ方が段々良くなってきていると思います。
ボーカルに至っては、露骨にアブナイ歌詞でなくともアブナイ空気を醸し出しまくってます。




56. 枯林 ★★★ (2011-03-08 01:44:19)

文句無しにこの時点での間違いなく最高傑作
4thで押さえ気味だったメロディを大きく前に出し、良い意味で過去との融合的な作品

4thからは想像出来ない②のようなメロスピ的な曲は「え、今のディルこんな曲作っちゃうの?」とびっくりし、その後もバラエティ豊かですがあくまでメロディーを主張した曲の数々にさらにびっくり

アルバムバランスも絶妙で、捨て曲無し
絶賛に値するできだと思います




57. TAK EN GREY ★★★ (2012-04-03 00:17:43)

私が最初に聴いたDIRのアルバムがWithering to death なので、思い入れのある作品です。
merciless cultからCへの流れが一番好きなとこですね



58. S&A ★★★ (2013-06-19 18:56:52)

当時、散々聴いたこのアルバムですがふとした瞬間に最近また聴きました
「こんなに凄かったっけ?」と思ってしまいましたね

洋メタルを聴くようになる前と後だったのですが全然印象が違いました
オープニング3曲がここで言われているようにしびれましたね
ホント昔から世界観を作るのが上手いですねこの人たちは…



59. 音楽大好き人間 ★★ (2013-12-27 15:06:00)

うーんかなりの衝撃作ですが、ドラムが軽いのと
ギターが薄いのが修正してほしい点ですね。
でも、そんな所を忘却させる位非常に聞きやすく史上最高の位置に相応しい作品だと思います!!
このアルバムに出逢えて、本当に良かったと個人的には思います。



60. 名無し ★★★ (2016-11-25 02:20:40)

音質以外は本当に素晴らしい


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示