この曲を聴け!
最近の発言
Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Endorphinmachine / The Gold Experience / PRINCE (MK-OVERDRIVE)
'39 / A Night at the Opera / QUEEN (risky)
Every Step of the Way / Caravanserai / SANTANA (1573)
Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS (名無し)
Toto IV / TOTO (名無し)
Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Seven(Brother's) / ENUFF Z'NUFF (ずなきち)
Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Spare Me a Little of Your Love / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Sentimental Lady / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Bare Trees / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
The Ghost / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Child of Mine / Bare Trees / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Number the Brave / WISHBONE ASH (失恋船長)
Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Take You down / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Splash / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Hope and Glory / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Never Wanted You / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Never Wanted You / Splash / The Boxes (めたる慶昭)
Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Illuminations / WISHBONE ASH (失恋船長)
The Prophet's Song / A Night at the Opera / QUEEN (名無し)
Eliminator / ZZ TOP (失恋船長)
Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Thriller / MICHAEL JACKSON (N.A.ROCKS)
The Lovemongers / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Love Your Shoes / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
I Can't Crack / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Dancing the Hard Bargain / The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
The Lovemongers / FURNITURE (めたる慶昭)
Seconds Out / GENESIS (GC8改)
Bad Love / Journeyman / ERIC CLAPTON (名無し)
All the King's Horses / Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
Spirit of Love / Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
Mean Business / THE FIRM (火薬バカ一代)
First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Reptile / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
Spark / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
North, South, East and West / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
Destination / Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
No Violins / Fun in Space / ROGER TAYLOR (名無し)
Starfish / THE CHURCH (めたる慶昭)
It's Late / News of the World / QUEEN (名無し)
Baby Won't You Come Out Tonight / Reminiscing / BUDDY HOLLY (名無し)
Another Day, Another Ray of Hope / Chimera / BILL NELSON (めたる慶昭)
Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA (めたる慶昭)
Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Africa / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Waiting for Your Love / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Don't Cry / Alpha / ASIA (名無し)
We Made It / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Angel Don't Cry / Isolation / TOTO (名無し)
Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
It’s a Feeling / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Good for You / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
I Won’t Hold You Back / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Make Believe / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Rosanna / Toto IV / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Dr. Vodker / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Skylon / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
The 4th of September Street / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Top Man Top / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Tap to Snooze / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Wild Frontier / Wild Frontier / GARY MOORE (名無し)
The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Chinatown / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
For What It’s Worth / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
Wall of Glass / As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
As You Were / LIAM GALLAGHER (めたる慶昭)
To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Little Light Music / JETHRO TULL (めたる慶昭)
My God / Cross Eyed Mary / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Heavy Horses / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Virginia / Circushead / THE JEREMY DAYS (めたる慶昭)
Room to Revolution / Circushead / THE JEREMY DAYS (めたる慶昭)
Give it a Name / Circushead / THE JEREMY DAYS (めたる慶昭)
Circushead / THE JEREMY DAYS (めたる慶昭)
Hummingbird / HUMMINGBIRD (失恋船長)
Thriller / MICHAEL JACKSON (1573)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (名無し)
Fire / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
All Queued Up / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Golden Showers / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
タクシー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
キャパルディズ・カフェ / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
エヴリシング・フォー・ザ・ダンサー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
ホワット・ア・ジャーク / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
You Don't Want Me Anymore / Steel Breeze / STEEL BREEZE (GC8改)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (帰ってきたクーカイ)
I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Drivin’ Sister / Mott / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Whizz Kid / Mott / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS (名無し)
Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS (名無し)
Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
The Stone Roses / THE STONE ROSES (名無し)
Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO (失恋船長)
Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN (1573)
Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Magic and Loss / LOU REED (名無し)
Angela / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Rockmaker / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Takin' It Back / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Girl Goodbye / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
You Are the Flower / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Manuela Run / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Georgy Porgy / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Child's Anthem / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
THE KINKS (めたる慶昭)
Rose / Rosemary Butler (失恋船長)
Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Grace / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS (めたる慶昭)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Death on Two Legs (Dedicated to...) / A Night at the Opera / QUEEN
私はこの曲が好きなんですが、今時のバンドはこう言う感じの曲はカバーしないですよね?

名無し ★★★ (2018-02-20 22:01:00)


Endorphinmachine / The Gold Experience / PRINCE
The Artist Formerly Known As PRINCE時代ではそういう理由でよく知られた曲。脳内麻薬だか幸福ホルモンだか知らないが彼らしいヘヴィロックだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-02-19 19:50:58)


'39 / A Night at the Opera / QUEEN
Queenでは珍しいカントリー調の曲。
あるサイトで歌詞解釈してたけど、これ宇宙へ行ったってことなのか。
アインシュタインの特殊相対性理論がらみなあたりさすがブライアン・メイ。
文系脳の自分には難しいが、そんなん抜きにしても素晴らしい!

risky ★★★ (2018-02-19 19:02:34)


Every Step of the Way / Caravanserai / SANTANA
この曲(と言うかこのアルバム)は音楽好きなら絶対に通らなくてはいけない、そんなとんでもない代物。
熱情が凄い、緩急が凄い、勢いが凄い、もうとにかく凄い。
サンタナと言えば、ギターもだが、ラテン特有のパーカッション群だ。
この曲は特にそれが際立っている。
勿論、エモーショナルなギタープレイも、絶対に聞き逃せない。

圧倒的・絶対的に素晴らしいアルバムのラストを飾るに相応しい壮大かつ凄まじい曲だ!

1573 ★★★ (2018-02-19 08:13:17)


Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS
4:15からKORG WAVESTATIONのシンセサイザーの宣伝のようなソロが堪能できまっせ!

名無し ★★ (2018-02-17 22:07:48)


Toto IV / TOTO


TOTO含め所謂産業ロックが賛否両論っていつの時代の話をしているのですか・・・

名無し (2018-02-15 22:04:41)


Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF

アルバムがでるだけでもありがたいことかも知れませんが、デビュー前の曲の焼き直しばかりで、ドニーもいないし、なんだかなあ。

ずなきち (2018-02-14 20:46:29)


Clowns Lounge / ENUFF Z'NUFF

アルバムがでるだけでもありがたいことかも知れませんが、デビュー前の曲の焼き直しばかりで、ドニーもいないし、なんだかなあ。

ずなきち (2018-02-14 07:33:12)


Seven(Brother's) / ENUFF Z'NUFF

このアルバム、個人的にはかなり好きなんですけどね。哀愁漂うメロディがたまりません。

ずなきち ★★★ (2018-02-13 18:33:53)


Bare Trees / FLEETWOOD MAC

「Future games 」に続くボブ ウェルチ加入後の第2段。
72年作。
クリスチャン マクヴィーとボブ ウェルチが各2曲。カバー1曲。ダニー カーワンが5曲とダニー色が比較的濃いのかな。
リードボーカルは各々作者自身が取っているので、ヴァラエティ感が有りながら、二人のギタリストを中心としたサウンドは一貫しており、この時期のFleetwood Mac らしさは出ています。
それにしても、ボブ ウェルチ在籍時に限って集めようと考えて購入した作品の中の1枚ですが、ダニーも良い曲書いていますね。
なんか得した気分です🎵

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:40:59)


Spare Me a Little of Your Love / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
クリスチャン マクヴィー作。
ボーカルも彼女自身。
スティービー ニックスの様な艶とか華やかさは有りませんが、爽やかで中々魅力的な声だと思います。
と言ってもそこはイギリス人、アメリカンな爽やかさではなく、ブリティッシュなウェットな感じが有るのが良いのです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:32:01)


Sentimental Lady / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
ボブ ウェルチ作。
後に彼自身の1stソロ「French kiss 」に再録されますが、こちらのバージョンの方がアレンジが素朴で曲の良さがダイレクトに伝わってきますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:27:31)


Bare Trees / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
アルバムタイトルナンバー。
おそらくアナログ時代はA面のラストナンバーという位置付けでしょう。
ダニー カーワン作でボーカルも彼自身だと思います。
ウェルチがアメリカ人なのにブリティッシュっぽく、ダニーがイギリス人なのにアメリカンっぽい声だと思うのは私だけ?
それほど爽やかなポップ感覚に溢れる曲ですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-12 16:24:10)


The Ghost / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
2曲目でボブ ウェルチ作。
勿論ボーカルもウェルチ。
Paris の1stだけ妙に力んでロバート プラント擬きのハイトーンで歌っていましたが、マック時代はソロ時代と同じく彼本来のトーンで歌っており、その飄々とした歌いぶりにこれこれって頷いちゃうんだよね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:19:22)


Child of Mine / Bare Trees / FLEETWOOD MAC
アルバムオープニングナンバー。
作曲クレジットはダニー カーワン。
アッパーな感じのロックンロールですが、BPMは今のスピードメタルの半分以下(笑)
ボーカルは男の声でボブじゃないとするとダニー自身なのかな?
550円でアメリカ盤の中古品でブックレットには曲名と作者のクレジットとプロデュースがマーティン バーチって書いてあるだけでデータ少なっ❗

めたる慶昭 ★★ (2018-02-12 16:13:44)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


ストレートなロックやメタルが好きだった自分が初めて聴いたピンクフロイドのアルバムがこれ。名盤との評価に手を出した物の、プログレッシブロックのアルバムとしてはこれが初。初めて聴いた時ははっきり言って聴いてられませんでした。退屈に感じました。ですが色々な音楽に触れ、プログレにも慣れた頃にこれを聴き直した時は正直感動しました。素晴らしいアルバムです。最近はダウンロード主体でヒットシングルだけ買う人が多いと思います。ですがアルバムと言う1つの作品の素晴らしいさを感じずにいられないアルバムです。買って見て気に入らなくても手放さずにいて欲しいですね。そしていつか良さに気付いて欲しい!

名無し ★★★ (2018-02-10 22:24:56)


Number the Brave / WISHBONE ASH

バンドの創始者とも言えるマーティン・ターナーが脱退、代わりに迎えられたのが英国ロック界の貴公子ジョン・ウェットンが参加したのがコチラになります。高貴な声の持ち主として知られるジョンが、フォーキーな叙情派ロックサウンドとどのように絡むのかと思ったら、オシャレでファンキーなアメリカンロックの『Loaded 』で幕開けと、随分と肩透かしを食らうのですが、そのノリは結構な勢いで続き③曲目に収録された『Underground』で持ち直すも、オシャレなアメリカン志向のロックサウンドが多く収録されイケそうでイケない気まずい雰囲気になるのですが、だからマーティン・ターナーやめたんかぁとなりましたね。
またジョン・ウェットンよりも他のメンバーも活躍も目立ち、彼が俄然色めき立ったのが自身が提供した『That's That』くらいという仕様にバンドの迷走ぶりを感じずにはいられません。
そういう方向性や立ち位置に嫌気がさしたのか今作リリース後、早々とジョンは脱退。後任にトレバー・ボルダーが迎えられえるとは驚きました。アグレッションやハードさがウリのバンドではないので、ソフトでオシャレなロックサウンドである事に嫌悪感は抱かせないが、英国的な叙情性が薄まると求心力の低下に繋がるのは否めないかと思います。
それでも随所に拘りのプレイも持ってくる辺りには、このバンドの出自が英国である事を誇示していると思いますよ。80年代初頭のニューウェーブな波を意識した作風に時代を感じますが、それ系も気にならない守備範囲の広いロックファンなら楽しめる要素も大きいのではないでしょうか?ハードなモノを好む方にとっては、シャラシャラしたギターが活躍する大半の楽曲に怒りを覚えるでしょう。でも合間にねじ込まれる英国風味が滲み出たロックナンバーに、気分も持ち直すんですけどね。

失恋船長 ★★ (2018-02-10 18:33:52)


Splash / The Boxes

Deaf School 解散後にギタリストだったクライブ ランジャーが結成したThe Boxes の唯一のアルバム。
リリースされたのが80年ということもあり、かなりパンク&ニューウェイブっぽさもあるものの、やはり見え隠れしている洒落っ月が「アッ Deaf School 出身だな」と思わせます。
クライブはアラン ウィスタンレーと組んでMadness やElvis Costello をプロデュースして、名が売れましたが、このThe Boxes のキーボードはMadness のキーボードのマイク バーソンの弟で、人脈図的にも面白いですね。
良質のブリティッシュロックアルバムです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:42:04)


Take You down / Splash / The Boxes

性急なドラムスとそれに乗っかる安っちいキーボードのイントロから一転してちょっとダブっぽくボーカルが始まりますが、またすぐアップテンポに・・・
それを繰り返す業の妙。
間奏のクライブのギターも難しいことはやってませんが、センスの良さを感じさせます。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:32:04)


Splash / Splash / The Boxes

アナログB面1曲目でタイトルナンバー。
この曲も流石に出来は良く好きな曲です。
この曲を聴いていると、解散したDeaf School を思い出させますね。(現在は再結成して絶賛活動中)
何故なら、クライブのボーカルがDeaf School のスティーブ アレンとかなり似ているからです。気のせいかな?

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-10 16:26:55)


Hope and Glory / Splash / The Boxes

アルバム中一番好きな曲です。
ボーカルメロディーは哀愁味タップリでギターが本職のクライブ ランジャーのボーカルは決して上手くはないのですが、味が有るんですね。
バックのサウンドはアップテンポで結構パンキッシュな感じも有ります。
la la la hope and glory hey hey hey hard luck story ~

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-10 16:21:54)


Never Wanted You / Splash / The Boxes

ちょっと不穏なイントロからとびきりポップな歌メロが飛び出してくる、でも不自然な感覚は一切無い不思議なナンバー。
キーボードのベン バーソンはMadness のマイク バーソンの弟ですが兄弟揃って素晴らしいセンスをしているなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:16:40)


Never Wanted You / Splash / The Boxes

ちょっと不穏なイントロからとびきりポップな歌メロが飛び出してくる、でも不自然な感覚は一切無い不思議なナンバー。
キーボードのベン バーソンはMadness のマイク バーソンの弟ですが兄弟揃って素晴らしいセンスをしているなあ。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-10 16:16:08)


Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
WISHBONE ASHか否かは別として
エモーショナルかつ躍動感のあるマーヴィンの歌声に良いしてます

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:48:00)


Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
英国的叙情味満点のメロディが華麗に躍動します
オライアンことマーヴィン・スペンスの歌声もバッチリハマっていますね
透明感とハードなロックサウンドが見事に結実しています
ノリのよいグルーブはこのラインナップならではの旨味かね

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:42:53)


Illuminations / WISHBONE ASH

80年代に一旦活動を停止するも復活を果たした英国の老舗バンドが1996年にリリースしたアルバム。メンバーはアンディ・パウエルのみと言う事で、ある意味ソロアルバム的なニュアンスもありますが、彼が居ればWISHBONE ASHといっても過言ではないので問題はないでしょう。
英国風味満点、トラディショナルな響きには、あの望郷心をくすぐる哀愁美が満載。湿り気を帯びた叙情性の高いメロディを軸に、芳醇なメロディを紡ぐ二本のギター、アコギを織り交ぜ多彩なギターワークで聴き手を魅了。往年の空気を再現しつつも古臭さを一掃したサウンドプロダクションは聴きやすさを誘発。メロディ派のマニアならグッとくること間違いなしでしょう。割と長めの曲もあるのですが、難解な要素など微塵もなく、優美な叙情性と言う看板を掲げ、あくまでもムードで酔わせるスタイルをとっているので、AOR系のソフトロックなどが好きな人が聴いても満足出来るでしょうね。
ロックの持つ有機的なエモーション、彼らは熱さよりもクールさなのだが、その往年のブリティシュトラッドロックを極めたアーティスティックな面と、ソフトな歌モノ路線とのバランス感覚と巧みに保つ事で、自らも金看板を守っていますね。

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:39:23)


The Prophet's Song / A Night at the Opera / QUEEN
ボヘミアン・ラプソディーのB面は、この曲の方が良かったのではないかな?と思ったけど、シングル・レコードだと曲の長さがネックなんですよね…。

名無し ★★★ (2018-02-09 22:37:25)


Eliminator / ZZ TOP

テンガロンハットって言うの?カウボーイの帽子をかぶり、恰幅のいい体系の男がサングラスに、何十年伸ばしているのと聴きたくなる顎鬚姿が何とも言えない風貌で、インパクトも大きなモノでした。
80年代中期にハードなモノを聴くようになった思春期真っ只中のワタクシでしたが、彼らは、その当時割と日本のメディアでも取り上げられるような存在であり、来日時などはチョイとしたニュースにもなっていました。それほど、売り上げを残した作品をリリースしていたのですが、今作は彼らの名前を広く世に知れ渡る事に貢献した一枚でしょう。
勝手に思っているアメリカ南部のカウボーイ魂、そんな精神性をハードなブギーサウンドに乗せて、渋くかき鳴らしています。リリ-ス時が1983年なのですが、当時としても十分に古典的なサウンドだったろうが、シンセサイザーなどの電子音を、さらりとねじ込む事で、当時としてのモダンさを補完、その成果も手伝いAC/DC同様、変わり映えのないハードブギースタイルを確立しています。

失恋船長 ★★★ (2018-02-07 19:30:26)


Raw to the Bone / WISHBONE ASH

個人的にWISHBONE ASHの音源に初めて触れたのが今作。事前に聞かされていたイメージとは異なるサウンドではあったが、今作が他のカタログと比べると異質な方向性であった事を後に知る事になります。WISHBONE ASHと言えば、トリプルヴォーカルに、湿り気を帯びた哀愁のメロディを奏でるツインリードの調べ、英国風味満点のトラディショナルなフレージングの旨味、それらが幾重にも折り重なり美しくハモるのだが、今作には、そんな要素は皆無。
勿論、英国的なムードも満点だし、ちょいブルージーな要素もあるが湿り気という点も全然違う、またマイルドな感触と明るいポップセンスが前に出た作風に、かつての面影もない、でもこれもWISHBONE ASHという魅力には富んでおり、アンディ・パウエルを中心としたバンドサウンドの新たなる可能性を示唆している。
これも1985年と言う時代の波だったんでしょう、と理解できますが、かつての姿を知る筋金入りのファンからはすこぶる評判が悪かったと言われる一枚ではあります。ワタクシのようなライトリスナーにとっては、ポップな明るさの中にある、英国的な響きに琴線がチョコチョコと触れられる瞬間があり、質の違う湿り気を楽しんでいます。
そして最大の主役は、今アルバムを残してバンドをさる事になったオライアンこと、マーヴィン・スペンスの透明感のあるエモーショナルな歌声を堪能できる一枚として、歌モノロックを愛する方には強く勧めたい一枚ですね。
1985年と言う空気を思いっきり吸い込んだ、ポップでストレートな作風に舵を切った意欲作。バンドの活動に一旦、区切りをつける事にもなりましたが、2枚組で再発も決まった今作。丸ごとアメリカンになった分けではないので(英国的な叙情性のある曲も収録されている)、是非ともトライして欲しい一品です。

失恋船長 ★★★ (2018-02-07 19:13:38)


Thriller / MICHAEL JACKSON

名盤!このサイトでも人気のマイケルの代表作!
思うにその後にメタルを含めて洋楽を聴く人間にとって母となるアーティスト・アルバムではないかと思う。
私にとっても本格的な入口はこれかマドンナかスティングかジョージ・マイケルだったと思う。洋楽自体は映画の中だったり、CDレンタルのユーロビートかサントラの方が早いと思うが、覚えとらん。
このアルバムはまず4、5曲目を聴いてください!更に即効性が早いのは音源よりもビデオクリップを見てください!改めて聴いて気付いたことは、Thriller のサビがカッコイイということ!
アルバムの構成も当然考えられていますね。そこも注目してください。
ポップスということで先入観を持つメタラーもいると思いますが、バックはTOTOのメンバー、エディ・ヴァンヘイレン、スティーブ・ルカサー他が参加していますので、よく聴くと子供っぽさもなかったりします。その辺を意識すると通して聴けるかなと思います。
最後に、DEF LEPPARDの HYSTERIA等の歴史的名盤もそうですが、アルバム単位でお聴きすることをお勧めします。
キング・オブ・洋楽!

N.A.ROCKS ★★★ (2018-02-06 20:26:50)


The Lovemongers / The Lovemongers / FURNITURE
アルバムオープニングナンバー。
線の細いギターに安っぽいキーボード、リズムはちょっとアフリカン?
こうしたサウンドにのるジム アルヴィンのボーカルは中音域を気だるく漂っています。
これもまた、ブリティッシュロックの魅力の1つなのです。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-04 11:45:42)


Love Your Shoes / The Lovemongers / FURNITURE

ジム アルヴィンのボーカルは時折、ジム モリソンを思い出させます。
偶然にも同じジムですが、モリソン程の狂気は無く、退廃的なムードと声が相似点かな?
曲は割合普通のブリティッシュポップスです。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:42:01)


I Can't Crack / The Lovemongers / FURNITURE

低いサックスに単調なピアノのリフから始まるアルバムラストナンバー。
別の曲でジム モリソンを引き合いに出しましたが、もうひとつ引き合いに出したいのがXTCですな。
安っぽいのに効果的なキーボードサウンドは特に初期のXTC に共通しているんじゃないでしょうか。
(XTC は1枚も持っておらず、カセットテープにエアチェックで入れた3曲しか知らないのによく言うな、我ながら)

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-04 11:38:28)


Dancing the Hard Bargain / The Lovemongers / FURNITURE

格好良いドラムのリフから始まり、気の抜けた様なサックスが耳を捉えます。
曲タイトルの「ハードバーゲン」はダンスの種類(モンキーダンスとかバンプとかですね、例えが古いけど➡笑)らしく、だから、こんなにもドラムの目立つ曲なのかな?
途中から入る女性のボーカルがエロいです❗

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:31:58)


The Lovemongers / FURNITURE

イギリスのバンド、Furniture が86年にリリースした唯一(日本盤としては)のアルバム。
「家具」というバンド名から、こいつら絶対面白いに違いないと手を出したら、予想通り当たりでした。
ブリティッシュロックバンド特有の煮えきらないサウンドに気だるそうなボーカル。
なのに、結構バラエティに富んだ曲が収められており、時折入るサックスもセンスが良いなあと思わせます。
ビートがアフリカンな感じの曲が幾つか有りますが、ギターやキーボードの退廃的な音色とミスマッチな様で、実は上手くマッチングさせているのは何気に凄い‼
このアルバムを聴いているとトリップ感覚が味わえますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 11:26:27)


Seconds Out / GENESIS

プログレッシブロックのライヴアルバムとしてはこれ以上無い位完璧。
既に上の方々がおっしゃっている通り、Cinema Showでのツインドラムとバンクスのソロは凄い。
とにかくスタジオ盤よりも躍動感が感じられる。若い方々にも是非聴いてもらいたい。

GC8改 ★★★ (2018-02-04 09:39:51)


Bad Love / Journeyman / ERIC CLAPTON
やっぱりクラプトンええわ
最近よりしみる

名無し ★★★ (2018-02-02 02:51:47)


All the King's Horses / Mean Business / THE FIRM
スペーシーなKeyをフィーチュアした哀感溢れる曲調は
AOR/産業ロックに通じるものがありつつも、そこに
ポール・ロジャースのディープ・ボイスが絡みつくことで、
洗練よりも情念が勝るこのバンドならでは魅力を湛えた楽曲として昇華されます。
それより何よりこの曲の場合、ニンジャとハゲ頭にハチマキ巻いた
サムライが暴れるモノクロ時代劇風PVがまずは必見ですよ。
なぜ時代劇…やっぱり奥様が日本人だったから?

火薬バカ一代 ★★★ (2018-01-30 23:15:13)


Spirit of Love / Mean Business / THE FIRM
アルバムのラストに置かれたアップテンポのロック・チューンで
他の収録曲に比べると、この曲からは爽やかな80年代の風が
吹いて来るのを感じます。伸びやかなポール・ロジャースの歌声と、
ジミー・ペイジの軽快なGプレイに心躍らされずにはいられません。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-01-30 23:02:26)


Mean Business / THE FIRM

BAD COMPANYを解散させたポール・ロジャースと、LED ZEPPELINを解散させたジミー・ペイジのご両人が、多発性硬化症を患うロニー・レーン(元FACES)のために開催されたベネフィット・コンサートを切っ掛けに意気投合。その後立ち上げたTHE FIRMが’86年に発表した2ndアルバムにしてラスト作となったのがこちら。
ペイジが弾き、ロジャースが歌う…こいつぁ凄いことになりそうな予感!とパンパンに膨らんだファンの期待を他所に、デビュー作で提示されたのはZEP色の薄い、シンプルで飾り気のないブルーズ・ロック。バブルに浮かれる80年代真っ盛りのロック・シーンにおいては、「地味」「期待外れ」と芳しい評価を得られなかったと聞き及びますが、後追いリスナーな上に、そもそもZEPには殆ど思い入れがないボンクラゆえ(BAD COMPANYは大好きなのですが)「ポール・ロジャースの上手い歌が聴ければいいか」ぐらいの過度な期待をせずに購入したことが奏功したのか、本作も十分楽しむことが出来ましたよ。
特にメロウに揺らめくヒット・チューン③や、後半から踊り出すピアノがバドカンの名曲“RUN WITH THE PACK”を思い起こさせる④といった、ブリティッシュ・ロックならではの哀愁と、ロジャース先生絶品の歌唱が堪能できる楽曲はバッチグー。また草原を吹き抜ける一陣のそよ風の如き⑩におけるペイジ御大のGプレイも実に味わい深く美味。
音質やアレンジ面を含め、同時代のヒット作に比べると圧倒的に華のない作風ではありますが、お陰で今聴き直しても時代性を意識せずに楽しむことができるという、ある意味タイムレスな魅力を持った(?)1枚ではないかと。

火薬バカ一代 ★★ (2018-01-29 22:56:47)


First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲ではバイオリン2人、ヴィオラ、チェロ各1人ずつの計4人の弦楽隊が優雅にタルサウンドに彩を添え、その上にのるイアンの語りかける様なボーカルは心をほっこりとさせてくれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:55:01)


Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
イアンのボーカルメロディーが非常に魅力的なナンバー。
他の曲のレビューでも書いたと思いますが、彼の声は知性に溢れて、ウィットに富み、彼にしか出せないものが有るのです‼
(時にイヤらしくもなりますがね)
歌詞にフランク シナトラが出てきます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:50:16)


Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲もこのアルバムに収録されるに相応しい、なんか目出度い雰囲気の漂うナンバー。
中間部のイアンの一人多重コーラスが効果を挙げています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:45:44)


A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
「Living in the past 」に収録されていた曲(私はブートの「My God !」で初聴き)ですが、若干アレンジが違うので、新たにリレコーディングしたものと思われます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:42:25)


Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
軽快なインストナンバー。
イアンのフルートが小気味良く冴え渡ります。
イギリスの小さな子供たちがクリスマスの朝に喜んで跳ね回る姿が目に浮かびますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:38:26)


The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL

03年のクリスマス時期に合わせて発表されたアルバム。
新曲と既発曲が混じっていますが、録り直した曲もあるようです。
5曲程、レビューしましたが「Christmas song 」以外はどれも私はこのアルバムで初めて耳にする曲で、こんな上出来の曲達をさらりと企画アルバムで初披露するなんて、やっぱりタルは凄い‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:35:54)


Reptile / Starfish / THE CHURCH
この曲も比較的アップテンポではありますが、メロディーは決して陽性ではなく陰性です。
イントロや間奏後に出てくるギターメロディーが印象的で耳にこびりつきますね。
アメリカのバンドじゃこうはならないでしょう。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:28:39)


Spark / Starfish / THE CHURCH
曲のタイトル通り、スパークするような、アルバムの中では最もアッパーな感覚の曲。
作者も大半が、曲はバンド名義ですが、この曲はツインギターの片割れマーティン ウィルソン パイパーの単独作で、リードボーカルも本人が取っています。
ギルビーとは違った声で、このアッパーな曲には彼の声の方が相応しいですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:25:10)


North, South, East and West / Starfish / THE CHURCH
2本のギターで程よく分厚いサウンド(ライブだと効果抜群じゃないかな?)を作るイントロから始まる淡々としたロックンロール。
ロックンロールに淡々としたなんて形容詞は似つかわしくありませんが、この曲を聴くとそうした表現が相応しいと思ってしまうのですから仕方が有りません。
誉め言葉ですよ。
ボーカル兼任のベーシスト、スティーブン ギルビーのベースラインが何気に気持ち良いですな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:19:23)


Destination / Starfish / THE CHURCH
ギター2本で静かに始まるオープニングナンバー。
アメリカの様に陽性でなく陰性、イギリスの様に湿り気はなく乾いたサウンドなのですが、オーストラリアのバンドの特徴と言われたら、この曲等正に当てはまるのではないでしょうか。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:12:28)


No Violins / Fun in Space / ROGER TAYLOR
映画の、ドライブシーンで流れてそうな曲!

名無し ★★ (2018-01-28 16:10:32)


Starfish / THE CHURCH

オーストラリアのバンド、ザ チャーチの5枚目にして88年発表の日本デビューアルバム。
オーストラリアも大陸なので、アメリカと似ていると思い勝ちですが、寧ろ国旗の一部となっている通り、ユニオンジャックつまりイギリスのサウンドに近いものがあります。
まあ、ザ チャーチがたまたまかもしれませんが・・・
私にはそれだけで気に入る理由になるわけで。
ライナーで山田道成氏もイギリスのバンドと共通点が多いと書いてますし、ギターのマーティン ウィルソン パイパーは後にイギリスのオール アバウト イヴに加入するわけですしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:08:17)


It's Late / News of the World / QUEEN
個人的にQueenの中でいちばん好きレベル。
各パート全員の良さがでてる。美しいコーラスと、ドラマチック展開は、まさに伝説バンドQueenのそれ。
こんなにロックなのに切ない曲ある?

名無し ★★★ (2018-01-28 00:19:50)


Baby Won't You Come Out Tonight / Reminiscing / BUDDY HOLLY
バディホリーの最高傑作ロカビリーです

名無し ★★★ (2018-01-27 10:05:10)


Another Day, Another Ray of Hope / Chimera / BILL NELSON
全てのブリティッシュロックファンに聴いて欲しい隠れた名曲です‼
この屈折しまくった甘美なるメロディーを聴け❗

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-27 09:01:25)


Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA
昔、ラジオ(FM)でオンエアした時にエアチェックしたカセットテープで今も時々聴いてます。
Dancing queen も良いけど、こっちもね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-27 08:48:48)


Toto IV / TOTO

余りに有名な1.で始まり10.で終わる…ではその他はと言われたら殆ど記憶に無いというのが大方の本作に対するイメージではなかろうか。自分は今でも4thシングルとなった6.がベストテューンだと思っている。アナログ時代のB面に当たるロック3連発からフュージョン風味の9.に繋がる流れがイイね。
自分にとってそうだから恐らくメタラー諸兄も同様だろうと想像するのだが、TOTOは産業ロックと呼ばれるバンドの中では最も思い入れの無い、遠くにある存在かと思う。テクニックに裏付けされたクールな音像、BOSTONのTOM SCHOLZとはまた違うSTEVE LUKATHERの完璧主義とやらが邪魔をしてそうさせているような。
前年のJOURNEYに代わってTOTOが産業ロック代表に躍り出た、それだけという気がする。矢野顕子がTOTOを悪い音楽と放言したのもこの時だったかな? 賛否両論あり双手を挙げて名盤と評するには二の足を踏む作品だ。
↓1982年が記憶に無い人にはわかるまい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-24 20:16:48)


Africa / Toto IV / TOTO
歌詞でもわかるようにJEFF PORCAROとD.PAICHがアフリカンにしようと追究したのはあくまでも音、リズムだけ。確かに朝もやの草原にシマウマが群れている情景が浮かぶ、百獣の王ライオンではなくて。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-24 08:03:57)


Waiting for Your Love / Toto IV / TOTO
KIMBALL - PAICHの共作、これぞTOTOの持ち味であるジェントルなR&Bナンバー。伸びやかなVo.と跳ねるB.ラインが聴き所だ。メタラーもスルーしてはならないぞ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-01-23 08:06:03)


Don't Cry / Alpha / ASIA
大好きです!エイジアと言えばこの曲!中学生の時に転校してきた子が口ずさんでた。英語の歌をこれ見よがしに歌って嫌味な感じだったけど、今思えば、転校してきて心細かったんだね。

名無し ★★★ (2018-01-22 23:23:20)


We Made It / Toto IV / TOTO
PAICHとJEFF PORCAROの共作だけあって8ビートが心地よいハードポップ。タイトル及びサビのフレーズは"あ~あやっちまった、けどやり直せるさ"の意味らしい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-22 08:04:26)


Angel Don't Cry / Isolation / TOTO
この曲90年のライブでもハイトーン部分は女性ボーカルに歌わせるぐらい今のメンバーでは再現できない曲ですね。
ジョセフでもむりじゃないかな...

名無し ★★★ (2018-01-21 18:12:38)


Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL
イアンのフルートソロとリズムブレイクから始まる6分超えのナンバー。
その後、アコースティックギターに導かれてイアンのボーカルが入ってきます。
中盤以降はマーティンのギター、アンディのキーボードもバックを盛り上げ、かなり次々に展開していく構成なのですが、全然散漫な感じがしないのは、70年代にアルバム1枚で1曲を纏め上げていたタルならではですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:09:12)


Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL
オープニングかつアルバムタイトルナンバー。
かなり不穏な雰囲気のイントロから始まりますが、イアンのボーカルもちょっと呪文でも唱える様な感じでいつもと様子が違うかも。
発表後は良くライブでも演奏されており、05年の来日時もセトリに有った記憶があるし、「Living with the past 」アルバムでもライブバージョンが収録されています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:03:35)


Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
マーティンのギターリフが主導しているタルとしてはちょっと珍しいタイプの曲です。
スピード感はそんなに有りませんが、流石にタルのリズムセクションを担うだけあってジョナサン、ドーンのコンビも然り気無く変拍子に対応しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 15:57:41)


AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
イアンの印象的なフルートのフレーズから始まる曲。
非常に抑制の利いたサウンドでイアンのボーカルも端正な佇まいです。
アンディのキーボードが効果的にアクセントをつけていますね。
こういう懐の深い曲を作るからこそタルから目が離せないのです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-21 15:53:29)


It’s a Feeling / Toto IV / TOTO
パッと聴きSTEELY DAN? S.PORCARO作曲&Vo.のAOR…アダルトな雰囲気に、単純なようで複雑な音を出している点でもAORだ。独特のfeelingだから普遍性には乏しい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-21 08:31:22)


Good for You / Toto IV / TOTO
LUKEとBOBBYの共作による初期のHold the Line辺りを彷彿させるナンバー。普通にスローな8ビートのため単調になってしまったのが惜しい。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-20 09:48:53)


The Jimi Hendrix Experience

ジミヘンの未発表曲が3月にアルバムで発売されるらしい!
しかもバンド・オブ・ジプシーズの楽曲もあるとか!
詳しい事は分からないけど、これは買わなければ!!!!!!!

1573 ★★★ (2018-01-20 05:09:12)


I Won’t Hold You Back / Toto IV / TOTO
歌詞が文字通り後ろ向きなことに目をつぶれば、LUKEの才能が花開いたAORバラード。CHICAGOがブラスならTOTOはストリングスで勝負だ?

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-19 08:07:08)


Make Believe / Toto IV / TOTO
イントロのピアノ、シャッフルのリズムとサックス、Always remember…のコーラスが心地よい。同じPAICH作なら前曲より断然こっちだ!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-01-18 08:08:45)


Rosanna / Toto IV / TOTO
爽やかな曲ではあるが歌メロ自体は単調で、Key.とアウトロのG.の方が聴き所。この程度の出来でグラミー、その手柄もD.PAICHが独り占めなのかなあ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-01-17 08:05:46)


Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

70年代後半に活躍していたDeaf School のオリジナルスタジオアルバムとしては実に39年振りのアルバム。
サックスのイアン リッチーがロジャー ウォーターズのツアーへの参加で今回のブラスセクションがセッションミュージシャンだったり、また、オリジナルのドラムスは他界しているため、ニューメンバーだったりはしますが、しかし、それ以外は、ボーカルのスティーブ アレン、ベット ブライトの男女。ギターのクライブ ランジャー、ベースのMr.アベレージことスティーブ リンゼイ、キーボードのリップルと当時のメンバーがガッチリスクラムを組んで、まるで約40年間のブランクなど無かった様に変わらぬDeaf School サウンドを奏でてくれます。
曲の出来もボートラ含めて13曲、捨て曲は見当たらず45分があっと言う間に過ぎていき、また最初から聴きたくなる素晴らしいアルバムです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 17:27:10)


Dr. Vodker / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ボートラ前の実質的なアルバムラストナンバー。
かなりアップテンポの始まりから、しっとりした曲調に変わり、そうそうやっぱりDeaf School のエンディングナンバーはこうでなくちゃと膝を打っていたら、またアップテンポに戻ったりして、そんなMadness 辺りのはちゃめちゃさに通じるところ(Madness はギターのクライブ ランジャーの秘蔵っ子だし、ベットはMadness のボーカルの奥さんだし、関係深いよね)ところもDeaf School だねと納得させられます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:16:29)


Skylon / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ベースのMr.アベレージことスティーブ リンゼイが力強いベースで曲をリードしています。
この曲はスティーブ アレンとの共作で今回単独作は無いものの次回が有れば期待したいところ。
中間部の男女のセリフのやり取りみたいな部分やちょっとだけアバンギャルドなギターが入るところなど仕掛け満載で聴いていて楽しくなりますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:09:43)


The 4th of September Street / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

ピアノのイントロから始まるバラードというよりしっとりしたシャンソンっぽいナンバー。
彼等の曲は、ロンドンを舞台にした恋愛映画に似合いそうなもの、つまりサウンドトラックを思わせるものが多いですが、この2分半の小品もそんな曲ですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 17:03:54)


Top Man Top / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

アップテンポなナンバー。
だが、70年代の最終アルバムだった「English boys /working girls 」みたいなパンクっぽさではなくKinksっぽいというかパブロックっぽいというか、要は攻撃性は希薄だということですな。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:59:57)


Tap to Snooze / Let's Do This Again Next Week ・・・ / DEAF SCHOOL

アルバムオープニングナンバー。
スティーブ アレンとベット ブライトの男女ダブルボーカルでまずは如何にもDeaf School らしいナンバーでご挨拶。洒落っ気たっぷりな曲調は70年代から全然変わっていません‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:56:27)


Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL

93年末にリリースされたCD 2枚組でCD 1はあの「A passion play 」製作前に行ったフランスでの幻の「シャトー ディザスター セッション」を全面的にフィーチャー。CD 2は70年代半ば~90年代初めまでの様々な時期のアウトテイク集です。
どれもアウトテイクには勿体無い出来の良い曲ばかりで、如何にタルが凄いバンドなのか分かるでしょう‼
特に「シャトー ディザスター セッション」は凡百のバンドなら最高傑作レベルの曲群をそのままあっさりお蔵入りにしていたのだから、唖然とするしか有りません‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:42:11)


Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
81年とあるので、「A」のアウトテイクと思いましたが、ドラムスはジェリー コンウェイだし、エディ ジョブソンではなくピーター ヴィッテッセがキーボードでクレジットされているということは、寧ろ「Broadsword & beast」のアウトテイクか?
何となく曲調もそっちに近似性を感じます。
前半は端正な曲調ですが、途中からイアンのフルートに導かれてアップテンポになり、激しいインタープレイが繰り広げられ、また元の曲調に戻るイアンお得意のパターンで出来も非常に良いですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:33:13)


Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
CD2のオープニングナンバー。
74年とあるので「War child 」のアウトテイクと思われます。
この曲に限らず、何故こんなに出来の良い曲が没となっていたのか理解に苦しみますが、それだけ本編に入っている曲は更に良い曲だったと思い出させられますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:24:09)


Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
これも「シャトー ディザスター セッション」の中の曲ですが、これは「A passion play 」の中の一部を切り取った様な曲で、恐らく殆どが転用されたと思います。
「A passion play 」ではイアンの歌っているパートを全部フルートの演奏に置き換えており、演奏は非常にアグレッシヴです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:19:49)


Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
タイトルから「War child 」収録の「Bungle in the jungle 」絡みか?と思わせるが、特に関連は無さそうです。
「シャトー ディザスター セッション」の中の曲なのですがあの「A passion play 」との繋がりを感じさせるメロディーも全然出てきません。
当時のタル、いやイアンがどれだけクリエイティブだったのか❗空恐ろしくなります。
約、5分半のインストナンバー仕立てですが、イアンのフルートはかなりクラシカルなメロディーなのにバックのリズムセクションはかなりアグレッシヴなのが対称的なのですが、それをキチッと纏め上げているのだから、凄い‼の一言です。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:15:23)


Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL
続く2曲目も中々ハードなナンバー。
「世の中は油断ならないよ」ということをイアンらしい皮肉っぽい言い回しで歌っているようです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:03:44)


This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
4分弱のアップテンポ(タルにしては)ナンバーで、掴みはOKってところか。
タルとしては凡曲ですが、マーティンのギターソロが渋いトーンで格好良いフレーズを決めています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:01:08)


Wild Frontier / Wild Frontier / GARY MOORE
ダサくて土臭くて泣ける

名無し ★★★ (2018-01-10 03:35:32)


The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL
8分近いアルバム中で最長のナンバー。
かなり大袈裟なイントロからイアンのフルートが哀愁を帯びて壮大な叙事詩へと曲を導いていきます。
曲の内容は捕鯨禁止運動に対して疑問を呈しているようで、トピカルな内容ですが、それ故にか曲調もかなりヘヴィです。(普通にヘヴィメタルとして聴ける訳でもないですがね)

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-08 16:24:06)


Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL
「Stand up 」アルバムから続けて聴いても、何も違和感を感じずにタルワールドに浸る事が出来ます。
それだけイアンの作る曲は不変の個性と魅力を備えているわけです。
グラミー賞ヘヴィメタル部門でMetalicaを差し置いて真っ先に表彰されても「ドウモネー」っと軽く微笑みながら活動を続けている彼等が居るのです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:18:20)


We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL
Eaglesの「Hotel California 」に似ているとタルファンの間では有名なナンバー。
確かに最初のボーカルメロディー等かなり似ていますが、ブリティッシュサウンドとアメリカンウェストコーストサウンドとで全体的な印象はさほど似ておらず、Eagles にケチをつける気なんてまったく感じませんね。
それにしてもこれだけワウワウで攻めるバレも珍しいです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:11:39)


Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL
これは終始アコースティックな曲。
イアンの語りかける様なボーカルが格調高く響きます。
途中から入るバレのサイケなギターが微妙にアコースティックサウンドを壊さずにマッチングしていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:05:46)


Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL
牧歌的な味わいの有るスローテンポな曲として、始まりますが、展開部ではかなりハードになり、その2つを繰り返します。
しかし、唐突感が少しもなく、繋ぎ方が自然で素晴らしい‼
4分足らずとは思えない聴き応えのある曲です。
こうした曲作りがさらっと出来るからこそ、後にアルバム1枚で1曲なんて、プログレの大作を作成しても、全然飽きずに一気に聴かせてくれたのでしょう‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:02:51)


Chinatown / As You Were / LIAM GALLAGHER

アコースティックなナンバーでリアムの高音ボイスは爽やかでさえあります。
こういうタイプの曲は今まで余りやっていませんでしたが、彼も英国人、やはりトラッドの影響って有るのかな?
心洗われる様な曲です。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 17:10:09)


For What It’s Worth / As You Were / LIAM GALLAGHER

サイモン ジョーンズという人との共作曲。
ゆったりめのリズムで進む曲でビートルズの「White album 」辺りに入っていても良さそうな作風です。
また、オアシス時代からこうしたタイプのナンバーでのリアムのちょっと鼻にかかったような高音が実に魅力的で、これだからリアムファンを辞められないのです‼

めたる慶昭 ★★ (2017-12-31 17:06:26)


Wall of Glass / As You Were / LIAM GALLAGHER

アルバムオープニングナンバー。
正に「お帰りなさいリアム❗」と言いたくなるような王道リアム流ロックンロール。
彼の声から発せられる高揚感は今でも最強で唯一無二です。
全曲聴いてきて改めてオープニングナンバーとして最高であると納得出来ました‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 17:00:26)


As You Were / LIAM GALLAGHER

約4年振りにビーディーアイの2ndアルバムからソロになっての初アルバムの登場です。
オアシスとしてデビューして以来、常に彼の声に魅せられてきた私としては、バックの演奏がノエルだろうがゲムだろうが大した問題ではなく、ただロケンロールを歌うリアムが居さえすれば、それでOK なのです。
ソングライターとしてのリアムもオアシス時代から徐々に成長してきて、ソロとしても十分やっていける力がついたからこそ、今回ソロとしてアルバムをリリースすることを選択出来たのだと思います。
ボーカリストとしても存在感は最初から有りましたが、表現力や多彩な引き出しはオアシス初期は望むべくもなく、今だからこそ操れる様になったのです。
「Chinatown 」なんかオアシスでのリアムが歌うのは想像出来ませんでしたからね。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-31 16:55:52)


To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
とにかくハードにロックしています。
個人的にタル最強のリズムセクションはグラスコック&バローなのですが、この時のコーニック&バンカーも凄い‼
特にバンカーのアタックの強さはコージー パウエルにも匹敵するのではないでしょうか。バンカーは過少評価されています。
スタジオバージョンではキーボードは入っていませんがこのライブバージョンでは、ジョン エヴァンが強烈なオルガンプレイを聴かせてくれています。
テンポも速くて、基本スタジオバージョンと一緒の構成なのに1分以上早くエンディング‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:52:40)


My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
曲前のMCでニューソングとイアンが紹介しています。
この曲を最初に知ったのは、何故かアナログ海賊盤のそのタイトルも「My God !」でだったのですが、そのバージョンの印象が余りに強烈すぎて、このワイト島のバージョンだって十分すぎるほど、アグレッシブで凄い演奏なのにそれでも霞んでしまうのです。
とにかくイアンのフルートソロの自由度が比較になりません‼
これは御披露目バージョンなので控え目なのかな?と解釈するしかないですね。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:45:21)


Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL

70年はワイト島フェスティバルでの伝説のライブ‼
まだ、20代前半のイアン&マーティンにグレン コーニック、クライブ バンカーにこの時点でジョン エヴァンも加入済で、とにかく演奏がアグレッシブの一言❗
本当にそこらの今のナヨッチイメタルバンドじゃ敵いませんぜ‼
セットリストも3rd迄の曲に、スタジオバージョンは4thの「Aqualung 」収録ながらライブでは、早くから披露していた「My God !」と完璧でしょう‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:37:35)


Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL
前半のイアンの語りかける様なボーカルは、これぞ英国人のインテリジェンス❗と言いたくなるような気品に溢れています。
中盤からマーティンのエレクトリックギターがハードに曲を引っ張りますが、それでもイアンのボーカルはあくまでジェントリーでしかもバックのサウンドにフィットしているこのアレンジの妙‼
まるで、次作の「Thick as a brick 」のプロトタイプの様ですな‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:29:23)


Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL
Iron Maiden もカバーしたタル屈指のハードロックナンバー。
ドーン ペリーのドラミングはオリジナルのクライブ バンカーに負けないほどアグレッシブですが、ジョナサン ノイスのベースがボトムに撤しているだけで、ジェフリー ハモンドのプレイと比較すると物足りないと言わざるを得ません。
イアンのボーカル&フルートとマーティンのギターは冴えていると思います。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:23:10)


Aqualung Live / JETHRO TULL

05年発表のライブ盤。
元々ラジオ局絡みの企画ライブの為、オーディエンスも少ないこじんまりした会場の様で、全体的に演奏はリラックスした印象ですね。
この頃イアン&マーティンは50代後半ですが、イアンのボーカルの衰えは感じさせるものの(彼の場合80年代終盤から声は出にくくなっているらしい➡ファンサイトで管理人さんがコメントしています)フルートとギタープレイには衰えは微塵も感じさせません‼
アンディのピアノプレイにジョン エヴァンの様な華やかさが無いのだけちょっち不満かな?

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:17:30)


Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL
初期メンバーがバックを務める1stアルバムからのナンバー。
イアンが珍しくハーモニカを演奏しています。
非常にブルージーで、そうかスタート時はこんな音だったんだなあと目が遠くなります。(73年からの後追いファン歴44年の若輩者ですがね)

めたる慶昭 ★★ (2017-12-24 17:15:44)


Living With the Past / JETHRO TULL

02年発表のライブアルバム。
01年11月25日のロンドンはハマースミスアポロの音源を中心に、後は89~02年の様々な時期の音源が少しずつ使われており、1曲だけ、初期メンバーであるグレン コーニック、ミック エイブラハムス、クライブ バンカーがバックを務める曲が収められています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 17:11:41)


A Little Light Music / JETHRO TULL

92年に結成24年目にして2枚目のオフィシャルライブアルバム。
当時の会場としては、まだ珍しいと思われるトルコやイスラエルがクレジットされており、タルの全世界的な人気が窺えますね。
アコースティックツアーとライナーで紹介されていますがマーティンはしっかりエレクトリックギターを弾いていますし、ベースのペグもエレクトリックです。
また、70年前後から色々なところに顔を出している敏腕ドラマーであるデイブ マタックスがこのツアーでドラムを叩いているのも嬉しいサプライズですね。(ペグとはFairport Conventionでバンドメイト)
イアン&マーティンは当時40代半ばでキャリア十分でしたが、演奏には余裕が有り、曲によってはアレンジを大胆に変え、80分近くを全く飽きることなく聴くことが出来る好盤です‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 16:58:01)


My God / Cross Eyed Mary / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL
My God !はワンコーラスだけのショートバージョンでCross eyed Maryはフルバージョンですね。
両方とも「Aqualung 」収録曲なので、スタジオバージョンはベースがジェフリー ハモンドでドラムがクライブ バンカーですが、特にドラミングがスタジオバージョンとはかなり違うプレイなのですが、私はこのバリーモア バローが叩いているライブバージョンの方が好きですね。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-17 17:04:18)


Heavy Horses / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL
スタジオバージョンでは、ダリル ウェイがゲストでヴァイオリンを弾いていますが、このライブバージョンでは、デビッド パーマーがシンセサイザーで上手くアレンジして穴を見事に埋めてくれています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:57:59)


Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL

78年のライブということは、初めての公式ライブアルバムと同じく「Heavy horses」発表後のツアーの時期で(「Live !bursting out」のライナーでこの後マディソンスクエアガーデンのライブの予定が有り、日本は入らないが全世界に衛星中継される予定である‼と紹介されています)セットリストもかなり重なっていますが一部がDVD にもなっていて視覚的にも楽しめます。
例えば終盤では互いに楽器の交換をしたりして(イアンが楽しそうにピアノを弾いています!)中の悪さ等微塵も感じさせません。
演奏は勿論タイトで文句のつけようが有りません‼
しかも、ジョン グラスコックは既に体調を崩していたらしく、ベースはトニー ウィリアムスがサポートメンバーとしてクレジットされているのですが、全然違和感がなく、クレジットを見なければジョンでしょって思うくらい似せているとんでもないサポート振りです‼
お奨めします‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:52:41)


Virginia / Circushead / THE JEREMY DAYS
フィードバックギターから始まるナンバーで私はこの曲が彼等の最高傑作と信じて疑いません‼
流石、Deaf School 出身でMadness やエルビス コステロのプロデュースも務めるクライブ ランジャーが気に入ったバンドだけの事はある。
メタルではないが、この感性に是非触れてほしい‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:32:24)


Room to Revolution / Circushead / THE JEREMY DAYS
約6分半の彼等としては長尺なナンバー。
ディルク ダームシュテッターの囁く様なボーカルから静かに幕を開けます。
途中からベースとドラムも加わりますが、あくまでハードにならずムーディな曲ですな。
ブラスアレンジも加えられており、クライブ ランジャー&アラン ウィスタンレーのプロデュースコンビが好みそうなサウンドです。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-17 16:28:05)


Give it a Name / Circushead / THE JEREMY DAYS
アルバムオープニングナンバー。
ギターとドラムのリフから始まるリズミックな曲で、何も言われなければ絶対ブリティッシュロックだと思わせます。
しかし彼等はドイツのバンド。
ただ、昔ビートルズがデビュー前に腕を磨いていたハンブルグ出身な為、ブリティッシュロックとの親和性は元々高い土地柄だそうです。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-17 16:22:23)


Circushead / THE JEREMY DAYS

ドイツのロックバンド、The Jeremy Days の2ndアルバム。
曲のコメントでも取り上げている通り、1stアルバムに引き続きあのクライブ ランジャー&アラン ウィスタンレーがプロデュースを務めています。
その為、ドイツのバンドに良く有るカチッとした音というより、ブリティッシュバンドと紹介されれば、「ですよね」と即座に納得しちゃうようなサウンドです。
Madness meets The Fixx みたいな感じという表現で分かるかな?

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:17:26)


Hummingbird / HUMMINGBIRD

第二期ジェフ・ベックグループにいた、ボブ・テンチ、マックス・ミドルトン、クライブ・チャーマンらが結成したバンドの1st。どこかジャジーな雰囲気のあるブルースベースのロックサウンドを中心にファンキーなグルーブを取り込んだりと、ロックのもつ埃っぽさとジャジーな洗練さを同居させた仕上がりは、独特の味わいを醸し出し英国的な魅力を発散しています。
曲によってはボブの歌声を生かしたAOR風味からマックスのキーボードを前面に出したジャズロックもあったりと、ハードでエッジの立った音楽性が好みの方には、退屈極まりない一枚となるでしょうが、ジェフ・ベックなブルースロックの⑤なんて、渋くてカッコいいですよ、滋味深いギターのバニー・ホランドのプレイに引き寄せられますね。

失恋船長 ★★ (2017-12-15 14:21:11)


Thriller / MICHAEL JACKSON

オバケアルバム。とにかくもうオバケアルバム、モンスターアルバムとしか言いようが無い。
ディスコティックサウンド好きな私はオフ・ザ・ウォールを推したいのだけど、やはり一般的にはこちらに軍配を上げざるをえない。
だって捨て曲無いし…しかもHR好きならビート・イットのエディのギターは聴き逃せないし…
スリラーに至ってはもはや説明不要。
誰も評価してないけどP.Y.T.だって十二分に良い曲だ。

とにかく、マイコーを聴くなら絶対に避けて通れないアルバムであるのは間違い無い。

1573 ★★★ (2017-11-26 09:07:21)


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES


Oasisの某曲のアウトロと一緒。いやoasisがパックてるはずだが

名無し ★★★ (2017-11-01 18:20:32)


Fire / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
これもスピーディーなナンバー。
特に後半の演奏部分は実に小気味良い‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:31:48)


All Queued Up / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
ベティ ブライトのシャウトが炸裂するハードなナンバー。
その小気味良いボーカルはプリテンダーズのクリッシー ハインドにも匹敵するでしょ❗

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:29:21)


Golden Showers / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
このアルバムはかなりパンキッシュなのだが、中でもこの曲は代表格です。
何気にスティーブ リンゼイのベースラインが格好良い‼

めたる慶昭 ★★ (2017-10-31 20:26:33)


タクシー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
正に短編映画を見るようなドラマ性ばっちりな曲。
男性ボーカルに絡むベティ ブライト(余談ですがMadness のサッグスの奥さんですな)のボーカルが何とも色っぽく、私がタクシーの運転手で彼女を乗せる機会が有ったら良いななんて妄想したりして・・・

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:22:27)


キャパルディズ・カフェ / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
サウンドはかなりパンキッシュですが、パンクそのものではなく、演劇的なボーカルが彼等独自の世界を作り上げています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:16:13)


エヴリシング・フォー・ザ・ダンサー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
何とも演劇的なナンバー。
短い曲で捨て曲に近いですが、それを大袈裟な歌い方で、耳を捉える曲に仕上げた腕は大したらものです。

めたる慶昭 (2017-10-31 20:12:34)


ホワット・ア・ジャーク / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
イントロ無しでいきなりボーカルから始まります。
何とも脱力感のある歌いっぷりですが、バックのサウンドも軽妙で例えばビートルズの「I'm only sleeping」みたいな感じは誉めすぎ?
いえいえそんなことは有りません。

めたる慶昭 ★★ (2017-10-31 20:07:20)


DEAF SCHOOL

おおっ、また登録まで出来るようになりました‼
1個目のアーティストとして、選びました‼
70年代半ばから後半にかけて活躍したブリティッシュロックバンドです。
彼等自身の人気はイマイチで終わりましたが、ギターのClive Langer はその後The Boxys を結成したり、なんといってもMadness やElvis Costello をAlan Wisternleyとのコンビで手掛けていますし、ベースのSteve Linzey もPlanets で活躍しました。
つまり、後続への影響力は中々の物が有るのです。
The Beatls 同様リバプールしかもアートスクール出身でそのpop で洒落たサウンドには共通項が間違いなく有るでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-28 17:42:04)


You Don't Want Me Anymore / Steel Breeze / STEEL BREEZE
カリフォルニア・サクラメント出身の6人組によるデビュー曲(82年ビルボード最高位16位)
キーボードのメロディとテクニカルなギターが印象的なリズミカルなポップロックで、特にサビの
部分は一度聴いたら頭から離れない。

当時FEN(現AFN)でもオンエアされまくっていたので、80年代初頭の洋楽をある程度聴いていた方
であれば一度は耳にしたことがあると思う。

GC8改 ★★★ (2017-10-28 09:45:37)


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES

 それでこれ。FOO FIGHTERSの新譜を聴いたら聴きたくなった。
 22.の方も言及されているが、50周年記念エディションが発売されており、2枚組である。1枚目は「NEW STEREO MIX」で、音がとっても良いように思える。まるで今のバンドの最近の作品みたい。
 アルバムの内容については、もう今更言うまでもなく。
 ロックのエッジも立ちつつ、豊かなメロディがもうとめどもなく。

 2枚目は「SGT.PEPPER SESSIONS」でアルバム収録曲順に使われなかったテイクやインストヴァージョンを並べている。最後に「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」のアウト・テイクと2015年ステレオ・ミックス、「PENNY LANE」のインストヴァージョンと2017年ステレオ・ミックスを収録。

 お祭りアイテム。みんなで祝いましょう。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 21:03:32)


I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 それでこれがこのバンドで最も好きな2曲のうちのもう1曲。

 PVが可笑しい。少しいやらしく思いっきりバカっぽい。こういうユーモアは嫌いではない。好きである。

 ライヴではアンコールでやっており、DURAN DURANのSAVE A PRAYERの後に演奏している。やっぱりこれ演らなきゃ盛り上がらないよね!っていう扱いの楽曲だ。

 ガレージパンクっぽいノリなのだが、やっぱりフォーマットはロック。終始明るく、憂い気だるさは皆無〔あくまでメロディだけの印象。何を唄っているのかは知らないので。どうせロクなこと唄っちゃあいねぇんだろう?(笑)〕。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:19:19)


Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 このバンドで最も好きな2曲のうちの1曲である。
 PVも好きだ。
 なんか昔のテクノ・ポップ・デュオみたいな佇まいの二人。笑える。

 でもライヴ・ヴァージョンはしっかりロックの楽曲で、「ほほう・・・」と感心してしまった。
 普通にロックソングなのである。キャッチーなメロディを持つので惑わされてしまった。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:05:08)


I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL

 このバンドもQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・オムがかんでいる。
 興味を持ったのはパリのバタクランで起こったテロの被害にあったからだが、バンド名が「?」だったからだ。
 「デス・メタルのイーグルス」って何だ?それでYoutubeでPVを見てみたら、これが結構良い楽曲があるではないか。そのようなわけで、えっちらおっちら遠出してCDなんぞを探すわけなのだが、「ここはあんだろ」というデカいCD屋にもない。Youtubeはチョロッと楽曲を試聴するにはいいが音が恐ろしく悪いので、やはりちゃんとした音源が欲しいなと思い早数年。
 ライヴアルバムが日本盤で発売された。

 日本盤で発売、ということはCD屋に行くと手に入るわけだ(音源をネットでポチることはしないので)。

 聴いてみたらこれが結構面白い。今時珍しいロックである。変にヒネていないし、やたらとガレージっぽくもないし。なんかノリ一発でバカっぽいところもあるのだが、これがロックだよな!という説得力にも満ちている。良い楽曲も数多く含んでいるし(結局PVを観た曲は代表曲ということで良いらしい)。

 バカ上手いことは全くないのだが、恐ろしく下手でもない。なんかテンポが怪しい場面もあるのだが、押さえ所はきちんと押さえている。
 
 要するにいかにもロックなのである。
 ロックを聴きたい人には本作を力一杯お勧めしたい(真面目すぎる人は聴かない方が良いかもだけれど)。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-10-24 19:55:42)


Drivin’ Sister / Mott / MOTT THE HOOPLE
イントロで車の走り出す音が流される、これも格好良いロケンロールナンバー。
モットというとイアン ハンターばかりが取り上げられるが、ベースのオバレンド ワッツとドラムスのバフィンというリズムセクションも非常にタイトで強力です‼
ぶっちゃけストーンズのリズムセクションは凌駕して、あのザ フーのジョン エントウィッスルとキース ムーンのコンビにも負けてないぞとこの曲なんか聴いていると特に思うなあ‼

めたる慶昭 ★★ (2017-10-22 13:50:14)


Whizz Kid / Mott / MOTT THE HOOPLE
3分ちょっとの短い曲。
だけど、しっかりロケンロールしています。
イアン ハンターのボーカルはハイトーンを操るハードロック、メタル系ではなく、中音域主体ですが、彼独特の声には説得力がみなぎっており、ミック ジャガーやロジャー ダルトリーに匹敵するブリティッシュロックンロールシンガーのプロトタイプだと思います。

めたる慶昭 ★★ (2017-10-22 13:43:02)


Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS
歌い方の癖が淫夢(定期)

名無し ★★★ (2017-10-18 12:37:13)


Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS
リアム・ギャラガー(マセキ芸能社所属)

名無し ★★★ (2017-10-18 12:34:39)


Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE

もう1つ
「ブロードサイドの流浪者」
イアン時代から有る哀愁味の有るロックンロールナンバー。
モーガン フィッシャーのピアノが切なげに鳴り、ナイジェル ベンジャミンも抑え気味に歌い、良く曲の雰囲気を掴んでいます。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-14 14:53:52)


Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE

曲毎にコメント出来ないので未コメントの曲を2曲程。
「See you again 」
ハッキリ言って捨て曲に近いですが、オバレンド ワッツのベースがそうはさせじと渋いラインで曲を盛り立てて、星1つは上げられます。
ナイジェル ベンジャミンも流石LA での嫌われものの予感させるようなワルな男臭ムンムンの歌いっぷりです。
ってことは、LA メタルのチャラい連中ではモットでイアン ハンターの後釜を務めたナイジェル ベンジャミンを扱いきれない奴等ばっかりってことかな?

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-14 14:50:01)


Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS
ジョンの才能がいかに桁外れだったかわかる曲
とにかくギターフレーズがヤバい。
もっとこういう曲やって欲しかった。。。

名無し ★★★ (2017-10-14 00:58:23)


TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS


RIP…

名無し (2017-10-03 23:38:36)


The Stone Roses / THE STONE ROSES


ヨワイテッドのファンなのが傷

名無し(2017-09-27 10:12:07)


Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO

アメリカ人の女性シンガー、リサ・ネムゾが1985年にリリースした記念すべき1st。彼女のパンチの効いた歌声を中心にしたハード目のロックサウンドで勝負、70年代のHEARTあたりにも通ずる魅力はありますが、あそこまで土着的ではありません。それもそのはずで、彼女はどういう経緯でアルバムのリリースに漕ぎ着けたのか詳細は分かりませんが、ドイツのメトロノームレコードと契約を交わしヨーロッパでデビュー、今作はあのレインボースタジオでもレコーディングですからね。埃っぽさよりも耳馴染みの良いメロディが心地よく刺激を与えるハードサウンドへと進んだのも頷けます。装飾を省いたシンプルなビートを刻むリズム隊、地味だがいぶし銀のギタープレイに職人気質を感じずにはいられないし、サックスの音色もカッコいいし、キーボードの使い方もこの手の楽曲ではありがちだし生命線ともいえる要素も高いのですが、主役たる彼女の歌いっぷりが頼もしいく無理なくレコーディングされているのが嬉しいですね。
瑞々しいまでに弾けるポップセンスとロックテイストの融合、それも上手い歌があってこそでしょう。

失恋船長 ★★★ (2017-09-25 14:23:55)


Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN
たった1分半のしかもヴォーカルのみの曲(というか歌)だが、心振るわせるものがある。
さすがロバート・プラントが影響を受けたってだけあるお人だ。

1573 ★★★ (2017-09-24 18:00:40)


Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD
シンセとアコギの調和が見事な、異様な美しさを誇る傑作。しかし、このバンドはVOが誰なのかはっきりしない。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-24 05:01:14)


A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER
7分近い長尺のナンバー。
ミディアムスローテンポでアコースティカルに淡々と進んでいきますが、錆のロリーのボーカルラインが良いなあ。
こうして聴いているとトリオ時代はハードにギターを弾くのが目立つけどキーボードのルーが居る時代はそんなにハードに弾きまくらず、楽曲志向が目立ってますね。
まっ、楽曲志向と言ってもロリー節に変わり無いですがね‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:12:13)


Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER
何やら妖しげなイントロから一転していつものロリー節。
私の一番好きな「Shadow play 」に少し似ていますが、時系列でいけばこの曲が先ですよね。
こちらの方がハードロック色は薄く、ルーのピアノが有る分ブルージーなロックンロール色が濃くなっていますね。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:06:26)


Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD
昔はアルバム全体のシリアスな空気を損なっている気がして、好きじゃなかったんだけど、最近は気に入っている。
ドライな歌と粘っこいギターもいいが、シンセも良いアクセントを加えている。

ANBICION 11 ★★ (2017-09-22 19:29:28)


Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD
当時は今ほど手軽に曲をスキップできなかっただろうから、1曲目の重要性は比較にならなかったに違いない。
正に永遠の輝きを意識したような、いまだに古くないシンセアレンジ、どんどん引きずり込む超ロングギターソロ、星の数ほどのFLOYDファンの期待とプレッシャーを背負いながら放つような鮮烈でキャッチーなサビなど、ハイライト満載。
不満点はイントロのフェイドイン終了までが長すぎることくらい。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-22 19:25:19)


Wish You Were Here / PINK FLOYD

宝石のようなメロディの宝庫というより、全体が宝石のように輝いているアルバム。超絶ギタープレイは勿論、空間を鮮やかに彩るKeyの貢献度も高い。別にこのバンドのファンではない私も、リマスター盤を買い直してしまったほどの超名作。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-20 22:28:38)


Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER
ルーのピアノがロール‼ロッド デスのドラムがロール‼
ジェリー マッカボイのベースがロール‼勿論ロリーのギターと顎顎ボーカルもロールしているご機嫌なナンバー。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 22:02:44)


Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER
いきなりロリーのボーカルから入るブルージーな曲。
ピアノが多い印象のルー マーティンだがこの曲では洒落たオルガンを聴かせてくれます。
それにしてもロリーのボーカルって上手くはないけど味があるよなあ。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 21:59:35)


Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE
出世作の本作はデビッド ボウイに曲を提供されたアルバムタイトルナンバーばかりが取り沙汰されますが、ミック ラルフス作のこの曲だって最高にいかしているのさ‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:52:56)


KULA SHAKER

②Here come my demons
然り気無くアコースティカルに始まりますが、6分超えの長尺曲。
悪魔がいざというときに本来の自分を奪ってしまうのだというペシミスティックな内容に合わせて、ミステリアスでパラノイアックな雰囲気が全編に漂います。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:48:28)


KULA SHAKER

K2は登録されてないので2曲程紹介させてください。
①Infinite son
アルバムオープニングナンバー。
K2.0のアルバムタイトル通り、デビュー時のインド風味満開の曲。
ただ、20年近い時を隔てているだけに、グッと大人になって深みを増しながらもダイナミックさを失わないクーラサウンドがそこには厳然としてあります。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:43:03)


Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
非常に軽快なナンバー。
後のスティーヴィー ニックスが歌っていても、全然おかしくないポップな曲です。
しかし、こうした曲のプロデュースをあのマーティン バーチがバンドと共同名義とはいえ、手掛けているのが以外というか興味深いですな。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:34:23)


Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
アルバムオープニングナンバー。
ミディアムテンポで然り気無く始まる。
怠そうなボブ ウェルチのボーカルが心地好い。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:28:15)


Toto / TOTO

LAのTOTOといいシスコのJOURNEYといい、何故いわゆる産業ロックバンドは東海岸レーベルのCBSと契約しちゃうんだろ?という素朴な疑問。TOTOの場合はBOZ SCAGGSとの関係があるから止むを得なかったのか? しかしそうするとやはり同じウェストコースト出身のKENNY LOGGINSはどうなる?
何にしても、TOTOは本来の意味におけるAOR=Audio Oriented Rockと呼ばれる音楽を初めて世に広めたバンドである。ヒットの如何に係らず9.2.3.8.のシングル攻勢は当時未成年の自分にとって確かに"耳心地の良い"音楽だった。
本作が新人バンドにしてはかなりの売れ行きを見せ、さらに4年後"Ⅳ"が大ヒットしたことにより産業ロックのレッテルを貼られる破目になるのだが、まずはこの1stで聴かれる”大人しめのミクスチャー”ぶりをじっくり賞味しておきたい。BOSTONが実質TOM SCHOLZ & BRAD DELPの2人に対し、TOTOは腕利きのスタジオミュージシャン6人=職人集団。
共通して言えるのは、いずれも産業ロックの一言で片付けられる音楽ではないということ。矢野顕子はTOTOの音楽を悪いとハッキリ言ったが、どっこい、良い音楽だからヒットし売れた。もちろんメタルでは全然ない。それだけのことだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-17 08:26:39)


Magic and Loss / LOU REED


名盤

名無し ★★ (2017-09-16 12:49:37)


Angela / Toto / TOTO
やっぱりここは基本メタル専門サイトだから、本作を最後まで聴いた人が少ないのか? 静かなバラードで溜めに溜めてドンとハードに盛り上がるメリハリを味わってほしい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-16 08:33:16)


Rockmaker / Toto / TOTO
当時を知る者には嬉しいいかにもの70年代ウェストコーストサウンド。かと言ってEAGLESでもDOOBIEでもなく、R&Bもしくはフュージョン色が漂うのがTOTOの個性だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-15 08:30:17)


Takin' It Back / Toto / TOTO
2人の若きSTEVEのうちトンボ眼鏡PORCARO兄弟の末っ子による作品。華奢で繊細そうな外見そのままの、典型的な(日本で言う)AORバラードだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-14 08:25:34)


Girl Goodbye / Toto / TOTO
二段構えのイントロから後はノリノリのリフとキャッチーな歌メロで一気に6分が過ぎる。ところで上で言われているペッパー警部の方が2年早いし、タイトルで自分が連想したD.GATESのGoodbye Girlにしても1年早いのだが、これはこれで名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-13 08:32:22)


You Are the Flower / Toto / TOTO
爽快な中にもサイケデリックな風が吹く、フラワーチルドレン世代(?)BOBBYの作品だ。一回り年下のSTEVE LUKATHERがこれまた見事なG.でフォローしている、隠れ名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-12 08:42:11)


Manuela Run / Toto / TOTO
楽しげな歌メロにだまされるな、歌詞は結構ヤバいぞ。ドンケツの終わり方、結局撃たれて倒れたんだろうな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-11 08:20:04)


Georgy Porgy / Toto / TOTO
今ではR&Bにカテゴライズされることが多い3rdシングル。Mother Gooseからの引用を含む歌詞は?だけど割り切って聴けばお洒落な"ジョージー・ポージー"だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 08:16:14)


Child's Anthem / Toto / TOTO
典型的なニュー・アメリカン・プログレ・ハードと呼べるOPのインストテューン。Key.主体はあまり趣味でない自分でも絶賛してしまう"子供の凱歌"である。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 07:46:13)


THE KINKS

キンクスそのもののアルバムは持ってませんが(渋谷陽一のラジオのエアチェックカセットテープで3曲聴ける‼)マッドネスやデフ スクール等キンクスチルドレンなバンドは好きなんです。
還暦過ぎたら(来年迎えます)キンクスのアルバム集め始めようかな?

めたる慶昭 (2017-09-01 21:29:49)


Rose / Rosemary Butler

角川映画の迷作と誉れ高い?草刈正雄がフリーのロードレーサー役を熱演した『汚れた英雄』の主題歌やアニメの主題歌などを歌い日本でも認知度の高かった彼女が1983年にリリースした1st。AOR調の歌モノを中心とした打ち込みビートも導入したダンサンブルなロックナンバーから、ソフトロックに王道バラードあり、チョット マッテ クダサイという歌詞が飛び出す、親日ぶりをアピールするナンバーもあったりと多様性に富んだ楽曲が収録された一枚。
自身もミュージシャン稼業をとして裏表で活動を行い、トレーニングを積んだ歌声は個性不足ではありますが、力強さを損なわないキュートでパンチの効いたパフォーマンスは、歌モノロックが好きな人なら安心して身を任せる事が出来るでしょうね。個人的には③④⑤のベタな楽曲が並ぶ展開が好きです。特に⑤曲目のハードポップな『Call Of The Wild』なんて『汚れた英雄』路線で好きですよ。

失恋船長 ★★★ (2017-09-01 15:00:49)


Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS
何故気づかないんだ......?
ほんと、マジもんの名曲ですよ
ギターも泣きまくり

名無し ★★★ (2017-08-26 16:14:07)


Grace / Grace / JEFF BUCKLEY
美しさと狂気を併せ持った薔薇のような曲。グレースのPVはなぜか最後音が省略されてしまっているので、CD音源を聞くことをおすすめ

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:55:05)


Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY
天使が目を覚ましたようなイントロ。最後のシャウトは電撃が走ります。名曲

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:53:35)


Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS

私もこの曲がオープニングナンバーで大正解だと思っていますよ。

めたる慶昭 (2017-08-25 21:37:03)