この曲を聴け!
最近の発言
I Guess That's Why They Call It the Blues / Too Low for Zero / ELTON JOHN (Satocchi)
All Quiet on the Western Front / Jump Up! / ELTON JOHN (Satocchi)
Pinball Wizard / Caribou / ELTON JOHN (Satocchi)
Tiny Dancer / Madman Across the Water / ELTON JOHN (Satocchi)
Friends / Friends / ELTON JOHN (Satocchi)
The Greatest Discovery / Elton John / ELTON JOHN (Satocchi)
It's Me That You Need / Empty Sky / ELTON JOHN (Satocchi)
Skyline Pigeon / Empty Sky / ELTON JOHN (Satocchi)
Brighton Rock / Sheer Heart Attack / QUEEN (名無し)
Stone Cold Crazy / Sheer Heart Attack / QUEEN (名無し)
Keep Yourself Alive / Live Killers / QUEEN (名無し)
Keep Yourself Alive / Live Killers / QUEEN (名無し)
Slick Titty Boom / Struttin' My Stuff / ELVIN BISHOP (めたる慶昭)
I Love the Life I Lead / Struttin' My Stuff / ELVIN BISHOP (めたる慶昭)
Only the Children / The Seventh One / TOTO (名無し)
Stop Loving You / The Seventh One / TOTO (名無し)
Baby Be Mine (album version) / Thriller / MICHAEL JACKSON (1573)
All Along the Watchtower / John Wesley Harding / BOB DYLAN (1573)
Alone / Pilgrimage / WISHBONE ASH (めたる慶昭)
Lullabye / Pilgrimage / WISHBONE ASH (めたる慶昭)
I Can't Live With You / Innuendo / QUEEN (名無し)
A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON (名無し)
Feed the Machine / NICKELBACK (アクセルブルー)
Radio Ga Ga / The Works / QUEEN (名無し)
Green Machine / Blues for the Red Sun / KYUSS (名無し)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (名無し)
Fire / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
All Queued Up / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
Golden Showers / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
タクシー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
キャパルディズ・カフェ / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
エヴリシング・フォー・ザ・ダンサー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
ホワット・ア・ジャーク / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
DEAF SCHOOL (めたる慶昭)
You Don't Want Me Anymore / Steel Breeze / STEEL BREEZE (GC8改)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES (帰ってきたクーカイ)
I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Drivin’ Sister / Mott / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Whizz Kid / Mott / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS (名無し)
Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS (名無し)
Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
The Stone Roses / THE STONE ROSES (名無し)
Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO (失恋船長)
Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN (1573)
Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Wish You Were Here / PINK FLOYD (ANBICION 11)
Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER (めたる慶昭)
Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
KULA SHAKER (めたる慶昭)
Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC (めたる慶昭)
Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Magic and Loss / LOU REED (名無し)
Angela / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Rockmaker / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Takin' It Back / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Girl Goodbye / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
You Are the Flower / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Manuela Run / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Georgy Porgy / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
Child's Anthem / Toto / TOTO (MK-OVERDRIVE)
THE KINKS (めたる慶昭)
Rose / Rosemary Butler (失恋船長)
Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Grace / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY (ようかん人間)
Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS (めたる慶昭)
Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Money Love / Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
Big Towne,2061 / PARIS (帰ってきたクーカイ)
JETHRO TULL (めたる慶昭)
JETHRO TULL (めたる慶昭)
THE B-52'S (怒号)
Loveless Fascination / STARSHIP (失恋船長)
Astra / ASIA (名無し)
Let Your Heart Rule Your Head / Back to the Light / BRIAN MAY (名無し)
Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS (はっちゃん)
Tired Eyes / Tonight's the Night / NEIL YOUNG (名無し)
A Kind of Magic / QUEEN (名無し)
Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Bring Down the Hammer / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES (メタル慶昭)
All Over but the Cryin' / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES (メタル慶昭)
Dreamer / Crime of the Century / SUPERTRAMP (メタル慶昭)
Hide in Your Shell / Crime of the Century / SUPERTRAMP (メタル慶昭)
Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN (名無し)
Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS (名無し)
Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Home / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Mountain Men / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Budapest / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Farm on the Freeway / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Steel Monkey / Crest of a Knave / JETHRO TULL (名無し)
Kilroy Was Here / STYX (名無し)
Equinox / STYX (名無し)
California Man / Heaven Tonight / CHEAP TRICK (名無し)
Feed the Machine / NICKELBACK (ヤングラジオ)
Now You're Gone / Slip of the Tongue / WHITESNAKE (鉄ゴリラ)
This Thing Called Love / After the War / GARY MOORE (名無し)
The Messiah Will Come Again / After the War / GARY MOORE (名無し)
Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE (名無し)
After the War / After the War / GARY MOORE (名無し)
Too Tired / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
Get Down, Make Love / News of the World / QUEEN (鉄ゴリラ)
Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN (名無し)
Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD (名無し)
And We Danced / Nervous Night / THE HOOTERS (GC8改)
Keep Yourself Alive / Queen / QUEEN (特撮X)
Caravanserai / SANTANA (1573)
There & Back / JEFF BECK (1573)
Fuck Forever / Down in Albion / BABY SHAMBLES (極太うどん野郎)
Queen II / QUEEN (名無し)
Revelation / Penguin / FLEETWOOD MAC (名無し)
Bright Fire / Penguin / FLEETWOOD MAC (名無し)
Prove Your Love / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC (名無し)
Angel / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC (名無し)
Take It Easy / Eagles / EAGLES (名無し)
More / PINK FLOYD (名無し)
Lawyers in Love / Lawyers in Love / JACKSON BROWNE (玻璃子)
Future Games / Future Games / FLEETWOOD MAC (名無し)
Lay It All Down / Future Games / FLEETWOOD MAC (名無し)


MyPage

洋楽ロック/ブルース - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


I Guess That's Why They Call It the Blues / Too Low for Zero / ELTON JOHN
エルトンは天才!と思わせる名曲中の名曲。
これほど優しく美しいメロディは彼にしか
創れない。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 23:41:04)


All Quiet on the Western Front / Jump Up! / ELTON JOHN
自分の中では間違いなく名曲。
心温まるメロディが優しくて美しい。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 23:15:20)


Pinball Wizard / Caribou / ELTON JOHN
原曲よりもエルトンバージョンの方が好き。
ピアノアレンジが素晴らしい。

Satocchi ★★ (2017-11-23 23:04:50)


Tiny Dancer / Madman Across the Water / ELTON JOHN
この曲も名曲。
静かな出だしから徐々に盛り上がっていく
展開、ピアノとストリングスの融合、
エルトンの瑞々しい感性とサビの高音部、
すべてが素晴らしい。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 22:46:45)


Friends / Friends / ELTON JOHN
短い曲だけど名曲だと思う。
心に染み入る感じ。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 22:34:35)


The Greatest Discovery / Elton John / ELTON JOHN
この曲のメロディは美しさは感動的。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 22:30:02)


It's Me That You Need / Empty Sky / ELTON JOHN
この曲もメロディが美しくて素晴らしい。
初期の名曲。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 22:25:30)


Skyline Pigeon / Empty Sky / ELTON JOHN
メロディが美しくて瑞々しい。
オルガンよりピアノバージョンの方が好き。

Satocchi ★★★ (2017-11-23 22:21:35)


Brighton Rock / Sheer Heart Attack / QUEEN
Queenの曲の中でベスト3に入るほど好きな曲です。
歌の部分が短く、間奏のギターソロがとにかく長い!!
こんな曲があるのかと、Queenの曲調にはいい意味で驚かされてばかり。
本当に好きだわ~~。

名無し ★★★ (2017-11-23 20:34:07)


Stone Cold Crazy / Sheer Heart Attack / QUEEN
カッコ良すぎて度肝を抜かれた。この疾走感がたまらない。
LIveバージョンも最高にカッコいい。
これで70年代の曲か・・・凄い。

名無し ★★★ (2017-11-23 20:24:00)


Keep Yourself Alive / Live Killers / QUEEN
みんな1stアルバムのほうで発言してるよ。

名無し (2017-11-20 17:01:43)


Keep Yourself Alive / Live Killers / QUEEN
なつかしい。いい曲なのに発言がないんだな。

名無し ★★★ (2017-11-19 22:58:15)


Slick Titty Boom / Struttin' My Stuff / ELVIN BISHOP
ファンキーなアメリカンロックナンバー。
ベースラインからドラムスのシンバルワークまで、ご機嫌なグルーヴが支配しており、バックコーラスなぞファルセット主体(女性も居る?)でゴージャス感も有りますなあ。
主食ではないですが、つまみとしてはこういうのも良いですね。
終盤の声の掛け合いなんか実に楽しそうだ‼

めたる慶昭 ★★ (2017-11-18 13:53:44)


I Love the Life I Lead / Struttin' My Stuff / ELVIN BISHOP
2分半の短いコンパクトなナンバー。
開放的で如何にもアメリカンなテイストがプンプン匂う。
エルビンのギタープレイもスライドギターをご機嫌に鳴らしており、思わず体を揺らしたくなるぞ!(笑)

めたる慶昭 (2017-11-18 13:48:09)


Only the Children / The Seventh One / TOTO
歌詞は東日本大震災を暗示した感じで鋭いです。

ストレートなハードロックからレゲエのリズムへ転調なんて普通のドラマーが作曲しても考えつかない。
「第7の剣」は未発表の「ラスト・ナイト」も含め名曲揃いですね。

名無し ★★★ (2017-11-17 22:40:42)


Stop Loving You / The Seventh One / TOTO
メロディックハードの古典芸術

名無し ★★★ (2017-11-17 22:31:20)


Baby Be Mine (album version) / Thriller / MICHAEL JACKSON
スローテンポでしっとりとしつつも優しい穏やかな曲…でもクールな印象もある。
同アルバム内ではかなり地味な立ち位置だけど、それでもさすがはマイケル!と言いたくなる十分な名曲!

1573 ★★★ (2017-11-17 04:52:15)


All Along the Watchtower / John Wesley Harding / BOB DYLAN
ジミヘンのカヴァーで知ったんだけど、原曲も凄く良いね!
多分20代の頃聴いてたら「退屈」で済ましていただろう…
でもこの純朴なカントリー的でありブルーズロックな感じ、奏でられるブルースハープの音色は実に聴いていて心地良いものだ。

1573 ★★★ (2017-11-15 13:32:39)


Alone / Pilgrimage / WISHBONE ASH
短いインストナンバー。
アコースティックではないがエレキエレキしておらず、静謐な印象。
スティーブ アプトンのドラムスはギターのトーンに合わせず相変わらずバタバタしていますが、何気にマーティン ターナーのベースラインも良く動いているので仕方ないか?
曲の雰囲気とリズムセクションがミスマッチなのだけど、全体的には悪くない。
そんな曲も有るんですね。

めたる慶昭 (2017-11-11 18:53:32)


Lullabye / Pilgrimage / WISHBONE ASH
アコースティックなインストナンバー。
なんか湖水地方に佇んでいる気がしますね。

めたる慶昭 (2017-11-11 18:47:59)


I Can't Live With You / Innuendo / QUEEN
youtubeのmixを聴いていたら先方様がこの曲をリストに加えてくれていた。
当時(四半世紀ほど前)の私、この曲を再生リストから外していたので、
まったくと言っていいほど印象に残っていない。
その分、とても新鮮で何故この捨て曲としてしまったのか思わず考え込んでしまった。

"Innuendo"や"Don't Try So Hard"、"All God's People"を聴いていたので、
関連でこの曲がリストに載ったと思われるけれど、つまりはそうことで、
このアルバムに求めていたモノ、あるいはイメージからは外れていたのだろう。

名無し ★★★ (2017-11-11 02:09:28)


A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON
この曲の素晴らしさをわかってくれてる人が、実はこんなにいたことに感動。Amandaほどのヒット曲でなかったためか、この曲の評価が低すぎることが納得できなかったけれど、皆さんのコメントを読んで嬉しくなった。大学時代にこの曲に出会い、彼らのアルバムを大事に何度も聴いたなぁ。ロックバラードでは、自分の中でNo.1です。

名無し ★★★ (2017-11-09 20:30:47)


Feed the Machine / NICKELBACK

9thアルバム。CD帯に書かれていたようにヘヴィさとアグレッシブさは戻っている。ただ、キャッチーさでいえば前作のほうが上回るかな。

アクセルブルー ★★ (2017-11-07 11:40:49)


Radio Ga Ga / The Works / QUEEN
時代の移り変わりの切ない歌
2017になっても日本には伊集院光がいる
ラジオはノイズにはなってないよ!

名無し ★★★ (2017-11-04 05:11:36)


Green Machine / Blues for the Red Sun / KYUSS
サバス+モーターヘッド

名無し ★★★ (2017-11-03 20:33:13)


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES


Oasisの某曲のアウトロと一緒。いやoasisがパックてるはずだが

名無し ★★★ (2017-11-01 18:20:32)


Fire / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
これもスピーディーなナンバー。
特に後半の演奏部分は実に小気味良い‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:31:48)


All Queued Up / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
ベティ ブライトのシャウトが炸裂するハードなナンバー。
その小気味良いボーカルはプリテンダーズのクリッシー ハインドにも匹敵するでしょ❗

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:29:21)


Golden Showers / English Boys/Working Girls / DEAF SCHOOL
このアルバムはかなりパンキッシュなのだが、中でもこの曲は代表格です。
何気にスティーブ リンゼイのベースラインが格好良い‼

めたる慶昭 ★★ (2017-10-31 20:26:33)


タクシー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
正に短編映画を見るようなドラマ性ばっちりな曲。
男性ボーカルに絡むベティ ブライト(余談ですがMadness のサッグスの奥さんですな)のボーカルが何とも色っぽく、私がタクシーの運転手で彼女を乗せる機会が有ったら良いななんて妄想したりして・・・

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:22:27)


キャパルディズ・カフェ / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
サウンドはかなりパンキッシュですが、パンクそのものではなく、演劇的なボーカルが彼等独自の世界を作り上げています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-31 20:16:13)


エヴリシング・フォー・ザ・ダンサー / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
何とも演劇的なナンバー。
短い曲で捨て曲に近いですが、それを大袈裟な歌い方で、耳を捉える曲に仕上げた腕は大したらものです。

めたる慶昭 (2017-10-31 20:12:34)


ホワット・ア・ジャーク / Don’t Stop the World / DEAF SCHOOL
イントロ無しでいきなりボーカルから始まります。
何とも脱力感のある歌いっぷりですが、バックのサウンドも軽妙で例えばビートルズの「I'm only sleeping」みたいな感じは誉めすぎ?
いえいえそんなことは有りません。

めたる慶昭 ★★ (2017-10-31 20:07:20)


DEAF SCHOOL

おおっ、また登録まで出来るようになりました‼
1個目のアーティストとして、選びました‼
70年代半ばから後半にかけて活躍したブリティッシュロックバンドです。
彼等自身の人気はイマイチで終わりましたが、ギターのClive Langer はその後The Boxys を結成したり、なんといってもMadness やElvis Costello をAlan Wisternleyとのコンビで手掛けていますし、ベースのSteve Linzey もPlanets で活躍しました。
つまり、後続への影響力は中々の物が有るのです。
The Beatls 同様リバプールしかもアートスクール出身でそのpop で洒落たサウンドには共通項が間違いなく有るでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-28 17:42:04)


You Don't Want Me Anymore / Steel Breeze / STEEL BREEZE
カリフォルニア・サクラメント出身の6人組によるデビュー曲(82年ビルボード最高位16位)
キーボードのメロディとテクニカルなギターが印象的なリズミカルなポップロックで、特にサビの
部分は一度聴いたら頭から離れない。

当時FEN(現AFN)でもオンエアされまくっていたので、80年代初頭の洋楽をある程度聴いていた方
であれば一度は耳にしたことがあると思う。

GC8改 ★★★ (2017-10-28 09:45:37)


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / THE BEATLES

 それでこれ。FOO FIGHTERSの新譜を聴いたら聴きたくなった。
 22.の方も言及されているが、50周年記念エディションが発売されており、2枚組である。1枚目は「NEW STEREO MIX」で、音がとっても良いように思える。まるで今のバンドの最近の作品みたい。
 アルバムの内容については、もう今更言うまでもなく。
 ロックのエッジも立ちつつ、豊かなメロディがもうとめどもなく。

 2枚目は「SGT.PEPPER SESSIONS」でアルバム収録曲順に使われなかったテイクやインストヴァージョンを並べている。最後に「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」のアウト・テイクと2015年ステレオ・ミックス、「PENNY LANE」のインストヴァージョンと2017年ステレオ・ミックスを収録。

 お祭りアイテム。みんなで祝いましょう。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 21:03:32)


I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 それでこれがこのバンドで最も好きな2曲のうちのもう1曲。

 PVが可笑しい。少しいやらしく思いっきりバカっぽい。こういうユーモアは嫌いではない。好きである。

 ライヴではアンコールでやっており、DURAN DURANのSAVE A PRAYERの後に演奏している。やっぱりこれ演らなきゃ盛り上がらないよね!っていう扱いの楽曲だ。

 ガレージパンクっぽいノリなのだが、やっぱりフォーマットはロック。終始明るく、憂い気だるさは皆無〔あくまでメロディだけの印象。何を唄っているのかは知らないので。どうせロクなこと唄っちゃあいねぇんだろう?(笑)〕。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:19:19)


Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 このバンドで最も好きな2曲のうちの1曲である。
 PVも好きだ。
 なんか昔のテクノ・ポップ・デュオみたいな佇まいの二人。笑える。

 でもライヴ・ヴァージョンはしっかりロックの楽曲で、「ほほう・・・」と感心してしまった。
 普通にロックソングなのである。キャッチーなメロディを持つので惑わされてしまった。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:05:08)


I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL

 このバンドもQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・オムがかんでいる。
 興味を持ったのはパリのバタクランで起こったテロの被害にあったからだが、バンド名が「?」だったからだ。
 「デス・メタルのイーグルス」って何だ?それでYoutubeでPVを見てみたら、これが結構良い楽曲があるではないか。そのようなわけで、えっちらおっちら遠出してCDなんぞを探すわけなのだが、「ここはあんだろ」というデカいCD屋にもない。Youtubeはチョロッと楽曲を試聴するにはいいが音が恐ろしく悪いので、やはりちゃんとした音源が欲しいなと思い早数年。
 ライヴアルバムが日本盤で発売された。

 日本盤で発売、ということはCD屋に行くと手に入るわけだ(音源をネットでポチることはしないので)。

 聴いてみたらこれが結構面白い。今時珍しいロックである。変にヒネていないし、やたらとガレージっぽくもないし。なんかノリ一発でバカっぽいところもあるのだが、これがロックだよな!という説得力にも満ちている。良い楽曲も数多く含んでいるし(結局PVを観た曲は代表曲ということで良いらしい)。

 バカ上手いことは全くないのだが、恐ろしく下手でもない。なんかテンポが怪しい場面もあるのだが、押さえ所はきちんと押さえている。
 
 要するにいかにもロックなのである。
 ロックを聴きたい人には本作を力一杯お勧めしたい(真面目すぎる人は聴かない方が良いかもだけれど)。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-10-24 19:55:42)


Drivin’ Sister / Mott / MOTT THE HOOPLE
イントロで車の走り出す音が流される、これも格好良いロケンロールナンバー。
モットというとイアン ハンターばかりが取り上げられるが、ベースのオバレンド ワッツとドラムスのバフィンというリズムセクションも非常にタイトで強力です‼
ぶっちゃけストーンズのリズムセクションは凌駕して、あのザ フーのジョン エントウィッスルとキース ムーンのコンビにも負けてないぞとこの曲なんか聴いていると特に思うなあ‼

めたる慶昭 ★★ (2017-10-22 13:50:14)


Whizz Kid / Mott / MOTT THE HOOPLE
3分ちょっとの短い曲。
だけど、しっかりロケンロールしています。
イアン ハンターのボーカルはハイトーンを操るハードロック、メタル系ではなく、中音域主体ですが、彼独特の声には説得力がみなぎっており、ミック ジャガーやロジャー ダルトリーに匹敵するブリティッシュロックンロールシンガーのプロトタイプだと思います。

めたる慶昭 ★★ (2017-10-22 13:43:02)


Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS
歌い方の癖が淫夢(定期)

名無し ★★★ (2017-10-18 12:37:13)


Roll With It / (What’s the Story) Morning Glory? / OASIS
リアム・ギャラガー(マセキ芸能社所属)

名無し ★★★ (2017-10-18 12:34:39)


Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE

もう1つ
「ブロードサイドの流浪者」
イアン時代から有る哀愁味の有るロックンロールナンバー。
モーガン フィッシャーのピアノが切なげに鳴り、ナイジェル ベンジャミンも抑え気味に歌い、良く曲の雰囲気を掴んでいます。

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-14 14:53:52)


Pointing&shouting / MOTT THE HOOPLE

曲毎にコメント出来ないので未コメントの曲を2曲程。
「See you again 」
ハッキリ言って捨て曲に近いですが、オバレンド ワッツのベースがそうはさせじと渋いラインで曲を盛り立てて、星1つは上げられます。
ナイジェル ベンジャミンも流石LA での嫌われものの予感させるようなワルな男臭ムンムンの歌いっぷりです。
ってことは、LA メタルのチャラい連中ではモットでイアン ハンターの後釜を務めたナイジェル ベンジャミンを扱いきれない奴等ばっかりってことかな?

めたる慶昭 ★★★ (2017-10-14 14:50:01)


Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS
ジョンの才能がいかに桁外れだったかわかる曲
とにかくギターフレーズがヤバい。
もっとこういう曲やって欲しかった。。。

名無し ★★★ (2017-10-14 00:58:23)


TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS


RIP…

名無し (2017-10-03 23:38:36)


The Stone Roses / THE STONE ROSES


ヨワイテッドのファンなのが傷

名無し(2017-09-27 10:12:07)


Tough Girls Can Be Pretty / LISA NEMZO

アメリカ人の女性シンガー、リサ・ネムゾが1985年にリリースした記念すべき1st。彼女のパンチの効いた歌声を中心にしたハード目のロックサウンドで勝負、70年代のHEARTあたりにも通ずる魅力はありますが、あそこまで土着的ではありません。それもそのはずで、彼女はどういう経緯でアルバムのリリースに漕ぎ着けたのか詳細は分かりませんが、ドイツのメトロノームレコードと契約を交わしヨーロッパでデビュー、今作はあのレインボースタジオでもレコーディングですからね。埃っぽさよりも耳馴染みの良いメロディが心地よく刺激を与えるハードサウンドへと進んだのも頷けます。装飾を省いたシンプルなビートを刻むリズム隊、地味だがいぶし銀のギタープレイに職人気質を感じずにはいられないし、サックスの音色もカッコいいし、キーボードの使い方もこの手の楽曲ではありがちだし生命線ともいえる要素も高いのですが、主役たる彼女の歌いっぷりが頼もしいく無理なくレコーディングされているのが嬉しいですね。
瑞々しいまでに弾けるポップセンスとロックテイストの融合、それも上手い歌があってこそでしょう。

失恋船長 ★★★ (2017-09-25 14:23:55)


Mercedes Benz / Pearl / JANIS JOPLIN
たった1分半のしかもヴォーカルのみの曲(というか歌)だが、心振るわせるものがある。
さすがロバート・プラントが影響を受けたってだけあるお人だ。

1573 ★★★ (2017-09-24 18:00:40)


Welcome to the Machine / Wish You Were Here / PINK FLOYD
シンセとアコギの調和が見事な、異様な美しさを誇る傑作。しかし、このバンドはVOが誰なのかはっきりしない。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-24 05:01:14)


A Million Miles Away / Tattoo / RORY GALLAGHER
7分近い長尺のナンバー。
ミディアムスローテンポでアコースティカルに淡々と進んでいきますが、錆のロリーのボーカルラインが良いなあ。
こうして聴いているとトリオ時代はハードにギターを弾くのが目立つけどキーボードのルーが居る時代はそんなにハードに弾きまくらず、楽曲志向が目立ってますね。
まっ、楽曲志向と言ってもロリー節に変わり無いですがね‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:12:13)


Tattoo'd Lady / Tattoo / RORY GALLAGHER
何やら妖しげなイントロから一転していつものロリー節。
私の一番好きな「Shadow play 」に少し似ていますが、時系列でいけばこの曲が先ですよね。
こちらの方がハードロック色は薄く、ルーのピアノが有る分ブルージーなロックンロール色が濃くなっていますね。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-23 11:06:26)


Have a Cigar / Wish You Were Here / PINK FLOYD
昔はアルバム全体のシリアスな空気を損なっている気がして、好きじゃなかったんだけど、最近は気に入っている。
ドライな歌と粘っこいギターもいいが、シンセも良いアクセントを加えている。

ANBICION 11 ★★ (2017-09-22 19:29:28)


Shine On You Crazy Diamond, Parts I-V / Wish You Were Here / PINK FLOYD
当時は今ほど手軽に曲をスキップできなかっただろうから、1曲目の重要性は比較にならなかったに違いない。
正に永遠の輝きを意識したような、いまだに古くないシンセアレンジ、どんどん引きずり込む超ロングギターソロ、星の数ほどのFLOYDファンの期待とプレッシャーを背負いながら放つような鮮烈でキャッチーなサビなど、ハイライト満載。
不満点はイントロのフェイドイン終了までが長すぎることくらい。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-22 19:25:19)


Wish You Were Here / PINK FLOYD

宝石のようなメロディの宝庫というより、全体が宝石のように輝いているアルバム。超絶ギタープレイは勿論、空間を鮮やかに彩るKeyの貢献度も高い。別にこのバンドのファンではない私も、リマスター盤を買い直してしまったほどの超名作。

ANBICION 11 ★★★ (2017-09-20 22:28:38)


Hands Off / Blueprint / RORY GALLAGHER
ルーのピアノがロール‼ロッド デスのドラムがロール‼
ジェリー マッカボイのベースがロール‼勿論ロリーのギターと顎顎ボーカルもロールしているご機嫌なナンバー。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 22:02:44)


Daughter of the Everglades / Blueprint / RORY GALLAGHER
いきなりロリーのボーカルから入るブルージーな曲。
ピアノが多い印象のルー マーティンだがこの曲では洒落たオルガンを聴かせてくれます。
それにしてもロリーのボーカルって上手くはないけど味があるよなあ。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-20 21:59:35)


Ready for Love / After Lights / All the Young Dudes / MOTT THE HOOPLE
出世作の本作はデビッド ボウイに曲を提供されたアルバムタイトルナンバーばかりが取り沙汰されますが、ミック ラルフス作のこの曲だって最高にいかしているのさ‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:52:56)


KULA SHAKER

②Here come my demons
然り気無くアコースティカルに始まりますが、6分超えの長尺曲。
悪魔がいざというときに本来の自分を奪ってしまうのだというペシミスティックな内容に合わせて、ミステリアスでパラノイアックな雰囲気が全編に漂います。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:48:28)


KULA SHAKER

K2は登録されてないので2曲程紹介させてください。
①Infinite son
アルバムオープニングナンバー。
K2.0のアルバムタイトル通り、デビュー時のインド風味満開の曲。
ただ、20年近い時を隔てているだけに、グッと大人になって深みを増しながらもダイナミックさを失わないクーラサウンドがそこには厳然としてあります。

めたる慶昭 ★★★ (2017-09-20 21:43:03)


Forever / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
非常に軽快なナンバー。
後のスティーヴィー ニックスが歌っていても、全然おかしくないポップな曲です。
しかし、こうした曲のプロデュースをあのマーティン バーチがバンドと共同名義とはいえ、手掛けているのが以外というか興味深いですな。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:34:23)


Emerald Eyes / Mystery to Me / FLEETWOOD MAC
アルバムオープニングナンバー。
ミディアムテンポで然り気無く始まる。
怠そうなボブ ウェルチのボーカルが心地好い。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-18 15:28:15)


Toto / TOTO

LAのTOTOといいシスコのJOURNEYといい、何故いわゆる産業ロックバンドは東海岸レーベルのCBSと契約しちゃうんだろ?という素朴な疑問。TOTOの場合はBOZ SCAGGSとの関係があるから止むを得なかったのか? しかしそうするとやはり同じウェストコースト出身のKENNY LOGGINSはどうなる?
何にしても、TOTOは本来の意味におけるAOR=Audio Oriented Rockと呼ばれる音楽を初めて世に広めたバンドである。ヒットの如何に係らず9.2.3.8.のシングル攻勢は当時未成年の自分にとって確かに"耳心地の良い"音楽だった。
本作が新人バンドにしてはかなりの売れ行きを見せ、さらに4年後"Ⅳ"が大ヒットしたことにより産業ロックのレッテルを貼られる破目になるのだが、まずはこの1stで聴かれる”大人しめのミクスチャー”ぶりをじっくり賞味しておきたい。BOSTONが実質TOM SCHOLZ & BRAD DELPの2人に対し、TOTOは腕利きのスタジオミュージシャン6人=職人集団。
共通して言えるのは、いずれも産業ロックの一言で片付けられる音楽ではないということ。矢野顕子はTOTOの音楽を悪いとハッキリ言ったが、どっこい、良い音楽だからヒットし売れた。もちろんメタルでは全然ない。それだけのことだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-17 08:26:39)


Magic and Loss / LOU REED


名盤

名無し ★★ (2017-09-16 12:49:37)


Angela / Toto / TOTO
やっぱりここは基本メタル専門サイトだから、本作を最後まで聴いた人が少ないのか? 静かなバラードで溜めに溜めてドンとハードに盛り上がるメリハリを味わってほしい。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-16 08:33:16)


Rockmaker / Toto / TOTO
当時を知る者には嬉しいいかにもの70年代ウェストコーストサウンド。かと言ってEAGLESでもDOOBIEでもなく、R&Bもしくはフュージョン色が漂うのがTOTOの個性だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-15 08:30:17)


Takin' It Back / Toto / TOTO
2人の若きSTEVEのうちトンボ眼鏡PORCARO兄弟の末っ子による作品。華奢で繊細そうな外見そのままの、典型的な(日本で言う)AORバラードだ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-14 08:25:34)


Girl Goodbye / Toto / TOTO
二段構えのイントロから後はノリノリのリフとキャッチーな歌メロで一気に6分が過ぎる。ところで上で言われているペッパー警部の方が2年早いし、タイトルで自分が連想したD.GATESのGoodbye Girlにしても1年早いのだが、これはこれで名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-13 08:32:22)


You Are the Flower / Toto / TOTO
爽快な中にもサイケデリックな風が吹く、フラワーチルドレン世代(?)BOBBYの作品だ。一回り年下のSTEVE LUKATHERがこれまた見事なG.でフォローしている、隠れ名曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-12 08:42:11)


Manuela Run / Toto / TOTO
楽しげな歌メロにだまされるな、歌詞は結構ヤバいぞ。ドンケツの終わり方、結局撃たれて倒れたんだろうな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-11 08:20:04)


Georgy Porgy / Toto / TOTO
今ではR&Bにカテゴライズされることが多い3rdシングル。Mother Gooseからの引用を含む歌詞は?だけど割り切って聴けばお洒落な"ジョージー・ポージー"だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 08:16:14)


Child's Anthem / Toto / TOTO
典型的なニュー・アメリカン・プログレ・ハードと呼べるOPのインストテューン。Key.主体はあまり趣味でない自分でも絶賛してしまう"子供の凱歌"である。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-09-10 07:46:13)


THE KINKS

キンクスそのもののアルバムは持ってませんが(渋谷陽一のラジオのエアチェックカセットテープで3曲聴ける‼)マッドネスやデフ スクール等キンクスチルドレンなバンドは好きなんです。
還暦過ぎたら(来年迎えます)キンクスのアルバム集め始めようかな?

めたる慶昭 (2017-09-01 21:29:49)


Rose / Rosemary Butler

角川映画の迷作と誉れ高い?草刈正雄がフリーのロードレーサー役を熱演した『汚れた英雄』の主題歌やアニメの主題歌などを歌い日本でも認知度の高かった彼女が1983年にリリースした1st。AOR調の歌モノを中心とした打ち込みビートも導入したダンサンブルなロックナンバーから、ソフトロックに王道バラードあり、チョット マッテ クダサイという歌詞が飛び出す、親日ぶりをアピールするナンバーもあったりと多様性に富んだ楽曲が収録された一枚。
自身もミュージシャン稼業をとして裏表で活動を行い、トレーニングを積んだ歌声は個性不足ではありますが、力強さを損なわないキュートでパンチの効いたパフォーマンスは、歌モノロックが好きな人なら安心して身を任せる事が出来るでしょうね。個人的には③④⑤のベタな楽曲が並ぶ展開が好きです。特に⑤曲目のハードポップな『Call Of The Wild』なんて『汚れた英雄』路線で好きですよ。

失恋船長 ★★★ (2017-09-01 15:00:49)


Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS
何故気づかないんだ......?
ほんと、マジもんの名曲ですよ
ギターも泣きまくり

名無し ★★★ (2017-08-26 16:14:07)


Grace / Grace / JEFF BUCKLEY
美しさと狂気を併せ持った薔薇のような曲。グレースのPVはなぜか最後音が省略されてしまっているので、CD音源を聞くことをおすすめ

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:55:05)


Mojo Pin / Grace / JEFF BUCKLEY
天使が目を覚ましたようなイントロ。最後のシャウトは電撃が走ります。名曲

ようかん人間 ★★★ (2017-08-26 00:53:35)


Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS

私もこの曲がオープニングナンバーで大正解だと思っていますよ。

めたる慶昭 (2017-08-25 21:37:03)


Blue Robin / Big Towne,2061 / PARIS

 チャララン、チャララン、チャラララーン。

 これもイントロが印象的な曲。始まった瞬間にあの頃の自分を思い出すっていうか。
 「ヘイヘイー」という甲高い声がファニーといえばファニーなのかもしれないが、「味」ですね。

 冒頭に置くならもう少し勢いのある曲が良いような気もするのだが、でも『Big Towne,2061』の冒頭ということでは、この曲しかあり得ないとも思う。奇妙な説得力と(大きな)魅力があるんだよね。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:48:06)


A Day at the Races / QUEEN


なんだか全体的にあったかくて、ぎゅっとつまってる感じか大好き💕

名無し ★★★ (2017-08-21 21:42:08)


Money Love / Big Towne,2061 / PARIS

 チャララチャッチャ、チャララチャッチャ、チャララチャッチャ、ジャン!

 イントロが印象的な曲がこのバンドには多いのだが、これも冒頭で耳を持っていかれる。
 その後はチャラッ、チャラッ、チャララチャッチャと結構スピード感を持って反復され、その上に軽快なヴォーカルメロディが乗る。
 なんか似たような曲、好きなヤツでもう一曲あったなぁと思って聴いていたが、Lou Reedの「The Original Wrapper」(1986年発表の『MISTRIAL』に収録)がそうだった。ただ、ギターリフは異なっており(チャッチャッ、チャッチャッ、チャッチャッ、ッツチャララララ)テンポが似ているだけだったんだけど。これも格好良いんだよ(アルバム総体としては今一つなんだが)。

 ハードかっていうとそうでもないんだけど、ギターロックだよね。ギターが印象的っていうか、リフが良いんだよ。
 なんかノレるし、踊れそうでもある(踊らないけれど)。

 格好良いっす。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:35:43)


Big Towne,2061 / PARIS

 メタル慶昭さんに教えてもらって以来、ちょっと気の利いたCD屋に行くと探していた(絶対にネットでポチらないのは、性というか・・・)。
 ありましたね(ついでにTHE ANSWERの3rdも見つけた)。

 聴いてビックリしたのは(冷静に考えると当然あり得ることなのだが)、エアチェックして聴いていたであろう楽曲が含まれていたこと。イントロのメロディが流れてきた瞬間に、「あ。これ知っているわ。俺、好きだったわ」という曲が、確実なところで3曲(①Blue Robin、②Big Towne,2061、⑥Money Love。もしかすると④のNew Orleansもだが、自信が無い)。懐かしい事この上なく、現在絶賛愛聴中。

 1976年の発表なので、若いリスナーからすれば今聴くとおっそろしく古臭く聴こえるのかもしれない。しかし、今のバンドが持っていない大きな魅力があるんだよ。これが。なんというかキャッチーなメロディなのだが、ポップじゃないというか。いや人によっては「ポップだ」という人もいると思うのだが、ロックとして機能しているんだよ。立派に。で、色々な音楽がごった煮になっているような気配もあるんだが、クロスオーバーとかコジャレタ(洒落てねぇか。死語か)もんじゃないんだよ。まぁ、’70年代のバンドって、みんなこんな雰囲気は持っていたよね。DPもZeppも。メロディが独特なんだよね。好きなんだよこういうの。THE FIRMもそうだったんだけれど。

 そのようなわけで慶昭さんに大きな感謝の念を抱きつつ、今も背後で鳴っています。
 本当に格好良いなぁ。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-08-21 21:16:29)


JETHRO TULL

⬆エディ ジョブソン在籍時のライブ音源の部分で「女狩人」がプレイされているのですが、この曲はスタジオ盤(「神秘の森」)、79年共に全盛期を支えたドラマーのバリーモア バローが叩いています。
が、しかしこの時期は既に脱退しているので、普通に考えるとマーク クレイニーがプレイしているはずなのですが、これが思いの外凄い‼
緻密さでは、バローに劣りますが、パワフルでバローとは全く別のフィルインで勝負してきており、侮れません。

めたる慶昭 ★★ (2017-08-20 20:56:07)


JETHRO TULL

先日、ブートの「Gold tipped boots 」というタイトルのアルバムを購入し、1回さらっと聴きました。
8曲目までは、91年のスタジオライブで観客無しの様子。
当時の新作からアルバムタイトルナンバー「Rocks on the road 」等。9~13曲目は、80年のLAでのライブ。エディ ジョブソン在籍時で「A」からの「Black Sunday 」が聴けるのが嬉しいところ。
14~19曲目は初期のいろんな音源でデモ音源も含む。
「Hunting girl」や「Songs from the wood」が79年の公式初ライブ盤のバージョンとはまたかなり違ったアレンジで聴けるのも嬉しい‼

めたる慶昭 ★★ (2017-08-18 22:00:36)


THE B-52'S

傑作とかは無いけど不思議と好きなバンドです。

怒号 ★★★ (2017-08-17 20:23:33)


Loveless Fascination / STARSHIP

久方ぶりの2013年にリリースされた最新作。個人的には、このバンドまだ生きていたんだ程度の感想しか無かったのですが、シンガーのミッキー・トーマス以外の参加メンバーが全然スターシップしていたメンツと違い、更には曲作りやプロデュースに、演奏までと八面六臂の大活躍をするのが、あのジェフ・ピルソンとなると話は別で俄然興味が湧きましたね。国内盤リリースも無く彼らがどのような活動を続けていたかは分かりませんが、往年のスタイルとは一線を画すハードさを前に出したアメリカンロックを披露。適度に華やかで、でも泥臭い、腰に来るウネリのあるグルーブ、まさに典型的なアメリカンロックの醍醐味を伝えるものだが、丁寧に細かい芸も効いており、聴き込むほどに、こんな事やあんなフレーズを組み立て直したんだと発見もあったりして楽しい雰囲気を味わえます。
こんなもん、やりつくされた事だ、真新しさのない普遍的と言う名の標準型だと言われると、その通りなのですが、古典的な響きは聴き込むほどに味わい深さも増し、経験値の豊富さから来るツボを心得たアイデアは一日の長でしょうね。
上手い歌と軟弱にならないロックな醍醐味を味わえる歌モノHM/HRと言っても違和感のない作りは見事でしたね。ちなみに⑩はダイアン・ウォーレンがKISSに提供した曲です。

失恋船長 ★★★ (2017-08-17 16:23:36)


Astra / ASIA


青春時代に聴いて、最近改めてCDを買いなおし、繰り返し聴いています。
時代を超えてまた聴きたくなる、そういうアルバムがいくつかありますが、私にとってこれは、それ。
1や2といった代表曲以外も、味わい深くて好き。

名無し ★★ (2017-08-15 12:52:55)


Let Your Heart Rule Your Head / Back to the Light / BRIAN MAY
やっぱり、名曲「39」を思い出す、フォーキーな曲。何度か聴いていると、つい口ずさみたくなる、分かりやすい歌詞とメロディね。こういうのがアルバムに一曲入ってるのがいい。

名無し ★★ (2017-08-15 12:33:32)


Layla / Layla and Other Assorted Love Songs / DEREK AND THE DOMINOS
狂おしいほどの恋慕の情。これは単純なラブソングではないのだ。

親友、ジョージ・ハリスンの奥方パティ・ボイドを好きになってしまったクラプトンの煩悶がストレートに歌われる
ある意味少し恥ずかしい曲。実際クラプトンは当事者パティにリリース前のこの曲を聴かせたそうだ。

ク「パティちょっとこれ聴いてくれるか」
パ「うわ、アカン!これウチの事やってみんなにバレてまうやん!!」

このままの状況を続ける訳にはいかないと思ったクラプトンは、意を決してジョージに自分の気持ちを打ち明ける。

ク「なぁジョージ、ちょっと話があんねんけど…」
ジ「なんやエリック、あらたまって」
ク「実はな、君の嫁はんのパティの事が好きになってしもたんや…」
ジ「………」
ク「何度もあきらめようとしたんや。でも、でも…やっぱ好きやねん!!悲しい色やねん!!!」

実際のところジョージの度重なるゲス不倫でパティは心身ともに疲弊しており、もはや婚姻関係は破綻していた。
そんなパティを優しく慰めてくれたのがクラプトンだった。そんなことが続くと互いに惹かれ合うのは自明の理。
親友の妻を愛してしまった事に対する自責の念を抱きながらの決死の告白にジョージは何と答えるのか。

ジ「好きにしたらええがな」

晴れて二人は夫婦となるのだが、クラプトンもまた恋多き男。ゲス不倫を繰り返した挙句に敢え無く離婚する。
不思議なのは、こんな大変な事がありながらもジョージが他界するまで二人の友情は続いていたということ。
自分にゃ到底無理な話だ。

「LAYLA」という世界中に公開されたラブレター。その情熱は確かに聴く者の胸を打つ。

はっちゃん ★★★ (2017-08-14 23:12:22)


Tired Eyes / Tonight's the Night / NEIL YOUNG
Tired eyesって歌うニールが超やるせないって感じ‼

名無し(2017-08-13 21:03:28)


A Kind of Magic / QUEEN


It's magic!!

名無し ★★★ (2017-08-01 10:21:01)


Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS
なぜ全然コメントがないのか!?不思議です。
アンソニーの声がめちゃくちゃかっこいいです!
カラオケで歌いたいけど無いんだよなぁ…。

名無し ★★★ (2017-07-23 22:09:39)


Bring Down the Hammer / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES
ジョージア節全開なロケンロール❗
ボーカルの訛り方がああサザンロックだなあと聴くものを南部の地へ連れていってくれますな。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-23 16:02:37)


All Over but the Cryin' / In the Land of Salvation and Sin / THE GEORGIA SATELLITES
ロケンロールだけじゃないよ❗って言いたげにちょっとスローな哀愁あるバラード。
ギターソロもかなり哭いており、彼らの音楽性の幅広さがかいま見えますね。
もっと続けて欲しかったなあ。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-23 16:00:04)


Dreamer / Crime of the Century / SUPERTRAMP
曲名通り非常にドリーミーでポップなナンバー。
リチャードのキーボードがパーカッシブに刻む中で、コーラスが効果を上げています。

メタル慶昭 (2017-07-22 15:50:43)


Hide in Your Shell / Crime of the Century / SUPERTRAMP
曲調は陽気なのですが、テンポが緩くしっとり感も有るので能天気さは無いですね。
いかにも英国的なクラシカルでウォーミーなナンバー。
リチャード デイヴィスのキーボードもとても暖かいサウンドです。
しかし、歌詞の内容は人生の厳しさを扱ったかなりシニカルなものなのがサウンドと裏腹で心憎いですね。

メタル慶昭 ★★ (2017-07-22 15:48:09)


Tie Your Mother Down / A Day at the Races / QUEEN
or you ain't no friend of mine
のところ、ライブだとyouをsheって言っているように聞こえるんだけど、youだとお客さんの事になっちゃうから、って事なんだろうか?

名無し ★★★ (2017-07-19 16:19:26)


Cuts Like a Knife / BRYAN ADAMS


売り上げはレックレスには届きませんが、1番ブライアンらしいのはこのアルバムだと思います。1番好きなのはI'm Readyですが、全曲名曲ですよ。

名無し ★★ (2017-07-15 23:22:26)


Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK
 ハードでダークな色調の曲だけだとアルバムが単調な印象となってしまうのだが、この曲のように明るめでやや軽快な曲が挿入されると、アルバムの印象がグッと違ってくる。色彩は豊かになり、より多面性が増す。

 いつも僕たちは一緒。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:49:27)


The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK
 ギターリフのリズムとドラムのリズムが絡み合って徐々に緊張感を高めていく展開が好きだ。
 冒頭のアコースティックな始まりから一転、ベースのビートが聴き手をダークでタフな世界観にグイッと引き込むあたりが上手い。格好良いと思う。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:26:58)


Home / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はイントロだけ取り上げると、この曲がアルバム冒頭にあっても良いように思う。ただ、その後の展開がどちらかというと攻撃的にいくより、ややスローテンポでドラマティックな方向に流れていくので、やはりアルバム中盤のこの位置にあるのが正解。
 今回のアルバムは個人的には捨て曲が無いのだが、収録曲の中でもこの曲を含めバラード系の曲が成功しているように思う。それぞれ曲の個性がはっきりとしているし、似たような王道パターンに堕していかず、良いメロディをいかに有効に作用させるかということに細心の注意が払われているように感じる。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:17:47)


After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK
 始まりのメロディやリズムの使い方は、(前に似たような曲があったような・・・)と思わせるのだが、サビのメロディは明るくやや翳りをみせつつ展開していく。クライマックスの「ウェイエイエイエエーイ」の部分が好きだ。
 こういうコンパクトなのだが少しばかり複雑な色遣いを見せる曲を聴くと、「このバンドは本当、職人だなぁ」と感心する。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:08:35)


Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はアルバムリリース前にYoutubeで流しているプロモーションビデオで聴いた(視た)時には、あまり良さがわからなかった。
 しかし、実際にCDで聴いてみるとなかなか良い曲だと思った。少しダークでリフが格好良い。アルバムの世界観を冒頭で表現(紹介)するのに最も適した曲である。もちろんタイトルトラックなわけだし。
 今では曲が始まるとワクワクするし、リフはゾクッとくる。ライヴの開幕にもってこいであろう。

 あまり関係のない話だが、プロモーションビデオの話の筋が今でもよく分かっていない。
 あのマスクをしたガタイの良い男性は人々を支配している悪役(親玉)っちゅうことで良いのだろうか。最初に観た時に(敵の本拠地に忍び込んだヒーローかな)と思い、いつまでたっても活躍しないでボーッと同じところで仁王立ちしている(たまに両腕を広げてみせる)だけなので、「?」と頭の上に疑問符が浮いた。
 何度か観ているうちに、(あぁ、もしかして悪役?)と思ったのだが、今でも自信が持てない。
 いや、本当に曲の評価には関係ないのでどうでも良いのだが、なんか気になって。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 05:59:55)


Mountain Men / Crest of a Knave / JETHRO TULL
マーティン バレのギターが渋くて、彼らしいトーンで彼らしいフレーズを弾いている。
それだけで嬉しくなる曲。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★ (2017-07-13 16:06:56)


Budapest / Crest of a Knave / JETHRO TULL
10分の長尺曲。
残念ながら、70年代後半の長尺曲群(「Dark ages 」「Heavy horses」「Piblock」)に比べると、クオリティは数段落ちると思わざるを得ない。
ゲストでFairport ConventionのRic Sandersがバイオリンで参加しているがあまり活かされてないし・・・

名無し(2017-07-13 16:04:34)


Farm on the Freeway / Crest of a Knave / JETHRO TULL
メタル要素は薄いですがタルっぽさがプンプン匂う彼等独特の雰囲気のナンバー。
それにしても、このアルバムでのキーボードプレイは全部イアンですが、何やっても上手いねえ。

名無し ★★ (2017-07-13 15:57:15)


Steel Monkey / Crest of a Knave / JETHRO TULL
87年に発表された3年振りのアルバムの1曲目。
いきなりデジタルっぽいイントロと打ち込みで始まり、前作の流れをより強めた感じで、おいおい勘弁してよって思わせる1曲目としては落第点ですね。

名無し(2017-07-13 15:53:49)


Kilroy Was Here / STYX


2と3が無ければ最高

名無し ★★ (2017-07-08 21:53:26)


Equinox / STYX


styxの最高傑作です

名無し ★★★ (2017-07-08 21:06:36)


California Man / Heaven Tonight / CHEAP TRICK
MOVEのカバー曲ですが本家よりカッコいい曲です。ライブでもめちゃくちゃ盛り上がった思い出があります。まさにロックンロールという曲です。

名無し ★★★ (2017-07-08 01:12:37)


Feed the Machine / NICKELBACK

前作は、実験的な要素が若干強かったので、本来の姿に戻ったと分析するのは間違いではない。
だけど、変化を恐れずチャレンジする事は、決して悪いことではない。
結局は、結果がイマイチというか、楽曲の出来自体がよくなかったのが問題であって、チャレンジそのものはむしろ僕は好意的に受け止めていた。

僕が思う最高傑作は5thであり、それ以降では「ヒア・アンド・ナウ」が一番好きであるが、大きな流れで言えば出来自体は緩やかな下降線をたどっている気がする。
彼らのやっている音楽性はごまかしが効かないし、輝かしい実績がある以上、求めるハードルはあまり下られない事情がある。
音楽性がほどんど変わらないバンドの苦しさは、楽曲の出来を常に高く保ち続けなければならない点にある。
だからこそ、その打開策がチャレンジなのである。
チャレンジしたけど結果変わらなかったのと、無意識で変わらないというのは、見た目は同じでも大きな違いがある。

前作よりはいいと思うけど、前々作やその前の作品は超えていない気がする。
何か、変化が必要である。
元々ソングライティング力はあるのだから、きっかけさえあれば何とでもなるハズである。
もったいない。

ヤングラジオ (2017-07-05 21:31:29)


Now You're Gone / Slip of the Tongue / WHITESNAKE
デイヴィッドカヴァーデイルってすごいボーカリストですね!!
聴いているとなんか泣きたくなる名曲です。

鉄ゴリラ ★★★ (2017-07-04 01:37:40)


This Thing Called Love / After the War / GARY MOORE
コージーのドラミングが冴え渡るスピーディーなナンバー。
ゲイリーのギターも格好いいリフ満載に弾きまくっています。

名無し ★★ (2017-07-02 21:29:36)


The Messiah Will Come Again / After the War / GARY MOORE
ロイ ブキャナンに捧げたカバー曲ですね。
今日、久しぶりに聴きましたが、政則の解説によると、ブキャナンってアメリカはアーカンソー出身なんですか。
あたしゃ、てっきりブリティッシュかと思ってました。
ブキャナンそのものは、聴いてませんのでね。
ゲイリーのギタープレイからはブキャナンへの敬意がしっかりと感じられますね。

名無し ★★ (2017-07-02 21:27:28)


Speak for Yourself / After the War / GARY MOORE
この前の曲の「After the war 」が素晴らしすぎて霞み勝ちですが、これも良く出来た曲です。
特にボーカルメロディーが素晴らしく、ボーカルが唄い、ギターも唄うのだから無敵だよね。
唯、オジーは何処?
⬆あたしゃ聴こえないよ❗ムッチーさん。(笑)
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★ (2017-07-02 21:21:08)


After the War / After the War / GARY MOORE
超名曲ではありますが、ドラムスがチャールズ モーガンでなく、コージーが叩いていたら、神曲になっていたよなあ。

名無し (2017-07-02 21:13:47)


Too Tired / Still Got the Blues / GARY MOORE
ご機嫌なホンキートンク調、ピアノも入り、アルバート コリンズも客演しているのなら、もう聴き入るしかないね。

名無し ★★ (2017-07-02 21:10:40)


Get Down, Make Love / News of the World / QUEEN
結構クセが強い曲です。
ちなみにNine Inch Nailsがカヴァーしてたりします。

鉄ゴリラ ★★ (2017-06-28 01:53:00)


Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK
 アルバム後半(レコードで言うとB面)は個人的には⑥から始まり、徐々に盛り上がっていきこの曲あたりでクライマックスになるような気がする。あくまでも個人的な感想だけれど。
 劇的な曲調、高まっていく緊張感がたまらない一曲。ハードボイルドな刑事(探偵)ドラマか、展開に予断を許さない社会派のサスペンスドラマなんかで(歌詞の内容は全く考慮の外にして)山場に使ったら良いかと思う。
 ドラマティック。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 22:07:37)


You Don't Fool Me / Made in Heaven / QUEEN
これは名曲です。囁くようなボーカルと美しいギターソロが好きです。

名無し ★★★ (2017-06-17 21:53:10)


Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK
 NICKELBACKは非常に優れたバラードを多数持っているのだが、この曲はその中でも上位に入ると思う。
 切なく、諦観を感じさせながらも明るく展開していくサビのメロディ。涙を堪えながら笑って見せるというか。

 この歌は燃やしてしまってもいい
 煙にしてしまえ
 川に流してもいい
 ゆっくり沈むのを見る
 紙飛行機に折ってしまい
 月まで飛ばしてしまえ

 世界のために奏でても意味はない
 僕は君に歌っているんだ

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-06-17 21:53:00)


Feed the Machine / NICKELBACK

 前作はソフトというかポップな曲も交えつつ、バラエティ豊かな作風だった。
 今作はというと、一本芯が通っており硬質な感じ。一曲目のFeed the Machineがゴリッとした質感をもつ曲で、本アルバムが硬派であることを宣言している。
 とは言っても、そこはNICKELBACK。③の「Song on Fire」は久々にキタコレ。バラードの名曲。問答無用の出来だろうこれは。④はリズミカルなヴォーカルが一聴ポップな風なのだが、楽曲のトータルイメージはハードだ。アルバムの流れにアクセントをつけており、配置も絶妙と言えよう。⑤はバラード調の曲。③より少しだけヘヴィか。毛色は明らかに異なり佳曲。⑥はミッドテンポの曲でリフのグルーヴが気持ち良い。⑦は再びバラード調の曲。③・⑤よりややダーク。これまでにみるように、③以降はバラード(“調”の曲も含む)とロックしている曲を交互に配置しており、アルバムの流れについてとても気が遣われている。そしてバラード(調)の曲は、似たような曲は収録されていない。何気に凄いことだと思う。
 ⑧はダークでハード。なにか漢っぽくて格好良い。⑨は歌メロのサビの部分に哀感が滲む、どこかハードボイルドな良曲。⑩は一転始まりがアコースティックで口直し。アルバム終盤において雰囲気を変えている。明るくなりきれない切なさが後を引く。⑪は⑩の流れをしっとりと引き継ぐ、アコースティックギターのメロディが印象的なインストゥルメンタル。
 前作も悪くないと思ったけれど、作風でいうなら本作が好み。ハードとヘヴィとダークが3割増し。でも前作あってこその本作なのだろう。
 とても気に入りました。名盤。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 21:35:47)


Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD
知らなかった、こんな曲があったとは。
Travel Sequence と同じくすばらしい。

名無し ★★★ (2017-06-17 16:30:29)


And We Danced / Nervous Night / THE HOOTERS
85年全米チャート21位のスマッシュヒット。
マンドリンと鍵盤ハーモニカのイントロが印象的なナンバー。
軽快なポップロックで、懐かしさと青春を感じさせます。

GC8改 ★★★ (2017-06-17 13:15:40)


Keep Yourself Alive / Queen / QUEEN
何年か周期で訪れる、日本に於いての「QUEENブーム」がまた訪れたのかもしれない…
この曲がCMソングで流れた時は、割と冷静でいられた。大貫憲章さんは、ファーストとセカンド・アルバムの路線でキャリアを重ねていてほしかったらしい。確かにセカンドアルバムのブラックサイドや、ファースト・アルバムを聴くともう一つのQUEENを感じる事が出来る。

特撮X (2017-06-14 08:53:38)


Caravanserai / SANTANA

このアルバムだけは評価が非常に難しい…と言うか自分の浅い音楽知識・体験では出来ない。
唯一つ言える事はサンタナという人が、後世に永遠に残り続けるであろう作品をその熱情・物語性をもって生み出したのだろう…と言う事だけ。
あとは個々人が聴いて、各々自由に感じれば良いと思う。
そういう懐の深い作品。

1573 ★★★ (2017-06-13 21:43:17)


There & Back / JEFF BECK

このアルバム、実は去年までその存在にすら気づいてなかった…
で、実際に聴いてみたらこれが又何とも地味。
前2作と比べるてみても華々しさやキャッチーさは余り無い。

でも何度も聴いていくうちに嵌ってきて、仕舞いにはハイレゾまで買ってしまう始末(笑)。
楽曲に統一性があって何度聴いても面白いんだよね。
特にお気に入りはゴールデンロード!
この曲の素晴らしい哀愁感は哀しみの恋人達に決して負けていない。
他にもザ・パンプ、ユーネヴァーノウなんかも良いね。
個人的には勢いのある曲より、スロー~ミッドテンポの曲がこのアルバムのキモだと思ってる。

1573 ★★★ (2017-06-12 11:04:52)


Fuck Forever / Down in Albion / BABY SHAMBLES
なんてったって「FUCK FOREVER」ですよ。
もうタイトルだけでシビれてしまいました。
このギターの音と詩の切実さは何だ。

極太うどん野郎 ★★★ (2017-06-11 23:15:39)


Queen II / QUEEN


死ぬ前にレコードでQueenⅡを聴くのが将来の最も大きな目標です(まだ未成年なのでずっと先になることを祈りますが笑)
神以外の何者でもないと言うかそんな安直な言葉では済まされない
初めてアルバム通して聴いたときは泣きました
確かにこれは棺に入れて貰わなきゃ死んでも死にきれないよなぁ…

名無し ★★★ (2017-06-09 22:46:34)


Revelation / Penguin / FLEETWOOD MAC
これもウェルチ作のナンバー。
この曲では、彼のギターが活躍しており、Parisの様なハードさは出していないものの、非常にセンスのあるフレーズを連発してくれており、やはりピーター グリーンの後釜として加入しただけのことはあると改めて思わせてくれる。

名無し ★★ (2017-06-04 20:52:07)


Bright Fire / Penguin / FLEETWOOD MAC
ウェルチ作のドリーミーなナンバー。
後のソロ作品に繋がる雰囲気も有るが、ジョンとミックのリズム隊がウェルチのソロ作品より主張が強く、つまりマックサウンドになっている。

名無し ★★ (2017-06-04 20:47:42)


Prove Your Love / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC
クリスティンの非常にムーディーなコーラスに導かれて始まるこれ又ムードの有るナンバーだが、ボーカルがクリスティンなのでウェルチとは違う女性特有のソフティスケイトされたボーカルである。
キーボードも良い味付けになっている。

名無し ★★ (2017-06-04 20:42:27)


Angel / Heroes Are Hard to Find / FLEETWOOD MAC
さりげないイントロから始まり、ウェルチ独特なムードの有るナンバーで、Parisを彷彿とさせる。
只、Parisの1st程シャウトしておらず、Zeppっぽさは無い。

名無し ★★ (2017-06-04 20:36:36)


Take It Easy / Eagles / EAGLES
ホテルカリフォルニアやデスぺラードはたまに聞くから良いのであって、テイクイットイージーのような手軽さ気軽さには絶対及ばない。ピースフルイージーフィーリングが次点かな(^^)☆

名無し ★★★ (2017-06-03 23:40:37)


More / PINK FLOYD


隠れた名盤です

名無し ★★★ (2017-05-30 17:03:34)


Lawyers in Love / Lawyers in Love / JACKSON BROWNE
こちらが『路地裏の少年』(浜田省吾1976年発表のソロデビュー曲)に似ているという事を知り先日拝聴させていただきました。
確かに良い曲ですね。

玻璃子 ★★★ (2017-05-27 22:57:19)


Future Games / Future Games / FLEETWOOD MAC
8分超えの大作だが、淡々とした流れが大作を感じさせない。
イントロからドリーミーなフワフワ感満載で、プラス淡い哀愁が曲を味わい深いものにしている。
ギターのフレーズも非常にセンスが良く、いかにもブリティッシュだが、作曲者はアメリカ人のウェルチなんだよな。

名無し ★★ (2017-05-25 23:22:59)


Lay It All Down / Future Games / FLEETWOOD MAC
サウンドは古臭いが、当時としてはかなりお洒落なポップチューン。
但し、只の甘口ポップではなく、ブルージーな臭いも残しており、そこにウェルチが絶妙な味付けをした感じだ。

名無し(2017-05-25 23:17:17)