この曲を聴け!
最近の発言
For Now / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Nevermore / Queen II / QUEEN (名無し)
Little Indian Angel / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Midnight / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Moon Child / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
River of Tears / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Over You / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
I'm your man / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Give It Away / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
It's natural / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
In the Groove / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Hot Little Summer Girl / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Fly High Michelle / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Caravanserai / SANTANA (名無し)
She Wants More / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
This Song / Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON (名無し)
Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON (名無し)
Love Comes to Everyone / George Harrison / GEORGE HARRISON (名無し)
The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Come Awake / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
A Boy / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Meteors / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
I Will and I Won't / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
The Believers / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Moody / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Restless / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Worry / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
PINK FLOYD (名無し)
One of These Days / Meddle / PINK FLOYD (名無し)
Fox on the Run / Desolation Boulevard / SWEET (めたる慶昭)
No Second Prize / Bodyswerve / JIMMY BARNES (MK-OVERDRIVE)
Too Much Ain't Enough Love / Freight Train Heart / JIMMY BARNES (MK-OVERDRIVE)
Good to Be Bad / WHITESNAKE (名無し)
Good to Be Bad / WHITESNAKE (名無し)
Sailing Ships / Slip of the Tongue / WHITESNAKE (名無し)
I Wish You Peace / One of These Nights / EAGLES (名無し)
Airplay / AIRPLAY (正直者)
(pronounced 'lĕh-'nérd 'skin-'nérd) / LYNYRD SKYNYRD (正直者)
Rock and Roll Is Dead / Circus / LENNY KRAVITZ (1573)
Are You Gonna Go My Way / Are You Gonna Go My Way / LENNY KRAVITZ (1573)
China Girl / American Fool / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Master of the Universe / In Search of Space / HAWKWIND (名無し)
Cat Scratch Fever / TED NUGENT (正直者)
A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (名無し)
The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN (名無し)
What Would You Rather Bee or a Wasp / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Song for Donna / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Hurricane / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Loose Talk / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Bourbon / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Double Vision / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
See You Next Tuesday / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Eternal Mother /The Return / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Universal Man / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Good Old Days / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
A Day in the Life / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (名無し)
Magical Mystery Tour / The Greatest Hits / CHEAP TRICK (1573)
25 or 6 to 4 / Chicago (Chicago II) / CHICAGO (めたる慶昭)
Saturday in the Park / Chicago V / CHICAGO (めたる慶昭)
Down Through the Night / Space Ritual / HAWKWIND (名無し)
Freeze-Frame / Freeze-Frame / THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Come Back / Love Stinks / THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Livin' for You / Walk On / BOSTON (熱い正男)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Under Wraps / JETHRO TULL (正直者)
The Broadsword and the Beast / JETHRO TULL (正直者)
Dusk / Trespass / GENESIS (名無し)
My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN (名無し)
We Will Rock You / News of the World / QUEEN (名無し)
Message in a Bottle / Reggatta de Blanc / THE POLICE (レスポールほしい)
Only Time Will Tell / Asia / ASIA (名無し)
Only Time Will Tell / Asia / ASIA (めるたリボーン)
Alpha / ASIA (名無し)
THOMPSON TWINS (名無し)
Sail Away / The Purple Album / WHITESNAKE (ひできⅡ)
The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE (名無し)
Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN (Nakagawa)
You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN (Nakagawa)
Europa (Earth's Cry, Heaven's Smile) / Amigos / SANTANA (めたる慶昭)
A / JETHRO TULL (正直者)
Stormwatch / JETHRO TULL (正直者)
With You There to Help Me / Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Nothing to Say / Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Aqualung / JETHRO TULL (正直者)
The Loner / Wild Frontier / GARY MOORE (名無し)
Heavy Horses / Heavy Horses / JETHRO TULL (正直者)
Heavy Horses / JETHRO TULL (正直者)
Songs From the Wood / JETHRO TULL (正直者)
Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL (正直者)
War Child / JETHRO TULL (正直者)
A Passion Play / JETHRO TULL (正直者)
Fly on the Wall / Behind Closed Doors / THUNDER (侘びサビ)
I Need Your Love / Walk On / BOSTON (侘びサビ)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (侘びサビ)
Thick as a Brick / JETHRO TULL (正直者)
Stand Up / JETHRO TULL (正直者)
This Was / JETHRO TULL (正直者)
SLADE (名無し)
Sladest / SLADE (名無し)
Run Runaway / The Amazing Kamikaze Syndrome / SLADE (名無し)
Great White Hope / Pieces of Eight / STYX (名無し)
Blue Collar Man (Long Nights) / Pieces of Eight / STYX (名無し)
Half-Penny, Two-Penny/A.D. 1958/State Street Sadie / Paradise Theatre / STYX (名無し)
The Night Time Is the Right Time / Green River / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (MK-OVERDRIVE)
Pagan Baby / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (MK-OVERDRIVE)
Gimme! Gimme! Gimme! / Voulez-Vous / ABBA (侘びサビ)
Point of Know Return / Point of Know Return / KANSAS (名無し)
Under Pressure / Hot Space / QUEEN (名無し)
Driving By Night / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Snowblind Lovers / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
St Raphael / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Black Money / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Indian Queen / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
In the Palm of Your Hand / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Rising Sun / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Epitaph Blues / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Cajun Kick / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Nevermore / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
The Fairy Feller’s Master-Stroke / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Ogre Battle / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Lookin’ Out My Back Door / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (めたる慶昭)
Have You Ever Seen the Rain? / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (めたる慶昭)
Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Ain't Gonna Cry / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Run to You / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
She's Only Happy When She's Dancin' / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Long Gone / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Kids Wanna Rock / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Heaven / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
It's Only Love / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Promised Land / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Fassade, 3. Satz / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Senses / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
We Can Work It Out / 1962–1966 / THE BEATLES (回転式手動ドア)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (名無し)
Mushanga / The Seventh One / TOTO (名無し)
Yellow Cab Man / Gun / GUN(60'S) (ぬい様)
Zombie / No Need to Argue / THE CRANBERRIES (ぬい様)
Africa / Toto IV / TOTO (レスポールほしい)
最後に残ったのは私たち二人 / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
君を消せなかった / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Ich verlasse heut' Dein Herz / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Alleine zu zweit / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Only Love / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Ophelia / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Body Language / Hot Space / QUEEN (名無し)
News of the World / QUEEN (名無し)
MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
I'm Still Standing / Too Low for Zero / ELTON JOHN (ひできⅡ)
Slip of the Tongue / WHITESNAKE (正直者)
Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
Slide It In / WHITESNAKE (正直者)
Saints & Sinners / WHITESNAKE (正直者)
Come an' Get It / WHITESNAKE (正直者)
Dr Kitt / Strangefolk / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Hurricane Season / Strangefolk / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Die for Love / Strangefolk / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Timeworm / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (めたる慶昭)
108 Battles (of the Mind) / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Mystical Machine Gun / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Great Hosannah / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Blindman / Ready an' Willing / WHITESNAKE (正直者)
Ready an' Willing / WHITESNAKE (正直者)
Live at Hammersmith / WHITESNAKE (正直者)
Ain't No Love in the Heart of the City / Live at Hammersmith / WHITESNAKE (正直者)
Lovehunter / WHITESNAKE (正直者)
Trouble / WHITESNAKE (正直者)
Don't Try Suicide / The Game / QUEEN (名無し)
Greatest Hits II / QUEEN (名無し)
The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE (侘びサビ)
Slide It In / WHITESNAKE (めたる慶昭)
Grateful When You're Dead / Jerry Was There / K / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Tattva / K / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Into the Deep / K / KULA SHAKER (めたる慶昭)
A Human Body / The Game / QUEEN (ヤング兄弟)
The Miracle / QUEEN (名無し)
Total Eclipse of the Heart / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER (失恋船長)
Boat on the River / Cornerstone / STYX (失恋船長)
Who Will Stop the Rain? / Aqua / ASIA (失恋船長)
Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
The Kind of Fella I Am / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
You've Got to Stand for Somethin' / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Rumbleseat / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Between a Laugh and a Tear / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Justice and Independence '85 / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Trouble / Strange Land / BOX OF FROGS (めたる慶昭)
Hanging From the Wreckage / Strange Land / BOX OF FROGS (めたる慶昭)
If You Were a Woman (and I Was a Man) / Secret Dreams and Forbidden Fire / BONNIE TYLER (侘びサビ)
The Face of the Nation / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Minutes to Memories / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Blinder / Victims of the Future / GARY MOORE (1573)
Devil in Her Heart / Out in the Fields: The Very Best of Gary Moore / GARY MOORE (1573)
Victims of the Future / GARY MOORE (1573)
Murder in the Skies / Victims of the Future / GARY MOORE (1573)
Grandma's Theme / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Is This Love / When Seconds Count / SURVIVOR (名無し)
Spot / The Planets (めたる慶昭)
C.r.a.z.y / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Don't look down / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Intensive Care / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Let Me Fall / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Hot Summer Nights / Night / NIGHT (失恋船長)
RAY KENNEDY / RAY KENNEDY (失恋船長)
I'll Be Over You / Fahrenheit / TOTO (城島イケル)
One of These Days / Meddle / PINK FLOYD (名無し)
Blue Suede Shoes / Elvis Presley / ELVIS PRESLEY (めたる慶昭)
Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
Goodbye Yellow Brick Road / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN (めたる慶昭)
Let Me Entertain You / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
Mustapha / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
All God's People / Innuendo / QUEEN (名無し)
Music / MADONNA (Ray-I)
American Pie / Music / MADONNA (Ray-I)
What It Feels Like for a Girl / Music / MADONNA (Ray-I)
Don't Tell Me / Music / MADONNA (Ray-I)
I Deserve It / Music / MADONNA (Ray-I)
Runaway Lover / Music / MADONNA (Ray-I)
Impressive Instant / Music / MADONNA (Ray-I)
Like a Prayer / Like a Prayer / MADONNA (Ray-I)
Radio Ga Ga / The Works / QUEEN (名無し)
Christopher / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Alsatians / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Lounge Dummy / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
10 Second Bionic Man / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Let It Rain / Eric Clapton / ERIC CLAPTON (めたる慶昭)
Higher Ground / Mother's Milk / RED HOT CHILI PEPPERS (鉄ゴリラ)
Redemption Day / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Can / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Walk the Knife / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
One Step over the Line / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (名無し)
The October Man / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Flaming Desire / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Eros Arriving / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Empire of the Senses / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN (Ray-I)
Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN (Ray-I)
Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS (ikoba)
Dreaming Out Loud / ONEREPUBLIC (名無し)
Walk on Hot Coals / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Too Much Alcohol / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Tattoo'd Lady / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Cradle Rock / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Every Mother’s Son / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
John Barleycorn / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Empty Pages / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Freedom Rider / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Dfk / Dfk Band (失恋船長)
Tweaked / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Peace and Quiet / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Snowblind / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Credit Cards / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Don't Tear It Down / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
How Are You? / ?(Question Mark) / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Restless Heart / WHITESNAKE (失恋船長)
Eye of the Tiger / Eye of the Tiger / SURVIVOR (ひできⅡ)
Not Foolish, Not Wise / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
Don't Be Afraid / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
Me and My Woman / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
The Dansette Kid/ Hartley Jam for Bread / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


For Now / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
今のところ太陽は輝かない…って、ラヴソングなんだろうけど相当捻りがあるね。タイトルを連呼するエンディングの歌メロが只者ではない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-22 08:03:32)


Nevermore / Queen II / QUEEN
60歳を前に、初めて家族をおくることになった。
高校生の頃に聞いた、この曲が何故か思い浮かんだ。
この歳になって、感動。良い時代に生まれて良かった。

名無し ★★★ (2018-10-21 18:18:21)


Little Indian Angel / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
一聴また New Thing かと思ったらこちらは正統アメリカンなハードポップ。時折哀愁を匂わすメロディに変化があり聴いていて安心できる。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-21 08:38:11)


Two Man Band / MEDICINE HEAD

76年に発表された作品。
前作「Thru 'a 5」で5人編成だったバンドからジョン フィドラーとピーター エバンスだけが残り、「Two man band 」となったわけですね。
これが最終作となりました。
全曲ジョン フィドラーが手掛けており、この脱力系のほのぼのサウンドはブリティッシュロックバンドとしては、稀有な個性だと思います。
これが俺の好みだぜ✨と大きな声では言えませんが、ジョン フィドラーが好きなんだから仕方ありません。
British Lions とは全然違うけどね。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:11:27)


Midnight / Two Man Band / MEDICINE HEAD

これもボートラですが、最後にこんなハードロッキンな曲(あくまで彼等の流儀でね)が出てきてビックリ‼
まあ、若いメタラーさんは「(゜ロ゜)」で終わりですか。
還暦の私に丁度良いか。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:04:16)


Moon Child / Two Man Band / MEDICINE HEAD

ボートラでシングル「It's natural 」のB面だったらしい。
アコギポロポロプラスハーモニカの素朴なサウンドでやっぱりほのぼの系。
Lindisfarneなんかが浮かんでくる曲調ですな。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:01:12)


River of Tears / Two Man Band / MEDICINE HEAD

これはレゲエっぽい曲。
そうか、クラプトンの「I shot the shelief」より時期は後だから不思議ではないんだ。
げに恐ろしいレゲエの風よ‼本当にイギリスの色々なミュージシャンに影響を与えておりますなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:57:11)


Over You / Two Man Band / MEDICINE HEAD

ちょっとブルージーな曲で、後のBox Of Floggs を思わせますが、BOFよりサウンドが素朴なため、良く言えばシンプルの極致、悪く言えばズバリ、ショボいでしょう(笑)。
でも良いんだなこれが。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:53:40)


I'm your man / Two Man Band / MEDICINE HEAD

スライドギターが景気の良いメロディーをイントロで奏でて、出てくるはやっぱりジョン フィドラーの脱力ボーカル。
Medcine Head とBritish Lions を聴き比べたら、同じボーカリストとは思えないですよ。
こっちがフィドラーらしいのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:50:24)


Give It Away / Two Man Band / MEDICINE HEAD

60年代バブルガムサウンドっぽさ漂うナンバー。
本作のジャケットはタイトル通り、二人だけのメンバージョン フィドラー、ピーター エバンスが実に楽しそうに演奏している写真なのですが、この曲を演奏していたのかななんて思ったりして。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:46:15)


It's natural / Two Man Band / MEDICINE HEAD

アルバムオープニングナンバー。なのにMedcine Head らしい脱力ナンバーです。
アコースティックギターが結構忙しくリズムを刻んでいますが、それがテンションに繋がらず、あくまでほのぼの路線を行くのが彼等らしい。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:42:34)


In the Groove / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
サイケデリックで、退廃的で、ブルージーで…次作の予告編みたいな大曲である。確かにこの路線が極められるのは次作だね、MAX評価は保留。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-20 09:17:01)


Hot Little Summer Girl / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
ハスキーヴォイスの夏ロックと言ったらBRYAN ADAMSのあの曲だがコレもなかなかイケる。そう思うとDONNIEの声がBRYANっぽく聞こえるかも。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-19 07:53:13)


Fly High Michelle / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
歌詞の内容からして亡き人に捧げたというのは本当だろう。翌90年に全米47位まで上昇し、実績としては今に至るまでズナフ最大のヒットとなったバラードだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-18 07:59:49)


Caravanserai / SANTANA


デジタルウォークマンに録音して聴いてみた。タイトルを確認していると、別世界に引き込まれる感じがして、泣きのギターではないのに、音楽的な感動で涙が出そうな感じがあった。
自分の好みの音楽ではないが、素晴らしい音楽作品だと思う。

名無し ★★★ (2018-10-17 22:20:36)


She Wants More / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
ただのグラムメタルでも普通のメロハーでもない。気怠いAメロから一瞬覚醒したようなサビへの曲展開にセンスを感じる。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-17 08:12:59)


This Song / Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON
プロモが最高。
最初のふてくされたジョージが笑える

名無し ★★★ (2018-10-16 12:57:24)


Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON


ジョージらしからぬファンキー
な曲。

名無し ★★★ (2018-10-16 12:55:31)


Love Comes to Everyone / George Harrison / GEORGE HARRISON
優しいメロディ


名無し ★★★ (2018-10-16 12:51:50)


The Worry / LITTLE MOTHERS


このアルバムへの一連の発言はめたる慶昭でした。

名無し (2018-10-14 21:38:50)


Come Awake / Believers / DEACON BLUE

アコースティックギターが静かに奏でられ曲は始まります。
次の曲がインストでアウトロみたいな役割なので、実質的なラストナンバーですね。
ジェイムスのピアノが地味に盛り上げていますよ(笑)。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:35:35)


A Boy / Believers / DEACON BLUE

ちょっと変わった雰囲気のリッキーのボーカルが印象的なナンバー。
ストリングスアレンジが効果的でハートウォーミングなDeacon Blue サウンドを強化していますね。
一時期活動が停滞していましたが、一部メンバーを入れ替え、再開してからはストリングスアレンジを頻繁に取り入れ、より優しいサウンドになった気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:33:08)


Meteors / Believers / DEACON BLUE

セミアコのイントロからリズミックに始まる曲。
ロレインの「イェー イェー」ってコーラスが可愛い❤(因みに彼女50代後半だと思います)
初期からはギターとベースが代わっていますが、リッキーとロレイン夫妻が健在な限り、Deacon Blue ここに有りですよ‼

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:29:06)


I Will and I Won't / Believers / DEACON BLUE

ピアノとアコースティックギターをメインにした静謐な演奏にのる呟く様なリッキーのボーカルと溶け合う様に重なるロレインのコーラス、癒されるなあ。
ロックとは言えないけど良い曲です‼

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:25:15)


The Believers / Believers / DEACON BLUE

アルバムオープニングナンバー。The の有無が有りますが、アルバムタイトルナンバーとも言えます。
Deacon Blue らしいストリングスを効果的に取り入れ、ジェイムス プライムのピアノがそれに絡む展開、そこにのっかるリッキー ロスのリードボーカルとロレイン マッキントッシュのコーラス。
彼等の暖かい世界の始まりです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-10-14 21:21:27)


Believers / DEACON BLUE

Deacon Blue が16年にリリースしたアルバム。
デビューした80年代後半から30年が経過し、リーダーのリッキー ロスはデビュー当時28才とか紹介されていたから、多分私と同じアラ還ですかね。
80~90年代は初代ギタリストがエレキギターをかき鳴らし、ロックバンドっぽさも濃厚でしたが、ギタリストが代わり活動再開後はストリングスアレンジされた曲が多く、ロックっぽさはほぼ無くなりました。
上質のブリティッシュフォークポップバンドだと捉えています。
ネオアコとかアズテック カメラって言葉(名前)しか知らないけど似た雰囲気有るのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:17:27)


Moody / The Worry / LITTLE MOTHERS


曲のタイトル通り、非常にムーディーなナンバーでアルバムラストナンバー。
ベン ギャラガーのギターがちょっとアバンギャルドしており、彼等のサウンドのはばひろさが伝わってきます。この曲でもルーク ギャラガーのベースが要所で鋭いフレーズを入れてきています。

名無し ★★ (2018-10-14 10:59:07)


Restless / The Worry / LITTLE MOTHERS


まるでビートルズみたいな感じだぞ!
ポールやジョンよりベン ギャラガーの声が低い為、違うって分かるけど、もう少し高ければ何これ?ビートルズの新曲?って一瞬思っちゃうかも。
ブリティッシュロックバンドである以上、避けられないでしょうが、そう思わせるほクオリティが高い曲という証でもあります。

名無し ★★ (2018-10-14 10:53:53)


Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS


続く2曲目で今度はアコースティックギター主体の煮え切らない如何にもブリティッシュらしいウェットなサウンドで、このアルバム中一番好きな曲です。
こういうタイプの曲は、分かりやすいアメリカンロック好きな人が聴いても、良さは分かりづらいだろうなあ。
理屈じゃなくブリティッシュロック好きの感性に訴えてくるんだよなあ。

名無し ★★★ (2018-10-14 10:48:00)


Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS


続く2曲目で今度はアコースティックギター主体の煮え切らない如何にもブリティッシュらしいウェットなサウンドで、このアルバム中一番好きな曲です。
こういうタイプの曲は、分かりやすいアメリカンロック好きな人が聴いても、良さは分かりづらいだろうなあ。
理屈じゃなくブリティッシュロック好きの感性に訴えてくるんだよなあ。

名無し ★★★ (2018-10-14 10:47:26)


The Worry / The Worry / LITTLE MOTHERS


アルバムオープニングかつタイトルナンバー。
60年代のサウンドトラックみたいなレトロなかも漂わせつつ、ボーカルが入ると、中々タイトなバンドサウンドとなり、流石に良く出来た曲です。
ルーク ギャラガーのベースラインがかなり主張しており、気合いが入った感じだぞ!

名無し ★★ (2018-10-14 10:40:47)


The Worry / LITTLE MOTHERS


イギリスのバンドが99年に発表した唯一作。
ベン&ルークのギャラガー兄弟(ノエル&リアムではありません)を中心として、非常にブリティッシュロックらしいサウンドを展開してくれています。
ビートルズっぽさ(後期の)も垣間見えたりして、おおっ、此処にもビートルズチルドレンのギャラガー兄弟が居るって思いました。

名無し ★★ (2018-10-14 10:35:54)


Atom Heart Mother: a) Father’s Shout / b) Breast Milky / c) Mother Fore / d) Funky Dung / e) Mind Your Throats Please / f) Remergence / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
個人的にはちょっと長く感じた。ECHOESの方が好みです。収録曲ではIfが良いですね。

名無し (2018-10-13 07:49:19)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


和久井光司さんが、サンタナの「キャラバンサライ」を聴くと対になる、みたいな発言をされていたので聴いてみました。確かに、イギリスのダークサイドがアメリカのライトサイドが同じ時代に作られた物として比較すると、両者が魅力的に感じた。

名無し ★★★ (2018-10-13 07:38:26)


PINK FLOYD


イギリスのバンドなのか?アメリカのバンドなのか?曲を聴いて判断出来ないバンドとして、レッド・ツェッペリンとピンク・フロイドが上げられていました。その辺がアメリカでも評価された理由だと納得した。

名無し(2018-10-12 22:36:37)


One of These Days / Meddle / PINK FLOYD
こんな感じの攻撃的な曲が、あと2、3曲あればピンクフロイドの印象がだいぶ変わったかもしれない。
ヒリヒリさせる曲はありますが。

名無し (2018-10-12 22:16:37)


Fox on the Run / Desolation Boulevard / SWEET
おおっ、この代表曲がまだレビューされていなかったとは驚きです。
キーボードのイントロからして、ヒット性満載って感じで良い曲じゃないですか‼
以前エアチェックしたカセットテープに入っていて、今でも聴けますが、大好きですよ。

めたる慶昭 ★★★ (2018-10-12 18:47:00)


No Second Prize / Bodyswerve / JIMMY BARNES
遅咲きのオージーロッカーJIMMY BARNES、28歳に於けるソロデビューシングル。平凡な歌メロをシャウト1発いや連発で非凡に変える彼の声は他のいかなるハスキーヴォイスの持ち主、例えばあのJOHN FOGERTYでも真似できまい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-10 20:18:13)


Too Much Ain't Enough Love / Freight Train Heart / JIMMY BARNES
全豪№1を記録したジミー・バーンズ最大のヒット曲は(日本で言う)AORまたは彼の声質からSURVIVORを思わせるバラードだ。しかしこういう曲でもシャウターであり続けるのがジミーなんだな、ウン。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-10 19:29:02)


Good to Be Bad / WHITESNAKE


それは5、18は同一人物だからです。

名無し (2018-10-09 11:29:42)


Good to Be Bad / WHITESNAKE


ホワスネって略し方の気持ち悪さで草

名無し (2018-10-09 04:51:41)


Sailing Ships / Slip of the Tongue / WHITESNAKE
コメント眺めてると、ただ単にヴァイを貶めたい連中が多いねw

名無し ★★ (2018-10-08 21:35:42)


I Wish You Peace / One of These Nights / EAGLES
Bernieのeaglesでのlast song。今までのメロディーではなくストリングスで私達eagles fanにサヨナラを告げた。なぜか詩の内容が聴くものを励ましてくれるのは驚きでした。

名無し ★★ (2018-10-08 11:55:24)


Airplay / AIRPLAY

敏腕プロデューサーやスタジオミュージシャンの顔を持つデヴィット・フォスターとジェイ・グレイドンの二人による一枚限定のAORプロジェクト。緻密にアレンジされたポップな楽曲は、一般的なリスナーを差し置いてプロのミュージシャンから高い評価をうけたアルバムとしても知られる。複雑なコード進行がもたらす知的なセンス、スリリングに展開するサウンドは単なるポップロックなんてヤワな印象を抱かせない完璧な姿を見せているが、裏でなるポップさが売れる要素をすべて持っていった。シンセによる大胆なシーケンスの導入も魅力的だ。そしてシャープなカッティングギターもオシャレに聞かせる。
派手なソロがなくてもリズムギターの重要性を実感させるのも玄人を喜ばせたのだ。

正直者 ★★★ (2018-10-08 00:32:28)


(pronounced 'lĕh-'nérd 'skin-'nérd) / LYNYRD SKYNYRD

骨太なサザンロックが魅力のバンド。アレン・コリンズ、エド・キング、ゲイリー・ロッシントンによる、トリプルギターが奏でる、三者三様の違いが同時に鳴らされるから、生まれる独特のドライブ感が最大の魅力だった。ダビング録音じゃない三人の持ち味がコクをだしてるんだよ。
シングルカットされた⑧もスマッシュヒット。デビューアルバムなのに代表作と推すファンも多いアルバム。

正直者 ★★★ (2018-10-07 23:50:53)


Rock and Roll Is Dead / Circus / LENNY KRAVITZ
渋い!この渋み抜群の古臭いリフはまるでzeppだね!
確かにハートブレイカーのソロがそのうち流れてきそう!

1573 ★★★ (2018-10-07 21:40:52)


Are You Gonna Go My Way / Are You Gonna Go My Way / LENNY KRAVITZ
70年代のHRかと思った!
もう皆さんおっしゃってるけど、ギターのリフが最高ですね。
トーンも良いし、こりゃあHR好きには溜まらんわ!

ちなみにこのリフ、恐らく松ちゃんがソロの「The Chainging」でゴニョゴニョ…(笑)

1573 ★★★ (2018-10-07 21:36:13)


China Girl / American Fool / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
リフなどに東洋的アプローチを試みた形跡が伺える。当時のこの人にしては珍しくメロメロな内容の非シングル曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-07 09:44:41)


Master of the Universe / In Search of Space / HAWKWIND
STONER MASTER STONER

名無し ★★★ (2018-10-05 04:14:18)


Cat Scratch Fever / TED NUGENT

原始人みたいに布切れ一枚の半裸姿が日本人にウケなかった。まぁミュージックライフじゃ、ヴィジュアルの良くない外タレは無視されたからね。あんな雑誌を当てにしてる奴の話なんざぁ、聞いてられんわな。
全世代にうけるようなシンプルでドライブ感重視の作風は売れまくり全米17位、プラチナディスクも獲得と大成功を収める。上記の悪しきイメージを引きずる似非ロックファンのせいで、いまだに馬鹿にされる傾向にあるが、彼があの人は今状態になったのは、強烈な白人主義のリベラルとは程遠い馬鹿正直なアメリカ人だからにすぎない。
日本人にも手厳しい暴言を吐いたりしていたからね。でもそれがロックってもんじゃないのかね?今のご時世じゃ肩身の狭い思いをするけどさ、ギターはジャカジャカ掻き鳴らすテッドの豪快なキャラは魅力的だけどね。

正直者 ★★★ (2018-10-03 22:42:21)


A Day at the Races / QUEEN


すごくいいアルバムだ。
聴くべし。

名無し ★★★ (2018-10-02 07:29:20)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
懐かしくて泣きそうになる
リアルタイムで聞いてたわけではないんだけれども

名無し ★★★ (2018-10-01 23:36:00)


The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN
こんなん反則やろ

名無し ★★★ (2018-10-01 07:16:20)


What Would You Rather Bee or a Wasp / Back on the Streets / GARY MOORE
うおっ!発言無しとな!?
なんだかコロシアムⅡのアルバム・ウォーダンスに入ってそうなミドルテンポのフュージョンインスト。
ポップで少しジャジーで、でもギターの存在感は抜群にある。
弾きまくるゲイリーのギターも良いが、バッキングギターのカッティングリフがスッゴク病みつきになるほど心地良い!!!

1573 ★★★ (2018-09-30 23:00:43)


Song for Donna / Back on the Streets / GARY MOORE
疲れた心に染みわたるミディアムバラードポップス。
多分、コロシアムⅡで培われた味わいでしょうね、このサウンドは。
曲自体は全くロックでは無いけど、やはりゲイリーはこういう心に訴えかけてくるような曲が本当に上手いと思う。

1573 ★★★ (2018-09-30 22:55:28)


Hurricane / Back on the Streets / GARY MOORE
ちょっとインストフュージョンちっくでありながら、吹きすさぶ疾風のように流れるメロディーと唸りまくるゲイリーのギター!
このアルバムはHRHMやってるゲイリーが好きだった自分はほとんど聞いてなかったけど、改めて聴くと凄く味があるね!

1573 ★★★ (2018-09-30 22:53:02)


Loose Talk / Jinx / RORY GALLAGHER
アルバムラストナンバー。
これまたオーソドックスな如何にもロリーらしいテンポの曲で、ダルシマーでちょっとインドっぽい雰囲気を出しつつも、しっかりロリーワールドを築いており、安心して身を委ねられます。
エンディングが格好良く決まればもっと良いんだけどね。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:38:42)


Bourbon / Jinx / RORY GALLAGHER
活きの良いギターリフ一発から始まるロケンロール、もう最高ですな。
でも何故スコッチじゃなくてバーボン?
スコッチはイメージが上品?
酒に酔って腰振って踊る時はバーボンが合う?
因みに私はバーボンのIWハーパーが好きですが何か?

めたる慶昭 ★★★ (2018-09-30 16:34:55)


Double Vision / Jinx / RORY GALLAGHER
アップテンポの2歩手前くらいのミディアムテンポなナンバー。
これくらいのテンポがロリーって一番好きで得意ですよね。
新メンバーのブレンダン オニールも切れの良いドラミングでロリーのアゴアゴボーカルとイナタいギターをバックアップしているし、相方ジェリー マッカボイのベースは言わずもがなです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:30:06)


See You Next Tuesday / Turkey / WILD TURKEY

こちらも7分近い長尺のインストナンバー。
コーニック作で長い割りにプログレ感は余り無く、ジャジーでブルージーな演奏に終始しています。
アランのギターがゆったり気味ながら美味しいフレーズを連発し、スティーブ カールのピアノも味なバックを付けています。
コーニックとドラマーのジェフ ジョーンズはキッチリとメロディー楽器陣をサポートし、ナイスなグルーヴを出しておりますぜ❗

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:24:28)


Eternal Mother /The Return / Turkey / WILD TURKEY

静かに始まる8分近い長尺ナンバー。
繰返し鳴らされるピアノの旋律が印象的でちょっとプログレ入ってますか。
それにしてもゲイリー ホプキンスの声は良いねえ‼
5分過ぎからガラッと曲調が変わり(The return の部分になったのかな?)アラン ルイスとミック ダイクの叙情的なツインギターでそのままエンディングまで行きますが、この後半も味わい深いですよ😃

めたる慶昭 ★★★ (2018-09-30 16:18:48)


Universal Man / Turkey / WILD TURKEY

3曲目にして初めてコーニック作の曲。
これも王道ブリティッシュロックな感じでTraffic やThree Man Army なんかが連想出来ますね。
コーニックのベースラインはタル時代より地味に曲に沿ったものとなっており、かつてジョン ポール ジョーンズが舌を巻いたというテクニックは披露していません。
代わりにアラン ルイスのリードギターが格好良い😆

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:12:12)


Good Old Days / Turkey / WILD TURKEY

アルバムオープニングナンバー。
非常にオーセンティックなブリティッシュロックという感じです。
ゲイリー ホプキンスのボーカルは如何にも当時の典型的なブリティッシュロックバンドのボーカルって感じで、中々味わい深い声をしています。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:07:00)


Turkey / WILD TURKEY

元Jethro Tull のベースだったグレン コーニックを中心に結成されたバンドの2ndアルバム。
バンド名にも有るターキー(七面鳥)がでっかくジャケットに描かれているのも印象的です。
サウンドの方は結構アーシーなブリティッシュロックって感じでTraffic やThree Man Army を想起させます。
ボーカルのゲイリー ホプキンスは、ちょっとハスキーな声でスティーブ ウィンウッドなんかと比較出来そうですね。
8分越え、7分弱という長尺の曲も有りますが、プログレ色は無く、また、キャッチーな曲も無いため、ヒット性も薄く、短命なバンドでしたが、聴き込む程に味が出てくる所謂スルメ盤という奴ですね👍

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:04:15)


A Day in the Life / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES
She loves youやI want to hold your handを歌っているのと同じ歌手だとは思えない。ちょっと前までロック、ポップをしていたのにちょっと時間が経てばこんなに奇妙な歌を作れる。だから人々はBeatlesに引き寄せられる。

名無し ★★ (2018-09-29 14:39:03)


Magical Mystery Tour / The Greatest Hits / CHEAP TRICK
超名曲・ビートルズのカヴァーです。
オリジナルのややゆったりとしたポップスと違って、こちらはアップテンポのポップロックテイストにアレンジもゴージャスで現代音楽に慣れている人なら、古臭さを感じさせないこちらの方が圧倒的に聴きやすいしノリも良いでしょうね。

1573 ★★★ (2018-09-29 12:41:30)


25 or 6 to 4 / Chicago (Chicago II) / CHICAGO
うろ覚えなので、ギターソロは覚えてないので、今聴きながら書き込んでいます。
おおっこのイントロ❗久々に聴くとやっぱ格好良いですな✨
フムフムギターソロはテクニック的には普通でしょうが、この時代特有のヤケクソな格好良さが有りますね🙆

めたる慶昭 (2018-09-29 00:24:29)


Saturday in the Park / Chicago V / CHICAGO
今、聴いても全然古さを感じないやはり名曲でしょう。
当時は洋楽ベスト10番組等で頻繁に聞いて、ああ良いなあと素直に思っていましたが、今でもその気持ちは変わりません。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-29 00:16:03)


Down Through the Night / Space Ritual / HAWKWIND
ランラーララン ダンダーダダン ザンザーザザン

名無し ★★★ (2018-09-28 01:22:14)


Freeze-Frame / Freeze-Frame / THE J. GEILS BAND
Centerfoldの余勢を駆って全米4位まで上がったタイトルトラック。いかにも脳天気でR&B色の濃いアメリカンロックだが、残念ながら奴等の快進撃も本作で"ストップモーション"になってしまった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-09-26 20:02:05)


Come Back / Love Stinks / THE J. GEILS BAND
時代に迎合してシンセを多用、かなりポップになったとは言えPETER WOLFの泥臭いVo.のため洗練され切ってないのが魅力だね。全米最高位32位まで行ったスマッシュヒットだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-09-26 19:52:21)


Livin' for You / Walk On / BOSTON
フランコスモ、歌が上手すぎる。
Orion The Hunterの上手さも理解していたつもりですが、この曲のフィット感は尋常じゃない。

熱い正男 ★★★ (2018-09-24 02:48:54)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
シブいSaxが良い。良い意味での大人のrockだね。

名無し ★★★ (2018-09-18 17:00:03)


Under Wraps / JETHRO TULL

やはりアメリカで売れたかったイアン・アンダーソン。前作は従来の姿勢を取り戻したのに今回はまた悪夢のニューウェーブ路線へと進んだ。大胆にフィーチャーされたシンセサウンドを前にイアンのフルートの音色が空しく鳴り響いています。

それもそのはずでイアン以外のメンバーが曲作りに深く関与しているのも影響しているだろう。移り変わりが加速しだした80年代、時代に取り残されまいとのアイデアなんだろうが、アメリカでは前作よりも売れずセールス的には惨敗。単にファンを失っただけのアルバムと酷評を結果に、それでもピーター・ジョン・ヴェテッシが、かぶせるシンセサウンドは彼のアイデアなしには実現不可能だっと思える。彼の貢献度がイアンの後押しになっていたのは間違いない。

正直者 (2018-09-17 22:21:55)


The Broadsword and the Beast / JETHRO TULL

多くのアーティストが直面した時代の流れ、その潮流の中でイアン・アンダーソンも大いにもがき苦しんだ。方向性をガラリと変えた前作は実験的な要素も強く意欲に溢れてはいたがセールスは惨敗。ツアーも盛況とはいかず多くのファンを失った。そして追い打ちをかけるようにメンバーもあいついで脱退。イアンのソロプロジェクト的なスタイルへと変貌を遂げていくことになる。
そんな過渡期の作品だがプロデューサーにポール・サムウェルスミスを招聘、外部の血を導入することで袋小路に迷い込んだバンドに新たなる可能性を見出そうと苦戦していたんだと思う。
前作よりもトラッド色が復活、不自然なほどに浮いていたキーボードもアジャストしてきた。当時は無名だったピーター・ジョン・ヴェテッシも重厚なサウンドのカギを握るかのように大活躍、その見事な指さばきは②⑥⑦⑧などで確認できる。

正直者 ★★★ (2018-09-17 22:09:01)


Dusk / Trespass / GENESIS
Trespassの中では、地味な曲ですが曲のオープニング、エンディングがとても印象的ですね。好きな曲です。

名無し ★★★ (2018-09-17 20:16:22)


My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN
仕事も終わり、部屋でゆったりとした時にピッタリの曲。言うこと、ありません。

名無し ★★ (2018-09-17 20:00:32)


We Will Rock You / News of the World / QUEEN
アルバム冒頭に相応しい名曲の1つ。初めて聴いた時、鳥肌モンでした!!

名無し ★★★ (2018-09-17 19:41:28)


Message in a Bottle / Reggatta de Blanc / THE POLICE
この曲のギターをコピーしようと頑張ってるんだけど、難しいんですよねぇ。僕手が小さいから指が広がらないよぉ。
それにしてもいい曲ですよね。

レスポールほしい ★★★ (2018-09-17 19:35:15)


Only Time Will Tell / Asia / ASIA
どうしてくれるんだ!久しぶりに聞いたら涙が止まらない!

名無し ★★★ (2018-09-15 14:16:23)


Only Time Will Tell / Asia / ASIA
雲ひとつない空に向かって両手を広げて叫びだしたくなるほど
透明感が溢れている曲ですね!良かった、この曲に会えて!

めるたリボーン ★★★ (2018-09-14 01:57:47)


Alpha / ASIA


サビが前作のアルバム「ASIA」の「HERE COMES THE FEELING」と被る(笑)

名無し ★★★ (2018-09-13 21:56:34)


THOMPSON TWINS


"Lay Your Hands on Me"はイギリスのバージョンはまだトンプソンツインズだったが、
アメリカバージョンは今思えばナイルロジャーズの曲に変わった感じで個人的には今一つ。

CMで見たときは明るい曲だったっけ?の違和感だらけ。

当然、リズム系の仕事をかなり取られたジョーが去ると、彼らの特徴を更に失った感じになった。

名無し (2018-09-13 17:10:44)


Sail Away / The Purple Album / WHITESNAKE
オリジナル(?)より、こっちのアレンジの方が何万倍もイイ!と思うのはワタシだけ・・・でしょうか?

ひできⅡ ★★★ (2018-09-08 22:58:24)


The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE
Thin LizzyのFor Those Love To Liveをちょっとパクったな。こっちのほうが哀愁があってまた良し。

名無し ★★★ (2018-09-08 20:24:58)


Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN
1977~1982までライブではライブの最後(アンコールは別)の曲でした
しかもボヘミアンの次(お母さんつながり?)だったので
本人たちはとても気に入ったのでしょうか
僕はもボヘミアンの次といったらこの曲です!!

Nakagawa ★★★ (2018-09-02 15:38:17)


You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN
1991年に収録された沢山の曲のかけらを組み合わせてこの曲を作ったそうです

Nakagawa ★★★ (2018-09-02 15:31:11)


Europa (Earth's Cry, Heaven's Smile) / Amigos / SANTANA
今、聴きながら書き込んでいますが、なんかAORだとしか思えないぞ。

めたる慶昭 (2018-09-02 00:01:57)


A / JETHRO TULL

メンバーチェンジを余儀なくされたイアンは、かねてから考えていたソロアルバムに着手する。元々はジェスロタルはイアンのバンドなのにソロとは?いかなる方向性に向かうのか興味が注がれていました。
結局はリリースにあたりレコード会社から、バンド名義で出せとプレッシャーを受けることに、それに伴い音楽性にも口を出してきた。

イアンは当時流行りのニューウェーブを意識したものでソロアルバムらしい意欲に溢れるものだったが蓋を開ければフォーク/トラッドも無理やり押し込んだ作風になった。
一番の問題は、これをバンド名義で出した為に、ジョン・エヴァンを解雇せざるをおえなかった事件が問題だろう。

エディ・ジョブソンのエレクトロニクスがアナログなサウンドと上手く融合しているのだが、それまでも流れから大きく逸脱している為の多くのファンを失うこととなった。かなりの問題作であり、幾度ジェスロタルらしい魅力を発見できないのだが、それは前述したソロアルバムの為のアルバムだった。したがって方向性が違うのは当然の結果である。
この一枚の失敗で、このバンドを見限ってほしくない。もし、このアルバムがイアンのソロだったら好意的に受け止められ高い評価を得られたと思う。けして質は低くないのだ。そして次へのステップへと確実に影響を及ぼしている。その一点だけでも価値は大きいのだ。

キーボードの裏でなり響くイアンの崇高なフルートの音色が空しく響いているのも間違いないけどね。

正直者 ★★ (2018-09-01 19:46:47)


Stormwatch / JETHRO TULL

この時期倒錯していたトラッド/フォーク路線に一区切りをつけたアルバム。世間的にはトラッド3部作のラストと認知されています。全体的なムードは冷やかでメロディアスな魅力を上手く強めているが、ジェスロタルならではのスリリングな演奏も楽しめる名盤だ。この後、バンドは大きな転換期を迎える。心臓病の悪化に伴いジョン・グラスコックがレコーディング途中で離脱。病状は良くなることなく帰らぬ人に、さらにはドラムのバリーモア・バーロウもバンドを去ることになった。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:31:30)


With You There to Help Me / Benefit / JETHRO TULL
トラッド/フォークの影響も大きく出ている。なんと言っても寒々しいフルートの音色にドキッとさせられた。
冷やかな音色の中でハードなギターがクールさを倍増、そこの合間をフルートが駆け抜けた。
ナイーブだが逞しいイアンの歌声に酔いしれる。そんな冷やかな曲なのに終盤に向けて狂気じみた盛り上がりも鋭い。
やはり並のバンドでは表現できない魅力がこの曲だけ聞いてもハッキリと伝わるだろう。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:17:24)


Nothing to Say / Benefit / JETHRO TULL
ヘヴィなギターリフと対峙するように感傷的なメロディが飛び込んでくる。
独特のムードを生み出すイアンの歌も素晴らしいが、裏でなるピアノに泣かされる。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:12:00)


Benefit / JETHRO TULL

この時代のバンドをニューロックとかアートロックなんて言葉で区分けしていた。ジェスロタルもそういった部類に当てはまるのだろうが、いち早くジャンルの壁を乗り越えるかのように新たなるスタンスへと道を切り開く。アルバムを出す度に同じ路線を進まないというのもミュージシャンとしてあるべき姿なのだが、その革新的な創造性に多くのミュージシャンは影響をウケた。
どこかニヒルな荒涼としたメロディ、手触りの荒い乾いたサウンドは、これまでと明らかに違う感性を研ぎ澄ましてきた。前作のブルース臭を抜き、次のアルバムへと繋がる音楽性。バラバラの方向性にベクトルを放っているのに時系列で聞き直せば、そこには一本の道が繋がっていたと気がつかせるのが、ジェスロタルの凄さだろう。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:08:24)


Aqualung / JETHRO TULL

パープルのSMOKE ON THE WATERのように有名なリフ①のインパクトが強烈。ライブでも重要なレパートリーなのも頷けるが、このバンドを紹介するとなれば、この曲は外せないだろう。蒸気機関車のあえぎ、やぶにらみのマリーのイカした邦題を頂戴した⑩③も代表曲だ。
このアルバムから正式メンバーになったジョン・エヴァンの存在感も大きい。アコースティックな静のパートからハードな動へのパートへと変化するスタイルに老舗プログレバンドと重なる姿も魅力だ。

正直者 ★★★ (2018-09-01 18:55:56)


The Loner / Wild Frontier / GARY MOORE
これ、副題が「ジェフ・ベックに捧ぐ」でしたよね?

名無し ★★★ (2018-08-29 18:30:44)


Heavy Horses / Heavy Horses / JETHRO TULL
デイヴィッド・パーマーがオーケストレーションを担当している。
彼の存在は大きなウェイトを占めているのは、この曲を聞けば一目瞭然だ。
数ある代表曲の中でも名曲中の名曲と推される。この曲をまずは聞いてもらいたい。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:34:02)


Heavy Horses / JETHRO TULL

見事にソングライティング力が復活したバンドの勢いは留まらず、このアルバムもブリティシュなフォーク/トラッド路線を踏まえたものとなった。この時期、全盛期ほどの売り上げを残せない状況に陥ったのはバンドが悪いのではなく、世間の流れが確実に英国的なものから離れて行ったという背景がある。質は高いが利益を残せなければ失敗の烙印を押されるのは残念な結果だ。やはり芸術を数字で表すのは愚かな行為と言わざるを得ない。
聞きやすさ最優先した結果、楽曲はコンパクトになったが、それでもJETHRO TULLらしい満足感が得られるのは名盤の証。デイヴィッド・パーマーがいるのも心強い。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:28:13)


Songs From the Wood / JETHRO TULL

74年にSTEELEYE SPANのプロデュースを担当した件はイアン・アンダーソンの音楽性に多大なる影響を与えた。その後のアルバムを聞けばわかるのですが、今回はそのブリティッシュフォーク/トラッドの影響下のもとにアルバムに着手。
その魅力はオープニングから見事に開花、久しぶりにたっぷりと聞けるイアンのフルートソロ、早くも名盤の予感を漂わせる。その後も複雑なリズムは前作以上に耳に残り、このバンドの高い技術力を発揮。ソングライティングもイアンに頼ることなく皆がアイデアを出し合ったりとすべてが素晴らしい方向へと進みだしているのが分かる。
ジェラルドの汚れ無き世界同様、70年代のJETHRO TULLを代表するアルバム。前作の低迷を見事に払拭しただけでも素晴らしい偉業だ。ベテランの域に達するバンドが、仰け反るくらいにV字回復したんだからね。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:19:25)


Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL

落ちぶれたロックスターの復活劇をストーリーにしたコンセプトアルバム。アルバムのジャケットを見ればわかるように、主人公のロックスターはイアン・アンダーソンに見立てているのがブラックジョークとして成立している。

ジェフリー・ハモンドからジョン・グラスコックへとベースの座は変わったが、バリーモア・バーロウとの相性が良くリズム面は今まで以上に複雑な展開へと様変わりした。イアンがプロデュースしたSTEELEYE SPANのマディ・プライアもゲスト参加。フォーキーなトラッド色も上手く出ているが、売れなければいけないプレッシャーと、イアン拘りの狭間で音楽性が揺れ動き、JETURO TULLの何ものでもないのに、どこか散漫な印象を与えてしまうのは何故だろう?コンセプト作なのに、一曲が独立している為にコクが薄まったのも要因。このバンドは、そういう色気を出さない方が良いのだが売れないと喰えない、背に腹は代えられないのだろう。

正直者 ★★ (2018-08-28 18:09:44)


Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL

またもストーリー性を大切にしたアルバムに着手した。②は北欧神話を題材に、⑥はロンドンを舞台にした組曲。
このアルバムはフルートよりもアコースティクギターを弾く機会が多いイアンだが、それでもJETHRO TULLらしいリティッシュ・ハードロック/プログレッシヴ・ロックはスタイルは健在。独自の世界を切り開いている。この時点で一枚とて同じ内容のアルバムを作っていないという才能はもっと評価されるべきなのだが、日本ではプログレは人気薄なのが残念でならない。
全英20位、全米7位と思ったほどのセールスには結びつかなかったが作品のクオリティは高く従来のファンは勿論、新規のお客さんにも優しいアルバムだ。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:58:19)


War Child / JETHRO TULL

前のアルバムが酷評された為にレコード会社からも口を挟まれたアルバム。イアンは74年に英国のエレクトリックトラッドと当時呼ばれていたスティーライ・スパンのアルバムをプロデュースしていたのだが、その時、トラッドの影響を受けたと公言。その影響もほどほどに、レコード会社の指示に従いコンパクトでポップな曲が増えた。
アメリカで売れた⑦などを聞けば一目瞭然だろう。しかしJETHRO TULLとらしいと言えば⑤だろうけど。
まだ正式メンバーではなかったがカール・パーマーがストリングスアレンジを担当。次のステージへと向かう準備を着々と進めていた印象が強い作品だ。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:47:20)


A Passion Play / JETHRO TULL

キリストの受難という西洋人にはなじみ深いコンセプトを扱い。コンサート会場でも映像を使いながら演劇性の強いコンサートを行っていた時期の作品。
ファニーなイメージもあった「ジェラルドの汚れなき世界」に比べダークなイメージが強いのは題材がキリストの受難だからだろう。
英国で評判の悪かった演劇風コンサートに、ヘヴィでダークな曲調になったので、当時の日本では文句をいっぱい言われたアルバムだった。英国では13位止まりも全米1位に輝く、全米1位の影響を大きく、げんきんな奴らが手のひら返したのは滑稽だったな。

フルート以外にもサックスも大きくフィーチャーされ、他に類を見ない独自の世界を探求。新しい音楽の世界を開拓していた。70年代中期の演劇風サウンドを楽しんでいたバンド。その遊びに付き合えるかは音楽的な偏差値の高さを要求されるだろう。

当時、世界的に文句を言われたアルバム。日本でも好意的じゃなかったが今このアルバムを駄作と呼ぶ人も少なくなっている現状が実に愉快だ。昔はあんなに文句言ってたのにね。若気の至りですまされない時代になった昨今、不用意な発言は控えたいね。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:35:36)


Fly on the Wall / Behind Closed Doors / THUNDER
軽快で跳ねるようなリズム、華やかなホーンサウンド、ほんのり哀愁を感じるメロディ、なんともいえないクセになる曲です。
この手の曲どこかで聞き覚えあるな~と思ってしばし考えたあとに閃いたんですが、B'zの90年代半ば~後半ごろの曲っぽい。
イントロ終わりの「ウゥッ!」とかも含めて(笑)
この場で言うと反感買いますかね?

侘びサビ ★★ (2018-08-25 15:58:39)


I Need Your Love / Walk On / BOSTON
ボストンにありがちだが、イントロがやたらめったらカッコいい。
しかしそこからポップなバラードになっちゃうのがちょっと惜しい。
もちろん、良い曲ではあるんだけどね。

侘びサビ ★★ (2018-08-25 14:54:21)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
「宇宙の彼方へ」に隠れがちだけどこの曲もいいよね。というか、むしろこの曲の方が良くない?
歌メロは非常にポップな曲だけど、ギターはハードロックしてていいね~

侘びサビ ★★★ (2018-08-25 14:41:26)


Thick as a Brick / JETHRO TULL

1972年リリースの5枚目。ジェラルド・ボストックなる少年が書いた詩が、大きな賞をとったと実際に起きたニュースのようなジャケットを使い、真実のように装ったアイデアが英国流のジョークなんだろう。イアン・アンダーソンのユーモアセンスがアイデアの源流なのだが
、これが傑作なんだ。
静と動のパートを行ったり来たりしながら目まぐるしく展開する、プログレシッブロックさながらのスリル。無駄のない演奏はいつ聴いても手に汗を握らせる。新ドラマーのバリー・バーロウのツーバスが、これまた迫力あるんだよ。
ちなみにデジタルリマスターヴァージョンの方がイアンのフルートの音色がハッキリと聞こえるからアナログ盤もっている人も聴き比べるべき。それにJETHRO TULLの代表作に上げるファンも多いから、未体験のかたには、これから聞くことを薦めるね。

正直者 ★★★ (2018-08-22 22:44:09)


Stand Up / JETHRO TULL

デビュー作が話題を呼び売り上げもそこそこあったのだが、ギターのミック・アブラハムズが脱退。後釜に収まった人物が当時はEARTHと名乗っていたバンドのレフティ、トニー・アイオミであるのは有名なエピソードだ。結局アイオミはバンドに馴染めず早々と去ったのだが、マーティン・バレというギタリストが無事に後を収めた。
ミックが抜けバンドのイニシアチブはイアン・アンダーソンへと移行。イアンのフルートが主導権を握るシングルヒットした③を始め、バラライカを使った⑦、アコースティカルなストリングスナンバーの⑨と多様な音楽性の数々にイアンの才能の豊かさを感じた。
JETHRO TULLの歴史は早々とオリジナルラインナップが崩れた2枚目から始まったのは皮肉な出来事だ。
それを証拠に全英第1位、全米第20位に輝いたヒット作でもある。

正直者 ★★★ (2018-08-22 22:26:09)


This Was / JETHRO TULL

今一つ日本では人気のない英国のフルート奏者がいるユニークなラインナップが話題となった伝説のグループ。今も解散することなく活動を続けている凄いバンドなのだ。

当時流行りのブルースロックをベースにイアンのフルートが重なるスタイルはかなり斬新なアイデアだったが、デビューアルバムはギターのミック・アブラハムズの渋いギターが大きなウエイトを占めている。それでも単なるブルースロックの枠に収まらなかった個性が話題を呼んでいた。⑤はローランド・カークのジャズナンバーを取り上げたり、ドラムソロで幕が開ける⑥など年代を感じさせる作風でもある。

正直者 ★★ (2018-08-22 22:15:27)


SLADE


上勘違い、古いベストなので、ランラナウェイ等後期の曲は入っていません。
もう一個のベストと間違った。

名無し (2018-08-22 12:48:22)


Sladest / SLADE


時代的にシングルが主でアルバム未収録なものも多い為、これを1枚持っておくことをお勧めします。
まあアルバムのテイクとは微妙に違う曲もあるんだけどね。シングルバージョンになってるから。
ランラナウェイもいいが個人的には coz I Libe you あたりの英国的ブルージーなのも大好き。

名無し ★★★ (2018-08-22 12:46:00)


Run Runaway / The Amazing Kamikaze Syndrome / SLADE
能天気!もうカンカン照り!
ただね・・・この曲が入ったLPは、ジャケ絵的にちと買うのを躊躇するかも^^;

名無し ★★★ (2018-08-22 12:37:01)


Great White Hope / Pieces of Eight / STYX
ライブ盤は更に荒々しくてオモロイですよ。
カッコ悪いけどカッコイイ(w

名無し ★★★ (2018-08-22 11:58:31)


Blue Collar Man (Long Nights) / Pieces of Eight / STYX
ハーフペニートゥーペニーが「スティクス的」なハードロックの頂点だとすると、
この曲はスティクスの枠を超えてしまってる。スティクス的なのはわずかにドラムパートにしか残ってないかも。

名無し ★★★ (2018-08-22 11:46:06)


Half-Penny, Two-Penny/A.D. 1958/State Street Sadie / Paradise Theatre / STYX
特にライブでは、J・ヤングの内向的だが攻撃的な一種の狂気を見ることが出来る。
スティクスの中ではハードロックよりな名曲。

名無し ★★★ (2018-08-22 11:23:39)


The Night Time Is the Right Time / Green River / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
ROY "HAPPY" BROWNなる人が1957年に発表したブルーズナンバーのカバーだそうな。アメリカ南部の音楽をシスコ出身のC.C.R.が演る唯一無二ぶり、ここに極まれり。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-21 20:06:33)


Pagan Baby / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
前作のRamble Tamble同様本作も聴き応え十分な長尺ロックテューンで幕開け。ペリカンじゃないよ、ペイガンだよ、異教徒と言うほどシリアスじゃなくて自分と違う人ぐらいの意味かな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-20 20:56:07)


Gimme! Gimme! Gimme! / Voulez-Vous / ABBA
ABBAというグループは明るくポップな楽曲から哀愁漂うカッコいい楽曲までなんでもござれ。
前者の代表がDancing Queen、後者の代表がこの曲といったところでしょうか。
アンデス風の民族音楽とHR/HM、そして日本の歌謡曲の美味しい所をかいつまんだような曲。
そりゃいろんな国でウケるよね。

侘びサビ ★★★ (2018-08-19 15:40:45)


Point of Know Return / Point of Know Return / KANSAS
私は、クラッシックファンだけど、カンサスは、大好き。

名無し ★★★ (2018-08-13 20:57:41)


Under Pressure / Hot Space / QUEEN
最後のgive love...のあたりで涙が止まらなくなる
こんなに感情に訴えてくる曲は初めてだなぁ

名無し ★★★ (2018-08-13 11:34:13)


Driving By Night / Downstream / SNIFF N THE TEARS
淡々としながらもメジャーキーで、パーっと開けた明るさを思わせる雰囲気が良いですね。
ロンドンからコーンウォール地方へドライブ🎶🚗💨🎶するときなんかこの曲が鳴っていたら、気持ち良いんじゃないかなあ。
LA とかNYには合わないな絶対‼

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:11:20)


Snowblind Lovers / Downstream / SNIFF N THE TEARS
ちょっとだけハード&へヴィーなサウンドでニヤッとさせてくれます。
そう感じるのは、ニック サウスのベースが他の曲よりズンズン響く重たい仕上がりになっているからで、ギターの乾いたトーンは変わりません‼
このサウンド面白いな。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:07:13)


St Raphael / Downstream / SNIFF N THE TEARS
珍しくリーダーのポール ロバーツ単独作ではなく、ナイジェル プレストンという外部のライターとの共作です。
その為か、心持ちファンキーなサウンドでいつもとちょっと違うぞ❓と思わせます。
コーラスにもヘレン ハーディーなる女性が参加していますしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:03:33)


Black Money / Downstream / SNIFF N THE TEARS
アルバムオープニングナンバー。
以前の曲に似ている様な気もしますが、淡々としたサウンドが変わらないため、感じる錯覚かな?
それを抜きにして考えれば、いつもの安心して浸れるSniff'n the Tears 節で気持ち良くさせてくれます。

めたる慶昭 (2018-08-12 23:58:26)


Downstream / SNIFF N THE TEARS

2010年に発表されたアルバム。
この時点で結成30年以上経っていますが、そのサウンドは全然変わらず、ポール ロバーツの声も全然変わっていません‼
いくらシャウターでなく中低音で淡々と歌うタイプといってもここまで変わらないボーカリストは珍しいのではないでしょうか。
ほぼ、活動期間が変わらないMadness のサッグスだってちょっと声がおじさん化したもんなあ。
ポールは最初からおじさん声だと言われれば、その通りなんですけどね。
彼等のアルバムには外れは無いので見つけたら買わずにはいられませんなあ。
また、ポール ロバーツは画家でもあり、毎回ジャケットを手掛けておりますが、今回の赤ちゃんにおっぱいを含ませる女なんて写真かと思うぞ✨

めたる慶昭 ★★ (2018-08-12 23:55:11)


Indian Queen / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アルバムラストナンバー。
スカスカは変わりませんが、最もアップテンポでドラムスがドタバタドタバタ忙しい曲です。
でもイナタイ感じで乙なドラミングですよ。
それにしてもジョン フィドラーはギターも兼ねていますが、終始まったりとしていて、今の若いメタラーは「やる気あんの?」って疑問に思うかな?
これが味と言うもんですぜ。

めたる慶昭 ★★★ (2018-08-11 15:34:41)


In the Palm of Your Hand / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

これもゆったりしたテンポで進んでいく、一聴何てこと無さそうな曲。
後ろでまた鳴っているトニー アシュトンのピアノが良い空間を作り出しており、退屈はしません‼
って思うのはオーバー50のベテランブリティッシュロックファンでないと駄目かな?

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:28:57)


Rising Sun / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アナログB面1曲目。
相変わらずのスカスカサウンドで、これじゃ太陽も昇るのを止めちゃうんじゃないの?って突っ込み入れたくなりますな。
プロデューサーのトニー アシュトン(ペイス アシュトン ロードのアシュトンですね)がキーボードで参加し、良いアクセントを付けています。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:24:38)


Epitaph Blues / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

如何にもブルースでございってなギターにハーモニカが絡み、もったりしたリズムで曲が進んで行きます。
ジョン フィドラーのボーカルにはパワーも無ければテクニックも無いですが、その独特の声が全てをOKにしてしまうんですよ。

めたる慶昭 (2018-08-11 15:19:52)


Cajun Kick / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アルバムオープニングナンバー。
いきなり、スカスカのサウンドに恐らく現在の若いメタラーが聴いたら、開いた口が塞がらないかもしれません。
しかし、何となく異国情緒がある緩い感じにジョン フィドラーの煮え切らないボーカルがのっかる、こんなサウンドもブリティッシュロックの奥の深い魅力の一つなのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:15:53)


Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

後にBritish Lions やBox Of Floggs で活躍したジョン フィドラーが在籍していたバンドMedcine Head の74年発表のアルバム。
74年当時でさえ古臭さの漂うスカスカのサウンドですが、味が有って何とも言えない魅力がそこには有るのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:11:55)


The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN
すべてはこの曲のための序曲とさえ思える。
スぺクタキュラーな展開につぐ展開、邪悪な世界観に「これがRADIO GAGAをやってる人達の曲か!?」と
瞬時には理解できない。この曲も含めてアルバム「QUEENⅡ」は凄いことになっている。

学生の時先輩にこう言われた。「QUEENⅡって疲れるのよね」
当時、まだこの作品を未聴だった僕は「へー。そうですか」ぐらいの感じだったのだが、後年この作品を
聴いてみて先輩の言った言葉の意味がわかった。とにかく気が抜けないのだ。それまで培ってきた自分の
音楽耳、音楽脳を全力で駆使しないと飲み込まれてしまうのだ。故にあの先輩の言葉となる。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 01:15:47)


Nevermore / Queen II / QUEEN
こちらは2分にも満たない。
しかしこの美しさはなんと表現すればよいのか。儚いカゲロウのような曲。
この曲はこの位置でなければならない。だからこそ意味がある。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:37:08)


The Fairy Feller’s Master-Stroke / Queen II / QUEEN
3分にも満たないコンパクトな曲なんだけど、侮ってはいけない。
その密度たるや尋常ではない。一気に駆け抜ける構成のなかに含まれる情報量の多さに
脳ミソが追い付かない。気持ちわるい。初めて聴いた時は何が起こっているのか
わからなかった。大げさじゃなく、今こんな曲を書ける人はいない。異形の名曲。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:21:24)


Ogre Battle / Queen II / QUEEN
黒面はこの曲からスタート。
驚いたことに、この印象的なギターリフ、フレディが考えてブライアンに聴かせたそう。マジか!
漂う緊張感、ほとばしる狂気、みなぎる殺気、そして華麗なメロディに茫然自失となるのみ。
この曲、単体で聴いてもいいけど、やっぱりブラックサイド(レコードでいうB面)通して
聴くのがいい。彼らのポップな面しか知らない人たちに是非聴いてほしい。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:06:53)


Lookin’ Out My Back Door / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
私が唯一持っているドーナッツ盤では「光りある限り」のB面がこの曲です。
アメリカではA面なんですか?
今年みたいに暑い夏はクーラーの利いた部屋でこんな曲聴いて爽やかな気分になりたいですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-10 23:13:23)


Have You Ever Seen the Rain? / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
はっちゃんさん、私も何回かカラオケ🎤😆🎵で歌ったこと有りますよ。
非常に歌っていて気持ち良いんですよね。
えっ、歌詞の内容ってそんなシリアスだったんですか?
ちっとも知らなかった。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-10 23:09:37)


Reckless / BRYAN ADAMS

7つ下の同僚の奥さんがこのやんちゃなCanadianのファンだったという話を聞いて全曲レビューに至った。大半の曲は83年中にレコーディングが終わっていたらしい。ちなみにシングルリリースの順は3.7.5.4.6.1.8.で、翌85年にかけてこれらがヒットチャートを席巻したんだよなぁ。
BRYANの活動のピークはWaking Up the Neighboursの頃になるだろうけど、ブレイク作と言ったら断然コレだってば。それにしても本サイトでは何ともSummer of '69の人気が高いことよ! 確かに夏はこいつのシンプルでストレートなロックでオーバーヒートしちまうのも一興かもね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-10 20:00:12)


Ain't Gonna Cry / Reckless / BRYAN ADAMS
エンディングチューンも非シングル曲ながら、そう言えば"FOOTLOOSE"で流れてたなァと。理想的な終わり方を演出するこの疾走曲に遠慮なく☆3つ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-10 19:31:45)


Run to You / Reckless / BRYAN ADAMS
本作からの1stシングルで"Heaven""Summer of '69"に次ぐTOP10ヒットとなった。確かに奴にしては哀愁メロハーないし(日本で言う)AOR的な曲だが似合ってるかと言うと…?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-09 19:26:01)


She's Only Happy When She's Dancin' / Reckless / BRYAN ADAMS
同じくソロ名義でロックするSPRINGSTEENやMELLENCAMPとの類似性があるかな? 動画の女の子の腰つきが悩ましいけどポイントは考慮しないぞ。非シングル曲。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-09 19:16:46)


Long Gone / Reckless / BRYAN ADAMS
本作では少数派の非シングル曲にもシンプルなりに手抜き一切無し。奴のシャッフル調ナンバーは珍しいかな?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-08 19:19:21)


Kids Wanna Rock / Reckless / BRYAN ADAMS
単純明快、Kids wanna rockでありGirls just want to have funだ、世の中そういうもんだ。リフがVHのI'll Waitだって? たまたまだよ、偶然!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-08 19:14:12)


Heaven / Reckless / BRYAN ADAMS
1984年当時、洋楽好きの女の子は例外なくこの曲が好きだったに違いない。いや多くは好きだったかな? 好きな子もいただろう…え~いとにかく名バラードだ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-07 20:01:44)


It's Only Love / Reckless / BRYAN ADAMS
別にたとえ20歳も上のTINA TURNERとデュエットしなくても十分イケたであろうストレートで重みのあるロック。その理由は2つ上の方が仰る通り歌詞にある、ウム。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-07 19:34:13)


Promised Land / Fassade / LACRIMOSA
ボーナストラックですね。
テクノっぽい感じもするちょっと毛色の変わったナンバー。
中々良い曲で、こっちを追求した方が良いんじゃないの?は言い過ぎかな😃

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:11:09)


Fassade, 3. Satz / Fassade / LACRIMOSA
「Fassade」三部曲の締め括りの曲。
流石に曲作りに力が入っており、オーケストラアレンジもバンドの演奏もテンションの高い劇的なサウンドを展開しています。
ただ、ティモのクリーンボーカルには今一つ魅力が薄いため、私の中で評価が少し下がってしまうのが惜しまれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:08:10)


Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA
印象的なギターリフから始まるヘビーな曲。
ティモのグロウルに絡むオーボエの様な管楽器のパッセージが耳に残ります。
ストリングスアレンジもヘビーなギターサウンドに良くマッチさせており、短めの曲ながら私的にはこのアルバムのハイライトナンバーですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:03:05)


Senses / Fassade / LACRIMOSA
シンセがポロンと鳴ってアンヌが歌い上げる様に入ってくる静かな印象で曲は始まります。
バンドが入ってきてもスローなテンポは変わらず、ダイナミズムが加わったという感じですか。
ティモのボーカルは一切聴こえず、アンヌの為の曲の様ですが、Gathering 辺りに比べると物足りないかな😃

めたる慶昭 (2018-08-05 20:58:37)


We Can Work It Out / 1962–1966 / THE BEATLES
「変幻自在」という四字熟語が似合いの名曲だと思います

回転式手動ドア ★★★ (2018-08-04 01:35:20)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
CDTakeが一番いい。Howeのギターが一番さえているのがCD

名無し ★★★ (2018-08-03 07:17:06)


Mushanga / The Seventh One / TOTO
まさに神曲

名無し ★★★ (2018-08-02 00:24:43)


Yellow Cab Man / Gun / GUN(60'S)

常に一定のスネアとボーカルの合間のギターソロ、そして繰り返し歌われるサビに中毒になりそうです。

ぬい様 ★★ (2018-08-01 01:25:41)


Zombie / No Need to Argue / THE CRANBERRIES
反戦歌、なんか泣けてくる。

ぬい様 ★★★ (2018-08-01 01:14:53)


Africa / Toto IV / TOTO
ロックなどジャンル関係なしに名曲でいい曲だと思います。

レスポールほしい ★★★ (2018-07-30 16:24:46)


最後に残ったのは私たち二人 / Elodia / LACRIMOSA

今度は、大袈裟なクワイアから始まる5分45秒のナンバー。
うん、この曲でのティロとアンヌのデュエットは中々良いね。
ヒューって漂う音はメロトロンかはたまた音楽用ノコギリ(しならせて音を出す奴)か?
ゴシックムード満点ですな。

めたる慶昭 (2018-07-29 16:46:53)


君を消せなかった / Elodia / LACRIMOSA

イントロからオーケストラがストリングスもホーンも全開で入り、オッと期待させます。
最初はアンヌがリードボーカルの様ですが、彼女一人で歌っていても余り魅力が無いなあ。やっぱりティロが出てきてヨシヨシって感じですな。
これも8分弱と長尺ですが、前曲よりはメロディーもアレンジも数段上でアルバムのハイライトでしょう。
次の曲は退屈だしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:40:12)


Ich verlasse heut' Dein Herz / Elodia / LACRIMOSA
ベースのリフから始まる8分半に及ぶ長尺ナンバー。
ティロの低音ボイスは癖が強く、好き嫌いがハッキリしそうですが、私は微妙に好き寄りということで。(笑)
ストリングスもキーボードかな?なんて使われ方で、有りがちなアレンジで飽きが来るぞ!
まあ、ギターだけ中盤と終盤でソロを頑張っていますな。

めたる慶昭 (2018-07-29 16:34:08)


Alleine zu zweit / Elodia / LACRIMOSA
アコースティカルに始まる静かな曲。
発表当時、生のオーケストラを起用して、ゴシックメタルとクラシックの融合を試みたと話題になりましたが、70年代のプログレに前例が幾つも有り、ビックリすることでもないでしょと覚めた目で見ていました。
ティロとアンヌのデュエットの相性はそこそこかな😃

めたる慶昭 (2018-07-29 16:26:46)


Only Love / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER
これも比較的アコースティックな曲。
後半はエレクトリックギターが入りちょっとサイケになりますが、繋ぎに不自然感が無く、クーラの曲作りも成熟してきたなあと感じさせます。
クリスピアンのボーカルは決して上手くはありませんが、如何にもイギリス人らしい声が私を魅了して止まないのです😆

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:18:54)


Ophelia / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER
アコースティックギターの爪弾きから始まる静かな曲。
クーラ風トラッドソングですな。
途中からバンドが入ってきますが、サウンドはあくまで控え目でトラッドスタイルを崩しません。
メタラーの人が聴くと「フックが無い」等と文句が出そうですが、これもブリティッシュロックなのさ。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:14:39)


Body Language / Hot Space / QUEEN
PV ロジャー カッコよすぎ 曲はさておき...

名無し(2018-07-29 13:36:47)


News of the World / QUEEN


捨て曲の無い、QUEEN唯一のアルバムだと思います。中でも4、7、9、10、11は凄すぎる...

名無し ★★★ (2018-07-29 05:25:32)


MEDICINE HEAD

後にBritish LionsやBox Of Floggs、ソロで活躍するジョン フィドラーが在籍していたバンドです。
自分が唯一持っているアルバム「Thru' a 5」は後程レビューします。

めたる慶昭 (2018-07-28 17:52:59)


I'm Still Standing / Too Low for Zero / ELTON JOHN
「Saturday ~」ばかりが、エルトンのロック・サイドとして強調されますがどーしてどーして!
この曲も充分カッコいいです。

マイナーキーでスタートして歌い出したら急にメジャー、んでまたマイナー・・・これを繰り返して、聴き手をドンドンエルトン・ワールドに引き込んで行きます。
ピアノで立派にハードロックしているのがスゴイ♪

ひできⅡ ★★★ (2018-07-26 21:01:57)


Slip of the Tongue / WHITESNAKE

BURRN!誌でも当時は良くカヴァーデイルとジョン・サイクスの組み合わせは最強だったと評価をされ、実際にあの記事が出た後は周りに同調する人間は勿論、自分が言ったみたいな勢いでウンチクを語る猛者が急増したことを鮮明に記憶している。
全米での成功を狙いすぎた人選は上手くいかなかったと思うが、それはブルージーなサウンドにヴァイの機械的なギターは合わないという論調なんだろうけど、その後、日本ではポール・ギルバートがギターを弾くMR.BIGだ大成功した。
同じようなブルースロックにポールの機械的なギター、ヴァイの方が理論的で革新的なギターを弾いていたと思うが、ポールの事を機械的なギターと非難する人に出会ったこは少ない。
したがって、何故ここまでヴァイが非難されるかは理解不能だ。やはり酒井氏の発言になびいた結果だろう。
キース・オルセンによる全米チャートを意識したポップ路線は前作同様だと思う。

その後、BURRN誌ではヴァイも合わないけど、カヴァーデイルもムリしてシャウトしていた、みたいな論調で着地した。
当時、評論家が口を揃えて否定した為に、多くの人が同調して悪口をいったことで有名なアルバム。
だから流石のカヴァーデイルも空気呼んでイマイチだったかもねと最終的に答える始末。
これだけネガティブな情報があるなかで聞くのは勇気もいるだろう、だけど普通の人たちは当時、結構当たり前に聞いていたのでバイアスが掛っていないならイケるだろ。

これは断言できるけど、昔のWHITESNAKEが好きな人は前のアルバムがアメリカンすぎてバンドから離れて行ったことも言及しておきたい。だから前作は最高で、今回はダメという意見がいかにBURRN!ライクなものだったかはハッキリと伝えておきたい。

正直者 ★★ (2018-07-25 19:32:12)


Whitesnake / WHITESNAKE

めちゃくちゃコマーシャル路線を突き詰めたアルバム。マイク・ストーンとキース・オルセンの二人をプロデュースに迎えたのは大成功と言えるだろう。
ヤングギター誌でも大絶賛のラブバラード「IS THIS LOVE」などジョン・サイクス加入の成功例を見てとれるが、やはりリメイクしたヒット曲「HERE I GO AGAIN」の成功が全米2位へと導いたのは間違いないだろう。
その半面英国では16位までしか上らなかった。
しかしカヴァーデイルの野心はここに成就することになった。

正直者 ★★ (2018-07-25 19:12:23)


Slide It In / WHITESNAKE

ベテランのエディ・クレイマーをプロデュースに迎え入れシングル『愛の掟』を先行リリースするも、最終的にはマーティン・バーチが戻ってアルバムを完成させた。
すったもんだでメンバーの出戻りもあったが、コージー・パウエルのソリッドなドラムを軸としたハードロックサウンドは、今までのブルース路線と上手く融合。そのかいあってゲフィンレコードとの契約に漕ぎつけることが出来た。
しかしMIXに難を示したゲフィンの要望でUSヴァージョンを制作、リメイクナンバーの追加やギターパートをジョン・サイクスのものと、ベースパートをニール・マーレイに差し替えてのリリースと、また米と日、英ヴァージョンの違いのあるアルバムが出来上がってしまった。
過酷なドサ回りも経験した全米ツアー、その活動は全米制覇へと繋がる足がかりになったのは間違いないだろう。

正直者 ★★★ (2018-07-25 19:02:23)


Saints & Sinners / WHITESNAKE

メンバー間のゴタゴタでレコーディングは途中で棚上げになる。おまけにカヴァーデイルは娘の病気を理由に休養と問題が多すぎた。すったもんだでメンバーは解雇。ベーシックトラックは録音済みだったので、契約をこなすためにメル・ギャレーを呼んでレコーディングを完成させた。
そんな内部事情はアルバムにもモロに反映されている。なんだかとてもまとまりのない作品になってしまった。それでも6曲目がスマッシュヒット。そのおかげで全英9位と面目は保たれた。
そのヒットしたHere I Go~はリメイクして大ヒットする。

正直者 ★★★ (2018-07-24 18:49:58)


Come an' Get It / WHITESNAKE

アスコットの旧ジョン・レノン邸で録音したアルバム。だからバットフィンガーのヒット曲に似たタイトルや歌詞を引用したのかな?エロジャケットも含め遊び心も満載なんですね。

Fool For~がヒットを飛ばし良好な状態でリリース。そのおかげで全英2位と今回も売れた。気を良くして全米ツアーに出かけるもビルボードチャートは圏外、ツアーのチケットも売れず散々な結果に、この惨事がきっかけでブルースロック黄金期のメンバーシップが瓦解することになるとは夢にも思わなかった。

シングルカットされた3曲目の Don't Break~を筆頭のカヴァーデイルの歌声は益々、色気が増している。特に凄いと思うのは、今とは違い一つ一つに心を込め丁寧にうたっていること、そんだけでも聞く価値はある。
全米で売れなかったのは、アメリカ人にとっては暗すぎたのかな?

正直者 ★★★ (2018-07-24 18:39:50)


Dr Kitt / Strangefolk / KULA SHAKER
ハープの綺麗な音色からフルートが入り、バンドサウンドが入ってくるこれもストレンジ感が漂う曲。
70年代どころか60年代後半のムードで、🐵モンキーダンス💃が似合いそうな気がするぞ‼
Doors 辺りも連想させますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-22 21:30:42)


Hurricane Season / Strangefolk / KULA SHAKER
アルバム後半の6分超えの長尺ナンバー。
ガチャガチャ賑やかなイントロから歌に入るとアコースティックに代り、非常にムーディーに曲は進んで行きます。
リズムセクションは良いグルーヴを出しているし、途中のキーボードソロなんか、「ヤッター、このサイケな音色にフレーズ最高だぜ❗」って感じで、ガッツポーズしまくりの6分間でした。

めたる慶昭 ★★★ (2018-07-22 21:26:40)


Die for Love / Strangefolk / KULA SHAKER
70年代のちょっとクスリにやられたブリティッシュハードロックナンバーって感じ?
Be-Bop Deluxe をちょっと連想してみたりして。
ギターソロも短いけど絶対アメリカ人じゃ考えつかない様なフレーズを決めてますぞ✨

めたる慶昭 ★★ (2018-07-22 21:20:51)


Timeworm / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER
パーカッションがポコポコ鳴り、アコースティックギターが爪弾かれるバラードとは言えないが、slowな曲。
こうした曲は、感性が合う合わないで好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、私は好きです😆
こういうのもブリティッシュロックを永年聴いていると、時々出会うんですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-07-22 21:17:08)


108 Battles (of the Mind) / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER
108って煩悩の数だと思いますが、このサイケなハードロックでそんなものぶっ飛ばそうぜって事かな?
クーラの曲はどれもそうですがテクニックを引けらかす様な事はしないものの、時折何気に結構難いことをやっていますな。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-22 21:11:54)


Mystical Machine Gun / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER
前曲から続く形で始まるこれまたイントロは胡弓の様な不思議な感じの弦楽器を鳴らして、よりdeepなクーラワールドへ引き込まれていきます。
クリスピアンのボーカルもマントラを唱えている様なストレンジワールド全開で、私を異界へとトリップさせてくれるのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-22 21:07:36)


Great Hosannah / Peasants, Pigs & Astronauts / KULA SHAKER
アルバムオープニングナンバー。
前作「K」が「Hey dude 」という必殺キラーチューンで掴みはOKだったのが、今回はいきなりまったりした気だるいインド感満載のイントロが出てきてオイオイ大丈夫?って思いましたが、聴き込む内にスルメの様に味の出てくる曲だなあと理解しました。
クーラの魔力に吸い込まれそうです❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-07-22 21:02:41)


Blindman / Ready an' Willing / WHITESNAKE
オリジナルも捨てがたいが歌が上手くなったぶん、こちらに軍配を上げます。
でも甲乙つけがたいな。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:54:06)


Ready an' Willing / WHITESNAKE

独特のシンコペイションが魅力のドラマー、イアン・ペイスが初参加となるバンド名義3枚目のスタジオアルバム。バンドの代表曲のFool for~がシングルとしてヒット、その影響もあり英国では最高位6にチャートイン。念願のビルボードチャートにも100位以内に顔を出しバンドとして大きな成功を収めた。
他にもカヴァーデイルの魅力を堪能できるブルースナンバーや、バラードなど名曲が満載、初期の代表作と呼ぶに相応しい完成度の高いアルバムに仕上がっている。中でも名曲Blindmanを再録してくれたのが嬉しい。当時よりも確実に上手くなったカヴァーデイルの歌でもう一度楽しめるんだから感謝です。
ディープパープルから3人もいるせいか、勝手にコチラが自分にバイアスをかけてしますのだが、もしパープルが解散していなかったら、こんな音楽性になっていたんじゃないのかと想像出来るのもお楽しみの一つだったりする。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:34:49)


Live at Hammersmith / WHITESNAKE

ボビー・ブランドのカヴァーにパープルから2曲を半分しかオリジナルソングはないが、充実したプレイを楽しめるライブアルバム。
たしか来日記念盤として日本先行で発売されたはずである。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:21:11)


Ain't No Love in the Heart of the City / Live at Hammersmith / WHITESNAKE
ボビー・ブランドのカヴァーソングだが、もはやバンドの持ち歌といっても差支えないだろう。
カヴァーデイルの色気のある歌声に恋人も濡れる街角だよ。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:18:12)


Lovehunter / WHITESNAKE

前作と同じくマーティン・バーチのプロデュースによるバンド名義2枚目のアルバム。そのせいかは分からないが6曲目に代表されるようにディープ・パープル第3期や4期の音楽性を意識したような作風に仕上げているのが印象的だ。2曲目は今でもライブで演奏される重要なレパートリー、カヴァーディルとバーニーのソングライティングチームによる名曲だろう。3曲目はアメリカ人レオン・ラッセルの曲。
パープル時代と比較されるような音楽性に落ち着いたが、その半面、カヴァーデイルのシンガーとしての成熟ぶりを堪能できる一枚だと思う。ここにはかつてのような、たどたどしい面持ちや不安感は一切ない。今ならグレン・ヒューズと互角に渡り合えるだろうと実感させたパフォーマンスが詰まっている力作だ。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:14:06)


Trouble / WHITESNAKE

キーボードにジョン・ロードも加入、万全の態勢の中、遂にWHITESNAKE名義で本格的に始動。カヴァーデイルもディープ・パープル時代のようなロックシンガースタイルを取り戻す。二人のギタリストが譲り合いながらソロを弾く場面や、バーニー・マースデンが9曲目でリードシンガーを務めたりと民主的なバンド運営が印象的だ。とくにジョン・ロードのキーボードは、一発でそれと分かるプレイなど全体的な聞くべき点も多い。意外なのはビートルズのカヴァーがあることだろう。

正直者 ★★★ (2018-07-22 17:02:10)


Don't Try Suicide / The Game / QUEEN
自殺志願のはずが、軽快な音楽と共に歌詞の中には「Don't Try Suicide」の文・・・。なるほど、邦題がおかしいのか。
でもなんで? いい曲なのに。

名無し ★★ (2018-07-22 14:06:13)


Greatest Hits II / QUEEN


DTS5.1chで聴くべし!
借金してでもavアンプ買うべし。

名無し ★★★ (2018-07-21 19:53:42)


The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE
これ、白蛇の中でも相当上位に入る曲でしょう。軽快さと哀愁のバランスが絶妙。
後のメジャー感溢れる音よりも、自分はこの頃のほうが好きだな。

侘びサビ ★★★ (2018-07-21 14:15:52)


Slide It In / WHITESNAKE

今日、久し振りに聴いて(アナログのUK盤)思ったのですが、メル ギャレーってコーラスにもクレジットされてますよね。
今までコーラス部分はカバーディルの声の重ね取りだと思ってましたが、メルがバックアップしていたと。
これって、US盤だとギターはジョン サイクスでコーラスだけメルの声が残っているんですかねえ。
上の方のコメント、アルバムの1曲毎のクレジットを見直して、メルの貢献に改めて敬意を表します。

めたる慶昭 (2018-07-15 16:11:58)


Grateful When You're Dead / Jerry Was There / K / KULA SHAKER
私、Greatful Deadというバンドは名前ぐらいしか知らないのですが、アメリカのサイケなかつレイドバックしたバンドって認識です。
前半は、そのサイケな面を強調した感じですね。
中々ハードロックしていると思ったら、パッパッパーの所でちょっと脱力しちゃいます(笑)
かと思えば後半は、完全にクスリにやられて思いきりレイドバックしましたって感じで、1曲でGreatful Dead というバンドのイメージを上手く表現したのではないでしょうか。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-14 16:11:50)


Tattva / K / KULA SHAKER
インド風味全開の曲。
オープニングの「Hey dude 」と並んでこのアルバムのハイライトナンバーですね。
タットバと呪文の様に繰り返し、その後出てくるオルガンの響きかつての宗主国としてのイギリス人ならではのインドへの憧れプラス複雑そうな思い。
アメリカや他のヨーロッパの国々では出せないブリティッシュな感覚だなあ。

めたる慶昭 ★★★ (2018-07-14 16:04:48)


Into the Deep / K / KULA SHAKER
ピアノから始まるオリエンタル風味豊かなナンバー。
「Tattva」や「Govinda」の様なあからさまさは無いですが、そのメロディーには若きクリスピアン王子のインドへの憧れが透けて見えており、今聴くと微笑ましいですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-14 15:58:37)


A Human Body / The Game / QUEEN
正直「Rock It」や「Coming Soon」より好きかもしれません(笑)
ロジャーのソロ感が強いのでカップリングに甘んじてしまったのは分かりますが、コーラスからちゃんとフレディとブライアンの声が聴こえるので安心して聴けます。
もろに時代を感じる曲調ですが、聴けば聴くほど味が出る正にスルメ曲です。

ヤング兄弟 ★★ (2018-07-07 07:54:14)


The Miracle / QUEEN


PARTYが超お気に入り。
DVDグレイテスト・ヒッツ2のミラクル、インビジブルのDTS5.1chは
まさにミラクルで同じ曲だけど別な新しい曲に聞こえる。
死ぬまでにマルチチャンネルで全アルバムが聴きたい。

名無し ★★★ (2018-07-02 23:25:17)


Total Eclipse of the Heart / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER
もうひと山欲しいと思わせるバラード
クレジット問題でも話題になった一曲

あれこの曲はあれに似てるぞと思うのはそのせいです
ミート・ローフの恨み節も聞こえてきそうですね

失恋船長 ★★ (2018-07-01 18:04:09)


Boat on the River / Cornerstone / STYX
フォーキーだねぇ
ホロリと涙がこぼれそうになります
STAXにもこういう曲があるんだと驚きましたよ

失恋船長 ★★★ (2018-07-01 17:48:53)


Who Will Stop the Rain? / Aqua / ASIA
オシャレですね
キーボードの使い方も上手いです
大らかでゆったりとしたスケールの大きい一曲
ハードサウンドの合間に聴くと魅力も倍増

失恋船長 ★★★ (2018-07-01 17:46:04)


Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP

前作から本名のMELLENCAMPを名乗り、ファームエイドの発起人でもあるインディアナ州セイモア(or シーモア?)出身のジョン"クーガー"メレンキャンプ、80年代における活動のピークとなった通算7th。
基本は毒気のある土臭い骨太なカントリー&フォークロックという、奴しか出せないキャラクターで統一されているが、大ブレイクした前々作やR&R色の濃い前作に比べ、アメリカ農民の困窮を訴える1.を始めとしてメッセージ性が前面に出るなど全体にダークな作風である。それでも本作は全米2位を記録し、TOP40ヒットが5曲も生まれた。田舎町のチンピラが全米に支持されたのだ。
色々当時のこと思い出すなぁ…個人的には7年間過ごした東京近郊を見限り故郷に帰って来たこと。誰かが本の中で"日本はアーカンソーに土地を買って米を作り、農地を他の用途に有効活用せよ"とブチまけてたり。そんな時代だったんだねぇ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-06-30 08:15:48)


The Kind of Fella I Am / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
ラストは当時のボートラで、スライドG.にRY COODERが参加しているから"僕だって仲間"という邦題になったのかな。真意は"俺ってそんな奴さ"だよ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-06-29 08:13:24)


You've Got to Stand for Somethin' / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
いきなりROLLING STONESが出てきてニヤリとさせられるが、全体にはヘヴィなメッセージソングだ。standないしstand forには色んな意味があるよね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-06-28 08:06:36)


Rumbleseat / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
インディアナ発のノリノリ・バイカーズロックってとこかな。歌詞はヒネクレと言うか矛盾と逆説だらけで面白い。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-06-27 08:11:13)


Between a Laugh and a Tear / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
人生は泣き笑いの繰り返し、見方によっては単調なものかも。やはり単調なこの曲に花を添える女声はRICKIE LEE JONESである。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-06-26 08:05:25)


Justice and Independence '85 / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
非シングル曲だがG.リフとDs.のリズムが軽快な"正義と独立'85"。歌詞はJusticeにIndependenceとその子供Nationを擬人化した痛烈な風刺となっている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-06-25 08:10:00)


Trouble / Strange Land / BOX OF FROGS
少しテンポが遅めのロックンロール。
この曲でのギターはスティーブ ハケット。
また、元Jethro Tull のピーター ジョン ヴィッテッセがキーボードを弾いており、二人の演奏が妖しい世界観を築いています。
そして、ここでのジョン フィドラーの知的なボーカルがバックのムードにこれまた良く合っているんだなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-06-24 16:51:06)


Hanging From the Wreckage / Strange Land / BOX OF FROGS
ちょっとレゲエっぽいスローナンバー。
ロリー ギャラガーがエレクトリックシタールでダルなムードを作っています。
そこにのっかるジョン フィドラーのボーカルも疲れた感じで、今のメタラーが聴くと眠くなるだけかな?
こういうのを渋格好良いと感じて欲しいんですけどね。

めたる慶昭 ★★ (2018-06-24 16:46:40)


If You Were a Woman (and I Was a Man) / Secret Dreams and Forbidden Fire / BONNIE TYLER
言われてみれば、確かに似てますね。
他には、中島み○きの「やまねこ」も・・・。ご存知ない方は是非一度お聴きください。ニヤリとさせられますよ(笑)

侘びサビ ★★ (2018-06-24 11:13:17)


The Face of the Nation / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
国民の顔つきが恐らくは悪い方に変わっていくと歌う、1.と同様にダークなメッセージソング。暗部、負の要素があることは85年当時も今も、アメリカも日本も変わらない。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-06-24 08:13:13)


Minutes to Memories / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
人生色々あるけど1分1分が思い出につながると歌う本作5thシングル。アメリカゆえ、そしてMELLENCAMPだからこそ産み出されたカントリーロックだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-06-23 08:03:00)


Blinder / Victims of the Future / GARY MOORE

「Live At The Marquee」に収録されてる「Dallas Warhead」に似た感じのインストHR。
あちらほど疾走感は無いが、かなりヘヴィ。
これはボートラなのだけど、ゲイリーファンなら聴かなきゃ損やでぇ…

1573 ★★★ (2018-06-22 23:04:13)


Devil in Her Heart / Out in the Fields: The Very Best of Gary Moore / GARY MOORE
TSUTAYAのレンタル盤にはボートラとして収録されてますね。
実にゲイリー節の効いたミドル~ややハイテンポなHRナンバー。
特にリフがナイス!

1573 ★★ (2018-06-22 22:58:07)


Victims of the Future / GARY MOORE

今改めて通して聴いてみると、「ゲイリームーア」という人がどういう曲をやる人なのか?ってのが良く分かる一枚だと思う。
ダーティーフィンガーほどヘヴィじゃないし、バラエティ多彩で、個人的にはコリドーズオブパワーよりも他人にお勧めしやすいかも。

1573 ★★★ (2018-06-22 22:44:06)


Murder in the Skies / Victims of the Future / GARY MOORE
イントロからゲイリーお得意のマシンガンピッキングソロをブチかましてくれる!
メロディーはニュークリアーアタックと似てる、攻撃的な感じ。
多分「大韓航空機事故」を題材にしてるんだよね?歌詞分かんないけどコリアって言ってるし。

1573 ★★★ (2018-06-22 22:40:21)


Grandma's Theme / Scarecrow / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
アメリカのトラディショナルソングを古いラジオから流れてるみたいにアレンジして演っている。残念ながら次曲のイントロに留まっているが。

MK-OVERDRIVE (2018-06-22 08:09:19)


Is This Love / When Seconds Count / SURVIVOR
Survivorの中では1番好きです。本当に1番。
サビのキャッチーなフレーズが頭から離れない!最高!
白蛇よりも断然こっちの方がいいです。
(ちょっとジャンル違う・・・?)

名無し ★★★ (2018-06-16 12:47:33)


Spot / The Planets

70年代後半に活躍したDeaf School が解散して、ベースのミスターアベレージことスティーブ リンゼイが結成したPlanets の2ndアルバム。
全曲スティーブが曲作りを手掛けており、このアルバムを作っただけで彼を天才と呼んでしまいたい‼
それほど、ほぼ全曲完璧に格好良い曲ばかりで、Oasis 、Kura Shaker 、Madness 、The Fixx 等数あるブリティッシュロックのアルバムの中でもオールタイムでベスト10には入れられる程好きなアルバムです。
レゲエっぽい曲が多く、プロデューサーにナイジェル グレイを起用したことからThe Police と比較されていましたが、個人的には圧倒的にThe Planets の勝ちでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:30:47)


C.r.a.z.y / Spot / The Planets

アルバムラストナンバーは、またもレゲエ調の曲で締め括ります。
こちらはボーカルメロディーが秀逸で、特にサビでC.R.A.Z.Yって一語ずつ区切って歌っている所なんか最高‼
「Intensive care 」とベストチューンを争う超格好良いナンバーです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:20:03)


Don't look down / Spot / The Planets

こちらもレゲエ調の曲。
ッチャカッチャカとレゲエ特有の緩いテンポとアップテンポが交互に入れ代わる曲調が洒落ています。
アップテンポ時のドラミングの疾走感が堪らない‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:15:29)


Intensive Care / Spot / The Planets

こちらは、レゲエっぽさを残しながらも、もっとストレートなロックンロール調の曲。
このアルバムに収録されている曲は、どれも好きな曲ばかりなのですが、中でもベストチューンに推せそうな程、お気に入りです‼
ブリティッシュロックの魅力って何?と問われたら、「この曲を聴け」ってなもんです。
スティーブ リンゼイのベースラインが超格好良い‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:07:31)


Let Me Fall / Spot / The Planets

ッチャカッチャカ鳴るギターのカッティングが心地良いレゲエ調の曲。
Deaf School 時代はレゲエの影響はあまり感じられなかったが、このアルバムでは、他にも随所に影響が窺われ、The Police と比較されていたのも当然でしょうね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:02:17)


Hot Summer Nights / Night / NIGHT
ウォルター・イーガンが提供した曲
歌うはスティーヴィ・リーガン
シンセで参加しているがTOTOのポーカロ兄弟のお父さんです
オリジナルの味を損なわないバンドアレンジも美味しいです
彼らの手によって1979年にシングルカットされました

失恋船長 ★★★ (2018-06-08 14:56:04)


RAY KENNEDY / RAY KENNEDY

下積み時代の長かったレイ・ケネディ、彼ら名が一般的に広く知られたのは、カーマイン・アピス、マイク・ブルームフィールドらとKGBを結成したのが最初だろう。その後2枚のアルバムを残し消えたKGB、大きな成功を収められなかったのだが、1980年にソロアルバムをリリースしたのがコチラになります。
TOTOのポーカロ兄弟をはじめにメンバーがレイをバックアップ、さらにはミスターグラミー賞と呼んでも差し支えないデヴィット・フォスターも加わり層の厚いメンバーが手厚くレイのソロアルバムに力を注いでいます。
その期待に応えるように、力強い歌声で洗練されたポップスを見事に歌い上げるレイ・ケネディ。良い曲と良いパフォーマンスに彩られていたが、こちらも大きなヒットを生む事無く活動は終了。結局、表立った活動を継続することなく、その後は、裏方としての人生を歩んだレイ。彼の名が一躍HM/HRの世界で脚光を浴びたのが、1984年に西武球場で行われたスーパーロック84にMSGのメンバーとして参戦。解散状態のMSGが日本での仕事をこなす為に、急ごしらえのヴォーカルがレイ・ケネディだった。
その急転直下の加入は、来日直前だったらしく、ろくにリハーサルも行えず当日のライブを迎えたの事だったらしい。そのリハーサル不足と、レイ・ケネディから発せられる場違い感MAXのオーラに同情を禁じ得ないが、巷で散々と酷評された文言には乗っかる事は出来ません。
所謂、『レイはポップス畑のシンガーだからダメだ』ですね。今作を聴けば、彼がいかに声に押しがあり、けしてMSGのサウンドに負けるような歌い手ではない事が確認できると思います。同じバックボーンを抱え、RAINBOWからロックの世界に足を踏み入れたグラハム・ボネット同様、レイにも十分にチャンスはあったわけです。当時、レイがどの程度シンガーとして、ステージに立っていたのか、またどれだけ急だったのか、そもそもMSGはオファーを受けるだけの状態だったのか等、実に裏話の多い参加劇となったレイ・ケネディを擁する幻のラインナップですが、映像も当時のVTしかなく、なかなか確認出来ないのが現状ですが、ワタクシは数少ないレイ・ケネディ擁護派です。
それにしても皮肉なものです、今アルバムの邦題が『ロンリーガイ』だもんなぁ。スーパーロック84当時は相当イジられたからね。
2014年に他界。もうその歌声を聴くことは出来ませんが、レイにはMICHAEL SCHENKER FESTに是非とも参加してもらいたかったなぁ。

失恋船長 ★★★ (2018-06-07 15:26:53)


I'll Be Over You / Fahrenheit / TOTO
歌もギターもこんなに上手くて、いったいなんなんだ、ルカサーさんよ!

城島イケル ★★★ (2018-06-05 23:45:15)


One of These Days / Meddle / PINK FLOYD
先日放送された、「その時、歴史が動いた」にて、毛利と尼子の合戦シーンで、この曲が流れました。

名無し ★★★ (2018-06-04 21:02:07)


Blue Suede Shoes / Elvis Presley / ELVIS PRESLEY
そうか、エルビス・プレスリーの初期の代表曲の1つなんですね。
今、聴いてみたけど改めて格好良いなと思いました❗
先日批判的な書き込みしたモーターヘッドよりよっぽど格好良いぞ。
あの「Uriah Heep live !」の「Rock'n roll medley 」でもカバーされておりますが、あのボーカルの神様デビッド バイロンが唯一超えられない存在が有るとすれば、それはエルビス・プレスリーでしょう。
それだけ、御機嫌なナンバーなんですよ。
それと「Burning love 」も聴いてみたけど、70年代半ばのリアルタイムでヒットしていた頃の事が思い出されました。
こちらも良い曲です。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-01 23:11:04)


Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN
この曲のライブヴァージョンもかっこいいです 特に1980年代

名無し ★★★ (2018-05-30 16:41:09)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
中学の時これを聴いてジェフポーカロ病み付きになった。ジェフのドラムを片っ端から聴くようになった。センスのいいシンバルワーク、抜群のスピード感がもう最高で。ジェフのいないTOTOなんて…

名無し ★★★ (2018-05-28 12:55:27)


Goodbye Yellow Brick Road / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN
確かにエルトンと言えばまずこれですよね。
「土曜の夜は僕の生きがい」を挙げる人は邪道だ‼(笑)
如何にもブリティッシュらしい湿り気たっぷりのバラードでメロディーの良さは誰もが認めざるを得ないでしょう。
カラオケで上手く歌えれば、若い女子からも「素敵、渋い!」なんて言われるかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-25 21:19:57)


Let Me Entertain You / Jazz / QUEEN
評価低いですね…
なかなかにヘヴィな曲ですが歌詞はクイーン(フレディ)らしいエンターティナー宣言!!
ライブになるとかなり化けます。

ヤング兄弟 ★★ (2018-05-23 10:32:22)


Mustapha / Jazz / QUEEN
アルバムどころかクイーン全曲の中でもトップクラスに好きな曲!最初は淡々とした感じですがブライアンのギターが入って来た瞬間から一気にヒートアップします。(その時に一気に音がデカくなるのでご注意ください笑)
約3分とコンパクトな中にクイーンらしい大仰さとバカバカしさが詰め込まれた名曲です。

ヤング兄弟 ★★★ (2018-05-23 09:56:14)


All God's People / Innuendo / QUEEN
この曲こそQueenにしか演奏できない曲

名無し ★★★ (2018-05-22 18:15:35)


Music / MADONNA

このアルバムではフィルターハウス、2ステップ、トランスをいち早く取り入れており、
他にもシンプルなオーガニックポップスやバラードを用意するなど、
マドンナの中でもメロディを意識したビートが目立つアルバムではないでしょうか。
後にもっと派手な音のアルバムが現れますが、シンプルな構成が目立つこのアルバムも乙でしょ?

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:28:48)


American Pie / Music / MADONNA
この曲もですが、ロックは何回、死んだって言われまくってるんでしょうね…w
さて、アレンジとしては珍しく広義のダンスミュージック寄りのアレンジになっており、
結構シンプルなアレンジとギターとメロディを活かした構成になっています。

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:25:33)


What It Feels Like for a Girl / Music / MADONNA
冒頭のセリフサンプリングはマドンナお気に入り。
そんなセリフの後に流れるのは穏やかなミディアムビート。
ただ、このまんまだとUKでしかヒットしないからシングルでは速くしたんでしょうね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:14:30)


Don't Tell Me / Music / MADONNA
冒頭は仕様です。お使いのオーディオ機器(PC)は正常なのでご安心を。
楽曲自体は意外とシンプルでメロディこそオールディーズのような味があるのですが、
ビートはかなり警戒で、サンプリングされたギターとの絡みがすごく合うんですね。
途中から挿入されるストリングスがいい味を出しています。

Ray-I ★★★ (2018-05-21 22:01:59)


I Deserve It / Music / MADONNA
カントリーとエレクトロを融合したナンバー。
この時の米ポップスシーンは確かにオーガニックなサウンドと
デジタルサウンドの融合を図っていた時期でしたし、
日本でも似たような試みを実施していたアーティストもいたので
温かみのあるサウンドと電子音って意外と求めあっていたのかも。

メロディは米国らしいややブルージーな曲で、
哀愁で覆いながらも引きずるような重いメロディが特徴。
マドンナの声だから軽く聞こえますが、それでも重く感じますね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:56:13)


Runaway Lover / Music / MADONNA
この曲では多分、トランスの要素を切り取ったんでしょうね。
当時はエイベックスもトランスに目をつけていたので、
目ざとい人はもう取り入れてたジャンルだったんでしょうね。
今となっては懐かしいジャンルになってしまいましたが、
この手のジャンルがまた脚光を浴びないかなとたまに空想します。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:51:08)


Impressive Instant / Music / MADONNA
当時は珍しかったフィルターハウスをいち早く取り入れたナンバー。
その後、あのDAFT PUNKが大ブレイク。
そういった意味ではすごい先見性。
今では当たり前となった手法ですが、当時な不思議な感じでしたね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:48:10)


Like a Prayer / Like a Prayer / MADONNA
ゴスペルとファンクを取り入れたこの曲は
今となってはアメリカンポップスのスタンダードスタイルの一つとして、
一つの金字塔を打ち立てた傑作ではないかと思っています。
確かに、MVのアレはキリスト教信者からすれば「F***'n GOD!!」モンですが、
アンチキリシタンからしたらさもありなんと言ったところでしょう。

Ray-I ★★★ (2018-05-21 21:36:29)


Radio Ga Ga / The Works / QUEEN
ロジャーの曲の中では一番好きな曲です。
Extremeのアレンジも最高でした。
ブライアンも言っていましたが、やはり彼らが一番Queenのことを理解してくれていたのにも違いはないですね。

名無し ★★★ (2018-05-20 13:05:17)


Christopher / Bent / KINKY MACHINE
今度は、メジャーキーでかなりポップなナンバー。
1曲目と曲調が似ていますが、浮遊感のあるギターがバックに無い分普通かな?
ボーカルメロディーがキャッチーで、シングルカットされれば、ヒットしてもおかしくないよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-19 16:49:41)


Alsatians / Bent / KINKY MACHINE
こちらは少しテンポを落として、ルイスのボーカルもなんか切な気ですぞ。
私としては、これがこのアルバムのベストトラックだと思います。
そこはかとなく漂う哀愁、Kinksから続く伝統的なブリティッシュビートの継承者が90年代半ばは確かに彼等にバトンが渡っていたのです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-19 16:45:58)


Lounge Dummy / Bent / KINKY MACHINE
アップテンポでちょっとパンキッシュなナンバー。
この曲ではルイスのボーカルも中々荒々しく、おっ、やるじゃんルイスって感じ。
訳詞を読むとパンクとは無関係で「家でゴロゴロしていたいよ」って脱力ですがそれが何か?

めたる慶昭 ★★ (2018-05-19 16:40:09)


10 Second Bionic Man / Bent / KINKY MACHINE
アルバムオープニングナンバー。
リズムギターとは別にバックで浮遊しているようなギターがトリップ感を与えてくれます。
ボーカルのルイス エリオットはいわゆる下手上手系ですが、いかにもヘナチョコイギリス人って感じで、好きな人は解るでしょ?って訴えたいな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-19 16:36:24)


Bent / KINKY MACHINE

再度書き込みます。
Kinky Machine 2枚目のアルバム。
目玉焼きが10個並ぶ中にハエが1匹とまっているという悪趣味なジャケットからして最高‼
当時、ミュージックライフ誌のレビューで宮子和真氏が「中途半端でフックの無い曲は右から左に通り抜ける」と酷評しており(今、切り抜きを見て確認してます)
このセンスがわからない奴は評論家辞めちまえと思いましたね。
デビューが93年とブリットポップバブル発生前夜というタイミングの悪さで、注目されずに消えてしまいましたが、中心人物のルイス エリオットはその後Realtoというバンドを新たに組んだり、ソロ活動もしており、全て上質な曲を提供してくれているんですね。

めたる慶昭 (2018-05-19 16:32:20)


Let It Rain / Eric Clapton / ERIC CLAPTON
何故かシングル盤(ドーナッツ盤)で持っています。
The Cream の様なハードロックを期待して買ったら、大外れって感じでした。
「I shot the shelief 」より前にもうハードロックには見切りをつけていたんだな。
軽いポップスと思えばまあまあですかね。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-18 22:24:02)


Higher Ground / Mother's Milk / RED HOT CHILI PEPPERS
Stevie Wonderのカヴァー曲
強烈なスラップベースが印象的です
よくあるカヴァーとは違った大胆な
改造ですがかなりかっこいい!

...でも上で「原曲を喰った」とか言ってる
馬鹿は嫌いです

鉄ゴリラ ★★ (2018-05-17 15:52:15)


Redemption Day / Wiseblood / KING SWAMP

打ち込みのビートにのせてブルージーなギターに中低音で歌われるボーカルがやはりサザンじゃなくてブリティッシュ‼

めたる慶昭 (2018-05-13 16:35:56)


Can / Wiseblood / KING SWAMP

Canで止まっていますが、「Can't be satisfied 」が正式な曲名です。こーいち様、気づかれたら修正をお願いします。
曲の方はアコースティックギターが景気良くかき鳴らされるアッパーなナンバー。
ドラムのビートも気持ち良く、クレジットを見たらこの曲は生ドラムでした。
ウォルターの中音域主体のボーカルメロディーがちょっとラップっぽくも聴こえますが、気分を揚げ揚げ⤴にしてくれまっせ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:34:09)


Walk the Knife / Wiseblood / KING SWAMP

イギリス特有の湿り気を帯びたナンバー。
ボーカルのウォルター レイは中々エモーショナルで、聴くものの耳を捉えます。

めたる慶昭 (2018-05-13 16:27:23)


One Step over the Line / Wiseblood / KING SWAMP

格好良いギターリフのイントロから始まるミディアムテンポのナンバー。
アーシーな感覚が色濃く感じられますが、アメリカ南部出身ではなく、イギリスのバンドです。
Traffic やBad Company が20年後に出現したって感じですね。
ドラムは打ち込みだし90年代風だ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:24:58)


Wiseblood / KING SWAMP

イギリスのバンドKing Swamp の2ndアルバム。
バンド名からも想像出来るようにスワンプサウンド(平たく言えばサザンロック)に対しての思い入れが有るバンドですが、ドラムは大半が打ち込みだし、Allman Brothers Band やLynyrd Skynyrdとはイメージはかなり違います。
寧ろ、Traffic.Free.Bad Company といったアーシーなサウンド作りをしていた先輩ブリティッシュバンドの方が思い浮かぶかもしれません。
そんなサウンドを持った中々良いバンドで短命だったのが悔やまれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:20:46)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
20歳の時初めて聴いた。その瞬間背筋がゾクゾクするのを感じた。何年も聞いた。今、60代になってもしょっちゅう聴いている。以前はレコ-ド。それからCD。今はyoutube。映像を見ながらの聴き心地は最高。ドンヘンリ-のボ-カル、ドンフェルダー、ジョ-ウォルッシュのギター最高。特にジョ-ウォルッシュの楽しそうな映像は最高。永遠の名曲。

名無し ★★ (2018-05-12 20:11:10)


The October Man / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
B面ラストナンバー。
この曲だけ生ドラムですが、別に打ち込みでも良かったんじゃない?という気もします。
ちょっとBe - Bop Deluxe 最後のアルバム「プラスティック幻想」収録の「Island of the dead 」を思い出させる様な淡々とした曲調。
終盤で久しぶりにビルがかなりギターを弾いており、やっぱ良いねと思っちゃう自分がいます。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:44:07)


Flaming Desire / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
このアルバムではベストトラックかな?(それでも星二つ止まり)
「Flaming desire 」って繰り返すボーカルのフレーズがとにかくセンス良く、こういうのを聴きたかったんだよって、アナログB面2曲目、トータル8曲目でやっと登場って遅いぜビル‼
バックトラックの音の選び方もこの曲は秀逸です。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-12 17:38:29)


Eros Arriving / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
このアルバムの曲(A.B面)は、テクノサウンドなので、基本的に好きな路線ではないのですが、この曲はメロディーが良い。
随所に聴こえるビル ネルソン節とも言えるお得意のバックサウンドの作り方やボーカルのファルセットの使い方がBe - Bop Deluxe やRed Noise が好きな人ならウンウンと頷きながら聴ける曲です。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-12 17:33:00)


Empire of the Senses / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
アルバムオープニングナンバー。
ドラムは打ち込みです。
ボーカル入りでビルが歌っていますが、Be - Bop Deluxe 時代とは、バックのサウンドの質感も違う分、歌い方もこれをテクノ的と言うのか無機質で、抑揚が無い感じです。
因みにオールインストゥールメンタルby ビル ネルソンです。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:27:32)


The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON

私は、アナログアルバム(2枚組)で持っています。
A.B面は所謂ビル流テクノポップで12曲収録されている中で、オッ良いねと膝を乗り出すのは4~5曲で、次作の「Chimera 」が同じ路線ながら完成度に格段の差が有るので、比べると厳しい評価になってしまいますね。
C.D面に至っては完全にミュージックコンクリート(SEを多用した現代音楽と71年購入のコンサイス英和辞典に書いてある=笑)で、ぶっちゃけ退屈の一言。
手放しはしませんがね。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:22:39)


Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN
今となっては英米ゲイシーンの大御所たるメンツによる豪華デュエット。
とはいえ、MVは遊んでるとしか思えない仕上がりにw
なんで英国人はたまにMVで暴走するんだ。

さて、楽曲は所謂イタロハウスと呼ばれるジャンルで、
意外とエルトンおばさんとの声と相性が良いようです。

Ray-I ★★ (2018-05-12 16:06:49)


Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN
今となっては英米ゲイシーンの大御所たるメンツによる豪華デュエット。
とはいえ、MVは遊んでるとしか思えない仕上がりにw
なんで英国人はたまにMVで暴走するんだ。

さて、楽曲は所謂イタロハウスと呼ばれるジャンルで、
意外とエルトンおばさんとの声と相性が良いようです。

Ray-I ★★ (2018-05-12 16:06:49)


Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS
〈Supper's Ready〉はジェネシスにしか創れないとてつもない楽曲だが、ただ1曲だけ挙げるなら《Wind & Wuthering》(1976)のトニー・バンクス作〈Afterglow〉しかない。スタジオ録音も悪くはないが、ライヴ《Seconds Out》の1分半近い長いアウトロ(歌いおわったフィル・コリンズがチェスター・トンプソンとのツインドラムを決める)でマイク・ラザフォードが繰りひろげるベースラインは感涙ものだ。

ikoba ★★★ (2018-05-12 02:08:06)


Dreaming Out Loud / ONEREPUBLIC


このアルバム好き過ぎる

名無し ★★★ (2018-05-09 13:12:10)


Walk on Hot Coals / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
スタジオ盤「Blue print 」のオープニングナンバーが7曲目という中盤に登場。
さすが、スタジオ盤のオープニングナンバーだけあってノリノリのナンバーです。
ルーのキーボードは、ジョン ロードやケン ヘンズレイの様なギターと渡り合うタイプではなく、徹頭徹尾ロリーのギターを盛り上げる役に徹しており、今では彼の居る時代も大好きになりました。
それにしてもロリーのギタープレイの格好良いこと‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 23:23:37)


Too Much Alcohol / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
JBハットという人のカバー曲。
自分の曲だろうがカバー曲だろうが完全にロリー色に染めており、解説やクレジットがなけりゃ分かりません。
曲はスローなブルースロックでロリーのギターとルーのキーボードが気持ち良さそうに曲を盛り上げています。
ただ、彼の死因がアルコールに起因していたと思うと、ちょっと複雑な気分にもなってしまいますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 23:17:37)


Tattoo'd Lady / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
この時点で最新作のタイトルナンバーがスタジオ盤ではオープニングナンバーなのに、このライブ盤では何故か3曲目に配置されています。
ライブに定評の有るロリーですが、何故かこの曲だけは、スタジオバージョンの方が好きな私です。
このバージョンが嫌いなわけではないんですが、理屈じゃなくて感性なんだな。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 23:12:38)


Cradle Rock / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
ロリー ギャラガー紹介のMCの後に始まるので、実際にもこの曲がこの時期のライブのオープニングナンバーでしょう。
ロリー、ジェリー、ロッドにルーの4人が一丸となって突き進みます。
以前、ロリーを好きになるきっかけがルー脱退後に再びトリオ編成になってからだった為、当初キーボード入りのカルテット編成には違和感を覚えたものですが、いつのまにかカルテット時代のスタジオアルバムを全部揃えてから、このライブ盤を聴くとルーのエキサイティングな演奏も凄く大事な要素だったんだなと理解できます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 23:08:01)


Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER

ロリー2枚目のライブアルバム。
正に油の乗り切ったロリーのプレイが聴けます。
バックの連中もロリーの盛り上げ役に徹し、しかも自分達も暴れるという70年代前半までならではの自由でノビノビしたプレイを繰り広げています。
ロッド デスのドラミングは、テッド マッケンナに比べるとアタックが若干弱いものの、フィルインが多彩で総合点では互角と言って良いでしょう。
まだ、1枚目の「Live in Europe 」が未聴なのでわかりませんが、3枚目のライブアルバム「Stage struck 」と比べても音の傾向が全然違い、全く別物として楽しめますね。
まあ、滑って、転んで、ひっくり返ってもギターを弾いているというイメージには、こちらのアルバムの方が合っているな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 22:36:32)


Every Mother’s Son / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
これもミディアムスローテンポでポジティブな曲。
曲が長い分壮大さが有って、この曲ではスティーブのギターが大活躍しています。
今の若い皆さんが聴くと「何、このスローなギターは」って思われるかもしれませんが、良い味が出ているのを楽しんでもらいたいなあ。
ただ、ジム キャパルディーのドラミングのドタバタ度は、同じくドタバタしていたWishbone Ash のスティーブ アプトンに比べてもグルーヴ、勢い共に乏しく聴き劣りしてしまうのが残念、だから星二つ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 15:55:39)


John Barleycorn / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
元々トラッドソングをアコースティックアレンジで取り上げています。
アルバムタイトルにしているように、非常に丁寧に取り組んでおり、後に私の大好きなJethro Tull がライブアルバムで演奏していますが、こればかりは僅差ではありますが、Traffic に軍配を挙げますね。
それだけ良い演奏をしているのです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 15:48:46)


Empty Pages / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
ミディアムスローテンポのポジティブな曲。
このアルバムでは、スティーブのギターが目立たず、この曲もクレジットでギターレスになっているし、実際聴こえてきません。
その代わりスティーブとクリスのダブルキーボード体制でツインリードキーボードになっていたりして、今じゃあまりお目にかかれないアレンジですね。
基本トリオ編成時代なので、特にスティーブが色々な楽器をとっかえひっかえ演奏しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 15:44:28)


Freedom Rider / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
クリス ウッドの印象的なサックスのイントロから始まるアーシーかつファンキーなナンバー。
ピアノと同時に鳴っているオルガンがブリティッシュかな?
きっとアメリカンバンドだったらピアノだけじゃないでしょうか。
スティーブ ウィンウッドのボーカルも煮え切らなさがブリティッシュ‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 15:39:05)


Dfk / Dfk Band

70年代にAORの神様と呼ばれるボズ・スキャッグスのバックにいたLes Dudek、デイヴ・メイスンバンドなどで活動していたMike Finnigan、Jim Kruegerの三人が中心となり結成されたバンドのデビュー作。バンド名も彼らの頭文字をとったものです。
叩き上げのミュージシャン集団が作り上げたのは洗練された爽快なメロディと、土着的ともいえる砂埃舞うサザンテイストを巧みに散りばめた意欲作。そのバランス感覚と聴かせ方の上手さ、そして何を聴かせたいかを明確なした曲作りは、まさに職人技が光る一枚。ウエストコースト風のオシャレ感もそこそこに、普遍的ロックのグルーブを持ち込んだサウンドはバラードを収録しない気概もあるように、そんな甘ったるいモノではない。その辺りが最大の聴きどころだろう。
正直、参加メンバーも知らないし、このジャンルに対する造詣が全くないのですが、コメントは控えますが、質の高い音楽は耳休めに丁度よいです。

失恋船長 ★★★ (2018-05-06 13:51:56)


Tweaked / ENUFF Z'NUFF

当時は3rdのポップさはどこへ?と言った感じで本作の暗くどんよりした雰囲気が受け入れにくかったが、今聴くとそうでもなく、なかなか秀悦。♯4や♯8がおすすめ。

ずなきち ★★ (2018-05-05 08:33:42)


Peace and Quiet / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

赤ちゃんの泣き声のSEで始まるけどアルバム中で一番アップテンポなナンバーで3分ちょっとで駆け抜けていきます。
グレッグの声はジョー ストラマー以外にブルース スプリングスティーンも連想するなあ。
ベースのドライブ感も格好良いです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-05-04 17:08:47)


Snowblind / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

サバスのあの曲とは同名異曲。
詞の内容も対訳を見る限りでは、ドラッグソングではなさそうですね。
メジャーコードのナンバーで曲調もサバスとは180度違います。
こんなに良い音を出しているのに1作だけで残念‼と思っていましたが、このバンドを登録した時に見ると日本盤の発売が無いだけで、後4~5枚はアルバムを出しているみたいですね。
探そうかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 17:05:14)


Credit Cards / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

続いて2曲目のナンバー。
これもドライブ感の有るロックンロールで、ベース兼ボーカルのグレッグ ブロクサムの声は、ちょっとクラッシュのジョー ストラマー辺りを思い出させる力強く男臭い声で良い味出ていますよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-04 16:58:16)


Don't Tear It Down / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

アルバムオープニングナンバーかつ一番のキラーチューンです。
広大なオーストラリア大陸を車で疾走したくなる様なドライブ感の有るロックンロールで、乾いたギターのトーンがオーストラリアっぽいですね。
トリオ編成なので、音はシンプルですが、非常に骨太で如何にもライブで鍛え上げた様なサウンドで本当に格好良いです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 16:54:09)


A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

オーストラリアのバンドの87年の本邦デビューアルバム。
トリオ編成でシンプルな音ですが、何年も国内のライブハウス巡りで鍛え上げた確かな演奏力と小気味良い曲作りでポリスとかクラッシュ辺りが好きなら気に入るんじゃないでしょうか。
ジャケットに写る3人のメンバーのアピアランスもファッションは地味ですが、男らしくて格好良いです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 16:49:07)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
ラストでルカサーが清々しい雰囲気を切り裂いてくる
リフがすごく好きだ。

名無し ★★★ (2018-05-01 15:04:04)


How Are You? / ?(Question Mark) / ENUFF Z'NUFF
かなりの名バラードですよ。

ずなきち ★★★ (2018-04-29 00:41:10)


Restless Heart / WHITESNAKE

湾岸戦争以降、アメリカ自体が暗く陰鬱としたムードに包まれたと言われる。そんな世相は芸術の分野にも暗い影を落とし底抜けに楽しいエンタメを味わえる状況下になかったと言われる。時期としてグランジブームもあり、その生々しいサウンドは時代背景とマッチ、浮かれまくったパーティーソングや女々しい男の心情の吐露など、だれも興味がなかった。

そんな暗い時代は長らく続くのですが、多くのアーティストも路線変更や、アンプラグドライブなんかが流行り皆がこぞってアコギヴァージョンで往年の楽曲を披露してましたね。なんたって愛しのレイラですらアンプラグドヴァージョンあるんだからねぇ。
そんな手を変え品を変え皆が苦戦する中で、カヴァーデイルがとった新たなる音楽性は原点回帰とも言えるブルースロック。勿論、渡米し大金をせしめたカヴァーデイルが男の悲哀を歌い上げても、心に迫るものはないのですが、それでも情念たっぷりの節回しは、老獪なテクニックを駆使して、衰えすら渋みと変えたんだから流石でしょう。
暗がりのバーが似合うホワイトブルースだったホワイトスネイク、アメリカンマーケットを意識し音楽性がガラリと変わったため、その本質は人それぞれ感じ方も違うだろう。個人的にはホワイトスネイクらしさという観点で考えるとSLID IT IN辺りまでとなるのだが、今作はバランス良く纏めましたね。初期の路線もあれば、モダンなへヴィロック時代もある、そして全般的にAOR調のライトな感覚を持ち込み、聴きやすくしているという点は見事ですね。
まぁ、どっちつかず、と言えばそれまでな中途半端感は否めないし衰えは顕著だ。雰囲気重視すぎる点もある、それも90年代中期という時代の業なんだろう、この生々しい作りはね。
力点が原点回帰と大衆性、その二点がハマれば強いのだが、総じて地味なので、個人的にはアルバムを最後まで聴き通すガッツがなく⑩くらいで眠くなり完走した例がありません。それでもカヴァーデイルの名に恥じないと思わせる力技が彼の凄さなんだろう。

失恋船長 ★★ (2018-04-25 13:53:48)


Eye of the Tiger / Eye of the Tiger / SURVIVOR
ドラムのフィル・イン、もっとどうにかならなかったのか・・・・・

ひできⅡ (2018-04-24 22:12:58)


Not Foolish, Not Wise / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
これもライブ盤「Little big band 」で先に馴染んでいた曲ですね。
なんかこの生々しい演奏を聴いていると、スタジオバージョンとライブバージョンの違いがオーディエンスが居るか居ないかの違いだけみたい。
後半のホーンセクションのハッスルプレイは、ライブバージョンがメドレー形式だった為、カットされていた気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:51:08)


Don't Be Afraid / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
当時としては結構アップテンポで曲調も上げ上げ⤴というかアッパーなナンバー。
ゲイリーのベースラインもヒープ加入後程ではありませんが、良く動いており、曲にダイナミズムを与えています。
録音技術が発達していないから、逆に生々しさに溢れており、ドラミングなんてまるでキーフが目の前で叩いているようにスリリングです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:46:38)


Me and My Woman / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
ライブ盤「Little big band 」にも収録されているブルージーなナンバー。
韓国盤なのでメンバー表記さえ無く(しつこい?)ホーンセクションがライブ盤よりショボいですが、一体何人だったのか?
でもボーカル兼任のミラー アンダーソンの歌はこっちのスタジオバージョンの方がワイルドだったりして面白いですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:41:35)


The Dansette Kid/ Hartley Jam for Bread / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
アルバムオープニングナンバー。
タイトルが洒落ていますよね、ジャム フォー ブレッドって‼
ジャムなのでインストものですな。
ミラー アンダーソンがご機嫌にギターをかき鳴らし、キーフハートレイと愛しのゲイリー セイン様が手堅くリズムセクションを支えています。

めたる慶昭 (2018-04-22 16:36:00)


The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND

Uriah Heep 全盛期のベーシストGary Thainがヒープ加入前に在籍していたKief Hartley Band のアルバムで69年発表だそうです。
4~5年前にお茶の水のディスクユニオン本店で見つけて、値段も1000円未満と手頃だったので買っておくかとライトな気分で購入しました。
韓国盤の為か曲名くらいしか分からず、「100collection」って恐らく廉価盤のシリーズなのでしょうが、こんなの買うのはよっぽどHeep &Thain ラブな物好き(つまり私=笑)くらいでしょう。
韓国には居たのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:31:00)