この曲を聴け!
最近の発言
Slow an' Easy / Slide It In / WHITESNAKE (スラッシャー一佐)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Animals / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Side of a Bullet / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Photograph / All the Right Reasons / NICKELBACK (アクセルブルー)
Someday / The Long Road / NICKELBACK (アクセルブルー)
Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (うにぶ)
Imagine / Imagine / JOHN LENNON (うにぶ)
Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
The Word / Rubber Soul / THE BEATLES (N男)
You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES (N男)
TOTO (名無し)
Little Child / With The Beatles / THE BEATLES (N男)
The End(Edit Version from the Film Apocalypse Now) / The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
Light My Fire / The Very Best of the Doors / THE DOORS (帰ってきたクーカイ)
Tattoo / RORY GALLAGHER (名無し)
Material Girl / Like a Virgin / MADONNA (middlefinger is the flag that...)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA (N男)
Wildest Dreams / Asia / ASIA (N男)
My Fairy King / Queen / QUEEN (名無し)
Castles Made of Sand / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience (名無し)
Remington Ride / O.K. Ken? / CHICKEN SHACK (herewaskillroy)
Love Is a Rock / The Earth, a Small Man, His Dog and a Chicken / REO SPEEDWAGON (N男)
One Too Many Girlfriends / Life as We Know It / REO SPEEDWAGON (N男)
Stillness of the Night / Good Trouble / REO SPEEDWAGON (N男)
Ridin' the Storm Out / Ridin' the Storm Out / REO SPEEDWAGON (N男)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (kuroiyuki)
Waiting in the Weeds / Long Road Out of Eden / EAGLES (名無し)
Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
A Night at the Odeon / QUEEN (怒号)
Live at the Rainbow '74 / QUEEN (怒号)
Star Cycle / There & Back / JEFF BECK (名無し)
The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS (野獣)
Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Golden Country / T.W.O. / REO SPEEDWAGON (名無し)
A Secret Love / Hydra / TOTO (Rockmaker)
Running Out of Time / Toto XIV / TOTO (名無し)
K / KULA SHAKER (うにぶ)
The Stone Roses / THE STONE ROSES (うにぶ)
Supernatural / SANTANA (うにぶ)
Some Girls / THE ROLLING STONES (うにぶ)
Cold War / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Glad / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (名無し)
Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES (名無し)
Solid Gold Easy Action / Great Hits / T-REX (名無し)
The Groover / 20th Century Boy / T-REX (名無し)
20th Century Boy / 20th Century Boy / T-REX (名無し)
Teenage Dream / Light Of Love / T-REX (名無し)
Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD (名無し)
Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (名無し)
Out on the Highway / Strangefolk / KULA SHAKER (名無し)
Long as I Can See the Light / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (名無し)
Darkness on the Edge of Town / Darkness on the Edge of Town / BRUCE SPRINGSTEEN (名無し)
More Than a Feeling / Boston / BOSTON (名無し)
The Horizontal Bop / Against the Wind / BOB SEGER (名無し)
Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER (名無し)
Imaginary Lover / Champagne Jam / ATLANTA RHYTHM SECTION (名無し)
Waterloo / Waterloo / ABBA (名無し)
Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI (N男)
Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI (N男)
Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE (名無し)
Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
School / Crime of the Century / SUPERTRAMP (名無し)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Toto XIV / TOTO (名無し)
Fahrenheit / TOTO (名無し)
She Cares / Paradise Theatre / STYX (N男)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Heat / Under Wraps / JETHRO TULL (名無し)
Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX (N男)
Caught in the Game / Caught in the Game / SURVIVOR (名無し)
What Has Come Between Us / Styx / STYX (N男)
My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN (名無し)
Pamela / The Seventh One / TOTO (名無し)
E.L.O. (名無し)
Hi Infidelity / REO SPEEDWAGON (名無し)
Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN (名無し)
SRXT / A Weekend in the City / BLOC PARTY (名無し)
Roll With Me / Captured Live! / JOHNNY WINTER (名無し)
Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS (N男)
Burn It to the Ground / Dark Horse / NICKELBACK (アクセルブルー)
NICKELBACK (アクセルブルー)
Boston / BOSTON (蔵人)
Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS (N男)
The Prelude Implicit / KANSAS (帰ってきたクーカイ)
The Sensual World / KATE BUSH (うにぶ)
The Dreaming / KATE BUSH (うにぶ)
Long Away / A Day at the Races / QUEEN (ヤング兄弟)
SILVER CONDOR (MK-OVERDRIVE)
You Could Take My Heart Away / Siver Condor / SILVER CONDOR (MK-OVERDRIVE)
Synchronicity / THE POLICE (うにぶ)
DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Best of / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Dreamer's Ball / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Have a Heart / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Don't Call Me Tonight / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
GARY MOORE (たまきりふう)
Make Believe / Toto IV / TOTO (名無し)
Tamacun / Rodrigo y Gabriela / RODRIGO Y GABRIELA (極太うどん野郎)
What Have I Got to Do to Win? / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Black Star / The Bends / RADIOHEAD (BLACKWATER)
Feel So Right / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Cousin Kevin / Tommy / THE WHO (N男)
The Shape I'm In / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Watch on My Wrist / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Wait / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
I Want You Bad / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
VI / LOVERBOY (失恋船長)
Don’t You Double / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Paperback Writer / Past Masters, Volume Two / THE BEATLES (middlefinger is the flag that...)
The Wanderer / I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Paralyzed / I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Mad About You / Mindfields / TOTO (名無し)
Play the Game / The Game / QUEEN (名無し)
High School Nights / Porky's Revenge! Soundtrack / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Can’t Get Enough / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Get 'Em Out by Friday / Foxtrot / GENESIS (N男)
How Could I Be So Wrong / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN (名無し)
Hang On / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
S.O.S. / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
THE BEATLES (アシュリー)
Steel Claw / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Funny How Love Is / Queen II / QUEEN (名無し)
Rules of the Game / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Far Away / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Busted Loose / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Breakin’ Out / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Something About You / Riff Raff / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Information / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Frozen / Ray of Light / MADONNA (N男)
Me and the Boys / D.E. 7th / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Slipping Away / Information / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
I Hear You Knocking / Rockpile / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Creature From the Black Lagoon / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Singin’ the Blues / Twangin… / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
From Small Things, Big Things Come / D.E. 7th / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Juju Man / Get It / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Foxy Lady / Are You Experienced / The Jimi Hendrix Experience (Reb)
Little Wing / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience (Reb)
Trouble Boys / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Asphalt World / Dog Man Star / SUEDE (名無し)
Crawling From the Wreckage / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Queen of Hearts / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Almost Saturday Night / Twangin… / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Here Comes the Weekend / Get It / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
The Race Is On / Twangin… / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Set Me Free / Sweet Fanny Adams / SWEET (えみゅ)
The Ballroom Blitz / Desolation Boulevard / SWEET (ココココココココココ)
A‐1 on the Jukebox / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
I Knew the Bride / Get It / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Girls Talk / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Deborah / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS (MK-OVERDRIVE)
Spanish Castle Magic / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience (N男)
Along Comes a Woman / Chicago 17 / CHICAGO (でぶぼぶ)
25 Or 6 to 4 ('80 Version) / Chicago 18 / CHICAGO (でぶぼぶ)
Will You Still Love Me? / Chicago 18 / CHICAGO (でぶぼぶ)
Amanda / Third Stage / BOSTON (名無し)
Amanda / Third Stage / BOSTON (名無し)
Hey Nineteen / Gaucho / STEELY DAN (N男)
Kid Charlemagne / The Royal Scam / STEELY DAN (N男)
Next Position Please / CHEAP TRICK (はっちゃん)
Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER (名無し)
Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER (名無し)
A Day at the Races / QUEEN (名無し)
The Miracle / QUEEN (名無し)
The Mission / 30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS (N男)
30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS (N男)
Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN (N男)
Where the Streets Have No Name / The Joshua Tree / U2 (名無し)
Take Me to the Pilot / Elton John / ELTON JOHN (N男)
Brown Sugar / Sticky Fingers / THE ROLLING STONES (ヤング兄弟)
Save Me / The Game / QUEEN (ヤング兄弟)
Another One Bites the Dust / The Game / QUEEN (ヤング兄弟)
What Has Come Between Us / Styx / STYX (火薬バカ一代)
Sheer Heart Attack / News of the World / QUEEN (ヤング兄弟)
Killer Queen / Sheer Heart Attack / QUEEN (ヤング兄弟)
This Velvet Glove / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS (lead-led-red)
Californication / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS (lead-led-red)
Dark Necessities / The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS (lead-led-red)
The Ballroom Blitz / Desolation Boulevard / SWEET (名無し)
Ashes to Ashes / Scary Monsters… and Super Creeps / DAVID BOWIE (名無し)
Girls on Film / Duran Duran / DURAN DURAN (名無し)
Runaway Boys / Stray Cats / STRAY CATS (名無し)
Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA (名無し)
Styx / STYX (火薬バカ一代)
Brothers in Arms / Brothers in Arms / DIRE STRAITS (H・W)
Rhinoceros / Gish / THE SMASHING PUMPKINS (アシュリー)
Motion Picture Soundtrack / Kid A / RADIOHEAD (名無し)
A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN (名無し)
Brighton Rock / Sheer Heart Attack / QUEEN (名無し)
More Than a Feeling / Boston / BOSTON (名無し)
Chicago 16 / CHICAGO (ウォーランツ)
Paranoid Android / OK Computer / RADIOHEAD (名無し)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (名無し)
Boy in Love / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN (失恋船長)
Where Are You Now? / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN (失恋船長)
For All the Wrong Reasons / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN (失恋船長)
Blessed Be the Lord / A Living Fire / Glen Allen Green (失恋船長)
Run / A Living Fire / Glen Allen Green (失恋船長)
Cheap Trick '97 / CHEAP TRICK (帰ってきたクーカイ)
You Gave Your Love to Me Softly / Pinkerton / WEEZER (N男)
Kid A / RADIOHEAD (名無し)
KANSAS (名無し)
Today / Siamese Dream / THE SMASHING PUMPKINS (N男)
Frances the Mute / THE MARS VOLTA (うにぶ)
NICKELBACK (ウォーランツ)



MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Slow an' Easy / Slide It In / WHITESNAKE
初期のWhitesnakeの強みは明るい曲調(というよりメジャー?)の曲がダサく聞こえないところです。

サーペンス以降のメジャーキーの曲は初期ハロウィン的なダサさがあって(ステレオタイプなアニソンのイメージ。初期ハロウィン、アニソン好きの方ごめんなさい)受け付けませんが、この頃は明るいハードなブルーズロックに仕上がります。

この曲もジョン・サイクスかUS盤を仕上げていて、ジョン・サイクスはメジャーの曲には相性悪いのですが、このアルバムではわりと自己主張を押さえぎみにしていて、それがいい方向へと繋がったみたいです。

デイヴィッドの声が軽くなってしまう前のいい時代ですね!

スラッシャー一佐 ★★★ (2017-01-09 12:00:11)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
浮遊感があって霧のかかったようなサウンド
救いようのない悲劇を静観し脱力しているかのよう

名無し ★★★ (2017-01-07 01:15:23)


Animals / All the Right Reasons / NICKELBACK
重厚なサウンドでありながらノリノリになる曲。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:18:42)


Side of a Bullet / All the Right Reasons / NICKELBACK
元Panteraのダイムバッグ・ダレルが暗殺されたことに対する怒りを歌った曲。歌詞もそうだがサウンドも重い。とにかく重い。ギターソロは彼の未発表音源から使用しているとか。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:14:08)


Photograph / All the Right Reasons / NICKELBACK
哀愁漂うバラード。Somedayに決して劣らない名バラードだと思う。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 18:03:52)


Someday / The Long Road / NICKELBACK
力強くドラマティックなバラード。最高。

アクセルブルー ★★★ (2017-01-04 17:49:41)


Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK
この曲にまだ書き込みが無かったとは!
ロビンの甘い歌声に全米のキャロラインちゃんが「キャー‼」ってか?
そのあと、終盤では一転して力強くfor your love ってシャウトしてロビンは素晴らしいボーカリストです。

名無し ★★★ (2016-12-31 16:33:34)


You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK
この曲は、トム ピーターソンのドライブ感溢れるベースラインが気持ちいいですね。
ちょっとパンクっぽい感じも有りますが、ロビンのボーカルも力強く良い感じです。

名無し ★★ (2016-12-31 16:27:20)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
前にも書いてますが、海賊盤(アルバムタイトルも「My God!」とそのまんまです)でのプレイが凄いですよ!うにぷさん。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★★ (2016-12-30 20:50:21)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
最近のヘヴィ・ローテーションNo.1曲です。
風変わりな展開、フルートの妖しさ、荒々しさに、色々と興奮してしまいます。聴くたびに新鮮。

うにぶ ★★ (2016-12-24 16:19:11)


Imagine / Imagine / JOHN LENNON
シンプルなメロディの良さと、歌にこめられた勇気と希望に、いつ聴いても心がかき乱されます。
誰かの理想は誰かにとっての悪夢かもしれず、この歌詞が許せない人も多いことでしょう。
たぶん、宗教に無節操な人が多く、国家への盲目的忠誠心にアレルギーのある人が多い日本では、あまり抵抗なく受け入れられると思いますが、外国での反応は強烈そう。

うにぶ ★★★ (2016-12-24 16:02:36)


Kilroy Was Here / STYX

傑作だが前作よりは落ちると言われがちだったり、良い曲ばかりだが、一曲目が超絶キラーチューンのせいで後続が霞みがちというところは、同じリリース年のJOURNEYのFRONTIERSを連想させる。個人的には前作よりずっと気に入っている。何はともあれ、この時期のSTYXとJOURNEYはとんでもない怪物バンドだったことは容易に想像できる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-21 02:46:38)


Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX
イントロは何となく古代のムードを感じる。後半のハイライトと言える壮大なバラードで、凝ったアレンジも想像力を刺激してくれる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-19 03:29:45)


The Word / Rubber Soul / THE BEATLES
ギターのクサいフレーズが印象的。英国メタル的。

N男 ★★★ (2016-12-15 00:36:53)


You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES
「悲しみをぶっとばせ」だろうが「悲しみはぶっとばせ」だろうが、知らんわw
地味だけど、良い曲だと思う。
とか言っといて、自分で赤盤編集するなら外す可能性の方が大きいかも。

N男 ★★ (2016-12-14 18:51:24)


TOTO


TOTOには何人かのVoがいたけれど、僕にはマリオ・・・いや失礼、ボビー金坊のほうが
ワイルドでパワフルでエネルギッシュな素晴らしいVoだと思いました。

名無し (2016-12-13 22:39:17)


Little Child / With The Beatles / THE BEATLES
気持ちよさそうにハーモニカが鳴っている。
2ndの曲って人気ないなぁ、こんなに取っつきやすい曲なのに。

N男 ★★★ (2016-12-13 22:19:14)


The End(Edit Version from the Film Apocalypse Now) / The Very Best of the Doors / THE DOORS

 ライナー・ノーツによると、『地獄の黙示録』サウンドトラック盤がこのヴァージョンの初出なのだが、2007年のRhinoから出されたベスト盤より前にサウンドトラックやベスト盤に収録されていたものは、4分台に編集されていたらしい。2001年の『地獄の黙示録 特別完全版』のサウンドトラックに収録されていたものは6分8秒のもので、2007年のRhino盤に収録されたものはそれである。


 これが終わりだ。素晴らしき友よ。
 これで終わりなのだ。我がたった一人の友よ。
 我々の綿密な計画の終わりだ。
 あらゆる我慢の終わりだ。
 終わりだ。

 安寧も驚愕もない。
 終わり。
 再び君の瞳を覗きこむことはないだろう。

 どうなるか君は想像できるか?
 そう。限界がなく、束縛もない
 絶望の地にある見知らぬ誰かの手札は
 絶望的だ。

 ローマの荒れ野のような苦痛に負け
 そして全ての子供たちは狂気のふちに
 子供たちは狂気のふちに・・・・


 来いよ、ほら・・・
 ひどい、ひどいよ・・・
 殺す、殺す、殺す・・・。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 21:36:37)


The Very Best of the Doors / THE DOORS

 2007年にRhinoから出されたデヴュー40周年記念ベストアルバム。
 結構手間暇かかっているベスト・アルバムなのだが、その詳細は「Light My Fire」の項を参照の事。

 本ベストで私が何を最も高く評価するのかというと、「The End」の『地獄の黙示録』サウンドトラック・ヴァージョンが収録されている事。
 「The End」も「Light My Fire」に負けず劣らず名曲かつ気色の悪い曲なのだが、映画『地獄の黙示録』で流れてきたのを聴いた時には、この映画の為に存在する曲と言い切ってしまってもよいくらいのはまりようであった。

 The Doorsについては本ベストしか持っていないので良く知らないのだが、本ベストに関して言えばライナーノーツを読む限り、代表曲は収録されているようだ。このバンドが結成されるにきっかけとなった(キーボードのレイ・マンザレクが、L.A.のヴェニス・ビーチに寝転んでいるジム・モリソンに会った時に、ジムが書いていたのを読んでもらいレイが「すげえよ、それ」と言った)「Moonlight Drive」も入っている。

 てっとり早くこのバンドの概略を掴むには、良いベスト・アルバムではないかと。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 20:37:14)


Light My Fire / The Very Best of the Doors / THE DOORS

 何故別立てで改めて登録したのかというと、私が聴いて書き込んでいるのは「40周年記念リミックス」ヴァージョンだから。
 別立てするほど何が違うのかというと、「~(前略)ブルース・ボトニックは、~(中略)~6枚のオリジナル・スタジオ・アルバムをすべて5.1チャンネルのサラウンド・ヴァージョンとするべくリミックスを担当した。各アルバムのマルチ・トラック・テープまでさかのぼり、オリジナル・アルバム盤ではオミットされていた様々な音をふんだんに使用して全く新しいサウンド・デザインのヴァージョンとして完成、いわばドアーズのデヴュー40周年記念ミックスである。本盤は、それら全曲の新ヴァージョンからセレクトしたナンバーを通常の2チャンネル・ステレオへと変換させて構成した、(後略)~」のみならず「マスターテープのピッチを上げテンポアップを図ることによってよりハードな雰囲気に変えている(後略)~」からだ。
 要するに、①5.1サラウンド用にリミックスしたものを2チャンネル・ステレオ用に変換し、②オリジナル・ヴァージョンでは消されていた音を聴こえるようにし、③ピッチを上げてテンポアップしている、わけである。
 オリジナル・ヴァージョンとどれほど変わっているのかは私は確認していないが、とりあえず別項を設定するべきであろうと考えた理由はそこにある。

 曲自体は当然素晴らしい。とてつもなく妖しく(妖艶と言って良い)かつ優れたポップ(ロック)ミュージックとして成立している奇跡のような一曲である。
 この一曲の中にコインの表と裏が表現されている。生と死がある。エロスとタナトスがあると言い換えても良い。
 長い間奏は聴いていると全く長いように思えない。サイケデリックとも評されているが、何か宗教音楽のような響きを感じる。そのメロディには背徳的な何かが含まれている。
 「開けてはいけない」と言われた函を開けたパンドラがその時何を感じたか、この曲を初めて聴いた時のことを思い返すと、何となく理解できるような気がする。

 子供は聴いてはいけません!な、名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-12-12 19:38:00)


Tattoo / RORY GALLAGHER


昨日、購入してまだ一回さらっと聴いただけですが、キーボード有りの時期の作品では、一番かな?
なるほど、モブルールスさんこれってロリーの代表作扱いなんですか?
私は、トリオに戻っての「Photo finish」や「Jinx」が好きでキーボード入りは、最近になってから聴き始めているものの(「Calling card」「Against the grain」「Blue print」購入済み)今一つ良いね!って思える作品が無かったですが、これはちょっと別格かな。

名無し ★★ (2016-12-10 15:09:46)


Material Girl / Like a Virgin / MADONNA
アクセントになってるSE音が大好き
イントロからのノリも小気味良い

middlefinger is the flag that... ★★★ (2016-12-08 01:29:48)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA
このアルバムでは一番いいな。

N男 ★★★ (2016-12-06 18:55:11)


Wildest Dreams / Asia / ASIA
毎回のようにライブでやってる曲。
ドラマティックな展開と次々と飛び出す自己主張の塊のようなフレーズがカッコいい。
渋谷陽一自体認めないけど、僕もこの曲も名曲と認めますね。

N男 ★★★ (2016-12-06 00:32:55)


My Fairy King / Queen / QUEEN
Aメロ→Bメロ→Cメロ→Dメロと繰り返しなく延々と続いていくスタイルは後のthe march of black queenやBohemian Rhapsodyと同じスタイル
これぞフレディ・マーキュリーって曲だな
これとgreat king ratは何百回、何千回聞いたことか

名無し ★★★ (2016-12-05 12:46:17)


Castles Made of Sand / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience
このアルバムで一番好き

名無し ★★★ (2016-12-04 12:05:21)


Remington Ride / O.K. Ken? / CHICKEN SHACK
https://www.youtube.com/watch?v=KcDzFBupEMw
音数のなんという違い! 20:1か?

herewaskillroy (2016-12-04 04:50:19)


Love Is a Rock / The Earth, a Small Man, His Dog and a Chicken / REO SPEEDWAGON
いくらなんでも埋もれすぎ。
バランスがとてもいいし、90年代の名曲。

N男 ★★★ (2016-12-02 12:27:40)


One Too Many Girlfriends / Life as We Know It / REO SPEEDWAGON
軽快なテンポでサラッと流れてく、メロディアスで非常に聴きやすい。
割かしバラードが目立つ時期だが、これ良い曲だと思うよ。

N男 ★★★ (2016-12-02 00:14:17)


Stillness of the Night / Good Trouble / REO SPEEDWAGON
超コテコテ系の曲。
サビメロのクサさはREO史上最高かもしれん、人気ないが気に入ってる曲。

N男 ★★★ (2016-12-01 16:16:37)


Ridin' the Storm Out / Ridin' the Storm Out / REO SPEEDWAGON
回数的には一番演奏してる曲らしい。
やっぱり3rdだとこの曲。
初期と中期の橋渡しのような存在感。

N男 ★★★ (2016-11-30 15:19:04)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
哀愁漂うメロディーと歌声、そしてコーラスが泣ける。
ラストのギターソロは名演の一言

kuroiyuki ★★★ (2016-11-29 00:24:07)


Waiting in the Weeds / Long Road Out of Eden / EAGLES
このアルバムのベスト曲。 素晴らしい曲構成ですね〜。

名無し ★★★ (2016-11-27 11:23:01)


Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX
ソフトな歌唱が光る王道的なバラード。DennisとTommyって声が似ているような気がする。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-27 06:38:43)


A Night at the Odeon / QUEEN

なぜ項目追加されない。。
75年ロンドンはハマースミスオデオンでのライブ。

前作レインボーとほとんど同じ選曲だが、ライブバンドとしてよりこなれてきた感じがある。

音質は残念ながらレインボーほどの迫力は無いのが少し残念だが、
許容範囲である。
また、この日はフレディとブライアンがインフルエンザだったとかで、
フレディの調子はこの時期にしてはあまりよくない方かな。

しかしながら、フレディの大ミス2か所こそ修正されているものの、
レインボーの様にコーラスをかぶせたりとかの修正がない為、
ありのままの荒々しい雰囲気を楽しむことが出来る。

レインボーとこのライブなら断然レインボーを進めるが、
こちらはこちらにしかない良さがある。

ちなみに映像版はブルーレイでもあまり画質が良くないのだが
(レインボーは画質も素晴らしかった)、
フレディの着物ストリップ等見どころはこちらの方が多い。

レインボーが気に入ったらこちらも是非入手して欲しい音源である。

この後に始まるA Night At The Operaのツアーはより完成度が高く、
ハイドパーク公演のリリースに期待したい。

怒号 ★★★ (2016-11-26 11:49:51)


Live at the Rainbow '74 / QUEEN

74年のロンドンはレインボーシアターでのライブ音源。
QUEEN2ツアー時のDisc1, Sheer Heart Attackツアー時のDisc2の2枚組。

とにかく音がすごい。各パートくっきりはっきりながら、低音の迫力が凄まじい。
リマスター恐るべし。
楽曲も2公演完全収録でもう言うことなし。感涙の極みである。

Disc1のほうはまだ必殺曲もない初期も初期だが、
すでに演奏は完璧。エンターテインメントをライブに取り入れていく前の時代だけあり、
中期~後期に無い丁寧さ,繊細さを楽しめる。
バリバリの正統ブリティッシュハードである。
フェアリーフェラーの神技のライブには驚愕。よくライブで出来るなと思う。

Disc2はもう少しこなれてきた感じがあり、早くも風格の漂う雰囲気。
Sheer Heart Attackの色鮮やかな楽曲が絶妙なアクセントとなり、
ライブの完成度を高めている。
個人的にはこちらに軍配があがる。

コーラス等音を直していることは明白だが、それを差し引いても最高としか言いようがない。

この調子で未発表ライブ音源のお蔵だしをどんどん期待したい。
あー最高。

怒号 ★★★ (2016-11-26 11:40:15)


Star Cycle / There & Back / JEFF BECK
全日の中継でも流れてたの???
俺は新日のほうでしか聴いたことなかったけど。

名無し ★★★ (2016-11-25 02:13:04)


The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS

前作はジョンが脱退したからね、しょうがないね…ってレベルの迷走感のある出来だったんだけど
今作はメロディセンス抜群のセクシーで…エロいっ!感じの名盤なんだよなぁ
2.Dark Necessities 4.The Longest Wave 5.Goodbye Angels 11.Encore辺りは聴きやすいし
懐かしいダンスソングみたいな7.Go Robotやリフが気持ちいい^~9.Detroitもいいっすね^~
特に6.Sick Loveは甘くせつなくてオススメなんだよなぁ
正直今年一番の名盤なんで聴いて、どうぞ

野獣 ★★★ (2016-11-24 23:12:04)


Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX
煌びやかなシンセのイントロは未だにワクワクする。Dennisの卓越したメロディセンスや抜群のコーラスワークが光るキラーチューン。重く機械的なドラムも上手くはまっている。

ANBICION 11 ★★★ (2016-11-23 22:18:52)


Golden Country / T.W.O. / REO SPEEDWAGON
以前、ライヴ盤を先輩から借りて、カセットテープに入れて愛聴しておりましたが、テープが伸びて聴けなくなってから幾星霜、今ユーチューブの何と!そのライヴ音源を聴きながら書き込みしておりますが、やはり素晴らしい‼大してテクニカルではないのですが、アメリカンハードロックはこうあってほしいというこちらの願望を完璧に再現してくれています。

名無し ★★★ (2016-11-22 23:50:29)


A Secret Love / Hydra / TOTO
前半だけ聞いて飛ばしてませんか?後半珠玉のメロディーが隠れてますよ

Rockmaker ★★ (2016-11-22 23:39:02)


Running Out of Time / Toto XIV / TOTO
1曲目をライヴでやったときこのアルバム買おうと思った。

名無し ★★★ (2016-11-21 15:28:08)


K / KULA SHAKER

発売当時、ブリットポップのブームでUKロックに注目が集まっていたこともあってか、様々な音楽雑誌で大きく取り上げられていた記憶があります。
このアルバムのインド風味で雰囲気たっぷりかつキャッチーなメロディや、グルーヴィーで躍動感のある演奏と歌には、いま聴き返しても興奮してしまいます。
緩急のつけ方が巧く、勢いよく飛ばすところは飛ばし、サイケデリックでゆったりした曲でもアレンジの意外性で飽きさせずに聴かせてくれるのが素晴らしい。
THE BEATLESやTHE STONE ROSESの影響なんていうのもあるのでしょうが、しっかりオリジナリティを出して、時代を超えたロックを鳴らしています。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:45:42)


The Stone Roses / THE STONE ROSES

このバンドの魅力はグルーヴ感あふれる(でもファンキーというのとはまた違った独特の)リズムと儚げなメロディや声との絶妙なバランスだと思っているので、1stとその前後のシングル曲が好きです。(2ndはグルーヴは強調されたけれども独自性は薄れた気がします)
1stも、買うなら「ELEPHANT STONE」「FOOLS GOLD」というリズムにアクセントのある名曲2曲が追加されたヴァージョンが良いですね。
メロディアスなだけのバンドはたくさんいるけれど、こういうノリと切ないメロディを融合させられるセンスを持ったバンドは希少です。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:17:51)


Supernatural / SANTANA

どれほどタイプの違う個性的ゲストを迎えたとしても、ギターが入ってきた時点でサンタナが主役であることが明示されるところに凄味を感じます。
ラテン音楽って、ただ心地よいだけで耳を素通りしてしまうことも多いのですが、耳を惹きつけるユニークで刺激的な曲がそろっています。傑作。

うにぶ ★★ (2016-11-20 22:04:43)


Some Girls / THE ROLLING STONES

1曲目の「Miss You」から、身体を動かさずにいられません。
メロディ的には正直、そう感銘を受けないのですが、このアルバムのファンキーさ、ノリの良さには白旗を上げるしかありません。
直線的な疾走曲しか受け入れられなかった昔は、こういうアルバム/バンドが苦手だったのですが、最近はこういうのを聴くと、ロックンロールって強烈だなと思えます。

うにぶ ★★ (2016-11-20 21:44:14)


Cold War / Kilroy Was Here / STYX
爽やかなシンセとTommyの親しみやすいvo.が心地よい。いまいち突き抜けていない感じが逆に良い味を出している。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-20 20:28:55)


Glad / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
ファンキーなインストナンバー、ブリティッシュかつ泥臭い!けど、そこが良いのです。

名無し ★★ (2016-11-19 23:55:37)


Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES
小学生の頃から7つ上の従兄に良い曲だろうって聴かされてたものです。
Let it beと並んでビートルズでは大好きな曲です。

名無し ★★★ (2016-11-19 23:45:59)


Solid Gold Easy Action / Great Hits / T-REX
ジャカジャカジャカジャカジャ ヘイヘイヘイってかあ。

名無し(2016-11-19 23:39:04)


The Groover / 20th Century Boy / T-REX
↑ビートルズ解散後、ハードロック登場までの数年間グラムロックが流行っていた?
T REXの「メタル グルー」とパープルの「ハイウェイ スター」がヒットしたのは、同じ1972年でしょ、勉強してよ❗

名無し (2016-11-19 23:35:24)


20th Century Boy / 20th Century Boy / T-REX
最近、CMでオリジナルではなく、カバーバージョンが使われていますが、酷いアレンジなのが残念です。でも、それでも一発でわかるんだから良い曲なんだねえ。

名無し ★★★ (2016-11-19 23:27:51)


Teenage Dream / Light Of Love / T-REX
この曲はもうブームも下火になり、あまりヒットしませんでしたが、夢見る様なバラードでマークの気だるく切なげなボーカルが良い味出してます。

名無し ★★ (2016-11-19 23:20:40)


Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
オーケストラアレンジが良いね❗

名無し(2016-11-19 11:57:26)


Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER


クーラは5枚全部スタジオ盤は持っていますが、この作品は一聴えらい地味ですが、聴くほどに味がでるスルメ盤ですね。

名無し ★★ (2016-11-19 11:44:19)


Out on the Highway / Strangefolk / KULA SHAKER
復活第一弾のオープニングナンバーですね。
やったー‼クーラが帰って来た‼って大喜びするのに相応しいカッチョいいナンバーです。

名無し ★★★ (2016-11-19 11:38:47)


Long as I Can See the Light / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
バンドへの書き込みを先程見て、彼らがサザンではなくシスコ近辺の出身と知ってビックリ‼
MK OVERDRIVEさん、教えてくれて有り難うございます。
メタルけいしょう娘のパソコンより。

名無し (2016-11-19 10:38:14)


Darkness on the Edge of Town / Darkness on the Edge of Town / BRUCE SPRINGSTEEN
邦題「暗闇へ突っ走れ」だったと思います。シングルで持っていますが「明日への暴走」や「Born in the USA」より良いんじゃない?でも星は一つ。(笑)

名無し(2016-11-19 10:26:10)


More Than a Feeling / Boston / BOSTON
リアルタイムでヒット曲として聞いていましたが、文句のつけようがない名曲でしょう。

名無し ★★★ (2016-11-19 10:20:54)


The Horizontal Bop / Against the Wind / BOB SEGER
軽快なテンポとメロディーのオープニングナンバーですね。
今日のような冷たい雨降りの日に聴くと気分だけは晴れやかになりそう。

名無し ★★ (2016-11-19 10:13:28)


Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER
Day after dayのシングル盤のB面ですね。
勿論、大ヒットしたA面も良いですが、この曲も地味なアコースティックナンバーですが、良いんですね。

名無し ★★ (2016-11-19 10:05:00)


Imaginary Lover / Champagne Jam / ATLANTA RHYTHM SECTION
この曲は、昔ラジオで聴いた記憶があります。
カセットにも録音したけど、テープが伸びちゃって、今は聴くことが出来ません。
でも、良い曲だったことは覚えているよ。

名無し ★★ (2016-11-19 09:59:33)


Waterloo / Waterloo / ABBA
昔、シングル盤を只でもらいました。(ミュージックライフの毎月のシングル試聴会のクイズで当ててもらった)
女二人のうち一人は可もなく不可もなくですが、もう一人はめっちゃ可愛い人でしたね。(過去形=笑)

名無し ★★ (2016-11-19 09:52:17)


Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI
初期の名曲。
Jamiroquaiの中でも特に好きな曲の一つ。
とにかくカッコいい、そしてキャッチー。

N男 ★★★ (2016-11-18 01:44:38)


Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI
またしても強烈なPV(笑)
彼らの中でも特に浮いてる存在感、知名度の割には取り立てて良い曲だとは思わない。

N男 (2016-11-18 01:43:02)


Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE
今日このごろこの曲が頭のなかで
以上に再生されるから

名無し ★★★ (2016-11-17 21:29:15)


Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX
アルバムは全体的にエッジが少ないので、そこそこハードなこの曲が新鮮で引き立っている印象。賑やかで楽しいし、曲名の響きも良い。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-17 00:04:25)


All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE
ブルースというよりアップテンポでご機嫌なロックンロールでげすな。

名無し(2016-11-15 22:35:16)


School / Crime of the Century / SUPERTRAMP
プログレッシブでありながら、親しみやすくブリティッシュロックらしい佳曲です。

名無し ★★ (2016-11-15 22:23:13)


War Child / War Child / JETHRO TULL
↑すみません。クラリネットではなくサックスでした。
「ストレンジデイズ」の記事を見て確認しました。

名無し (2016-11-15 19:10:17)


Toto XIV / TOTO


1曲目の始まりかたが好きです。毎日聴きたいです。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:22:00)


Fahrenheit / TOTO


このアルバムは、いい曲いっぱいあるからもっと売れてほしい。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:19:06)


She Cares / Paradise Theatre / STYX
今聴いてもあまり古さを感じない。
埋もれてる感あるけど、名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-15 14:34:56)


War Child / War Child / JETHRO TULL
オープニングナンバーですね。
そんなに良い曲とは思っていませんが、この頃(前作のパッション プレイも含む)イアンは、何故かフルート以外にもクラリネットも演奏しており、この曲でも聴かれます。
以前「ストレンジデイズ」のインタビューで「クラリネットを吹くのが嫌なのでパッションプレイの再現ライヴはやる気にならない。」と発言していました。

名無し(2016-11-15 09:11:53)


Heat / Under Wraps / JETHRO TULL
このアルバムでのマーティン バレのギターはかなり他の作品とは異質なプレイです。
キーボードのビッテッセに呼応したプレイなのでしょうが、この曲によく表れていますね。

名無し(2016-11-15 08:58:16)


Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX
これぞStyxの名曲の一つだと思うのだが、人気ないのねぇ。
力こもってる後半は、アルバムのハイライト。

N男 ★★★ (2016-11-14 20:41:03)


Caught in the Game / Caught in the Game / SURVIVOR
サバイバーのかっこいいところをちゃんと出せています。サバイバーのなかでもすきです。

名無し ★★★ (2016-11-14 15:33:30)


What Has Come Between Us / Styx / STYX
1stに思い入れはほとんどないのだけれども、この曲は好き。

N男 ★★★ (2016-11-14 11:58:40)


My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN
とてもいい曲です。
ドラマチックで素敵な曲だなぁと感銘を受けました。

名無し ★★★ (2016-11-13 14:22:02)


Pamela / The Seventh One / TOTO
ビデオのアジア系の女性が気になる~

名無し ★★★ (2016-11-13 11:11:41)


E.L.O.


ロンドン行き最終列車は最高だね。個人的にはシャングリ・ラが一番好きだから入れて欲しいなぁ

名無し (2016-11-10 23:17:36)


Hi Infidelity / REO SPEEDWAGON


ジャーニーと並んで80年代ロックの教則本になったバンドの一品ですね。正にロックバラードの王道を歩んだkeep on loving youはハードロックをメロディアスに聴きたい時に打ってつけだい。このアルバムにはハードロックにおける音の容易さが体現できるチューンがいくらもあるわいなァ

名無し ★★ (2016-11-10 18:56:58)


Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN


ほんと、ギターは上手い!!ボーカルも良いけど、イケメンからは本人もそろそろ抜け出したいと思ってると思う。
ワザと汚い恰好をするようになってきた。もうすぐ、50歳だもんね。売れないのは性格のせいだろう。日本でも
昨今女性問題でヒステリックすぎるマスコミの対応とかがあるが、リッチーの場合、公式のGFと、そうでないGFSが、
worldwide にいるから、ネットなんかであっという間に広まってしまう。彼が建前にするのはいつもヒスパニックの女性ばかり。
この辺り、好感が持てない人も多いのかもね??? まあ、ともあれ、偉大なギタリストではあるな!

名無し (2016-11-10 15:08:25)


SRXT / A Weekend in the City / BLOC PARTY
オアシスの手のひらをクルクルさせただけのことはある

名無し ★★★ (2016-11-10 08:01:29)


Roll With Me / Captured Live! / JOHNNY WINTER
狂おしい曲です

名無し ★★★ (2016-11-10 06:34:53)


Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS
このアルバムはいい印象の曲が少ないが、この曲はかなりの名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-09 20:58:34)


Burn It to the Ground / Dark Horse / NICKELBACK
サビのコーラス(合いの手)が最高にアツい!たまらん!

アクセルブルー ★★★ (2016-11-08 23:53:33)


NICKELBACK

最近になってこのバンドにハマってきた。骨太なギターサウンドとチャドの渋い歌声がいい。

アクセルブルー ★★★ (2016-11-08 23:42:00)


Boston / BOSTON

1970年代では前代未聞だったこの音は、今となって正統派になりおった。それがこのボストンの1stだ。クイーンとジャーニーの中間みたいな感じじゃないのか?

蔵人 ★★ (2016-11-08 19:19:07)


Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS
Kansasらしい各パートの自己主張が出た本作の目玉。
アルバムの中でも特に凝った展開が聴ける。
ライブでも結構頻繁にやってるね。

N男 ★★★ (2016-11-07 02:42:27)


The Prelude Implicit / KANSAS

 前スタジオ作から約16年ぶり。前作〔『DEVICE-VOICE-DRUM』(ライヴ)〕から勘定しても約14年ぶり。
 今、ここでまっさらな新作を聴けるとは思いもよらなかったね。

 メンバーは結構変わっている。Vo.が違うし。しかし、そっくり同じ声の人物を加入させたわけではないのだが(声がかすれない)、全く違和感なし。

 音楽性はまさしく「これぞKANSAS。これがKANSAS」

 やっぱり「ここぞ」というところで奏でられるヴァイオリンのメロディが肝だし、それを必然的なものとしている楽曲構成や、絡んでくるギター・キーボードのメロディがKANSAS以外の何物でもない。’70年代のプログレ・ハード期のKANSASが元気一杯に21世紀にニュー・アルバムをリリースするとこうなる、というのを余すところなく体現している。

 6曲目以降、徐々に高まっていく緊張感がたまらない。
 本編最後の10曲目「Section 60」もラストの曲として本編をピシリと締め、本作は楽曲単位で聴くのではなくアルバム単位で聴き評価すべき作品だと痛切に感じる。

 久しぶりにリリースされたからだとか、どこかで(以前のKANSASで)聴いたようなメロディが聴けるからとかは関係なく、ある一世を風靡したバンドが、往年のスタイルのままに充実した作品をい作り上げたという意味においても名盤。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-11-06 00:42:27)


The Sensual World / KATE BUSH

'89年発表の、オリジナル・アルバムとしては6枚目です。
しっとり、落ち着いた曲調の歌が多く、クレイジーなロックを期待すれば厳しいアルバムでしょう。
しかし、ズブズブと深みに引きずり込むような底の知れなさ、音の温もりとしなやかさ、ゆらぎの心地よさには、他に代えがたい魅力があふれています。タイトルにも表れているような官能性に、ねっとりと絡めとられてしまいます。
アイリッシュ音楽やブルガリアン・ヴォイスを取り入れながらも、自身の個性で全てをまとめあげてしまうところも、さすが。
聴くたびに別世界へ連れて行ってくれる、素晴らしい作品です。

うにぶ ★★ (2016-11-05 01:03:24)


The Dreaming / KATE BUSH

好きな作品なのかと問われると悩みますが、傑作かと問われれば議論の余地もなくそうだと即答できます。
男には作り得ない、ジャンルも何もかもを飛び越えて情念を放つ、本能の音楽。美しくもあるけれども、あまりに闇が深くて精神的に辛くなります。
私の中ではジョニ・ミッチェルやビョークを聴くときと似た感覚の、しかし比較を超越した絶対的な音楽。抗うこともできないけれども、毎日聴きたいものではありません。
(他のアルバムはまだ矢野顕子やフェイ・ウォンあたりと似た感覚でも聴けますが、これは無理)
事前情報一切なしで聴いても、一聴目にして身体が凍りつき、最後まで聴かずにはいられないと思います。音楽が現実を超えて夢に結びつくものであることを知らしめる名盤です。

うにぶ ★★★ (2016-11-05 00:48:06)


Long Away / A Day at the Races / QUEEN
このアルバムで一番票が低いなんて、、、
クイーンらしさ全開の曲に挟まれてるので地味なのは仕方ないですが、とても優しくて暖かい雰囲気の曲です。
この雰囲気はブライアンの声じゃないと出なかったと思います。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-10-31 18:04:39)


SILVER CONDOR

1980年代初めにアルバムを2枚だけリリースして消えたロックバンド。しかも2ndではVo.以外メンバー総入れ替えとなっている。
STの1stではJOE CERISANO(Vo.)、EARL SLICK(G.)、JOHN COREY(Key.,G.)、JAY DAVIS(B.)、CLAUDE PEPPER(Ds.)の5人。
2ndになるとVo.は変わらず、以下NICK BROWN(G.)、STEVE PLUNKETT(G.,Vo.)、STEVE GOLDSTEIN(Key.)、KENNY AARONSON(B.)、CRAIG KRAMPF(Ds.)となり、更にNEAL SCHONやRICK DERRINGERといった豪華ゲストも参加。
CBSとしても相当に力を入れて売りだしたのだろうけどポシャったね。そのせいか2ndはCD化されたが1stはまだのようだ。
1曲しか知らない身としてはここまでしか語ることができないのでどうかご勘弁を。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-31 08:51:20)


You Could Take My Heart Away / Siver Condor / SILVER CONDOR
1981年、AOR期待の新星シルバーコンドル登場、コレが全米32位まで上昇したデビュー曲である。邦題は"夜明けのテイク・オフ"。当時のCBS SONYらしい産業ロックの売り方を差し引いても名曲だろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-30 09:27:39)


Synchronicity / THE POLICE

以前はおしゃれでポップな音楽のように感じて聴いていたのですが、改めて聴き直してみたら、1曲毎に実験を繰り返しているような音楽性の幅広さに唖然としました。
先にスティングのファンになって、後追いで聴いたせいもあるかもしれませんが、有名曲ばかり飛ばし聴きするような接し方をしていました。
最近、以前は古臭く感じていた'80年代の音楽を新鮮に感じるようになっているのですが、この時期に聴き直してよかった。シンプルなようでいてとても深い音楽です。
メロディも臭すぎず、メロディアスながらも抑制が効いているところが実にかっこいい。そしてリズムが、いま聴いても風変わりで、面白いです。

うにぶ ★★ (2016-10-30 00:47:33)


DAVE EDMUNDS

1944年英国ウェールズ生まれのロックンローラー。EVERLY BROTHERSの復活作などでプロデューサーとしての名前は知っていたが、まともに彼の曲を聞いたのはつい去年のこと。中古CD屋でRiff Raffをガンガンかけていたので即刻ゲットしたのが最初であった。自分が知らなかったからという訳ではないけど、色々調べてみると英米での評価に比べてやはり日本での知名度は低いらしい。プロデューサーとしてもSTRAY CATSを発掘したり、HM/HRでは何とMOTORHEADのOn Parole・97年再発盤にも関わるなど大活躍。その一方でアーティストとしてはオリジナルに拘らない人みたいで、自分がレビューした中でも他人の作品やカバーの多いこと多いこと。それでも立派にロックでありアーティストだと言わせる不思議な魅力が彼にはあるのだ。ブリティッシュでありながら陽気なアメリカンテイストを併せ持つこともその要因だろう。現に70年代初頭には"イギリスから登場したアメリカンミュージックの新しい守護者"と呼ばれていたのである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-29 12:43:06)


The Best of / DAVE EDMUNDS

1991年とはCD化の年でアナログ盤は81年に発売となっている。SWAN SONG時代、即ち第2次ROCKPILEと共演した77年から81年までのアルバムからシングル曲を中心に選曲されたベスト盤。収録曲についてはオリジナル盤の方でレビューしておいた通りで、もちろん音楽的にZEP.との関連は皆無である。UK国内だけとは言えそこそこヒット曲もあるのに、自分はこの時期EDMUNDSのことを全く知らなかったんだよなあ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-28 08:37:08)


Dreamer's Ball / Jazz / QUEEN
ブルースなんだけどブライアンのギターオーケストレーションによって可愛らしい雰囲気もある不思議な名曲。
冬に暖かい部屋の中で聞きたいです。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-10-28 07:44:33)


I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS

86年暮にリリースされた初の公式ライヴアルバム。4.5.が初収録である以外は71年から83年までの3レーベルに亘るオールキャリアが網羅され、ベストライヴさながらの様相となっている。これに昔ながらのファンも納得したのか、USチャートでは翌年初めに前スタジオ盤を上回る106位をマーク。タイトルはもちろん自身最大のヒット曲をもじったもの。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-27 08:32:36)


Riff Raff / DAVE EDMUNDS

前作以上にJEFF LYNNE色が濃くなった84年9月リリースのソロ9th。JEFFの作曲は2.4.7.の3曲だけだが1.2.3.4.7.8.の実に6曲をプロデュース、自分がそうだったように知らない人が聞いたら完全にE.L.O.である。同年のEDMUNDSはEVERLY BROTHERSの復活作EB 84をプロデュースするなどノリにノっていた一方で、本作はさすがにオーバープロデュースが旧来のファンには不評だったらしくUSチャートでは前作の51位に対して140位に終わった。これ以降アルバムのインターバルも6年、4年と開くようになる。斯くして四十路のEDMUNDSにとってはターニングポイントとなった作品、でも80年代のキラキラサウンドを好む向きにはコレが一番お薦めだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-26 08:43:32)


Information / DAVE EDMUNDS

77年以降ROCKPILE名義も含めると毎年1枚ずつ精力的にアルバムを発表していた中、83年4月リリースのソロ通算8th、ARISTA移籍後では2ndとなる"恋のインフォメーション"。初めてE.L.O.のJEFF LYNNEが1.を提供し、1.7.をプロデュースしている。1.はI Hear You Knocking以来12年ぶりの全米TOP40ヒット。他の収録曲もカバーやサポートメンバーの作品が多く、相変わらず自作に拘らない自由奔放なイメージだ。J.LYNNEプロデュースが2曲のみのため違和感があるかも知れないが、翌年の次作ではコラボがさらに深度化するので、本作は過渡的な位置づけと言えよう。ちなみに自分はE.L.O.モードのEDMUNDSが好みである。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-25 10:54:27)


Have a Heart / Information / DAVE EDMUNDS

ラストテューンは再びJ.DAVIDとの共作。これこれ、こういう跳ねるように元気なネオロカビリーこそEDMUNDSの真骨頂だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-24 08:34:55)


Don't Call Me Tonight / Information / DAVE EDMUNDS
ゴキゲンなミディアムナンバーは完全にEDMUNDSの単独作。彼らしい、言い換えればありがちなオールディーズR&Rだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-23 11:05:36)


GARY MOORE

確かに。


私は43ですが、11歳の時にロッキンエブリナイト、エンドオブザワールド聴いて感動しました。

仕事とか、何か一区切りあるときにGARYのライブの(サンキュー)があたまに残っています。

たまきりふう ★★★ (2016-10-23 00:38:22)


Make Believe / Toto IV / TOTO
聖なる剣には素晴らしい曲がたくさん入っていますが、最終的にこの曲が一番好きになりました。

名無し ★★★ (2016-10-22 23:46:42)


Tamacun / Rodrigo y Gabriela / RODRIGO Y GABRIELA
哀愁ギターラ!
リピートを誘います。

極太うどん野郎 ★★★ (2016-10-22 21:22:51)


What Have I Got to Do to Win? / Information / DAVE EDMUNDS
バンドのB.であるJOHN DAVIDとの共作によるブギ/シャッフル調のロカビリー。珍しく"俺の一人言"なる邦題付きで、確かに原題よりも曲調に合ってるような。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-22 08:19:55)


Black Star / The Bends / RADIOHEAD
一回聴いただけで名曲って判りますね

BLACKWATER ★★★ (2016-10-22 03:18:53)


Feel So Right / Information / DAVE EDMUNDS
5.と同じくP.KENNERLEYという人の曲。こちらはEDMUNDSにお似合いのシンプルな旧き良きポップロックで、文字通り気分上々になれる。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-21 08:19:06)


Cousin Kevin / Tommy / THE WHO
アルバムの中でも気に入ってる曲の一つ。
こんな身内は嫌だ・・・

N男 ★★★ (2016-10-20 22:17:09)


The Shape I'm In / Information / DAVE EDMUNDS
クレジットの1人OTIS BLACKWELLはDon't Be CruelやGreat Balls of Fireなどの作曲者でもあるという。この曲に限ってはケイジャン風で、気分はルイジアナ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-20 08:14:09)


The Watch on My Wrist / Information / DAVE EDMUNDS

作者はPAUL KENNERLEYというUK出身のミュージシャン。浮遊感漂う2分ちょっとのニューウェーブナンバーで、歌詞の通り気にも留まらない?

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-19 08:21:40)


Wait / Information / DAVE EDMUNDS
オリジナルは何と前年あの曲で一躍名の知れたTHE J.GEILES BAND、70年の1stアルバム1曲目なのだ。似合う似合わないはともかく、ウェールズからNYへ飛躍するEDMUNDSであった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-18 08:55:55)


I Want You Bad / Information / DAVE EDMUNDS
前作のMe and the Boysと同様にNRBQの曲をカバーしたもの。こちらはポップでアカルいブルーズ?だからかなりイケるぞ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-17 08:15:08)


VI / LOVERBOY

80年代を象徴するようなポップロックスタイルを築いたバンドと思っている彼らが1997年に復活を遂げた第一弾。国内盤は短命に終わったAVEXのBAREKNUCKLEからリリースされております。80年代のスタイルをそのままに90年代的な生っぽさも加味されたポップセンスを遺憾なく披露、壮麗なコーラスワークもキラキラと輝いており、従来よりもロック色を強めた分、彼らのポップサイドが好きな人にとってはややハード過ぎるのかも知れませんが、ハードな歌モノロックが好きな人にとって安心して身を委ねれる品質を維持しており、復帰作としては申し分ない出来栄えでしょう。個人的にもこんくらい歯ごたえがあった方が好みなのですが、らしくないと言ったらそうかも知れませんね。ラヴァーボーイなんてカズレーザーみたいな服着て平野ノラなバブルネタバンドだろうと距離を置いている方にこそ聴いて欲しいですね。

失恋船長 ★★★ (2016-10-16 13:12:04)


Don’t You Double / Information / DAVE EDMUNDS
USオクラホマ出身でアメリカのデイヴ・エドモンズとも呼ばれたらしいMOON MARTINことJOHN DAVID MARTINの作品。こういう楽しい曲ならダブルでもトリプルでも大歓迎だね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-16 10:15:21)


Paperback Writer / Past Masters, Volume Two / THE BEATLES
ギターの入り方とベースが良いね
コーラス抜きにして
PANTERAのイメージで
もっとへヴィに聴いてみたい

middlefinger is the flag that... ★★★ (2016-10-15 22:26:46)


The Wanderer / I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS
メロディに一捻りある特徴的なR&R、オリジナルは1961年Runaround Sueに続くDIONの全米大ヒット曲で、EDMUNDSバージョンは本盤が初出。選曲の勝利だね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-15 08:15:15)


Paralyzed / I Hear You Rockin' / DAVE EDMUNDS
本ライヴ盤にはEDMUNDSとして初テイクになる曲が2つある。まずはコレ1956年のELVISロカビリーで、好きな音楽を好きなように演ってる感じ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-14 08:27:50)


Mad About You / Mindfields / TOTO
totoでキンボールが歌っているなかではいい

名無し ★★★ (2016-10-13 18:19:51)


Play the Game / The Game / QUEEN
フレディの美声が聞ける曲の一つじゃないでしょうか
名曲です

名無し ★★★ (2016-10-13 16:18:02)


High School Nights / Porky's Revenge! Soundtrack / DAVE EDMUNDS
自身がプロデュースし4曲を提供した85年のサントラ盤から1stシングルで、完全自作にも係らずJ.LYNNEの影響が残るのは致し方ないところか。何も知らず普通に聴けばかなり高レベルなポップロックだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-13 08:19:34)


Can’t Get Enough / Riff Raff / DAVE EDMUNDS

ラストテューンは本作で唯一EDMUNDS自作のR&Rなのに、エネルギーを使い果たしたみたいでVo.に力が無い。J.LYNNEとのコラボがやり足りないとでも?

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-12 08:31:40)


Get 'Em Out by Friday / Foxtrot / GENESIS
初期Genesisならではの奇抜な曲。
両端に配置された名曲に埋もれがちな扱いをされるが、実はこっちの方が好きだったりする。

N男 ★★★ (2016-10-12 00:27:19)


How Could I Be So Wrong / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
再びバックバンドのB.を務めるJ.DAVIDの作品で、今度は本作唯一のバラード曲。本作全般のデジポップ路線も"悪くない"どころか個人的に好きだから、そう悲観しないでよデイヴさん。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-11 09:44:27)


A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN
すばらしい!!

名無し ★★★ (2016-10-10 10:48:35)


Hang On / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
STEVE GOULD作曲でJ.LYNNEプロデュースの疾走系ポップロック。3分余りとコンパクトでG.ソロも短いながらカッコいい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-10 08:12:38)


S.O.S. / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
J.LYNNEオリジナル3曲目で当然E.L.O.そのもの。旧来のガチなファンなら助けを求めたくなるだろうが(笑)自分は好きだねコレ。ポップなだけでなくサビの哀愁感が良いアクセントになっている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-09 08:53:48)


THE BEATLES

今日はジョンレノンの誕生日ですよ(^ ^)おめでとう!!

アシュリー ★★★ (2016-10-09 08:14:51)


Steel Claw / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
タイトルだけメタルっぽい本作2ndシングルはP.BRADY作曲・EDMUNDSプロデュース、なのにE.L.O.の曲みたい。なかなか疾走系でG.ソロが聴き所、当時だからこそ十分アリだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-08 08:22:49)


Funny How Love Is / Queen II / QUEEN
QUEENの曲の中でこれが一番好き!
フレディの愛に対する祈りみたいなものを感じる。
愛ってフレディの人生のテーマだったんだとおもうけど、
この曲で愛とは何かについて、ひとつの結論を出したんじゃないかな。

名無し ★★★ (2016-10-08 05:50:25)


Rules of the Game / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
作曲者のJOHN DAVIDは同郷ウェールズのミュージシャンで、勿論J.D.SOUTHERとは別人。ヘヴィに驀進する曲調がスポーツシーンで使えそうなブリティッシュポップだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-07 08:34:14)


Far Away / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
まるっきりJ.LYNNEの曲、その2。少し単調な気もするけど、アレンジの勝利といったところか。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-06 08:38:34)


Busted Loose / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
全然looseじゃないアップテンポのポップロック。アイルランドのSSW・PAUL BRADYの作品をウェールズのEDMUNDSが演り、G.はバグパイプ風、まるでBIG COUNTRYを彷彿とさせる。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-05 08:29:17)


Breakin’ Out / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
本作では全面的にJEFF LYNNEが作曲・プロデュースした曲が3曲あるうちの1つ目。EDMUNDS、40歳にして文字通り再ブレイクしそうな弾けっぷりだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-04 08:30:33)


Something About You / Riff Raff / DAVE EDMUNDS
9thになる本作のオープニングであり1stシングルは、R&Bポップグループ・THE FOUR TOPSが1965年にリリースした曲のカバー。原曲の良さからだろうか、全米AORチャートで健闘した。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-03 08:22:27)


Information / Information / DAVE EDMUNDS
本作2ndシングルとなったタイトルトラックはMARK RADICEとの共作で、一層ポップな作りになった。一聴してE.L.O.そのものと言える音像にJ.LYNNE効果が伺える。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-02 09:53:24)


Frozen / Ray of Light / MADONNA
マドンナの曲で一番好きなのはこれかも。
こんな曲も作れるんだなぁ、すげーよ。
ただのかまっておばさんではありませんな。
PVの衣装はICOのラスボスのような魔性っぷり。

N男 ★★★ (2016-10-02 00:55:18)


Me and the Boys / D.E. 7th / DAVE EDMUNDS
EDMUNDSと同時期コンスタントに活動していた米国のロックバンド・NRBQが80年に発表した曲のカバーで、本作から2ndシングル。単純なようで複雑なロックらしいロックだから、玄人受けはするだろう。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-10-01 19:23:04)


Slipping Away / Information / DAVE EDMUNDS
JEFF LYNNEの魔力を得てEDMUNDSが輝いたヒット曲。全米TOP40入りの39位、全英でも60位を記録した。確かにE.L.O.っぽい雰囲気はあるが十分にR&Rしている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-10-01 08:23:59)


I Hear You Knocking / Rockpile / DAVE EDMUNDS
1955年のSMILEY LEWISによるヒット以来多くのアーティストがカバーしているR&Bの有名曲。EDMUNDSは70年にソロ2ndシングルとしてリリース、全英1位、全米でも4位と自身最大のヒットかつ代表曲となった。時にEDMUNDS弱冠20代半ば、後にバンド名となるRockpileと称した1stアルバムに収録。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-30 08:17:48)


The Creature From the Black Lagoon / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS
再びB.BREMNERの作品を採り上げQueen of Heartsのカップリングとなった曲。タイトルからして怪しげな雰囲気で、健全イメージのEDMUNDSには"?"かな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-29 20:07:35)


Singin’ the Blues / Twangin… / DAVE EDMUNDS
オリジナルはMELVIN ENDSLEYの作品で、1956年から翌年にかけGUY MITCHELLにより全米と全英で、TOMMY STEELEにより英国で共に№1ヒットとなった。EDMUNDSバージョンは80年にシングルリリースされ、こちらも全英28位と健闘。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-29 08:33:43)


From Small Things, Big Things Come / D.E. 7th / DAVE EDMUNDS
DAVE EDMUNDS 7thアルバムから1stシングルは正式タイトルをFrom Small Things (Big Things One Day Come)と言うらしい。ボス・BRUCE SPRINGSTEENの作曲ならヒットしそうなものだけど結果は残念賞。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-28 19:35:19)


Juju Man / Get It / DAVE EDMUNDS
ノリノリのパブロックは遅くとも72年以前にアメリカ人SSWが作曲したもの。更に本作収録のバージョンに限っては75年の未発表テイクだという。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-28 08:12:20)


Foxy Lady / Are You Experienced / The Jimi Hendrix Experience
自分は好きな曲である。ギターソロの終わりにジミがイエーッと叫ぶ
ところがあるが、ジミも実はお気に入りで、思わず叫んだんだろう。
ジミのそういうところも魅力のひとつだ。

Reb ★★★ (2016-09-27 17:59:11)


Little Wing / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience
自分も本当にそう思います。ストラトキャスターはこの曲の
イントロを生み出すために生まれてきたのではないでしょうか。

Reb ★★★ (2016-09-27 17:43:15)


The Jimi Hendrix Experience

開祖ジミ 神マイケル 王者イングヴェイといったところか。ところで
イラプションは一発録りではないよ。あれはエディのギターソロをプロ
デュ―サーが繋ぎあわせて曲に仕立てた。もちろんエディも素晴らしい
ギタリストだが。ジミにはもう少し多くのアルバムを残してほしかった
とつくづく思う。

Reb ★★★ (2016-09-27 17:35:18)


Trouble Boys / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS
作者のB.MURRAYとはROCKPILEのメンバーBILLY BREMNERのことで、当然彼のレパートリーでもある。大いに分かち合ってもらいたいゴキゲンなR&Rだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-27 10:03:17)


The Asphalt World / Dog Man Star / SUEDE
素晴らしいです
このどろどろした感じ(?)とてもハマりました笑

名無し ★★★ (2016-09-26 21:18:20)


Crawling From the Wreckage / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS
良くも悪くもEDMUNDSは新旧問わず他人の作品を採り上げることを厭わない。コレはGRAHAM PARKER作曲のシングルで全英59位。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-26 08:44:12)


Queen of Hearts / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS
JUICE NEWTONがカバーし日の目を見たと俗に言われるこの曲、EDMUNDSバージョンも全英11位とそれなりにヒットしたんだね。既述の通り彼の作曲ではないが、名曲は国境(この場合大西洋)を越える。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-25 08:24:50)


Almost Saturday Night / Twangin… / DAVE EDMUNDS
おお、JOHN FOGERTYのカバーではないか! EDMUNDSのバージョンはオリジナルを上回る全米54位まで上昇。彼のナチュラルな声の方がマッチしてるかな?

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-24 19:54:31)


Here Comes the Weekend / Get It / DAVE EDMUNDS
76年、NICK LOWEとのコラボ=事実上のROCKPILE第1弾シングル。ヒットは逃したが2分弱の中にEDMUNDS-LOWEの志向する音楽が凝縮されている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-23 08:16:21)


The Race Is On / Twangin… / DAVE EDMUNDS
1964年に作られたカントリーソングを、ROCKPILEではなく自ら発掘したSTRAY CATSと共演してネオ・ロカビリーに再生した。4年後にはGEORGIA SATELLITESもカバーしたと言われるが、こちらは幻?

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-22 19:26:24)


CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL

僕は62歳になるロック好きだが彼等は僕にとってZeppelin やPink Floydと同じ位偉大で大好きなグループです。ジョンの着ていたネルシャツを真似して着ていました。

zeppelin1954 ★★★ (2016-09-22 18:54:21)


Set Me Free / Sweet Fanny Adams / SWEET
スラッシュメタルバンドのHEATHENもカヴァーしてますね
1974年にこんなメタルな音楽を作っていたとは驚き

えみゅ ★★★ (2016-09-21 15:29:15)


The Ballroom Blitz / Desolation Boulevard / SWEET
最近スーサイド・スクワッドっつー映画のプロモーションにこの曲が使われてて思い出した。
久々に聴いてもやっぱりかっこいい。
まあACTIONの方が好きだけどね。

ココココココココココ ★★★ (2016-09-21 02:17:10)


A‐1 on the Jukebox / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS
他にA.1.~など表記揺れがあり、どれが本当のタイトルだろう。ジュークボックスでかかってたらゴキゲンそうなEDMUNDSオリジナルのシングル曲だが、チャートインはせず。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-20 10:28:57)


I Knew the Bride / Get It / DAVE EDMUNDS
実質ROCKPILEのソロ名義版第1弾となる3rd収録のシングル曲。このアップテンポな50sロカビリーは完全にN.LOWEの作品で、EDMUNDSが先にリリースし全英26位のヒットとなった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-19 08:17:38)


Girls Talk / Repeat When Necessary / DAVE EDMUNDS
元々はE.COSTELLOがGet Happyに収録するため書いた曲をEDMUNDSがシングルリリースしたところ、全英4位のヒットを記録した。ソロ5thにも収録され、ライヴでも重要なレパートリーとなった。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-18 09:35:56)


Deborah / Tracks on Wax 4 / DAVE EDMUNDS
ROCKPILEと並行したソロ活動における4thからのシングル曲。ヒットはしなかったが、ソロでもタッグを組んだNICK LOWEとの共作になるKINKS風60sテイストのポップロックだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-09-17 08:16:00)


Spanish Castle Magic / Axis: Bold as Love / The Jimi Hendrix Experience
いかにもこのバンドらしい独特のグルーヴ。
全員の演奏がかなりヘヴィでカッコいい。

N男 ★★★ (2016-09-16 21:56:17)


Along Comes a Woman / Chicago 17 / CHICAGO
シングルver.がお薦め

でぶぼぶ ★★★ (2016-09-16 02:33:53)


25 Or 6 to 4 ('80 Version) / Chicago 18 / CHICAGO

高校生んときに聞いた「俺たちの時代の長い夜」。バラードばかりじゃないぞって意味が分かった。

でぶぼぶ ★★★ (2016-09-16 02:31:49)


Will You Still Love Me? / Chicago 18 / CHICAGO
ピーター・セテラ脱退にも負けずに出した第二弾シングル。逆襲の全米3位。当時凄くアツくなってたの思い出した。

でぶぼぶ ★★★ (2016-09-16 02:24:43)


Amanda / Third Stage / BOSTON
完璧主義者トム・シュルツのなせる技。
涙が出るほど美しいバラード。

名無し ★★ (2016-09-15 20:18:57)


Amanda / Third Stage / BOSTON
完璧主義者トム・シュルツのなせる技。
涙が出るほど美しいバラード。

名無し ★★ (2016-09-15 20:18:57)


Hey Nineteen / Gaucho / STEELY DAN
『Caucho』と言えばこの曲は外せまい。
コーラスの美しいメロディが心地よい。

N男 ★★★ (2016-09-13 14:59:53)


Kid Charlemagne / The Royal Scam / STEELY DAN
Steely Danでは特に好きな曲の一つ。
ソロはかなりの名演。

N男 ★★★ (2016-09-12 20:11:50)


Next Position Please / CHEAP TRICK

今回のサウンドプロデューサーは、あのトッド・ラングレンが初登板。

プロデューサーにはザックリ分けて2通りのタイプがあって、一方はエンジニアリングに力を注ぎ、基本的に作品の方向性には
うるさく口出しをしないタイプ。そしてもう一方はコンセプトワークから曲作り、サウンドメイクにまで介入してくるタイプ。
トッド・ラングレンは典型的な後者で、彼のプロデュースした作品は一聴しただけでトッドのプロデュースだってわかっちゃう。
なので本作でのコラボはすごく楽しみだったのだ。

結果は、まあ予想通りで見事なまでにトッド・ラングレンの音。1曲目からあからさまなトッド節で笑っちゃうなぁ。
たとえ作曲者がリックやロビンだとしてもクセのあるコードやクセのあるコーラスを指示することでCHEAP TRICKのカラーは
どんどん薄くなっていく。がCHEAP TRICKも濃ゆいパーソナリティの集団だからして体裁的には均衡を保っているんだけど
過去の作品と比べると異質なのは明らか。「Don't Make Our Love a Crime」に至ってはトッドの曲だし(笑

ネガティヴに受け取れる文章を書いてしまったけど、やはりトッド・ラングレンという人は敏腕プロデューサーなわけですよ。
アルバム自体は高品質です。つまらない曲は1曲たりともございません。むしろ、なんでコレが売れねぇのか…と彼らの低迷ぶりに
口惜しさがつのるばかり。個人的にトッドのファンでもあるから、僕自身はすごく楽しめたしホント良い作品だと思ってるけど、
2nd、3rd、4thあたりが好きなリスナーはこのアルバムをどう感じてるんだろう。

はっちゃん ★★★ (2016-09-10 23:28:33)


Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER
ロリーギャラガーの73年のアルバムからの曲です。
邦題が「沼地の娘」とても地味なタイトルですが、なかなかポップでどこか哀切を感じるメロデイーのフォークロックで個人的には好きな一曲ですね。そのほか、戦前のブルースも(バンカーズブルース)ビックビルブルーンジーの作品)やっていて地味な中にも個性が光る作品です。

名無し ★★★ (2016-09-08 20:13:41)


Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER
1973年のアルバム「ブループリント」から邦題「沼地の娘」
フオーク調のどことなく哀愁を感じさせるメロデイーが印象に残りますね。
地味ですがこの曲好きですよ。他にビックビルブルーンジーの戦前の古いブルース「バンカーズブルース」も収録

名無し ★★★ (2016-09-07 22:33:15)


A Day at the Races / QUEEN


オペラ座の夜に並ぶ名盤ですね。

曲順のバランスが良い。

何回聴いても良いです。

名無し ★★★ (2016-09-03 09:58:56)


The Miracle / QUEEN


オペラ座~に次ぐ名盤だと思う。

クイーンの80年代は、全般的に過小評価されていて悲しいね。

名無し ★★★ (2016-09-03 09:55:35)


The Mission / 30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS
彼らの曲の中では珍しいアップテンポの曲。
重厚なサウンドと兄ちゃんのドラムがカッコいい。
曲が速かろうが、全く軽くならない。

N男 ★★★ (2016-09-01 23:23:07)


30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS

1stにして最高傑作。
サウンドがヘヴィだけど、あんまりメタルではない、オルタナティブメタルよりまだポストグランジとかの方が近い。
まぁ、そんなのはどーでもいい、ChevelleやBreaking Benjamin、Disturbedのどの作品よりも本作は気に入っている。
サウンドの緊張感はかなりのもの、ホントに1stかよ?
インダストリアル系っぽいアレンジもあれば、シンフォニック系要素もあって、何よりどの曲もキャッチーで粒ぞろい。、
顔もサウンドも声もイケメンな彼ら、ハッキリ言って映画見るよりこれ聴く方が良い時間だった。(『レクイエム・フォー・ドリーム』とか頑張ってたねぇ、最近のはよく知らないけど。)
オススメは①、②、④、⑤、⑥、⑧。
この手の音楽ではかなりの傑作。2ndも良いし、3rdも別の意味で傑作だけど、4thはちょっとねぇ・・・初心に帰った方がいい
[★★★★☆]

N男 ★★★ (2016-09-01 23:15:21)


Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN
彼のアルバムの入り口にしてはちょいと長いけど全然飽きない。
進むにつれてこのワクワクする感じは、彼ならでは。

N男 ★★★ (2016-08-30 20:49:53)


Where the Streets Have No Name / The Joshua Tree / U2
高校時代にこの曲を知ってから、約30年。中学時代から、洋楽を聴きはじめ、この曲を知った時は、心を射抜かれたような気がしました。何度も聴いていました。そのころの気持ちを今ももっています。今聞いても、胸が熱くなるし、涙がじわっと出てきます。

名無し ★★★ (2016-08-29 00:15:37)


Take Me to the Pilot / Elton John / ELTON JOHN
「パイロットにつれてって」
ナナナーナナナーのくだりは一度聴いたら耳から離れないくらいキャッチー。
埋もれがちなギターは結構張り切ってたりする。

N男 ★★★ (2016-08-28 13:47:33)


Brown Sugar / Sticky Fingers / THE ROLLING STONES
ストーンズの中で一番好きな曲です。
このご機嫌さとリフはストーンズの真骨頂!

ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-28 12:08:00)


Save Me / The Game / QUEEN
音楽的に転機となったアルバムのラストを飾る美しいバラード。穏やかなAメロ→壮大なサビという展開がドラマチックです。2段階に別れるギターソロは泣けます。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-28 00:11:29)


Another One Bites the Dust / The Game / QUEEN
ブラックミュージックやってもクイーンはやっぱりクイーンなんだなぁ、、、。
やはりこの曲はベースラインでしょう。1回聴いたら忘れられません。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-28 00:04:50)


What Has Come Between Us / Styx / STYX
ピアノの速弾きイントロだけで、ハッとしてGOOD!と。
本編突入後も、おセンチなメロディから美しいハーモニーまで
STYXの後の飛躍を予感させるに十分な魅力に溢れていますよ。

火薬バカ一代 ★★★ (2016-08-27 23:35:51)


Sheer Heart Attack / News of the World / QUEEN
クイーン流パンクロック。でも確かに怒号さんがおっしゃってるように育ちの良さは隠せてませんねw
クイーンでは珍しいシンプルさが良いです。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-27 23:01:23)


Killer Queen / Sheer Heart Attack / QUEEN
クイーン(というかフレディ)のポップセンスと気品が詰め込まれた至福の3分間。この妖艶さと英国的な雰囲気はクイーンにしか出せません。

ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-27 22:34:55)


This Velvet Glove / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS
あんま人気ないっぽいけど、大分好きな曲!!

lead-led-red ★★★ (2016-08-27 15:05:03)


Californication / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS
はじめはパッとしない曲だと思ってましたが、聴くたびに良さが増してきて、切なさを秘めた曲調もましてこの曲がレッチリの代表曲とされる理由がわかるようになりました。

lead-led-red ★★★ (2016-08-27 15:03:43)


Dark Necessities / The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS
iTunesではアルバム発売前にThe Getawayとともに先行販売されていたようですが、曲の冒頭ではコードを押さえるピアノが印象的でレッチリの新しい方向性を見た気がしました。が、中盤からはギターも主張してきて、メロディーもキャッチーな曲だったので、結局はいつものレッチリで終わったなあと感じる曲です。

lead-led-red ★★ (2016-08-27 14:58:55)


The Ballroom Blitz / Desolation Boulevard / SWEET
Krouksがカバーしてます。

名無し (2016-08-26 23:53:19)


Ashes to Ashes / Scary Monsters… and Super Creeps / DAVID BOWIE
ブリティッシュロックの美学がここに有る。

名無し ★★ (2016-08-26 23:50:43)


Girls on Film / Duran Duran / DURAN DURAN
モトリーと比較しちゃダメでしょ。こっちが全然良い!!

名無し ★★ (2016-08-26 23:49:03)


Runaway Boys / Stray Cats / STRAY CATS
沢田研二がストリッパーでぱくってましたね。

名無し (2016-08-26 23:46:11)


Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA
この曲はDancing queenより遥かにカッコいいでしょう。

名無し ★★ (2016-08-26 23:33:50)


Styx / STYX

STYXの記念すべきデビュー作なのにCD化はドン尻で、長らく入手困難な状態が続いていた’72年発表の1stアルバムが遂にリマスター再発。先んじて数年前に発売されていた輸入盤を買うべきか否か延々悩んでいた身には福音とも言うべき今回の国内盤CD化で、これでようやくSTYXの全スタジオ・アルバムをコンプリートすることが出来ましたよ。
JOURNEY、BOSTON、KANSASら、アメリカン・プログレ・ハード勢の中では最も早いデビュー&本邦初登場(当時は「スタイクス」表記だった)となった本作は、サイケなアートワークが物語る通り、WOODEN NICKEL時代の諸作同様に産業ロック色はほぼゼロ。そのサウンドは泥臭いロックンロール風味とプログレ風味が支配的で、いきなり13分越えの①で幕が上がる構成、しかもその大作がメジャー移籍以降の華麗なドラマ性よりも、曲中に会話劇や、コープランドの“市民のためのファンファーレ”を組み込んでみたりと、実験色を強く帯びている辺りが時代を感じさせます。
一般的にSTYXの名を聞いて思い浮かべる音楽性とはかなり開きがあるものの、個人的にはこれはこれで非常に興味深く楽しめた次第。アーシー且つハードな⑤は聴いてるだけで身体を揺すられますし、流麗なピアノのイントロからスタートする抒情HRナンバー③、既に見事なコーラス・ワークがフィーチュアされている(日本でもシングルカットもされた)④みたいな、後の飛躍を予感させるメロディアスな名曲/佳曲も収められていますしね。
真っ先に聴くべき作品ではありませんが、STYXに興味を持たれたならば避けては通れぬ1枚かと。

火薬バカ一代 ★★ (2016-08-25 00:17:16)


Brothers in Arms / Brothers in Arms / DIRE STRAITS
それまでストラトをメインで使っていたノップラーが突然レスポールを手に取った、と。
そして、この音。
もう流石としか言いようがない。
この雰囲気を出すのはレスポール以外考えられない。

凄い。

H・W ★★★ (2016-08-24 21:49:40)


Rhinoceros / Gish / THE SMASHING PUMPKINS
美と激の融合が素晴らしいですね。ファーストアルバムの中では1番の名曲かもしれないですよ。

アシュリー ★★★ (2016-08-22 01:05:34)


Motion Picture Soundtrack / Kid A / RADIOHEAD
睡眠薬とワインでこの世を去った主人公が見たものは本当に天国だったのか。来世で会うこと=またアルバムの先頭にループするだけだとしたら、あの美しいアウトロは天国に見せかけた本当の地獄への入口では...?
何度聴いても考えさせられる名曲。

名無し ★★★ (2016-08-19 12:24:35)


A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN
神曲

名無し ★★★ (2016-08-18 18:46:54)


Brighton Rock / Sheer Heart Attack / QUEEN
イヤホンで聴くのとスピーカーできくのじゃ最後のスパートの聞こえかたがちがうんですけど!
これはどういうことでしょう?

名無し ★★★ (2016-08-15 13:57:27)


More Than a Feeling / Boston / BOSTON
Rocksmithに収録されてるので結構練習した。一発目のハーモニクスを決めると気持ちいし、何より例のリフがパワーコードで意外と簡単。
スローテンポ且つテクニックも一通りそろっているから、初心者から中級への登竜門としてもちょうどいいと思う。

名無し ★★★ (2016-08-14 00:00:20)


Chicago 16 / CHICAGO

AOR=売れ線であるといった図式を生んだ名盤であるかのように語られるけれども、自分は80年代のシカゴはAORというよりも産業ロックとして考えていたわけです。follow meやlove me tomorrowみたいなタイプがあまりAORらしいと思えぬが。つまりはTOTOやスターシップ、38スペシャル同様爽快たる産業ロックなんだという事で

ウォーランツ (2016-08-13 17:34:24)


Paranoid Android / OK Computer / RADIOHEAD
心地よい
とにかく心地よい

名無し ★★★ (2016-08-13 14:15:28)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
20歳の時初めて聴いた。アルバム"ホテルカリフォルニア"を買って毎日聴いた。39年経った今でも聞いている。
ドンヘンリ-のボ-カルもいいがエンディングのドンフェルダ-とジョ-ウォルッシュのギタ-が圧巻。

名無し ★★★ (2016-08-12 18:36:33)


Boy in Love / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN
歌モノロック好きにはたまらんでしょうね
少々キーボードがうっとしいと感じますが
ジミーのパンチの効いた歌が印象に残ります
この躍動感と軽やかさにチョイと足される哀愁が好き
わりとハードに迫っているのも個人的には良かったです
ギターもベースもドラムも上手い

失恋船長 ★★★ (2016-08-09 17:49:31)


Where Are You Now? / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN
王道ですね
ベタだわ
その脇道にそれないロッカバラードがエエわいなぁ

失恋船長 ★★ (2016-08-09 17:48:51)


For All the Wrong Reasons / Can't Fight the Midnight / JIMMY HARNEN
洒落てますね
ハスキーでパンチの効いた歌声も印象的です
このメロディに胸が掻き毟られるわ
サックスもエエです
それにしても洒落てるわ

失恋船長 ★★★ (2016-08-09 17:48:00)


Blessed Be the Lord / A Living Fire / Glen Allen Green

クリスチャンロックシンガーらしい
ポジティブな気持ちになれる美しい旋律に彩られたバラード
繊細で透明感のある歌声がバッチリとハマっていますね

失恋船長 ★★★ (2016-08-09 17:47:17)


Run / A Living Fire / Glen Allen Green

哀愁のメロディが軽やかなステップを刻むポップソング
透き通るような美声と歌メロが耳を惹きますね

失恋船長 ★★★ (2016-08-09 17:46:27)


Cheap Trick '97 / CHEAP TRICK

 何と言うか音のザラツキがこたえられない。
 それでメロディはキャッチーというか、本当にこの人たちはTHE BEATLESが好きなんだなぁ。卓越したポップセンスが爆発している。
 音がハードなのでロックとしてのダイナミズムも十二分に堪能できる。
 
 名盤。

帰ってきたクーカイ ★★ (2016-08-06 19:19:26)


Everything Will Be Alright in the End / WEEZER

青いWeezerが好きで、緑になっても赤になってもしっくりは来なくてもそれなりには楽しめてたが・・・これは近年では出色の出来。
ハッキリ言って、ジャケットのダメダメ感は前作ほどではないというか、センスないのは今に始まったことではないが、これで全米トップ10常連だもんねぇ(笑)
音楽的なアプローチはかなり初期に近づいたんじゃないだろうか?
キャッチーで美しいメロディの活かし方は流石クオモ。
メタラー上がりによる、エモロックはまだまだ健在のようで。
ちなみに次の白盤よりも好きです。
①、③、⑦、⑧、⑩。名盤。
[★★★★☆]

N男 ★★★ (2016-08-04 11:51:34)


You Gave Your Love to Me Softly / Pinkerton / WEEZER

ハードかつメロディアスな2分。
贅沢なボーナストラック、確かに本編入れたら浮くんだろうけど埋もれるには惜しい。

N男 ★★★ (2016-08-03 18:52:16)


Kid A / RADIOHEAD


これがちゃんと評価される向こうの文化が凄い
日本の音楽はわかりやすいものばかり評価されている
未知のものになんか、わくわくしてみたいじゃん?笑

名無し ★★★ (2016-08-02 21:59:03)


KANSAS


ロビースタインハートさんの病気が早くよくなりますように。

名無し ★★★ (2016-07-29 22:45:04)


Today / Siamese Dream / THE SMASHING PUMPKINS
独特の轟音。
サマソニで見たとき、この曲から始まって感無量だった。

N男 ★★★ (2016-07-24 16:30:29)


Frances the Mute / THE MARS VOLTA

刺激の強さはたぶん、このアルバムが1番という感じがします。ほかのアルバムは抒情性や面白みも感じられるんだけれど、これは最後まで刺々しい。
1枚通して聴けば疲労困憊するし、歌詞もサウンドも怖い。ほどほどを求める人には向かず、過剰を希求するロック・リスナーには名盤。
私はこれを年に何度も聴きたいとは思えない軟弱なリスナーですが、これほどの熱量を放射する音楽を無視することもできません。
似たような印象を受ける音楽は、凛として時雨やBLANKEY JET CITYかな。声質の印象や歌詞の刺々しさで同じように感じるのですが、あれらも普段は聴きたくないです。でもたまには必要。
実験性や複雑さ、ジャンルの融合具合をプログレとして楽しむこともできると思いますが、「エモーショナル」という要素こそが彼らを聴く上で常に中心に感じられます。情念の濃さに辟易する、苛烈極まりない一枚です。

うにぶ ★★ (2016-07-23 23:45:00)


NICKELBACK

グランジロックのポップ化というのは彼らの為にあるものですね。ニルヴァーナはダーティであってもニッケルはマイルド・・・・そんな感じです。だがニッケルバックがここで産業ロックに入れられてるとは!?ジャーニーやサバイバーなんかとニッケルバックは全く別物だい。急遽産業ロックのカテゴリーから外してもらいてぇなァ

ウォーランツ (2016-07-22 20:20:00)