この曲を聴け!
最近の発言
Is This Love / When Seconds Count / SURVIVOR (名無し)
Spot / The Planets (めたる慶昭)
C.r.a.z.y / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Don't look down / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Intensive Care / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Let Me Fall / Spot / The Planets (めたる慶昭)
Hot Summer Nights / Night / NIGHT (失恋船長)
RAY KENNEDY / RAY KENNEDY (失恋船長)
I'll Be Over You / Fahrenheit / TOTO (城島イケル)
One of These Days / Meddle / PINK FLOYD (名無し)
Blue Suede Shoes / Elvis Presley / ELVIS PRESLEY (めたる慶昭)
Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
Goodbye Yellow Brick Road / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN (めたる慶昭)
Let Me Entertain You / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
Mustapha / Jazz / QUEEN (ヤング兄弟)
All God's People / Innuendo / QUEEN (名無し)
Music / MADONNA (Ray-I)
American Pie / Music / MADONNA (Ray-I)
What It Feels Like for a Girl / Music / MADONNA (Ray-I)
Don't Tell Me / Music / MADONNA (Ray-I)
I Deserve It / Music / MADONNA (Ray-I)
Runaway Lover / Music / MADONNA (Ray-I)
Impressive Instant / Music / MADONNA (Ray-I)
Like a Prayer / Like a Prayer / MADONNA (Ray-I)
Radio Ga Ga / The Works / QUEEN (名無し)
Christopher / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Alsatians / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Lounge Dummy / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
10 Second Bionic Man / Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Bent / KINKY MACHINE (めたる慶昭)
Let It Rain / Eric Clapton / ERIC CLAPTON (めたる慶昭)
Higher Ground / Mother's Milk / RED HOT CHILI PEPPERS (鉄ゴリラ)
Redemption Day / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Can / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Walk the Knife / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
One Step over the Line / Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Wiseblood / KING SWAMP (めたる慶昭)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (名無し)
The October Man / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Flaming Desire / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Eros Arriving / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Empire of the Senses / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON (めたる慶昭)
Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN (Ray-I)
Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN (Ray-I)
Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS (ikoba)
Dreaming Out Loud / ONEREPUBLIC (名無し)
Walk on Hot Coals / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Too Much Alcohol / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Tattoo'd Lady / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Cradle Rock / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Every Mother’s Son / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
John Barleycorn / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Empty Pages / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Freedom Rider / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC (めたる慶昭)
Dfk / Dfk Band (失恋船長)
Tweaked / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Peace and Quiet / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Snowblind / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Credit Cards / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Don't Tear It Down / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY (めたる慶昭)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
How Are You? / ?(Question Mark) / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Restless Heart / WHITESNAKE (失恋船長)
Eye of the Tiger / Eye of the Tiger / SURVIVOR (ひできⅡ)
Not Foolish, Not Wise / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
Don't Be Afraid / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
Me and My Woman / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
The Dansette Kid/ Hartley Jam for Bread / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND (めたる慶昭)
Hold On / Shangó / SANTANA (ひできⅡ)
Was It All Worth It / The Miracle / QUEEN (名無しF)
Batdance / Batman(Soundtrack) / PRINCE (Ray-I)
All Messed Up / Run for Cover / GARY MOORE (ずなきち)
Once in a Lifetime / Run for Cover / GARY MOORE (ずなきち)
Running From the Storm / After the War / GARY MOORE (ずなきち)
Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE (ずなきち)
Murder in the Skies / Victims of the Future / GARY MOORE (ずなきち)
Teenage Idol / Victims of the Future / GARY MOORE (ずなきち)
Falling in Love With You / Corridors of Power / GARY MOORE (ずなきち)
Wildflowers / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS (酒とバラの日々2)
Sleeps With Angels / NEIL YOUNG (酒とバラの日々2)
Nights of Mystery / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES (めたる慶昭)
The Myth of Love / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES (めたる慶昭)
Battleship Chains / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES (めたる慶昭)
Keep Your Hands to Yourself / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES (めたる慶昭)
Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES (めたる慶昭)
Sunset / Aerial / KATE BUSH (めたる慶昭)
An Architect's Dream / Aerial / KATE BUSH (めたる慶昭)
How to Be Invisible / Aerial / KATE BUSH (めたる慶昭)
Bertie / Aerial / KATE BUSH (めたる慶昭)
Aerial / KATE BUSH (めたる慶昭)
Constellation of the Heart / The Red Shoes / KATE BUSH (めたる慶昭)
The Red Shoes / The Red Shoes / KATE BUSH (めたる慶昭)
And So Is Love / The Red Shoes / KATE BUSH (めたる慶昭)
Rubberband Girl / The Red Shoes / KATE BUSH (めたる慶昭)
(Everything I Do) I Do It for You / Waking Up the Neighbours / BRYAN ADAMS (こ~いち)
This Woman's Work / The Sensual World / KATE BUSH (めたる慶昭)
Deeper Understanding / The Sensual World / KATE BUSH (めたる慶昭)
The Sensual World / The Sensual World / KATE BUSH (めたる慶昭)
Snowman / No Balance Palace / KASHIMER (めたる慶昭)
She's Made of Chalk / No Balance Palace / KASHIMER (めたる慶昭)
Ophelia / No Balance Palace / KASHIMER (めたる慶昭)
Kalifornia / No Balance Palace / KASHIMER (めたる慶昭)
No Balance Palace / KASHIMER (めたる慶昭)
Heat of the Moment / Asia / ASIA (名無し)
ASIA (名無し)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (名無し)
Alpha / ASIA (正直者)
Asia / ASIA (正直者)
Born to Run / Born to Run / BRUCE SPRINGSTEEN (城島イケル)
Big Fresh / Zitilites / KASHIMER (めたる慶昭)
Ramparts / Zitilites / KASHIMER (めたる慶昭)
Ruby over Diamonds / Zitilites / KASHIMER (めたる慶昭)
Rocket Brothers / Zitilites / KASHIMER (めたる慶昭)
Zitilites / KASHIMER (めたる慶昭)
Still of the Night / Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
Here I Go Again '87 / Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
Love Ain't No Stranger / Slide It In / WHITESNAKE (正直者)
Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE (正直者)
Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE (正直者)
Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE (正直者)
Ain't No Love in the Heart of the City / Snakebite / WHITESNAKE (正直者)
Give Me All Your Love / Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
Is This Love / Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
EVERCLEAR (名無し)
The Whistler / Songs From the Wood / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Jack-in-the-Green / Songs From the Wood / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Desert Moon / Desert Moon / DENNIS DE YOUNG (ひできⅡ)
Two for the Show / KANSAS (正直者)
38 SPECIAL (名無し)
SWEET (蔵人さん)
CHEAP TRICK (蔵人さん)
38 SPECIAL (蔵人さん)
NELSON (蔵人さん)
THE BEATLES (めたる慶昭)
THE BEATLES (名無し)
Let It Bleed / THE ROLLING STONES (名無し)
Cross-Eyed Mary / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Conundrum / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Thick as a Brick / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Sweet Dream / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Days of Old / Riding With the King / ERIC CLAPTON (1573)
From the Cradle / ERIC CLAPTON (1573)
Money and Cigarettes / ERIC CLAPTON (1573)
Superman Inside / Reptile / ERIC CLAPTON (1573)
Believe in Light / Reptile / ERIC CLAPTON (1573)
Reptile / ERIC CLAPTON (1573)
Rosanna / Toto IV / TOTO (名無し)
Hold Me Now / Into the Gap / THOMPSON TWINS (名無し)
Was It All Worth It / The Miracle / QUEEN (名無し)
Win Or Lose / The Big Buffalo / John Fiddler (めたる慶昭)
I Stand Alone / The Big Buffalo / John Fiddler (めたる慶昭)
Strong Heart / The Big Buffalo / John Fiddler (めたる慶昭)
Time for Love / The Big Buffalo / John Fiddler (めたる慶昭)
The Big Buffalo / John Fiddler (めたる慶昭)
Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS (名無し)
Against the Wind / BOB SEGER (ひできⅡ)
Changes / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience (1573)
Against the Wind / BOB SEGER (めたる慶昭)
Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience (1573)
Machine Gun / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience (1573)
Who Knows / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience (1573)
The Best Damn Thing / AVRIL LAVIGNE (名無し)
Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN (ひできⅡ)
Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN (ひできⅡ)
Against the Wind / BOB SEGER (ひできⅡ)
Tin Soldier / There Are But Four Small Faces / SMALL FACES (MK-OVERDRIVE)
Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Endorphinmachine / The Gold Experience / PRINCE (MK-OVERDRIVE)
'39 / A Night at the Opera / QUEEN (risky)
Every Step of the Way / Caravanserai / SANTANA (1573)
Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS (名無し)
Toto IV / TOTO (名無し)
Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Seven(Brother's) / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Spare Me a Little of Your Love / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Sentimental Lady / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Bare Trees / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
The Ghost / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Child of Mine / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Number the Brave / WISHBONE ASH (失恋船長)
Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Take You down / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Splash / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Hope and Glory / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Never Wanted You / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Never Wanted You / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Illuminations / WISHBONE ASH (失恋船長)
The Prophet's Song / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Eliminator / ZZ TOP (失恋船長)
Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Thriller / MICHAEL JACKSON (N.A.ROCKS)
The Lovemongers / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Love Your Shoes / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
I Can't Crack / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Dancing the Hard Bargain / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Seconds Out / GENESIS (GC8改)
Bad Love / Journeyman / ERIC CLAPTON (名無し)
All the King's Horses / Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
Spirit of Love / Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Reptile / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
Spark / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
North, South, East and West / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
Destination / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
No Violins / Fun in Space / ROGER TAYLOR (名無し)
Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
It's Late / News of the World / QUEEN (名無し)
Baby Won't You Come Out Tonight / Reminiscing / BUDDY HOLLY (名無し)
Another Day, Another Ray of Hope / Chimera / BILL NELSON (めたる慶昭)
Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA (めたる慶昭)
Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Africa / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Waiting for Your Love / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Don't Cry / Alpha / ASIA (名無し)
We Made It / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Angel Don't Cry / Isolation / TOTO (名無し)
Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
It’s a Feeling / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Good for You / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
I Won’t Hold You Back / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Make Believe / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Rosanna / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Dr. Vodker / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Skylon / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
The 4th of September Street / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Top Man Top / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Tap to Snooze / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Wild Frontier / Wild Frontier / GARY MOORE (名無し)
The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Chinatown / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
For What It’s Worth / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
Wall of Glass / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
38 SPECIAL (名無し)
Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Little Light Music / JETHRO TULL (めたる慶昭)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Is This Love / When Seconds Count / SURVIVOR
Survivorの中では1番好きです。本当に1番。
サビのキャッチーなフレーズが頭から離れない!最高!
白蛇よりも断然こっちの方がいいです。
(ちょっとジャンル違う・・・?)

名無し ★★★ (2018-06-16 12:47:33)


Spot / The Planets

70年代後半に活躍したDeaf School が解散して、ベースのミスターアベレージことスティーブ リンゼイが結成したPlanets の2ndアルバム。
全曲スティーブが曲作りを手掛けており、このアルバムを作っただけで彼を天才と呼んでしまいたい‼
それほど、ほぼ全曲完璧に格好良い曲ばかりで、Oasis 、Kura Shaker 、Madness 、The Fixx 等数あるブリティッシュロックのアルバムの中でもオールタイムでベスト10には入れられる程好きなアルバムです。
レゲエっぽい曲が多く、プロデューサーにナイジェル グレイを起用したことからThe Police と比較されていましたが、個人的には圧倒的にThe Planets の勝ちでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:30:47)


C.r.a.z.y / Spot / The Planets

アルバムラストナンバーは、またもレゲエ調の曲で締め括ります。
こちらはボーカルメロディーが秀逸で、特にサビでC.R.A.Z.Yって一語ずつ区切って歌っている所なんか最高‼
「Intensive care 」とベストチューンを争う超格好良いナンバーです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:20:03)


Don't look down / Spot / The Planets

こちらもレゲエ調の曲。
ッチャカッチャカとレゲエ特有の緩いテンポとアップテンポが交互に入れ代わる曲調が洒落ています。
アップテンポ時のドラミングの疾走感が堪らない‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:15:29)


Intensive Care / Spot / The Planets

こちらは、レゲエっぽさを残しながらも、もっとストレートなロックンロール調の曲。
このアルバムに収録されている曲は、どれも好きな曲ばかりなのですが、中でもベストチューンに推せそうな程、お気に入りです‼
ブリティッシュロックの魅力って何?と問われたら、「この曲を聴け」ってなもんです。
スティーブ リンゼイのベースラインが超格好良い‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:07:31)


Let Me Fall / Spot / The Planets

ッチャカッチャカ鳴るギターのカッティングが心地良いレゲエ調の曲。
Deaf School 時代はレゲエの影響はあまり感じられなかったが、このアルバムでは、他にも随所に影響が窺われ、The Police と比較されていたのも当然でしょうね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-10 16:02:17)


Hot Summer Nights / Night / NIGHT
ウォルター・イーガンが提供した曲
歌うはスティーヴィ・リーガン
シンセで参加しているがTOTOのポーカロ兄弟のお父さんです
オリジナルの味を損なわないバンドアレンジも美味しいです
彼らの手によって1979年にシングルカットされました

失恋船長 ★★★ (2018-06-08 14:56:04)


RAY KENNEDY / RAY KENNEDY

下積み時代の長かったレイ・ケネディ、彼ら名が一般的に広く知られたのは、カーマイン・アピス、マイク・ブルームフィールドらとKGBを結成したのが最初だろう。その後2枚のアルバムを残し消えたKGB、大きな成功を収められなかったのだが、1980年にソロアルバムをリリースしたのがコチラになります。
TOTOのポーカロ兄弟をはじめにメンバーがレイをバックアップ、さらにはミスターグラミー賞と呼んでも差し支えないデヴィット・フォスターも加わり層の厚いメンバーが手厚くレイのソロアルバムに力を注いでいます。
その期待に応えるように、力強い歌声で洗練されたポップスを見事に歌い上げるレイ・ケネディ。良い曲と良いパフォーマンスに彩られていたが、こちらも大きなヒットを生む事無く活動は終了。結局、表立った活動を継続することなく、その後は、裏方としての人生を歩んだレイ。彼の名が一躍HM/HRの世界で脚光を浴びたのが、1984年に西武球場で行われたスーパーロック84にMSGのメンバーとして参戦。解散状態のMSGが日本での仕事をこなす為に、急ごしらえのヴォーカルがレイ・ケネディだった。
その急転直下の加入は、来日直前だったらしく、ろくにリハーサルも行えず当日のライブを迎えたの事だったらしい。そのリハーサル不足と、レイ・ケネディから発せられる場違い感MAXのオーラに同情を禁じ得ないが、巷で散々と酷評された文言には乗っかる事は出来ません。
所謂、『レイはポップス畑のシンガーだからダメだ』ですね。今作を聴けば、彼がいかに声に押しがあり、けしてMSGのサウンドに負けるような歌い手ではない事が確認できると思います。同じバックボーンを抱え、RAINBOWからロックの世界に足を踏み入れたグラハム・ボネット同様、レイにも十分にチャンスはあったわけです。当時、レイがどの程度シンガーとして、ステージに立っていたのか、またどれだけ急だったのか、そもそもMSGはオファーを受けるだけの状態だったのか等、実に裏話の多い参加劇となったレイ・ケネディを擁する幻のラインナップですが、映像も当時のVTしかなく、なかなか確認出来ないのが現状ですが、ワタクシは数少ないレイ・ケネディ擁護派です。
それにしても皮肉なものです、今アルバムの邦題が『ロンリーガイ』だもんなぁ。スーパーロック84当時は相当イジられたからね。
2014年に他界。もうその歌声を聴くことは出来ませんが、レイにはMICHAEL SCHENKER FESTに是非とも参加してもらいたかったなぁ。

失恋船長 ★★★ (2018-06-07 15:26:53)


I'll Be Over You / Fahrenheit / TOTO
歌もギターもこんなに上手くて、いったいなんなんだ、ルカサーさんよ!

城島イケル ★★★ (2018-06-05 23:45:15)


One of These Days / Meddle / PINK FLOYD
先日放送された、「その時、歴史が動いた」にて、毛利と尼子の合戦シーンで、この曲が流れました。

名無し ★★★ (2018-06-04 21:02:07)


Blue Suede Shoes / Elvis Presley / ELVIS PRESLEY
そうか、エルビス・プレスリーの初期の代表曲の1つなんですね。
今、聴いてみたけど改めて格好良いなと思いました❗
先日批判的な書き込みしたモーターヘッドよりよっぽど格好良いぞ。
あの「Uriah Heep live !」の「Rock'n roll medley 」でもカバーされておりますが、あのボーカルの神様デビッド バイロンが唯一超えられない存在が有るとすれば、それはエルビス・プレスリーでしょう。
それだけ、御機嫌なナンバーなんですよ。
それと「Burning love 」も聴いてみたけど、70年代半ばのリアルタイムでヒットしていた頃の事が思い出されました。
こちらも良い曲です。

めたる慶昭 ★★★ (2018-06-01 23:11:04)


Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN
この曲のライブヴァージョンもかっこいいです 特に1980年代

名無し ★★★ (2018-05-30 16:41:09)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
中学の時これを聴いてジェフポーカロ病み付きになった。ジェフのドラムを片っ端から聴くようになった。センスのいいシンバルワーク、抜群のスピード感がもう最高で。ジェフのいないTOTOなんて…

名無し ★★★ (2018-05-28 12:55:27)


Goodbye Yellow Brick Road / Goodbye Yellow Brick Road / ELTON JOHN
確かにエルトンと言えばまずこれですよね。
「土曜の夜は僕の生きがい」を挙げる人は邪道だ‼(笑)
如何にもブリティッシュらしい湿り気たっぷりのバラードでメロディーの良さは誰もが認めざるを得ないでしょう。
カラオケで上手く歌えれば、若い女子からも「素敵、渋い!」なんて言われるかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-25 21:19:57)


Let Me Entertain You / Jazz / QUEEN
評価低いですね…
なかなかにヘヴィな曲ですが歌詞はクイーン(フレディ)らしいエンターティナー宣言!!
ライブになるとかなり化けます。

ヤング兄弟 ★★ (2018-05-23 10:32:22)


Mustapha / Jazz / QUEEN
アルバムどころかクイーン全曲の中でもトップクラスに好きな曲!最初は淡々とした感じですがブライアンのギターが入って来た瞬間から一気にヒートアップします。(その時に一気に音がデカくなるのでご注意ください笑)
約3分とコンパクトな中にクイーンらしい大仰さとバカバカしさが詰め込まれた名曲です。

ヤング兄弟 ★★★ (2018-05-23 09:56:14)


All God's People / Innuendo / QUEEN
この曲こそQueenにしか演奏できない曲

名無し ★★★ (2018-05-22 18:15:35)


Music / MADONNA

このアルバムではフィルターハウス、2ステップ、トランスをいち早く取り入れており、
他にもシンプルなオーガニックポップスやバラードを用意するなど、
マドンナの中でもメロディを意識したビートが目立つアルバムではないでしょうか。
後にもっと派手な音のアルバムが現れますが、シンプルな構成が目立つこのアルバムも乙でしょ?

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:28:48)


American Pie / Music / MADONNA
この曲もですが、ロックは何回、死んだって言われまくってるんでしょうね…w
さて、アレンジとしては珍しく広義のダンスミュージック寄りのアレンジになっており、
結構シンプルなアレンジとギターとメロディを活かした構成になっています。

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:25:33)


What It Feels Like for a Girl / Music / MADONNA
冒頭のセリフサンプリングはマドンナお気に入り。
そんなセリフの後に流れるのは穏やかなミディアムビート。
ただ、このまんまだとUKでしかヒットしないからシングルでは速くしたんでしょうね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 22:14:30)


Don't Tell Me / Music / MADONNA
冒頭は仕様です。お使いのオーディオ機器(PC)は正常なのでご安心を。
楽曲自体は意外とシンプルでメロディこそオールディーズのような味があるのですが、
ビートはかなり警戒で、サンプリングされたギターとの絡みがすごく合うんですね。
途中から挿入されるストリングスがいい味を出しています。

Ray-I ★★★ (2018-05-21 22:01:59)


I Deserve It / Music / MADONNA
カントリーとエレクトロを融合したナンバー。
この時の米ポップスシーンは確かにオーガニックなサウンドと
デジタルサウンドの融合を図っていた時期でしたし、
日本でも似たような試みを実施していたアーティストもいたので
温かみのあるサウンドと電子音って意外と求めあっていたのかも。

メロディは米国らしいややブルージーな曲で、
哀愁で覆いながらも引きずるような重いメロディが特徴。
マドンナの声だから軽く聞こえますが、それでも重く感じますね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:56:13)


Runaway Lover / Music / MADONNA
この曲では多分、トランスの要素を切り取ったんでしょうね。
当時はエイベックスもトランスに目をつけていたので、
目ざとい人はもう取り入れてたジャンルだったんでしょうね。
今となっては懐かしいジャンルになってしまいましたが、
この手のジャンルがまた脚光を浴びないかなとたまに空想します。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:51:08)


Impressive Instant / Music / MADONNA
当時は珍しかったフィルターハウスをいち早く取り入れたナンバー。
その後、あのDAFT PUNKが大ブレイク。
そういった意味ではすごい先見性。
今では当たり前となった手法ですが、当時な不思議な感じでしたね。

Ray-I ★★ (2018-05-21 21:48:10)


Like a Prayer / Like a Prayer / MADONNA
ゴスペルとファンクを取り入れたこの曲は
今となってはアメリカンポップスのスタンダードスタイルの一つとして、
一つの金字塔を打ち立てた傑作ではないかと思っています。
確かに、MVのアレはキリスト教信者からすれば「F***'n GOD!!」モンですが、
アンチキリシタンからしたらさもありなんと言ったところでしょう。

Ray-I ★★★ (2018-05-21 21:36:29)


Radio Ga Ga / The Works / QUEEN
ロジャーの曲の中では一番好きな曲です。
Extremeのアレンジも最高でした。
ブライアンも言っていましたが、やはり彼らが一番Queenのことを理解してくれていたのにも違いはないですね。

名無し ★★★ (2018-05-20 13:05:17)


Christopher / Bent / KINKY MACHINE
今度は、メジャーキーでかなりポップなナンバー。
1曲目と曲調が似ていますが、浮遊感のあるギターがバックに無い分普通かな?
ボーカルメロディーがキャッチーで、シングルカットされれば、ヒットしてもおかしくないよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-19 16:49:41)


Alsatians / Bent / KINKY MACHINE
こちらは少しテンポを落として、ルイスのボーカルもなんか切な気ですぞ。
私としては、これがこのアルバムのベストトラックだと思います。
そこはかとなく漂う哀愁、Kinksから続く伝統的なブリティッシュビートの継承者が90年代半ばは確かに彼等にバトンが渡っていたのです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-19 16:45:58)


Lounge Dummy / Bent / KINKY MACHINE
アップテンポでちょっとパンキッシュなナンバー。
この曲ではルイスのボーカルも中々荒々しく、おっ、やるじゃんルイスって感じ。
訳詞を読むとパンクとは無関係で「家でゴロゴロしていたいよ」って脱力ですがそれが何か?

めたる慶昭 ★★ (2018-05-19 16:40:09)


10 Second Bionic Man / Bent / KINKY MACHINE
アルバムオープニングナンバー。
リズムギターとは別にバックで浮遊しているようなギターがトリップ感を与えてくれます。
ボーカルのルイス エリオットはいわゆる下手上手系ですが、いかにもヘナチョコイギリス人って感じで、好きな人は解るでしょ?って訴えたいな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-19 16:36:24)


Bent / KINKY MACHINE

再度書き込みます。
Kinky Machine 2枚目のアルバム。
目玉焼きが10個並ぶ中にハエが1匹とまっているという悪趣味なジャケットからして最高‼
当時、ミュージックライフ誌のレビューで宮子和真氏が「中途半端でフックの無い曲は右から左に通り抜ける」と酷評しており(今、切り抜きを見て確認してます)
このセンスがわからない奴は評論家辞めちまえと思いましたね。
デビューが93年とブリットポップバブル発生前夜というタイミングの悪さで、注目されずに消えてしまいましたが、中心人物のルイス エリオットはその後Realtoというバンドを新たに組んだり、ソロ活動もしており、全て上質な曲を提供してくれているんですね。

めたる慶昭 (2018-05-19 16:32:20)


Let It Rain / Eric Clapton / ERIC CLAPTON
何故かシングル盤(ドーナッツ盤)で持っています。
The Cream の様なハードロックを期待して買ったら、大外れって感じでした。
「I shot the shelief 」より前にもうハードロックには見切りをつけていたんだな。
軽いポップスと思えばまあまあですかね。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-18 22:24:02)


Higher Ground / Mother's Milk / RED HOT CHILI PEPPERS
Stevie Wonderのカヴァー曲
強烈なスラップベースが印象的です
よくあるカヴァーとは違った大胆な
改造ですがかなりかっこいい!

...でも上で「原曲を喰った」とか言ってる
馬鹿は嫌いです

鉄ゴリラ ★★ (2018-05-17 15:52:15)


Redemption Day / Wiseblood / KING SWAMP

打ち込みのビートにのせてブルージーなギターに中低音で歌われるボーカルがやはりサザンじゃなくてブリティッシュ‼

めたる慶昭 (2018-05-13 16:35:56)


Can / Wiseblood / KING SWAMP

Canで止まっていますが、「Can't be satisfied 」が正式な曲名です。こーいち様、気づかれたら修正をお願いします。
曲の方はアコースティックギターが景気良くかき鳴らされるアッパーなナンバー。
ドラムのビートも気持ち良く、クレジットを見たらこの曲は生ドラムでした。
ウォルターの中音域主体のボーカルメロディーがちょっとラップっぽくも聴こえますが、気分を揚げ揚げ⤴にしてくれまっせ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:34:09)


Walk the Knife / Wiseblood / KING SWAMP

イギリス特有の湿り気を帯びたナンバー。
ボーカルのウォルター レイは中々エモーショナルで、聴くものの耳を捉えます。

めたる慶昭 (2018-05-13 16:27:23)


One Step over the Line / Wiseblood / KING SWAMP

格好良いギターリフのイントロから始まるミディアムテンポのナンバー。
アーシーな感覚が色濃く感じられますが、アメリカ南部出身ではなく、イギリスのバンドです。
Traffic やBad Company が20年後に出現したって感じですね。
ドラムは打ち込みだし90年代風だ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:24:58)


Wiseblood / KING SWAMP

イギリスのバンドKing Swamp の2ndアルバム。
バンド名からも想像出来るようにスワンプサウンド(平たく言えばサザンロック)に対しての思い入れが有るバンドですが、ドラムは大半が打ち込みだし、Allman Brothers Band やLynyrd Skynyrdとはイメージはかなり違います。
寧ろ、Traffic.Free.Bad Company といったアーシーなサウンド作りをしていた先輩ブリティッシュバンドの方が思い浮かぶかもしれません。
そんなサウンドを持った中々良いバンドで短命だったのが悔やまれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-13 16:20:46)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
20歳の時初めて聴いた。その瞬間背筋がゾクゾクするのを感じた。何年も聞いた。今、60代になってもしょっちゅう聴いている。以前はレコ-ド。それからCD。今はyoutube。映像を見ながらの聴き心地は最高。ドンヘンリ-のボ-カル、ドンフェルダー、ジョ-ウォルッシュのギター最高。特にジョ-ウォルッシュの楽しそうな映像は最高。永遠の名曲。

名無し ★★ (2018-05-12 20:11:10)


The October Man / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
B面ラストナンバー。
この曲だけ生ドラムですが、別に打ち込みでも良かったんじゃない?という気もします。
ちょっとBe - Bop Deluxe 最後のアルバム「プラスティック幻想」収録の「Island of the dead 」を思い出させる様な淡々とした曲調。
終盤で久しぶりにビルがかなりギターを弾いており、やっぱ良いねと思っちゃう自分がいます。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:44:07)


Flaming Desire / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
このアルバムではベストトラックかな?(それでも星二つ止まり)
「Flaming desire 」って繰り返すボーカルのフレーズがとにかくセンス良く、こういうのを聴きたかったんだよって、アナログB面2曲目、トータル8曲目でやっと登場って遅いぜビル‼
バックトラックの音の選び方もこの曲は秀逸です。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-12 17:38:29)


Eros Arriving / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
このアルバムの曲(A.B面)は、テクノサウンドなので、基本的に好きな路線ではないのですが、この曲はメロディーが良い。
随所に聴こえるビル ネルソン節とも言えるお得意のバックサウンドの作り方やボーカルのファルセットの使い方がBe - Bop Deluxe やRed Noise が好きな人ならウンウンと頷きながら聴ける曲です。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-12 17:33:00)


Empire of the Senses / The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON
アルバムオープニングナンバー。
ドラムは打ち込みです。
ボーカル入りでビルが歌っていますが、Be - Bop Deluxe 時代とは、バックのサウンドの質感も違う分、歌い方もこれをテクノ的と言うのか無機質で、抑揚が無い感じです。
因みにオールインストゥールメンタルby ビル ネルソンです。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:27:32)


The Love That Whirls (Diary of a Thinking Heart) / BILL NELSON

私は、アナログアルバム(2枚組)で持っています。
A.B面は所謂ビル流テクノポップで12曲収録されている中で、オッ良いねと膝を乗り出すのは4~5曲で、次作の「Chimera 」が同じ路線ながら完成度に格段の差が有るので、比べると厳しい評価になってしまいますね。
C.D面に至っては完全にミュージックコンクリート(SEを多用した現代音楽と71年購入のコンサイス英和辞典に書いてある=笑)で、ぶっちゃけ退屈の一言。
手放しはしませんがね。

めたる慶昭 (2018-05-12 17:22:39)


Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN
今となっては英米ゲイシーンの大御所たるメンツによる豪華デュエット。
とはいえ、MVは遊んでるとしか思えない仕上がりにw
なんで英国人はたまにMVで暴走するんだ。

さて、楽曲は所謂イタロハウスと呼ばれるジャンルで、
意外とエルトンおばさんとの声と相性が良いようです。

Ray-I ★★ (2018-05-12 16:06:49)


Don't Go Breaking My Heart / Duets / ELTON JOHN
今となっては英米ゲイシーンの大御所たるメンツによる豪華デュエット。
とはいえ、MVは遊んでるとしか思えない仕上がりにw
なんで英国人はたまにMVで暴走するんだ。

さて、楽曲は所謂イタロハウスと呼ばれるジャンルで、
意外とエルトンおばさんとの声と相性が良いようです。

Ray-I ★★ (2018-05-12 16:06:49)


Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS
〈Supper's Ready〉はジェネシスにしか創れないとてつもない楽曲だが、ただ1曲だけ挙げるなら《Wind & Wuthering》(1976)のトニー・バンクス作〈Afterglow〉しかない。スタジオ録音も悪くはないが、ライヴ《Seconds Out》の1分半近い長いアウトロ(歌いおわったフィル・コリンズがチェスター・トンプソンとのツインドラムを決める)でマイク・ラザフォードが繰りひろげるベースラインは感涙ものだ。

ikoba ★★★ (2018-05-12 02:08:06)


Dreaming Out Loud / ONEREPUBLIC


このアルバム好き過ぎる

名無し ★★★ (2018-05-09 13:12:10)


Walk on Hot Coals / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
スタジオ盤「Blue print 」のオープニングナンバーが7曲目という中盤に登場。
さすが、スタジオ盤のオープニングナンバーだけあってノリノリのナンバーです。
ルーのキーボードは、ジョン ロードやケン ヘンズレイの様なギターと渡り合うタイプではなく、徹頭徹尾ロリーのギターを盛り上げる役に徹しており、今では彼の居る時代も大好きになりました。
それにしてもロリーのギタープレイの格好良いこと‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 23:23:37)


Too Much Alcohol / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
JBハットという人のカバー曲。
自分の曲だろうがカバー曲だろうが完全にロリー色に染めており、解説やクレジットがなけりゃ分かりません。
曲はスローなブルースロックでロリーのギターとルーのキーボードが気持ち良さそうに曲を盛り上げています。
ただ、彼の死因がアルコールに起因していたと思うと、ちょっと複雑な気分にもなってしまいますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 23:17:37)


Tattoo'd Lady / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
この時点で最新作のタイトルナンバーがスタジオ盤ではオープニングナンバーなのに、このライブ盤では何故か3曲目に配置されています。
ライブに定評の有るロリーですが、何故かこの曲だけは、スタジオバージョンの方が好きな私です。
このバージョンが嫌いなわけではないんですが、理屈じゃなくて感性なんだな。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 23:12:38)


Cradle Rock / Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER
ロリー ギャラガー紹介のMCの後に始まるので、実際にもこの曲がこの時期のライブのオープニングナンバーでしょう。
ロリー、ジェリー、ロッドにルーの4人が一丸となって突き進みます。
以前、ロリーを好きになるきっかけがルー脱退後に再びトリオ編成になってからだった為、当初キーボード入りのカルテット編成には違和感を覚えたものですが、いつのまにかカルテット時代のスタジオアルバムを全部揃えてから、このライブ盤を聴くとルーのエキサイティングな演奏も凄く大事な要素だったんだなと理解できます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 23:08:01)


Irish Tour '74 / RORY GALLAGHER

ロリー2枚目のライブアルバム。
正に油の乗り切ったロリーのプレイが聴けます。
バックの連中もロリーの盛り上げ役に徹し、しかも自分達も暴れるという70年代前半までならではの自由でノビノビしたプレイを繰り広げています。
ロッド デスのドラミングは、テッド マッケンナに比べるとアタックが若干弱いものの、フィルインが多彩で総合点では互角と言って良いでしょう。
まだ、1枚目の「Live in Europe 」が未聴なのでわかりませんが、3枚目のライブアルバム「Stage struck 」と比べても音の傾向が全然違い、全く別物として楽しめますね。
まあ、滑って、転んで、ひっくり返ってもギターを弾いているというイメージには、こちらのアルバムの方が合っているな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 22:36:32)


Every Mother’s Son / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
これもミディアムスローテンポでポジティブな曲。
曲が長い分壮大さが有って、この曲ではスティーブのギターが大活躍しています。
今の若い皆さんが聴くと「何、このスローなギターは」って思われるかもしれませんが、良い味が出ているのを楽しんでもらいたいなあ。
ただ、ジム キャパルディーのドラミングのドタバタ度は、同じくドタバタしていたWishbone Ash のスティーブ アプトンに比べてもグルーヴ、勢い共に乏しく聴き劣りしてしまうのが残念、だから星二つ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 15:55:39)


John Barleycorn / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
元々トラッドソングをアコースティックアレンジで取り上げています。
アルバムタイトルにしているように、非常に丁寧に取り組んでおり、後に私の大好きなJethro Tull がライブアルバムで演奏していますが、こればかりは僅差ではありますが、Traffic に軍配を挙げますね。
それだけ良い演奏をしているのです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 15:48:46)


Empty Pages / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
ミディアムスローテンポのポジティブな曲。
このアルバムでは、スティーブのギターが目立たず、この曲もクレジットでギターレスになっているし、実際聴こえてきません。
その代わりスティーブとクリスのダブルキーボード体制でツインリードキーボードになっていたりして、今じゃあまりお目にかかれないアレンジですね。
基本トリオ編成時代なので、特にスティーブが色々な楽器をとっかえひっかえ演奏しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-06 15:44:28)


Freedom Rider / John Barleycorn Must Die / TRAFFIC
クリス ウッドの印象的なサックスのイントロから始まるアーシーかつファンキーなナンバー。
ピアノと同時に鳴っているオルガンがブリティッシュかな?
きっとアメリカンバンドだったらピアノだけじゃないでしょうか。
スティーブ ウィンウッドのボーカルも煮え切らなさがブリティッシュ‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-06 15:39:05)


Dfk / Dfk Band

70年代にAORの神様と呼ばれるボズ・スキャッグスのバックにいたLes Dudek、デイヴ・メイスンバンドなどで活動していたMike Finnigan、Jim Kruegerの三人が中心となり結成されたバンドのデビュー作。バンド名も彼らの頭文字をとったものです。
叩き上げのミュージシャン集団が作り上げたのは洗練された爽快なメロディと、土着的ともいえる砂埃舞うサザンテイストを巧みに散りばめた意欲作。そのバランス感覚と聴かせ方の上手さ、そして何を聴かせたいかを明確なした曲作りは、まさに職人技が光る一枚。ウエストコースト風のオシャレ感もそこそこに、普遍的ロックのグルーブを持ち込んだサウンドはバラードを収録しない気概もあるように、そんな甘ったるいモノではない。その辺りが最大の聴きどころだろう。
正直、参加メンバーも知らないし、このジャンルに対する造詣が全くないのですが、コメントは控えますが、質の高い音楽は耳休めに丁度よいです。

失恋船長 ★★★ (2018-05-06 13:51:56)


Tweaked / ENUFF Z'NUFF

当時は3rdのポップさはどこへ?と言った感じで本作の暗くどんよりした雰囲気が受け入れにくかったが、今聴くとそうでもなく、なかなか秀悦。♯4や♯8がおすすめ。

ずなきち ★★ (2018-05-05 08:33:42)


Peace and Quiet / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

赤ちゃんの泣き声のSEで始まるけどアルバム中で一番アップテンポなナンバーで3分ちょっとで駆け抜けていきます。
グレッグの声はジョー ストラマー以外にブルース スプリングスティーンも連想するなあ。
ベースのドライブ感も格好良いです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-05-04 17:08:47)


Snowblind / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

サバスのあの曲とは同名異曲。
詞の内容も対訳を見る限りでは、ドラッグソングではなさそうですね。
メジャーコードのナンバーで曲調もサバスとは180度違います。
こんなに良い音を出しているのに1作だけで残念‼と思っていましたが、このバンドを登録した時に見ると日本盤の発売が無いだけで、後4~5枚はアルバムを出しているみたいですね。
探そうかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 17:05:14)


Credit Cards / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

続いて2曲目のナンバー。
これもドライブ感の有るロックンロールで、ベース兼ボーカルのグレッグ ブロクサムの声は、ちょっとクラッシュのジョー ストラマー辺りを思い出させる力強く男臭い声で良い味出ていますよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-05-04 16:58:16)


Don't Tear It Down / A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

アルバムオープニングナンバーかつ一番のキラーチューンです。
広大なオーストラリア大陸を車で疾走したくなる様なドライブ感の有るロックンロールで、乾いたギターのトーンがオーストラリアっぽいですね。
トリオ編成なので、音はシンプルですが、非常に骨太で如何にもライブで鍛え上げた様なサウンドで本当に格好良いです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 16:54:09)


A.O. Mod. TV. Vers. / SPY VS. SPY

オーストラリアのバンドの87年の本邦デビューアルバム。
トリオ編成でシンプルな音ですが、何年も国内のライブハウス巡りで鍛え上げた確かな演奏力と小気味良い曲作りでポリスとかクラッシュ辺りが好きなら気に入るんじゃないでしょうか。
ジャケットに写る3人のメンバーのアピアランスもファッションは地味ですが、男らしくて格好良いです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-05-04 16:49:07)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
ラストでルカサーが清々しい雰囲気を切り裂いてくる
リフがすごく好きだ。

名無し ★★★ (2018-05-01 15:04:04)


How Are You? / ?(Question Mark) / ENUFF Z'NUFF
かなりの名バラードですよ。

ずなきち ★★★ (2018-04-29 00:41:10)


Restless Heart / WHITESNAKE

湾岸戦争以降、アメリカ自体が暗く陰鬱としたムードに包まれたと言われる。そんな世相は芸術の分野にも暗い影を落とし底抜けに楽しいエンタメを味わえる状況下になかったと言われる。時期としてグランジブームもあり、その生々しいサウンドは時代背景とマッチ、浮かれまくったパーティーソングや女々しい男の心情の吐露など、だれも興味がなかった。

そんな暗い時代は長らく続くのですが、多くのアーティストも路線変更や、アンプラグドライブなんかが流行り皆がこぞってアコギヴァージョンで往年の楽曲を披露してましたね。なんたって愛しのレイラですらアンプラグドヴァージョンあるんだからねぇ。
そんな手を変え品を変え皆が苦戦する中で、カヴァーデイルがとった新たなる音楽性は原点回帰とも言えるブルースロック。勿論、渡米し大金をせしめたカヴァーデイルが男の悲哀を歌い上げても、心に迫るものはないのですが、それでも情念たっぷりの節回しは、老獪なテクニックを駆使して、衰えすら渋みと変えたんだから流石でしょう。
暗がりのバーが似合うホワイトブルースだったホワイトスネイク、アメリカンマーケットを意識し音楽性がガラリと変わったため、その本質は人それぞれ感じ方も違うだろう。個人的にはホワイトスネイクらしさという観点で考えるとSLID IT IN辺りまでとなるのだが、今作はバランス良く纏めましたね。初期の路線もあれば、モダンなへヴィロック時代もある、そして全般的にAOR調のライトな感覚を持ち込み、聴きやすくしているという点は見事ですね。
まぁ、どっちつかず、と言えばそれまでな中途半端感は否めないし衰えは顕著だ。雰囲気重視すぎる点もある、それも90年代中期という時代の業なんだろう、この生々しい作りはね。
力点が原点回帰と大衆性、その二点がハマれば強いのだが、総じて地味なので、個人的にはアルバムを最後まで聴き通すガッツがなく⑩くらいで眠くなり完走した例がありません。それでもカヴァーデイルの名に恥じないと思わせる力技が彼の凄さなんだろう。

失恋船長 ★★ (2018-04-25 13:53:48)


Eye of the Tiger / Eye of the Tiger / SURVIVOR
ドラムのフィル・イン、もっとどうにかならなかったのか・・・・・

ひできⅡ (2018-04-24 22:12:58)


Not Foolish, Not Wise / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
これもライブ盤「Little big band 」で先に馴染んでいた曲ですね。
なんかこの生々しい演奏を聴いていると、スタジオバージョンとライブバージョンの違いがオーディエンスが居るか居ないかの違いだけみたい。
後半のホーンセクションのハッスルプレイは、ライブバージョンがメドレー形式だった為、カットされていた気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:51:08)


Don't Be Afraid / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
当時としては結構アップテンポで曲調も上げ上げ⤴というかアッパーなナンバー。
ゲイリーのベースラインもヒープ加入後程ではありませんが、良く動いており、曲にダイナミズムを与えています。
録音技術が発達していないから、逆に生々しさに溢れており、ドラミングなんてまるでキーフが目の前で叩いているようにスリリングです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:46:38)


Me and My Woman / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
ライブ盤「Little big band 」にも収録されているブルージーなナンバー。
韓国盤なのでメンバー表記さえ無く(しつこい?)ホーンセクションがライブ盤よりショボいですが、一体何人だったのか?
でもボーカル兼任のミラー アンダーソンの歌はこっちのスタジオバージョンの方がワイルドだったりして面白いですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:41:35)


The Dansette Kid/ Hartley Jam for Bread / The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND
アルバムオープニングナンバー。
タイトルが洒落ていますよね、ジャム フォー ブレッドって‼
ジャムなのでインストものですな。
ミラー アンダーソンがご機嫌にギターをかき鳴らし、キーフハートレイと愛しのゲイリー セイン様が手堅くリズムセクションを支えています。

めたる慶昭 (2018-04-22 16:36:00)


The Battle of North West Six / KIEF HARTLEY BAND

Uriah Heep 全盛期のベーシストGary Thainがヒープ加入前に在籍していたKief Hartley Band のアルバムで69年発表だそうです。
4~5年前にお茶の水のディスクユニオン本店で見つけて、値段も1000円未満と手頃だったので買っておくかとライトな気分で購入しました。
韓国盤の為か曲名くらいしか分からず、「100collection」って恐らく廉価盤のシリーズなのでしょうが、こんなの買うのはよっぽどHeep &Thain ラブな物好き(つまり私=笑)くらいでしょう。
韓国には居たのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-04-22 16:31:00)


Hold On / Shangó / SANTANA
歌モノとして非常に優れた楽曲です。
哀愁タップリの日本人好みのラテン歌謡 ってなトコでしょうか。

カルロスのギターの出番はそこそこですが、よく謳うフレーズは流石!です。

ひできⅡ ★★★ (2018-04-22 00:00:56)


Was It All Worth It / The Miracle / QUEEN
Queenの最高傑作のうちのひとつ

名無しF ★★★ (2018-04-19 11:04:28)


Batdance / Batman(Soundtrack) / PRINCE
海外ならいざしらず、日本語を知るものなら後半の「農協牛乳」ゾーンで
「!?」となるか爆笑するかのどちらかでしょう。
…まさか、殿下のコンサートでコレが流れた時、爆笑したファンはいないだろうね?

Ray-I ★★ (2018-04-19 00:36:13)


All Messed Up / Run for Cover / GARY MOORE
ロックなメロディにグレンの声がよくあってます。

ずなきち ★★ (2018-04-17 07:02:36)


Once in a Lifetime / Run for Cover / GARY MOORE
ポップでキャッチーですがサビのメロディはさすが。曲の入りがなんだかヴァン・ヘイレンのようだ。

ずなきち ★★ (2018-04-17 06:58:44)


Running From the Storm / After the War / GARY MOORE
ザクザク刻むリフが心地よい。人気ないけど結構好きな曲。

ずなきち ★★ (2018-04-17 06:52:09)


Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE
ギターもかなり疾走感出しててかっこいい。しびれます。

ずなきち ★★ (2018-04-17 06:45:54)


Murder in the Skies / Victims of the Future / GARY MOORE
メロディアスでハードな一曲。リフがかっこいい。

ずなきち ★★ (2018-04-17 06:40:34)


Teenage Idol / Victims of the Future / GARY MOORE
ロックンロールな曲。キャッチーで好きです。

ずなきち ★★ (2018-04-17 06:35:56)


Falling in Love With You / Corridors of Power / GARY MOORE
極上のバラード。ギターが泣いている!

ずなきち ★★★ (2018-04-16 18:16:25)


Wildflowers / TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS

少し前のことだがトムペティが亡くなってしまった。
自分もトムペティがすごく好きで、でもアメリカではずっと人気なのに日本での人気は限られてしまい、
なかなか来日を期待することも困難だった。
一度でもライブを見に行きたかったのに大変残念。今更ながら冥福を祈りたい。

94年発表のこのアルバムはトムペティのソロ名義として制作されているが、すごく好きなアルバムだ。いい曲が多い。
サウンド的にはリック・ルービンのプロデュースが見事にハマっていて、トムペティの良さを引き出してくれている。
前2作はジェフ・リンのプロデュースで、ジェフ・リンのファンでもある自分としても両作品とも好きだった。
そして、このアルバムではリック・ルービンの音と見事に合致し、名作を作り上げている。
まとう衣装は違っても、根っ子にはいずれもトムペティの良質な楽曲と歌がある。
音作りは、アコースティックギターのナマ音の感触による音色と乾いたドラムスの音がとても気持ちいい。
渋く落ち着いて聞ける曲が多い。特に2曲目はハープがアクセントとしてハマっていて気に入っている。
ラストのピアノバラード「ウェイク・アップ・タイム」で締める構成も見事。

酒とバラの日々2 ★★★ (2018-04-15 21:45:43)


Sleeps With Angels / NEIL YOUNG

94年発表。ニールヤングのアルバムの中で一番好きなアルバムだ。クレイジーホースと作ったアルバムだ。
全体的に暗くて陰鬱な雰囲気が支配しているが、一方で、暖かく包み込むようなところも同居している。
このアルバムのことを語るときによく引き合いに出されるのは、カートコバーンの自殺である。カートコバーンへの追憶として。
自分はカートコバーンにそれほど入れ込んでいなかったので(またそれらはこの作品に実際はそこまで影響しているものでもない)、
そういうエピソードは別としても魅力的な作品と思う。
「マイ・ハート」は1曲目に位置しているが、曲の肌触りはほかの曲とかなり異なる。
ピアノではなくてチェンバロのような音色に合わせて、ニールヤングとコーラスの声が悲しく響く。
2曲目以降は、クレイジーホースの演奏が入ってきて、乾いている重たいギターとともに進んでいく。
でも感情を激しくぶつけるような歌はない。どこか淡々と進んでいく。でもそれがいい。
圧巻なのは、6曲目の「チェンジ・ユア・マインド」だろう。15分近く延々と続く。ただ、曲に身を任せるのみ。
個人的な話だが、このアルバムは、仕事とかで精神的に疲れた時、よく聞いていた。それでいわゆる座右の一枚になってしまった。
淡々とアルバムは進んでいくのに、自分の身にしみるように、ひとつひとつの音が入ってくる。

酒とバラの日々2 ★★★ (2018-04-15 21:16:20)


Nights of Mystery / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES
どの曲もノリ一発で決めたようなものばかりの中で、アコースティックギターから始まるこの曲だけちょっと違うのかな?と思わせます。
曲が始まればノリノリですが、nightsがタイトルに入るだけあって少し夜のアンニュイな雰囲気も感じられます。(ホッホーなんて入るとジョージア節だなやっぱ)
エンディングのアコースティックギターがまた痺れちゃうよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-15 16:36:59)


The Myth of Love / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES
これまたご機嫌なロケンロール。
「Battle ship chains 」よりストーンズ的な猥雑さが濃く、ちょっと不良っぽい雰囲気でキメテみましたみたいな感じがしますな。
ギターソロも速弾きは有りませんが、ご機嫌なフレーズを弾いてくれますね。
エンディングのギターフレーズも格好良いの一言‼

めたる慶昭 ★★ (2018-04-15 16:31:47)


Battleship Chains / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES
アルバム中で最もご機嫌な曲。
明るく開放的なロケンロールの典型ですが、ここまでご機嫌な曲には、あまりお目にかかったことが有りませんな❗
ちょっと尺が短いぞ、もっと聴いていたい‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-04-15 16:26:33)


Keep Your Hands to Yourself / Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES
アルバムオープニングナンバー。
彼等のイメージを体現しているような曲。
粘っこいギターにボーカル、タイトなリズムセクション。
Rolling Stones meets southern rock な感じが堪らないですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-15 16:23:17)


Georgia Satellites / THE GEORGIA SATELLITES

全曲一発録りでしょって感じのノリノリロケンロール満載のご機嫌なデビューアルバム。
アメリカンロックの魅力とは?と訊かれて「これです‼」って答はあながち間違ってないと思うけど。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-15 16:19:19)


Sunset / Aerial / KATE BUSH
今度はピアノでの弾き語りっぽいナンバー。
多分デル パーマーだと思いますが、ベースラインが印象的です。(ケイトの曲で時折ベースラインが目立つ曲が有りますが、恐らく全てプレイはデル パーマーだと思われます)
また、終盤でリズミカルになるところがグーですな。

めたる慶昭 (2018-04-14 17:43:29)


An Architect's Dream / Aerial / KATE BUSH
男性の呟きから始まる曲。
パーカッション(コンガかな?)を効果的に使っていますが、それほどリズムを強調するでもなく、淡々と曲は流れていってしまいます。

めたる慶昭 (2018-04-14 17:39:21)


How to Be Invisible / Aerial / KATE BUSH
淡々とした曲調ですが、楽器の使い方が詰め込まずに上手くサウンド空間を築いており、かなりアレンジには時間をかけたのではと思わせます。(12年も有ったんだもんね)

めたる慶昭 ★★ (2018-04-14 17:36:40)


Bertie / Aerial / KATE BUSH
アコースティックな弾き語りっぽいトラッド色の濃いナンバー。
バイオリンもバックに使われていますが、簡素なアレンジで効果が上がっています。
イギリス人ならではの感性が満載された佳曲です。
息子に捧げた曲なのね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-14 17:33:26)


Aerial / KATE BUSH

05年に約12年振りに(⬆前作は93年発表なので12年振りが正解ですよ)発表された2枚組アルバム。
私と同じ1958年生まれで4枚目まであれだけ凄かったのに、5枚目以降はどんどん薄味になっても、評論家からは大絶賛され続けられる彼女。
私も何だかんだでここまで付き合ってきましたが、12年の時を経ても特に変化も無く、私は残念ながら最早ここまででギブアップしました。

めたる慶昭 (2018-04-14 17:29:44)


Constellation of the Heart / The Red Shoes / KATE BUSH
ちょっとワールドミュージックっぽいナンバー。
また、ゲイリー ブルッカーがハモンドで参加していますが、えっ何処?って感じだし、ブラスアレンジもあっそうっていう呆気ない感じで何だかなあ。

めたる慶昭 (2018-04-14 17:21:06)


The Red Shoes / The Red Shoes / KATE BUSH
アルバムタイトルナンバー。
アコースティックギターから始まるトラッド色の濃い曲ですが、流石はタイトルナンバーだけあってアルバムの中で断然輝いています。
ケイトのボーカルも力強くシャウトしてみたり、久しぶりに自分の声をとことん活かした曲に仕上げていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-14 17:18:13)


And So Is Love / The Red Shoes / KATE BUSH
ギターにエリック クラプトン、ハモンドにゲイリー ブルッカーという大物を従えての曲ですが、それがどうしたのってくらい、ただ起用してみましたという感じで、何も特別感は無いと思うのは私だけでしょうか?
ケイトのボーカルメロディーだけは魅力的ですな。

めたる慶昭 (2018-04-14 17:14:27)


Rubberband Girl / The Red Shoes / KATE BUSH
アルバムオープニングナンバー。
軽快な曲で、まあスタートの曲としては、うってつけでしょう。前作よりは良いかな?と期待感を高めてくれる、そんな曲です。
ダニー マッキントッシュって中々の速弾きしているけど、一体何者?

めたる慶昭 (2018-04-14 17:09:33)


(Everything I Do) I Do It for You / Waking Up the Neighbours / BRYAN ADAMS
ブライアンらしい渋カッコいいバラードですな。

こ~いち ★★ (2018-04-11 19:24:22)


This Woman's Work / The Sensual World / KATE BUSH
ピアノとケイトのウィスパーボイスから始まるケイト流バラードナンバー。
ここでは、久しぶりにちょっと高音のコケティッシュな声が聴けて、それだけで得した気分になります。
ケイトはこの時まだ、31だから、老け込むはず、ないんですよ。

めたる慶昭 (2018-04-08 21:48:30)


Deeper Understanding / The Sensual World / KATE BUSH
いきなり歌から始まるテンション高めのナンバー。
電話の鳴る短いSEが効果的ですね。
うん、このボーカルメロディーは良いな‼(この時期としては)
トリオブルガリカの起用が成功しているかは微妙です。
ケイト自身のボーカルの重ね録りとの違いが分かりません。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:43:33)


The Sensual World / The Sensual World / KATE BUSH
アルバムオープニングかつタイトルナンバー。
鐘の音のSEから始まる軽快なリズム。
この頃になると、初期のすっとんきょうな高音ボイスは陰を潜め、中音域主体のボーカリゼーションになっています。
そこに新たな魅力を感じるかどうか、私にはきついですね。
バックの音もワールドミュージックの世界にいっちゃってますし

めたる慶昭 (2018-04-08 21:33:59)


Snowman / No Balance Palace / KASHIMER

ちょっとメタルっぽいアレンジのイントロから始まるナンバーですが、カスパーの低音ボイスが入ると、これはノイジーという表現の方がピッタリ来るなと思いました。
パンクみたいなアップテンポではないので、アバンギャルド入りましたって感じ?

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:26:29)


She's Made of Chalk / No Balance Palace / KASHIMER

こちらはアップテンポで中々ポップな印象ですが、やはり明るく成りきれずに、少し暗さが見栄隠れしています。
ベースのミックスが大きめで疾走感が出ていますな。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:22:24)


Ophelia / No Balance Palace / KASHIMER

哀愁味のあるギターのイントロから始まる叙情的なポップナンバー。
アメリカのバンドには絶対出せないウェットなサウンドが私の心にフィットします。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:18:35)


Kalifornia / No Balance Palace / KASHIMER

アルバムオープニングナンバー。
昔のプログレみたいなオルガンのイントロが印象的。
その後はタイトルとは裏腹なダークなポップサウンドを展開しています。
対訳を見るとタイトルはアメリカの土地の名前ではなく、女性の名前の様ですね。
綴りもKから始まりますしね。
前作に続いてあまり掴みはOKタイプのナンバーではありませんが、これが彼等の個性だし、好きになればそんなことは気にならなくなるもんです。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:15:55)


No Balance Palace / KASHIMER

前作「Zitylights」に続いて通算5作目、日本では2作目となるアルバム。
ライナーを書いている新谷洋子氏はサウンドの変化を強調(プロデューサーにベテランのトニー ヴィスコンティーを迎えた事をアピールするための様です)していますが、私は前作との違いをそれほど感じていません。
日本デビューまでアルバム3枚のキャリアが有るので彼等のサウンドはもう確立されており、今回も暗めのポップなバンドという基本的な印象はそのままであり、アルバムの評価も前作とほぼ同点という認識ですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-08 21:09:21)


Heat of the Moment / Asia / ASIA
大好きな曲!

名無し ★★★ (2018-04-03 02:43:44)


ASIA


ケチな私がお金を出して初めて買ったアルバムはエイジアでした。
素晴らしいバンド。ジョンウェットンの声!

名無し ★★★ (2018-04-03 02:23:01)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
初めて買ったアルバムがエイジアの時へのロマン。大好きなバンドです。
変なところが気になったのですが、PVのドラマの意味が分かりません。
始めのシーンでお母さんが娘を電車の引っ張って乗せて去って、パパは独りぼっち。
そのあと、母が無理やり娘を車に乗せて、娘は川に落ちて亡くなった。
電車でパリを去ったんじゃなかったの?よく分からない。母は自分が浮気をしておいて旦那に逆切れして娘を連れだしてしまう。
プロデューサーのせい?

最近、TVでヒートオブザモーメント誕生の番組やっていてみました。録画して10回は見てしまった。
スティーブハウって今見るとモデル張りにかっこよかったんだなぁと。イェフリーダウンズいいひとだなぁとか

スーパーグループでした。武道館の日本初来日コンサート?ワクワクして行ったら
ボーカルがジョンウェットンじゃなくてとてもがっかりだった思い出が

名無し ★★★ (2018-04-03 02:20:39)


Alpha / ASIA

最初のアルバムも凄いけど、これも凄かった。ASIAはポップな産業ロックみたいに語られるけど、そんな安っちい音ではないわさ。IQは高いが嫌みじゃない天才。クラス一の人気者みたいなバンドだったね。何度聞いてもワクワクするんだよ、YES時代とは違うタッチのギターもフレッシュです。

正直者 ★★★ (2018-04-02 22:31:17)


Asia / ASIA

このアルバムが全米で売れまくり年間ナンバーワンに、その豊かな国民性が羨ましいわさ。日本じゃ、他人のアイデアを盗みまくりの金で名誉を買い漁るロックデュオだもん。悲しくなるわ、ホント溜息しか出ません。
親しみやすいがIQの高いロックでもある。スリリングなジェフ・タウンズのキーボードに前のめりになるよ。

正直者 ★★★ (2018-04-02 22:26:59)


Born to Run / Born to Run / BRUCE SPRINGSTEEN
出だしが尾崎豊っぽい。て、ボスのほうが先か。
曲も歌詞もかっこいい。
珍しく邦題もかっこいい。
サックスもかっこいい。

城島イケル ★★★ (2018-04-01 23:59:10)


Big Fresh / Zitilites / KASHIMER

結構テンポは速いのですが、淡々として進むのでロケンロール感は皆無です。
終盤でギターのフレーズをテープの逆回転を使い、そこにピアノでシンプルにバックを付けているアレンジセンスが素晴らしい。

めたる慶昭 ★★★ (2018-04-01 23:26:44)


Ramparts / Zitilites / KASHIMER

アップテンポなナンバー。
こういうのを1曲目に持ってくるのが王道だと思いますが、まあ彼等の感性では違うのでしょう。
曲としては、非常に良く出来たパワーポップ系のナンバーですが、アメリカンみたいな陽気さは無く、やはりウェットな感じの強いのがデンマークというかヨーロピアンですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-01 23:22:15)


Ruby over Diamonds / Zitilites / KASHIMER

ドラムスとベースのイントロから始まり、この曲ではカスパーの出だしの声に呪術的な雰囲気が一瞬出てますね。
後は何だか霧の中で鳴っている様なちょっと不思議な感じの曲です。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-01 23:17:30)


Rocket Brothers / Zitilites / KASHIMER

アルバムオープニングナンバー。
叙情的なギターのイントロから始まり、聴こえてくるカスパー アイストロープのボーカルは儚げを非常に感じます。
あまり「掴みはOK」的な曲ではないので、これが1曲目というのは首を傾げますが、曲自体にはなんとも言えない魅力が有ります。

めたる慶昭 (2018-04-01 23:14:03)


Zitilites / KASHIMER

デンマークのロックバンドKashmir の4作目で日本デビューアルバム。
本国ではかなり人気が有るようで、聴いてみると、成程、ポップな中にもヨーロッパ特有のウェット感、暗さが有り、ブリティッシュロック好きならかなりの確率で気に入るのではないでしょうか。
例えば、コーンウォール地方出身のThirteen Senses辺りとは共通点が多いという気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-04-01 22:44:50)


Still of the Night / Whitesnake / WHITESNAKE
当時を振り返るとモダンなヘヴィロックと言えよう。
クドいアレンジもあるが、これを支持できるのがアメリカ人の耳。
羨ましいよね、そういう感性を持ち合わせる国民性は。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:09:39)


Here I Go Again '87 / Whitesnake / WHITESNAKE
IS THIS LOVEよりも明らかにヒットチャートを意識いたのはこちらでしょうよ。
狙いすぎで好きになれないが、それでも最後まで聞けちゃうのがWSの魅力。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:07:24)


Love Ain't No Stranger / Slide It In / WHITESNAKE
やはりライブでも定番。何度聞いても飽きないドラマがある。
WSと言えばこの曲を真っ先に思い起こします。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:02:08)


Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE
これもライブの定番。ヘヴィなリズムがずっしりと鳴り響いてる。
哀愁が出まくりのWSたる強烈なアイデンティティを感じます。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:00:06)


Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE
これもライブの定番。ヘヴィなリズムがずっしりと鳴り響いてる。
哀愁が出まくりのWSたる強烈なアイデンティティを感じます。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:00:06)


Don't Break My Heart Again / Come an' Get It / WHITESNAKE
これもライブの定番。ヘヴィなリズムがずっしりと鳴り響いてる。
哀愁が出まくりのWSたる強烈なアイデンティティを感じます。

正直者 ★★★ (2018-04-01 17:00:06)


Ain't No Love in the Heart of the City / Snakebite / WHITESNAKE
ライブでも定番。しっとりと濡れたブルージータイムですよ。

正直者 ★★★ (2018-04-01 16:55:22)


Give Me All Your Love / Whitesnake / WHITESNAKE
ライブでも定番のシャッフルナンバー。カヴァーディルが得意なキーで歌っているので魅力的だ。

正直者 ★★★ (2018-04-01 16:52:29)


Is This Love / Whitesnake / WHITESNAKE
ヒットチャートを意識しても売れないものは売れない、誰がどう聞いても曲そのものに魅力があるからだ。
カヴァーディルが得意なキーで歌っている。ジョン・サイクスのチョーキングも泣かせるぜ。
今でもライブでは定番だ。

正直者 ★★★ (2018-04-01 16:50:25)


EVERCLEAR


スローモーションデイドリームを久々に聴いています。不思議な雰囲気をもつボーカル、声がハスキーですね。

名無し ★★ (2018-04-01 13:58:13)


The Whistler / Songs From the Wood / JETHRO TULL
アップテンポですが、ドラムはあまり目立たず、アコースティックギターのストロークが目立つ曲。
アルバムジャケットに写っている森の中でイアンがフルートを吹きながらくるくると踊る姿が目に浮かびます。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-31 17:34:31)


Jack-in-the-Green / Songs From the Wood / JETHRO TULL
2分半の短いアコースティックナンバー。
普通この程度の尺の曲だと一般のバンドは埋め草というか捨て曲が多いのですが、タルの場合はこの曲も含めて佳曲が多い。
この時期イアンが接近していたブリティッシュトラッドの香りが漂う良い曲です。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-31 17:31:25)


Desert Moon / Desert Moon / DENNIS DE YOUNG
只のヒット狙いの曲と云うなかれ。

誰もが、過ぎ去りし青春の日々を思い返す時、必ず胸を締め付けられるシーンが幾つでもあるはず・・・
そんな郷愁が胸をよぎる、永遠に色褪せることの無い、素晴らしいラブソングです。

♪She was standing in the rain
Tryin' hard to speak my name
この辺りのメロディーで、いつも涙ぐんでしまいます。


デニスって、髭を剃るとすんごくイケメンなのね(驚)
髭が有る時は無茶苦茶怖いオッサンなのに(笑)

ひできⅡ ★★★ (2018-03-30 23:42:07)


Two for the Show / KANSAS

異なるタイプの音楽性ブルースやロックがベースにあるリッチ・ウィリアムスと、ケリー・リブグレンのプログレエッセンスの融合。二人のコントラストがハッキリとした主張による音楽の創造。それが他のプログレ系のバンドとの明確に違いだ。壮大な世界観と叙情性、カンサスにしか表現できない空間が、このライブ盤にある。

正直者 ★★★ (2018-03-28 16:39:10)


38 SPECIAL


つまんねー事言ってねえで曲に発言しろや

名無し (2018-03-27 18:47:50)


SWEET

全盛期はハードロックとして通ったのですね。しかしディープパープルから比べたらずっとチャラかったかもしれません。でもどっちもどっちですね。

蔵人さん ★★ (2018-03-26 21:01:13)


CHEAP TRICK

このバンドをハードロック(およびヘヴィメタルかな)的に捉える場合、まずエアロスミスやボンジョヴィ、キッスといっしょに扱おうとして考える事。いわばヘアメタルバンドもその音楽性を手本にしていた事。そして何より音といい響き方といいヘヴィではある事。これらを踏まえれば十分ポップメタルの元祖的存在とも言えるのではないのでしょうかチープトリックは。つまりやる事がポップメタルなんですよチープトリックって・・・・なんて MK-OVERDRIVEさんもそう思います?

蔵人さん ★★ (2018-03-26 19:43:05)


38 SPECIAL

今日は、自分はこのバンドに関してはろくに知らないのですが確かポップなアメリカンロックだったらしいですよね。つまりジャーニーみたいなポップさとはまた異なってるかもしれませんが結構洋楽初心者向けにとってもわかりやすいというか。MK-OVERDRIVEさんなら詳しく知ってますよね。

蔵人さん ★★ (2018-03-26 19:31:02)


NELSON

ハードロック=乱暴者というふうに思っても、このアルバムに関しては論外であってほしい。ポップだしメロディ重視だし何より音としてキレイ。毒なしでハードロックを聴きたい人に薦めたいです。

蔵人さん ★★★ (2018-03-26 19:24:40)


THE BEATLES

私が小学生だった頃に、リアルタイムで7つ上の従兄から聞かされたビートルズが洋楽初体験でした。
その後中学生でヒープやタル、サバスに嵌まりHM/HRを中心としたロックライフが今に至るわけですが、二十歳くらいまでは、ビートルズなんて、テクはないしポップだし、あんなのロックじゃなくて只のポップスだよなんて、蔑んでいましたが、今では7つ上の従兄とビートルズ談に花を咲かすこともしばしばです。
やっぱり、今のロック、メタルの全ての底辺になりますよね。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-23 22:48:37)


THE BEATLES


ヘヴィメタルの祖として語られることも少なくないブラックサバスの発起人、オジー・オズボーンが度を超したビートルマニアであるという事実こそが(このサイト内における)ビートルズがどのような存在であるかを物語っているのではないでしょうか。
僕のHMや洋楽の最初の本格的原点はセックス・マシンガンズとスレイヤーですが、やはりそれらを知る前のロックの基本はビートルズです。トム・アラヤも最初はビートルズを弾いてたっていうしね。

名無し ★★★ (2018-03-23 21:51:07)


Let It Bleed / THE ROLLING STONES


この曲はビートルズのlet it be より古い。逆と思ってるひとがいるけど。このアルバムにはブライアンはクレジットはあるがいっさい弾いていない。完全なジャンキーになってしまっていたらしい。このアルバムが出たあとブライアンは死ぬ。歌のラストでjunky nurseとあるのが面白い。この極めて退屈な曲こそストーンズの最高傑作。ベースはミックジャガー。ワイマン、お休み。テイラーの粘っこいギターはキースを意識したそうだ。

名無し ★★★ (2018-03-20 13:33:21)


Cross-Eyed Mary / Bursting Out / JETHRO TULL
スタジオバージョンより少し短めにまとめられた、あのアイアン メイデンもカバーしたという初期の「アクアラング」アルバムに収められていたヘヴィなナンバー。
イアンのボーカルはメタルボーカルには全然当てはまりませんが、その野性味溢れる声は、別の意味での凄みが有ります‼

めたる慶昭 ★★ (2018-03-17 12:47:32)


Conundrum / Bursting Out / JETHRO TULL
タイトル通り、後半にバリーモア バローのエキサイティングなドラムソロがフィーチャーされているナンバー。
ツェッペリン解散後初めてのロバート プラントのソロアルバムでドラムを叩いていたバローですが、彼の緻密かつパワフルなプレイなればこそ、ジョン ボーナムを失った直後のドラマー役を務められたのでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:43:49)


Thick as a Brick / Bursting Out / JETHRO TULL
A,B面通して44分半の大作をここでは13分弱にまとめています。1/3以下の尺にしているのに、元からこの尺の曲じゃないか?って思わせるくらいに自然に無理無くダイジェストするTull の力は凄いとしか言いようが無い‼
何気にユニゾンしているイアンのフルートとマーティンのギターも素晴らしい。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:38:41)


Sweet Dream / Bursting Out / JETHRO TULL
オリジナルは「Living in the past 」アルバムに収録されていますが、スタジオバージョンよりライブバージョンの方がキーボード二人時代のせいか洗練された印象を受けます。
逆に言うとスタジオバージョンの方が荒々しいんですね。
こういうケースは珍しいでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:32:24)


Days of Old / Riding With the King / ERIC CLAPTON
この曲、子供の頃朝のN○K教育で人形劇みたいなので流れていて、通学前に必ず見て(聴いて)ましたね。
子供ながらに「何かノリ良くて良いな~」と思ったものです。
それにしてもB.B.KINGのブルージーでソウルフルなヴォーカルにはさすがのクラプトンも霞んでしまう…

1573 ★★★ (2018-03-14 21:30:08)


From the Cradle / ERIC CLAPTON

あ、これカヴァーアルバムなんですね…
ブルースにはとんと疎い(単純にノリの渋さが好き・汗)ので知らなかった。
クラプトンのブルースって凄く聴きやすくて楽しいですよね!
多分彼流に解釈した「クラプトン節ブルース」って感じなのでしょうが…私は大好きです!

1573 ★★★ (2018-03-14 21:26:23)


Money and Cigarettes / ERIC CLAPTON

ブルースを基調にロックらしいナンバーがあったりコテコテブルースあり、ポップスブルース(?)ありとバラエティに富んでいて彼のアルバムでは聴きやすく楽しい逸品。
これと「461 Ocean Boulevard」はオールドロック好きで気軽にブルースナンバーなんかにも手を出したい人にはうってつけ!

1573 ★★★ (2018-03-14 20:42:29)


Superman Inside / Reptile / ERIC CLAPTON
最高にカッコいいブルーズロックナンバー。
タイトルがまた良いじゃないの!
このアルバムの後半のハイライトはこの曲で決まり!

1573 ★★★ (2018-03-13 18:02:12)


Believe in Light / Reptile / ERIC CLAPTON
もう最高の一言!
オシャレだし落ち着いてるし味わい深いし…このアルバムに限らず、数あるクラプトンのナンバーでもベスト10には入りますね。
ちなみにどうでもいい話ですが、私が20代の頃旅行中に空港でこのアルバムを聴いていて、この曲が光り輝くエアポートにピッタリだったのを今でもその時の空気感さえ鮮やかに蘇ります。

1573 ★★★ (2018-03-13 17:59:38)


Reptile / ERIC CLAPTON

このアルバムは洋楽を聴き始めた頃に好きになった思い出深い逸品です。
基本はブルージー時々ジャジーな感じでブルース側面のクラプトン好きにはツボでしょうね。
8や13みたいな勢いのあるカッコいい曲もあるけど、穏やかで中にはオシャレな曲もある。(個人的に4は本当に思い出深いオシャレな一曲)
ちょっとオシャレっ気ありーの、コテコテではない優しいブルースナンバーが好きな人は一度お耳にどうぞ!

1573 ★★★ (2018-03-13 17:55:38)


Rosanna / Toto IV / TOTO
多分どんな人でもバンドを代表する名曲を玄人ぶって貶したくなる時期。そしてしばらくしたらその時の自分が恥ずかしくなるんですよね~。

名無し (2018-03-09 19:01:23)


Hold Me Now / Into the Gap / THOMPSON TWINS
ベースラインからメインのサウンドまでしっかりしており、心温まる歌詞とトムの気だるけな声が心地いい80年代傑作バラード。

名無し ★★★ (2018-03-08 01:31:32)


Was It All Worth It / The Miracle / QUEEN
Yes,it was a worthwhile experience 最後の歌詞にQueen の全てが現れています

名無し ★★★ (2018-03-07 22:23:06)


Win Or Lose / The Big Buffalo / John Fiddler

ユルいテンポのバラードタイプのナンバー。
フィドラーの声は如何にもイギリス人らしい、アメリカ人には絶対無い、掴み所の無い曖昧さが有ります‼

めたる慶昭 ★★ (2018-03-04 23:32:27)


I Stand Alone / The Big Buffalo / John Fiddler

アルバムラストナンバー。(ボートラ扱いですが)
フィドラーのボーカルを活かしたアコースティックではありませんが、ギターのトーンを抑えた渋いアレンジで淡々と聴かせます。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-04 23:29:53)


Strong Heart / The Big Buffalo / John Fiddler

このアルバムにエレクトリックバージョンとアコースティックバージョンと収録されていますが、大して違いません。
この曲も渋いね。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-04 23:27:02)


Time for Love / The Big Buffalo / John Fiddler

アルバムオープニングナンバー。
なのに、のっけから激渋な音です。
最もジョン フィドラーが派手だったのはBritish Lions の時だけで、後はひたすら渋い路線だったんだから、驚く事は有りません。
この声好きなんだよなあ❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-04 23:24:31)


The Big Buffalo / John Fiddler

00年発表のジョン フィドラーのソロアルバム。
発表してから7~8年後に新宿のレコード屋で偶然見つけて即買いました。
Mott が解散後、新たに彼を迎えて結成したBritish Lionsで彼の存在を知り、以来Meadcine Head に遡ったり、Box Of Floggsもフォローしたりと、お気に入りのボーカリストです。
だから、外れの訳が有りません‼
でも、彼の声が好きな人は日本に何人居るのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-03-04 23:19:49)


Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS
これ以上にカッコいいイントロを知らない

名無し ★★★ (2018-03-04 22:34:21)


Against the Wind / BOB SEGER

メタル慶昭さま
全くお恥ずかしい限りです(照)
仰るとおり、御年51でございます。
嗜好と云いますと、どうしても10~20代に聴いたモノに偏ってしまいまして・・・・・
還暦ですかぁ、人生の先輩ですね。今でも貪欲に新しいモノを吸収しようとする御姿勢は素晴らしいです。
今後とも宜しくお願い致します<(__)>

ひできⅡ ★★★ (2018-03-03 23:27:55)


Changes / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience
うん、粘りっこいジミらしいワウの効いたギターリフが凄く良いね!
あと後半の観客との熱い一体感はライブ盤ならでは。
この曲は割とノリも良いので、HR好きならおススメ!

1573 ★★★ (2018-03-02 21:25:42)


Against the Wind / BOB SEGER

⬆ひできⅡさん、本当に随分遅いリアクションですね。(笑)
私はボブ シーガーは「奔馬の如く」1枚しか持っていないファンとも言えない人間ですから、気になさらずに。
語るバンド、アーティストからするとover50ですか?
私は今年で還暦です。
最近のメタルも聴いてますよ。
と言ってもコルピクラーニやザ ダークネス辺りが最近ってなりますがね。
今後とも宜しくです。

めたる慶昭 (2018-03-02 21:22:29)


Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience

ジミヘンと言えばやはりパープルヘイズやリトルウィング・ヘイジョーを思い浮かべる人が多いだろうが、私としてはもうこの一枚に詰まってる6曲に限る。
どんなにエクスペリエンス時代の曲を聴いても、最後は必ずこの一枚に帰ってくる。
特に前半3曲は神懸っている。
早過ぎた土臭いファンク・ハードロックの完成形だろう。
たった一枚…しかもライブ盤のみだけの黒人のみの編成のバンドだが、その功績は凄まじいものに違いない。

1573 ★★★ (2018-03-02 21:17:10)


Machine Gun / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience
前曲にも言えるけど、淡々とした、しかし確実に存在感のあるベースリフが際立っている。(と言うか、ある意味ベースが主役と言っても過言ではない)
マシンガンを連射してるようなドラムも非常に印象的。
そしてその二者の土台の上をノイジーなジミのギターが狂ったように弾きまくる。
12分30秒と非常に長い曲だが、個人的には30分は聴いていたい。
それくらいとんでもないほどの中毒性高い曲。(ベースリフだけでもお腹一杯)

追記
巷には「プログレ」「サイケ」「トランステクノ」等々、ドラッグ無しでトリップ出来ると言われる音楽ジャンルがあるが、この曲を聴いてしまえばそんなのはちゃんちゃらおかしく感じるようになる。
この曲でやってる事に大袈裟さや過剰な変則的メロディーなど一切無い。ギター・ベース・ドラムのみのシンプルそのものである。
しかしそれでも、態々大仰にジャンルを作って「俺達こんなスゲェ事出来んだぜ」的な主張しなくても、十分に(いや百分に)音の世界に魂ごとトリップ出来るのだ。
もしこの曲を聴いて何も感じない、あるいは退屈だと言うのなら、一度過剰・華美な音の世界から離れる事をお勧めする。
それほどまでに「音とはかくあるべし」と雄弁に聴かせてくれるのだ。

1573 ★★★ (2018-03-02 21:12:10)


Who Knows / Band of Gypsys / The Jimi Hendrix Experience

何てこった、この曲の評価が無いとは!
これまでのジミのバンド・エクスペリエンスとは一線を画す、黒人的ブラック色強い…良い意味で非常に土臭いミドルテンポロックナンバー。
アルバム一曲目にして掴みは抜群。
ただ、HR/HM好きには退屈に感じると思う。

1573 ★★★ (2018-03-02 21:07:28)


The Best Damn Thing / AVRIL LAVIGNE


1st 2ndが全体的に暗過ぎて好きじゃなかったので、このアルバムは全体的に明るくて気に入りました。ただ、この路線がこのアルバム止まりなのはやはり旦那の関係かなぁ⁈次のアルバムもまた暗くて馴染めませんでした。この路線で頑張って欲しいけど…。最近のガールズロックの人はだんだんロックを離れていくので寂しいですね。

名無し ★★★ (2018-03-01 18:53:16)


Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN
最初に聴いた時は、只「カッコエエ~~!」だけだった。
何年か経って、ギターをコピーする時になって初めてブライアンのクレバーさに気が付いた。

曲調に合うと思ったのか、ギターソロの後半、何とレギュラーチューニングでオープンGのスライド奏法をやっているのである!(分かる人には分かる)
さすがDr.ブライアン・メイ!
ギター・オーケストレーションといい、プレイの中にも頭の良さが見えてしまう。

でも、この曲のタイトル「ワレのオカン縛り倒せ!」って、もうちょっと何とかならなかったの?(笑)

ひできⅡ ★★★ (2018-02-28 19:48:07)


Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN
昔付き合ってた、少し年上の彼女もこの曲のファンで、彼女曰く、中間部のオペラパートは「裁きを目前に控えた、この物語の主人公(人を殺した少年)の心の中の天使と悪魔の葛藤」を歌ったものだ と・・・

当時まだガキだった自分には「?」でしたが、成長して大人になって、ようやく言わんとするコトが理解出来ました。

あの頃、色々なコトを教えてくれた、とてもとても大人だった彼女には本当に感謝しかありません。
元気かな・・・・・

ひできⅡ ★★★ (2018-02-28 16:57:42)


Against the Wind / BOB SEGER

KEISHOU様
随分と遅くなって申し訳ございません。
「ひでき」改め「ひできⅡ」です。
私の間違いを訂正していただき、申し訳ない限りです。
確かに「奔馬の如く」でございました。
大変失礼致しました。そしてありがとうございます。

ここにきて、70~80年代に活躍したロッカー達が引退、或いは天に召される事態になりました。
どうか、ボブには来日公演を是非ともやって欲しいものです!

ひできⅡ ★★★ (2018-02-27 19:26:46)


Tin Soldier / There Are But Four Small Faces / SMALL FACES
今(2018年)からちょうど半世紀前の67年末にリリースされ翌年全英9位を記録した曲。アメリカンオンリーの自分はLOU GRAMMのカバーバージョンで知ったが、このオリジナルもロックがロックらしかった時代の気迫に満ちている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-02-27 08:00:00)


Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN
私はこの曲が好きなんですが、今時のバンドはこう言う感じの曲はカバーしないですよね?

名無し ★★★ (2018-02-20 22:01:00)


Endorphinmachine / The Gold Experience / PRINCE
The Artist Formerly Known As PRINCE時代ではそういう理由でよく知られた曲。脳内麻薬だか幸福ホルモンだか知らないが彼らしいヘヴィロックだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-02-19 19:50:58)


'39 / A Night at the Opera / QUEEN
Queenでは珍しいカントリー調の曲。
あるサイトで歌詞解釈してたけど、これ宇宙へ行ったってことなのか。
アインシュタインの特殊相対性理論がらみなあたりさすがブライアン・メイ。
文系脳の自分には難しいが、そんなん抜きにしても素晴らしい!

risky ★★★ (2018-02-19 19:02:34)


Every Step of the Way / Caravanserai / SANTANA
この曲(と言うかこのアルバム)は音楽好きなら絶対に通らなくてはいけない、そんなとんでもない代物。
熱情が凄い、緩急が凄い、勢いが凄い、もうとにかく凄い。
サンタナと言えば、ギターもだが、ラテン特有のパーカッション群だ。
この曲は特にそれが際立っている。
勿論、エモーショナルなギタープレイも、絶対に聞き逃せない。

圧倒的・絶対的に素晴らしいアルバムのラストを飾るに相応しい壮大かつ凄まじい曲だ!

1573 ★★★ (2018-02-19 08:13:17)


Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS
4:15からKORG WAVESTATIONのシンセサイザーの宣伝のようなソロが堪能できまっせ!

名無し ★★ (2018-02-17 22:07:48)


Toto IV / TOTO


TOTO含め所謂産業ロックが賛否両論っていつの時代の話をしているのですか・・・

名無し (2018-02-15 22:04:41)


Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF

アルバムがでるだけでもありがたいことかも知れませんが、デビュー前の曲の焼き直しばかりで、ドニーもいないし、なんだかなあ。

ずなきち (2018-02-14 07:33:12)


Seven(Brother's) / ENUFF Z'NUFF

このアルバム、個人的にはかなり好きなんですけどね。哀愁漂うメロディがたまりません。

ずなきち ★★★ (2018-02-13 18:33:53)


Bare Trees / FLEETWOOD MAC

「Future games 」に続くボブ ウェルチ加入後の第2段。
72年作。
クリスチャン マクヴィーとボブ ウェルチが各2曲。カバー1曲。ダニー カーワンが5曲とダニー色が比較的濃いのかな。
リードボーカルは各々作者自身が取っているので、ヴァラエティ感が有りながら、二人のギタリストを中心としたサウンドは一貫しており、この時期のFleetwood Mac らしさは出ています。
それにしても、ボブ ウェルチ在籍時に限って集めようと考えて購入した作品の中の1枚ですが、ダニーも良い曲書いていますね。
なんか得した気分です🎵

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:40:59)


Spare Me a Little of Your Love / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
クリスチャン マクヴィー作。
ボーカルも彼女自身。
スティービー ニックスの様な艶とか華やかさは有りませんが、爽やかで中々魅力的な声だと思います。
と言ってもそこはイギリス人、アメリカンな爽やかさではなく、ブリティッシュなウェットな感じが有るのが良いのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:32:01)


Sentimental Lady / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
ボブ ウェルチ作。
後に彼自身の1stソロ「French kiss 」に再録されますが、こちらのバージョンの方がアレンジが素朴で曲の良さがダイレクトに伝わってきますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:27:31)


Bare Trees / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
アルバムタイトルナンバー。
おそらくアナログ時代はA面のラストナンバーという位置付けでしょう。
ダニー カーワン作でボーカルも彼自身だと思います。
ウェルチがアメリカ人なのにブリティッシュっぽく、ダニーがイギリス人なのにアメリカンっぽい声だと思うのは私だけ?
それほど爽やかなポップ感覚に溢れる曲ですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-12 16:24:10)


The Ghost / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
2曲目でボブ ウェルチ作。
勿論ボーカルもウェルチ。
Paris の1stだけ妙に力んでロバート プラント擬きのハイトーンで歌っていましたが、マック時代はソロ時代と同じく彼本来のトーンで歌っており、その飄々とした歌いぶりにこれこれって頷いちゃうんだよね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:19:22)


Child of Mine / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
アルバムオープニングナンバー。
作曲クレジットはダニー カーワン。
アッパーな感じのロックンロールですが、BPMは今のスピードメタルの半分以下(笑)
ボーカルは男の声でボブじゃないとするとダニー自身なのかな?
550円でアメリカ盤の中古品でブックレットには曲名と作者のクレジットとプロデュースがマーティン バーチって書いてあるだけでデータ少なっ❗

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:13:44)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


ストレートなロックやメタルが好きだった自分が初めて聴いたピンクフロイドのアルバムがこれ。名盤との評価に手を出した物の、プログレッシブロックのアルバムとしてはこれが初。初めて聴いた時ははっきり言って聴いてられませんでした。退屈に感じました。ですが色々な音楽に触れ、プログレにも慣れた頃にこれを聴き直した時は正直感動しました。素晴らしいアルバムです。最近はダウンロード主体でヒットシングルだけ買う人が多いと思います。ですがアルバムと言う1つの作品の素晴らしいさを感じずにいられないアルバムです。買って見て気に入らなくても手放さずにいて欲しいですね。そしていつか良さに気付いて欲しい!

名無し ★★★ (2018-02-10 22:24:56)


Number the Brave / WISHBONE ASH

バンドの創始者とも言えるマーティン・ターナーが脱退、代わりに迎えられたのが英国ロック界の貴公子ジョン・ウェットンが参加したのがコチラになります。高貴な声の持ち主として知られるジョンが、フォーキーな叙情派ロックサウンドとどのように絡むのかと思ったら、オシャレでファンキーなアメリカンロックの『Loaded 』で幕開けと、随分と肩透かしを食らうのですが、そのノリは結構な勢いで続き③曲目に収録された『Underground』で持ち直すも、オシャレなアメリカン志向のロックサウンドが多く収録されイケそうでイケない気まずい雰囲気になるのですが、だからマーティン・ターナーやめたんかぁとなりましたね。
またジョン・ウェットンよりも他のメンバーも活躍も目立ち、彼が俄然色めき立ったのが自身が提供した『That's That』くらいという仕様にバンドの迷走ぶりを感じずにはいられません。
そういう方向性や立ち位置に嫌気がさしたのか今作リリース後、早々とジョンは脱退。後任にトレバー・ボルダーが迎えられえるとは驚きました。アグレッションやハードさがウリのバンドではないので、ソフトでオシャレなロックサウンドである事に嫌悪感は抱かせないが、英国的な叙情性が薄まると求心力の低下に繋がるのは否めないかと思います。
それでも随所に拘りのプレイも持ってくる辺りには、このバンドの出自が英国である事を誇示していると思いますよ。80年代初頭のニューウェーブな波を意識した作風に時代を感じますが、それ系も気にならない守備範囲の広いロックファンなら楽しめる要素も大きいのではないでしょうか?ハードなモノを好む方にとっては、シャラシャラしたギターが活躍する大半の楽曲に怒りを覚えるでしょう。でも合間にねじ込まれる英国風味が滲み出たロックナンバーに、気分も持ち直すんですけどね。

失恋船長 ★★ (2018-02-10 18:33:52)


Splash / The Boxes

Deaf School 解散後にギタリストだったクライブ ランジャーが結成したThe Boxes の唯一のアルバム。
リリースされたのが80年ということもあり、かなりパンク&ニューウェイブっぽさもあるものの、やはり見え隠れしている洒落っ月が「アッ Deaf School 出身だな」と思わせます。
クライブはアラン ウィスタンレーと組んでMadness やElvis Costello をプロデュースして、名が売れましたが、このThe Boxes のキーボードはMadness のキーボードのマイク バーソンの弟で、人脈図的にも面白いですね。
良質のブリティッシュロックアルバムです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:42:04)


Take You down / Splash / The Boxes

性急なドラムスとそれに乗っかる安っちいキーボードのイントロから一転してちょっとダブっぽくボーカルが始まりますが、またすぐアップテンポに・・・
それを繰り返す業の妙。
間奏のクライブのギターも難しいことはやってませんが、センスの良さを感じさせます。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:32:04)


Splash / Splash / The Boxes

アナログB面1曲目でタイトルナンバー。
この曲も流石に出来は良く好きな曲です。
この曲を聴いていると、解散したDeaf School を思い出させますね。(現在は再結成して絶賛活動中)
何故なら、クライブのボーカルがDeaf School のスティーブ アレンとかなり似ているからです。気のせいかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-10 16:26:55)


Hope and Glory / Splash / The Boxes

アルバム中一番好きな曲です。
ボーカルメロディーは哀愁味タップリでギターが本職のクライブ ランジャーのボーカルは決して上手くはないのですが、味が有るんですね。
バックのサウンドはアップテンポで結構パンキッシュな感じも有ります。
la la la hope and glory hey hey hey hard luck story ~

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-10 16:21:54)


Never Wanted You / Splash / The Boxes

ちょっと不穏なイントロからとびきりポップな歌メロが飛び出してくる、でも不自然な感覚は一切無い不思議なナンバー。
キーボードのベン バーソンはMadness のマイク バーソンの弟ですが兄弟揃って素晴らしいセンスをしているなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:16:40)


Never Wanted You / Splash / The Boxes

ちょっと不穏なイントロからとびきりポップな歌メロが飛び出してくる、でも不自然な感覚は一切無い不思議なナンバー。
キーボードのベン バーソンはMadness のマイク バーソンの弟ですが兄弟揃って素晴らしいセンスをしているなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:16:08)


Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
WISHBONE ASHか否かは別として
エモーショナルかつ躍動感のあるマーヴィンの歌声に良いしてます

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:48:00)


Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
英国的叙情味満点のメロディが華麗に躍動します
オライアンことマーヴィン・スペンスの歌声もバッチリハマっていますね
透明感とハードなロックサウンドが見事に結実しています
ノリのよいグルーブはこのラインナップならではの旨味かね

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:42:53)


Illuminations / WISHBONE ASH

80年代に一旦活動を停止するも復活を果たした英国の老舗バンドが1996年にリリースしたアルバム。メンバーはアンディ・パウエルのみと言う事で、ある意味ソロアルバム的なニュアンスもありますが、彼が居ればWISHBONE ASHといっても過言ではないので問題はないでしょう。
英国風味満点、トラディショナルな響きには、あの望郷心をくすぐる哀愁美が満載。湿り気を帯びた叙情性の高いメロディを軸に、芳醇なメロディを紡ぐ二本のギター、アコギを織り交ぜ多彩なギターワークで聴き手を魅了。往年の空気を再現しつつも古臭さを一掃したサウンドプロダクションは聴きやすさを誘発。メロディ派のマニアならグッとくること間違いなしでしょう。割と長めの曲もあるのですが、難解な要素など微塵もなく、優美な叙情性と言う看板を掲げ、あくまでもムードで酔わせるスタイルをとっているので、AOR系のソフトロックなどが好きな人が聴いても満足出来るでしょうね。
ロックの持つ有機的なエモーション、彼らは熱さよりもクールさなのだが、その往年のブリティシュトラッドロックを極めたアーティスティックな面と、ソフトな歌モノ路線とのバランス感覚と巧みに保つ事で、自らも金看板を守っていますね。

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:39:23)


The Prophet's Song / A Night at the Opera / QUEEN
ボヘミアン・ラプソディーのB面は、この曲の方が良かったのではないかな?と思ったけど、シングル・レコードだと曲の長さがネックなんですよね…。

名無し ★★★ (2018-02-09 22:37:25)


Eliminator / ZZ TOP

テンガロンハットって言うの?カウボーイの帽子をかぶり、恰幅のいい体系の男がサングラスに、何十年伸ばしているのと聴きたくなる顎鬚姿が何とも言えない風貌で、インパクトも大きなモノでした。
80年代中期にハードなモノを聴くようになった思春期真っ只中のワタクシでしたが、彼らは、その当時割と日本のメディアでも取り上げられるような存在であり、来日時などはチョイとしたニュースにもなっていました。それほど、売り上げを残した作品をリリースしていたのですが、今作は彼らの名前を広く世に知れ渡る事に貢献した一枚でしょう。
勝手に思っているアメリカ南部のカウボーイ魂、そんな精神性をハードなブギーサウンドに乗せて、渋くかき鳴らしています。リリ-ス時が1983年なのですが、当時としても十分に古典的なサウンドだったろうが、シンセサイザーなどの電子音を、さらりとねじ込む事で、当時としてのモダンさを補完、その成果も手伝いAC/DC同様、変わり映えのないハードブギースタイルを確立しています。

失恋船長 ★★★ (2018-02-07 19:30:26)


Raw to the Bone / WISHBONE ASH

個人的にWISHBONE ASHの音源に初めて触れたのが今作。事前に聞かされていたイメージとは異なるサウンドではあったが、今作が他のカタログと比べると異質な方向性であった事を後に知る事になります。WISHBONE ASHと言えば、トリプルヴォーカルに、湿り気を帯びた哀愁のメロディを奏でるツインリードの調べ、英国風味満点のトラディショナルなフレージングの旨味、それらが幾重にも折り重なり美しくハモるのだが、今作には、そんな要素は皆無。
勿論、英国的なムードも満点だし、ちょいブルージーな要素もあるが湿り気という点も全然違う、またマイルドな感触と明るいポップセンスが前に出た作風に、かつての面影もない、でもこれもWISHBONE ASHという魅力には富んでおり、アンディ・パウエルを中心としたバンドサウンドの新たなる可能性を示唆している。
これも1985年と言う時代の波だったんでしょう、と理解できますが、かつての姿を知る筋金入りのファンからはすこぶる評判が悪かったと言われる一枚ではあります。ワタクシのようなライトリスナーにとっては、ポップな明るさの中にある、英国的な響きに琴線がチョコチョコと触れられる瞬間があり、質の違う湿り気を楽しんでいます。
そして最大の主役は、今アルバムを残してバンドをさる事になったオライアンこと、マーヴィン・スペンスの透明感のあるエモーショナルな歌声を堪能できる一枚として、歌モノロックを愛する方には強く勧めたい一枚ですね。
1985年と言う空気を思いっきり吸い込んだ、ポップでストレートな作風に舵を切った意欲作。バンドの活動に一旦、区切りをつける事にもなりましたが、2枚組で再発も決まった今作。丸ごとアメリカンになった分けではないので(英国的な叙情性のある曲も収録されている)、是非ともトライして欲しい一品です。

失恋船長 ★★★ (2018-02-07 19:13:38)


Thriller / MICHAEL JACKSON

名盤!このサイトでも人気のマイケルの代表作!
思うにその後にメタルを含めて洋楽を聴く人間にとって母となるアーティスト・アルバムではないかと思う。
私にとっても本格的な入口はこれかマドンナかスティングかジョージ・マイケルだったと思う。洋楽自体は映画の中だったり、CDレンタルのユーロビートかサントラの方が早いと思うが、覚えとらん。
このアルバムはまず4、5曲目を聴いてください!更に即効性が早いのは音源よりもビデオクリップを見てください!改めて聴いて気付いたことは、Thriller のサビがカッコイイということ!
アルバムの構成も当然考えられていますね。そこも注目してください。
ポップスということで先入観を持つメタラーもいると思いますが、バックはTOTOのメンバー、エディ・ヴァンヘイレン、スティーブ・ルカサー他が参加していますので、よく聴くと子供っぽさもなかったりします。その辺を意識すると通して聴けるかなと思います。
最後に、DEF LEPPARDの HYSTERIA等の歴史的名盤もそうですが、アルバム単位でお聴きすることをお勧めします。
キング・オブ・洋楽!

N.A.ROCKS ★★★ (2018-02-06 20:26:50)


The Lovemongers / The Lovemongers / FURNITURE
アルバムオープニングナンバー。
線の細いギターに安っぽいキーボード、リズムはちょっとアフリカン?
こうしたサウンドにのるジム アルヴィンのボーカルは中音域を気だるく漂っています。
これもまた、ブリティッシュロックの魅力の1つなのです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-04 11:45:42)


Love Your Shoes / The Lovemongers / FURNITURE

ジム アルヴィンのボーカルは時折、ジム モリソンを思い出させます。
偶然にも同じジムですが、モリソン程の狂気は無く、退廃的なムードと声が相似点かな?
曲は割合普通のブリティッシュポップスです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:42:01)


I Can't Crack / The Lovemongers / FURNITURE

低いサックスに単調なピアノのリフから始まるアルバムラストナンバー。
別の曲でジム モリソンを引き合いに出しましたが、もうひとつ引き合いに出したいのがXTCですな。
安っぽいのに効果的なキーボードサウンドは特に初期のXTC に共通しているんじゃないでしょうか。
(XTC は1枚も持っておらず、カセットテープにエアチェックで入れた3曲しか知らないのによく言うな、我ながら)

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-04 11:38:28)


Dancing the Hard Bargain / The Lovemongers / FURNITURE

格好良いドラムのリフから始まり、気の抜けた様なサックスが耳を捉えます。
曲タイトルの「ハードバーゲン」はダンスの種類(モンキーダンスとかバンプとかですね、例えが古いけど➡笑)らしく、だから、こんなにもドラムの目立つ曲なのかな?
途中から入る女性のボーカルがエロいです❗

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:31:58)


The Lovemongers / FURNITURE

イギリスのバンド、Furniture が86年にリリースした唯一(日本盤としては)のアルバム。
「家具」というバンド名から、こいつら絶対面白いに違いないと手を出したら、予想通り当たりでした。
ブリティッシュロックバンド特有の煮えきらないサウンドに気だるそうなボーカル。
なのに、結構バラエティに富んだ曲が収められており、時折入るサックスもセンスが良いなあと思わせます。
ビートがアフリカンな感じの曲が幾つか有りますが、ギターやキーボードの退廃的な音色とミスマッチな様で、実は上手くマッチングさせているのは何気に凄い‼
このアルバムを聴いているとトリップ感覚が味わえますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:26:27)


Seconds Out / GENESIS

プログレッシブロックのライヴアルバムとしてはこれ以上無い位完璧。
既に上の方々がおっしゃっている通り、Cinema Showでのツインドラムとバンクスのソロは凄い。
とにかくスタジオ盤よりも躍動感が感じられる。若い方々にも是非聴いてもらいたい。

GC8改 ★★★ (2018-02-04 09:39:51)


Bad Love / Journeyman / ERIC CLAPTON
やっぱりクラプトンええわ
最近よりしみる

名無し ★★★ (2018-02-02 02:51:47)


All the King's Horses / Mean Business / THE FIRM
スペーシーなKeyをフィーチュアした哀感溢れる曲調は
AOR/産業ロックに通じるものがありつつも、そこに
ポール・ロジャースのディープ・ボイスが絡みつくことで、
洗練よりも情念が勝るこのバンドならでは魅力を湛えた楽曲として昇華されます。
それより何よりこの曲の場合、ニンジャとハゲ頭にハチマキ巻いた
サムライが暴れるモノクロ時代劇風PVがまずは必見ですよ。
なぜ時代劇…やっぱり奥様が日本人だったから?

火薬バカ一代 ★★★ (2018-01-30 23:15:13)


Spirit of Love / Mean Business / THE FIRM
アルバムのラストに置かれたアップテンポのロック・チューンで
他の収録曲に比べると、この曲からは爽やかな80年代の風が
吹いて来るのを感じます。伸びやかなポール・ロジャースの歌声と、
ジミー・ペイジの軽快なGプレイに心躍らされずにはいられません。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-01-30 23:02:26)


Mean Business / THE FIRM

BAD COMPANYを解散させたポール・ロジャースと、LED ZEPPELINを解散させたジミー・ペイジのご両人が、多発性硬化症を患うロニー・レーン(元FACES)のために開催されたベネフィット・コンサートを切っ掛けに意気投合。その後立ち上げたTHE FIRMが’86年に発表した2ndアルバムにしてラスト作となったのがこちら。
ペイジが弾き、ロジャースが歌う…こいつぁ凄いことになりそうな予感!とパンパンに膨らんだファンの期待を他所に、デビュー作で提示されたのはZEP色の薄い、シンプルで飾り気のないブルーズ・ロック。バブルに浮かれる80年代真っ盛りのロック・シーンにおいては、「地味」「期待外れ」と芳しい評価を得られなかったと聞き及びますが、後追いリスナーな上に、そもそもZEPには殆ど思い入れがないボンクラゆえ(BAD COMPANYは大好きなのですが)「ポール・ロジャースの上手い歌が聴ければいいか」ぐらいの過度な期待をせずに購入したことが奏功したのか、本作も十分楽しむことが出来ましたよ。
特にメロウに揺らめくヒット・チューン③や、後半から踊り出すピアノがバドカンの名曲“RUN WITH THE PACK”を思い起こさせる④といった、ブリティッシュ・ロックならではの哀愁と、ロジャース先生絶品の歌唱が堪能できる楽曲はバッチグー。また草原を吹き抜ける一陣のそよ風の如き⑩におけるペイジ御大のGプレイも実に味わい深く美味。
音質やアレンジ面を含め、同時代のヒット作に比べると圧倒的に華のない作風ではありますが、お陰で今聴き直しても時代性を意識せずに楽しむことができるという、ある意味タイムレスな魅力を持った(?)1枚ではないかと。

火薬バカ一代 ★★ (2018-01-29 22:56:47)


First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲ではバイオリン2人、ヴィオラ、チェロ各1人ずつの計4人の弦楽隊が優雅にタルサウンドに彩を添え、その上にのるイアンの語りかける様なボーカルは心をほっこりとさせてくれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:55:01)


Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
イアンのボーカルメロディーが非常に魅力的なナンバー。
他の曲のレビューでも書いたと思いますが、彼の声は知性に溢れて、ウィットに富み、彼にしか出せないものが有るのです‼
(時にイヤらしくもなりますがね)
歌詞にフランク シナトラが出てきます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:50:16)


Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲もこのアルバムに収録されるに相応しい、なんか目出度い雰囲気の漂うナンバー。
中間部のイアンの一人多重コーラスが効果を挙げています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:45:44)


A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
「Living in the past 」に収録されていた曲(私はブートの「My God !」で初聴き)ですが、若干アレンジが違うので、新たにリレコーディングしたものと思われます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:42:25)


Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
軽快なインストナンバー。
イアンのフルートが小気味良く冴え渡ります。
イギリスの小さな子供たちがクリスマスの朝に喜んで跳ね回る姿が目に浮かびますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:38:26)


The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL

03年のクリスマス時期に合わせて発表されたアルバム。
新曲と既発曲が混じっていますが、録り直した曲もあるようです。
5曲程、レビューしましたが「Christmas song 」以外はどれも私はこのアルバムで初めて耳にする曲で、こんな上出来の曲達をさらりと企画アルバムで初披露するなんて、やっぱりタルは凄い‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:35:54)


Reptile / Starfish / THE CHURCH
この曲も比較的アップテンポではありますが、メロディーは決して陽性ではなく陰性です。
イントロや間奏後に出てくるギターメロディーが印象的で耳にこびりつきますね。
アメリカのバンドじゃこうはならないでしょう。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:28:39)


Spark / Starfish / THE CHURCH
曲のタイトル通り、スパークするような、アルバムの中では最もアッパーな感覚の曲。
作者も大半が、曲はバンド名義ですが、この曲はツインギターの片割れマーティン ウィルソン パイパーの単独作で、リードボーカルも本人が取っています。
ギルビーとは違った声で、このアッパーな曲には彼の声の方が相応しいですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:25:10)


North, South, East and West / Starfish / THE CHURCH
2本のギターで程よく分厚いサウンド(ライブだと効果抜群じゃないかな?)を作るイントロから始まる淡々としたロックンロール。
ロックンロールに淡々としたなんて形容詞は似つかわしくありませんが、この曲を聴くとそうした表現が相応しいと思ってしまうのですから仕方が有りません。
誉め言葉ですよ。
ボーカル兼任のベーシスト、スティーブン ギルビーのベースラインが何気に気持ち良いですな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:19:23)


Destination / Starfish / THE CHURCH
ギター2本で静かに始まるオープニングナンバー。
アメリカの様に陽性でなく陰性、イギリスの様に湿り気はなく乾いたサウンドなのですが、オーストラリアのバンドの特徴と言われたら、この曲等正に当てはまるのではないでしょうか。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:12:28)


No Violins / Fun in Space / ROGER TAYLOR
映画の、ドライブシーンで流れてそうな曲!

名無し ★★ (2018-01-28 16:10:32)


Starfish / THE CHURCH

オーストラリアのバンド、ザ チャーチの5枚目にして88年発表の日本デビューアルバム。
オーストラリアも大陸なので、アメリカと似ていると思い勝ちですが、寧ろ国旗の一部となっている通り、ユニオンジャックつまりイギリスのサウンドに近いものがあります。
まあ、ザ チャーチがたまたまかもしれませんが・・・
私にはそれだけで気に入る理由になるわけで。
ライナーで山田道成氏もイギリスのバンドと共通点が多いと書いてますし、ギターのマーティン ウィルソン パイパーは後にイギリスのオール アバウト イヴに加入するわけですしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:08:17)


It's Late / News of the World / QUEEN
個人的にQueenの中でいちばん好きレベル。
各パート全員の良さがでてる。美しいコーラスと、ドラマチック展開は、まさに伝説バンドQueenのそれ。
こんなにロックなのに切ない曲ある?

名無し ★★★ (2018-01-28 00:19:50)


Baby Won't You Come Out Tonight / Reminiscing / BUDDY HOLLY
バディホリーの最高傑作ロカビリーです

名無し ★★★ (2018-01-27 10:05:10)


Another Day, Another Ray of Hope / Chimera / BILL NELSON
全てのブリティッシュロックファンに聴いて欲しい隠れた名曲です‼
この屈折しまくった甘美なるメロディーを聴け❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-27 09:01:25)


Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA
昔、ラジオ(FM)でオンエアした時にエアチェックしたカセットテープで今も時々聴いてます。
Dancing queen も良いけど、こっちもね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-27 08:48:48)


Toto IV / TOTO

余りに有名な1.で始まり10.で終わる…ではその他はと言われたら殆ど記憶に無いというのが大方の本作に対するイメージではなかろうか。自分は今でも4thシングルとなった6.がベストテューンだと思っている。アナログ時代のB面に当たるロック3連発からフュージョン風味の9.に繋がる流れがイイね。
自分にとってそうだから恐らくメタラー諸兄も同様だろうと想像するのだが、TOTOは産業ロックと呼ばれるバンドの中では最も思い入れの無い、遠くにある存在かと思う。テクニックに裏付けされたクールな音像、BOSTONのTOM SCHOLZとはまた違うSTEVE LUKATHERの完璧主義とやらが邪魔をしてそうさせているような。
前年のJOURNEYに代わってTOTOが産業ロック代表に躍り出た、それだけという気がする。矢野顕子がTOTOを悪い音楽と放言したのもこの時だったかな? 賛否両論あり双手を挙げて名盤と評するには二の足を踏む作品だ。
↓1982年が記憶に無い人にはわかるまい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-24 20:16:48)


Africa / Toto IV / TOTO
歌詞でもわかるようにJEFF PORCAROとD.PAICHがアフリカンにしようと追究したのはあくまでも音、リズムだけ。確かに朝もやの草原にシマウマが群れている情景が浮かぶ、百獣の王ライオンではなくて。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-24 08:03:57)


Waiting for Your Love / Toto IV / TOTO
KIMBALL - PAICHの共作、これぞTOTOの持ち味であるジェントルなR&Bナンバー。伸びやかなVo.と跳ねるB.ラインが聴き所だ。メタラーもスルーしてはならないぞ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-01-23 08:06:03)


Don't Cry / Alpha / ASIA
大好きです!エイジアと言えばこの曲!中学生の時に転校してきた子が口ずさんでた。英語の歌をこれ見よがしに歌って嫌味な感じだったけど、今思えば、転校してきて心細かったんだね。

名無し ★★★ (2018-01-22 23:23:20)


We Made It / Toto IV / TOTO
PAICHとJEFF PORCAROの共作だけあって8ビートが心地よいハードポップ。タイトル及びサビのフレーズは"あ~あやっちまった、けどやり直せるさ"の意味らしい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-22 08:04:26)


Angel Don't Cry / Isolation / TOTO
この曲90年のライブでもハイトーン部分は女性ボーカルに歌わせるぐらい今のメンバーでは再現できない曲ですね。
ジョセフでもむりじゃないかな...

名無し ★★★ (2018-01-21 18:12:38)


Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL
イアンのフルートソロとリズムブレイクから始まる6分超えのナンバー。
その後、アコースティックギターに導かれてイアンのボーカルが入ってきます。
中盤以降はマーティンのギター、アンディのキーボードもバックを盛り上げ、かなり次々に展開していく構成なのですが、全然散漫な感じがしないのは、70年代にアルバム1枚で1曲を纏め上げていたタルならではですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:09:12)


Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL
オープニングかつアルバムタイトルナンバー。
かなり不穏な雰囲気のイントロから始まりますが、イアンのボーカルもちょっと呪文でも唱える様な感じでいつもと様子が違うかも。
発表後は良くライブでも演奏されており、05年の来日時もセトリに有った記憶があるし、「Living with the past 」アルバムでもライブバージョンが収録されています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:03:35)


Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
マーティンのギターリフが主導しているタルとしてはちょっと珍しいタイプの曲です。
スピード感はそんなに有りませんが、流石にタルのリズムセクションを担うだけあってジョナサン、ドーンのコンビも然り気無く変拍子に対応しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 15:57:41)


AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
イアンの印象的なフルートのフレーズから始まる曲。
非常に抑制の利いたサウンドでイアンのボーカルも端正な佇まいです。
アンディのキーボードが効果的にアクセントをつけていますね。
こういう懐の深い曲を作るからこそタルから目が離せないのです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-21 15:53:29)


It’s a Feeling / Toto IV / TOTO
パッと聴きSTEELY DAN? S.PORCARO作曲&Vo.のAOR…アダルトな雰囲気に、単純なようで複雑な音を出している点でもAORだ。独特のfeelingだから普遍性には乏しい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-21 08:31:22)


Good for You / Toto IV / TOTO
LUKEとBOBBYの共作による初期のHold the Line辺りを彷彿させるナンバー。普通にスローな8ビートのため単調になってしまったのが惜しい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-20 09:48:53)


The Jimi Hendrix Experience

ジミヘンの未発表曲が3月にアルバムで発売されるらしい!
しかもバンド・オブ・ジプシーズの楽曲もあるとか!
詳しい事は分からないけど、これは買わなければ!!!!!!!

1573 ★★★ (2018-01-20 05:09:12)


I Won’t Hold You Back / Toto IV / TOTO
歌詞が文字通り後ろ向きなことに目をつぶれば、LUKEの才能が花開いたAORバラード。CHICAGOがブラスならTOTOはストリングスで勝負だ?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-19 08:07:08)


Make Believe / Toto IV / TOTO
イントロのピアノ、シャッフルのリズムとサックス、Always remember…のコーラスが心地よい。同じPAICH作なら前曲より断然こっちだ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-01-18 08:08:45)


Rosanna / Toto IV / TOTO
爽やかな曲ではあるが歌メロ自体は単調で、Key.とアウトロのG.の方が聴き所。この程度の出来でグラミー、その手柄もD.PAICHが独り占めなのかなあ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-17 08:05:46)


Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

70年代後半に活躍していたDeaf School のオリジナルスタジオアルバムとしては実に39年振りのアルバム。
サックスのイアン リッチーがロジャー ウォーターズのツアーへの参加で今回のブラスセクションがセッションミュージシャンだったり、また、オリジナルのドラムスは他界しているため、ニューメンバーだったりはしますが、しかし、それ以外は、ボーカルのスティーブ アレン、ベット ブライトの男女。ギターのクライブ ランジャー、ベースのMr.アベレージことスティーブ リンゼイ、キーボードのリップルと当時のメンバーがガッチリスクラムを組んで、まるで約40年間のブランクなど無かった様に変わらぬDeaf School サウンドを奏でてくれます。
曲の出来もボートラ含めて13曲、捨て曲は見当たらず45分があっと言う間に過ぎていき、また最初から聴きたくなる素晴らしいアルバムです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 17:27:10)


Dr. Vodker / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ボートラ前の実質的なアルバムラストナンバー。
かなりアップテンポの始まりから、しっとりした曲調に変わり、そうそうやっぱりDeaf School のエンディングナンバーはこうでなくちゃと膝を打っていたら、またアップテンポに戻ったりして、そんなMadness 辺りのはちゃめちゃさに通じるところ(Madness はギターのクライブ ランジャーの秘蔵っ子だし、ベットはMadness のボーカルの奥さんだし、関係深いよね)ところもDeaf School だねと納得させられます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:16:29)


Skylon / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ベースのMr.アベレージことスティーブ リンゼイが力強いベースで曲をリードしています。
この曲はスティーブ アレンとの共作で今回単独作は無いものの次回が有れば期待したいところ。
中間部の男女のセリフのやり取りみたいな部分やちょっとだけアバンギャルドなギターが入るところなど仕掛け満載で聴いていて楽しくなりますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:09:43)


The 4th of September Street / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ピアノのイントロから始まるバラードというよりしっとりしたシャンソンっぽいナンバー。
彼等の曲は、ロンドンを舞台にした恋愛映画に似合いそうなもの、つまりサウンドトラックを思わせるものが多いですが、この2分半の小品もそんな曲ですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:03:54)


Top Man Top / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

アップテンポなナンバー。
だが、70年代の最終アルバムだった「English boys /working girls 」みたいなパンクっぽさではなくKinksっぽいというかパブロックっぽいというか、要は攻撃性は希薄だということですな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:59:57)


Tap to Snooze / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

アルバムオープニングナンバー。
スティーブ アレンとベット ブライトの男女ダブルボーカルでまずは如何にもDeaf School らしいナンバーでご挨拶。洒落っ気たっぷりな曲調は70年代から全然変わっていません‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:56:27)


Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL

93年末にリリースされたCD 2枚組でCD 1はあの「A passion play 」製作前に行ったフランスでの幻の「シャトー ディザスター セッション」を全面的にフィーチャー。CD 2は70年代半ば~90年代初めまでの様々な時期のアウトテイク集です。
どれもアウトテイクには勿体無い出来の良い曲ばかりで、如何にタルが凄いバンドなのか分かるでしょう‼
特に「シャトー ディザスター セッション」は凡百のバンドなら最高傑作レベルの曲群をそのままあっさりお蔵入りにしていたのだから、唖然とするしか有りません‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:42:11)


Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
81年とあるので、「A」のアウトテイクと思いましたが、ドラムスはジェリー コンウェイだし、エディ ジョブソンではなくピーター ヴィッテッセがキーボードでクレジットされているということは、寧ろ「Broadsword & beast」のアウトテイクか?
何となく曲調もそっちに近似性を感じます。
前半は端正な曲調ですが、途中からイアンのフルートに導かれてアップテンポになり、激しいインタープレイが繰り広げられ、また元の曲調に戻るイアンお得意のパターンで出来も非常に良いですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:33:13)


Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
CD2のオープニングナンバー。
74年とあるので「War child 」のアウトテイクと思われます。
この曲に限らず、何故こんなに出来の良い曲が没となっていたのか理解に苦しみますが、それだけ本編に入っている曲は更に良い曲だったと思い出させられますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:24:09)


Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
これも「シャトー ディザスター セッション」の中の曲ですが、これは「A passion play 」の中の一部を切り取った様な曲で、恐らく殆どが転用されたと思います。
「A passion play 」ではイアンの歌っているパートを全部フルートの演奏に置き換えており、演奏は非常にアグレッシヴです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:19:49)


Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
タイトルから「War child 」収録の「Bungle in the jungle 」絡みか?と思わせるが、特に関連は無さそうです。
「シャトー ディザスター セッション」の中の曲なのですがあの「A passion play 」との繋がりを感じさせるメロディーも全然出てきません。
当時のタル、いやイアンがどれだけクリエイティブだったのか❗空恐ろしくなります。
約、5分半のインストナンバー仕立てですが、イアンのフルートはかなりクラシカルなメロディーなのにバックのリズムセクションはかなりアグレッシヴなのが対称的なのですが、それをキチッと纏め上げているのだから、凄い‼の一言です。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:15:23)


Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL
続く2曲目も中々ハードなナンバー。
「世の中は油断ならないよ」ということをイアンらしい皮肉っぽい言い回しで歌っているようです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:03:44)


This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
4分弱のアップテンポ(タルにしては)ナンバーで、掴みはOKってところか。
タルとしては凡曲ですが、マーティンのギターソロが渋いトーンで格好良いフレーズを決めています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:01:08)


Wild Frontier / Wild Frontier / GARY MOORE
ダサくて土臭くて泣ける

名無し ★★★ (2018-01-10 03:35:32)


The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL
8分近いアルバム中で最長のナンバー。
かなり大袈裟なイントロからイアンのフルートが哀愁を帯びて壮大な叙事詩へと曲を導いていきます。
曲の内容は捕鯨禁止運動に対して疑問を呈しているようで、トピカルな内容ですが、それ故にか曲調もかなりヘヴィです。(普通にヘヴィメタルとして聴ける訳でもないですがね)

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-08 16:24:06)


Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL
「Stand up 」アルバムから続けて聴いても、何も違和感を感じずにタルワールドに浸る事が出来ます。
それだけイアンの作る曲は不変の個性と魅力を備えているわけです。
グラミー賞ヘヴィメタル部門でMetalicaを差し置いて真っ先に表彰されても「ドウモネー」っと軽く微笑みながら活動を続けている彼等が居るのです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:18:20)


We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL
Eaglesの「Hotel California 」に似ているとタルファンの間では有名なナンバー。
確かに最初のボーカルメロディー等かなり似ていますが、ブリティッシュサウンドとアメリカンウェストコーストサウンドとで全体的な印象はさほど似ておらず、Eagles にケチをつける気なんてまったく感じませんね。
それにしてもこれだけワウワウで攻めるバレも珍しいです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:11:39)


Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL
これは終始アコースティックな曲。
イアンの語りかける様なボーカルが格調高く響きます。
途中から入るバレのサイケなギターが微妙にアコースティックサウンドを壊さずにマッチングしていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:05:46)


Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL
牧歌的な味わいの有るスローテンポな曲として、始まりますが、展開部ではかなりハードになり、その2つを繰り返します。
しかし、唐突感が少しもなく、繋ぎ方が自然で素晴らしい‼
4分足らずとは思えない聴き応えのある曲です。
こうした曲作りがさらっと出来るからこそ、後にアルバム1枚で1曲なんて、プログレの大作を作成しても、全然飽きずに一気に聴かせてくれたのでしょう‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:02:51)


Chinatown / As You Were / LIAM GALLAGHER

アコースティックなナンバーでリアムの高音ボイスは爽やかでさえあります。
こういうタイプの曲は今まで余りやっていませんでしたが、彼も英国人、やはりトラッドの影響って有るのかな?
心洗われる様な曲です。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 17:10:09)


For What It’s Worth / As You Were / LIAM GALLAGHER

サイモン ジョーンズという人との共作曲。
ゆったりめのリズムで進む曲でビートルズの「White album 」辺りに入っていても良さそうな作風です。
また、オアシス時代からこうしたタイプのナンバーでのリアムのちょっと鼻にかかったような高音が実に魅力的で、これだからリアムファンを辞められないのです‼

めたる慶昭 ★★ (2017-12-31 17:06:26)


Wall of Glass / As You Were / LIAM GALLAGHER

アルバムオープニングナンバー。
正に「お帰りなさいリアム❗」と言いたくなるような王道リアム流ロックンロール。
彼の声から発せられる高揚感は今でも最強で唯一無二です。
全曲聴いてきて改めてオープニングナンバーとして最高であると納得出来ました‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 17:00:26)


As You Were / LIAM GALLAGHER

約4年振りにビーディーアイの2ndアルバムからソロになっての初アルバムの登場です。
オアシスとしてデビューして以来、常に彼の声に魅せられてきた私としては、バックの演奏がノエルだろうがゲムだろうが大した問題ではなく、ただロケンロールを歌うリアムが居さえすれば、それでOK なのです。
ソングライターとしてのリアムもオアシス時代から徐々に成長してきて、ソロとしても十分やっていける力がついたからこそ、今回ソロとしてアルバムをリリースすることを選択出来たのだと思います。
ボーカリストとしても存在感は最初から有りましたが、表現力や多彩な引き出しはオアシス初期は望むべくもなく、今だからこそ操れる様になったのです。
「Chinatown 」なんかオアシスでのリアムが歌うのは想像出来ませんでしたからね。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 16:55:52)


To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
とにかくハードにロックしています。
個人的にタル最強のリズムセクションはグラスコック&バローなのですが、この時のコーニック&バンカーも凄い‼
特にバンカーのアタックの強さはコージー パウエルにも匹敵するのではないでしょうか。バンカーは過少評価されています。
スタジオバージョンではキーボードは入っていませんがこのライブバージョンでは、ジョン エヴァンが強烈なオルガンプレイを聴かせてくれています。
テンポも速くて、基本スタジオバージョンと一緒の構成なのに1分以上早くエンディング‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:52:40)


My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
曲前のMCでニューソングとイアンが紹介しています。
この曲を最初に知ったのは、何故かアナログ海賊盤のそのタイトルも「My God !」でだったのですが、そのバージョンの印象が余りに強烈すぎて、このワイト島のバージョンだって十分すぎるほど、アグレッシブで凄い演奏なのにそれでも霞んでしまうのです。
とにかくイアンのフルートソロの自由度が比較になりません‼
これは御披露目バージョンなので控え目なのかな?と解釈するしかないですね。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:45:21)


Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL

70年はワイト島フェスティバルでの伝説のライブ‼
まだ、20代前半のイアン&マーティンにグレン コーニック、クライブ バンカーにこの時点でジョン エヴァンも加入済で、とにかく演奏がアグレッシブの一言❗
本当にそこらの今のナヨッチイメタルバンドじゃ敵いませんぜ‼
セットリストも3rd迄の曲に、スタジオバージョンは4thの「Aqualung 」収録ながらライブでは、早くから披露していた「My God !」と完璧でしょう‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:37:35)


Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL
前半のイアンの語りかける様なボーカルは、これぞ英国人のインテリジェンス❗と言いたくなるような気品に溢れています。
中盤からマーティンのエレクトリックギターがハードに曲を引っ張りますが、それでもイアンのボーカルはあくまでジェントリーでしかもバックのサウンドにフィットしているこのアレンジの妙‼
まるで、次作の「Thick as a brick 」のプロトタイプの様ですな‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:29:23)


Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL
Iron Maiden もカバーしたタル屈指のハードロックナンバー。
ドーン ペリーのドラミングはオリジナルのクライブ バンカーに負けないほどアグレッシブですが、ジョナサン ノイスのベースがボトムに撤しているだけで、ジェフリー ハモンドのプレイと比較すると物足りないと言わざるを得ません。
イアンのボーカル&フルートとマーティンのギターは冴えていると思います。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:23:10)


Aqualung Live / JETHRO TULL

05年発表のライブ盤。
元々ラジオ局絡みの企画ライブの為、オーディエンスも少ないこじんまりした会場の様で、全体的に演奏はリラックスした印象ですね。
この頃イアン&マーティンは50代後半ですが、イアンのボーカルの衰えは感じさせるものの(彼の場合80年代終盤から声は出にくくなっているらしい➡ファンサイトで管理人さんがコメントしています)フルートとギタープレイには衰えは微塵も感じさせません‼
アンディのピアノプレイにジョン エヴァンの様な華やかさが無いのだけちょっち不満かな?

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:17:30)


38 SPECIAL


完全後追い世代ですが、コメント失礼いたします。。同世代で知ってる人皆無なので、、、
素晴らしきアメリカンロック!!ギター弾きには堪らないエモーショナルなギターワークに加え、ポップさとどこか懐かしい哀愁感のある切ないメロディーが詰まってます。個人的に、NELSONがスカッと晴れた(台風一過のような)曇りけのない青空のイメージならば、38special はどこか切ない夕暮れ時のイメージです笑

名無し ★★★ (2017-12-25 04:02:19)


Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL
初期メンバーがバックを務める1stアルバムからのナンバー。
イアンが珍しくハーモニカを演奏しています。
非常にブルージーで、そうかスタート時はこんな音だったんだなあと目が遠くなります。(73年からの後追いファン歴44年の若輩者ですがね)

めたる慶昭 ★★ (2017-12-24 17:15:44)


Living With the Past / JETHRO TULL

02年発表のライブアルバム。
01年11月25日のロンドンはハマースミスアポロの音源を中心に、後は89~02年の様々な時期の音源が少しずつ使われており、1曲だけ、初期メンバーであるグレン コーニック、ミック エイブラハムス、クライブ バンカーがバックを務める曲が収められています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 17:11:41)


A Little Light Music / JETHRO TULL

92年に結成24年目にして2枚目のオフィシャルライブアルバム。
当時の会場としては、まだ珍しいと思われるトルコやイスラエルがクレジットされており、タルの全世界的な人気が窺えますね。
アコースティックツアーとライナーで紹介されていますがマーティンはしっかりエレクトリックギターを弾いていますし、ベースのペグもエレクトリックです。
また、70年前後から色々なところに顔を出している敏腕ドラマーであるデイブ マタックスがこのツアーでドラムを叩いているのも嬉しいサプライズですね。(ペグとはFairport Conventionでバンドメイト)
イアン&マーティンは当時40代半ばでキャリア十分でしたが、演奏には余裕が有り、曲によってはアレンジを大胆に変え、80分近くを全く飽きることなく聴くことが出来る好盤です‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 16:58:01)