この曲を聴け!
最近の発言
Breathless / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Solitaire / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Starcage / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Religion / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Loud Hailer / JEFF BECK (名無し)
The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
It’s a Feeling / Toto IV / TOTO (名無し)
Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Open Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Weight / Music From Big Pink / THE BAND (MK-OVERDRIVE)
Midnight Sun / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
True Colors / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Last to Know / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
My Life Has Been Saved / Made in Heaven / QUEEN (名無し)
Eye to Eye / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Heat Goes On / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Never in a Million Years / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Born to Be Wild / Steppenwolf / STEPPENWOLF (MK-OVERDRIVE)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
We Will Rock You / News of the World / QUEEN (名無し)
Father to Son / Queen II / QUEEN (名無し)
NICKELBACK (名無し)
Headshrinker / The Masterplan / OASIS (名無し)
While My Guitar Gently Weeps / The Beatles / THE BEATLES (名無し)
CHUCK BERRY (名無し)
Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Ogre Battle / Queen II / QUEEN (名無し)
Cloudbusting / Hounds of Love / KATE BUSH (名無し)
We Are the Champions / News of the World / QUEEN (名無し)
Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
G-Force / G-FORCE (失恋船長)
Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
BRUCE SPRINGSTEEN (名無し)
Smokin' / Boston / BOSTON (火薬バカ一代)
A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON (火薬バカ一代)
Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Don't Be Afraid / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Used to Bad News / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
It's Easy / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
The Journey / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA (ハルディン)
Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Let Me Take You Home Tonight / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Something About You / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Into the Dark / Box of Frogs / BOX OF FROGS (名無し)
The Edge / Box of Frogs / BOX OF FROGS (名無し)
Hitch a Ride / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Smokin' / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Rock & Roll Band / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
ASIA (MK-OVERDRIVE)
Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Here Comes the Feeling / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Under Pressure / Hot Space / QUEEN (枯林)
Cutting It Fine / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Without You / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Wildest Dreams / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Time Again / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE (Major Tom)
One Step Closer / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Go / Astra / ASIA (名無し)
Thorn Tree in the Garden / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS (名無し)
Rock and Roll Dream / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Go / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Hard on Me / Astra / ASIA (ANBICION 11)
After the War / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
We Want War / Hidden / THESE NEW PURITANS (極太うどん野郎)
It Ain't Nothin' to Me / Southern Accents / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS (帰ってきたクーカイ)
Mantra / STYX (帰ってきたクーカイ)
The Last to Know / Alpha / ASIA (ANBICION 11)
Midnight Sun / Alpha / ASIA (ANBICION 11)
What Do You Want From Me / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Alpha / ASIA (ANBICION 11)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
Don't Cry / Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
JOHN WETTON (名無し)
Alpha / ASIA (名無し)
ASIA (GC8改)
Fountain of Sorrow / Late for the Sky / JACKSON BROWNE (名無し)
Play in Time / Benefit / JETHRO TULL (名無し)
Wond'ring Aloud / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)
Ladies / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Requiem / Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL (名無し)
Big Dipper / Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL (名無し)
Ring Out, Solstice Bells / Songs From the Wood / JETHRO TULL (名無し)
Moths / Heavy Horses / JETHRO TULL (名無し)
Something's on the Move / Stormwatch / JETHRO TULL (名無し)
Killer Queen / Sheer Heart Attack / QUEEN (名無し)
Mustapha / Jazz / QUEEN (名無し)
Slow an' Easy / Slide It In / WHITESNAKE (スラッシャー一佐)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Animals / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Side of a Bullet / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Photograph / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Someday / The Long Road / NICKELBACK (アクセルブルー)
Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (うにぶ)
Imagine / Imagine / JOHN LENNON (うにぶ)
Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
The Word / Rubber Soul / THE BEATLES (N男)
You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES (N男)
TOTO (名無し)
Little Child / With The Beatles / THE BEATLES (N男)
The End(Edit Version from the Film Apocalypse Now) / The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
Light My Fire / The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
Tattoo / RORY GALLAGHER (名無し)
Material Girl / Like a Virgin / MADONNA (middlefinger is the flag that...)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA (N男)
Wildest Dreams / Asia / ASIA (N男)
My Fairy King / Queen / QUEEN (名無し)
Castles Made of Sand / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience (名無し)
Remington Ride / O.K. Ken? / CHICKEN SHACK (herewaskillroy)
Love Is a Rock / The Earth, a Small Man, His Dog and a Chicken / REO SPEEDWAGON (N男)
One Too Many Girlfriends / Life as We Know It / REO SPEEDWAGON (N男)
Stillness of the Night / Good Trouble / REO SPEEDWAGON (N男)
Ridin' the Storm Out / Ridin' the Storm Out / REO SPEEDWAGON (N男)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (kuroiyuki)
Waiting in the Weeds / Long Road Out of Eden / EAGLES (名無し)
Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
A Night at the Odeon / QUEEN (怒号)
Live at the Rainbow '74 / QUEEN (怒号)
Star Cycle / There & Back / JEFF BECK (名無し)
The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS (野獣)
Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Golden Country / T.W.O. / REO SPEEDWAGON (名無し)
A Secret Love / Hydra / TOTO (Rockmaker)
Running Out of Time / Toto XIV / TOTO (名無し)
K / KULA SHAKER (うにぶ)
The Stone Roses / THE STONE ROSES (うにぶ)
Supernatural / SANTANA (うにぶ)
Some Girls / THE ROLLING STONES (うにぶ)
Cold War / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Glad / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (名無し)
Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES (名無し)
Solid Gold Easy Action / Great Hits / T-REX (名無し)
The Groover / 20th Century Boy / T-REX (名無し)
20th Century Boy / 20th Century Boy / T-REX (名無し)
Teenage Dream / Light Of Love / T-REX (名無し)
Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD (名無し)
Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (名無し)
Out on the Highway / Strangefolk / KULA SHAKER (名無し)
Long as I Can See the Light / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (名無し)
Darkness on the Edge of Town / Darkness on the Edge of Town / BRUCE SPRINGSTEEN (名無し)
More Than a Feeling / Boston / BOSTON (名無し)
The Horizontal Bop / Against the Wind / BOB SEGER (名無し)
Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER (名無し)
Imaginary Lover / Champagne Jam / ATLANTA RHYTHM SECTION (名無し)
Waterloo / Waterloo / ABBA (名無し)
Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI (N男)
Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI (N男)
Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE (名無し)
Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
School / Crime of the Century / SUPERTRAMP (名無し)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Toto XIV / TOTO (名無し)
Fahrenheit / TOTO (名無し)
She Cares / Paradise Theatre / STYX (N男)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Heat / Under Wraps / JETHRO TULL (名無し)
Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX (N男)
Caught in the Game / Caught in the Game / SURVIVOR (名無し)
What Has Come Between Us / Styx / STYX (N男)
My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN (名無し)
Pamela / The Seventh One / TOTO (名無し)
E.L.O. (名無し)
Hi Infidelity / REO SPEEDWAGON (名無し)
Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN (名無し)
SRXT / A Weekend in the City / BLOC PARTY (名無し)
Roll With Me / Captured Live! / JOHNNY WINTER (名無し)
Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS (N男)
Burn It to the Ground / Dark Horse / NICKELBACK (アクセルブルー)
NICKELBACK (アクセルブルー)
Boston / BOSTON (蔵人)
Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS (N男)
The Prelude Implicit / KANSAS (帰ってきたクーカイ)
The Sensual World / KATE BUSH (うにぶ)
The Dreaming / KATE BUSH (うにぶ)
Long Away / A Day at the Races / QUEEN (ヤング兄弟)
SILVER CONDOR (MK-OVERDRIVE)
You Could Take My Heart Away / Siver Condor / SILVER CONDOR (MK-OVERDRIVE)
Synchronicity / THE POLICE (うにぶ)
DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Best of / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Dreamer's Ball / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Breathless / Paris / PARIS

 リフが重いんだけどキャッチーという、「昔のバンドはこういう曲書いたんだよなぁ」と思わず目を細めてしまいそうになる曲。
 キャッチーなヘヴィブルーズというか奇妙な魅力にはちょっと抗し難い。う~む、と黙って聴いてしまう。
 このバンドの懐の深さを感じさせますね。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:13:07)


Solitaire / Paris / PARIS

 曲そのものはブルージーとも言えるのかもしれないのだけれど、歌メロが妙にキャッチーで後を引く曲。耳に残るんだよね。
 歌い始めのメロディが最もキャッチーで、そこでグイと聴き手の心をつかんでしまうというのはビートルズみたい。
 収録曲中最もポップなような気もするが、やはり中盤の展開はきちんとロックしていて好きだ。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:10:10)


Starcage / Paris / PARIS

 アレンジがインダストリアルっぽい一曲。あくまで「ぽい」という以上のものではないのだが、当時としては斬新だったのではないかと思うし、今聴いても時代を超越した格好良さがあると思う。
 人によっては「そうかな?」と思われるかもしれないが、私にはなんだか打ち込みっぽく聴こえる(もちろんマシンでもプログラムでもないのだと思われるが)ドラムに、ベースと音を加工したキーボードの反復メロディ(だと思うんだが)が絡み、ちょっと格好良く思える。隙間を埋めるように(あるいは楔を打ち込むように)鳴らされるギターがまたシブいし。

 ちょっと毛色の変わった名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:05:33)


Religion / Paris / PARIS

 なんとなくリフや唄い出しがレッド・ツェッペリンの「Black Dog」に似ている。だが、”似ているから良い”のではなく、そんなことには関係なく良い曲のように思う。
 スペーシーなアレンジがなされているが、サイケっぽいとも言えるかもしれない。ほっておくと3人で延々とジャムっていそうな雰囲気も漂ってくる終盤あたりも美味しい。
 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 16:57:46)


Paris / PARIS

 PARISはフリートウッド・マックのギタリストであったロバート・ウェルチ(G.,Vo.ボブ・ウェルチ)が元ジェスロ・タルのグレン・コーニック(B,Key)、元ナッズのトム・ムーニー(Dr)と組んだトリオバンドである。
 本作は1976年1月にリリースされたデヴューアルバム。
 バンド自体は短命で、商業的な成功からもほど遠かったらしい。本作もチャートの最高位が103位という成績だったとか。日本では渋谷陽一氏がレッド・ツェッペリンに似ているということでプッシュし、そこそこ売れたらしい。

 私がこのバンドを知ったのは’80年代前半から中頃のことで、例によってFMラジオをエアチェックしている中で出会った。やっぱり”渋谷陽一氏がどうのこうの”とアナウンスされていたか、渋谷陽一氏本人がDJをつとめた番組であった可能性もある。4(5?)曲ほど(2曲目の「Religion」、3曲目の「Starcage」、7曲目の「Solitaire」、8曲目の「Breathless」は確実に、そしてもしかすると5曲目の「Nazarene」もそうだったかもしれない)オンエアされ、それを録音して聴いていた。
 当時はまだレッド・ツェッペリンを聴いていなかったので、似ていると言われても「ふ~ん。そうなんだ」という感じであったのだが、今聴くと随分似ている曲が確かにある(2曲目の「Religion」とか)。だが、それだけがこのバンドの特長ではなく、曲は全般的にスペーシーな雰囲気を多少なりとも纏い、不思議な浮遊感を感じさせる。また曲によっては後のインダストリアル・ミュージックに通ずるようなもの(「Starcage」)もあり、当時としてはかなり斬新だ。かと思うとヘヴィブルーズ調の曲(「Breathless」)も収録されており、アルバムの内容はヴァラエティに富む。

 エアチェックのテープは度々引っ越ししているうちにどこかにいってしまったのだが、PARISの音楽はたまに思い出され、気が向くと輸入盤や中古盤でないか探していた。
 すると先日のこと、2013年に発売されていたデジタル・リマスタリングされたSHM-CD仕様の再発盤を発見した。これは嬉しかった。思いもかけない時に意外な人から突然贈り物を貰ったような気分だ。
 久しぶりに(しかも良い音で)聴くと、やっぱり良い。曲は基本ハードで、歌メロもキャッチー。ブリティッシュの匂いもプンプンするし、大好きな音である。
 再発してくれたレコード会社には感謝したい。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 16:49:57)


THE J. GEILS BAND

4月11日J. GEILS氏永眠、享年71。バンドは半世紀近くに及ぶ歴史を閉じた。
同い年のフロントマンPETER WOLFの方は健在のようだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-19 19:48:57)


Loud Hailer / JEFF BECK


この歳になってもいまだに進化を続けるとんでもない人。
別に誰も聴いたことのない音楽を新たに生み出したわけじゃないけど、またこれまでと違ったことをやってみようという意欲を、これだけキャリアを積んでもまだ持てるということに脱帽する。

ジェフの硬質なギターと対照的なねばっこいヴォーカルがいいコントラストを出してる。

インストのイメージが強いギタリストでも、ロックギターのキモをよく理解してる人のギターは歌モノにもよく合う。サトリアーニ然り、ヴィニー・ムーア然り。

名無し ★★★ (2017-04-16 20:11:40)


The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS


創作意欲のカタマリ、ジョンを失った穴は予想をはるかに超えて大きくて、その結果前作は超薄味になってしまい、さて本作ではどうなるか、と思っていた。しかし元々気心の知れたジョシュとともに模索した結果、どうやら次に進むべき道を見つけたような気配を感じられる作品に仕上がったように思います。

名無し ★★★ (2017-04-16 19:58:44)


It’s a Feeling / Toto IV / TOTO
改めて聞くと、超かっこいいと思うんですが。。。

名無し ★★★ (2017-04-16 14:37:51)


Alpha / ASIA

83年7月、個人的にあまり思い出したくない時期にリリースされたこともあり、1.を聴き込んだだけでオーディオラックの肥しと化していたアルバム。久しぶりに聴き通してみたら2.以降の楽曲においても全体的にポップとプログレのバランスが向上している。前作で巻き起こしたブームも一段落して良い意味で落ち着いてきた結果だろう。それはチャートのランクにも表れており、全米では前作よりダウンしたのに全英では逆に上げてきた。自分の中でASIAは残念ながら1stと本作の2作だけで終わってしまうのだが、それで十分だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-14 08:02:17)


Open Your Eyes / Alpha / ASIA
メロディは6.に似ているが、こちらは歌詞の通り前向きなバラードで好感が持てる。ただ、やっぱエンディングはマイナー調の曲ではなく4.か7.辺りを持ってきたかったね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-13 08:09:26)


The Weight / Music From Big Pink / THE BAND
歌詞がどうのと言うのなら、R.ROBERTSONが書いた曲をL.HELMがよく意味がわからないまま歌ったというのが実態。重要なのはサビのフレーズだけ、だからこそThe Weight なのである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-12 19:43:11)


Midnight Sun / Alpha / ASIA
夜中に足元を照らす太陽と言うだけで幻想的ではないか。同時に霧が晴れたような爽やかさも感じさせる、意外性に富んだ名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-12 08:07:09)


True Colors / Alpha / ASIA
個人的に3年後大ヒットしたCYNDI LAUPERの同名異曲の方が馴染み深いもので…。もちろんASIAのも悪くないけど、後ろ向きな内容だよね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-11 08:02:05)


The Last to Know / Alpha / ASIA
美しいバラードに乗せて歌われる歌詞は、彼女の浮気を責め倦ねて苦悩する男の立場だ。"時の旅人"なる邦題は曲調から勝手に付けられたものだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-10 08:11:11)


My Life Has Been Saved / Made in Heaven / QUEEN
素晴らしい曲で、いつ聞いても泣いてしまいます。ジョンの曲が大好き!

名無し ★★★ (2017-04-09 22:54:07)


Eye to Eye / Alpha / ASIA
10.と同様eye(s)が付くAメロが特徴的なハードポップテューン。こっちは"目を合わせない"という歌詞らしく何かチグハグしてるね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-09 08:02:09)


The Heat Goes On / Alpha / ASIA
Heat of the Momentの続編みたいなカッコいいタイトルだけで名曲決定! もちろん曲自体もグローバルなキャッチーさを備えたプログレハードのお手本で、マイナー調も気にならない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-08 07:55:17)


My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA
経緯は寂しいけどようやく自分の時間が持てて思い通りにやれる現在を歌う曲。忙しい人やガチメタラーには良さが分からないかも知れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-07 08:07:16)


Never in a Million Years / Alpha / ASIA
日本人好みとも言えるキャッチーな曲。GRASS ROOTSのI'd Wait A MIillion Yearsにしても、100万年を歌う曲はなぜかマイナー調メロだったりする。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-06 08:05:30)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
最強の2曲目、最強の本作2ndシングル。微笑みが消え去った瞳を前にしてこの爽やかさは何なんだ?と思いきや、変幻自在のメロディパターンが戸惑いを表現している。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-05 08:02:09)


Born to Be Wild / Steppenwolf / STEPPENWOLF
楽曲としては完全にHRであり歌詞にheavy metal まで登場する。1968年の初めに全米2位、全英でも30位まで上昇した彼ら最大のヒット曲だ。カッコいいね!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-03-31 19:52:21)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
さすがとしか言い様がない!

名無し ★★★ (2017-03-29 11:23:58)


We Will Rock You / News of the World / QUEEN
ライブ映像でこの曲を観客も巻き込んで皆で歌っているのを見ると、入れて‼って思う笑

名無し ★★★ (2017-03-27 14:12:14)


Father to Son / Queen II / QUEEN
クイーンで一二を争うくらい好き。個人的にはマーチ~より好きかな。

名無し ★★★ (2017-03-26 10:44:07)


NICKELBACK


売れてる割に超過小評価されてると思う。

名無し ★★★ (2017-03-22 22:16:54)


Headshrinker / The Masterplan / OASIS
ロックなリフが印象的な曲です

名無し ★★★ (2017-03-22 15:08:27)


While My Guitar Gently Weeps / The Beatles / THE BEATLES
『Love』のアレンジが好き。

名無し (2017-03-20 23:26:13)


CHUCK BERRY


ロック界のレジェンド達が次々とこの世を旅立っていっても、ロックンロールを作った張本人はまだまだ健在だぜ!と言えた日々も、ついに終わりを迎えてしまった。
この世界にロックンロールを生み出してくれてありがとう。

名無し ★★★ (2017-03-19 22:34:11)


Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN
もはや、ハードロック、オペラなど既存のジャンルに留まらない、Bohemian rhapsody、ひいてはQueenというひとつのジャンルとして成立している感じがします

名無し ★★★ (2017-03-18 22:58:02)


Ogre Battle / Queen II / QUEEN
思いっきり歌ったときの気持ち良さですね‼

名無し ★★★ (2017-03-17 19:42:57)


Cloudbusting / Hounds of Love / KATE BUSH
素晴らしい。ただその一言。
ポップの傑作。

名無し ★★★ (2017-03-14 14:00:31)


We Are the Champions / News of the World / QUEEN
YouTubeにのってるアカペラverで聴くと更に鳥肌ですね

名無し ★★★ (2017-03-13 16:34:53)


Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN
英語の授業のリスニング練習の一環として聞いて、
一目惚れならぬ一耳惚れした今までで唯一の曲です
何度聞いても興奮してしまう
フレディ存命時はまだ生まれてなかったのが残念です
リアルタイムで聞けた方羨ましい‼
もっと早く生まれていれば…

名無し ★★★ (2017-03-12 17:08:49)


G-Force / G-FORCE

結成当初はB.Voでグレン・ヒューズが参加していた事で知られる短命に終わったゲイリー・ムーアのプロジェクトバンド。後にグレンに、俺の歌い方を模倣しているんだよと言われるゲイリーだが、ギタリストのみならず、シンガーとしての実力も上がり、随分と骨太な印象を受ける一枚、勿論、ポップでキャッチーな面を残してい入るが、THIN LIZZY時代にも通ずる大人のダンディズムさと、ハードなエモーションが哀愁を纏い掻き鳴らされるクレイジーギターぶりに悶絶、歯切れの良いリフが映えるポップな①から②の流れは今聴いてもゾクゾクとさせられる流れの良さも手伝い、最後まで飽きさせる事無く聴かせるコンパクトさが好きですね。表現力の高いギターばかりに耳が行きがちなゲイリーのアルバムだが、今作は適度なコマーシャル性が高いラインで設定されおり、フックに富んだ歌メロは聴きやすさを誘発、実にバランスに気を配した作りになっています。こうして改めて聴くとゲイリー・ムーアって優れたコンポーザーだったんだなぁと思い知らされますね。良い曲ありきソロだもんね。レゲエ風の③も違和感無いっす。流石だなぁ。

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 16:03:07)


Back on the Streets / GARY MOORE

THIN LIZZYのカヴァーもあったり、フィル・ライノットがB.Voのみならず作曲面でも深く関わっているゲイリー・ムーアのソロ作第一弾。全般的にポップーでキャッチーな陽性面が強く前に出てはいるが、十八番とも言える泣きのギターが堪能できるバラードもありと、広くバランスの取れた一枚として知られていますね。ギタリストとしての弾けっぷりも、この時点で確立されているのも面白く、ハードなリフワークと哀愁のメロディ、そこに濃厚に絡みつくエモーショナルは響き、ゲイリー渾身の一撃は多くのギタリストを魅了する事となったでしょう。またラストに収録される⑧はジェフ・ベックの『哀しみの恋人達』と共に、ギタリストの入門曲として広く知れ渡っていますかね。

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:43:10)


Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE
ゲイリーとフィル・ライノットの共作によるムーディーな一曲
ゲイリーのチョーキング一発の泣きのギターを堪能できますね
この曲は使い方を間違えると完全に
つのだひろがメリージェーンと歌いだしそうだし
場末のスナックのチークタイムである
昭和カラオケ喫茶である
その辺りが若い人には進めづらい要因かもですね
羽生君の時はハズかったわ
この曲はジェフ・ベックのCause We've Ended As Loversと双璧をなす
ギタリスト達の登竜門としても知られた名曲ですよ

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:30:15)


BRUCE SPRINGSTEEN


thunder roadがないですね。これは自信をもって言えます。bruce springsteenの中で一番の名曲。

名無し(2017-03-02 19:20:57)


Smokin' / Boston / BOSTON
“A Man I'll Never Be”がBOSTON屈指の名バラードなら
こちらはBOSTON屈指のロック・チューン。
ゴキゲンに弾む曲調と、一緒に叫びたくなるシンプルなコーラスに
体が勝手にタテノリを始めます。
そして本曲の肝たるハモンド・オルガン!
プログレ風味のドラマ性と緊迫感を煽る
縦横無尽の仕事っぷりに拍手喝采ですよ。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-27 23:06:00)


A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON
イントロはVoとピアノだけ。歌うGのメロディアスな切り込みと、
ブラッド・デルプの伸びやかな熱唱、ハモンド・オルガンの絶妙な
援護射撃による涙ちょちょ切れる終盤の劇的な盛り上げを経て、
再びVoとピアノによるエピローグで静かに締め括られる曲展開は
まるで名作映画の脚本を読むかの如き、起承転結の決まりっぷり。
猛烈にノスタルジーを喚起する、感傷的な哀メロ大盤振る舞いの
名バラードです。卒業式シーズンにはピッタリか?

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-26 21:59:24)


Don't Look Back / BOSTON

私ごとで恐縮だが、リリースが進学のため上京した年の夏ということもあり、別に故郷を捨てた訳ではないけど新しい環境で暮らす当時の心境と被った思い出の1枚である。また、自分が今でもテクノや小室某みたいなコンピューター音楽が嫌いなのはBOSTON、特に本作の影響が大きいと思われる。
本当に目覚まし代わりに聴いてたほど、1.のブッ飛び具合があの時の自分にとって新鮮だった。一番人気の4.はリアルタイムでは何かクラいなぁと思ってて、今でもその印象は変わらないなりに良さが分かったつもりでいる。アコースティックなアレンジが目立った1stに比べて静と動のメリハリがついたのはやはり進化と捉えるべきだろう。
後半はミディアムテンポのハードポップが続く割にテンションが明らかに下がる。とは言えアメリカンなりのメロディ重視である点は一貫して維持しているから最後まですんなり聴き通せる。たったの8曲・34分、中身は濃い。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-25 06:37:06)


Don't Be Afraid / Don't Look Back / BOSTON
BOSTONなのにウェストコーストが似合いそうな歌メロ、サザンロック風のG.ソロ。好きだけど欲張り過ぎた感のあるエンディングテューンだね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-25 06:07:05)


Used to Bad News / Don't Look Back / BOSTON
B.DELP一人というクレジットからSCHOLZとは違う彼の作曲センスが窺える1曲だ。現実のbad newsから今年(2017年)3月で早や10年…。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-24 08:14:01)


Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON
本作は静と動のバランスが非常に良い。感動的な名バラード4.の前後をひたすらポジティヴな曲で固める最強の布陣だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-24 08:04:23)


It's Easy / Don't Look Back / BOSTON
新たな体験もゲームだと言い切ってしまう楽観的な歌詞もイイね。本作中のミディアムテンポで躍動する曲の中でも1.とコレは秀逸の出来だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-23 07:58:07)


The Journey / Don't Look Back / BOSTON
1.とも3.とも切れ目無しで繋がる1分49秒のインスト。はるばる来ぬる旅への感慨と間近に見る新惑星への衝撃的な感動が表現されていて侮れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-22 08:10:54)


Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA
シンフォ度はかなり控えめで荒々しくヘヴィなGサウンドが中心だが、純粋にかっこいい。ヒラヒラと舞うようなオーボエのか細い音色が何だか癖になる。

ハルディン ★★ (2017-02-21 18:45:35)


Boston / BOSTON

More Than a Feeling…曲レビューでも述べたが、同じ1976年でもEAGLESのHotel Californiaより早い夏頃にリリースされ、当時スネっかじりだったガキんちょのハートを鷲掴みにした曲である。もっとも自分の場合は最初この曲しか知らず、英単語の記憶力では敵わなかった同級生から"アルバム全部いい曲だよ!"と言われてようやく聴き通した。
奴は正しかった。基本は70sアメリカンロックであり初期EAGLESのようなカントリーテイストまで混じっているけど音が違うよ音が。そしてどこまでもクリーンなDELPの歌声。ホテカルといいDEBBIE BOONEのYou Light Up My Lifeといい比較的ネクラな曲が目立った76~77年にあって、1.ひいては本作こそが一縷の光明だったと言っても過言ではなかろう。
当時盤のライナーノーツにある通り、エレクトロニクスを駆使しての奥行き深いサウンド作りという新しい要素をもって登場したBOSTON。以来40余年、本作は売れに売れて今やダイヤモンドディスク認定だとか。もう十分元は取ったよねSCHOLZさん。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-21 10:40:47)


Let Me Take You Home Tonight / Boston / BOSTON
Tonightどころか朝でも昼間でも似合いそうなエンディングテューンは再び70sど真ん中のカントリーロックだ。本サイトで評価が低いのはHRではないからだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-21 09:57:34)


Something About You / Boston / BOSTON
哀愁のイントロから一転メジャー調でグイグイ進むメロディアスロック。朗々と弾けるDELPの声が心地良い。I got to got to have you!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-20 08:06:20)


Into the Dark / Box of Frogs / BOX OF FROGS
ちょっとレゲエっぽいけどサウンドが渋すぎてレゲエっぽい感じは半減しています(笑)。
それにしてもジョン フィドラーって人も下手うまボーカリストの中でも気になる存在です。

名無し(2017-02-19 16:39:16)


The Edge / Box of Frogs / BOX OF FROGS
アナログA面最後の曲ですね。
ひたすら渋い演奏にこれまたひたすら渋いジョン フィドラーのボーカル、そして客演のロリー ギャラガーの渋いスライドギターとくれば、もうオジサンは興奮するしかないでしょう。

名無し ★★ (2017-02-19 16:34:17)


Hitch a Ride / Boston / BOSTON
プログレ風味のBOSTON流カントリーロック。当時のそれを代表したEAGLESや後年のNELSONよりも、この1曲に関しては上を行ってるかも。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-19 10:28:42)


Smokin' / Boston / BOSTON
前曲よりこっちの方がロックンロールしていて、更にプログレ風味のオルガンが加わるのだから無敵。BOSTON流パーティソングの決定版だと思う。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-19 05:33:42)


Rock & Roll Band / Boston / BOSTON
ロックンロールである。但し革ジャンではなく紺ブレを着て演ってる雰囲気がある。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-18 07:59:43)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
アコースティックなイントロ、メジャー調の歌メロにマイナー調のG.ソロ&アウトロと至ってまともなロック。前曲との落差は否めないが、これが心の安寧なのだと納得しよう。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-17 08:13:06)


ASIA

本サイトの掲示板で歌えるベーシストを賛美したことがあったっけ。
GLENN HUGHESとJACK BLADESの名前を出したと思うが大事な人を忘れてたよ。
JOHN WETTON! 彼もまた尊敬に値するベーシストだった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-17 07:59:51)


Asia / ASIA

当時同好の士がしきりにイチ押ししていて、個人的には82年の春を呼んだ1枚だね。おかげでHeat of the Momentのレビューでも言った通り、自分の他に若干1名、プログレやHRなんぞ縁もゆかりもない奴までどっぷりハマってた。
で、よ~く聴き込んでみるとシングル1.2.3.はあくまでも挨拶代わりであって、彼らがプログレ職人の本領を発揮するのは非シングル曲、特にアナログ時代のB面つまり6.以降だということがわかる。手法はやや異なるが日本のTULIPも初期にはシングル曲とアルバム曲を分けていたことを思い出した。
基本はプログレでありながらも本作は人間臭く親しみやすい。覚束なさの中にも深み暖かみのあるJ.WETTONの歌唱、テクは確かなんだろうけど曲によっては段々テンポアップしてしまうC.Palmerのドラミング、ツボを押さえたG.にキラキラKey.と全てが聴き所だ。コレでヒットしない訳がないよ~。
改めてJOHN WETTONにR.I.P.、そして本作と共にあれから35年後の春を迎えるとしようかな。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-16 20:59:53)


Here Comes the Feeling / Asia / ASIA
4.7.と同様J.WETTON-S.HOWEの共作による本作最長のエンディングテューン。"ときめきの面影"との再開を喜ぶ歌詞で、終わり良ければすべて良し。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-16 08:05:13)


Under Pressure / Hot Space / QUEEN
遊び心あるのに哀愁を感じさせるユニークな曲です。展開も見事と言う他無い構成。カラオケで歌うとリロレロの部分がなく、回りに私が即興で追加してるのではと思われて少し恥ずかしかったり。フレディの相方は亡くなられたでデヴィッド・ボウイで、全然違う声質が面白いコントラストになっております。

ただ…

最近ガンズのライブ観に行って、細いアクセルが懐かしくなり追悼コンサートのBlu-rayを久しぶり鑑賞。その流れでWembley公演のBlu-rayも見た。

するとやはり私はこの曲はフレディ一人で歌ってるライブバージョンの方が圧倒的に好きと気付かされます。多少一人では再現しきれない箇所があるのも事実ですが、「一人で頑張ってる」感が好きなんですよね。

枯林 ★★★ (2017-02-15 12:31:00)


Cutting It Fine / Asia / ASIA
ジェットコースター的な歌メロと演奏によりギリギリ切り詰めたと言うより張り詰めた前半と、邦題"流れのままに"の如く締めくくる後半の落差が楽しめる大曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-15 07:57:48)


Without You / Asia / ASIA
基本的にマイナー調や同じ歌メロの繰り返しが嫌いな自分でも、この曲には引き込まれ耳に残る。知る限りの同名異曲にも引けを取らない名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-14 09:58:49)


Wildest Dreams / Asia / ASIA
3.と似たAメロで始まり本家プログレらしい怒涛の展開を見せる"この夢の果てまで"。野望…と歌う肝心のサビがダレる気がするので減点。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-14 09:37:28)


Time Again / Asia / ASIA
Timeが単数だけどtime and (time) againと同義で"(悪いことが)繰り返し何度も"と歌っている曲。しかしこんなにカッコいいプログレ・ハードなら何度でも聴きたくなるよね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-13 08:04:01)


Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE
ジャズ・クロスオーヴァー風味のインストチューン。
ギターもさることながら、サイモン・フィリップスのDrumsが素晴らしい。
この曲を気に入った若い方は、COLOSSEUMⅡも是非聞いてみて欲しい。

Major Tom ★★ (2017-02-12 23:24:30)


One Step Closer / Asia / ASIA
ドラマティックな前3曲からの流れで聞くと微妙だが、単体では解放感のある佳曲だ。プログレからポップへ更に一歩擦り寄った感じ?

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-12 09:12:24)


Go / Astra / ASIA
亡くなられ悲しい…
Goカッコイイ!
マンディーメイヤーも良いね!

名無し ★★★ (2017-02-10 16:50:26)


Thorn Tree in the Garden / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS
ずっとこの曲のボーカルはクラプトンだと思ってたんですが、実はキーボードのウィットロックだと知ってびっくり(笑)
クラプトン、オールマン以外のメンバーにも見どころありか...?
ゆったりしてて大好きな曲です。

名無し ★★★ (2017-02-09 21:55:40)


Rock and Roll Dream / Astra / ASIA
生オーケストラも起用した壮大なシンフォニックロック。基本的に素晴らしい曲だが、サビを繰り返してそのままfade-outという流れが個人的にはWettonの悪癖に感じる。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 18:06:49)


Go / Astra / ASIA
前2作の1曲目と比べて少し弱いのは否めないが、クラシカルなkeyは相変わらず素晴しい冴えを見せる。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 17:57:42)


Hard on Me / Astra / ASIA
ASTRAでは一番好きな曲。半ば辺りの優美な展開には痺れた。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-08 00:09:44)


After the War / Astra / ASIA
大仰なラストナンバーで、すこしELPっぽい感じがする。Carlのドラムも一段と気合が入っている印象。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 00:07:26)


Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN
この曲、3曲位に分けてリリースすればよかったのに…
なんてのは、僕みたいな凡人のくだらない考えであって、天才の頭の中ではこれが完成形!
まっっったく、非の打ち所のない、超名曲です。
人生観、変わる可能性のある一生頭の中から離れない曲です。
フレディの歌唱力、コーラスの素晴らしさ、ブライアンの絶妙、完璧なギターソロ…

ヤバい!!!

名無し (2017-02-07 19:12:08)


We Want War / Hidden / THESE NEW PURITANS
00年代の怪物が産み出した異形のロックオーケストラ。
並々ならぬ焦燥感、緊張感、躍動感。
音楽の新たな地平を切り拓く一曲。

極太うどん野郎 ★★★ (2017-02-06 22:10:04)


It Ain't Nothin' to Me / Southern Accents / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS
 所々で入るホーンも格好良い、ちょっとアップテンポな一曲。ライヴ・ヴァージョンもイケてる。
 斜に構えた歌詞もイカす。

 俺達は人類を月に立たせた(俺にとっちゃあ、そんなことどうでもいい)
 いずれもっと送る(俺にとっちゃあ、そんなことどうでもいい)
 金歯のニューギニア原住民
 おまえは気にするかもしれないが
 俺にとっちゃあ、そんなことどうでもいい

 だけどおまえが踊る時、俺はすぐに付き合う
 そうさ、おまえが踊るなら、俺は問答無用で付き合うぜ

 笑顔の政治家たち
 リッチなミュージシャンの曲
 東京に長距離電話をかけたら、女王がお茶しに来た
 おまえには意味のあることかもしれないが
 俺にとっちゃあ、そんなことどうでもいい

 俺の脚にまとわりつく犬
 俺は卵の上を歩いている
 後ろ向きに歩いている宣教師たち
 彼らは触れると流血する
 おまえは気にするかもしれないが
 俺にとっちゃあ、そんなことどうでもいい

 だけどおまえが踊る時、俺はすぐに付き合う
 そうさ、おまえが踊るなら、俺は問答無用で付き合うぜ


 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-02-06 21:40:48)


Mantra / STYX

 Great American Broadcast Companyから2015年にリリースされた。
 内容はシカゴのラジオ局であるWKQXが放送した、1977年9月22日のマントラスタジオでのライヴ。

 ①The Grand Illusion
 ②Lorelei
 ③Mademoiselle
 ④Fooling Yourself(The Angry Young Man)
 ⑤Suite Madame Blue
 ⑥Light Up
 ⑦Come Sail Away
 ⑧Lady
 ⑨Midnight Ride
 ⑩Miss America

 以上10曲を収録。
 内容的には本音を吐くと星を二つ付けたいところなのだが、音があまり良くない。
 ライヴ盤は音質が悪いと聴く気が失せるので、購入にあたっては注意を要する。本作も'77年の録音が21世紀になって出てくることが、“お宝発掘”なのか“Styx好きな奴が買うだろ。出しちゃえ”なのかは微妙なところ。
 だが、個人的見解を申せば、私はStyxのファンなので多少の音の悪さは目をつぶる。
 ステレオ録音なのに全体的に右に偏移して聴こえることとか、ベースとドラムの音がこもっており音量も小さいこととか、所々録音の保存状態が悪かったのか音がよれていることとか、瑕疵を挙げだすときりがない。だが、“まぁ雰囲気だろ”と聴いてしまう。
 ぶっちゃけ、他のバンドだがもっと音が悪いライヴ盤もっているし。好きなバンドだとなんだかんだ良い所を見つけて聴いてしまう。

 皆、声が出ているし、ギターもハードだし、演奏が溌剌としている。そりゃあそうだ。アメリカン・プログレッシヴ・ロックの頂点へと到達しようとしている、ノリにノった時期のライヴなんだから。結構楽しい。
 繰り返すが、内容だけなら「良い!」なのだが、「“良い!”んだ。聴いてみようかな」と購入し、「なんだよこれ!聴けたもんじゃねぇ!」という被害者が出ないとも限らないので、「まあまあ」。

帰ってきたクーカイ (2017-02-06 20:49:22)


The Last to Know / Alpha / ASIA
聴き込むほどに感動が増してくる絶品のバラードで間奏も歌も文句なし。
即効性では①の方が上だが、これは少し地味だが長く楽しめる。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-05 00:11:13)


Midnight Sun / Alpha / ASIA
様々なASIAマジックが炸裂する壮麗なバラード。クリアにゆっくりと歌い上げる、From the horizon to infinity~の箇所が堪らない。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-04 22:59:27)


What Do You Want From Me / The Division Bell / PINK FLOYD
あまり注目されない曲ですが、個人的にはものすごくツボにはまる曲。
やるせない気分の時にはとりあえずこの曲を聴くくらい大事な一曲です。

名無し ★★★ (2017-02-04 19:46:37)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


僕はピンクフロイドをプログレなどと思ったことはいまだかつて一度もありません。
そしてこのアルバムは音楽史に刻まれるべき大傑作です。

名無し ★★★ (2017-02-04 19:42:51)


Alpha / ASIA

確かにこれがASIAの最高傑作かもしれません。⑦~⑨の流れは特に絶品中の絶品で、本作は後半の方が上回っていると思う。

ONLY TIME WILL TELLがASIA史上NO.1の名曲だと未だに思っているけど。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-04 02:01:02)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
1曲目が“DON'T CRY”で、2曲目がこの珠玉のバラード。
一体『ALPHA』はどんだけ名盤なんだよ!?と。
美しく神々しい曲調には、ジョン・ウェットンの麗しくも
ジェントリーな歌声が実に良く映えます。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-02 21:58:46)


Don't Cry / Alpha / ASIA
イントロ数秒聴いただけでもう勝負あり。
Voが伸びやかに歌うメロディや軽快に弾むリズムは
ハードポップ調ですが、琴線を震わすGに、煌びやかなKey等
アレンジは綿密にしてドラマティック。
ASIAが標榜した「3分間プログレ」の理想形を
体現したかのような名曲ではないでしょうか。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-02 21:55:33)


Alpha / ASIA

ジョン・ウェットン死去の報に触れ、急きょ引っ張り出してきたASIAの2nd。様々なバンドに籍を置いてきた氏ですが、当方が彼の名を聞いて真っ先に思い浮かべるのは、やはりASIA。特に’83年発表の本作はいつ何時聴いても感動を新たにさせられるプログレ・ハードの大傑作であります。セールス面では前作に及ばなくとも、内容的には一歩も引けを取らない素晴らしさ…というか、個人的にはASIAの最高傑作と言えば断トツでこれですよ。
アルバムのキーマンは、流麗且つカラフルなKeyワークでサウンドをドラマティックに彩るジェフリー・タウンズなれど、軽やかに弾むカール・パーマーのDs、押しと引きを心得たスティーヴ・ハウのG、何よりジョン・ウェットンの包み込むようにジェントリーなVoも、唯一無二の音世界確立に欠かさざる重要な要素であったと。
中でもOPナンバー①は「3分間プログレ」と評されたASIAの神髄が頭から尻まで堪能できる名曲中の名曲。これ1曲でアルバム数枚分の価値があると断言したいぐらいなのですが、本編はこの後も、ウェットンの暖かみに溢れた歌唱が神々しく響き渡るバラード②、劇的なイントロだけで掴まれる⑤。盤を裏返したB面には、ジェフの技ありなKeyワークが冴える⑦、キビキビとハード&キャッチーな⑧、アルバムを大団円で締め括る⑩…といった具合に、マイク・ストーンの的確なプロデューシングの下、アーティスティックな拘りと、親しみ易いポップな大衆性をスムーズに同居させた名曲の大盤振る舞い。
ロジャー・ディーンの手掛けた美しいアートワークを眺めながらめくるめくASIAワールドに浸れば、聴く度に幻想の世界へと連れ去られてしまうような感覚に陥るという、全く以て脱法ドラッグいらずの1枚。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-01 21:07:37)


JOHN WETTON


R.I.P.

名無し ★★★ (2017-02-01 17:27:39)


Alpha / ASIA


RIP

名無し ★★★ (2017-02-01 01:41:47)


ASIA

また1人プログレ界の巨匠が逝ってしまった。
ジョン・ウェットン、R.I.P・・・。

GC8改 (2017-01-31 22:27:42)


Fountain of Sorrow / Late for the Sky / JACKSON BROWNE
独特の味のある声と、染み入るメロディー不世出のシンガーだと思います。昔から大好きなミュージシャンです。ピアノが弾けるシンガーって素敵!

名無し ★★★ (2017-01-29 11:08:12)


Play in Time / Benefit / JETHRO TULL
なかなかハードな曲です。
イアンのフルートも奇声を上げながら勢いよく鳴っており(笑)テープの逆回転なんかも使って、3分半くらいの曲なのに一筋縄ではいかないナンバーです。

名無し(2017-01-28 16:45:13)


Wond'ring Aloud / Aqualung / JETHRO TULL
これの別バージョンが「Living in the past」に「Wondering again」という曲名で収録されていますね。
確か元々はシングルとして、発表されたのかな?

名無し (2017-01-28 16:39:48)


Ladies / War Child / JETHRO TULL
これまた、アコースティックナンバーですが、この曲ではデビッド パーマーのオーケストラアレンジが効果を上げています。しかし、パーマーさん性転換して、ディー パーマーになっていたんですねぇ。3年くらい前に彼(彼女か?)名義の「A classic case(タルのカバーアルバムでクラシックアレンジが施されている)」を購入して、ファンサイト見てたら気づきました。

名無し ★★ (2017-01-28 16:35:11)


Requiem / Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL
タルお得意のアコースティックナンバーですね。
メタルバンドのバラードには間違っても出てこない曲調ですが、こういうブリティッシュトラッドの良さが判るのは、まあオーバー30かな?

名無し(2017-01-28 16:25:57)


Big Dipper / Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL
女に振られたレイ(このアルバムの主人公)が地元に戻って愛車に跨がってぶっ飛ばして、憂さ晴らしするBGMなのでハードなナンバーですが、テンポが今一速くないので、今の若い人にはハァ?って思われるかもしれないな。

名無し(2017-01-28 16:21:04)


Ring Out, Solstice Bells / Songs From the Wood / JETHRO TULL
和やかな曲調で、クリスマスの時期に聞こえてきたらぴったりなムードでしょう。
後に彼等が「The christmas album 」に再録するのも当然か。

名無し(2017-01-28 16:13:20)


Moths / Heavy Horses / JETHRO TULL
タル(というよりイアン)お得意のアコースティックギターが活躍するナンバーです。
こういう曲調は、本当に聴くものの気持ちを温かにしてくれる。ちょっと失敗して落ち込んだ時に癒してもらえる曲ですよ。

名無し ★★ (2017-01-28 16:07:06)


Something's on the Move / Stormwatch / JETHRO TULL
タルの中でも1,2を争うハードなナンバーですね。
この曲に於けるマーティンのギタープレイはメタルバンドのギターと言って全く差し支えないものです。
バリーモアのドラミングも手数の多い攻撃的なプレイですが、イアンのボーカルがシャウトじゃないので、ハードロックまでは名乗れても、ヘビーメタルとは名乗れない(笑)

名無し ★★ (2017-01-28 15:59:45)


Killer Queen / Sheer Heart Attack / QUEEN
神曲

名無し ★★★ (2017-01-27 21:23:39)


Mustapha / Jazz / QUEEN
QUEENの曲の中で1番好きかもしれません。
フレディのぶっ飛び具合がハンパない。
ヘイッ‼︎‼︎

名無し ★★★ (2017-01-25 02:56:13)


Slow an' Easy / Slide It In / WHITESNAKE
初期のWhitesnakeの強みは明るい曲調(というよりメジャー?)の曲がダサく聞こえないところです。

サーペンス以降のメジャーキーの曲は初期ハロウィン的なダサさがあって(ステレオタイプなアニソンのイメージ。初期ハロウィン、アニソン好きの方ごめんなさい)受け付けませんが、この頃は明るいハードなブルーズロックに仕上がります。

この曲もジョン・サイクスかUS盤を仕上げていて、ジョン・サイクスはメジャーの曲には相性悪いのですが、このアルバムではわりと自己主張を押さえぎみにしていて、それがいい方向へと繋がったみたいです。

デイヴィッドの声が軽くなってしまう前のいい時代ですね!

スラッシャー一佐 ★★★ (2017-01-09 12:00:11)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
浮遊感があって霧のかかったようなサウンド
救いようのない悲劇を静観し脱力しているかのよう

名無し ★★★ (2017-01-07 01:15:23)


Animals / All the Right Reasons / NICKELBACK
重厚なサウンドでありながらノリノリになる曲。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:18:42)


Side of a Bullet / All the Right Reasons / NICKELBACK
元Panteraのダイムバッグ・ダレルが暗殺されたことに対する怒りを歌った曲。歌詞もそうだがサウンドも重い。とにかく重い。ギターソロは彼の未発表音源から使用しているとか。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:14:08)


Photograph / All the Right Reasons / NICKELBACK
哀愁漂うバラード。Somedayに決して劣らない名バラードだと思う。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:03:52)


Someday / The Long Road / NICKELBACK
力強くドラマティックなバラード。最高。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 17:49:41)


Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK
この曲にまだ書き込みが無かったとは!
ロビンの甘い歌声に全米のキャロラインちゃんが「キャー‼」ってか?
そのあと、終盤では一転して力強くfor your love ってシャウトしてロビンは素晴らしいボーカリストです。

名無し ★★★ (2016-12-31 16:33:34)


You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK
この曲は、トム ピーターソンのドライブ感溢れるベースラインが気持ちいいですね。
ちょっとパンクっぽい感じも有りますが、ロビンのボーカルも力強く良い感じです。

名無し ★★ (2016-12-31 16:27:20)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
前にも書いてますが、海賊盤(アルバムタイトルも「My God!」とそのまんまです)でのプレイが凄いですよ!うにぷさん。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★★ (2016-12-30 20:50:21)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
最近のヘヴィ・ローテーションNo.1曲です。
風変わりな展開、フルートの妖しさ、荒々しさに、色々と興奮してしまいます。聴くたびに新鮮。

うにぶ ★★ (2016-12-24 16:19:11)


Imagine / Imagine / JOHN LENNON
シンプルなメロディの良さと、歌にこめられた勇気と希望に、いつ聴いても心がかき乱されます。
誰かの理想は誰かにとっての悪夢かもしれず、この歌詞が許せない人も多いことでしょう。
たぶん、宗教に無節操な人が多く、国家への盲目的忠誠心にアレルギーのある人が多い日本では、あまり抵抗なく受け入れられると思いますが、外国での反応は強烈そう。

うにぶ ★★★ (2016-12-24 16:02:36)


Kilroy Was Here / STYX

傑作だが前作よりは落ちると言われがちだったり、良い曲ばかりだが、一曲目が超絶キラーチューンのせいで後続が霞みがちというところは、同じリリース年のJOURNEYのFRONTIERSを連想させる。個人的には前作よりずっと気に入っている。何はともあれ、この時期のSTYXとJOURNEYはとんでもない怪物バンドだったことは容易に想像できる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-21 02:46:38)


Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX
イントロは何となく古代のムードを感じる。後半のハイライトと言える壮大なバラードで、凝ったアレンジも想像力を刺激してくれる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-19 03:29:45)


The Word / Rubber Soul / THE BEATLES
ギターのクサいフレーズが印象的。英国メタル的。

N男 ★★★ (2016-12-15 00:36:53)


You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES
「悲しみをぶっとばせ」だろうが「悲しみはぶっとばせ」だろうが、知らんわw
地味だけど、良い曲だと思う。
とか言っといて、自分で赤盤編集するなら外す可能性の方が大きいかも。

N男 ★★ (2016-12-14 18:51:24)


TOTO


TOTOには何人かのVoがいたけれど、僕にはマリオ・・・いや失礼、ボビー金坊のほうが
ワイルドでパワフルでエネルギッシュな素晴らしいVoだと思いました。

名無し (2016-12-13 22:39:17)


Little Child / With The Beatles / THE BEATLES
気持ちよさそうにハーモニカが鳴っている。
2ndの曲って人気ないなぁ、こんなに取っつきやすい曲なのに。

N男 ★★★ (2016-12-13 22:19:14)


The End(Edit Version from the Film Apocalypse Now) / The Very Best of the Doors / THE DOORS

 ライナー・ノーツによると、『地獄の黙示録』サウンドトラック盤がこのヴァージョンの初出なのだが、2007年のRhinoから出されたベスト盤より前にサウンドトラックやベスト盤に収録されていたものは、4分台に編集されていたらしい。2001年の『地獄の黙示録 特別完全版』のサウンドトラックに収録されていたものは6分8秒のもので、2007年のRhino盤に収録されたものはそれである。


 これが終わりだ。素晴らしき友よ。
 これで終わりなのだ。我がたった一人の友よ。
 我々の綿密な計画の終わりだ。
 あらゆる我慢の終わりだ。
 終わりだ。

 安寧も驚愕もない。
 終わり。
 再び君の瞳を覗きこむことはないだろう。

 どうなるか君は想像できるか?
 そう。限界がなく、束縛もない
 絶望の地にある見知らぬ誰かの手札は
 絶望的だ。

 ローマの荒れ野のような苦痛に負け
 そして全ての子供たちは狂気のふちに
 子供たちは狂気のふちに・・・・


 来いよ、ほら・・・
 ひどい、ひどいよ・・・
 殺す、殺す、殺す・・・。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 21:36:37)


The Very Best of the Doors / THE DOORS

 2007年にRhinoから出されたデヴュー40周年記念ベストアルバム。
 結構手間暇かかっているベスト・アルバムなのだが、その詳細は「Light My Fire」の項を参照の事。

 本ベストで私が何を最も高く評価するのかというと、「The End」の『地獄の黙示録』サウンドトラック・ヴァージョンが収録されている事。
 「The End」も「Light My Fire」に負けず劣らず名曲かつ気色の悪い曲なのだが、映画『地獄の黙示録』で流れてきたのを聴いた時には、この映画の為に存在する曲と言い切ってしまってもよいくらいのはまりようであった。

 The Doorsについては本ベストしか持っていないので良く知らないのだが、本ベストに関して言えばライナーノーツを読む限り、代表曲は収録されているようだ。このバンドが結成されるにきっかけとなった(キーボードのレイ・マンザレクが、L.A.のヴェニス・ビーチに寝転んでいるジム・モリソンに会った時に、ジムが書いていたのを読んでもらいレイが「すげえよ、それ」と言った)「Moonlight Drive」も入っている。

 てっとり早くこのバンドの概略を掴むには、良いベスト・アルバムではないかと。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 20:37:14)


Light My Fire / The Very Best of the Doors / THE DOORS

 何故別立てで改めて登録したのかというと、私が聴いて書き込んでいるのは「40周年記念リミックス」ヴァージョンだから。
 別立てするほど何が違うのかというと、「~(前略)ブルース・ボトニックは、~(中略)~6枚のオリジナル・スタジオ・アルバムをすべて5.1チャンネルのサラウンド・ヴァージョンとするべくリミックスを担当した。各アルバムのマルチ・トラック・テープまでさかのぼり、オリジナル・アルバム盤ではオミットされていた様々な音をふんだんに使用して全く新しいサウンド・デザインのヴァージョンとして完成、いわばドアーズのデヴュー40周年記念ミックスである。本盤は、それら全曲の新ヴァージョンからセレクトしたナンバーを通常の2チャンネル・ステレオへと変換させて構成した、(後略)~」のみならず「マスターテープのピッチを上げテンポアップを図ることによってよりハードな雰囲気に変えている(後略)~」からだ。
 要するに、①5.1サラウンド用にリミックスしたものを2チャンネル・ステレオ用に変換し、②オリジナル・ヴァージョンでは消されていた音を聴こえるようにし、③ピッチを上げてテンポアップしている、わけである。
 オリジナル・ヴァージョンとどれほど変わっているのかは私は確認していないが、とりあえず別項を設定するべきであろうと考えた理由はそこにある。

 曲自体は当然素晴らしい。とてつもなく妖しく(妖艶と言って良い)かつ優れたポップ(ロック)ミュージックとして成立している奇跡のような一曲である。
 この一曲の中にコインの表と裏が表現されている。生と死がある。エロスとタナトスがあると言い換えても良い。
 長い間奏は聴いていると全く長いように思えない。サイケデリックとも評されているが、何か宗教音楽のような響きを感じる。そのメロディには背徳的な何かが含まれている。
 「開けてはいけない」と言われた函を開けたパンドラがその時何を感じたか、この曲を初めて聴いた時のことを思い返すと、何となく理解できるような気がする。

 子供は聴いてはいけません!な、名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 19:38:00)


Tattoo / RORY GALLAGHER


昨日、購入してまだ一回さらっと聴いただけですが、キーボード有りの時期の作品では、一番かな?
なるほど、モブルールスさんこれってロリーの代表作扱いなんですか?
私は、トリオに戻っての「Photo finish」や「Jinx」が好きでキーボード入りは、最近になってから聴き始めているものの(「Calling card」「Against the grain」「Blue print」購入済み)今一つ良いね!って思える作品が無かったですが、これはちょっと別格かな。

名無し ★★ (2016-12-10 15:09:46)


Material Girl / Like a Virgin / MADONNA
アクセントになってるSE音が大好き
イントロからのノリも小気味良い

middlefinger is the flag that... ★★★ (2016-12-08 01:29:48)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA
このアルバムでは一番いいな。

N男 ★★★ (2016-12-06 18:55:11)


Wildest Dreams / Asia / ASIA
毎回のようにライブでやってる曲。
ドラマティックな展開と次々と飛び出す自己主張の塊のようなフレーズがカッコいい。
渋谷陽一自体認めないけど、僕もこの曲も名曲と認めますね。

N男 ★★★ (2016-12-06 00:32:55)


My Fairy King / Queen / QUEEN
Aメロ→Bメロ→Cメロ→Dメロと繰り返しなく延々と続いていくスタイルは後のthe march of black queenやBohemian Rhapsodyと同じスタイル
これぞフレディ・マーキュリーって曲だな
これとgreat king ratは何百回、何千回聞いたことか

名無し ★★★ (2016-12-05 12:46:17)


Castles Made of Sand / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience
このアルバムで一番好き

名無し ★★★ (2016-12-04 12:05:21)


Remington Ride / O.K. Ken? / CHICKEN SHACK
https://www.youtube.com/watch?v=KcDzFBupEMw
音数のなんという違い! 20:1か?

herewaskillroy (2016-12-04 04:50:19)


Love Is a Rock / The Earth, a Small Man, His Dog and a Chicken / REO SPEEDWAGON
いくらなんでも埋もれすぎ。
バランスがとてもいいし、90年代の名曲。

N男 ★★★ (2016-12-02 12:27:40)


One Too Many Girlfriends / Life as We Know It / REO SPEEDWAGON
軽快なテンポでサラッと流れてく、メロディアスで非常に聴きやすい。
割かしバラードが目立つ時期だが、これ良い曲だと思うよ。

N男 ★★★ (2016-12-02 00:14:17)


Stillness of the Night / Good Trouble / REO SPEEDWAGON
超コテコテ系の曲。
サビメロのクサさはREO史上最高かもしれん、人気ないが気に入ってる曲。

N男 ★★★ (2016-12-01 16:16:37)


Ridin' the Storm Out / Ridin' the Storm Out / REO SPEEDWAGON
回数的には一番演奏してる曲らしい。
やっぱり3rdだとこの曲。
初期と中期の橋渡しのような存在感。

N男 ★★★ (2016-11-30 15:19:04)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
哀愁漂うメロディーと歌声、そしてコーラスが泣ける。
ラストのギターソロは名演の一言

kuroiyuki ★★★ (2016-11-29 00:24:07)


Waiting in the Weeds / Long Road Out of Eden / EAGLES
このアルバムのベスト曲。 素晴らしい曲構成ですね〜。

名無し ★★★ (2016-11-27 11:23:01)


Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX
ソフトな歌唱が光る王道的なバラード。DennisとTommyって声が似ているような気がする。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-27 06:38:43)


A Night at the Odeon / QUEEN

なぜ項目追加されない。。
75年ロンドンはハマースミスオデオンでのライブ。

前作レインボーとほとんど同じ選曲だが、ライブバンドとしてよりこなれてきた感じがある。

音質は残念ながらレインボーほどの迫力は無いのが少し残念だが、
許容範囲である。
また、この日はフレディとブライアンがインフルエンザだったとかで、
フレディの調子はこの時期にしてはあまりよくない方かな。

しかしながら、フレディの大ミス2か所こそ修正されているものの、
レインボーの様にコーラスをかぶせたりとかの修正がない為、
ありのままの荒々しい雰囲気を楽しむことが出来る。

レインボーとこのライブなら断然レインボーを進めるが、
こちらはこちらにしかない良さがある。

ちなみに映像版はブルーレイでもあまり画質が良くないのだが
(レインボーは画質も素晴らしかった)、
フレディの着物ストリップ等見どころはこちらの方が多い。

レインボーが気に入ったらこちらも是非入手して欲しい音源である。

この後に始まるA Night At The Operaのツアーはより完成度が高く、
ハイドパーク公演のリリースに期待したい。

怒号 ★★★ (2016-11-26 11:49:51)


Live at the Rainbow '74 / QUEEN

74年のロンドンはレインボーシアターでのライブ音源。
QUEEN2ツアー時のDisc1, Sheer Heart Attackツアー時のDisc2の2枚組。

とにかく音がすごい。各パートくっきりはっきりながら、低音の迫力が凄まじい。
リマスター恐るべし。
楽曲も2公演完全収録でもう言うことなし。感涙の極みである。

Disc1のほうはまだ必殺曲もない初期も初期だが、
すでに演奏は完璧。エンターテインメントをライブに取り入れていく前の時代だけあり、
中期~後期に無い丁寧さ,繊細さを楽しめる。
バリバリの正統ブリティッシュハードである。
フェアリーフェラーの神技のライブには驚愕。よくライブで出来るなと思う。

Disc2はもう少しこなれてきた感じがあり、早くも風格の漂う雰囲気。
Sheer Heart Attackの色鮮やかな楽曲が絶妙なアクセントとなり、
ライブの完成度を高めている。
個人的にはこちらに軍配があがる。

コーラス等音を直していることは明白だが、それを差し引いても最高としか言いようがない。

この調子で未発表ライブ音源のお蔵だしをどんどん期待したい。
あー最高。

怒号 ★★★ (2016-11-26 11:40:15)


Star Cycle / There & Back / JEFF BECK
全日の中継でも流れてたの???
俺は新日のほうでしか聴いたことなかったけど。

名無し ★★★ (2016-11-25 02:13:04)


The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS

前作はジョンが脱退したからね、しょうがないね…ってレベルの迷走感のある出来だったんだけど
今作はメロディセンス抜群のセクシーで…エロいっ!感じの名盤なんだよなぁ
2.Dark Necessities 4.The Longest Wave 5.Goodbye Angels 11.Encore辺りは聴きやすいし
懐かしいダンスソングみたいな7.Go Robotやリフが気持ちいい^~9.Detroitもいいっすね^~
特に6.Sick Loveは甘くせつなくてオススメなんだよなぁ
正直今年一番の名盤なんで聴いて、どうぞ

野獣 ★★★ (2016-11-24 23:12:04)


Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX
煌びやかなシンセのイントロは未だにワクワクする。Dennisの卓越したメロディセンスや抜群のコーラスワークが光るキラーチューン。重く機械的なドラムも上手くはまっている。

ANBICION 11 ★★★ (2016-11-23 22:18:52)


Golden Country / T.W.O. / REO SPEEDWAGON
以前、ライヴ盤を先輩から借りて、カセットテープに入れて愛聴しておりましたが、テープが伸びて聴けなくなってから幾星霜、今ユーチューブの何と!そのライヴ音源を聴きながら書き込みしておりますが、やはり素晴らしい‼大してテクニカルではないのですが、アメリカンハードロックはこうあってほしいというこちらの願望を完璧に再現してくれています。

名無し ★★★ (2016-11-22 23:50:29)


A Secret Love / Hydra / TOTO
前半だけ聞いて飛ばしてませんか?後半珠玉のメロディーが隠れてますよ

Rockmaker ★★ (2016-11-22 23:39:02)


Running Out of Time / Toto XIV / TOTO
1曲目をライヴでやったときこのアルバム買おうと思った。

名無し ★★★ (2016-11-21 15:28:08)


K / KULA SHAKER

発売当時、ブリットポップのブームでUKロックに注目が集まっていたこともあってか、様々な音楽雑誌で大きく取り上げられていた記憶があります。
このアルバムのインド風味で雰囲気たっぷりかつキャッチーなメロディや、グルーヴィーで躍動感のある演奏と歌には、いま聴き返しても興奮してしまいます。
緩急のつけ方が巧く、勢いよく飛ばすところは飛ばし、サイケデリックでゆったりした曲でもアレンジの意外性で飽きさせずに聴かせてくれるのが素晴らしい。
THE BEATLESやTHE STONE ROSESの影響なんていうのもあるのでしょうが、しっかりオリジナリティを出して、時代を超えたロックを鳴らしています。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:45:42)


The Stone Roses / THE STONE ROSES

このバンドの魅力はグルーヴ感あふれる(でもファンキーというのとはまた違った独特の)リズムと儚げなメロディや声との絶妙なバランスだと思っているので、1stとその前後のシングル曲が好きです。(2ndはグルーヴは強調されたけれども独自性は薄れた気がします)
1stも、買うなら「ELEPHANT STONE」「FOOLS GOLD」というリズムにアクセントのある名曲2曲が追加されたヴァージョンが良いですね。
メロディアスなだけのバンドはたくさんいるけれど、こういうノリと切ないメロディを融合させられるセンスを持ったバンドは希少です。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:17:51)


Supernatural / SANTANA

どれほどタイプの違う個性的ゲストを迎えたとしても、ギターが入ってきた時点でサンタナが主役であることが明示されるところに凄味を感じます。
ラテン音楽って、ただ心地よいだけで耳を素通りしてしまうことも多いのですが、耳を惹きつけるユニークで刺激的な曲がそろっています。傑作。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:04:43)


Some Girls / THE ROLLING STONES

1曲目の「Miss You」から、身体を動かさずにいられません。
メロディ的には正直、そう感銘を受けないのですが、このアルバムのファンキーさ、ノリの良さには白旗を上げるしかありません。
直線的な疾走曲しか受け入れられなかった昔は、こういうアルバム/バンドが苦手だったのですが、最近はこういうのを聴くと、ロックンロールって強烈だなと思えます。

うにぶ ★★ (2016-11-20 21:44:14)


Cold War / Kilroy Was Here / STYX
爽やかなシンセとTommyの親しみやすいvo.が心地よい。いまいち突き抜けていない感じが逆に良い味を出している。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-20 20:28:55)


Glad / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
ファンキーなインストナンバー、ブリティッシュかつ泥臭い!けど、そこが良いのです。

名無し ★★ (2016-11-19 23:55:37)


Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES
小学生の頃から7つ上の従兄に良い曲だろうって聴かされてたものです。
Let it beと並んでビートルズでは大好きな曲です。

名無し ★★★ (2016-11-19 23:45:59)


Solid Gold Easy Action / Great Hits / T-REX
ジャカジャカジャカジャカジャ ヘイヘイヘイってかあ。

名無し(2016-11-19 23:39:04)


The Groover / 20th Century Boy / T-REX
↑ビートルズ解散後、ハードロック登場までの数年間グラムロックが流行っていた?
T REXの「メタル グルー」とパープルの「ハイウェイ スター」がヒットしたのは、同じ1972年でしょ、勉強してよ❗

名無し (2016-11-19 23:35:24)


20th Century Boy / 20th Century Boy / T-REX
最近、CMでオリジナルではなく、カバーバージョンが使われていますが、酷いアレンジなのが残念です。でも、それでも一発でわかるんだから良い曲なんだねえ。

名無し ★★★ (2016-11-19 23:27:51)


Teenage Dream / Light Of Love / T-REX
この曲はもうブームも下火になり、あまりヒットしませんでしたが、夢見る様なバラードでマークの気だるく切なげなボーカルが良い味出してます。

名無し ★★ (2016-11-19 23:20:40)


Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
オーケストラアレンジが良いね❗

名無し(2016-11-19 11:57:26)


Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER


クーラは5枚全部スタジオ盤は持っていますが、この作品は一聴えらい地味ですが、聴くほどに味がでるスルメ盤ですね。

名無し ★★ (2016-11-19 11:44:19)


Out on the Highway / Strangefolk / KULA SHAKER
復活第一弾のオープニングナンバーですね。
やったー‼クーラが帰って来た‼って大喜びするのに相応しいカッチョいいナンバーです。

名無し ★★★ (2016-11-19 11:38:47)


Long as I Can See the Light / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
バンドへの書き込みを先程見て、彼らがサザンではなくシスコ近辺の出身と知ってビックリ‼
MK OVERDRIVEさん、教えてくれて有り難うございます。
メタルけいしょう娘のパソコンより。

名無し (2016-11-19 10:38:14)


Darkness on the Edge of Town / Darkness on the Edge of Town / BRUCE SPRINGSTEEN
邦題「暗闇へ突っ走れ」だったと思います。シングルで持っていますが「明日への暴走」や「Born in the USA」より良いんじゃない?でも星は一つ。(笑)

名無し(2016-11-19 10:26:10)


More Than a Feeling / Boston / BOSTON
リアルタイムでヒット曲として聞いていましたが、文句のつけようがない名曲でしょう。

名無し ★★★ (2016-11-19 10:20:54)


The Horizontal Bop / Against the Wind / BOB SEGER
軽快なテンポとメロディーのオープニングナンバーですね。
今日のような冷たい雨降りの日に聴くと気分だけは晴れやかになりそう。

名無し ★★ (2016-11-19 10:13:28)


Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER
Day after dayのシングル盤のB面ですね。
勿論、大ヒットしたA面も良いですが、この曲も地味なアコースティックナンバーですが、良いんですね。

名無し ★★ (2016-11-19 10:05:00)


Imaginary Lover / Champagne Jam / ATLANTA RHYTHM SECTION
この曲は、昔ラジオで聴いた記憶があります。
カセットにも録音したけど、テープが伸びちゃって、今は聴くことが出来ません。
でも、良い曲だったことは覚えているよ。

名無し ★★ (2016-11-19 09:59:33)


Waterloo / Waterloo / ABBA
昔、シングル盤を只でもらいました。(ミュージックライフの毎月のシングル試聴会のクイズで当ててもらった)
女二人のうち一人は可もなく不可もなくですが、もう一人はめっちゃ可愛い人でしたね。(過去形=笑)

名無し ★★ (2016-11-19 09:52:17)


Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI
初期の名曲。
Jamiroquaiの中でも特に好きな曲の一つ。
とにかくカッコいい、そしてキャッチー。

N男 ★★★ (2016-11-18 01:44:38)


Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI
またしても強烈なPV(笑)
彼らの中でも特に浮いてる存在感、知名度の割には取り立てて良い曲だとは思わない。

N男 (2016-11-18 01:43:02)


Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE
今日このごろこの曲が頭のなかで
以上に再生されるから

名無し ★★★ (2016-11-17 21:29:15)


Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX
アルバムは全体的にエッジが少ないので、そこそこハードなこの曲が新鮮で引き立っている印象。賑やかで楽しいし、曲名の響きも良い。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-17 00:04:25)


All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE
ブルースというよりアップテンポでご機嫌なロックンロールでげすな。

名無し(2016-11-15 22:35:16)


School / Crime of the Century / SUPERTRAMP
プログレッシブでありながら、親しみやすくブリティッシュロックらしい佳曲です。

名無し ★★ (2016-11-15 22:23:13)


War Child / War Child / JETHRO TULL
↑すみません。クラリネットではなくサックスでした。
「ストレンジデイズ」の記事を見て確認しました。

名無し (2016-11-15 19:10:17)


Toto XIV / TOTO


1曲目の始まりかたが好きです。毎日聴きたいです。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:22:00)


Fahrenheit / TOTO


このアルバムは、いい曲いっぱいあるからもっと売れてほしい。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:19:06)


She Cares / Paradise Theatre / STYX
今聴いてもあまり古さを感じない。
埋もれてる感あるけど、名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-15 14:34:56)


War Child / War Child / JETHRO TULL
オープニングナンバーですね。
そんなに良い曲とは思っていませんが、この頃(前作のパッション プレイも含む)イアンは、何故かフルート以外にもクラリネットも演奏しており、この曲でも聴かれます。
以前「ストレンジデイズ」のインタビューで「クラリネットを吹くのが嫌なのでパッションプレイの再現ライヴはやる気にならない。」と発言していました。

名無し(2016-11-15 09:11:53)


Heat / Under Wraps / JETHRO TULL
このアルバムでのマーティン バレのギターはかなり他の作品とは異質なプレイです。
キーボードのビッテッセに呼応したプレイなのでしょうが、この曲によく表れていますね。

名無し(2016-11-15 08:58:16)


Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX
これぞStyxの名曲の一つだと思うのだが、人気ないのねぇ。
力こもってる後半は、アルバムのハイライト。

N男 ★★★ (2016-11-14 20:41:03)


Caught in the Game / Caught in the Game / SURVIVOR
サバイバーのかっこいいところをちゃんと出せています。サバイバーのなかでもすきです。

名無し ★★★ (2016-11-14 15:33:30)


What Has Come Between Us / Styx / STYX
1stに思い入れはほとんどないのだけれども、この曲は好き。

N男 ★★★ (2016-11-14 11:58:40)


My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN
とてもいい曲です。
ドラマチックで素敵な曲だなぁと感銘を受けました。

名無し ★★★ (2016-11-13 14:22:02)


Pamela / The Seventh One / TOTO
ビデオのアジア系の女性が気になる~

名無し ★★★ (2016-11-13 11:11:41)


E.L.O.


ロンドン行き最終列車は最高だね。個人的にはシャングリ・ラが一番好きだから入れて欲しいなぁ

名無し (2016-11-10 23:17:36)


Hi Infidelity / REO SPEEDWAGON


ジャーニーと並んで80年代ロックの教則本になったバンドの一品ですね。正にロックバラードの王道を歩んだkeep on loving youはハードロックをメロディアスに聴きたい時に打ってつけだい。このアルバムにはハードロックにおける音の容易さが体現できるチューンがいくらもあるわいなァ

名無し ★★ (2016-11-10 18:56:58)


Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN


ほんと、ギターは上手い!!ボーカルも良いけど、イケメンからは本人もそろそろ抜け出したいと思ってると思う。
ワザと汚い恰好をするようになってきた。もうすぐ、50歳だもんね。売れないのは性格のせいだろう。日本でも
昨今女性問題でヒステリックすぎるマスコミの対応とかがあるが、リッチーの場合、公式のGFと、そうでないGFSが、
worldwide にいるから、ネットなんかであっという間に広まってしまう。彼が建前にするのはいつもヒスパニックの女性ばかり。
この辺り、好感が持てない人も多いのかもね??? まあ、ともあれ、偉大なギタリストではあるな!

名無し (2016-11-10 15:08:25)


SRXT / A Weekend in the City / BLOC PARTY
オアシスの手のひらをクルクルさせただけのことはある

名無し ★★★ (2016-11-10 08:01:29)


Roll With Me / Captured Live! / JOHNNY WINTER
狂おしい曲です

名無し ★★★ (2016-11-10 06:34:53)


Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS
このアルバムはいい印象の曲が少ないが、この曲はかなりの名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-09 20:58:34)


Burn It to the Ground / Dark Horse / NICKELBACK
サビのコーラス(合いの手)が最高にアツい!たまらん!

アクセルブルー ★★★ (2016-11-08 23:53:33)


NICKELBACK

最近になってこのバンドにハマってきた。骨太なギターサウンドとチャドの渋い歌声がいい。

アクセルブルー ★★★ (2016-11-08 23:42:00)


Boston / BOSTON

1970年代では前代未聞だったこの音は、今となって正統派になりおった。それがこのボストンの1stだ。クイーンとジャーニーの中間みたいな感じじゃないのか?

蔵人 ★★ (2016-11-08 19:19:07)


Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS
Kansasらしい各パートの自己主張が出た本作の目玉。
アルバムの中でも特に凝った展開が聴ける。
ライブでも結構頻繁にやってるね。

N男 ★★★ (2016-11-07 02:42:27)


The Prelude Implicit / KANSAS

 前スタジオ作から約16年ぶり。前作〔『DEVICE-VOICE-DRUM』(ライヴ)〕から勘定しても約14年ぶり。
 今、ここでまっさらな新作を聴けるとは思いもよらなかったね。

 メンバーは結構変わっている。Vo.が違うし。しかし、そっくり同じ声の人物を加入させたわけではないのだが(声がかすれない)、全く違和感なし。

 音楽性はまさしく「これぞKANSAS。これがKANSAS」

 やっぱり「ここぞ」というところで奏でられるヴァイオリンのメロディが肝だし、それを必然的なものとしている楽曲構成や、絡んでくるギター・キーボードのメロディがKANSAS以外の何物でもない。’70年代のプログレ・ハード期のKANSASが元気一杯に21世紀にニュー・アルバムをリリースするとこうなる、というのを余すところなく体現している。

 6曲目以降、徐々に高まっていく緊張感がたまらない。
 本編最後の10曲目「Section 60」もラストの曲として本編をピシリと締め、本作は楽曲単位で聴くのではなくアルバム単位で聴き評価すべき作品だと痛切に感じる。

 久しぶりにリリースされたからだとか、どこかで(以前のKANSASで)聴いたようなメロディが聴けるからとかは関係なく、ある一世を風靡したバンドが、往年のスタイルのままに充実した作品をい作り上げたという意味においても名盤。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-11-06 00:42:27)


The Sensual World / KATE BUSH

'89年発表の、オリジナル・アルバムとしては6枚目です。
しっとり、落ち着いた曲調の歌が多く、クレイジーなロックを期待すれば厳しいアルバムでしょう。
しかし、ズブズブと深みに引きずり込むような底の知れなさ、音の温もりとしなやかさ、ゆらぎの心地よさには、他に代えがたい魅力があふれています。タイトルにも表れているような官能性に、ねっとりと絡めとられてしまいます。
アイリッシュ音楽やブルガリアン・ヴォイスを取り入れながらも、自身の個性で全てをまとめあげてしまうところも、さすが。
聴くたびに別世界へ連れて行ってくれる、素晴らしい作品です。

うにぶ ★★ (2016-11-05 01:03:24)


The Dreaming / KATE BUSH

好きな作品なのかと問われると悩みますが、傑作かと問われれば議論の余地もなくそうだと即答できます。
男には作り得ない、ジャンルも何もかもを飛び越えて情念を放つ、本能の音楽。美しくもあるけれども、あまりに闇が深くて精神的に辛くなります。
私の中ではジョニ・ミッチェルやビョークを聴くときと似た感覚の、しかし比較を超越した絶対的な音楽。抗うこともできないけれども、毎日聴きたいものではありません。
(他のアルバムはまだ矢野顕子やフェイ・ウォンあたりと似た感覚でも聴けますが、これは無理)
事前情報一切なしで聴いても、一聴目にして身体が凍りつき、最後まで聴かずにはいられないと思います。音楽が現実を超えて夢に結びつくものであることを知らしめる名盤です。

うにぶ ★★★ (2016-11-05 00:48:06)


Long Away / A Day at the Races / QUEEN
このアルバムで一番票が低いなんて、、、
クイーンらしさ全開の曲に挟まれてるので地味なのは仕方ないですが、とても優しくて暖かい雰囲気の曲です。
この雰囲気はブライアンの声じゃないと出なかったと思います。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-10-31 18:04:39)


SILVER CONDOR

1980年代初めにアルバムを2枚だけリリースして消えたロックバンド。しかも2ndではVo.以外メンバー総入れ替えとなっている。
STの1stではJOE CERISANO(Vo.)、EARL SLICK(G.)、JOHN COREY(Key.,G.)、JAY DAVIS(B.)、CLAUDE PEPPER(Ds.)の5人。
2ndになるとVo.は変わらず、以下NICK BROWN(G.)、STEVE PLUNKETT(G.,Vo.)、STEVE GOLDSTEIN(Key.)、KENNY AARONSON(B.)、CRAIG KRAMPF(Ds.)となり、更にNEAL SCHONやRICK DERRINGERといった豪華ゲストも参加。
CBSとしても相当に力を入れて売りだしたのだろうけどポシャったね。そのせいか2ndはCD化されたが1stはまだのようだ。
1曲しか知らない身としてはここまでしか語ることができないのでどうかご勘弁を。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-31 08:51:20)


You Could Take My Heart Away / Siver Condor / SILVER CONDOR
1981年、AOR期待の新星シルバーコンドル登場、コレが全米32位まで上昇したデビュー曲である。邦題は"夜明けのテイク・オフ"。当時のCBS SONYらしい産業ロックの売り方を差し引いても名曲だろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-30 09:27:39)


Synchronicity / THE POLICE

以前はおしゃれでポップな音楽のように感じて聴いていたのですが、改めて聴き直してみたら、1曲毎に実験を繰り返しているような音楽性の幅広さに唖然としました。
先にスティングのファンになって、後追いで聴いたせいもあるかもしれませんが、有名曲ばかり飛ばし聴きするような接し方をしていました。
最近、以前は古臭く感じていた'80年代の音楽を新鮮に感じるようになっているのですが、この時期に聴き直してよかった。シンプルなようでいてとても深い音楽です。
メロディも臭すぎず、メロディアスながらも抑制が効いているところが実にかっこいい。そしてリズムが、いま聴いても風変わりで、面白いです。

うにぶ ★★ (2016-10-30 00:47:33)


DAVE EDMUNDS

1944年英国ウェールズ生まれのロックンローラー。EVERLY BROTHERSの復活作などでプロデューサーとしての名前は知っていたが、まともに彼の曲を聞いたのはつい去年のこと。中古CD屋でRiff Raffをガンガンかけていたので即刻ゲットしたのが最初であった。自分が知らなかったからという訳ではないけど、色々調べてみると英米での評価に比べてやはり日本での知名度は低いらしい。プロデューサーとしてもSTRAY CATSを発掘したり、HM/HRでは何とMOTORHEADのOn Parole・97年再発盤にも関わるなど大活躍。その一方でアーティストとしてはオリジナルに拘らない人みたいで、自分がレビューした中でも他人の作品やカバーの多いこと多いこと。それでも立派にロックでありアーティストだと言わせる不思議な魅力が彼にはあるのだ。ブリティッシュでありながら陽気なアメリカンテイストを併せ持つこともその要因だろう。現に70年代初頭には"イギリスから登場したアメリカンミュージックの新しい守護者"と呼ばれていたのである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-29 12:43:06)


The Best of / DAVE EDMUNDS

1991年とはCD化の年でアナログ盤は81年に発売となっている。SWAN SONG時代、即ち第2次ROCKPILEと共演した77年から81年までのアルバムからシングル曲を中心に選曲されたベスト盤。収録曲についてはオリジナル盤の方でレビューしておいた通りで、もちろん音楽的にZEP.との関連は皆無である。UK国内だけとは言えそこそこヒット曲もあるのに、自分はこの時期EDMUNDSのことを全く知らなかったんだよなあ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-28 08:37:08)


Dreamer's Ball / Jazz / QUEEN
ブルースなんだけどブライアンのギターオーケストレーションによって可愛らしい雰囲気もある不思議な名曲。
冬に暖かい部屋の中で聞きたいです。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-10-28 07:44:33)


I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS

86年暮にリリースされた初の公式ライヴアルバム。4.5.が初収録である以外は71年から83年までの3レーベルに亘るオールキャリアが網羅され、ベストライヴさながらの様相となっている。これに昔ながらのファンも納得したのか、USチャートでは翌年初めに前スタジオ盤を上回る106位をマーク。タイトルはもちろん自身最大のヒット曲をもじったもの。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-27 08:32:36)


Riff Raff / DAVE EDMUNDS

前作以上にJEFF LYNNE色が濃くなった84年9月リリースのソロ9th。JEFFの作曲は2.4.7.の3曲だけだが1.2.3.4.7.8.の実に6曲をプロデュース、自分がそうだったように知らない人が聞いたら完全にE.L.O.である。同年のEDMUNDSはEVERLY BROTHERSの復活作EB 84をプロデュースするなどノリにノっていた一方で、本作はさすがにオーバープロデュースが旧来のファンには不評だったらしくUSチャートでは前作の51位に対して140位に終わった。これ以降アルバムのインターバルも6年、4年と開くようになる。斯くして四十路のEDMUNDSにとってはターニングポイントとなった作品、でも80年代のキラキラサウンドを好む向きにはコレが一番お薦めだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-26 08:43:32)


Information / DAVE EDMUNDS

77年以降ROCKPILE名義も含めると毎年1枚ずつ精力的にアルバムを発表していた中、83年4月リリースのソロ通算8th、ARISTA移籍後では2ndとなる"恋のインフォメーション"。初めてE.L.O.のJEFF LYNNEが1.を提供し、1.7.をプロデュースしている。1.はI Hear You Knocking以来12年ぶりの全米TOP40ヒット。他の収録曲もカバーやサポートメンバーの作品が多く、相変わらず自作に拘らない自由奔放なイメージだ。J.LYNNEプロデュースが2曲のみのため違和感があるかも知れないが、翌年の次作ではコラボがさらに深度化するので、本作は過渡的な位置づけと言えよう。ちなみに自分はE.L.O.モードのEDMUNDSが好みである。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-25 10:54:27)