この曲を聴け!
THANK YOU
MyPage

THANK YOU
モバイル向きページ 
解説 - THANK YOU
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. こ~いち

淡々としたバラード



2. 190 ★★★ (2001-11-11 12:16:23)

実はZEPのバラードの中でも3本の指に入るぐらい好き。こういうタイプのバラードに弱いんだよねぇ~。「1番は勿論天国」
コアなZEPファンには普通すぎて全然物足りないかも知んないが・・・




3. タックン ★★★ (2002-08-15 02:06:39)

この曲聴いて知らないうちに泣いてました



4. ライキチ ★★★ (2002-12-05 17:34:19)

いい曲だ。バラードのお手本のような曲。とっつきやすさ満点。
聞いているとQUEENが浮かぶ。彼らも好きだったんだろうねと思ってしまう。




5. みけ ★★ (2002-12-25 03:28:06)

Zep史上最もエモーショナルな曲。
昔、チャーがこの曲のフレーズをMTVで弾いて、「(ペイジは)こんなに上手くないか」と言ったのを思い出した(^o^)



6. SCARECROW ★★ (2003-01-02 12:18:21)

良いメロディを持ったロックバラードですね。少しZEPPELINっぽくないと言えばそうかもしれませんが、そこがまた新鮮で良かったりします。



7. JOE吉田 ★★★ (2003-04-12 12:37:58)

ペイジのアコギがあまりにも美しすぎる。



8. ponpocorin ★★★ (2003-10-26 13:56:46)

BBC盤のあのドラマチックさ、
腰が抜けそうです。



9. ロバート。 ★★★ (2003-11-06 17:54:58)

歌詞が良い!
ロバートの声も良い。
ていうか、全部!!



10. z-zz ★★ (2003-11-23 06:44:07)

淡々として美しく、たまらないバラード。
こういう曲大好きです。




11. 夢・マグナム・ナイト ★★★ (2004-02-26 23:49:00)

忘れられがちかもしれないけれど、やっぱりこの曲は、最高ですな。
あの、ラストの終ったか、と見せかけて、また戻ってくる手法は、TESLAもある曲でやってたなぁ。
ポップで、しかもしっとりとした感動がある。最高です。




12. senasis ★★ (2004-03-05 21:06:56)

ジョンジーのハモンドオルガンが感動的に美しい。すごく耽美的で幸せな気分になれる。



13. ど~も君 ★★★ (2004-03-19 02:53:21)

美しいバラード。
LEMON SONGの後、っていう曲配置も見事ですね。
BBCのバージョンでは更にドラマティックに…



14. ハイウェイスター ★★ (2004-06-17 22:25:36)

歌メロの良さは随一なように思う。キーボード&ギターのアレンジも良い。



15. コンタクト落としちゃったんです。 ★★★ (2004-06-18 21:59:15)

実は「泣き」というのとはちょっとちがって、
性格には「涙が出る」曲です。
このキリスト教っぽい感じが最高です。
いや、ほんとにいい曲。



16. アノニマス (2004-11-21 09:43:27)

終わり方が実に良い。綺麗なバラード



17. 猿葱 ★★★ (2004-12-13 19:23:04)

ある意味異色なストレートなバラード。
と言いたいところだけど、
オルガンで引き立てられる雰囲気や
フェードアウト~フェードインってな演出もあって
ニクいZEPは健在だったりするのだ☆




18. 蛇めたる ★★ (2005-01-01 14:14:50)

美しいポップなバラード。普通のアーティストなら代表曲になるくらい、美メロ。



19. ふぁうすと ★★ (2005-03-06 16:57:31)

オルガンの雰囲気がとてもいい感じのバラード。
なんだか「ほわ~ん」て感じになれる曲です(どんな感じだw)




20. dave rodgers ★★★ (2005-05-19 12:18:01)

とっつきやすさは抜群だと思う。美しく感動的な旋律のバラード。



21. ERORIN ★★ (2005-06-23 12:02:07)

間奏のオルガンとギターが荘厳的。賛美歌みたい。



22. ロック万 ★★ (2005-08-27 13:03:41)

ちょっとⅡの方じゃ音が柔らかすぎるけど、BBC盤だと激しくなってていい!



23. T様 ★★ (2005-10-10 14:35:16)

自分もBBCの方がすきです



24. クーカイ ★★★ (2005-10-17 22:47:29)

プラントが奥さんに捧げた曲。
かれこれ20年近く前に、この曲を聴きながら
「俺も、思わずこういう曲を作って捧げたくなるような、そんな女性を妻にしてみたい」
と思ったもんだ。
だが、現実は甘くない。ふっふっふ。今の自分を省みると、大五郎でも買ってきてビールで割ってたらふく飲りたい気分になるが(注 焼酎は滅多に飲まないし、ビールで酒を割ることもしない。つまり自棄ってこと)、ともあれこの曲は神秘的な雰囲気が漂い、ただのラヴバラードとは一線を画す。
人を愛することの深遠さまで感じてしまう。
妻はどうでも良いが、子供は目茶苦茶可愛い。
これも人生の深遠な部分なのだろう。なんちゃって。




25. T様 ★★★ (2005-10-29 23:15:44)

ん~オリジナルよりもBBCのライブアルバムの方がいいですよね。



26. ぐるぐるーん ★★★ (2006-01-04 23:35:55)

Ⅱはほんとすごい。この曲なんてこの絶妙の位置だからよけい
素晴らしく思えます。



27. エンジェルフォール ★★ (2006-05-01 23:35:08)

プロコル・ハルムの名曲「青い影」ほど大胆でないにしろそれを思い起こさせるようなジョンジーのハモンドオルガンが曲の柱で、アルバム内では少々地味だがこの美しさはいい。



28. まんだむ(リニューアル) ★★ (2006-09-05 21:44:27)

12弦ギターの響きとオルガンが神秘的。
柔らかな光が満ち溢れるような印象の曲です。
言うなれば聖歌みたいですな。
情感たっぷりで切ないプラントの歌いまわしが素晴らしい。




29. J.K.O. ★★★ (2006-10-16 17:02:19)

BBCライブのラストに収録されているヴァージョンは涙なしでは聴けない程の名曲ですね。
イントロのギターで鳥肌立ちまくり、ギターソロもメロディアスで最高です。
この曲を聴いていると自然と涙が・・・。




30. Airship Of Lead ★★ (2007-05-19 21:11:31)

個人的にこのアコギのリフがかなり好きです
哀愁感が漂ったギターソロもいい



31. 殺戮の聖典 ★★★ (2008-01-15 06:58:52)

叙情的なオルガンの音色と物悲しい歌メロが秀逸なバラード。
イントロのアコギによるメロディは絶品!!
声を張り上げるでもなく歌いこむプラントの歌唱がこの曲の魅力を一層引き立てている。




32. vox ★★ (2008-12-26 14:56:39)

んー有名な曲。王道的かつツェッペリンらしい感じもして、いい。
アコギのギターソロが好きだなァ




33. o ★★ (2009-04-07 15:28:09)

BBCのライブに収録されてるヴァージョンはヤバイ。



34. ムッチー ★★ (2010-04-26 07:32:37)

包み込むオルガン、語りかけるようなヴォーカル、鳴り響くアコギ。すべてが優しさに満ち溢れている。
アコギソロも好きだし、終盤でだんだんフェードアウトしていってまたフェードインしてから終わるのもいいんだよね。
そして、"Your Time Is Gonna Come"とかでもそうだけど、こういう穏やかな曲でもボンゾは絶妙なオカズたっぷりに魅せてくれるんだよなぁ。




35. ミッチー ★★★ (2010-10-26 13:52:42)

ゼップには珍しいわかり易い名バラード



36. Zepp神奈川 ★★★ (2010-10-29 20:37:55)

ゼップには珍しいストレートな表現のバラード



37. パープリン ★★★ (2010-11-14 13:09:23)

パーシーが妻に送ったバラード。
美しい。詩も良い。



38. どん ★★★ (2011-01-06 14:20:24)

ゼップには珍しいメロディで聴かせるバラード



39. DioTheWorld ★★ (2011-07-13 12:11:00)

良い曲。
最後とか。



40. cupface ★★★ (2012-03-10 16:41:28)

ZEPはハードロックバンドではありません

フォークロックバンドです。



41. チンポリオ・フェラッチィーノ ★★ (2014-10-12 17:47:16)

「例え太陽が輝きを失っても、君を愛し続ける。」青臭いが真摯な
プラントの妻への想いが微笑ましい。ありきたりのラブソングではない
もっと深い作詞の世界への道が徐々に開かれていく先駆け的ナンバー。
彼等のアコースティック的な要素は実はサードアルバムよりも前に
この時点でほぼ完成の域に達していた。




42. kuroiyuki ★★★ (2014-12-02 23:45:35)

Your Time Is Gonna Come系列のメロウなロックバラードナンバー。
美しく優しいオルガンとアコギの音色、極めつけはロバートの優しく心がこもった歌と詩にはグッときますね。




43. はっちゃん ★★★ (2016-09-14 00:30:49)

荘厳なムードの中、パーシーのエモーションが炸裂する名曲。
ペイジ先生はエレキの時よりアコギの時の方が丁寧で繊細なプレイをする。
「綺麗」とかそんな形容詞では到底表現しきれないナンバー。




44. 名無し ★★ (2017-02-18 19:14:27)

宝石のように美しい曲だと思います。
一般の方でZEPのこういう一面を知ってる人は少ないと思います



45. 帰ってきたクーカイ (2017-04-29 23:44:56)

 どこか切なくて、そこはかとなく明るい好きなタイプの曲で鉄板なのがあったな、と思い書き込もうとしたら、11年前の自分がすでに書いてましたね(24番の発言)。
 う~ん。多分夫婦喧嘩した後にでも書き込んだのだろう。しかも酔っぱらっていたのかもしれない。随分な内容です。

 子供は末っ子を除いてすでに「可愛いね」という齢ではなくなり、「君たち、しっかり勉強してよ」という感じ。
 妻とはあまり喧嘩をしなくなりましたね。人間諦めがつくと何かを悟ります。

 ともあれこの曲は素晴らしい(と、今でも思う)。
 高校の頃から好きだったな。繰り返し聴いていました。歌詞の内容で、というのではなく、メロディが大好きだったんだよね。
 こういう、フォーキーな曲はこのバンドの十八番で、こっち方面の引き出しはたくさんある。時に神秘的だったり、時に浮遊感を伴ったり。
 必殺のギターリフによるハードロックだけじゃなく、様々な風合いの名曲をものにしたこのバンドの楽曲中でも、上位に入る名曲だと個人的には思います。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示