この曲を聴け!
最近の発言
Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON (名無し)
You and I / A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Father to Son / Queen II / QUEEN (名無し)
Dogs / Animals / PINK FLOYD (ANBICION 11)
We Will Rock You / News of the World / QUEEN (ふらじゃいる)
In Her Arms / Fury / FURY (失恋船長)
Look out Now / Fury / FURY (失恋船長)
Keep on Dreamin / Fury / FURY (失恋船長)
Fury / FURY (失恋船長)
FURY (失恋船長)
Play the Game / The Game / QUEEN (ヤング兄弟)
Play the Game / The Game / QUEEN (ヤング兄弟)
JOHN ENTWISTLE (めたる慶昭)
Cryin' / Corporate America / BOSTON (名無し)
Living on My Own / The Freddie Mercury Album / FREDDIE MERCURY (名無し)
I Was Born to Love You / Made in Heaven / QUEEN (名無し)
Long, Long, Long / The Beatles / THE BEATLES (名無し)
Seaside Rendezvous / A Night at the Opera / QUEEN (ふらじゃいる)
Hot Space / QUEEN (名無し)
New Year's Day / War / U2 (名無し)
New Year's Day / War / U2 (名無し)
Time Goes Back / Shadows Collide With People / JOHN FRUSCIANTE (名無し)
Hide Your Heart / Hide Your Heart / BONNIE TYLER (正直者)
I Was Born to Love You / Mr. Bad Guy / FREDDIE MERCURY (こ~いち)
QUEEN (こ~いち)
Nevermore / Queen II / QUEEN (名無し)
Body Language / Hot Space / QUEEN (名無し)
Nevermore / Queen II / QUEEN (名無し)
Who Wants to Live Forever / A Kind of Magic / QUEEN (名無し)
The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN (名無し)
Them Heavy People / The Kick Inside / KATE BUSH (めたる慶昭)
Wuthering Heights / The Kick Inside / KATE BUSH (めたる慶昭)
The Saxophone Song / The Kick Inside / KATE BUSH (めたる慶昭)
Moving / The Kick Inside / KATE BUSH (めたる慶昭)
My Fairy King / Queen / QUEEN (名無し)
Give Peace a Chance / Shaved Fish / JOHN LENNON (MK-OVERDRIVE)
A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
PINK FLOYD (名無し)
Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Father to Son / Queen II / QUEEN (名無し)
The Long Way Round / LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
Go to Sleep / The Long Way Round / LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
Falling / The Long Way Round / LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
Heaven's in Your Eyes / The Long Way Round / LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
Emily / The Long Way Round / LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
PINK FLOYD (名無し)
Money / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Atom Heart Mother / PINK FLOYD (名無し)
QUEEN (名無し)
The It Bites Album / IT BITES (Tー Plush)
Somebody to Love / A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Back Street Symphony / THUNDER (正直者)
(We Ain't Got) Nothin' Yet / Psychedelic Lollipop / BLUES MAGOOS (正直者)
GERMAN OAK (名無し)
Take It to the Limit / One of These Nights / EAGLES (ふらじゃいる)
Father to Son / Queen II / QUEEN (名無し)
The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN (名無し)
The Seventh One / TOTO (名無し)
LOUIS ELIOT (めたる慶昭)
I Wanna Marry You / The River / BRUCE SPRINGSTEEN (ひできⅡ)
BRUCE SPRINGSTEEN (ひできⅡ)
If You Were a Woman (and I Was a Man) / Secret Dreams and Forbidden Fire / BONNIE TYLER (MK-OVERDRIVE)
Have You Ever Seen the Rain? / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER (MK-OVERDRIVE)
Time to Let You Go / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Total Eclipse of the Heart / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER (火薬バカ一代)
Faster Than the Speed of Night / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER (火薬バカ一代)
Whitesnake / WHITESNAKE (名無し)
Something for Free / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Light My Fire / The Doors / THE DOORS (名無し)
Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER (火薬バカ一代)
The Times They Are a‐Changin’ / The Times They Are A-Changin' / BOB DYLAN (MK-OVERDRIVE)
Forevermore / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
My Evil Ways / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Whipping Boy Blues / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Fare Thee Well / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Dogs in the Street / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Love & Treat Me Right / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
One of These Days / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
I Need You (Shine a Light) / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Tell Me How / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Easier Said Than Done / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Love Will Set You Free / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
All Out of Luck / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
Steal Your Heart Away / Forevermore / WHITESNAKE (失恋船長)
The Way Home / Coming Home / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Blue Island / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Any Major Dude Will Tell You / Pretzel Logic / STEELY DAN (めたる慶昭)
Black Friday / Katy Lied / STEELY DAN (めたる慶昭)
Baby Loves You / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Mother's Eyes / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Take Off / Gun / GUN(60'S) (名無し)
Race With the Devil / Gun / GUN(60'S) (名無し)
Long Way to Go / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Goodbye / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
I Want You (She's So Heavy) / Abbey Road / THE BEATLES (名無し)
The World Is a Gutter / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Dancing in the Dark / Born in the U.S.A. / BRUCE SPRINGSTEEN (ひできⅡ)
Holly Wood Ya / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Gimme Some Lovin' / The Best of the Spencer Davis Group Featuring Steve Winwood / THE SPENCER DAVIS GROUP (MK-OVERDRIVE)
Substitute / Live at Leeds / THE WHO (MK-OVERDRIVE)
In Crowd / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Strength / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Dumb Poet / IMACURETE FOOLS (めたる慶昭)
Don't Drive the Hope from My Heart / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS (めたる慶昭)
Dumb Poet / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS (めたる慶昭)
Tragic Comedy / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS (めたる慶昭)
Never Give Less Than Everything / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS (めたる慶昭)
Missing You / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
TRAIN (名無し)
Porterville / Creedence Clearwater Revival / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (MK-OVERDRIVE)
Heaven or Hell / Strength / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Finger on the Trigger / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (デルモンテ古呉)
Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Finger on the Trigger / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
I Could Never Be Without You / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Action This Day / Hot Space / QUEEN (名無し)
Kiss the Clown / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
For Now / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Nevermore / Queen II / QUEEN (名無し)
Little Indian Angel / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Midnight / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Moon Child / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
River of Tears / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Over You / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
I'm your man / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Give It Away / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
It's natural / Two Man Band / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
In the Groove / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Hot Little Summer Girl / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Fly High Michelle / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
Caravanserai / SANTANA (名無し)
She Wants More / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF (MK-OVERDRIVE)
This Song / Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON (名無し)
Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON (名無し)
Love Comes to Everyone / George Harrison / GEORGE HARRISON (名無し)
The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Come Awake / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
A Boy / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Meteors / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
I Will and I Won't / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
The Believers / Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Believers / DEACON BLUE (めたる慶昭)
Moody / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Restless / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Worry / The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Worry / LITTLE MOTHERS (名無し)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
PINK FLOYD (名無し)
One of These Days / Meddle / PINK FLOYD (名無し)
No Second Prize / Bodyswerve / JIMMY BARNES (MK-OVERDRIVE)
Too Much Ain't Enough Love / Freight Train Heart / JIMMY BARNES (MK-OVERDRIVE)
Good to Be Bad / WHITESNAKE (名無し)
Good to Be Bad / WHITESNAKE (名無し)
Sailing Ships / Slip of the Tongue / WHITESNAKE (名無し)
I Wish You Peace / One of These Nights / EAGLES (名無し)
Airplay / AIRPLAY (正直者)
(pronounced 'lĕh-'nérd 'skin-'nérd) / LYNYRD SKYNYRD (正直者)
Rock and Roll Is Dead / Circus / LENNY KRAVITZ (1573)
Are You Gonna Go My Way / Are You Gonna Go My Way / LENNY KRAVITZ (1573)
China Girl / American Fool / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP (MK-OVERDRIVE)
Master of the Universe / In Search of Space / HAWKWIND (名無し)
Cat Scratch Fever / TED NUGENT (正直者)
A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (名無し)
The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN (名無し)
What Would You Rather Bee or a Wasp / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Song for Donna / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Hurricane / Back on the Streets / GARY MOORE (1573)
Loose Talk / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Bourbon / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Double Vision / Jinx / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
See You Next Tuesday / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Eternal Mother /The Return / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Universal Man / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Good Old Days / Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
Turkey / WILD TURKEY (めたる慶昭)
A Day in the Life / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (名無し)
Magical Mystery Tour / The Greatest Hits / CHEAP TRICK (1573)
25 or 6 to 4 / Chicago (Chicago II) / CHICAGO (めたる慶昭)
Saturday in the Park / Chicago V / CHICAGO (めたる慶昭)
Down Through the Night / Space Ritual / HAWKWIND (名無し)
Freeze-Frame / Freeze-Frame / THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Come Back / Love Stinks / THE J. GEILS BAND (MK-OVERDRIVE)
Livin' for You / Walk On / BOSTON (熱い正男)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Under Wraps / JETHRO TULL (正直者)
The Broadsword and the Beast / JETHRO TULL (正直者)
Dusk / Trespass / GENESIS (名無し)
My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN (名無し)
We Will Rock You / News of the World / QUEEN (名無し)
Message in a Bottle / Reggatta de Blanc / THE POLICE (レスポールほしい)
Only Time Will Tell / Asia / ASIA (名無し)
Only Time Will Tell / Asia / ASIA (めるたリボーン)
Alpha / ASIA (名無し)
THOMPSON TWINS (名無し)
Sail Away / The Purple Album / WHITESNAKE (ひできⅡ)
The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE (名無し)
Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN (Nakagawa)
You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN (Nakagawa)
Europa (Earth's Cry, Heaven's Smile) / Amigos / SANTANA (めたる慶昭)
A / JETHRO TULL (正直者)
Stormwatch / JETHRO TULL (正直者)
With You There to Help Me / Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Nothing to Say / Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Benefit / JETHRO TULL (正直者)
Aqualung / JETHRO TULL (正直者)
The Loner / Wild Frontier / GARY MOORE (名無し)
Heavy Horses / Heavy Horses / JETHRO TULL (正直者)
Heavy Horses / JETHRO TULL (正直者)
Songs From the Wood / JETHRO TULL (正直者)
Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL (正直者)
War Child / JETHRO TULL (正直者)
A Passion Play / JETHRO TULL (正直者)
Fly on the Wall / Behind Closed Doors / THUNDER (侘びサビ)
I Need Your Love / Walk On / BOSTON (侘びサビ)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (侘びサビ)
Thick as a Brick / JETHRO TULL (正直者)
Stand Up / JETHRO TULL (正直者)
This Was / JETHRO TULL (正直者)
SLADE (名無し)
Sladest / SLADE (名無し)
Run Runaway / The Amazing Kamikaze Syndrome / SLADE (名無し)
Great White Hope / Pieces of Eight / STYX (名無し)
Blue Collar Man (Long Nights) / Pieces of Eight / STYX (名無し)
Half-Penny, Two-Penny/A.D. 1958/State Street Sadie / Paradise Theatre / STYX (名無し)
The Night Time Is the Right Time / Green River / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (MK-OVERDRIVE)
Pagan Baby / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (MK-OVERDRIVE)
Gimme! Gimme! Gimme! / Voulez-Vous / ABBA (侘びサビ)
Point of Know Return / Point of Know Return / KANSAS (名無し)
Under Pressure / Hot Space / QUEEN (名無し)
Driving By Night / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Snowblind Lovers / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
St Raphael / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Black Money / Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Downstream / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Indian Queen / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
In the Palm of Your Hand / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Rising Sun / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Epitaph Blues / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Cajun Kick / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
Thru' a 5 / MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Nevermore / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
The Fairy Feller’s Master-Stroke / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Ogre Battle / Queen II / QUEEN (はっちゃん)
Lookin’ Out My Back Door / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (めたる慶昭)
Have You Ever Seen the Rain? / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (めたる慶昭)
Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Ain't Gonna Cry / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Run to You / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
She's Only Happy When She's Dancin' / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Long Gone / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Kids Wanna Rock / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Heaven / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
It's Only Love / Reckless / BRYAN ADAMS (MK-OVERDRIVE)
Promised Land / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Fassade, 3. Satz / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Senses / Fassade / LACRIMOSA (めたる慶昭)
We Can Work It Out / 1962–1966 / THE BEATLES (回転式手動ドア)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (名無し)
Mushanga / The Seventh One / TOTO (名無し)
Yellow Cab Man / Gun / GUN(60'S) (ぬい様)
Zombie / No Need to Argue / THE CRANBERRIES (ぬい様)
Africa / Toto IV / TOTO (レスポールほしい)
最後に残ったのは私たち二人 / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
君を消せなかった / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Ich verlasse heut' Dein Herz / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Alleine zu zweit / Elodia / LACRIMOSA (めたる慶昭)
Only Love / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Ophelia / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER (めたる慶昭)
Body Language / Hot Space / QUEEN (名無し)
News of the World / QUEEN (名無し)
MEDICINE HEAD (めたる慶昭)
I'm Still Standing / Too Low for Zero / ELTON JOHN (ひできⅡ)
Slip of the Tongue / WHITESNAKE (正直者)
Whitesnake / WHITESNAKE (正直者)
Slide It In / WHITESNAKE (正直者)
Saints & Sinners / WHITESNAKE (正直者)
Come an' Get It / WHITESNAKE (正直者)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON
 こんなにもメロディーが良いのに人気ないんですか??  このアルバムでは一番好きです。
 ノリの良いベースライン、後半の歯切れの良いギターリフ、最高だと思うのですが・・(*'ω'*)

名無し ★★★ (2019-01-21 20:04:45)


You and I / A Day at the Races / QUEEN
 私的には、ベスト3に入るし、最初と最後のベースのアクセントなんか素晴らしい。
どうして ヒットしなかったのか不思議でなりません。
ただ ジョンがアコースティックギターを弾いてるとのことですが 私には聞き取れません???
 単に耳が悪いのかな??
一応 エレキギターは、少しは弾けるのですが・・・( ̄▽ ̄)

名無し ★★★ (2019-01-16 21:59:28)


Father to Son / Queen II / QUEEN
クイーンの中では、ぶっちぎりで一番好き。
40年以上前から 聞いてますが 本当に飽きない曲です。
特にメロディー、コーラス、ギター なんであれ・・全てが素晴らしい  (*'▽')

名無し ★★★ (2019-01-16 21:36:30)


Dogs / Animals / PINK FLOYD
FLOYDはあまり歌の上手下手を意識しないで聴いていたけど、この曲のDAVIDのVOには圧倒された。後半のWATERSのしょぼいVOパートとの対比も効果的。

ANBICION 11 ★★ (2019-01-16 12:41:31)


We Will Rock You / News of the World / QUEEN
初めて買ったQUEENが世界に捧ぐでした。そして、LPに針を落としてズンズンチャッといきなり脳髄と身体を鷲掴みにされてしまった、衝撃的な一曲です。

ふらじゃいる ★★★ (2019-01-13 11:24:15)


In Her Arms / Fury / FURY
初めて聴いた気がしない親しみやすさ
普遍的なメロディが胸に迫ります
兄弟のしょっぱい演技に胸が熱くなるPVも込みで聴きたくなるねぇ

失恋船長 ★★★ (2019-01-12 16:38:32)


Look out Now / Fury / FURY
哀愁のあるメロディと熱を帯びた確かな歌声
丁度いい感じのオシャレ感がまたイイ

失恋船長 ★★★ (2019-01-12 16:34:44)


Keep on Dreamin / Fury / FURY
爽快でポップでオシャレなロック
若い頃なら絶対に聴かなかったジャンル
ワシも日和ったなぁと心の底から思うが
産業ロックと言う言葉がシックリくる一曲

失恋船長 ★★ (2019-01-12 16:31:17)


Fury / FURY
ロビーとブライアンのラブランカ兄弟によるロックデュオが1985年にリリースしたデビュー作。作風としてはロックな熱さと洗練されたアーバンなセンスを塗した産業ロックと言う言葉がシックリくるサウンド。マイナーな存在故に、AOR系のロックに精通しているマニアにしか知られていないようだが、楽曲のクオリティは高く、田舎くさい兄弟のツーショットが人気に火がつかなかった要因なのかもしれないが、メロディを愛するロックファンなら手にとって損はしない名盤です。
③曲目に収録されたバラードの『In Her Arms』なんて、大衆性と繊細かつリリカルな調べは日本人好みと言える一品であり、このあたりの良品をフォローしていない日本のメディアには張本さんバリの喝っと言いたいですね。こんな優れたサウンドを、今もって放置プレイとは、残念を通り越し無念としか言いようがありません。
2007年にRetrospect RecordsからCD化もされた一品です、爽快感とロックの熱さを持つ洗練されたサウンドが好みの方は間違いなく手にとって損はしないでしょう。便宜上、洋楽ロック/ブルースに登録したが、ブルース臭は幾度ない。項目分けは難しいなぁ。

失恋船長 ★★★ (2019-01-12 16:24:32)


FURY

Robbie LeBlancとBrian LeBlanc兄弟によるロックデュオ。アルバム一枚で消えたがユニット。2005年にFrontiers RecordsからBlanc Faces名義でアルバムをリリースする実力派。

失恋船長 (2019-01-12 16:12:56)


Play the Game / The Game / QUEEN
このアルバムの実質的に表題曲でジャケットは革ジャンでビシッと決めた4人なので、聴く前はてっきりクールなハードなロックナンバーかと思ってたらこんなに優しい曲だったのでかなりビックリした記憶があります。
この曲はフレディのボーカルの美しさに尽きると思います。

ヤング兄弟 ★★ (2019-01-12 14:41:32)


Play the Game / The Game / QUEEN
このアルバムの実質的に表題曲でジャケットは革ジャンでビシッと決めた4人なので、聴く前はてっきりクールなハードなロックナンバーかと思ってたらこんなに優しい曲だったのでかなりビックリした記憶があります。
この曲はフレディのボーカルの美しさに尽きると思います。

ヤング兄弟 ★★ (2019-01-12 14:08:17)


JOHN ENTWISTLE

80年代に数年前(80年代初頭)リリースの「Too late the hero 」アルバムをアナログ中古で購入。
流石、The Who であの破天荒なドラマー キース ムーンとリズムセクションを組んでいただけあってかなりのテクニシャンですな。
アルバム感想、曲感想は後程。

めたる慶昭 ★★ (2019-01-11 23:34:11)


Cryin' / Corporate America / BOSTON
ギターで始まり徐々に盛り上がりを見せた後は
いつものボストン節で味付け
いい曲です

名無し (2019-01-10 22:32:46)


Living on My Own / The Freddie Mercury Album / FREDDIE MERCURY
こんな素晴らしい曲があったとは知りませんでした‼︎
PVも楽しい!
歌詞はフレディの本心だと思いますが、皆と同じ事を考えていたのですね。
あのパーティーは虚しくなかったのか。
宇多田ヒカルがライブでカバーしてます。

名無し ★★★ (2019-01-09 21:22:40)


I Was Born to Love You / Made in Heaven / QUEEN
ヘヘヘィ~素敵です。素晴らしいとしか言いようがない曲!フレディーが一番セクシーな時期!

名無し ★★★ (2019-01-04 19:57:53)


Long, Long, Long / The Beatles / THE BEATLES
お前らこの曲に評価なしとは…
静かすぎる、だがそれがいい!
盛り上がりきれてない、だがそれがいい!
寝ちゃう、だがそれがいい!(よくない)
ジョージ特有の気だるさが表に出ている曲。

名無し ★★★ (2019-01-03 19:27:15)


Seaside Rendezvous / A Night at the Opera / QUEEN
他のロックグループだったら、アルバム制作で選曲されないし、ましてやメンバーも作らないでしょう。持ってった所で白い目で見られる。QUEENだからこそ選曲された曲だと思います。好きです。

ふらじゃいる ★★ (2019-01-01 19:21:06)


Hot Space / QUEEN


HM/HRこれを聴けという趣旨なら、全くもって論外ですが、後追い的にはこれはこれで味わい深し。

名無し ★★ (2018-12-30 07:10:13)


New Year's Day / War / U2
毎年聴いてます
ご利益あるかな〜笑

名無し (2018-12-29 00:12:26)


New Year's Day / War / U2
毎年聴いてます
ご利益あるかな〜笑

名無し (2018-12-29 00:12:26)


Time Goes Back / Shadows Collide With People / JOHN FRUSCIANTE
良いに決まってる

名無し ★★★ (2018-12-28 16:14:36)


Hide Your Heart / Hide Your Heart / BONNIE TYLER
ポール・スタンレーがデスモンド・チャイルドとホーリー・ナイトの3人でKISSのアルバム「Crazy Night」の為に書き下ろしたが、レコード会社がポップすぎるといって収録を拒否(ここの真偽は怪しい)
ボニー・タイラーのアルバムのプロデュースを担当していたデスモンド・チャイルドが「ねぇポール、ボツになったさぁ、あの曲を使ってもいいの?」と言ってリサイクル。
同年に発売されたエース・フレイリーのソロにも収録されKISSフリークは話題騒然となった。

正直者 ★★★ (2018-12-23 22:04:21)


I Was Born to Love You / Mr. Bad Guy / FREDDIE MERCURY
イントロ部はこちらのオリジナルver.のほうが好きだね。

こ~いち ★★ (2018-12-22 22:53:37)


QUEEN

先日、忘年会のカラオケでThe Show Must Go onを歌った。「本人映像」と書かれていたが、モニターに流れたのは映画「ボヘミアン・ラプソディ」の映像。宣伝じゃねーか。

こ~いち (2018-12-22 22:34:35)


Nevermore / Queen II / QUEEN
胸が締め付けられて、涙がこぼれそう、

名無し (2018-12-22 17:58:06)


Body Language / Hot Space / QUEEN
後半にある
sexybody sexybody sexybody!
あー❗おわっちゃった❗
がおもしろい曲ね(しかも噛み合ってるし)
ただ、エロいけどね

名無し ★★★ (2018-12-20 20:55:22)


Nevermore / Queen II / QUEEN
映画ボヘミアン ・ラプソディを観た翌日、
劇中では一度も登場しないこの曲が
なぜか頭の中をエンドレスで流れ続けて止まらなかった。
涙も止まらなくて困った。
Freddie, we miss you.

名無し ★★★ (2018-12-19 22:32:45)


Atom Heart Mother: a) Father’s Shout / b) Breast Milky / c) Mother Fore / d) Funky Dung / e) Mind Your Throats Please / f) Remergence / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
ブートで聴いていると、16分位で終わるのが私個人は好きですが、現代音楽家が手を入れたと思われる箇所が、所々光る。
コーラスの部分やストリングスだけでなく、吹奏楽の部分等は、ブログレと言う分野の域を越えているのではないでしょうか。

名無し (2018-12-19 20:51:49)


Who Wants to Live Forever / A Kind of Magic / QUEEN
映画で泣いたわ

名無し ★★★ (2018-12-19 16:16:45)


The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN
フレディの魂・・・叫びが垣間見える曲。

QUEENで一番心に刺さる曲だと思います。



ありがとう。フレディ!

名無し ★★★ (2018-12-18 22:10:16)


Them Heavy People / The Kick Inside / KATE BUSH
イントロ無しに「ローリン ザ ボール」という必殺のフレーズから入る「Kite 」と並ぶポップなケイトを代表する曲。
彼女の唯一無二の声が最も活きた曲じゃないかな?
軽やかな彼女の声に乗ってどこまでも行きたいなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-12-17 06:50:30)


Wuthering Heights / The Kick Inside / KATE BUSH
ピアノのイントロからして如何にも母国イギリスのエミリーブロンテの古典的名作「嵐が丘」の舞台が目に浮かぶ様な曲で、如何にもイギリスな情景です。
文学の作品を題材に取るのは珍しくなくても、ここまで有名な作品を音楽で表現したのは凄いの一言‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-12-17 06:46:07)


The Saxophone Song / The Kick Inside / KATE BUSH
サックスの魅力を現したいが為に書いたと言われる曲。
さすがケイト、デビューアルバムにしてプロデューサー、アレンジャーとしての音楽の総合的な才能の片鱗を早くも見せてくれています。
アラン スキッドモアのサックスが実に良く曲にマッチしています。

めたる慶昭 ★★ (2018-12-17 06:40:19)


Moving / The Kick Inside / KATE BUSH
アルバムオープニングナンバー。
この曲からケイトの世界が始まります。
19才のケイトのコケティッシュな魅力全開の曲で幕を開けるこのアルバムが不朽の名作であることを確信させるに相応しい❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-12-17 06:35:25)


My Fairy King / Queen / QUEEN
私はこの曲を聴くと何故か涙が流れます
美しさに打たれて、というのが一番近いかな

名無し ★★★ (2018-12-08 16:46:50)


Give Peace a Chance / Shaved Fish / JOHN LENNON
ラップ交じり?で訴える"平和を我等に"。半世紀も前のムーヴメントが生かされていない今の世が虚しい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-12-08 10:53:13)


A Night at the Opera / QUEEN


予言者の歌は大学時代聴きまくってました。
仲間集めてコーラスで歌うのが夢でしたね~
これを学祭でやれば圧巻のパフォーマンスになると思います。今でも

名無し ★★★ (2018-12-07 22:51:54)


PINK FLOYD


コピーバンドの原始神母の映像を見ていると、ボーカルがイケメンと言うだけで、本家Pink Floydとの違いを痛感させられた。

名無し (2018-12-02 20:13:46)


Bohemian Rhapsody / A Night at the Opera / QUEEN
映画最高でした!世界一の名曲だと思います!
今後もQueenの曲が後世に伝えられていくといいな・・
自分は最初のママーのところが特に好きです

名無し ★★★ (2018-12-02 16:50:43)


Father to Son / Queen II / QUEEN
その昔、1974年に早速レコードを買いこの曲を聴いて大変感動したのを覚えています。

名無し ★★ (2018-12-01 01:05:11)


The Long Way Round / LOUIS ELIOT

Kinky Machine でデビューし、Realtoでも活動していたルイス エリオットのソロアルバム。
2曲bonus track for Japan が入っているのにライナーが無い。
何でやねん😢

めたる慶昭 ★★ (2018-11-30 23:51:13)


Go to Sleep / The Long Way Round / LOUIS ELIOT

アルバムラストナンバー。
タイトル通り、子守唄なのか、ほとんどチープにギターとボーカルのみでボーカルは少し霞がかった感じで、非常に穏やかな曲です。

めたる慶昭 (2018-11-30 23:47:39)


Falling / The Long Way Round / LOUIS ELIOT

アコギから始まる曲ですが、Los Lobos とはサウンドの感触が全然違います‼
アメリカンロックとブリティッシュロックってこれだけ違いを感じるんだなあ。
洋楽ロックの素人が聴くと似たように聴こえるのかな?
ブルースハーブが良いアクセントを付けていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-11-30 23:42:14)


Heaven's in Your Eyes / The Long Way Round / LOUIS ELIOT

アコギに遠くで鳴るパーカッションがやけに気になる曲です。
ルイスのボーカルはKinky Machine でデビューした頃は青臭さも有りましたが、本アルバム発表時点で10年以上のキャリアを重ねており、成熟したですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-11-30 23:38:13)


Emily / The Long Way Round / LOUIS ELIOT

いきなりエレピと一緒にルイスのボーカルが入る曲。
Kinky Machine でデビューした頃は、その名の通りKinks children な感じがしましたが、これはBeatles children って感じじゃないですか。
何れにしても何処を取ってもブリティッシュロックサウンドです😆

めたる慶昭 ★★ (2018-11-30 23:33:55)


PINK FLOYD


プログレッシブ・ロック、と言う括りでピンクフロイドを語ろうとすると、他のプログレバンドとは立ち位置が違い過ぎて、
語れない特殊なバンド。
現在アルバムを聴く以外に、解説本も読んでいます。

名無し (2018-11-29 21:20:45)


Money / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
ギルモアのブルージーなフレーズを理解すると、良さが判り、曲も中毒性を持っているので、何回も聴きたくなる。

名無し(2018-11-29 21:15:01)


Atom Heart Mother / PINK FLOYD


LPアルバムA面で1曲のタイトル曲、「原子心母」は確かに素晴らしいが、B面は少し弱い印象がありました。
ピンクフロイドのファンの方達がB面の楽曲について、どの様な感想を持っているのか知りたいです。

名無し (2018-11-29 21:08:05)


QUEEN


初めまして。先日、神の啓示?を受けて
「ボヘミアン・ラプソディー」を見て参りました。

フレディに完璧にノックアウト。
クラシック道でしたが、これから
「QUEEN」道を精進したいと思います!。

名無し ★★★ (2018-11-28 22:00:40)


The It Bites Album / IT BITES

3曲目のBullet in the barrel目的で購入したが
アルバム1枚通して聴いたら驚いた…
皆さんの語ってるとおり企画モノではなく
1枚のアルバムとして選曲から曲順まで完璧な名盤!!

Tー Plush ★★★ (2018-11-28 20:26:27)


Somebody to Love / A Day at the Races / QUEEN
わしゃコケた~

名無し ★★★ (2018-11-26 23:34:36)


Back Street Symphony / THUNDER

ハート・ウォーミングなメロディーが心地よく鳴り響く楽曲は、どこかで聴いた気がする展開なのに、何故かほっこりとさせ、気がつけば身体が勝手にスイング、伝統的オールド・スタイルを自然体で披露しているから、気負わずに楽しめるってカラクリがなんとも魅力だ。ルーク・モーリーのフェザーをきかしたギターのあと、ダニー・ボウズの歌が入ってきた瞬間に、何故かウルッとくるんだよねぇ。
このアルバムの成功は、モンスターオブロックのオープニングを務めた事で証明された。

正直者 ★★★ (2018-11-25 12:34:32)


(We Ain't Got) Nothin' Yet / Psychedelic Lollipop / BLUES MAGOOS
デビューアルバムの一曲目がこれでシングルもこれ。ビルボートチャート5位にランクインのヒット。
日本でも恋する青春という邦題で知られている。
ある程度、知識のある人は、この曲で使われるオルガンリフはディープ・パープルのBlack Nightに転用されている。
でもこのリフは、リッキー・ネルソンが1962年にリリースしたAlbum Seven By Rickの一曲目に流れるSummertimeのリフに酷似していることで有名。元ネタはここが起源だろうね。

正直者 ★★★ (2018-11-22 23:13:33)


GERMAN OAK


ジャーマンオークといえば、伝説のプロレスラー ハンス・シュタインケ。

名無し (2018-11-21 10:46:45)


Take It to the Limit / One of These Nights / EAGLES
この曲の真のヴォーカリストはRANDY MEISNERだ!!

ふらじゃいる ★★★ (2018-11-21 00:22:25)


Father to Son / Queen II / QUEEN
この曲を何回も何回も繰り返し聴いていました。43年も前になるんだ。これぞ英国、って今でも感動する一番好きな曲。

名無し ★★★ (2018-11-20 15:14:22)


The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN
普通死の間際にいる人間がこんな凄まじい歌は歌えない
フレディは本当にこの曲そのものになったのではないか

名無し ★★★ (2018-11-16 15:01:08)


The Seventh One / TOTO


本当に素晴らしくて大好きなアルバムなのですがただ一点だけ…音が小さいんだよぉぉぉ…音量上げんと車内で聞こえない

名無し ★★★ (2018-11-15 21:47:45)


LOUIS ELIOT

元Kinky Machine ,Realtのルイス エリオットのソロ活動です。

めたる慶昭 (2018-11-14 21:37:07)


I Wanna Marry You / The River / BRUCE SPRINGSTEEN
ともすれば、男臭さが代名詞になりそうなボスが見せる、とてもロマンティックで甘酸っぱいナンバー。
これ、詩を理解して聴いたら、多分泣かない人はいないんじゃないかな~

不器用な男の、一世一代の想いが伝わる、素晴らしいバラードです。

ひできⅡ ★★★ (2018-11-11 00:28:51)


BRUCE SPRINGSTEEN

この人無くして、ボスを語ることは出来ない。

ロイ・”ザ・プロフェッサー”ビタン。

勿論、無二の親友スティーヴ・ヴァン・ザントのザクザクしたギターも、盟友クレランス・クレモンスの唄うようなサックスも、マックス・ウェインバーグのドデカいドラムも、ボスには必要なファクターだ。

でも・・・ でも教授の存在が無ければ、ボスがここまで来ることは有り得なかったと思う。

確かに、ボスのパワーみなぎる声と、心奪われるメロディー、人生を語る詩はどれも素晴らしい。
だが、それだけでは多分、ボブ・ディランやニール・ヤングの二番煎じと呼ばれて終わっていただろう。

素晴らしい素材を、一般大衆に受け入れられるように、よりフックを効かせて、分かりやすいアレンジを施し、サウンドをまとめ上げたロイ・ビタンこそ、ボスを支える屋台骨だと、ワタシは信じて疑いない。

ひできⅡ ★★★ (2018-11-11 00:22:27)


If You Were a Woman (and I Was a Man) / Secret Dreams and Forbidden Fire / BONNIE TYLER
BONNIEにとっては英米両方でそこそこヒットした最後の曲になってしまった。BON JOVIのあの曲ねぇ…同じ86年だからどっちもどっちで微妙だよ。それよりいかにも男勝りのBONNIEらしいタイトルに注目だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-10 10:46:35)


Have You Ever Seen the Rain? / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER
C.C.R.のオリジナルに馴染んできた自分ですら、JOHN FOGERTYも顔負けのハスキーシャウトが炸裂するコレは名カバーだと思う。しっかり本作からの4thシングルとしてリリースされた。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-09 19:30:52)


Time to Let You Go / Strength / ENUFF Z'NUFF
耳心地の良いメロディに乗せて歌われるのは冷めてしまった二人の別れか。並のグラムメタルやメロハーには無いコッテリ甘辛味の本作を締め括るに相応しいアコースティクバラードだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-07 08:11:40)


Total Eclipse of the Heart / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER
邦題は“愛の翳り”。タイトルは知らずともメロディを聴けば
「あぁ、どこかで聞き覚えがある」となること請け合いの大ヒット・ナンバー。
楽曲に備わった陰影やダイナミズムを余すところなく表現しきる
ボニー・タイラーの熱唱が、元々高めな楽曲の魅力を更に数倍にも引き上げてくれています。
ついでにPVを見ると、80年代前半に巻き起こったニンジャブームの勢いも実感できるという塩梅で。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-11-07 00:46:11)


Faster Than the Speed of Night / Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER
パンイチのマッチョが踊り狂うPVには困惑が隠せませんが、楽曲自体は最高です。
ピアノ好きとしてはイントロだけでグッと掴まれてしまいますね。
いかにもジム・スタインマン印の大仰且つドラマティックな音世界を
パワフルに表現しきったボニー・タイラーの堂々たる歌唱が圧巻。
タイトルもHR/HMっぽくて良し。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-11-07 00:38:49)


Whitesnake / WHITESNAKE


もう一度2人が一緒になって、HR/HMの歴史を変えて下さい。一緒ならずっとNo.1だと思います。

名無し ★★★ (2018-11-06 10:00:26)


Something for Free / Strength / ENUFF Z'NUFF
Freeと言ってもこの時代に自由を謳歌する曲な訳などなくて、タイトルはタダで手に入る物という意味。それが何なのか、少なくともラヴ&ピースではなさそうだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-06 07:57:12)


Light My Fire / The Doors / THE DOORS
オルガンもいい!のですが、ギターが!特にソロの終盤部分、消え入りそうなところが大好きです。
リアルタイムで聴いたひとは、どんな印象だったのでしょう…?

名無し ★★★ (2018-11-06 00:13:12)


Faster Than the Speed of Night / BONNIE TYLER

ミートローフと組んで『地獄のロック・ライダー』を大ヒットさせたプロデューサー、ジム・スタインマンの陣頭指揮を仰いで制作。女性シンガー初となる、英米両国のアルバム・チャートで№1に輝いた作品としてギネス認定を受ける他、その年の数多の音楽アワードを総なめにしてボニー・タイラーのブレイク作となった、’83年発表の2ndアルバム。
本編はいきなりC.C.R.の名曲(日産セレナのTVCMに使われていたことでお馴染み)“雨を見たかい”のカヴァーからスタートしますが、ピアノを全面的にフィーチュアしたゴージャス且つドラマティックなアレンジや、スケールの大きなサウンド・メイキングはまさにジム・スタインマン・ワールド。そしてこのクドイぐらい大仰な音世界には、それに負けないぐらいのクドさ(誉め言葉)で迎え撃つ、「女ミートローフ」ことタイラー姐さんのハスキー且つパワフルな歌声が実によく映える。これぞ理想的なコラボレーションですよ。
ドラマ『スクール・ウォーズ』主題歌として麻倉未稀にカヴァーされた名曲“HOLDING OUT FOR A HERO”が聴けるのは次作『秘めた想い』(’87年)なれど、アルバム・タイトルのカッコ良さといい、タイトに締まった音作りといい、それに何より収録曲の粒の揃い具合で断然本作の方に軍配が上がります。ハイライトはやはり4週連続で全米チャート第1位の座に居座った劇的なバラード“愛の翳り”(PVも珍味で最高)ということになるのでしょうが、流麗なピアノのイントロを皮切りに、息苦しい程の怒涛の盛り上がりを呈するジム・スタインマン節全開のアルバム表題曲②もそれに匹敵する名曲っぷり。
ボニー・タイラー入門盤といえば間違いなく本作で決まりでしょう…って、廃盤なの?

火薬バカ一代 ★★★ (2018-11-05 23:54:22)


The Times They Are a‐Changin’ / The Times They Are A-Changin' / BOB DYLAN
JFKの就任演説を聴きながら書いたこの曲が世に出たのはJFKの没後だったという事実だけでもドラマである。老いも若きも改めて実感するが良い、"時代は変わる"ことを。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-05 19:47:05)


Forevermore / Forevermore / WHITESNAKE
アコースティカルなパートからへヴィなバンドアレンジへ移行
少々やり過ぎなきらいはあるが
これが新生ホワイトスネイクなんだろう
壮大なイメージを抱かせる一曲
濃厚だ

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:31:26)


My Evil Ways / Forevermore / WHITESNAKE
ギタリスト二人の絡みを楽しめる
ライブ映えする一曲だろう
派手目で渋くてメロディックでノリが良い

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:29:23)


Whipping Boy Blues / Forevermore / WHITESNAKE
派手目の曲だが渋さも十分にある
レイトバックしたサウンドと現在のテクノロジーの融合
二人のギタリストも持ち味を発揮している

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:26:08)


Fare Thee Well / Forevermore / WHITESNAKE
レイトバックしすぎな気もするが懐かしい雰囲気を味わえる
こうなると声の衰えが気になるところだ
派手にせずに最後まで淡々と聴かせたアイデアは良かった

失恋船長 ★★ (2018-11-05 12:24:11)


Dogs in the Street / Forevermore / WHITESNAKE
ちょっと狙い過ぎの曲調だ
お約束感よりも二匹目のドジョウ感が強め
それでも許せるのが今アルバムだろう
ソロは両者の違いを楽しませる

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:21:43)


Love & Treat Me Right / Forevermore / WHITESNAKE

シンプルだがキレのあるリフもカッコいいですね
割とノリの良いキャッチーさがあるのに
カヴァーデイルが歌うとグッと大人の魅力が激増する
衰えは否めないが
それでもセクシーな節回しも曲に似合っている
やはり主役はカヴァーデイルだなぁ

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:19:47)


One of These Days / Forevermore / WHITESNAKE
アコースティカルなナンバー
爽やか系なのにカヴァーデイルが歌うとブルージーさが滲み出る
スライドギターをここでも大きく取り上げている

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:17:32)


I Need You (Shine a Light) / Forevermore / WHITESNAKE
サビメロが印象的
なんと形容すればよいのか?所謂モータウン系って奴なんでしょう
80年代のモンスターアルバムに収録されても違和感のない曲だ

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:15:48)


Tell Me How / Forevermore / WHITESNAKE
古典的なロックのヴァイブが息づいている
余白のある音も懐かしい
身体を揺らすリズムだよ

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:13:35)


Easier Said Than Done / Forevermore / WHITESNAKE
ホワイトスネイクのイメージを忠実に守っています
少々寄せにいった感が強いのですが…ね
シンプルで味のある曲が似合うバンドだよ

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:11:14)


Love Will Set You Free / Forevermore / WHITESNAKE
カル・スワンの声が聞こえてきそうな一曲
ダグ・アルドリッチお得意のパターンが上手くハマっている
まぁ白蛇らしさは別の話だけどね

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:09:16)


All Out of Luck / Forevermore / WHITESNAKE
モダンでグルーヴィーなへヴィロック
レブ・ビーチのテクニカルで派手なプレイが耳を惹く

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:06:54)


Steal Your Heart Away / Forevermore / WHITESNAKE
懐かしい雰囲気が漂うへヴィロックナンバー
渋さを醸し出すのはスライドバー
ソロも渋め目のハードさが熱い
新生ホワイトスネイクを印象付けている

失恋船長 ★★★ (2018-11-05 12:05:17)


The Way Home / Coming Home / Strength / ENUFF Z'NUFF
この2つのメドレーに留まらず前曲から、いやもっと前の8.辺りから連続したストーリーになっている。Coming Homeだけ切り離してどうこう言う訳にはいかないのだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-05 08:16:16)


Blue Island / Strength / ENUFF Z'NUFF
12年後にもWelcome to Blue Islandというアルバムをリリースしている通り、ズナフの故郷・イリノイのブルー・アイランドね。一般的に連想する青い島だったらTUBEみたいに単なるひと夏限りの恋の歌になるが、仮にそっちの解釈をしても"憂鬱な島"になりそうな。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-04 09:16:25)


Any Major Dude Will Tell You / Pretzel Logic / STEELY DAN
「リキの電話番号」のB面です。
この曲も何気に良い曲で、演奏もサラッとしているのに耳に残ります‼

めたる慶昭 ★★ (2018-11-03 22:09:32)


Black Friday / Katy Lied / STEELY DAN
これもシングル盤で持っています。
ここまでジェフ バクスターが在籍していたのかな?
この後はドンドンAORっぽく成っていきますが(一捻り有るけどね)ここらへんまでが前期かしら?

めたる慶昭 ★★ (2018-11-03 22:07:13)


Baby Loves You / Strength / ENUFF Z'NUFF
全体にネクラなStrengthにあってひと際ネアカで甘~い曲で、もちろんこの路線も大歓迎。実際に本作からの2ndシングルだったらしい、ヒットしなかったけど。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-03 09:01:16)


Mother's Eyes / Strength / ENUFF Z'NUFF
母親の目が行き届いている限り人は悪いことはできないという真っ当な真理を歌っている。母の日に聴いてみてはいかが?な本作からの1stシングル。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-02 08:01:26)


Take Off / Gun / GUN(60'S)
ホークなウインド感出てますな

名無し ★★★ (2018-11-02 00:54:43)


Race With the Devil / Gun / GUN(60'S)


運動会に使えます

名無し ★★★ (2018-11-02 00:19:49)


Long Way to Go / Strength / ENUFF Z'NUFF
Long Tall SallyならLITTLE RICHARDだね。こっちはlittle girlが道のりは長いからゆっくりしてちゃ駄目と言っている。何にしても先達へのリスペクトが感じられて良い。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-11-01 08:05:09)


Goodbye / Strength / ENUFF Z'NUFF
非常に穏やかな離別のバラードだと思ってると最後の方で未練がましそうな音像が出てくる。スッキリ別れようとしてもドロドロした過去が思い出される。NIGHT RANGERなら絶対作りそうもない曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-31 08:05:32)


I Want You (She's So Heavy) / Abbey Road / THE BEATLES
なるほど、マイク・ポートノイがこの曲を気に入ってたのか・・
たしかに突然切れるとことか「Pull Me Under」と同じだし。

名無し ★★ (2018-10-30 18:59:09)


The World Is a Gutter / Strength / ENUFF Z'NUFF
"ドブみたいな世界"というタイトルからして全然ポップじゃなく、歌詞はさらなり。メロディアスHRという体を成したパンクでありプロテストソングだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-30 08:08:32)


Dancing in the Dark / Born in the U.S.A. / BRUCE SPRINGSTEEN
アウトロで流れるクラレンス・クレモンズのSAXのソロに、
何故か涙してしまった。

ひできⅡ ★★★ (2018-10-29 20:11:17)


Holly Wood Ya / Strength / ENUFF Z'NUFF
ファンキーなAメロから(日本で言う)AOR風、いや並のそれも顔負けのメロディックなサビへ展開する。シカゴのズナフが聖なる森と現実のハリウッドの間を彷徨う。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-29 08:00:16)


Gimme Some Lovin' / The Best of the Spencer Davis Group Featuring Steve Winwood / THE SPENCER DAVIS GROUP
当時弱冠18歳のSTEVE WINWOODがSPENCER DAVISらと共作し66年10月28日リリース、全英2位、全米でも7位まで上昇しバンド最大のヒットとなったR&B寄りのロックテューン。20年後のGREAT WHITEによるカバーも素晴らしいのでそっちも見よう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-28 08:26:53)


Substitute / Live at Leeds / THE WHO
66年初頭リリースされ全英5位まで上昇した、オリジナルスタジオアルバム未収録の5thシングル"恋のピンチヒッター"である。コレをGREAT WHITEがカバーしたのが"悪魔の代理人"、て訳でそっちも見よう。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-28 08:13:20)


In Crowd / Strength / ENUFF Z'NUFF
確かに曲調はポップだけど歌詞は決して明るいものではなく、デビューの頃に音楽性は認められながらもファッションを批判された経験が基になっている。地に足が着きリアルになったズナフに☆3つだ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-28 08:01:02)


Strength / Strength / ENUFF Z'NUFF
曲調は確かにこんなんだけど、歌詞は緩やかにポジティヴなタイトルトラック。たとえマイナー調でも、イントロからアウトロまで続くリフメロが自分好みだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-27 07:48:20)


Dumb Poet / IMACURETE FOOLS

彼等が87年に発表した唯一の国内盤発売アルバム。
ケヴィン&ポールのウェザリル兄弟とアンディ&ピーターのロス兄弟というちょっと変わった編成の4人のバンドです。
勿論ブリティッシュバンドなのですが、これ1枚で消えていったのが惜しまれる素敵な作品です。
外は寒いけど暖炉の有る部屋の中は暖かいって感じのサウンドですな。
つまりハートウォーミングなんですね。タイトルナンバーだけ外の寒さを感じさせますが、それはそれで良い曲ですよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-26 17:35:25)


Don't Drive the Hope from My Heart / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS

キーボードがフェイドインしてきてセミアコが加わり、ゆったりと曲が始まります。
ケヴィン ウェザリルは中音域主体に力強い歌を披露しており、暖かみの有る声でほっとさせてくれますな。
ギターソロもスライドをジェントリーに弾いていて、曲に良くマッチしています。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-26 17:29:06)


Dumb Poet / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS

他の曲がメジャーキーのハートウォーミングな印象の曲ばかりなのに、このタイトルナンバーのみマイナーキーで特にアンディ ロスのギターが寒々しい印象を与えます。
ただ、印象は他の曲と違いますが、曲の出来自体は素晴らしく、6分超えを一気に聴かせる魅力が十二分に有りますよ❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-10-26 17:24:50)


Tragic Comedy / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS

2曲目ですが個人的に一番好きな曲ですね。
やはりミディアムテンポの明るいというよりハートウォーミングな曲なのですが、ボーカルメロディーがとにかく秀逸です。
アンディ ロスのギターは派手さは有りませんが、曲の世界観をキッチリ描いている、そんな演奏ですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-10-26 17:20:12)


Never Give Less Than Everything / Dumb Poet / IMACURETE FOOLS

アルバムオープニングナンバー。
ミディアムテンポながら爽やかな印象が強い曲です。
ケヴィン ウェザリルの声は暖かみの有る声で聴くものを捉え、ポール ウェザリルのセンス良いベースランニングも耳に残ります。
作品全体の印象としても同傾向でスタートの曲としてまずは合格ですな。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-26 17:15:58)


Missing You / Strength / ENUFF Z'NUFF
もちろんJOHN WAITEのとは同名異曲であるスローなシャッフル調ナンバー。JOHN LENNONを思わせるDONNIEのVo.も然ることながら、聴き所は専任B.・CHIPの存在感あるベースラインかも知れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-26 08:10:56)


TRAIN


ZEPPⅡのフルカヴァーアルバムを出したことで話題になったバンド。
良質な王道ロック。ハイトーンボイスも素直。
クラシックロックファンなら、すんなり聴けると思う。

名無し ★★ (2018-10-26 05:12:47)


Porterville / Creedence Clearwater Revival / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
カリフォルニア内陸部に位置する小都市のことを歌ったコレこそC.C.R.の正真正銘1stシングルなんだと。I don't care!のリフレインばかりが耳に残るが真の聴き所は短い間奏のG.だったりする。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-25 20:11:42)


Heaven or Hell / Strength / ENUFF Z'NUFF
サバスのあの名盤から11年、一語違いのタイトルを冠したOPテューン。超キャッチーなメロディに乗せて天国"か"地獄を歌う名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-25 08:00:00)


Finger on the Trigger / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
↑ いえいえ滅相もございません。
まだまだ若輩者ゆえ、浅くて浅くて恥ずかしい限りです...

チップ & ドニー

ジョン・レノンを敬愛してやまないコンビです。

だから、この曲は銃の強さに頼ろうとする弱さや、銃で問題をすべて解決できると思い込んでしまう愚かさをテーマとして歌ってるんだと想います。

批判の対象を敢えて主人公に据えて歌うという手法で。

もうちょっと言えば、そんな銃の誘惑に飲み込まれるのも仕方ないほどに、辛い境遇で生きることを強いられてきて、ほんとにギリギリのところで立ってるんでしょうね、主人公は。

あ、曲はブルージーでアルバムのラストにふさわしいですね!
特に導入部のギター!

デルモンテ古呉 ★★★ (2018-10-24 21:21:15)


Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF

もう何遍言ったか数えてないけどコレもRemember平成元年!、しかもリリース月日に個人的な思い入れのあるCHICAGO出身・"イナフ・ズ・ナフ"の1st。1.からいきなりCHIP Z'NUFFの変ちくりんな風貌そのままに屈折した、しかしメロディックなHR若しくはハードポップで、おお、これが90年代の新しいHRかとまずは感心。
糖分摂取過多になりそうなぐらい甘いと評価する人もいるけど、恐らく疾走曲が皆無なのとDONNIE VIEのラリッたようなVо.をCHEAP TRICK辺りと比較して言っているのだろう。どっこい、中身は哀愁バラードあり、硬派なR&Rありでちっとも甘くないよ、むしろ味覚に例えるなら香味野菜の苦味に近いのではなかろうか。
個々の楽曲は良いものが多い反面トータルバランス的に掴みどころのない作品で終わっているものの、デビュー作としては十分満足のいく出来とだけは言える。という訳でさっさと次作へ行くことにしよう。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-24 19:35:54)


Finger on the Trigger / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
1.とは対照的に穏やかならぬブルージーなサイケデリック・ハード? 当時既に銃規制が叫ばれていた筈のアメリカで敢えて演った点は認めるが…。
↓ フムフムなるほど、深いねぇ。

MK-OVERDRIVE (2018-10-24 08:12:11)


I Could Never Be Without You / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
3.よりは一般受けしそうな、本作におけるズナフにしては珍しく何の捻りもないラヴバラード。だからシングル化しなかったとしたら、その方が捻くれてるぞっ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-24 07:56:36)


Action This Day / Hot Space / QUEEN
この曲聴くと、にやけが止まらない

名無し ★★★ (2018-10-23 13:59:50)


Kiss the Clown / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
昔から道化師がテーマだと滑稽なイントロやリフが付き物で、この曲もまさにそう。真面目にお道化ている(?)本作中最も硬派なHRテューンである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-23 08:14:02)


For Now / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
今のところ太陽は輝かない…って、ラヴソングなんだろうけど相当捻りがあるね。タイトルを連呼するエンディングの歌メロが只者ではない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-22 08:03:32)


Nevermore / Queen II / QUEEN
60歳を前に、初めて家族をおくることになった。
高校生の頃に聞いた、この曲が何故か思い浮かんだ。
この歳になって、感動。良い時代に生まれて良かった。

名無し ★★★ (2018-10-21 18:18:21)


Little Indian Angel / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
一聴また New Thing かと思ったらこちらは正統アメリカンなハードポップ。時折哀愁を匂わすメロディに変化があり聴いていて安心できる。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-21 08:38:11)


Two Man Band / MEDICINE HEAD

76年に発表された作品。
前作「Thru 'a 5」で5人編成だったバンドからジョン フィドラーとピーター エバンスだけが残り、「Two man band 」となったわけですね。
これが最終作となりました。
全曲ジョン フィドラーが手掛けており、この脱力系のほのぼのサウンドはブリティッシュロックバンドとしては、稀有な個性だと思います。
これが俺の好みだぜ✨と大きな声では言えませんが、ジョン フィドラーが好きなんだから仕方ありません。
British Lions とは全然違うけどね。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:11:27)


Midnight / Two Man Band / MEDICINE HEAD

これもボートラですが、最後にこんなハードロッキンな曲(あくまで彼等の流儀でね)が出てきてビックリ‼
まあ、若いメタラーさんは「(゜ロ゜)」で終わりですか。
還暦の私に丁度良いか。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:04:16)


Moon Child / Two Man Band / MEDICINE HEAD

ボートラでシングル「It's natural 」のB面だったらしい。
アコギポロポロプラスハーモニカの素朴なサウンドでやっぱりほのぼの系。
Lindisfarneなんかが浮かんでくる曲調ですな。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 23:01:12)


River of Tears / Two Man Band / MEDICINE HEAD

これはレゲエっぽい曲。
そうか、クラプトンの「I shot the shelief」より時期は後だから不思議ではないんだ。
げに恐ろしいレゲエの風よ‼本当にイギリスの色々なミュージシャンに影響を与えておりますなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:57:11)


Over You / Two Man Band / MEDICINE HEAD

ちょっとブルージーな曲で、後のBox Of Floggs を思わせますが、BOFよりサウンドが素朴なため、良く言えばシンプルの極致、悪く言えばズバリ、ショボいでしょう(笑)。
でも良いんだなこれが。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:53:40)


I'm your man / Two Man Band / MEDICINE HEAD

スライドギターが景気の良いメロディーをイントロで奏でて、出てくるはやっぱりジョン フィドラーの脱力ボーカル。
Medcine Head とBritish Lions を聴き比べたら、同じボーカリストとは思えないですよ。
こっちがフィドラーらしいのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:50:24)


Give It Away / Two Man Band / MEDICINE HEAD

60年代バブルガムサウンドっぽさ漂うナンバー。
本作のジャケットはタイトル通り、二人だけのメンバージョン フィドラー、ピーター エバンスが実に楽しそうに演奏している写真なのですが、この曲を演奏していたのかななんて思ったりして。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:46:15)


It's natural / Two Man Band / MEDICINE HEAD

アルバムオープニングナンバー。なのにMedcine Head らしい脱力ナンバーです。
アコースティックギターが結構忙しくリズムを刻んでいますが、それがテンションに繋がらず、あくまでほのぼの路線を行くのが彼等らしい。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-20 22:42:34)


In the Groove / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
サイケデリックで、退廃的で、ブルージーで…次作の予告編みたいな大曲である。確かにこの路線が極められるのは次作だね、MAX評価は保留。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-20 09:17:01)


Hot Little Summer Girl / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
ハスキーヴォイスの夏ロックと言ったらBRYAN ADAMSのあの曲だがコレもなかなかイケる。そう思うとDONNIEの声がBRYANっぽく聞こえるかも。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-19 07:53:13)


Fly High Michelle / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
歌詞の内容からして亡き人、それも恋人に捧げたというのは本当だろう。翌90年に全米47位まで上昇し今に至るまでズナフ歴代最大のヒットとなったバラードナンバーだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-18 07:59:49)


Caravanserai / SANTANA


デジタルウォークマンに録音して聴いてみた。タイトルを確認していると、別世界に引き込まれる感じがして、泣きのギターではないのに、音楽的な感動で涙が出そうな感じがあった。
自分の好みの音楽ではないが、素晴らしい音楽作品だと思う。

名無し ★★★ (2018-10-17 22:20:36)


She Wants More / Enuff Z'Nuff / ENUFF Z'NUFF
ただのグラムメタルでも普通のメロハーでもない。気怠いAメロから一瞬覚醒したようなサビへの曲展開にセンスを感じる。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-17 08:12:59)


This Song / Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON
プロモが最高。
最初のふてくされたジョージが笑える

名無し ★★★ (2018-10-16 12:57:24)


Thirty Three & 1/ॐ / GEORGE HARRISON


ジョージらしからぬファンキー
な曲。

名無し ★★★ (2018-10-16 12:55:31)


Love Comes to Everyone / George Harrison / GEORGE HARRISON
優しいメロディ


名無し ★★★ (2018-10-16 12:51:50)


The Worry / LITTLE MOTHERS


このアルバムへの一連の発言はめたる慶昭でした。

名無し (2018-10-14 21:38:50)


Come Awake / Believers / DEACON BLUE

アコースティックギターが静かに奏でられ曲は始まります。
次の曲がインストでアウトロみたいな役割なので、実質的なラストナンバーですね。
ジェイムスのピアノが地味に盛り上げていますよ(笑)。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:35:35)


A Boy / Believers / DEACON BLUE

ちょっと変わった雰囲気のリッキーのボーカルが印象的なナンバー。
ストリングスアレンジが効果的でハートウォーミングなDeacon Blue サウンドを強化していますね。
一時期活動が停滞していましたが、一部メンバーを入れ替え、再開してからはストリングスアレンジを頻繁に取り入れ、より優しいサウンドになった気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:33:08)


Meteors / Believers / DEACON BLUE

セミアコのイントロからリズミックに始まる曲。
ロレインの「イェー イェー」ってコーラスが可愛い❤(因みに彼女50代後半だと思います)
初期からはギターとベースが代わっていますが、リッキーとロレイン夫妻が健在な限り、Deacon Blue ここに有りですよ‼

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:29:06)


I Will and I Won't / Believers / DEACON BLUE

ピアノとアコースティックギターをメインにした静謐な演奏にのる呟く様なリッキーのボーカルと溶け合う様に重なるロレインのコーラス、癒されるなあ。
ロックとは言えないけど良い曲です‼

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:25:15)


The Believers / Believers / DEACON BLUE

アルバムオープニングナンバー。The の有無が有りますが、アルバムタイトルナンバーとも言えます。
Deacon Blue らしいストリングスを効果的に取り入れ、ジェイムス プライムのピアノがそれに絡む展開、そこにのっかるリッキー ロスのリードボーカルとロレイン マッキントッシュのコーラス。
彼等の暖かい世界の始まりです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-10-14 21:21:27)


Believers / DEACON BLUE

Deacon Blue が16年にリリースしたアルバム。
デビューした80年代後半から30年が経過し、リーダーのリッキー ロスはデビュー当時28才とか紹介されていたから、多分私と同じアラ還ですかね。
80~90年代は初代ギタリストがエレキギターをかき鳴らし、ロックバンドっぽさも濃厚でしたが、ギタリストが代わり活動再開後はストリングスアレンジされた曲が多く、ロックっぽさはほぼ無くなりました。
上質のブリティッシュフォークポップバンドだと捉えています。
ネオアコとかアズテック カメラって言葉(名前)しか知らないけど似た雰囲気有るのかな?

めたる慶昭 ★★ (2018-10-14 21:17:27)


Moody / The Worry / LITTLE MOTHERS


曲のタイトル通り、非常にムーディーなナンバーでアルバムラストナンバー。
ベン ギャラガーのギターがちょっとアバンギャルドしており、彼等のサウンドのはばひろさが伝わってきます。この曲でもルーク ギャラガーのベースが要所で鋭いフレーズを入れてきています。

名無し ★★ (2018-10-14 10:59:07)


Restless / The Worry / LITTLE MOTHERS


まるでビートルズみたいな感じだぞ!
ポールやジョンよりベン ギャラガーの声が低い為、違うって分かるけど、もう少し高ければ何これ?ビートルズの新曲?って一瞬思っちゃうかも。
ブリティッシュロックバンドである以上、避けられないでしょうが、そう思わせるほクオリティが高い曲という証でもあります。

名無し ★★ (2018-10-14 10:53:53)


Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS


続く2曲目で今度はアコースティックギター主体の煮え切らない如何にもブリティッシュらしいウェットなサウンドで、このアルバム中一番好きな曲です。
こういうタイプの曲は、分かりやすいアメリカンロック好きな人が聴いても、良さは分かりづらいだろうなあ。
理屈じゃなくブリティッシュロック好きの感性に訴えてくるんだよなあ。

名無し ★★★ (2018-10-14 10:48:00)


Your Twisted Sister / The Worry / LITTLE MOTHERS


続く2曲目で今度はアコースティックギター主体の煮え切らない如何にもブリティッシュらしいウェットなサウンドで、このアルバム中一番好きな曲です。
こういうタイプの曲は、分かりやすいアメリカンロック好きな人が聴いても、良さは分かりづらいだろうなあ。
理屈じゃなくブリティッシュロック好きの感性に訴えてくるんだよなあ。

名無し ★★★ (2018-10-14 10:47:26)


The Worry / The Worry / LITTLE MOTHERS


アルバムオープニングかつタイトルナンバー。
60年代のサウンドトラックみたいなレトロなかも漂わせつつ、ボーカルが入ると、中々タイトなバンドサウンドとなり、流石に良く出来た曲です。
ルーク ギャラガーのベースラインがかなり主張しており、気合いが入った感じだぞ!

名無し ★★ (2018-10-14 10:40:47)


The Worry / LITTLE MOTHERS


イギリスのバンドが99年に発表した唯一作。
ベン&ルークのギャラガー兄弟(ノエル&リアムではありません)を中心として、非常にブリティッシュロックらしいサウンドを展開してくれています。
ビートルズっぽさ(後期の)も垣間見えたりして、おおっ、此処にもビートルズチルドレンのギャラガー兄弟が居るって思いました。

名無し ★★ (2018-10-14 10:35:54)


Atom Heart Mother: a) Father’s Shout / b) Breast Milky / c) Mother Fore / d) Funky Dung / e) Mind Your Throats Please / f) Remergence / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
個人的にはちょっと長く感じた。ECHOESの方が好みです。収録曲ではIfが良いですね。

名無し (2018-10-13 07:49:19)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


和久井光司さんが、サンタナの「キャラバンサライ」を聴くと対になる、みたいな発言をされていたので聴いてみました。確かに、イギリスのダークサイドがアメリカのライトサイドが同じ時代に作られた物として比較すると、両者が魅力的に感じた。

名無し ★★★ (2018-10-13 07:38:26)


PINK FLOYD


イギリスのバンドなのか?アメリカのバンドなのか?曲を聴いて判断出来ないバンドとして、レッド・ツェッペリンとピンク・フロイドが上げられていました。その辺がアメリカでも評価された理由だと納得した。

名無し(2018-10-12 22:36:37)


One of These Days / Meddle / PINK FLOYD
こんな感じの攻撃的な曲が、あと2、3曲あればピンクフロイドの印象がだいぶ変わったかもしれない。
ヒリヒリさせる曲はありますが。

名無し (2018-10-12 22:16:37)


No Second Prize / Bodyswerve / JIMMY BARNES
遅咲きのオージーロッカーJIMMY BARNES、28歳に於けるソロデビューシングル。平凡な歌メロをシャウト1発いや連発で非凡に変える彼の声は他のいかなるハスキーヴォイスの持ち主、例えばあのJOHN FOGERTYでも真似できまい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-10 20:18:13)


Too Much Ain't Enough Love / Freight Train Heart / JIMMY BARNES
全豪№1を記録したジミー・バーンズ最大のヒット曲は(日本で言う)AORまたは彼の声質からSURVIVORを思わせるバラードだ。しかしこういう曲でもシャウターであり続けるのがジミーなんだな、ウン。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-10-10 19:29:02)


Good to Be Bad / WHITESNAKE


それは5、18は同一人物だからです。

名無し (2018-10-09 11:29:42)


Good to Be Bad / WHITESNAKE


ホワスネって略し方の気持ち悪さで草

名無し (2018-10-09 04:51:41)


Sailing Ships / Slip of the Tongue / WHITESNAKE
コメント眺めてると、ただ単にヴァイを貶めたい連中が多いねw

名無し ★★ (2018-10-08 21:35:42)


I Wish You Peace / One of These Nights / EAGLES
Bernieのeaglesでのlast song。今までのメロディーではなくストリングスで私達eagles fanにサヨナラを告げた。なぜか詩の内容が聴くものを励ましてくれるのは驚きでした。

名無し ★★ (2018-10-08 11:55:24)


Airplay / AIRPLAY

敏腕プロデューサーやスタジオミュージシャンの顔を持つデヴィット・フォスターとジェイ・グレイドンの二人による一枚限定のAORプロジェクト。緻密にアレンジされたポップな楽曲は、一般的なリスナーを差し置いてプロのミュージシャンから高い評価をうけたアルバムとしても知られる。複雑なコード進行がもたらす知的なセンス、スリリングに展開するサウンドは単なるポップロックなんてヤワな印象を抱かせない完璧な姿を見せているが、裏でなるポップさが売れる要素をすべて持っていった。シンセによる大胆なシーケンスの導入も魅力的だ。そしてシャープなカッティングギターもオシャレに聞かせる。
派手なソロがなくてもリズムギターの重要性を実感させるのも玄人を喜ばせたのだ。

正直者 ★★★ (2018-10-08 00:32:28)


(pronounced 'lĕh-'nérd 'skin-'nérd) / LYNYRD SKYNYRD

骨太なサザンロックが魅力のバンド。アレン・コリンズ、エド・キング、ゲイリー・ロッシントンによる、トリプルギターが奏でる、三者三様の違いが同時に鳴らされるから、生まれる独特のドライブ感が最大の魅力だった。ダビング録音じゃない三人の持ち味がコクをだしてるんだよ。
シングルカットされた⑧もスマッシュヒット。デビューアルバムなのに代表作と推すファンも多いアルバム。

正直者 ★★★ (2018-10-07 23:50:53)


Rock and Roll Is Dead / Circus / LENNY KRAVITZ
渋い!この渋み抜群の古臭いリフはまるでzeppだね!
確かにハートブレイカーのソロがそのうち流れてきそう!

1573 ★★★ (2018-10-07 21:40:52)


Are You Gonna Go My Way / Are You Gonna Go My Way / LENNY KRAVITZ
70年代のHRかと思った!
もう皆さんおっしゃってるけど、ギターのリフが最高ですね。
トーンも良いし、こりゃあHR好きには溜まらんわ!

ちなみにこのリフ、恐らく松ちゃんがソロの「The Chainging」でゴニョゴニョ…(笑)

1573 ★★★ (2018-10-07 21:36:13)


China Girl / American Fool / JOHN (COUGAR) MELLENCAMP
リフなどに東洋的アプローチを試みた形跡が伺える。当時のこの人にしては珍しくメロメロな内容の非シングル曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-10-07 09:44:41)


Master of the Universe / In Search of Space / HAWKWIND
STONER MASTER STONER

名無し ★★★ (2018-10-05 04:14:18)


Cat Scratch Fever / TED NUGENT

原始人みたいに布切れ一枚の半裸姿が日本人にウケなかった。まぁミュージックライフじゃ、ヴィジュアルの良くない外タレは無視されたからね。あんな雑誌を当てにしてる奴の話なんざぁ、聞いてられんわな。
全世代にうけるようなシンプルでドライブ感重視の作風は売れまくり全米17位、プラチナディスクも獲得と大成功を収める。上記の悪しきイメージを引きずる似非ロックファンのせいで、いまだに馬鹿にされる傾向にあるが、彼があの人は今状態になったのは、強烈な白人主義のリベラルとは程遠い馬鹿正直なアメリカ人だからにすぎない。
日本人にも手厳しい暴言を吐いたりしていたからね。でもそれがロックってもんじゃないのかね?今のご時世じゃ肩身の狭い思いをするけどさ、ギターはジャカジャカ掻き鳴らすテッドの豪快なキャラは魅力的だけどね。

正直者 ★★★ (2018-10-03 22:42:21)


A Day at the Races / QUEEN


すごくいいアルバムだ。
聴くべし。

名無し ★★★ (2018-10-02 07:29:20)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
懐かしくて泣きそうになる
リアルタイムで聞いてたわけではないんだけれども

名無し ★★★ (2018-10-01 23:36:00)


The Show Must Go On / Innuendo / QUEEN
こんなん反則やろ

名無し ★★★ (2018-10-01 07:16:20)


What Would You Rather Bee or a Wasp / Back on the Streets / GARY MOORE
うおっ!発言無しとな!?
なんだかコロシアムⅡのアルバム・ウォーダンスに入ってそうなミドルテンポのフュージョンインスト。
ポップで少しジャジーで、でもギターの存在感は抜群にある。
弾きまくるゲイリーのギターも良いが、バッキングギターのカッティングリフがスッゴク病みつきになるほど心地良い!!!

1573 ★★★ (2018-09-30 23:00:43)


Song for Donna / Back on the Streets / GARY MOORE
疲れた心に染みわたるミディアムバラードポップス。
多分、コロシアムⅡで培われた味わいでしょうね、このサウンドは。
曲自体は全くロックでは無いけど、やはりゲイリーはこういう心に訴えかけてくるような曲が本当に上手いと思う。

1573 ★★★ (2018-09-30 22:55:28)


Hurricane / Back on the Streets / GARY MOORE
ちょっとインストフュージョンちっくでありながら、吹きすさぶ疾風のように流れるメロディーと唸りまくるゲイリーのギター!
このアルバムはHRHMやってるゲイリーが好きだった自分はほとんど聞いてなかったけど、改めて聴くと凄く味があるね!

1573 ★★★ (2018-09-30 22:53:02)


Loose Talk / Jinx / RORY GALLAGHER
アルバムラストナンバー。
これまたオーソドックスな如何にもロリーらしいテンポの曲で、ダルシマーでちょっとインドっぽい雰囲気を出しつつも、しっかりロリーワールドを築いており、安心して身を委ねられます。
エンディングが格好良く決まればもっと良いんだけどね。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:38:42)


Bourbon / Jinx / RORY GALLAGHER
活きの良いギターリフ一発から始まるロケンロール、もう最高ですな。
でも何故スコッチじゃなくてバーボン?
スコッチはイメージが上品?
酒に酔って腰振って踊る時はバーボンが合う?
因みに私はバーボンのIWハーパーが好きですが何か?

めたる慶昭 ★★★ (2018-09-30 16:34:55)


Double Vision / Jinx / RORY GALLAGHER
アップテンポの2歩手前くらいのミディアムテンポなナンバー。
これくらいのテンポがロリーって一番好きで得意ですよね。
新メンバーのブレンダン オニールも切れの良いドラミングでロリーのアゴアゴボーカルとイナタいギターをバックアップしているし、相方ジェリー マッカボイのベースは言わずもがなです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:30:06)


See You Next Tuesday / Turkey / WILD TURKEY

こちらも7分近い長尺のインストナンバー。
コーニック作で長い割りにプログレ感は余り無く、ジャジーでブルージーな演奏に終始しています。
アランのギターがゆったり気味ながら美味しいフレーズを連発し、スティーブ カールのピアノも味なバックを付けています。
コーニックとドラマーのジェフ ジョーンズはキッチリとメロディー楽器陣をサポートし、ナイスなグルーヴを出しておりますぜ❗

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:24:28)


Eternal Mother /The Return / Turkey / WILD TURKEY

静かに始まる8分近い長尺ナンバー。
繰返し鳴らされるピアノの旋律が印象的でちょっとプログレ入ってますか。
それにしてもゲイリー ホプキンスの声は良いねえ‼
5分過ぎからガラッと曲調が変わり(The return の部分になったのかな?)アラン ルイスとミック ダイクの叙情的なツインギターでそのままエンディングまで行きますが、この後半も味わい深いですよ😃

めたる慶昭 ★★★ (2018-09-30 16:18:48)


Universal Man / Turkey / WILD TURKEY

3曲目にして初めてコーニック作の曲。
これも王道ブリティッシュロックな感じでTraffic やThree Man Army なんかが連想出来ますね。
コーニックのベースラインはタル時代より地味に曲に沿ったものとなっており、かつてジョン ポール ジョーンズが舌を巻いたというテクニックは披露していません。
代わりにアラン ルイスのリードギターが格好良い😆

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:12:12)


Good Old Days / Turkey / WILD TURKEY

アルバムオープニングナンバー。
非常にオーセンティックなブリティッシュロックという感じです。
ゲイリー ホプキンスのボーカルは如何にも当時の典型的なブリティッシュロックバンドのボーカルって感じで、中々味わい深い声をしています。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:07:00)


Turkey / WILD TURKEY

元Jethro Tull のベースだったグレン コーニックを中心に結成されたバンドの2ndアルバム。
バンド名にも有るターキー(七面鳥)がでっかくジャケットに描かれているのも印象的です。
サウンドの方は結構アーシーなブリティッシュロックって感じでTraffic やThree Man Army を想起させます。
ボーカルのゲイリー ホプキンスは、ちょっとハスキーな声でスティーブ ウィンウッドなんかと比較出来そうですね。
8分越え、7分弱という長尺の曲も有りますが、プログレ色は無く、また、キャッチーな曲も無いため、ヒット性も薄く、短命なバンドでしたが、聴き込む程に味が出てくる所謂スルメ盤という奴ですね👍

めたる慶昭 ★★ (2018-09-30 16:04:15)


A Day in the Life / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES
She loves youやI want to hold your handを歌っているのと同じ歌手だとは思えない。ちょっと前までロック、ポップをしていたのにちょっと時間が経てばこんなに奇妙な歌を作れる。だから人々はBeatlesに引き寄せられる。

名無し ★★ (2018-09-29 14:39:03)


Magical Mystery Tour / The Greatest Hits / CHEAP TRICK
超名曲・ビートルズのカヴァーです。
オリジナルのややゆったりとしたポップスと違って、こちらはアップテンポのポップロックテイストにアレンジもゴージャスで現代音楽に慣れている人なら、古臭さを感じさせないこちらの方が圧倒的に聴きやすいしノリも良いでしょうね。

1573 ★★★ (2018-09-29 12:41:30)


25 or 6 to 4 / Chicago (Chicago II) / CHICAGO
うろ覚えなので、ギターソロは覚えてないので、今聴きながら書き込んでいます。
おおっこのイントロ❗久々に聴くとやっぱ格好良いですな✨
フムフムギターソロはテクニック的には普通でしょうが、この時代特有のヤケクソな格好良さが有りますね🙆

めたる慶昭 (2018-09-29 00:24:29)


Saturday in the Park / Chicago V / CHICAGO
今、聴いても全然古さを感じないやはり名曲でしょう。
当時は洋楽ベスト10番組等で頻繁に聞いて、ああ良いなあと素直に思っていましたが、今でもその気持ちは変わりません。

めたる慶昭 ★★ (2018-09-29 00:16:03)


Down Through the Night / Space Ritual / HAWKWIND
ランラーララン ダンダーダダン ザンザーザザン

名無し ★★★ (2018-09-28 01:22:14)


Freeze-Frame / Freeze-Frame / THE J. GEILS BAND
Centerfoldの余勢を駆って全米4位まで上がったタイトルトラック。いかにも脳天気でR&B色の濃いアメリカンロックだが、残念ながら奴等の快進撃も本作で"ストップモーション"になってしまった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-09-26 20:02:05)


Come Back / Love Stinks / THE J. GEILS BAND
時代に迎合してシンセを多用、かなりポップになったとは言えPETER WOLFの泥臭いVo.のため洗練され切ってないのが魅力だね。全米最高位32位まで行ったスマッシュヒットだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-09-26 19:52:21)


Livin' for You / Walk On / BOSTON
フランコスモ、歌が上手すぎる。
Orion The Hunterの上手さも理解していたつもりですが、この曲のフィット感は尋常じゃない。

熱い正男 ★★★ (2018-09-24 02:48:54)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
シブいSaxが良い。良い意味での大人のrockだね。

名無し ★★★ (2018-09-18 17:00:03)


Under Wraps / JETHRO TULL

やはりアメリカで売れたかったイアン・アンダーソン。前作は従来の姿勢を取り戻したのに今回はまた悪夢のニューウェーブ路線へと進んだ。大胆にフィーチャーされたシンセサウンドを前にイアンのフルートの音色が空しく鳴り響いています。

それもそのはずでイアン以外のメンバーが曲作りに深く関与しているのも影響しているだろう。移り変わりが加速しだした80年代、時代に取り残されまいとのアイデアなんだろうが、アメリカでは前作よりも売れずセールス的には惨敗。単にファンを失っただけのアルバムと酷評を結果に、それでもピーター・ジョン・ヴェテッシが、かぶせるシンセサウンドは彼のアイデアなしには実現不可能だっと思える。彼の貢献度がイアンの後押しになっていたのは間違いない。

正直者 (2018-09-17 22:21:55)


The Broadsword and the Beast / JETHRO TULL

多くのアーティストが直面した時代の流れ、その潮流の中でイアン・アンダーソンも大いにもがき苦しんだ。方向性をガラリと変えた前作は実験的な要素も強く意欲に溢れてはいたがセールスは惨敗。ツアーも盛況とはいかず多くのファンを失った。そして追い打ちをかけるようにメンバーもあいついで脱退。イアンのソロプロジェクト的なスタイルへと変貌を遂げていくことになる。
そんな過渡期の作品だがプロデューサーにポール・サムウェルスミスを招聘、外部の血を導入することで袋小路に迷い込んだバンドに新たなる可能性を見出そうと苦戦していたんだと思う。
前作よりもトラッド色が復活、不自然なほどに浮いていたキーボードもアジャストしてきた。当時は無名だったピーター・ジョン・ヴェテッシも重厚なサウンドのカギを握るかのように大活躍、その見事な指さばきは②⑥⑦⑧などで確認できる。

正直者 ★★★ (2018-09-17 22:09:01)


Dusk / Trespass / GENESIS
Trespassの中では、地味な曲ですが曲のオープニング、エンディングがとても印象的ですね。好きな曲です。

名無し ★★★ (2018-09-17 20:16:22)


My Melancholy Blues / News of the World / QUEEN
仕事も終わり、部屋でゆったりとした時にピッタリの曲。言うこと、ありません。

名無し ★★ (2018-09-17 20:00:32)


We Will Rock You / News of the World / QUEEN
アルバム冒頭に相応しい名曲の1つ。初めて聴いた時、鳥肌モンでした!!

名無し ★★★ (2018-09-17 19:41:28)


Message in a Bottle / Reggatta de Blanc / THE POLICE
この曲のギターをコピーしようと頑張ってるんだけど、難しいんですよねぇ。僕手が小さいから指が広がらないよぉ。
それにしてもいい曲ですよね。

レスポールほしい ★★★ (2018-09-17 19:35:15)


Only Time Will Tell / Asia / ASIA
どうしてくれるんだ!久しぶりに聞いたら涙が止まらない!

名無し ★★★ (2018-09-15 14:16:23)


Only Time Will Tell / Asia / ASIA
雲ひとつない空に向かって両手を広げて叫びだしたくなるほど
透明感が溢れている曲ですね!良かった、この曲に会えて!

めるたリボーン ★★★ (2018-09-14 01:57:47)


Alpha / ASIA


サビが前作のアルバム「ASIA」の「HERE COMES THE FEELING」と被る(笑)

名無し ★★★ (2018-09-13 21:56:34)


THOMPSON TWINS


"Lay Your Hands on Me"はイギリスのバージョンはまだトンプソンツインズだったが、
アメリカバージョンは今思えばナイルロジャーズの曲に変わった感じで個人的には今一つ。

CMで見たときは明るい曲だったっけ?の違和感だらけ。

当然、リズム系の仕事をかなり取られたジョーが去ると、彼らの特徴を更に失った感じになった。

名無し (2018-09-13 17:10:44)


Sail Away / The Purple Album / WHITESNAKE
オリジナル(?)より、こっちのアレンジの方が何万倍もイイ!と思うのはワタシだけ・・・でしょうか?

ひできⅡ ★★★ (2018-09-08 22:58:24)


The Time Is Right for Love / Trouble / WHITESNAKE
Thin LizzyのFor Those Love To Liveをちょっとパクったな。こっちのほうが哀愁があってまた良し。

名無し ★★★ (2018-09-08 20:24:58)


Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN
1977~1982までライブではライブの最後(アンコールは別)の曲でした
しかもボヘミアンの次(お母さんつながり?)だったので
本人たちはとても気に入ったのでしょうか
僕はもボヘミアンの次といったらこの曲です!!

Nakagawa ★★★ (2018-09-02 15:38:17)


You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN
1991年に収録された沢山の曲のかけらを組み合わせてこの曲を作ったそうです

Nakagawa ★★★ (2018-09-02 15:31:11)


Europa (Earth's Cry, Heaven's Smile) / Amigos / SANTANA
今、聴きながら書き込んでいますが、なんかAORだとしか思えないぞ。

めたる慶昭 (2018-09-02 00:01:57)


A / JETHRO TULL

メンバーチェンジを余儀なくされたイアンは、かねてから考えていたソロアルバムに着手する。元々はジェスロタルはイアンのバンドなのにソロとは?いかなる方向性に向かうのか興味が注がれていました。
結局はリリースにあたりレコード会社から、バンド名義で出せとプレッシャーを受けることに、それに伴い音楽性にも口を出してきた。

イアンは当時流行りのニューウェーブを意識したものでソロアルバムらしい意欲に溢れるものだったが蓋を開ければフォーク/トラッドも無理やり押し込んだ作風になった。
一番の問題は、これをバンド名義で出した為に、ジョン・エヴァンを解雇せざるをおえなかった事件が問題だろう。

エディ・ジョブソンのエレクトロニクスがアナログなサウンドと上手く融合しているのだが、それまでも流れから大きく逸脱している為の多くのファンを失うこととなった。かなりの問題作であり、幾度ジェスロタルらしい魅力を発見できないのだが、それは前述したソロアルバムの為のアルバムだった。したがって方向性が違うのは当然の結果である。
この一枚の失敗で、このバンドを見限ってほしくない。もし、このアルバムがイアンのソロだったら好意的に受け止められ高い評価を得られたと思う。けして質は低くないのだ。そして次へのステップへと確実に影響を及ぼしている。その一点だけでも価値は大きいのだ。

キーボードの裏でなり響くイアンの崇高なフルートの音色が空しく響いているのも間違いないけどね。

正直者 ★★ (2018-09-01 19:46:47)


Stormwatch / JETHRO TULL

この時期倒錯していたトラッド/フォーク路線に一区切りをつけたアルバム。世間的にはトラッド3部作のラストと認知されています。全体的なムードは冷やかでメロディアスな魅力を上手く強めているが、ジェスロタルならではのスリリングな演奏も楽しめる名盤だ。この後、バンドは大きな転換期を迎える。心臓病の悪化に伴いジョン・グラスコックがレコーディング途中で離脱。病状は良くなることなく帰らぬ人に、さらにはドラムのバリーモア・バーロウもバンドを去ることになった。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:31:30)


With You There to Help Me / Benefit / JETHRO TULL
トラッド/フォークの影響も大きく出ている。なんと言っても寒々しいフルートの音色にドキッとさせられた。
冷やかな音色の中でハードなギターがクールさを倍増、そこの合間をフルートが駆け抜けた。
ナイーブだが逞しいイアンの歌声に酔いしれる。そんな冷やかな曲なのに終盤に向けて狂気じみた盛り上がりも鋭い。
やはり並のバンドでは表現できない魅力がこの曲だけ聞いてもハッキリと伝わるだろう。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:17:24)


Nothing to Say / Benefit / JETHRO TULL
ヘヴィなギターリフと対峙するように感傷的なメロディが飛び込んでくる。
独特のムードを生み出すイアンの歌も素晴らしいが、裏でなるピアノに泣かされる。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:12:00)


Benefit / JETHRO TULL

この時代のバンドをニューロックとかアートロックなんて言葉で区分けしていた。ジェスロタルもそういった部類に当てはまるのだろうが、いち早くジャンルの壁を乗り越えるかのように新たなるスタンスへと道を切り開く。アルバムを出す度に同じ路線を進まないというのもミュージシャンとしてあるべき姿なのだが、その革新的な創造性に多くのミュージシャンは影響をウケた。
どこかニヒルな荒涼としたメロディ、手触りの荒い乾いたサウンドは、これまでと明らかに違う感性を研ぎ澄ましてきた。前作のブルース臭を抜き、次のアルバムへと繋がる音楽性。バラバラの方向性にベクトルを放っているのに時系列で聞き直せば、そこには一本の道が繋がっていたと気がつかせるのが、ジェスロタルの凄さだろう。

正直者 ★★★ (2018-09-01 19:08:24)


Aqualung / JETHRO TULL

パープルのSMOKE ON THE WATERのように有名なリフ①のインパクトが強烈。ライブでも重要なレパートリーなのも頷けるが、このバンドを紹介するとなれば、この曲は外せないだろう。蒸気機関車のあえぎ、やぶにらみのマリーのイカした邦題を頂戴した⑩③も代表曲だ。
このアルバムから正式メンバーになったジョン・エヴァンの存在感も大きい。アコースティックな静のパートからハードな動へのパートへと変化するスタイルに老舗プログレバンドと重なる姿も魅力だ。

正直者 ★★★ (2018-09-01 18:55:56)


The Loner / Wild Frontier / GARY MOORE
これ、副題が「ジェフ・ベックに捧ぐ」でしたよね?

名無し ★★★ (2018-08-29 18:30:44)


Heavy Horses / Heavy Horses / JETHRO TULL
デイヴィッド・パーマーがオーケストレーションを担当している。
彼の存在は大きなウェイトを占めているのは、この曲を聞けば一目瞭然だ。
数ある代表曲の中でも名曲中の名曲と推される。この曲をまずは聞いてもらいたい。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:34:02)


Heavy Horses / JETHRO TULL

見事にソングライティング力が復活したバンドの勢いは留まらず、このアルバムもブリティシュなフォーク/トラッド路線を踏まえたものとなった。この時期、全盛期ほどの売り上げを残せない状況に陥ったのはバンドが悪いのではなく、世間の流れが確実に英国的なものから離れて行ったという背景がある。質は高いが利益を残せなければ失敗の烙印を押されるのは残念な結果だ。やはり芸術を数字で表すのは愚かな行為と言わざるを得ない。
聞きやすさ最優先した結果、楽曲はコンパクトになったが、それでもJETHRO TULLらしい満足感が得られるのは名盤の証。デイヴィッド・パーマーがいるのも心強い。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:28:13)


Songs From the Wood / JETHRO TULL

74年にSTEELEYE SPANのプロデュースを担当した件はイアン・アンダーソンの音楽性に多大なる影響を与えた。その後のアルバムを聞けばわかるのですが、今回はそのブリティッシュフォーク/トラッドの影響下のもとにアルバムに着手。
その魅力はオープニングから見事に開花、久しぶりにたっぷりと聞けるイアンのフルートソロ、早くも名盤の予感を漂わせる。その後も複雑なリズムは前作以上に耳に残り、このバンドの高い技術力を発揮。ソングライティングもイアンに頼ることなく皆がアイデアを出し合ったりとすべてが素晴らしい方向へと進みだしているのが分かる。
ジェラルドの汚れ無き世界同様、70年代のJETHRO TULLを代表するアルバム。前作の低迷を見事に払拭しただけでも素晴らしい偉業だ。ベテランの域に達するバンドが、仰け反るくらいにV字回復したんだからね。

正直者 ★★★ (2018-08-28 18:19:25)


Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL

落ちぶれたロックスターの復活劇をストーリーにしたコンセプトアルバム。アルバムのジャケットを見ればわかるように、主人公のロックスターはイアン・アンダーソンに見立てているのがブラックジョークとして成立している。

ジェフリー・ハモンドからジョン・グラスコックへとベースの座は変わったが、バリーモア・バーロウとの相性が良くリズム面は今まで以上に複雑な展開へと様変わりした。イアンがプロデュースしたSTEELEYE SPANのマディ・プライアもゲスト参加。フォーキーなトラッド色も上手く出ているが、売れなければいけないプレッシャーと、イアン拘りの狭間で音楽性が揺れ動き、JETURO TULLの何ものでもないのに、どこか散漫な印象を与えてしまうのは何故だろう?コンセプト作なのに、一曲が独立している為にコクが薄まったのも要因。このバンドは、そういう色気を出さない方が良いのだが売れないと喰えない、背に腹は代えられないのだろう。

正直者 ★★ (2018-08-28 18:09:44)


Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL

またもストーリー性を大切にしたアルバムに着手した。②は北欧神話を題材に、⑥はロンドンを舞台にした組曲。
このアルバムはフルートよりもアコースティクギターを弾く機会が多いイアンだが、それでもJETHRO TULLらしいリティッシュ・ハードロック/プログレッシヴ・ロックはスタイルは健在。独自の世界を切り開いている。この時点で一枚とて同じ内容のアルバムを作っていないという才能はもっと評価されるべきなのだが、日本ではプログレは人気薄なのが残念でならない。
全英20位、全米7位と思ったほどのセールスには結びつかなかったが作品のクオリティは高く従来のファンは勿論、新規のお客さんにも優しいアルバムだ。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:58:19)


War Child / JETHRO TULL

前のアルバムが酷評された為にレコード会社からも口を挟まれたアルバム。イアンは74年に英国のエレクトリックトラッドと当時呼ばれていたスティーライ・スパンのアルバムをプロデュースしていたのだが、その時、トラッドの影響を受けたと公言。その影響もほどほどに、レコード会社の指示に従いコンパクトでポップな曲が増えた。
アメリカで売れた⑦などを聞けば一目瞭然だろう。しかしJETHRO TULLとらしいと言えば⑤だろうけど。
まだ正式メンバーではなかったがカール・パーマーがストリングスアレンジを担当。次のステージへと向かう準備を着々と進めていた印象が強い作品だ。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:47:20)


A Passion Play / JETHRO TULL

キリストの受難という西洋人にはなじみ深いコンセプトを扱い。コンサート会場でも映像を使いながら演劇性の強いコンサートを行っていた時期の作品。
ファニーなイメージもあった「ジェラルドの汚れなき世界」に比べダークなイメージが強いのは題材がキリストの受難だからだろう。
英国で評判の悪かった演劇風コンサートに、ヘヴィでダークな曲調になったので、当時の日本では文句をいっぱい言われたアルバムだった。英国では13位止まりも全米1位に輝く、全米1位の影響を大きく、げんきんな奴らが手のひら返したのは滑稽だったな。

フルート以外にもサックスも大きくフィーチャーされ、他に類を見ない独自の世界を探求。新しい音楽の世界を開拓していた。70年代中期の演劇風サウンドを楽しんでいたバンド。その遊びに付き合えるかは音楽的な偏差値の高さを要求されるだろう。

当時、世界的に文句を言われたアルバム。日本でも好意的じゃなかったが今このアルバムを駄作と呼ぶ人も少なくなっている現状が実に愉快だ。昔はあんなに文句言ってたのにね。若気の至りですまされない時代になった昨今、不用意な発言は控えたいね。

正直者 ★★★ (2018-08-28 17:35:36)


Fly on the Wall / Behind Closed Doors / THUNDER
軽快で跳ねるようなリズム、華やかなホーンサウンド、ほんのり哀愁を感じるメロディ、なんともいえないクセになる曲です。
この手の曲どこかで聞き覚えあるな~と思ってしばし考えたあとに閃いたんですが、B'zの90年代半ば~後半ごろの曲っぽい。
イントロ終わりの「ウゥッ!」とかも含めて(笑)
この場で言うと反感買いますかね?

侘びサビ ★★ (2018-08-25 15:58:39)


I Need Your Love / Walk On / BOSTON
ボストンにありがちだが、イントロがやたらめったらカッコいい。
しかしそこからポップなバラードになっちゃうのがちょっと惜しい。
もちろん、良い曲ではあるんだけどね。

侘びサビ ★★ (2018-08-25 14:54:21)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
「宇宙の彼方へ」に隠れがちだけどこの曲もいいよね。というか、むしろこの曲の方が良くない?
歌メロは非常にポップな曲だけど、ギターはハードロックしてていいね~

侘びサビ ★★★ (2018-08-25 14:41:26)


Thick as a Brick / JETHRO TULL

1972年リリースの5枚目。ジェラルド・ボストックなる少年が書いた詩が、大きな賞をとったと実際に起きたニュースのようなジャケットを使い、真実のように装ったアイデアが英国流のジョークなんだろう。イアン・アンダーソンのユーモアセンスがアイデアの源流なのだが
、これが傑作なんだ。
静と動のパートを行ったり来たりしながら目まぐるしく展開する、プログレシッブロックさながらのスリル。無駄のない演奏はいつ聴いても手に汗を握らせる。新ドラマーのバリー・バーロウのツーバスが、これまた迫力あるんだよ。
ちなみにデジタルリマスターヴァージョンの方がイアンのフルートの音色がハッキリと聞こえるからアナログ盤もっている人も聴き比べるべき。それにJETHRO TULLの代表作に上げるファンも多いから、未体験のかたには、これから聞くことを薦めるね。

正直者 ★★★ (2018-08-22 22:44:09)


Stand Up / JETHRO TULL

デビュー作が話題を呼び売り上げもそこそこあったのだが、ギターのミック・アブラハムズが脱退。後釜に収まった人物が当時はEARTHと名乗っていたバンドのレフティ、トニー・アイオミであるのは有名なエピソードだ。結局アイオミはバンドに馴染めず早々と去ったのだが、マーティン・バレというギタリストが無事に後を収めた。
ミックが抜けバンドのイニシアチブはイアン・アンダーソンへと移行。イアンのフルートが主導権を握るシングルヒットした③を始め、バラライカを使った⑦、アコースティカルなストリングスナンバーの⑨と多様な音楽性の数々にイアンの才能の豊かさを感じた。
JETHRO TULLの歴史は早々とオリジナルラインナップが崩れた2枚目から始まったのは皮肉な出来事だ。
それを証拠に全英第1位、全米第20位に輝いたヒット作でもある。

正直者 ★★★ (2018-08-22 22:26:09)


This Was / JETHRO TULL

今一つ日本では人気のない英国のフルート奏者がいるユニークなラインナップが話題となった伝説のグループ。今も解散することなく活動を続けている凄いバンドなのだ。

当時流行りのブルースロックをベースにイアンのフルートが重なるスタイルはかなり斬新なアイデアだったが、デビューアルバムはギターのミック・アブラハムズの渋いギターが大きなウエイトを占めている。それでも単なるブルースロックの枠に収まらなかった個性が話題を呼んでいた。⑤はローランド・カークのジャズナンバーを取り上げたり、ドラムソロで幕が開ける⑥など年代を感じさせる作風でもある。

正直者 ★★ (2018-08-22 22:15:27)


SLADE


上勘違い、古いベストなので、ランラナウェイ等後期の曲は入っていません。
もう一個のベストと間違った。

名無し (2018-08-22 12:48:22)


Sladest / SLADE


時代的にシングルが主でアルバム未収録なものも多い為、これを1枚持っておくことをお勧めします。
まあアルバムのテイクとは微妙に違う曲もあるんだけどね。シングルバージョンになってるから。
ランラナウェイもいいが個人的には coz I Libe you あたりの英国的ブルージーなのも大好き。

名無し ★★★ (2018-08-22 12:46:00)


Run Runaway / The Amazing Kamikaze Syndrome / SLADE
能天気!もうカンカン照り!
ただね・・・この曲が入ったLPは、ジャケ絵的にちと買うのを躊躇するかも^^;

名無し ★★★ (2018-08-22 12:37:01)


Great White Hope / Pieces of Eight / STYX
ライブ盤は更に荒々しくてオモロイですよ。
カッコ悪いけどカッコイイ(w

名無し ★★★ (2018-08-22 11:58:31)


Blue Collar Man (Long Nights) / Pieces of Eight / STYX
ハーフペニートゥーペニーが「スティクス的」なハードロックの頂点だとすると、
この曲はスティクスの枠を超えてしまってる。スティクス的なのはわずかにドラムパートにしか残ってないかも。

名無し ★★★ (2018-08-22 11:46:06)


Half-Penny, Two-Penny/A.D. 1958/State Street Sadie / Paradise Theatre / STYX
特にライブでは、J・ヤングの内向的だが攻撃的な一種の狂気を見ることが出来る。
スティクスの中ではハードロックよりな名曲。

名無し ★★★ (2018-08-22 11:23:39)


The Night Time Is the Right Time / Green River / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
ROY "HAPPY" BROWNなる人が1957年に発表したブルーズナンバーのカバーだそうな。アメリカ南部の音楽をシスコ出身のC.C.R.が演る唯一無二ぶり、ここに極まれり。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-21 20:06:33)


Pagan Baby / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
前作のRamble Tamble同様本作も聴き応え十分な長尺ロックテューンで幕開け。ペリカンじゃないよ、ペイガンだよ、異教徒と言うほどシリアスじゃなくて自分と違う人ぐらいの意味かな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-20 20:56:07)


Gimme! Gimme! Gimme! / Voulez-Vous / ABBA
ABBAというグループは明るくポップな楽曲から哀愁漂うカッコいい楽曲までなんでもござれ。
前者の代表がDancing Queen、後者の代表がこの曲といったところでしょうか。
アンデス風の民族音楽とHR/HM、そして日本の歌謡曲の美味しい所をかいつまんだような曲。
そりゃいろんな国でウケるよね。

侘びサビ ★★★ (2018-08-19 15:40:45)


Point of Know Return / Point of Know Return / KANSAS
私は、クラッシックファンだけど、カンサスは、大好き。

名無し ★★★ (2018-08-13 20:57:41)


Under Pressure / Hot Space / QUEEN
最後のgive love...のあたりで涙が止まらなくなる
こんなに感情に訴えてくる曲は初めてだなぁ

名無し ★★★ (2018-08-13 11:34:13)


Driving By Night / Downstream / SNIFF N THE TEARS
淡々としながらもメジャーキーで、パーっと開けた明るさを思わせる雰囲気が良いですね。
ロンドンからコーンウォール地方へドライブ🎶🚗💨🎶するときなんかこの曲が鳴っていたら、気持ち良いんじゃないかなあ。
LA とかNYには合わないな絶対‼

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:11:20)


Snowblind Lovers / Downstream / SNIFF N THE TEARS
ちょっとだけハード&へヴィーなサウンドでニヤッとさせてくれます。
そう感じるのは、ニック サウスのベースが他の曲よりズンズン響く重たい仕上がりになっているからで、ギターの乾いたトーンは変わりません‼
このサウンド面白いな。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:07:13)


St Raphael / Downstream / SNIFF N THE TEARS
珍しくリーダーのポール ロバーツ単独作ではなく、ナイジェル プレストンという外部のライターとの共作です。
その為か、心持ちファンキーなサウンドでいつもとちょっと違うぞ❓と思わせます。
コーラスにもヘレン ハーディーなる女性が参加していますしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-13 00:03:33)


Black Money / Downstream / SNIFF N THE TEARS
アルバムオープニングナンバー。
以前の曲に似ている様な気もしますが、淡々としたサウンドが変わらないため、感じる錯覚かな?
それを抜きにして考えれば、いつもの安心して浸れるSniff'n the Tears 節で気持ち良くさせてくれます。

めたる慶昭 (2018-08-12 23:58:26)


Downstream / SNIFF N THE TEARS

2010年に発表されたアルバム。
この時点で結成30年以上経っていますが、そのサウンドは全然変わらず、ポール ロバーツの声も全然変わっていません‼
いくらシャウターでなく中低音で淡々と歌うタイプといってもここまで変わらないボーカリストは珍しいのではないでしょうか。
ほぼ、活動期間が変わらないMadness のサッグスだってちょっと声がおじさん化したもんなあ。
ポールは最初からおじさん声だと言われれば、その通りなんですけどね。
彼等のアルバムには外れは無いので見つけたら買わずにはいられませんなあ。
また、ポール ロバーツは画家でもあり、毎回ジャケットを手掛けておりますが、今回の赤ちゃんにおっぱいを含ませる女なんて写真かと思うぞ✨

めたる慶昭 ★★ (2018-08-12 23:55:11)


Indian Queen / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アルバムラストナンバー。
スカスカは変わりませんが、最もアップテンポでドラムスがドタバタドタバタ忙しい曲です。
でもイナタイ感じで乙なドラミングですよ。
それにしてもジョン フィドラーはギターも兼ねていますが、終始まったりとしていて、今の若いメタラーは「やる気あんの?」って疑問に思うかな?
これが味と言うもんですぜ。

めたる慶昭 ★★★ (2018-08-11 15:34:41)


In the Palm of Your Hand / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

これもゆったりしたテンポで進んでいく、一聴何てこと無さそうな曲。
後ろでまた鳴っているトニー アシュトンのピアノが良い空間を作り出しており、退屈はしません‼
って思うのはオーバー50のベテランブリティッシュロックファンでないと駄目かな?

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:28:57)


Rising Sun / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アナログB面1曲目。
相変わらずのスカスカサウンドで、これじゃ太陽も昇るのを止めちゃうんじゃないの?って突っ込み入れたくなりますな。
プロデューサーのトニー アシュトン(ペイス アシュトン ロードのアシュトンですね)がキーボードで参加し、良いアクセントを付けています。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:24:38)


Epitaph Blues / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

如何にもブルースでございってなギターにハーモニカが絡み、もったりしたリズムで曲が進んで行きます。
ジョン フィドラーのボーカルにはパワーも無ければテクニックも無いですが、その独特の声が全てをOKにしてしまうんですよ。

めたる慶昭 (2018-08-11 15:19:52)


Cajun Kick / Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

アルバムオープニングナンバー。
いきなり、スカスカのサウンドに恐らく現在の若いメタラーが聴いたら、開いた口が塞がらないかもしれません。
しかし、何となく異国情緒がある緩い感じにジョン フィドラーの煮え切らないボーカルがのっかる、こんなサウンドもブリティッシュロックの奥の深い魅力の一つなのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:15:53)


Thru' a 5 / MEDICINE HEAD

後にBritish Lions やBox Of Floggs で活躍したジョン フィドラーが在籍していたバンドMedcine Head の74年発表のアルバム。
74年当時でさえ古臭さの漂うスカスカのサウンドですが、味が有って何とも言えない魅力がそこには有るのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-11 15:11:55)


The March of the Black Queen / Queen II / QUEEN
すべてはこの曲のための序曲とさえ思える。
スぺクタキュラーな展開につぐ展開、邪悪な世界観に「これがRADIO GAGAをやってる人達の曲か!?」と
瞬時には理解できない。この曲も含めてアルバム「QUEENⅡ」は凄いことになっている。

学生の時先輩にこう言われた。「QUEENⅡって疲れるのよね」
当時、まだこの作品を未聴だった僕は「へー。そうですか」ぐらいの感じだったのだが、後年この作品を
聴いてみて先輩の言った言葉の意味がわかった。とにかく気が抜けないのだ。それまで培ってきた自分の
音楽耳、音楽脳を全力で駆使しないと飲み込まれてしまうのだ。故にあの先輩の言葉となる。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 01:15:47)


Nevermore / Queen II / QUEEN
こちらは2分にも満たない。
しかしこの美しさはなんと表現すればよいのか。儚いカゲロウのような曲。
この曲はこの位置でなければならない。だからこそ意味がある。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:37:08)


The Fairy Feller’s Master-Stroke / Queen II / QUEEN
3分にも満たないコンパクトな曲なんだけど、侮ってはいけない。
その密度たるや尋常ではない。一気に駆け抜ける構成のなかに含まれる情報量の多さに
脳ミソが追い付かない。気持ちわるい。初めて聴いた時は何が起こっているのか
わからなかった。大げさじゃなく、今こんな曲を書ける人はいない。異形の名曲。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:21:24)


Ogre Battle / Queen II / QUEEN
黒面はこの曲からスタート。
驚いたことに、この印象的なギターリフ、フレディが考えてブライアンに聴かせたそう。マジか!
漂う緊張感、ほとばしる狂気、みなぎる殺気、そして華麗なメロディに茫然自失となるのみ。
この曲、単体で聴いてもいいけど、やっぱりブラックサイド(レコードでいうB面)通して
聴くのがいい。彼らのポップな面しか知らない人たちに是非聴いてほしい。

はっちゃん ★★★ (2018-08-11 00:06:53)


Lookin’ Out My Back Door / Cosmo’s Factory / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
私が唯一持っているドーナッツ盤では「光りある限り」のB面がこの曲です。
アメリカではA面なんですか?
今年みたいに暑い夏はクーラーの利いた部屋でこんな曲聴いて爽やかな気分になりたいですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-10 23:13:23)


Have You Ever Seen the Rain? / Pendulum / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
はっちゃんさん、私も何回かカラオケ🎤😆🎵で歌ったこと有りますよ。
非常に歌っていて気持ち良いんですよね。
えっ、歌詞の内容ってそんなシリアスだったんですか?
ちっとも知らなかった。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-10 23:09:37)


Reckless / BRYAN ADAMS

7つ下の同僚の奥さんがこのやんちゃなCanadianのファンだったという話を聞いて全曲レビューに至った。大半の曲は83年中にレコーディングが終わっていたらしい。ちなみにシングルリリースの順は3.7.5.4.6.1.8.で、翌85年にかけてこれらがヒットチャートを席巻したんだよなぁ。
BRYANの活動のピークはWaking Up the Neighboursの頃になるだろうけど、ブレイク作と言ったら断然コレだってば。それにしても本サイトでは何ともSummer of '69の人気が高いことよ! 確かに夏はこいつのシンプルでストレートなロックでオーバーヒートしちまうのも一興かもね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-10 20:00:12)


Ain't Gonna Cry / Reckless / BRYAN ADAMS
エンディングチューンも非シングル曲ながら、そう言えば"FOOTLOOSE"で流れてたなァと。理想的な終わり方を演出するこの疾走曲に遠慮なく☆3つ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-10 19:31:45)


Run to You / Reckless / BRYAN ADAMS
本作からの1stシングルで"Heaven""Summer of '69"に次ぐTOP10ヒットとなった。確かに奴にしては哀愁メロハーないし(日本で言う)AOR的な曲だが似合ってるかと言うと…?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-09 19:26:01)


She's Only Happy When She's Dancin' / Reckless / BRYAN ADAMS
同じくソロ名義でロックするSPRINGSTEENやMELLENCAMPとの類似性があるかな? 動画の女の子の腰つきが悩ましいけどポイントは考慮しないぞ。非シングル曲。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-09 19:16:46)


Long Gone / Reckless / BRYAN ADAMS
本作では少数派の非シングル曲にもシンプルなりに手抜き一切無し。奴のシャッフル調ナンバーは珍しいかな?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-08 19:19:21)


Kids Wanna Rock / Reckless / BRYAN ADAMS
単純明快、Kids wanna rockでありGirls just want to have funだ、世の中そういうもんだ。リフがVHのI'll Waitだって? たまたまだよ、偶然!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-08 19:14:12)


Heaven / Reckless / BRYAN ADAMS
1984年当時、洋楽好きの女の子は例外なくこの曲が好きだったに違いない。いや多くは好きだったかな? 好きな子もいただろう…え~いとにかく名バラードだ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-07 20:01:44)


It's Only Love / Reckless / BRYAN ADAMS
別にたとえ20歳も上のTINA TURNERとデュエットしなくても十分イケたであろうストレートで重みのあるロック。その理由は2つ上の方が仰る通り歌詞にある、ウム。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-07 19:34:13)


Promised Land / Fassade / LACRIMOSA
ボーナストラックですね。
テクノっぽい感じもするちょっと毛色の変わったナンバー。
中々良い曲で、こっちを追求した方が良いんじゃないの?は言い過ぎかな😃

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:11:09)


Fassade, 3. Satz / Fassade / LACRIMOSA
「Fassade」三部曲の締め括りの曲。
流石に曲作りに力が入っており、オーケストラアレンジもバンドの演奏もテンションの高い劇的なサウンドを展開しています。
ただ、ティモのクリーンボーカルには今一つ魅力が薄いため、私の中で評価が少し下がってしまうのが惜しまれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:08:10)


Liebesspiel / Fassade / LACRIMOSA
印象的なギターリフから始まるヘビーな曲。
ティモのグロウルに絡むオーボエの様な管楽器のパッセージが耳に残ります。
ストリングスアレンジもヘビーなギターサウンドに良くマッチさせており、短めの曲ながら私的にはこのアルバムのハイライトナンバーですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-08-05 21:03:05)


Senses / Fassade / LACRIMOSA
シンセがポロンと鳴ってアンヌが歌い上げる様に入ってくる静かな印象で曲は始まります。
バンドが入ってきてもスローなテンポは変わらず、ダイナミズムが加わったという感じですか。
ティモのボーカルは一切聴こえず、アンヌの為の曲の様ですが、Gathering 辺りに比べると物足りないかな😃

めたる慶昭 (2018-08-05 20:58:37)


We Can Work It Out / 1962–1966 / THE BEATLES
「変幻自在」という四字熟語が似合いの名曲だと思います

回転式手動ドア ★★★ (2018-08-04 01:35:20)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
CDTakeが一番いい。Howeのギターが一番さえているのがCD

名無し ★★★ (2018-08-03 07:17:06)


Mushanga / The Seventh One / TOTO
まさに神曲

名無し ★★★ (2018-08-02 00:24:43)


Yellow Cab Man / Gun / GUN(60'S)

常に一定のスネアとボーカルの合間のギターソロ、そして繰り返し歌われるサビに中毒になりそうです。

ぬい様 ★★ (2018-08-01 01:25:41)


Zombie / No Need to Argue / THE CRANBERRIES
反戦歌、なんか泣けてくる。

ぬい様 ★★★ (2018-08-01 01:14:53)


Africa / Toto IV / TOTO
ロックなどジャンル関係なしに名曲でいい曲だと思います。

レスポールほしい ★★★ (2018-07-30 16:24:46)


最後に残ったのは私たち二人 / Elodia / LACRIMOSA

今度は、大袈裟なクワイアから始まる5分45秒のナンバー。
うん、この曲でのティロとアンヌのデュエットは中々良いね。
ヒューって漂う音はメロトロンかはたまた音楽用ノコギリ(しならせて音を出す奴)か?
ゴシックムード満点ですな。

めたる慶昭 (2018-07-29 16:46:53)


君を消せなかった / Elodia / LACRIMOSA

イントロからオーケストラがストリングスもホーンも全開で入り、オッと期待させます。
最初はアンヌがリードボーカルの様ですが、彼女一人で歌っていても余り魅力が無いなあ。やっぱりティロが出てきてヨシヨシって感じですな。
これも8分弱と長尺ですが、前曲よりはメロディーもアレンジも数段上でアルバムのハイライトでしょう。
次の曲は退屈だしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:40:12)


Ich verlasse heut' Dein Herz / Elodia / LACRIMOSA
ベースのリフから始まる8分半に及ぶ長尺ナンバー。
ティロの低音ボイスは癖が強く、好き嫌いがハッキリしそうですが、私は微妙に好き寄りということで。(笑)
ストリングスもキーボードかな?なんて使われ方で、有りがちなアレンジで飽きが来るぞ!
まあ、ギターだけ中盤と終盤でソロを頑張っていますな。

めたる慶昭 (2018-07-29 16:34:08)


Alleine zu zweit / Elodia / LACRIMOSA
アコースティカルに始まる静かな曲。
発表当時、生のオーケストラを起用して、ゴシックメタルとクラシックの融合を試みたと話題になりましたが、70年代のプログレに前例が幾つも有り、ビックリすることでもないでしょと覚めた目で見ていました。
ティロとアンヌのデュエットの相性はそこそこかな😃

めたる慶昭 (2018-07-29 16:26:46)


Only Love / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER
これも比較的アコースティックな曲。
後半はエレクトリックギターが入りちょっとサイケになりますが、繋ぎに不自然感が無く、クーラの曲作りも成熟してきたなあと感じさせます。
クリスピアンのボーカルは決して上手くはありませんが、如何にもイギリス人らしい声が私を魅了して止まないのです😆

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:18:54)


Ophelia / Pilgrim's Progress / KULA SHAKER
アコースティックギターの爪弾きから始まる静かな曲。
クーラ風トラッドソングですな。
途中からバンドが入ってきますが、サウンドはあくまで控え目でトラッドスタイルを崩しません。
メタラーの人が聴くと「フックが無い」等と文句が出そうですが、これもブリティッシュロックなのさ。

めたる慶昭 ★★ (2018-07-29 16:14:39)


Body Language / Hot Space / QUEEN
PV ロジャー カッコよすぎ 曲はさておき...

名無し(2018-07-29 13:36:47)


News of the World / QUEEN


捨て曲の無い、QUEEN唯一のアルバムだと思います。中でも4、7、9、10、11は凄すぎる...

名無し ★★★ (2018-07-29 05:25:32)


MEDICINE HEAD

後にBritish LionsやBox Of Floggs、ソロで活躍するジョン フィドラーが在籍していたバンドです。
自分が唯一持っているアルバム「Thru' a 5」は後程レビューします。

めたる慶昭 (2018-07-28 17:52:59)


I'm Still Standing / Too Low for Zero / ELTON JOHN
「Saturday ~」ばかりが、エルトンのロック・サイドとして強調されますがどーしてどーして!
この曲も充分カッコいいです。

マイナーキーでスタートして歌い出したら急にメジャー、んでまたマイナー・・・これを繰り返して、聴き手をドンドンエルトン・ワールドに引き込んで行きます。
ピアノで立派にハードロックしているのがスゴイ♪

ひできⅡ ★★★ (2018-07-26 21:01:57)


Slip of the Tongue / WHITESNAKE

BURRN!誌でも当時は良くカヴァーデイルとジョン・サイクスの組み合わせは最強だったと評価をされ、実際にあの記事が出た後は周りに同調する人間は勿論、自分が言ったみたいな勢いでウンチクを語る猛者が急増したことを鮮明に記憶している。
全米での成功を狙いすぎた人選は上手くいかなかったと思うが、それはブルージーなサウンドにヴァイの機械的なギターは合わないという論調なんだろうけど、その後、日本ではポール・ギルバートがギターを弾くMR.BIGだ大成功した。
同じようなブルースロックにポールの機械的なギター、ヴァイの方が理論的で革新的なギターを弾いていたと思うが、ポールの事を機械的なギターと非難する人に出会ったこは少ない。
したがって、何故ここまでヴァイが非難されるかは理解不能だ。やはり酒井氏の発言になびいた結果だろう。
キース・オルセンによる全米チャートを意識したポップ路線は前作同様だと思う。

その後、BURRN誌ではヴァイも合わないけど、カヴァーデイルもムリしてシャウトしていた、みたいな論調で着地した。
当時、評論家が口を揃えて否定した為に、多くの人が同調して悪口をいったことで有名なアルバム。
だから流石のカヴァーデイルも空気呼んでイマイチだったかもねと最終的に答える始末。
これだけネガティブな情報があるなかで聞くのは勇気もいるだろう、だけど普通の人たちは当時、結構当たり前に聞いていたのでバイアスが掛っていないならイケるだろ。

これは断言できるけど、昔のWHITESNAKEが好きな人は前のアルバムがアメリカンすぎてバンドから離れて行ったことも言及しておきたい。だから前作は最高で、今回はダメという意見がいかにBURRN!ライクなものだったかはハッキリと伝えておきたい。

正直者 ★★ (2018-07-25 19:32:12)


Whitesnake / WHITESNAKE

めちゃくちゃコマーシャル路線を突き詰めたアルバム。マイク・ストーンとキース・オルセンの二人をプロデュースに迎えたのは大成功と言えるだろう。
ヤングギター誌でも大絶賛のラブバラード「IS THIS LOVE」などジョン・サイクス加入の成功例を見てとれるが、やはりリメイクしたヒット曲「HERE I GO AGAIN」の成功が全米2位へと導いたのは間違いないだろう。
その半面英国では16位までしか上らなかった。
しかしカヴァーデイルの野心はここに成就することになった。

正直者 ★★ (2018-07-25 19:12:23)


Slide It In / WHITESNAKE

ベテランのエディ・クレイマーをプロデュースに迎え入れシングル『愛の掟』を先行リリースするも、最終的にはマーティン・バーチが戻ってアルバムを完成させた。
すったもんだでメンバーの出戻りもあったが、コージー・パウエルのソリッドなドラムを軸としたハードロックサウンドは、今までのブルース路線と上手く融合。そのかいあってゲフィンレコードとの契約に漕ぎつけることが出来た。
しかしMIXに難を示したゲフィンの要望でUSヴァージョンを制作、リメイクナンバーの追加やギターパートをジョン・サイクスのものと、ベースパートをニール・マーレイに差し替えてのリリースと、また米と日、英ヴァージョンの違いのあるアルバムが出来上がってしまった。
過酷なドサ回りも経験した全米ツアー、その活動は全米制覇へと繋がる足がかりになったのは間違いないだろう。

正直者 ★★★ (2018-07-25 19:02:23)


Saints & Sinners / WHITESNAKE

メンバー間のゴタゴタでレコーディングは途中で棚上げになる。おまけにカヴァーデイルは娘の病気を理由に休養と問題が多すぎた。すったもんだでメンバーは解雇。ベーシックトラックは録音済みだったので、契約をこなすためにメル・ギャレーを呼んでレコーディングを完成させた。
そんな内部事情はアルバムにもモロに反映されている。なんだかとてもまとまりのない作品になってしまった。それでも6曲目がスマッシュヒット。そのおかげで全英9位と面目は保たれた。
そのヒットしたHere I Go~はリメイクして大ヒットする。

正直者 ★★★ (2018-07-24 18:49:58)


Come an' Get It / WHITESNAKE

アスコットの旧ジョン・レノン邸で録音したアルバム。だからバットフィンガーのヒット曲に似たタイトルや歌詞を引用したのかな?エロジャケットも含め遊び心も満載なんですね。

Fool For~がヒットを飛ばし良好な状態でリリース。そのおかげで全英2位と今回も売れた。気を良くして全米ツアーに出かけるもビルボードチャートは圏外、ツアーのチケットも売れず散々な結果に、この惨事がきっかけでブルースロック黄金期のメンバーシップが瓦解することになるとは夢にも思わなかった。

シングルカットされた3曲目の Don't Break~を筆頭のカヴァーデイルの歌声は益々、色気が増している。特に凄いと思うのは、今とは違い一つ一つに心を込め丁寧にうたっていること、そんだけでも聞く価値はある。
全米で売れなかったのは、アメリカ人にとっては暗すぎたのかな?

正直者 ★★★ (2018-07-24 18:39:50)