この曲を聴け!
最近の発言
Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO (失恋船長)
Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN (1573)
Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Magic and Loss / LOU REED (名無し)
Angela / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Rockmaker / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Takin' It Back / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Girl Goodbye / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
You Are the Flower / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Manuela Run / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Georgy Porgy / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Child's Anthem / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
THE KINKS (めたる慶昭)
Rose / Rosemary Butler (失恋船長)
Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Grace / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS (めたる慶昭)
Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Money Love / Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
JETHRO TULL (めたる慶昭)
JETHRO TULL (めたる慶昭)
THE B-52'S (怒号)
Loveless Fascination / STARSHIP (失恋船長)
Astra / ASIA (名無し)
Let Your Heart Rule Your Head / Back to the Light / BRIAN MAY (名無し)
Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS (はっちゃん)
Tired Eyes / Tonight's the Night / NEIL YOUNG (名無し)
A Kind of Magic / QUEEN (名無し)
Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Bring Down the Hammer / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES (メタル慶昭)
All Over but the Cryin' / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES (メタル慶昭)
Dreamer / Crime of the Century / SUPERTRAMP (メタル慶昭)
Hide in Your Shell / Crime of the Century / SUPERTRAMP (メタル慶昭)
Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS (名無し)
Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Home / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Mountain Men / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Budapest / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Farm on the Freeway / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Steel Monkey / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Kilroy Was Here / STYX (名無し)
Equinox / STYX (名無し)
California Man / Heaven Tonight / CHEAP TRICK (名無し)
Feed the Machine / NICKELBACK (ヤングラジオ)
Now You're Gone / Slip of the Tongue / WHITESNAKE (鉄ゴリラ)
This Thing Called Love / After the War / GARY MOORE (名無し)
The Messiah Will Come Again / After the War / GARY MOORE (名無し)
Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE (名無し)
After the War / After the War / GARY MOORE (名無し)
Too Tired / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
Get Down, Make Love / News of the World / QUEEN (鉄ゴリラ)
Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN (名無し)
Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD (名無し)
And We Danced / Nervous Night / THE HOOTERS (GC8改)
Keep Yourself Alive / Queen / QUEEN (特撮X)
Caravanserai / SANTANA (1573)
There & Back / JEFF BECK (1573)
Fuck Forever / Down in Albion / BABY SHAMBLES (極太うどん野郎)
Queen II / QUEEN (名無し)
Revelation / Penguin / FLEETWOOD MAC (名無し)
Bright Fire / Penguin / FLEETWOOD MAC (名無し)
Prove Your Love / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC (名無し)
Angel / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC (名無し)
Take It Easy / Eagles / EAGLES (名無し)
More / PINK FLOYD (名無し)
Lawyers in Love / Lawyers in Love / JACKSON BROWNE (玻璃子)
Future Games / Future Games / FLEETWOOD MAC (名無し)
Lay It All Down / Future Games / FLEETWOOD MAC (名無し)
Bicycle Race / Jazz / QUEEN (名無し)
Fight From the Inside / News of the World / QUEEN (名無し)
From Genesis to Revelation / GENESIS (さっちゃん)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (名無し)
Too Precious / Dreamtime / THE STRANGLERS (名無し)
Wishbone Four / WISHBONE ASH (名無し)
Stop Crying Your Heart Out / Heathen Chemistry / OASIS (名無し)
The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN (名無し)
The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN (名無し)
Blow Away (For Bill) / Never for Ever / KATE BUSH (名無し)
The Wedding List / Never for Ever / KATE BUSH (名無し)
Angie / What Is... / RICHIE KOTZEN (名無し)
What Is... / RICHIE KOTZEN (名無し)
Metal Machine Music / LOU REED (うにぶ)
Perfect Symmetry / KEANE (うにぶ)
Out of the Blue / Rip and Tear / KAREN LAWRENCE (失恋船長)
Never Enough / Rip and Tear / KAREN LAWRENCE (失恋船長)
Who Are You / THE WHO (名無し)
Hotel California / Hotel California / EAGLES (名無し)
The Kids Are Alright / My Generation / THE WHO (快速特急)
Who Are You / THE WHO (名無し)
How Many Friends / The Who by Numbers / THE WHO (名無し)
Dreaming From the Waist / The Who by Numbers / THE WHO (名無し)
Together Alone / CROWDED HOUSE (帰ってきたクーカイ)
Don’t Dream It’s Over / Crowded House / CROWDED HOUSE (帰ってきたクーカイ)
Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Paris / PARIS (名無し)
Breathless / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Solitaire / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Starcage / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Religion / Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Paris / PARIS (帰ってきたクーカイ)
THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Loud Hailer / JEFF BECK (名無し)
The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
It’s a Feeling / Toto IV / TOTO (名無し)
Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Open Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Weight / Music From Big Pink / THE BAND (MK-OVERDRIVE)
Midnight Sun / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
True Colors / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Last to Know / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
My Life Has Been Saved / Made in Heaven / QUEEN (名無し)
Eye to Eye / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Heat Goes On / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Never in a Million Years / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Born to Be Wild / Steppenwolf / STEPPENWOLF (MK-OVERDRIVE)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
We Will Rock You / News of the World / QUEEN (名無し)
Father to Son / Queen II / QUEEN (名無し)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO

アメリカ人の女性シンガー、リサ・ネムゾが1985年にリリースした記念すべき1st。彼女のパンチの効いた歌声を中心にしたハード目のロックサウンドで勝負、70年代のHEARTあたりにも通ずる魅力はありますが、あそこまで土着的ではありません。それもそのはずで、彼女はどういう経緯でアルバムのリリースに漕ぎ着けたのか詳細は分かりませんが、ドイツのメトロノームレコードと契約を交わしヨーロッパでデビュー、今作はあのレインボースタジオでもレコーディングですからね。埃っぽさよりも耳馴染みの良いメロディが心地よく刺激を与えるハードサウンドへと進んだのも頷けます。装飾を省いたシンプルなビートを刻むリズム隊、地味だがいぶし銀のギタープレイに職人気質を感じずにはいられないし、サックスの音色もカッコいいし、キーボードの使い方もこの手の楽曲ではありがちだし生命線ともいえる要素も高いのですが、主役たる彼女の歌いっぷりが頼もしいく無理なくレコーディングされているのが嬉しいですね。
瑞々しいまでに弾けるポップセンスとロックテイストの融合、それも上手い歌があってこそでしょう。

失恋船長 ★★★ (2017-09-25 14:23:55)


Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN
たった1分半のしかもヴォーカルのみの曲(というか歌)だが、心振るわせるものがある。
さすがロバート・プラントが影響を受けたってだけあるお人だ。

1573 ★★★ (2017-09-24 18:00:40)


Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD
シンセとアコギの調和が見事な、異様な美しさを誇る傑作。しかし、このバンドはVOが誰なのかはっきりしない。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-24 05:01:14)


A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER
7分近い長尺のナンバー。
ミディアムスローテンポでアコースティカルに淡々と進んでいきますが、錆のロリーのボーカルラインが良いなあ。
こうして聴いているとトリオ時代はハードにギターを弾くのが目立つけどキーボードのルーが居る時代はそんなにハードに弾きまくらず、楽曲志向が目立ってますね。
まっ、楽曲志向と言ってもロリー節に変わり無いですがね‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:12:13)


Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER
何やら妖しげなイントロから一転していつものロリー節。
私の一番好きな「Shadow play 」に少し似ていますが、時系列でいけばこの曲が先ですよね。
こちらの方がハードロック色は薄く、ルーのピアノが有る分ブルージーなロックンロール色が濃くなっていますね。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:06:26)


Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD
昔はアルバム全体のシリアスな空気を損なっている気がして、好きじゃなかったんだけど、最近は気に入っている。
ドライな歌と粘っこいギターもいいが、シンセも良いアクセントを加えている。

ANBICION 11 ★★ (2017-09-22 19:29:28)


Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD
当時は今ほど手軽に曲をスキップできなかっただろうから、1曲目の重要性は比較にならなかったに違いない。
正に永遠の輝きを意識したような、いまだに古くないシンセアレンジ、どんどん引きずり込む超ロングギターソロ、星の数ほどのFLOYDファンの期待とプレッシャーを背負いながら放つような鮮烈でキャッチーなサビなど、ハイライト満載。
不満点はイントロのフェイドイン終了までが長すぎることくらい。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-22 19:25:19)


Wish You Were Here / PINK FLOYD

宝石のようなメロディの宝庫というより、全体が宝石のように輝いているアルバム。超絶ギタープレイは勿論、空間を鮮やかに彩るKeyの貢献度も高い。別にこのバンドのファンではない私も、リマスター盤を買い直してしまったほどの超名作。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-20 22:28:38)


Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER
ルーのピアノがロール‼ロッド デスのドラムがロール‼
ジェリー マッカボイのベースがロール‼勿論ロリーのギターと顎顎ボーカルもロールしているご機嫌なナンバー。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 22:02:44)


Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER
いきなりロリーのボーカルから入るブルージーな曲。
ピアノが多い印象のルー マーティンだがこの曲では洒落たオルガンを聴かせてくれます。
それにしてもロリーのボーカルって上手くはないけど味があるよなあ。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 21:59:35)


Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE
出世作の本作はデビッド ボウイに曲を提供されたアルバムタイトルナンバーばかりが取り沙汰されますが、ミック ラルフス作のこの曲だって最高にいかしているのさ‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:52:56)


KULA SHAKER

②Here come my demons
然り気無くアコースティカルに始まりますが、6分超えの長尺曲。
悪魔がいざというときに本来の自分を奪ってしまうのだというペシミスティックな内容に合わせて、ミステリアスでパラノイアックな雰囲気が全編に漂います。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:48:28)


KULA SHAKER

K2は登録されてないので2曲程紹介させてください。
①Infinite son
アルバムオープニングナンバー。
K2.0のアルバムタイトル通り、デビュー時のインド風味満開の曲。
ただ、20年近い時を隔てているだけに、グッと大人になって深みを増しながらもダイナミックさを失わないクーラサウンドがそこには厳然としてあります。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:43:03)


Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
非常に軽快なナンバー。
後のスティーヴィー ニックスが歌っていても、全然おかしくないポップな曲です。
しかし、こうした曲のプロデュースをあのマーティン バーチがバンドと共同名義とはいえ、手掛けているのが以外というか興味深いですな。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:34:23)


Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
アルバムオープニングナンバー。
ミディアムテンポで然り気無く始まる。
怠そうなボブ ウェルチのボーカルが心地好い。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:28:15)


Toto / TOTO

LAのTOTOといいシスコのJOURNEYといい、何故いわゆる産業ロックバンドは東海岸レーベルのCBSと契約しちゃうんだろ?という素朴な疑問。TOTOの場合はBOZ SCAGGSとの関係があるから止むを得なかったのか? しかしそうするとやはり同じウェストコースト出身のKENNY LOGGINSはどうなる?
何にしても、TOTOは本来の意味におけるAOR=Audio Oriented Rockと呼ばれる音楽を初めて世に広めたバンドである。ヒットの如何に係らず9.2.3.8.のシングル攻勢は当時未成年の自分にとって確かに"耳心地の良い"音楽だった。
本作が新人バンドにしてはかなりの売れ行きを見せ、さらに4年後"Ⅳ"が大ヒットしたことにより産業ロックのレッテルを貼られる破目になるのだが、まずはこの1stで聴かれる”大人しめのミクスチャー”ぶりをじっくり賞味しておきたい。BOSTONが実質TOM SCHOLZ & BRAD DELPの2人に対し、TOTOは腕利きのスタジオミュージシャン6人=職人集団。
共通して言えるのは、いずれも産業ロックの一言で片付けられる音楽ではないということ。矢野顕子はTOTOの音楽を悪いとハッキリ言ったが、どっこい、良い音楽だからヒットし売れた。もちろんメタルでは全然ない。それだけのことだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-17 08:26:39)


Magic and Loss / LOU REED


名盤

名無し ★★ (2017-09-16 12:49:37)


Angela / Toto / TOTO
やっぱりここは基本メタル専門サイトだから、本作を最後まで聴いた人が少ないのか? 静かなバラードで溜めに溜めてドンとハードに盛り上がるメリハリを味わってほしい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-16 08:33:16)


Rockmaker / Toto / TOTO
当時を知る者には嬉しいいかにもの70年代ウェストコーストサウンド。かと言ってEAGLESでもDOOBIEでもなく、R&Bもしくはフュージョン色が漂うのがTOTOの個性だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-15 08:30:17)


Takin' It Back / Toto / TOTO
2人の若きSTEVEのうちトンボ眼鏡PORCARO兄弟の末っ子による作品。華奢で繊細そうな外見そのままの、典型的な(日本で言う)AORバラードだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-14 08:25:34)


Girl Goodbye / Toto / TOTO
二段構えのイントロから後はノリノリのリフとキャッチーな歌メロで一気に6分が過ぎる。ところで上で言われているペッパー警部の方が2年早いし、タイトルで自分が連想したD.GATESのGoodbye Girlにしても1年早いのだが、これはこれで名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-13 08:32:22)


You Are the Flower / Toto / TOTO
爽快な中にもサイケデリックな風が吹く、フラワーチルドレン世代(?)BOBBYの作品だ。一回り年下のSTEVE LUKATHERがこれまた見事なG.でフォローしている、隠れ名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-12 08:42:11)


Manuela Run / Toto / TOTO
楽しげな歌メロにだまされるな、歌詞は結構ヤバいぞ。ドンケツの終わり方、結局撃たれて倒れたんだろうな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-11 08:20:04)


Georgy Porgy / Toto / TOTO
今ではR&Bにカテゴライズされることが多い3rdシングル。Mother Gooseからの引用を含む歌詞は?だけど割り切って聴けばお洒落な"ジョージー・ポージー"だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 08:16:14)


Child's Anthem / Toto / TOTO
典型的なニュー・アメリカン・プログレ・ハードと呼べるOPのインストテューン。Key.主体はあまり趣味でない自分でも絶賛してしまう"子供の凱歌"である。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 07:46:13)


THE KINKS

キンクスそのもののアルバムは持ってませんが(渋谷陽一のラジオのエアチェックカセットテープで3曲聴ける‼)マッドネスやデフ スクール等キンクスチルドレンなバンドは好きなんです。
還暦過ぎたら(来年迎えます)キンクスのアルバム集め始めようかな?

めたる慶昭 (2017-09-01 21:29:49)


Rose / Rosemary Butler

角川映画の迷作と誉れ高い?草刈正雄がフリーのロードレーサー役を熱演した『汚れた英雄』の主題歌やアニメの主題歌などを歌い日本でも認知度の高かった彼女が1983年にリリースした1st。AOR調の歌モノを中心とした打ち込みビートも導入したダンサンブルなロックナンバーから、ソフトロックに王道バラードあり、チョット マッテ クダサイという歌詞が飛び出す、親日ぶりをアピールするナンバーもあったりと多様性に富んだ楽曲が収録された一枚。
自身もミュージシャン稼業をとして裏表で活動を行い、トレーニングを積んだ歌声は個性不足ではありますが、力強さを損なわないキュートでパンチの効いたパフォーマンスは、歌モノロックが好きな人なら安心して身を任せる事が出来るでしょうね。個人的には③④⑤のベタな楽曲が並ぶ展開が好きです。特に⑤曲目のハードポップな『Call Of The Wild』なんて『汚れた英雄』路線で好きですよ。

失恋船長 ★★★ (2017-09-01 15:00:49)


Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS
何故気づかないんだ......?
ほんと、マジもんの名曲ですよ
ギターも泣きまくり

名無し ★★★ (2017-08-26 16:14:07)


Grace / Grace / JEFF BUCKLEY
美しさと狂気を併せ持った薔薇のような曲。グレースのPVはなぜか最後音が省略されてしまっているので、CD音源を聞くことをおすすめ

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:55:05)


Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY
天使が目を覚ましたようなイントロ。最後のシャウトは電撃が走ります。名曲

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:53:35)


Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS

私もこの曲がオープニングナンバーで大正解だと思っていますよ。

めたる慶昭 (2017-08-25 21:37:03)


Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS

 チャララン、チャララン、チャラララーン。

 これもイントロが印象的な曲。始まった瞬間にあの頃の自分を思い出すっていうか。
 「ヘイヘイー」という甲高い声がファニーといえばファニーなのかもしれないが、「味」ですね。

 冒頭に置くならもう少し勢いのある曲が良いような気もするのだが、でも『Big Towne,2061』の冒頭ということでは、この曲しかあり得ないとも思う。奇妙な説得力と(大きな)魅力があるんだよね。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:48:06)


A Day at the Races / QUEEN


なんだか全体的にあったかくて、ぎゅっとつまってる感じか大好き💕

名無し ★★★ (2017-08-21 21:42:08)


Money Love / Big Towne,2061 / PARIS

 チャララチャッチャ、チャララチャッチャ、チャララチャッチャ、ジャン!

 イントロが印象的な曲がこのバンドには多いのだが、これも冒頭で耳を持っていかれる。
 その後はチャラッ、チャラッ、チャララチャッチャと結構スピード感を持って反復され、その上に軽快なヴォーカルメロディが乗る。
 なんか似たような曲、好きなヤツでもう一曲あったなぁと思って聴いていたが、Lou Reedの「The Original Wrapper」(1986年発表の『MISTRIAL』に収録)がそうだった。ただ、ギターリフは異なっており(チャッチャッ、チャッチャッ、チャッチャッ、ッツチャララララ)テンポが似ているだけだったんだけど。これも格好良いんだよ(アルバム総体としては今一つなんだが)。

 ハードかっていうとそうでもないんだけど、ギターロックだよね。ギターが印象的っていうか、リフが良いんだよ。
 なんかノレるし、踊れそうでもある(踊らないけれど)。

 格好良いっす。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:35:43)


Big Towne,2061 / PARIS

 メタル慶昭さんに教えてもらって以来、ちょっと気の利いたCD屋に行くと探していた(絶対にネットでポチらないのは、性というか・・・)。
 ありましたね(ついでにTHE ANSWERの3rdも見つけた)。

 聴いてビックリしたのは(冷静に考えると当然あり得ることなのだが)、エアチェックして聴いていたであろう楽曲が含まれていたこと。イントロのメロディが流れてきた瞬間に、「あ。これ知っているわ。俺、好きだったわ」という曲が、確実なところで3曲(①Blue Robin、②Big Towne,2061、⑥Money Love。もしかすると④のNew Orleansもだが、自信が無い)。懐かしい事この上なく、現在絶賛愛聴中。

 1976年の発表なので、若いリスナーからすれば今聴くとおっそろしく古臭く聴こえるのかもしれない。しかし、今のバンドが持っていない大きな魅力があるんだよ。これが。なんというかキャッチーなメロディなのだが、ポップじゃないというか。いや人によっては「ポップだ」という人もいると思うのだが、ロックとして機能しているんだよ。立派に。で、色々な音楽がごった煮になっているような気配もあるんだが、クロスオーバーとかコジャレタ(洒落てねぇか。死語か)もんじゃないんだよ。まぁ、’70年代のバンドって、みんなこんな雰囲気は持っていたよね。DPもZeppも。メロディが独特なんだよね。好きなんだよこういうの。THE FIRMもそうだったんだけれど。

 そのようなわけで慶昭さんに大きな感謝の念を抱きつつ、今も背後で鳴っています。
 本当に格好良いなぁ。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:16:29)


JETHRO TULL

⬆エディ ジョブソン在籍時のライブ音源の部分で「女狩人」がプレイされているのですが、この曲はスタジオ盤(「神秘の森」)、79年共に全盛期を支えたドラマーのバリーモア バローが叩いています。
が、しかしこの時期は既に脱退しているので、普通に考えるとマーク クレイニーがプレイしているはずなのですが、これが思いの外凄い‼
緻密さでは、バローに劣りますが、パワフルでバローとは全く別のフィルインで勝負してきており、侮れません。

めたる慶昭 ★★ (2017-08-20 20:56:07)


JETHRO TULL

先日、ブートの「Gold tipped boots 」というタイトルのアルバムを購入し、1回さらっと聴きました。
8曲目までは、91年のスタジオライブで観客無しの様子。
当時の新作からアルバムタイトルナンバー「Rocks on the road 」等。9~13曲目は、80年のLAでのライブ。エディ ジョブソン在籍時で「A」からの「Black Sunday 」が聴けるのが嬉しいところ。
14~19曲目は初期のいろんな音源でデモ音源も含む。
「Hunting girl」や「Songs from the wood」が79年の公式初ライブ盤のバージョンとはまたかなり違ったアレンジで聴けるのも嬉しい‼

めたる慶昭 ★★ (2017-08-18 22:00:36)


THE B-52'S

傑作とかは無いけど不思議と好きなバンドです。

怒号 ★★★ (2017-08-17 20:23:33)


Loveless Fascination / STARSHIP

久方ぶりの2013年にリリースされた最新作。個人的には、このバンドまだ生きていたんだ程度の感想しか無かったのですが、シンガーのミッキー・トーマス以外の参加メンバーが全然スターシップしていたメンツと違い、更には曲作りやプロデュースに、演奏までと八面六臂の大活躍をするのが、あのジェフ・ピルソンとなると話は別で俄然興味が湧きましたね。国内盤リリースも無く彼らがどのような活動を続けていたかは分かりませんが、往年のスタイルとは一線を画すハードさを前に出したアメリカンロックを披露。適度に華やかで、でも泥臭い、腰に来るウネリのあるグルーブ、まさに典型的なアメリカンロックの醍醐味を伝えるものだが、丁寧に細かい芸も効いており、聴き込むほどに、こんな事やあんなフレーズを組み立て直したんだと発見もあったりして楽しい雰囲気を味わえます。
こんなもん、やりつくされた事だ、真新しさのない普遍的と言う名の標準型だと言われると、その通りなのですが、古典的な響きは聴き込むほどに味わい深さも増し、経験値の豊富さから来るツボを心得たアイデアは一日の長でしょうね。
上手い歌と軟弱にならないロックな醍醐味を味わえる歌モノHM/HRと言っても違和感のない作りは見事でしたね。ちなみに⑩はダイアン・ウォーレンがKISSに提供した曲です。

失恋船長 ★★★ (2017-08-17 16:23:36)


Astra / ASIA


青春時代に聴いて、最近改めてCDを買いなおし、繰り返し聴いています。
時代を超えてまた聴きたくなる、そういうアルバムがいくつかありますが、私にとってこれは、それ。
1や2といった代表曲以外も、味わい深くて好き。

名無し ★★ (2017-08-15 12:52:55)


Let Your Heart Rule Your Head / Back to the Light / BRIAN MAY
やっぱり、名曲「39」を思い出す、フォーキーな曲。何度か聴いていると、つい口ずさみたくなる、分かりやすい歌詞とメロディね。こういうのがアルバムに一曲入ってるのがいい。

名無し ★★ (2017-08-15 12:33:32)


Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS
狂おしいほどの恋慕の情。これは単純なラブソングではないのだ。

親友、ジョージ・ハリスンの奥方パティ・ボイドを好きになってしまったクラプトンの煩悶がストレートに歌われる
ある意味少し恥ずかしい曲。実際クラプトンは当事者パティにリリース前のこの曲を聴かせたそうだ。

ク「パティちょっとこれ聴いてくれるか」
パ「うわ、アカン!これウチの事やってみんなにバレてまうやん!!」

このままの状況を続ける訳にはいかないと思ったクラプトンは、意を決してジョージに自分の気持ちを打ち明ける。

ク「なぁジョージ、ちょっと話があんねんけど…」
ジ「なんやエリック、あらたまって」
ク「実はな、君の嫁はんのパティの事が好きになってしもたんや…」
ジ「………」
ク「何度もあきらめようとしたんや。でも、でも…やっぱ好きやねん!!悲しい色やねん!!!」

実際のところジョージの度重なるゲス不倫でパティは心身ともに疲弊しており、もはや婚姻関係は破綻していた。
そんなパティを優しく慰めてくれたのがクラプトンだった。そんなことが続くと互いに惹かれ合うのは自明の理。
親友の妻を愛してしまった事に対する自責の念を抱きながらの決死の告白にジョージは何と答えるのか。

ジ「好きにしたらええがな」

晴れて二人は夫婦となるのだが、クラプトンもまた恋多き男。ゲス不倫を繰り返した挙句に敢え無く離婚する。
不思議なのは、こんな大変な事がありながらもジョージが他界するまで二人の友情は続いていたということ。
自分にゃ到底無理な話だ。

「LAYLA」という世界中に公開されたラブレター。その情熱は確かに聴く者の胸を打つ。

はっちゃん ★★★ (2017-08-14 23:12:22)


Tired Eyes / Tonight's the Night / NEIL YOUNG
Tired eyesって歌うニールが超やるせないって感じ‼

名無し(2017-08-13 21:03:28)


A Kind of Magic / QUEEN


It's magic!!

名無し ★★★ (2017-08-01 10:21:01)


Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS
なぜ全然コメントがないのか!?不思議です。
アンソニーの声がめちゃくちゃかっこいいです!
カラオケで歌いたいけど無いんだよなぁ…。

名無し ★★★ (2017-07-23 22:09:39)


Bring Down the Hammer / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES
ジョージア節全開なロケンロール❗
ボーカルの訛り方がああサザンロックだなあと聴くものを南部の地へ連れていってくれますな。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-23 16:02:37)


All Over but the Cryin' / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES
ロケンロールだけじゃないよ❗って言いたげにちょっとスローな哀愁あるバラード。
ギターソロもかなり哭いており、彼らの音楽性の幅広さがかいま見えますね。
もっと続けて欲しかったなあ。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-23 16:00:04)


Dreamer / Crime of the Century / SUPERTRAMP
曲名通り非常にドリーミーでポップなナンバー。
リチャードのキーボードがパーカッシブに刻む中で、コーラスが効果を上げています。

メタル慶昭 (2017-07-22 15:50:43)


Hide in Your Shell / Crime of the Century / SUPERTRAMP
曲調は陽気なのですが、テンポが緩くしっとり感も有るので能天気さは無いですね。
いかにも英国的なクラシカルでウォーミーなナンバー。
リチャード デイヴィスのキーボードもとても暖かいサウンドです。
しかし、歌詞の内容は人生の厳しさを扱ったかなりシニカルなものなのがサウンドと裏腹で心憎いですね。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-22 15:48:09)


Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN
or you ain't no friend of mine
のところ、ライブだとyouをsheって言っているように聞こえるんだけど、youだとお客さんの事になっちゃうから、って事なんだろうか?

名無し ★★★ (2017-07-19 16:19:26)


Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS


売り上げはレックレスには届きませんが、1番ブライアンらしいのはこのアルバムだと思います。1番好きなのはI'm Readyですが、全曲名曲ですよ。

名無し ★★ (2017-07-15 23:22:26)


Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK
 ハードでダークな色調の曲だけだとアルバムが単調な印象となってしまうのだが、この曲のように明るめでやや軽快な曲が挿入されると、アルバムの印象がグッと違ってくる。色彩は豊かになり、より多面性が増す。

 いつも僕たちは一緒。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:49:27)


The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK
 ギターリフのリズムとドラムのリズムが絡み合って徐々に緊張感を高めていく展開が好きだ。
 冒頭のアコースティックな始まりから一転、ベースのビートが聴き手をダークでタフな世界観にグイッと引き込むあたりが上手い。格好良いと思う。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:26:58)


Home / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はイントロだけ取り上げると、この曲がアルバム冒頭にあっても良いように思う。ただ、その後の展開がどちらかというと攻撃的にいくより、ややスローテンポでドラマティックな方向に流れていくので、やはりアルバム中盤のこの位置にあるのが正解。
 今回のアルバムは個人的には捨て曲が無いのだが、収録曲の中でもこの曲を含めバラード系の曲が成功しているように思う。それぞれ曲の個性がはっきりとしているし、似たような王道パターンに堕していかず、良いメロディをいかに有効に作用させるかということに細心の注意が払われているように感じる。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:17:47)


After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK
 始まりのメロディやリズムの使い方は、(前に似たような曲があったような・・・)と思わせるのだが、サビのメロディは明るくやや翳りをみせつつ展開していく。クライマックスの「ウェイエイエイエエーイ」の部分が好きだ。
 こういうコンパクトなのだが少しばかり複雑な色遣いを見せる曲を聴くと、「このバンドは本当、職人だなぁ」と感心する。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:08:35)


Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はアルバムリリース前にYoutubeで流しているプロモーションビデオで聴いた(視た)時には、あまり良さがわからなかった。
 しかし、実際にCDで聴いてみるとなかなか良い曲だと思った。少しダークでリフが格好良い。アルバムの世界観を冒頭で表現(紹介)するのに最も適した曲である。もちろんタイトルトラックなわけだし。
 今では曲が始まるとワクワクするし、リフはゾクッとくる。ライヴの開幕にもってこいであろう。

 あまり関係のない話だが、プロモーションビデオの話の筋が今でもよく分かっていない。
 あのマスクをしたガタイの良い男性は人々を支配している悪役(親玉)っちゅうことで良いのだろうか。最初に観た時に(敵の本拠地に忍び込んだヒーローかな)と思い、いつまでたっても活躍しないでボーッと同じところで仁王立ちしている(たまに両腕を広げてみせる)だけなので、「?」と頭の上に疑問符が浮いた。
 何度か観ているうちに、(あぁ、もしかして悪役?)と思ったのだが、今でも自信が持てない。
 いや、本当に曲の評価には関係ないのでどうでも良いのだが、なんか気になって。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 05:59:55)


Mountain Men / Crest of a Knave / JETHRO TULL
マーティン バレのギターが渋くて、彼らしいトーンで彼らしいフレーズを弾いている。
それだけで嬉しくなる曲。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★ (2017-07-13 16:06:56)


Budapest / Crest of a Knave / JETHRO TULL
10分の長尺曲。
残念ながら、70年代後半の長尺曲群(「Dark ages 」「Heavy horses」「Piblock」)に比べると、クオリティは数段落ちると思わざるを得ない。
ゲストでFairport ConventionのRic Sandersがバイオリンで参加しているがあまり活かされてないし・・・

名無し(2017-07-13 16:04:34)


Farm on the Freeway / Crest of a Knave / JETHRO TULL
メタル要素は薄いですがタルっぽさがプンプン匂う彼等独特の雰囲気のナンバー。
それにしても、このアルバムでのキーボードプレイは全部イアンですが、何やっても上手いねえ。

名無し ★★ (2017-07-13 15:57:15)


Steel Monkey / Crest of a Knave / JETHRO TULL
87年に発表された3年振りのアルバムの1曲目。
いきなりデジタルっぽいイントロと打ち込みで始まり、前作の流れをより強めた感じで、おいおい勘弁してよって思わせる1曲目としては落第点ですね。

名無し(2017-07-13 15:53:49)


Kilroy Was Here / STYX


2と3が無ければ最高

名無し ★★ (2017-07-08 21:53:26)


Equinox / STYX


styxの最高傑作です

名無し ★★★ (2017-07-08 21:06:36)


California Man / Heaven Tonight / CHEAP TRICK
MOVEのカバー曲ですが本家よりカッコいい曲です。ライブでもめちゃくちゃ盛り上がった思い出があります。まさにロックンロールという曲です。

名無し ★★★ (2017-07-08 01:12:37)


Feed the Machine / NICKELBACK

前作は、実験的な要素が若干強かったので、本来の姿に戻ったと分析するのは間違いではない。
だけど、変化を恐れずチャレンジする事は、決して悪いことではない。
結局は、結果がイマイチというか、楽曲の出来自体がよくなかったのが問題であって、チャレンジそのものはむしろ僕は好意的に受け止めていた。

僕が思う最高傑作は5thであり、それ以降では「ヒア・アンド・ナウ」が一番好きであるが、大きな流れで言えば出来自体は緩やかな下降線をたどっている気がする。
彼らのやっている音楽性はごまかしが効かないし、輝かしい実績がある以上、求めるハードルはあまり下られない事情がある。
音楽性がほどんど変わらないバンドの苦しさは、楽曲の出来を常に高く保ち続けなければならない点にある。
だからこそ、その打開策がチャレンジなのである。
チャレンジしたけど結果変わらなかったのと、無意識で変わらないというのは、見た目は同じでも大きな違いがある。

前作よりはいいと思うけど、前々作やその前の作品は超えていない気がする。
何か、変化が必要である。
元々ソングライティング力はあるのだから、きっかけさえあれば何とでもなるハズである。
もったいない。

ヤングラジオ (2017-07-05 21:31:29)


Now You're Gone / Slip of the Tongue / WHITESNAKE
デイヴィッドカヴァーデイルってすごいボーカリストですね!!
聴いているとなんか泣きたくなる名曲です。

鉄ゴリラ ★★★ (2017-07-04 01:37:40)


This Thing Called Love / After the War / GARY MOORE
コージーのドラミングが冴え渡るスピーディーなナンバー。
ゲイリーのギターも格好いいリフ満載に弾きまくっています。

名無し ★★ (2017-07-02 21:29:36)


The Messiah Will Come Again / After the War / GARY MOORE
ロイ ブキャナンに捧げたカバー曲ですね。
今日、久しぶりに聴きましたが、政則の解説によると、ブキャナンってアメリカはアーカンソー出身なんですか。
あたしゃ、てっきりブリティッシュかと思ってました。
ブキャナンそのものは、聴いてませんのでね。
ゲイリーのギタープレイからはブキャナンへの敬意がしっかりと感じられますね。

名無し ★★ (2017-07-02 21:27:28)


Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE
この前の曲の「After the war 」が素晴らしすぎて霞み勝ちですが、これも良く出来た曲です。
特にボーカルメロディーが素晴らしく、ボーカルが唄い、ギターも唄うのだから無敵だよね。
唯、オジーは何処?
⬆あたしゃ聴こえないよ❗ムッチーさん。(笑)
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★ (2017-07-02 21:21:08)


After the War / After the War / GARY MOORE
超名曲ではありますが、ドラムスがチャールズ モーガンでなく、コージーが叩いていたら、神曲になっていたよなあ。

名無し (2017-07-02 21:13:47)


Too Tired / Still Got the Blues / GARY MOORE
ご機嫌なホンキートンク調、ピアノも入り、アルバート コリンズも客演しているのなら、もう聴き入るしかないね。

名無し ★★ (2017-07-02 21:10:40)


Get Down, Make Love / News of the World / QUEEN
結構クセが強い曲です。
ちなみにNine Inch Nailsがカヴァーしてたりします。

鉄ゴリラ ★★ (2017-06-28 01:53:00)


Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK
 アルバム後半(レコードで言うとB面)は個人的には⑥から始まり、徐々に盛り上がっていきこの曲あたりでクライマックスになるような気がする。あくまでも個人的な感想だけれど。
 劇的な曲調、高まっていく緊張感がたまらない一曲。ハードボイルドな刑事(探偵)ドラマか、展開に予断を許さない社会派のサスペンスドラマなんかで(歌詞の内容は全く考慮の外にして)山場に使ったら良いかと思う。
 ドラマティック。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 22:07:37)


You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN
これは名曲です。囁くようなボーカルと美しいギターソロが好きです。

名無し ★★★ (2017-06-17 21:53:10)


Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK
 NICKELBACKは非常に優れたバラードを多数持っているのだが、この曲はその中でも上位に入ると思う。
 切なく、諦観を感じさせながらも明るく展開していくサビのメロディ。涙を堪えながら笑って見せるというか。

 この歌は燃やしてしまってもいい
 煙にしてしまえ
 川に流してもいい
 ゆっくり沈むのを見る
 紙飛行機に折ってしまい
 月まで飛ばしてしまえ

 世界のために奏でても意味はない
 僕は君に歌っているんだ

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-06-17 21:53:00)


Feed the Machine / NICKELBACK

 前作はソフトというかポップな曲も交えつつ、バラエティ豊かな作風だった。
 今作はというと、一本芯が通っており硬質な感じ。一曲目のFeed the Machineがゴリッとした質感をもつ曲で、本アルバムが硬派であることを宣言している。
 とは言っても、そこはNICKELBACK。③の「Song on Fire」は久々にキタコレ。バラードの名曲。問答無用の出来だろうこれは。④はリズミカルなヴォーカルが一聴ポップな風なのだが、楽曲のトータルイメージはハードだ。アルバムの流れにアクセントをつけており、配置も絶妙と言えよう。⑤はバラード調の曲。③より少しだけヘヴィか。毛色は明らかに異なり佳曲。⑥はミッドテンポの曲でリフのグルーヴが気持ち良い。⑦は再びバラード調の曲。③・⑤よりややダーク。これまでにみるように、③以降はバラード(“調”の曲も含む)とロックしている曲を交互に配置しており、アルバムの流れについてとても気が遣われている。そしてバラード(調)の曲は、似たような曲は収録されていない。何気に凄いことだと思う。
 ⑧はダークでハード。なにか漢っぽくて格好良い。⑨は歌メロのサビの部分に哀感が滲む、どこかハードボイルドな良曲。⑩は一転始まりがアコースティックで口直し。アルバム終盤において雰囲気を変えている。明るくなりきれない切なさが後を引く。⑪は⑩の流れをしっとりと引き継ぐ、アコースティックギターのメロディが印象的なインストゥルメンタル。
 前作も悪くないと思ったけれど、作風でいうなら本作が好み。ハードとヘヴィとダークが3割増し。でも前作あってこその本作なのだろう。
 とても気に入りました。名盤。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 21:35:47)


Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD
知らなかった、こんな曲があったとは。
Travel Sequence と同じくすばらしい。

名無し ★★★ (2017-06-17 16:30:29)


And We Danced / Nervous Night / THE HOOTERS
85年全米チャート21位のスマッシュヒット。
マンドリンと鍵盤ハーモニカのイントロが印象的なナンバー。
軽快なポップロックで、懐かしさと青春を感じさせます。

GC8改 ★★★ (2017-06-17 13:15:40)


Keep Yourself Alive / Queen / QUEEN
何年か周期で訪れる、日本に於いての「QUEENブーム」がまた訪れたのかもしれない…
この曲がCMソングで流れた時は、割と冷静でいられた。大貫憲章さんは、ファーストとセカンド・アルバムの路線でキャリアを重ねていてほしかったらしい。確かにセカンドアルバムのブラックサイドや、ファースト・アルバムを聴くともう一つのQUEENを感じる事が出来る。

特撮X (2017-06-14 08:53:38)


Caravanserai / SANTANA

このアルバムだけは評価が非常に難しい…と言うか自分の浅い音楽知識・体験では出来ない。
唯一つ言える事はサンタナという人が、後世に永遠に残り続けるであろう作品をその熱情・物語性をもって生み出したのだろう…と言う事だけ。
あとは個々人が聴いて、各々自由に感じれば良いと思う。
そういう懐の深い作品。

1573 ★★★ (2017-06-13 21:43:17)


There & Back / JEFF BECK

このアルバム、実は去年までその存在にすら気づいてなかった…
で、実際に聴いてみたらこれが又何とも地味。
前2作と比べるてみても華々しさやキャッチーさは余り無い。

でも何度も聴いていくうちに嵌ってきて、仕舞いにはハイレゾまで買ってしまう始末(笑)。
楽曲に統一性があって何度聴いても面白いんだよね。
特にお気に入りはゴールデンロード!
この曲の素晴らしい哀愁感は哀しみの恋人達に決して負けていない。
他にもザ・パンプ、ユーネヴァーノウなんかも良いね。
個人的には勢いのある曲より、スロー~ミッドテンポの曲がこのアルバムのキモだと思ってる。

1573 ★★★ (2017-06-12 11:04:52)


Fuck Forever / Down in Albion / BABY SHAMBLES
なんてったって「FUCK FOREVER」ですよ。
もうタイトルだけでシビれてしまいました。
このギターの音と詩の切実さは何だ。

極太うどん野郎 ★★★ (2017-06-11 23:15:39)


Queen II / QUEEN


死ぬ前にレコードでQueenⅡを聴くのが将来の最も大きな目標です(まだ未成年なのでずっと先になることを祈りますが笑)
神以外の何者でもないと言うかそんな安直な言葉では済まされない
初めてアルバム通して聴いたときは泣きました
確かにこれは棺に入れて貰わなきゃ死んでも死にきれないよなぁ…

名無し ★★★ (2017-06-09 22:46:34)


Revelation / Penguin / FLEETWOOD MAC
これもウェルチ作のナンバー。
この曲では、彼のギターが活躍しており、Parisの様なハードさは出していないものの、非常にセンスのあるフレーズを連発してくれており、やはりピーター グリーンの後釜として加入しただけのことはあると改めて思わせてくれる。

名無し ★★ (2017-06-04 20:52:07)


Bright Fire / Penguin / FLEETWOOD MAC
ウェルチ作のドリーミーなナンバー。
後のソロ作品に繋がる雰囲気も有るが、ジョンとミックのリズム隊がウェルチのソロ作品より主張が強く、つまりマックサウンドになっている。

名無し ★★ (2017-06-04 20:47:42)


Prove Your Love / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC
クリスティンの非常にムーディーなコーラスに導かれて始まるこれ又ムードの有るナンバーだが、ボーカルがクリスティンなのでウェルチとは違う女性特有のソフティスケイトされたボーカルである。
キーボードも良い味付けになっている。

名無し ★★ (2017-06-04 20:42:27)


Angel / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC
さりげないイントロから始まり、ウェルチ独特なムードの有るナンバーで、Parisを彷彿とさせる。
只、Parisの1st程シャウトしておらず、Zeppっぽさは無い。

名無し ★★ (2017-06-04 20:36:36)


Take It Easy / Eagles / EAGLES
ホテルカリフォルニアやデスぺラードはたまに聞くから良いのであって、テイクイットイージーのような手軽さ気軽さには絶対及ばない。ピースフルイージーフィーリングが次点かな(^^)☆

名無し ★★★ (2017-06-03 23:40:37)


More / PINK FLOYD


隠れた名盤です

名無し ★★★ (2017-05-30 17:03:34)


Lawyers in Love / Lawyers in Love / JACKSON BROWNE
こちらが『路地裏の少年』(浜田省吾1976年発表のソロデビュー曲)に似ているという事を知り先日拝聴させていただきました。
確かに良い曲ですね。

玻璃子 ★★★ (2017-05-27 22:57:19)


Future Games / Future Games / FLEETWOOD MAC
8分超えの大作だが、淡々とした流れが大作を感じさせない。
イントロからドリーミーなフワフワ感満載で、プラス淡い哀愁が曲を味わい深いものにしている。
ギターのフレーズも非常にセンスが良く、いかにもブリティッシュだが、作曲者はアメリカ人のウェルチなんだよな。

名無し ★★ (2017-05-25 23:22:59)


Lay It All Down / Future Games / FLEETWOOD MAC
サウンドは古臭いが、当時としてはかなりお洒落なポップチューン。
但し、只の甘口ポップではなく、ブルージーな臭いも残しており、そこにウェルチが絶妙な味付けをした感じだ。

名無し(2017-05-25 23:17:17)


Bicycle Race / Jazz / QUEEN
終盤の黒?白?のくだりとかあの娘がやってくるとか?バイセコーはやはり二重の意味に捉えてしまいますね。
バイセコーの隠語

名無し ★★ (2017-05-22 10:03:24)


Fight From the Inside / News of the World / QUEEN
ロジャーのハスキーボイスかっこよすぎる!

名無し ★★★ (2017-05-20 13:39:19)


From Genesis to Revelation / GENESIS

40年前の頃によくきいてましたよ。
今62です。
あの頃、何もかもうまくいかず、自分の人生どうなるんだろうと心配のどん底でした。でもね、今、孫が3人です。

さっちゃん ★★★ (2017-05-17 21:02:36)


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES


今年50周年記念アルバムが出ます
50年も経っても売れるバンドは本当に偉大だと思います

名無し ★★★ (2017-05-17 20:27:25)


Too Precious / Dreamtime / THE STRANGLERS
美しいけど、寒気がするほど怖しい曲です。
幻想と妄想の中をさ迷い歩いた愚かで儚い若き日々を思い出す。
凍てつく深夜の石畳の道の上を、幻の愛を求めて瀕死の精神状態で歩き回っていた自分が、
今となってはとても愛おしく感じます。

名無し ★★★ (2017-05-16 00:59:49)


Wishbone Four / WISHBONE ASH


私は、捨て曲なしのWishbone Ashの名盤と思いますが、内容が散漫だとか言われて、評価が高くないです。どうしても「Argus」と比べられます。でもジャケットデザインは負けても、内容は負けていません。昔よく聴いた「EVERYBODY NEEDS A FRIEND」を、今聴いても感動します。5thの「There's the Rub」ともども、もっと評価が高くてもいいような、、、。

名無し ★★★ (2017-05-14 00:55:20)


Stop Crying Your Heart Out / Heathen Chemistry / OASIS
ビートルズが歌っててもおかしくない

名無し ★★★ (2017-05-12 21:53:08)


The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN
こんなん感動で泣くわ笑

名無し ★★★ (2017-05-11 21:18:12)


The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN
こんなん感動で泣くわ

名無し ★★★ (2017-05-11 21:17:37)


Blow Away (For Bill) / Never for Ever / KATE BUSH
英国の情緒が漂う美メロが心地いい。
ピアノ、ボーカルが幻想的。

名無し ★★ (2017-05-11 02:57:31)


The Wedding List / Never for Ever / KATE BUSH
後半にかけて徐々に盛り上がっていく曲の展開、
美しいメロディ、何よりも彼女の感情剥き出しの絶叫とも呼べるボーカル。
本当に素晴らしい隠れた傑作。

名無し ★★★ (2017-05-11 02:55:18)


Angie / What Is... / RICHIE KOTZEN
これは素晴らしい
幸せな気分になりますね

名無し ★★★ (2017-05-10 14:33:04)


What Is... / RICHIE KOTZEN


このアルバムもいい~
ジャケットがそうだからかもしれないけど、全体的に青く曇った(?)感じ

名無し ★★★ (2017-05-10 14:30:56)


Metal Machine Music / LOU REED

ただひたすら延々とギター・ノイズが垂れ流・・・高らかに鳴り渡るアルバムです。メロディとか曲構成とかは言うだけ野暮ってもんです。
ルー・リードは、他のソロ・アルバム何枚かと、THE VELVET UNDERGROUNDのアルバム、そしてMETALLICAと共作した『LULU』を聴いてはいましたが、それらは「退屈なんで老後に取っておきます」という感じで、渋すぎてまだ楽しめませんでした。
しかしこのアルバムは刺激的で、心地よいです。
『演奏しない軽音部と4枚のCD』(高木敦史/ハヤカワ文庫)というミステリに出てきたので知ったのですが、当たりでした。期待通り、本当にただのノイズ。
METALLICAとの共演もこの路線だったらよかったのになー。

うにぶ ★★ (2017-05-04 20:53:35)


Perfect Symmetry / KEANE

'08年発表の3rdアルバムです。ギターを使わなくもないけれど、ピアノ/キーボード主体の、イギリスのロック・バンド。
1stに一発で虜になり、2ndでサウンドの変化にちょっとギョッとしつつもメロディの美しさに蕩け、3rdの本作では「あちゃー、やってしまったな」と数回聴いて投げ出しました。
ところがもう一度だけ聴いてみようと思って手を伸ばしたら、あら不思議、彼らのマジックは全然失われていませんでした。どれだけ変化しても、やっぱり曲が抜群に良い。
1曲目のちょっと古臭いエレクトロ・ポップな音使いと軽薄なコーラスに過剰反応してしまって、変わらぬメロディの魅力をキャッチし損ねていました。パッと聴きでアルバムを評価しちゃいけませんね。
彼らの魅力は特に歌メロの美しさだと思っています。メランコリックとか、哀メロとか言うよりも、「切ない」という言葉がしっくりくる感じ。
このアルバムの音像は彼らの中でも明るい部類だと思いますが、それでも胸を締めつける切なさにあふれています。

うにぶ ★★ (2017-05-04 20:27:39)


Out of the Blue / Rip and Tear / KAREN LAWRENCE
ロックなパッショネイトが青白い炎となりチリチリと燃えています
上手い歌と演奏に支えられたプロフェッショナルな一曲
聴きやすさが丁度良い

失恋船長 ★★★ (2017-05-03 11:26:08)


Never Enough / Rip and Tear / KAREN LAWRENCE
L.A.JETSの時代とは雰囲気がチョイと違いますね
歌モノロックをしっとりと歌い上げています
上手いね
パンチが効いています
哀愁のある歌モノロックが好きな人ならイケるでしょう

失恋船長 ★★★ (2017-05-03 11:21:54)


Who Are You / THE WHO


CSI

名無し (2017-05-03 09:25:50)


Hotel California / Hotel California / EAGLES
約40年前に聴いたとき、背筋がぞっとするような感覚を感じてから毎日レコ-ドで聴いていました。60歳になった今でもしょっちゅう聴いています。ただ、以前と違ってYOU TUBEで映像を見ながらラストのドンフェルダ-とジョ-ウォルッシュのギタ-ソロが最高。

名無し ★★★ (2017-05-02 20:11:57)


The Kids Are Alright / My Generation / THE WHO
その昔キースとピートのダイナミックな掛け合いの間奏が無残にカットされたUS版しか手元にないのが悔しかった。ポップでこんなにうるさい演奏はフー意外認められないでしょう

快速特急 ★★★ (2017-05-02 14:18:54)


Who Are You / THE WHO


全盛期のキースが叩いてたらキレも良くシャープな曲調に変わってただろう。それでもアル中ヤク中で腹を出っぱらせて顔面踊らせながら必死に叩き続けるキースの姿を想像するだけでファンは嬉しいのです

名無し ★★ (2017-05-02 13:36:04)


How Many Friends / The Who by Numbers / THE WHO
キースのドラミングがたまらんねぇ

名無し ★★★ (2017-05-02 13:18:15)


Dreaming From the Waist / The Who by Numbers / THE WHO
アルバム版もいいけど、この曲はライブがサイコー!
まさにリードドラム、リードベース、リードギター。
3つのNo.1にNo.2のリードボーカル。
これぞまさにTHEザフー

名無し ★★★ (2017-05-02 13:16:01)


Together Alone / CROWDED HOUSE

 ’94年発表の4thアルバム。
 音楽の聴き始めが洋楽で、そのうちHR/HMにハマった私も、20代になったらハードやヘヴィでない音楽にも手を出すようになった。このアルバムも何となく興味を持って購入したもの。
 でも当時はやはり耳がHR/HMに聴き馴染んでいるので、威勢の良い曲から好きになっていった。4曲目の"Black & White Boy"や7曲目の"Locked Out"とか。そのうち10曲目の"Distant Sun"のような優しいメロディをもった曲も気に入り、アルバムそのものが全体的にお気に入りに。1枚のアルバムに3曲も大好きな曲を見つけることが出来れば上等ですよね。そしてそれがきっかけになり、アルバムの他の曲の良さにもじんわりと気づいていくという。

 初めて聴いた時から20年以上経つのに、未だに全てを聴き尽くしていない気にさせられる。良いメロディが詰まって、やはりどこかに翳のある名盤です。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-05-02 00:36:08)


Don’t Dream It’s Over / Crowded House / CROWDED HOUSE

 私はこのバンドを4thから聴き始め、3rd→1stという例によって変な順序で聴いていたのだが、この曲だけは「あ、この曲聴いたことあるな」と思ったのを憶えている。確か大ヒットしているはずなので、ラジオかなんかで耳にしていたのだろう。コンピレーション・アルバムに収録されているのを見たこともあるし。
 ”Dream”という単語を聴いて、長らく”夢見ることをやめちゃいけない(夢をあきらめるな)”的な曲だと思っていた。しかし、久しぶりにCDを引っ張り出して、何故か腰を据えて歌詞カードを読みながら聴いていたら(そういう気分だったんですよ)、「あれ?なんか違っていたかな?」と。


 自由があり、自由がない
 紙コップで豪雨を受けてみなよ
 戦いは進行し、その多くで負ける
 だけど君がこの道の終着点を目にすることはないだろう
 僕と一緒に旅しているうちはね

 ほら
 終わることを夢想しちゃいけない
 さあ、今
 世界はそうなってきている
 彼らは現れる
 我々を壁で分けるために
 僕達は彼らに勝利はないことを知っている

 今僕は車を引っ張っていて、そのルーフには穴が開いている
 僕は不審の念にとり付かれているけれど、根拠はないんだ
 今日の新聞は戦争の話と三文記事
 でも君はテレビ欄をめくっている

 さて、僕は再びドラム・ビートの元に歩いている
 そして君の心のドアに至るステップを数えている
 先は翳っているが、頂上はかろうじてクリアだ
 解放と救済の感覚を得るんだ

 決して彼らを勝たせちゃいけない


 この歌を男女関係の歌と解釈しても良いんだと思う。アーティストによっては多義的な歌詞を上手に書いて、「リスナーの受け止め方以上の意味はないよ」と言う人もいるし。聴き手が好きに解釈していい、というスタンスだ。
 でも注意深く聴いてみると(読んでみると)、やはりこの曲は世界の現状を憂い、それに負けないという曲だったんじゃないかな。この曲が発表された当時は、まだソヴィエト連邦が存在しアメリカと冷戦の真っ最中だった。そしてベルリンは壁で仕切られ西と東に分断されていたし。

 それで、この曲の持つ政治的(時代批判的)なステートメントは、今でも十分に有効だ。残念な事に。
 超大国同士の冷戦は形を変えて局地的な戦争とテロリズムになり、ベルリンの壁はなくなったが、色々なところで人々が見えない壁に仕切られようとしている。
 早く「“Don't Dream It's Over”って恋愛の曲だよね」という解釈が主流を占める世界になると良いのに。
 

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-05-02 00:10:11)


Paris / PARIS

>メタルけいしょうさん

 はじめまして。いつもコメントを拝見させてもらっています。
 メタルけいしょうさんが推薦されておられるのでしたら、これはゲットするしかないですね!2nd。
 有難うございます。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-29 20:21:47)


Paris / PARIS


おおっParisが言及されている❗
私は70年代にやはり渋谷陽一の「若いこだま」か「ヤングジョッキー」で2ndのアルバムタイトル曲「Big towne 2061」を聴きなんか耳に残り、元ジェスロタルのグレン コーニックがベースだったのも有り、オンエア後2~3年して、2枚のアルバムを相次いで購入しました。
勿論1stも好きですが、私は2ndの方がより好きです。
なんたって、あの名曲「Janie」が有るんで・・・
7分超えのスペーシーでプログレがかったサウンドですがウェルチのソフトなボーカルが私を桃源郷へと誘ってくれるのです。
帰って来たクーカイさん、2nd未聴でしたら聴く価値有ると思いますよ‼
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★★ (2017-04-28 23:16:27)


Breathless / Paris / PARIS

 リフが重いんだけどキャッチーという、「昔のバンドはこういう曲書いたんだよなぁ」と思わず目を細めてしまいそうになる曲。
 キャッチーなヘヴィブルーズというか奇妙な魅力にはちょっと抗し難い。う~む、と黙って聴いてしまう。
 このバンドの懐の深さを感じさせますね。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:13:07)


Solitaire / Paris / PARIS

 曲そのものはブルージーとも言えるのかもしれないのだけれど、歌メロが妙にキャッチーで後を引く曲。耳に残るんだよね。
 歌い始めのメロディが最もキャッチーで、そこでグイと聴き手の心をつかんでしまうというのはビートルズみたい。
 収録曲中最もポップなような気もするが、やはり中盤の展開はきちんとロックしていて好きだ。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:10:10)


Starcage / Paris / PARIS

 アレンジがインダストリアルっぽい一曲。あくまで「ぽい」という以上のものではないのだが、当時としては斬新だったのではないかと思うし、今聴いても時代を超越した格好良さがあると思う。
 人によっては「そうかな?」と思われるかもしれないが、私にはなんだか打ち込みっぽく聴こえる(もちろんマシンでもプログラムでもないのだと思われるが)ドラムに、ベースと音を加工したキーボードの反復メロディ(だと思うんだが)が絡み、ちょっと格好良く思える。隙間を埋めるように(あるいは楔を打ち込むように)鳴らされるギターがまたシブいし。

 ちょっと毛色の変わった名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 17:05:33)


Religion / Paris / PARIS

 なんとなくリフや唄い出しがレッド・ツェッペリンの「Black Dog」に似ている。だが、”似ているから良い”のではなく、そんなことには関係なく良い曲のように思う。
 スペーシーなアレンジがなされているが、サイケっぽいとも言えるかもしれない。ほっておくと3人で延々とジャムっていそうな雰囲気も漂ってくる終盤あたりも美味しい。
 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 16:57:46)


Paris / PARIS

 PARISはフリートウッド・マックのギタリストであったロバート・ウェルチ(G.,Vo.ボブ・ウェルチ)が元ジェスロ・タルのグレン・コーニック(B,Key)、元ナッズのトム・ムーニー(Dr)と組んだトリオバンドである。
 本作は1976年1月にリリースされたデヴューアルバム。
 バンド自体は短命で、商業的な成功からもほど遠かったらしい。本作もチャートの最高位が103位という成績だったとか。日本では渋谷陽一氏がレッド・ツェッペリンに似ているということでプッシュし、そこそこ売れたらしい。

 私がこのバンドを知ったのは’80年代前半から中頃のことで、例によってFMラジオをエアチェックしている中で出会った。やっぱり”渋谷陽一氏がどうのこうの”とアナウンスされていたか、渋谷陽一氏本人がDJをつとめた番組であった可能性もある。4(5?)曲ほど(2曲目の「Religion」、3曲目の「Starcage」、7曲目の「Solitaire」、8曲目の「Breathless」は確実に、そしてもしかすると5曲目の「Nazarene」もそうだったかもしれない)オンエアされ、それを録音して聴いていた。
 当時はまだレッド・ツェッペリンを聴いていなかったので、似ていると言われても「ふ~ん。そうなんだ」という感じであったのだが、今聴くと随分似ている曲が確かにある(2曲目の「Religion」とか)。だが、それだけがこのバンドの特長ではなく、曲は全般的にスペーシーな雰囲気を多少なりとも纏い、不思議な浮遊感を感じさせる。また曲によっては後のインダストリアル・ミュージックに通ずるようなもの(「Starcage」)もあり、当時としてはかなり斬新だ。かと思うとヘヴィブルーズ調の曲(「Breathless」)も収録されており、アルバムの内容はヴァラエティに富む。

 エアチェックのテープは度々引っ越ししているうちにどこかにいってしまったのだが、PARISの音楽はたまに思い出され、気が向くと輸入盤や中古盤でないか探していた。
 すると先日のこと、2013年に発売されていたデジタル・リマスタリングされたSHM-CD仕様の再発盤を発見した。これは嬉しかった。思いもかけない時に意外な人から突然贈り物を貰ったような気分だ。
 久しぶりに(しかも良い音で)聴くと、やっぱり良い。曲は基本ハードで、歌メロもキャッチー。ブリティッシュの匂いもプンプンするし、大好きな音である。
 再発してくれたレコード会社には感謝したい。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-04-22 16:49:57)


THE J. GEILS BAND

4月11日J. GEILS氏永眠、享年71。バンドは半世紀近くに及ぶ歴史を閉じた。
同い年のフロントマンPETER WOLFの方は健在のようだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-19 19:48:57)


Loud Hailer / JEFF BECK


この歳になってもいまだに進化を続けるとんでもない人。
別に誰も聴いたことのない音楽を新たに生み出したわけじゃないけど、またこれまでと違ったことをやってみようという意欲を、これだけキャリアを積んでもまだ持てるということに脱帽する。

ジェフの硬質なギターと対照的なねばっこいヴォーカルがいいコントラストを出してる。

インストのイメージが強いギタリストでも、ロックギターのキモをよく理解してる人のギターは歌モノにもよく合う。サトリアーニ然り、ヴィニー・ムーア然り。

名無し ★★★ (2017-04-16 20:11:40)


The Getaway / RED HOT CHILI PEPPERS


創作意欲のカタマリ、ジョンを失った穴は予想をはるかに超えて大きくて、その結果前作は超薄味になってしまい、さて本作ではどうなるか、と思っていた。しかし元々気心の知れたジョシュとともに模索した結果、どうやら次に進むべき道を見つけたような気配を感じられる作品に仕上がったように思います。

名無し ★★★ (2017-04-16 19:58:44)


It’s a Feeling / Toto IV / TOTO
改めて聞くと、超かっこいいと思うんですが。。。

名無し ★★★ (2017-04-16 14:37:51)


Alpha / ASIA

83年7月、個人的にあまり思い出したくない時期にリリースされたこともあり、1.を聴き込んだだけでオーディオラックの肥しと化していたアルバム。久しぶりに聴き通してみたら2.以降の楽曲においても全体的にポップとプログレのバランスが向上している。前作で巻き起こしたブームも一段落して良い意味で落ち着いてきた結果だろう。それはチャートのランクにも表れており、全米では前作よりダウンしたのに全英では逆に上げてきた。自分の中でASIAは残念ながら1stと本作の2作だけで終わってしまうのだが、それで十分だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-14 08:02:17)


Open Your Eyes / Alpha / ASIA
メロディは6.に似ているが、こちらは歌詞の通り前向きなバラードで好感が持てる。ただ、やっぱエンディングはマイナー調の曲ではなく4.か7.辺りを持ってきたかったね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-13 08:09:26)


The Weight / Music From Big Pink / THE BAND
歌詞がどうのと言うのなら、R.ROBERTSONが書いた曲をL.HELMがよく意味がわからないまま歌ったというのが実態。重要なのはサビのフレーズだけ、だからこそThe Weight なのである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-12 19:43:11)


Midnight Sun / Alpha / ASIA
夜中に足元を照らす太陽と言うだけで幻想的ではないか。同時に霧が晴れたような爽やかさも感じさせる、意外性に富んだ名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-12 08:07:09)


True Colors / Alpha / ASIA
個人的に3年後大ヒットしたCYNDI LAUPERの同名異曲の方が馴染み深いもので…。もちろんASIAのも悪くないけど、後ろ向きな内容だよね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-11 08:02:05)


The Last to Know / Alpha / ASIA
美しいバラードに乗せて歌われる歌詞は、彼女の浮気を責め倦ねて苦悩する男の立場だ。"時の旅人"なる邦題は曲調から勝手に付けられたものだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-10 08:11:11)


My Life Has Been Saved / Made in Heaven / QUEEN
素晴らしい曲で、いつ聞いても泣いてしまいます。ジョンの曲が大好き!

名無し ★★★ (2017-04-09 22:54:07)


Eye to Eye / Alpha / ASIA
10.と同様eye(s)が付くAメロが特徴的なハードポップテューン。こっちは"目を合わせない"という歌詞らしく何かチグハグしてるね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-09 08:02:09)


The Heat Goes On / Alpha / ASIA
Heat of the Momentの続編みたいなカッコいいタイトルだけで名曲決定! もちろん曲自体もグローバルなキャッチーさを備えたプログレハードのお手本で、マイナー調も気にならない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-08 07:55:17)


My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA
経緯は寂しいけどようやく自分の時間が持てて思い通りにやれる現在を歌う曲。忙しい人やガチメタラーには良さが分からないかも知れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-07 08:07:16)


Never in a Million Years / Alpha / ASIA
日本人好みとも言えるキャッチーな曲。GRASS ROOTSのI'd Wait A MIillion Yearsにしても、100万年を歌う曲はなぜかマイナー調メロだったりする。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-06 08:05:30)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
最強の2曲目、最強の本作2ndシングル。微笑みが消え去った瞳を前にしてこの爽やかさは何なんだ?と思いきや、変幻自在のメロディパターンが戸惑いを表現している。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-05 08:02:09)


Born to Be Wild / Steppenwolf / STEPPENWOLF
楽曲としては完全にHRであり歌詞にheavy metal まで登場する。1968年の初めに全米2位、全英でも30位まで上昇した彼ら最大のヒット曲だ。カッコいいね!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-03-31 19:52:21)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
さすがとしか言い様がない!

名無し ★★★ (2017-03-29 11:23:58)


We Will Rock You / News of the World / QUEEN
ライブ映像でこの曲を観客も巻き込んで皆で歌っているのを見ると、入れて‼って思う笑

名無し ★★★ (2017-03-27 14:12:14)


Father to Son / Queen II / QUEEN
クイーンで一二を争うくらい好き。個人的にはマーチ~より好きかな。

名無し ★★★ (2017-03-26 10:44:07)