この曲を聴け!
最近の発言
Walkabout / THE FIXX (名無し)
Read Between the Lines / Walkabout / THE FIXX (名無し)
Built for the Future / Walkabout / THE FIXX (名無し)
57th & 9th / STING (帰ってきたクーカイ)
Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK (名無し)
Up Against It / Bilingual / PET SHOP BOYS (Satocchi)
Wham! (名無し)
Imagine / Imagine / JOHN LENNON (うにぶ)
The Word / Rubber Soul / THE BEATLES (N男)
Sail on Sailor / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES (MK-OVERDRIVE)
Sail on Sailor / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES (MK-OVERDRIVE)
I Love You (And I'm Glad That I Said It) / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES (MK-OVERDRIVE)
You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES (N男)
Little Child / With The Beatles / THE BEATLES (N男)
Right Now / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES (名無し)
Right Now / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES (名無し)
True Faith / International / NEW ORDER (名無し)
I Can’t Stop Thinking About You / 57th & 9th / STING (帰ってきたクーカイ)
It's All Coming Back to Me Now / Céline Dion & Others / Celine Dion (N男)
Material Girl / Like a Virgin / MADONNA (middlefinger is the flag that...)
Only the Young / The Warrior / PATTY SMYTH(SCANDAL) (GC8改)
Love Is a Stranger / Sweet Dreams (Are Made of This) / EURYTHMICS (GC8改)
Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS (名無し)
My Heart Will Go On / Céline Dion & Others / Celine Dion (N男)
Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS (MK-OVERDRIVE)
Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS (名無し)
An Old Fashioned Love Song / Harmony / THREE DOG NIGHT (名無し)
An Old Fashioned Love Song / Harmony / THREE DOG NIGHT (名無し)
In My Room / Portrait / THE WALKER BROTHERS (名無し)
Red Rubber Ball / THE CYRKLE (名無し)
Bye Bye Love / The Cars / THE CARS (名無し)
RUPERT HOLMES (名無し)
Adolescent Sex / Adolescent Sex / JAPAN (名無し)
Get Down / I'm a Writer, Not a Fighter / GILBERT O'SULLIVAN (名無し)
Superstar / Carpenters / CARPENTERS (名無し)
Two to Do / Bob Welch / BOB WELCH (名無し)
The Girl Can't Stop / Man Overboard / BOB WELCH (名無し)
Piano Man / Piano Man / BILLY JOEL (名無し)
It's a Game / It's a Game / BAY CITY ROLLERS (名無し)
Saturday Night / Bay City Rollers: Collections / BAY CITY ROLLERS (名無し)
Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES (名無し)
Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER (名無し)
Waterloo / Waterloo / ABBA (名無し)
Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI (N男)
Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI (N男)
Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE (名無し)
Believe Me / One Step Beyond... / MADNESS (名無し)
E.L.O. (名無し)
Stayin' Alive / Saturday Night Fever (original Soundtrack) / THE BEE GEES (夢想家・I)
The Soul Cages / STING (うにぶ)
Synchronicity / THE POLICE (うにぶ)
Remain in Light / TALKING HEADS (うにぶ)
Francis Massacre / The Flowers of Romance / PUBLIC IMAGE LIMITED (うにぶ)
The Flowers of Romance / PUBLIC IMAGE LIMITED (うにぶ)
Paperback Writer / Past Masters, Volume Two / THE BEATLES (middlefinger is the flag that...)
I Won't Remember Ever Loving You / I've Never Been to Me / CHARLENE (名無し)
THE BEATLES (アシュリー)
Don't Fight It / High Adventure / KENNY LOGGINS (名無し)
Old Friends/bookends / Bookends / SIMON & GARFUNKEL (名無し)
Voyeur / Voyeur / KIM CARNES (GC8改)
Frozen / Ray of Light / MADONNA (N男)
This Masquerade / Now & Then / CARPENTERS (N男)
Your Wonderful Parade / Ticket to Ride / CARPENTERS (N男)
Let Me Be There / Let Me Be There / OLIVIA NEWTON JOHN (MK-OVERDRIVE)
If Not for You / If Not for You / OLIVIA NEWTON JOHN (MK-OVERDRIVE)
Love’s Been a Little Bit Hard on Me / Quiet Lies / JUICE NEWTON (MK-OVERDRIVE)
Queen of Hearts / Juice / JUICE NEWTON (MK-OVERDRIVE)
Angel of the Morning / Juice / JUICE NEWTON (MK-OVERDRIVE)
Technique / NEW ORDER (名無し)
Mr. Disco / Technique / NEW ORDER (名無し)
Next Position Please / CHEAP TRICK (はっちゃん)
Danger Zone / Yesterday, Today, Tomorrow: The Greatest Hits / KENNY LOGGINS (アクセルブルー)
Enter Sandman / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE (はっちゃん)
Holy Diver / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE (はっちゃん)
Holy Diver / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE (はっちゃん)
Smoke on the Water / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE (はっちゃん)
Ashes to Ashes / Scary Monsters… and Super Creeps / DAVID BOWIE (名無し)
Girls on Film / Duran Duran / DURAN DURAN (名無し)
Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA (名無し)
Who Can It Be Now? / Business as Usual / Men at Work (名無し)
Cheap Trick '97 / CHEAP TRICK (帰ってきたクーカイ)
You Gave Your Love to Me Softly / Pinkerton / WEEZER (N男)
PAT BOONE (80年代)



MyPage

洋楽ポップス - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Walkabout / THE FIXX


さっき、久しぶりに聴きましたが、⬆の発言は訂正で星二つにしたい。
サイ カーニンのボーカルがデビュー時から更にグレードアップしており、特に表現力が素晴らしいです。
それは、サウンドのマンネリ感を補って余りあるものがあります。

名無し (2017-01-14 16:11:38)


Read Between the Lines / Walkabout / THE FIXX
ルパートのエレピから始まるバラードではなく、静櫃という形容をしたくなるナンバーです。
ある意味、プログレシブなサウンドですよ!

名無し ★★ (2017-01-14 16:06:23)


Built for the Future / Walkabout / THE FIXX
Fixxらしい不穏な空気なサウンドが聴くものを虜にしてくれます。
ジェイミーのギターとルパートのキーボードが同等の比率でサウンドを構築しています!

名無し ★★ (2017-01-14 15:33:52)


57th & 9th / STING

 ①から⑩までが本編。①と⑥がアップテンポでレコードのA面とB面の冒頭の曲みたい。
 アルバムタイトルが『57th&9th』で、STINGが音楽活動の拠点としている(自宅がありスタジオがある)ニューヨークをテーマにした作品かと思うと実はそうではない。タイトルの『57th&9th』は、つまりSTING自身がその界隈を日々歩きつつ思考した成果がアルバムに結実した、という意味でつけられている。
 収録された曲のテーマは多岐にわたる。ミュージシャン(アーティスト)として生きることに関する曲(①②)や恋愛に関する曲(③⑧)。気候変動(④)や難民問題(⑨)。「いわゆるロード・ソング」(⑥⑦)もある。セルフライナーノーツが掲載されており、この作品に関する作り手の思いとしては、曲に込めた意図をしっかりと伝えたいということなのだろう。
 そのような意味で本作はアルバムを作ることを明確に意識し発表された、単なる楽曲集以上の意味を持たされた作品である。
 ①⑥を除きテンポがゆっくりな曲も多く、⑦のようにアコースティックな曲もある。楽曲の配置にも気が遣われており通しで聴いて楽しめ、かつ個々の楽曲をじっくりと味わいたくなるアルバムのように感じた。本編10曲〔ボーナス扱いの楽曲が本編の後に3曲。①⑨のヴァージョン違いとTHE POLICEの1stアルバム冒頭の曲(Next To You)のライヴ・ヴァージョン〕というのも昔のレコードアルバムのようで、アルバム全体を聴きとおして音楽に浸るというのが、本作の正しい聴き方のように思える。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-01-01 09:29:56)


Oh Caroline / In Color / CHEAP TRICK
この曲にまだ書き込みが無かったとは!
ロビンの甘い歌声に全米のキャロラインちゃんが「キャー‼」ってか?
そのあと、終盤では一転して力強くfor your love ってシャウトしてロビンは素晴らしいボーカリストです。

名無し ★★★ (2016-12-31 16:33:34)


You’re All Talk / In Color / CHEAP TRICK
この曲は、トム ピーターソンのドライブ感溢れるベースラインが気持ちいいですね。
ちょっとパンクっぽい感じも有りますが、ロビンのボーカルも力強く良い感じです。

名無し ★★ (2016-12-31 16:27:20)


Up Against It / Bilingual / PET SHOP BOYS
これは隠れた名曲だと思う。こんな淡々とした哀愁のあるメロディは彼らにしか作れない。凄くクール!

Satocchi ★★★ (2016-12-30 05:32:05)


Wham!


昨日が文字どおりラストクリスマスになってしまった・・・・・

名無し (2016-12-26 11:28:29)


Imagine / Imagine / JOHN LENNON
シンプルなメロディの良さと、歌にこめられた勇気と希望に、いつ聴いても心がかき乱されます。
誰かの理想は誰かにとっての悪夢かもしれず、この歌詞が許せない人も多いことでしょう。
たぶん、宗教に無節操な人が多く、国家への盲目的忠誠心にアレルギーのある人が多い日本では、あまり抵抗なく受け入れられると思いますが、外国での反応は強烈そう。

うにぶ ★★★ (2016-12-24 16:02:36)


The Word / Rubber Soul / THE BEATLES
ギターのクサいフレーズが印象的。英国メタル的。

N男 ★★★ (2016-12-15 00:36:53)


Sail on Sailor / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES
アルバムのA面5曲目。リアルタイムではスルーしてたのに、ジジイになった今となっては"本来これぐらいゆっくり行くのがsailingだなぁ"としみじみ思う、ウン。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-12-14 20:34:13)


Sail on Sailor / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES
アルバムのA面5曲目。リアルタイムではスルーしてたのに、ジジイになった今となっては"本来これぐらいゆっくり行くのがsailingだなぁ"としみじみ思う、ウン。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-12-14 20:34:13)


I Love You (And I'm Glad That I Said It) / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES
アルバムではA面2曲目だった3rdシングル。かなり大人しいバラードだが、Bメロからサビにかけての展開が流石BOYCE & HARTだね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2016-12-14 20:26:46)


You’ve Got to Hide Your Love Away / Help! / THE BEATLES
「悲しみをぶっとばせ」だろうが「悲しみはぶっとばせ」だろうが、知らんわw
地味だけど、良い曲だと思う。
とか言っといて、自分で赤盤編集するなら外す可能性の方が大きいかも。

N男 ★★ (2016-12-14 18:51:24)


Little Child / With The Beatles / THE BEATLES
気持ちよさそうにハーモニカが鳴っている。
2ndの曲って人気ないなぁ、こんなに取っつきやすい曲なのに。

N男 ★★★ (2016-12-13 22:19:14)


Right Now / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES
懐かしいです。モンキーズ再結成で喜びました。
この曲が一番好きです。

名無し ★★★ (2016-12-13 09:15:50)


Right Now / Dolenz, Jones, Boyce & Hart / THE MONKEES
懐かしいです。モンキーズ再結成で喜びました。
この曲が一番好きです。

名無し ★★★ (2016-12-13 09:15:50)


True Faith / International / NEW ORDER
とある80年代ラジオで聴いて知ったが
とても病みつきになる音楽だと思う

名無し ★★★ (2016-12-12 13:11:44)


I Can’t Stop Thinking About You / 57th & 9th / STING
 朝食時に観ている情報バラエティ番組にSTINGが出てきて取材を受けていた。
 その時にかかっていて、とても久しぶりにこの人の新曲というやつを聴いたのだが、なかなか良い曲だと思った次第。プロモーションに乗せられてアルバムを購入した。

 アップテンポで、冒頭のギターのメロディがTHE POLICEというかSTINGというか。まぁ、この人特有の節回しが気持ち良い一曲だ。アルバムを通しで聴いた中でもおそらくアルバムを代表する曲と捉えて良いかと思う。

 情報バラエティ番組でインタヴューしていた女性が、失恋の唄だと思ってSTINGにそれを確認していた。実は違うらしくて、曲を作る中での創作の一場面というか、生みの苦しみがテーマになっている曲らしい。だが、インタヴュアーが抱いた印象も決して的外れではないような気がする。「君について考える事がやめられないんだ。君が存在していようがいまいが関係なく」というのは、理想の異性を追い求める感情に通ずるものが確かにある。

 歌詞の内容もなかなかに深いものがあるのだが、アップテンポのロックを唄うSTINGはやっぱ良いっすよ。
 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★ (2016-12-11 21:49:36)


It's All Coming Back to Me Now / Céline Dion & Others / Celine Dion
Pandora's Boxの曲。
イントロのマーラーのシンフォニーみたいな部分は果たして要るのかと思うが、それ以外は長さを感じない素晴らしいバラードになっている。

N男 ★★★ (2016-12-11 12:40:09)


Material Girl / Like a Virgin / MADONNA
アクセントになってるSE音が大好き
イントロからのノリも小気味良い

middlefinger is the flag that... ★★★ (2016-12-08 01:29:48)


Only the Young / The Warrior / PATTY SMYTH(SCANDAL)

ジャーニーでお馴染みのあの曲。
やはり名曲である。

GC8改 ★★★ (2016-12-04 16:43:56)


Love Is a Stranger / Sweet Dreams (Are Made of This) / EURYTHMICS
83年全米チャート23位のスマッシュヒット。
美しいメロディと浮遊感がたまらない。
個人的には一番のお気に入りです。

GC8改 ★★★ (2016-12-04 11:30:49)


Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS
おお、懐かしいですね。
私は、Shaun Cassidyバージョンをポップスベスト10でよく聴いていた思い出があります。
なるほど、Phil Spectorの作品なんですね。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し(2016-12-02 21:51:21)


My Heart Will Go On / Céline Dion & Others / Celine Dion
結果的に色んな意味で記録を打ち立ててしまった歴史的名曲。
映画の何倍もこの曲が好き。
この名曲を書いてセリーヌが歌うまで待ったホーナーも凄いが、これを1発録りで通すセリーヌも凄い。
カラオケ原曲キーでは余程の自信がない限りは罰ゲームになります。

N男 ★★★ (2016-12-02 21:33:43)


Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS
他にSHAUN CASSIDYやBEACH BOYSなどもカバーしてるけど63年のCRYSTALSがオリジナル。PHIL SPECTOR作品なら誰が演っても名曲だね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-12-02 20:38:36)


Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) / Now & Then / CARPENTERS
青春の思い出 レコード買って聞きました。

名無し ★★★ (2016-12-02 00:03:01)


An Old Fashioned Love Song / Harmony / THREE DOG NIGHT
良いね❗

名無し ★★★ (2016-11-23 00:20:25)


An Old Fashioned Love Song / Harmony / THREE DOG NIGHT
良いね❗

名無し ★★ (2016-11-23 00:19:52)


In My Room / Portrait / THE WALKER BROTHERS
スコット ウォーカーはジム モリソンとためを張れるカリスマ性のあるミュージシャンでした。彼らの最大のヒット曲ですが、この曲でもスコットの存在感は凄まじいです。

名無し ★★★ (2016-11-23 00:16:54)


Red Rubber Ball / THE CYRKLE


当時はまだ小学生も低学年でしたが、7歳年上の従兄からビートルズと一緒に聞かされた曲です。
当時は自の中ではかなり上位にランクしたお気に入りの曲でした。

名無し(2016-11-23 00:06:36)


Bye Bye Love / The Cars / THE CARS
ハードポップの一つの理想的なナンバーです。
カーズも人気バンドゆえスルーしてますが素晴らしいバンドですよ。

名無し ★★★ (2016-11-23 00:01:24)


RUPERT HOLMES


彼の作品は全く知らないのですが、初期のFixxをプロデュースしていた忘れ得ぬひとです。

名無し (2016-11-22 23:54:40)


Adolescent Sex / Adolescent Sex / JAPAN
この曲を渋谷陽一のラジオ番組で初めて聴いた時は、結構衝撃的でした。
なのに人気バンドなので追いかけずにスルーして、今日に至っていますね。

名無し ★★ (2016-11-22 23:35:12)


Get Down / I'm a Writer, Not a Fighter / GILBERT O'SULLIVAN
軽快なテンポの佳曲ですな。
「Alone again」よりはやっぱこっちでしょ。

名無し ★★ (2016-11-22 23:22:56)


Superstar / Carpenters / CARPENTERS
ロックを聞き始めた頃は、ポップスベスト10なんて番組をラジオで聞いていましたが、その中から好きな曲が何曲も出来、これもその中の一つです。
カーペンターズの中では一番好きですねえ!

名無し ★★ (2016-11-22 23:13:18)


Two to Do / Bob Welch / BOB WELCH
アルバムのオープニングナンバーです。
ウェルチらしい爽やかなアップテンポのナンバー。
この曲のギターのリフは切れがあって素晴らしいのだ。

名無し ★★★ (2016-11-22 23:04:17)


The Girl Can't Stop / Man Overboard / BOB WELCH
2016年の現在、これがもし、新曲だったらヒットするのだろうか?
58歳のおじさんには、最高にポップなんだけど。

名無し ★★ (2016-11-22 21:23:47)


Piano Man / Piano Man / BILLY JOEL
この人、本当に歌が好きなんだなあとしみじみ思います。
メタラーにも滲みる名曲ですね。
誠実という言葉が浮かびます。

名無し ★★ (2016-11-22 21:16:43)


It's a Game / It's a Game / BAY CITY ROLLERS
タータンブーム末期のヒット曲ですが、ちょっぴり大人びた曲で良いですね。
確かセカンドギターが、イアン ミッチェルやパット マッグリン等チェンジが有りましたが、ボーカルのレスリー マッコーエン、アラン、デレクのロングミュアー兄弟、エリック フォークナー(担当楽器が思い出せない)の四人が頑張り続けていたら、チートリみたいなパワーポップのレジェンドになれたかもね。
(当時は若気の至りで馬鹿にしていましたが、良いバンドだったと思います。)

名無し(2016-11-22 21:07:18)


Saturday Night / Bay City Rollers: Collections / BAY CITY ROLLERS
これは、理屈抜きで楽しい曲です。
カラオケで50代が集まっている時など最高に盛り上がるのでは?

名無し ★★ (2016-11-22 20:52:47)


Eleanor Rigby / Revolver / THE BEATLES
小学生の頃から7つ上の従兄に良い曲だろうって聴かされてたものです。
Let it beと並んでビートルズでは大好きな曲です。

名無し ★★★ (2016-11-19 23:45:59)


Sweet Tuesday Morning / Straight Up / BADFINGER
Day after dayのシングル盤のB面ですね。
勿論、大ヒットしたA面も良いですが、この曲も地味なアコースティックナンバーですが、良いんですね。

名無し ★★ (2016-11-19 10:05:00)


Waterloo / Waterloo / ABBA
昔、シングル盤を只でもらいました。(ミュージックライフの毎月のシングル試聴会のクイズで当ててもらった)
女二人のうち一人は可もなく不可もなくですが、もう一人はめっちゃ可愛い人でしたね。(過去形=笑)

名無し ★★ (2016-11-19 09:52:17)


Space Cowboy / The Return of the Space Cowboy / JAMIROQUAI
初期の名曲。
Jamiroquaiの中でも特に好きな曲の一つ。
とにかくカッコいい、そしてキャッチー。

N男 ★★★ (2016-11-18 01:44:38)


Deeper Underground / A Funk Odyssey / JAMIROQUAI
またしても強烈なPV(笑)
彼らの中でも特に浮いてる存在感、知名度の割には取り立てて良い曲だとは思わない。

N男 (2016-11-18 01:43:02)


Too Dizzy / Never Let Me Down / DAVID BOWIE
今日このごろこの曲が頭のなかで
以上に再生されるから

名無し ★★★ (2016-11-17 21:29:15)


Believe Me / One Step Beyond... / MADNESS
元気いっぱいな、マッドネス。
典型的なツートーンサウンドで弾けまくっていますね。

名無し ★★ (2016-11-15 22:19:23)


E.L.O.


ロンドン行き最終列車は最高だね。個人的にはシャングリ・ラが一番好きだから入れて欲しいなぁ

名無し (2016-11-10 23:17:36)


Stayin' Alive / Saturday Night Fever (original Soundtrack) / THE BEE GEES
昔、このLPが家にあったのを憶えています。
ジャケ写にあるジョン・トラボルタのミョーなキメポーズは、子供心も抜群のインパクトでしたね(笑)
そして、特に印象に残ったのがこの曲。

素晴らしい超高音ファルセットとピッタリ息の合ったコーラス・ワークで時代を超越したソウルフルな名曲。

夢想家・I ★★★ (2016-11-06 00:04:55)


The Soul Cages / STING

20年ほど前にこのアルバムを買った当時は、彼の他のアルバムで取り入れられたジャズの要素やラテン音楽の魅力が理解できず、私にとってスティングは馴染めない曲の多い「難しい」ミュージシャンでした。
でも、このアルバムだけは切ないメロディが多かったせいもあり、すんなり好きになって、よく聴きました。
特にノーザンブリアン・パイプス(バグパイプと区別つきません)を用いたアイリッシュ・メロディの哀愁あふれる(1)「ISLAND OF SOULS」には、歌詞も含めて泣かされます。(8)「THE SOUL CAGES」でも曲の一部が繰り返されるあたりからも、この曲はアルバムの中で重要な位置を占めていると思いますが、実に印象深いオープニングです。
コンセプト・アルバムではないようですが、繰り返し出てくる魂・父と子・船・海・川・空・星・王国・檻・自由といった歌詞の題材に共通性があり、有機的なつながりを感じます。
いまでも最も思い入れがあり、大切に聴いている作品です。

うにぶ ★★ (2016-11-04 23:56:54)


Synchronicity / THE POLICE

以前はおしゃれでポップな音楽のように感じて聴いていたのですが、改めて聴き直してみたら、1曲毎に実験を繰り返しているような音楽性の幅広さに唖然としました。
先にスティングのファンになって、後追いで聴いたせいもあるかもしれませんが、有名曲ばかり飛ばし聴きするような接し方をしていました。
最近、以前は古臭く感じていた'80年代の音楽を新鮮に感じるようになっているのですが、この時期に聴き直してよかった。シンプルなようでいてとても深い音楽です。
メロディも臭すぎず、メロディアスながらも抑制が効いているところが実にかっこいい。そしてリズムが、いま聴いても風変わりで、面白いです。

うにぶ ★★ (2016-10-30 00:47:33)


Remain in Light / TALKING HEADS

実に奇妙な音楽です。アフリカン・リズムを取り入れているのでしょうが、楽器の組み合わせ方や音色、コーラスの重ね方やメロデイのせいか、あまり民族音楽的な印象は受けません。
複雑で性急なのに整合感もあり、物凄い熱量と醒めた視線を同居させたような、歪んだ雑種ロック。なんだこりゃ。
先に『NAKED』を聴いていて、あちらはこれほど変てこじゃなかったので油断して聴いて、度肝を抜かれました。
どことなく都会的で機械的・近未来的な音楽に聞こえますが、ポリリズムの組み合わせ方のセンスが独特で、集中して聴くと頭が混乱します。
デイヴィッド・バーンとブライアン・イーノのアルバム『MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS』も、同じようにひねくれていて頭が疲れますが、こちらの方が変態というか、おかしな感じに洗練されて、かえってグロテスクに感じます。
ノリノリで楽しむことも可能なのでしょうが、私にとっては肉体ではなく頭で味わう類の音楽。いつ聴いても金縛りにあってしまう、刺激的な超名盤です。

うにぶ ★★★ (2016-10-30 00:25:06)


Francis Massacre / The Flowers of Romance / PUBLIC IMAGE LIMITED
しっちゃかめっちゃかな演奏に、ぶっ飛んだ歌。
まとめる気なんてさらさらありませんといった感じの、前衛的な疾走曲。メタル耳にはこれが一番激しくて快感かも。
とはいえ、整合感があってテンポもゆっくりなほかの曲も、同じくらい前衛的に響くのが、このアルバムの面白いところです。

うにぶ (2016-10-30 00:00:35)


The Flowers of Romance / PUBLIC IMAGE LIMITED

長らく手に取っていなかったのですが、最近ヘヴィ・ローテーションなアルバムです。何度聴いても新鮮。
無機的なドラムのリズムとエキセントリックというか神経症的なヴォーカルに、どうにもわけのわからない歌詞。アラビア的なものまで取り入れているところも(イスラム教徒の人には怒られそうな感じですが)エキゾチック。
日本盤解説でTALKING HEADSやTHE POP GROUPと比較されていますが、レゲエやアフリカ音楽や東洋音楽の影響を白人が取り入れたら別物の何か前衛的なものになっちゃいました的なところは共通しているように思えます。
ベースが脱退したのが逆に功を奏したのか、普通の感覚とは違う異形のロックになっています。ポスト・パンク/ニューウェイヴに分類されるのでしょうが、ジャンルに囚われない独自性を持った、過激でプログレッシヴな音楽です。
リズムが主体なのに踊れないし、無表情なようで多彩、シンプルなようで情報量は多く、冷たいようで熱い。どこを切っても退屈しません。

うにぶ ★★ (2016-10-29 23:54:44)


Paperback Writer / Past Masters, Volume Two / THE BEATLES
ギターの入り方とベースが良いね
コーラス抜きにして
PANTERAのイメージで
もっとへヴィに聴いてみたい

middlefinger is the flag that... ★★★ (2016-10-15 22:26:46)


I Won't Remember Ever Loving You / I've Never Been to Me / CHARLENE
Walter Jackson氏が歌ってる I won't remember ever loving you も捨て難い魅力を持っています。
両方聴くとその良さが分かると思います。

名無し ★★★ (2016-10-09 09:58:57)


THE BEATLES

今日はジョンレノンの誕生日ですよ(^ ^)おめでとう!!

アシュリー ★★★ (2016-10-09 08:14:51)


Don't Fight It / High Adventure / KENNY LOGGINS
高校1年生のときの 大好きな曲。 また聞けるとは思ってませんでした!今聞いてもカッコいい!

名無し ★★★ (2016-10-08 21:17:57)


Old Friends/bookends / Bookends / SIMON & GARFUNKEL
坊さんの乱闘〜

名無し ★★★ (2016-10-07 20:51:28)


Voyeur / Voyeur / KIM CARNES
「ベティ・デイビスの瞳」の大ヒットで知られるキム・カーンズの
82年のヒット曲。
怪しいシンセサイザーのメロディとニューウェーブ特有の横ノリの
ビートが癖になる1曲です。

GC8改 ★★ (2016-10-02 10:55:07)


Frozen / Ray of Light / MADONNA
マドンナの曲で一番好きなのはこれかも。
こんな曲も作れるんだなぁ、すげーよ。
ただのかまっておばさんではありませんな。
PVの衣装はICOのラスボスのような魔性っぷり。

N男 ★★★ (2016-10-02 00:55:18)


This Masquerade / Now & Then / CARPENTERS
アダルトで洒落た雰囲気の曲。
Carpentersにしては長めで、曲の雰囲気に浸れる。

N男 ★★★ (2016-09-29 21:39:24)


Your Wonderful Parade / Ticket to Ride / CARPENTERS
1stでもかなり好きな曲。
リンカーンの演説入ってるから、実質的には短いのだけれども。

N男 ★★★ (2016-09-29 01:11:07)


Let Me Be There / Let Me Be There / OLIVIA NEWTON JOHN
作者のJOHN ROSTILLにとってはほとんど遺作らしく、報われたかのように全米6位の大ヒットとなったOLIVIAのブレイク曲。4年後他界するE.PRESLEYもステージのみだが好んでカバーしている。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-24 08:27:34)


If Not for You / If Not for You / OLIVIA NEWTON JOHN
カントリーの妖精OLIVIA23歳でのメジャーデビュー曲は、何とフォークの大御所BOB DYLANが前年G.HARRISONに提供したばかりのコレであった。全米25位と、まずは幸先良いスタートだったね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-23 19:59:53)


Love’s Been a Little Bit Hard on Me / Quiet Lies / JUICE NEWTON
JUICE30歳にして弾けまくり全米7位まで上昇したナンバーで、収録アルバム共々邦題は"愛のサンシャイン"。日本でもクルマのCMソングになってお馴染みであろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-22 08:14:05)


Queen of Hearts / Juice / JUICE NEWTON
作曲はアメリカ人のHANK DEVITO。まず79年にDAVE EDMUNDSがUKでヒットさせ、2年後JUICEが本作2ndシングルとして全米2位に送り込んだ、アップテンポでゴキゲンなカントリーソングだ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-21 19:40:07)


Angel of the Morning / Juice / JUICE NEWTON
68年のオリジナルは"朝の天使"、72年のO.N.JOHNバージョンは"朝焼けの天使"、そして全米4位を記録したJUICEバージョンが"夜明けの天使"。邦題の揺れはあるが全部同じ曲、もちろん超名曲なのである。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2016-09-21 08:06:14)


Technique / NEW ORDER


全体的にいい曲ばっかりで聴きごたえがありました。
RUNからMr.Discoと続いてのVanishing Pointあたりはすごく好きです。
特にMr.Discoは個人的にヘビロテ曲になりました。

名無し ★★★ (2016-09-18 03:49:34)


Mr. Disco / Technique / NEW ORDER
このアルバムの中ではテクノ色が強い曲ではあるのですが幽玄さと電子音の鋭さを兼ねてて一番好きです。
うまくは言えませんがとても心に響く曲だと感じました。

名無し ★★★ (2016-09-18 03:45:00)


Next Position Please / CHEAP TRICK

今回のサウンドプロデューサーは、あのトッド・ラングレンが初登板。

プロデューサーにはザックリ分けて2通りのタイプがあって、一方はエンジニアリングに力を注ぎ、基本的に作品の方向性には
うるさく口出しをしないタイプ。そしてもう一方はコンセプトワークから曲作り、サウンドメイクにまで介入してくるタイプ。
トッド・ラングレンは典型的な後者で、彼のプロデュースした作品は一聴しただけでトッドのプロデュースだってわかっちゃう。
なので本作でのコラボはすごく楽しみだったのだ。

結果は、まあ予想通りで見事なまでにトッド・ラングレンの音。1曲目からあからさまなトッド節で笑っちゃうなぁ。
たとえ作曲者がリックやロビンだとしてもクセのあるコードやクセのあるコーラスを指示することでCHEAP TRICKのカラーは
どんどん薄くなっていく。がCHEAP TRICKも濃ゆいパーソナリティの集団だからして体裁的には均衡を保っているんだけど
過去の作品と比べると異質なのは明らか。「Don't Make Our Love a Crime」に至ってはトッドの曲だし(笑

ネガティヴに受け取れる文章を書いてしまったけど、やはりトッド・ラングレンという人は敏腕プロデューサーなわけですよ。
アルバム自体は高品質です。つまらない曲は1曲たりともございません。むしろ、なんでコレが売れねぇのか…と彼らの低迷ぶりに
口惜しさがつのるばかり。個人的にトッドのファンでもあるから、僕自身はすごく楽しめたしホント良い作品だと思ってるけど、
2nd、3rd、4thあたりが好きなリスナーはこのアルバムをどう感じてるんだろう。

はっちゃん ★★★ (2016-09-10 23:28:33)


Danger Zone / Yesterday, Today, Tomorrow: The Greatest Hits / KENNY LOGGINS
「トップガン」を見たことなくても、たまにバラエティ番組で使われるため知らない人はたぶんいないはず。哀愁漂うメロディとギターリフ、そしてケニー・ロギンスの熱い歌唱がたまらない。

アクセルブルー ★★★ (2016-08-29 22:30:13)


Enter Sandman / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE
例の印象的なアルペジオからの導入部はオリジナルどおり。
歌メロからのスイング・ビートを聴いたらとてもMETALICAがオリジナルだとは思わんでしょう。
ラーズには叩けそうもないフレーズやフィルインなんかも容赦なく飛び出してくる。
やっぱジャズの人は怖いわ。

はっちゃん ★★★ (2016-08-28 21:05:15)


Holy Diver / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE
このアレンジはなかなか面白い。ビッグバンドが憎いほどはまっていてパット・ブーンを盛り立てる。
これは物凄く考えられてるアレンジだ。もちろんロニーのお約束もクオリティアップに一役買っている。

はっちゃん ★★★ (2016-08-28 20:56:23)


Holy Diver / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE
このアレンジはなかなか面白い。ビッグバンドが憎いほどはまっていてパット・ブーンを盛り立てる。
これは物凄く考えられてるアレンジだ。もちろんロニーのお約束もクオリティアップに一役買っている。

はっちゃん ★★★ (2016-08-28 20:56:23)


Smoke on the Water / In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy / PAT BOONE
ゴージャスなSANTANAみたいだ。
で、ブラックモア大権現も参加しているらしいんだけど、この「らしくない」ギターソロは
そうなのかなぁ?自分より先輩の作品に参加してるって事でナーバスになってんのかなぁ。
まさか、そんなタマじゃないよね。

はっちゃん ★★ (2016-08-28 20:48:02)


Ashes to Ashes / Scary Monsters… and Super Creeps / DAVID BOWIE
ブリティッシュロックの美学がここに有る。

名無し ★★ (2016-08-26 23:50:43)


Girls on Film / Duran Duran / DURAN DURAN
モトリーと比較しちゃダメでしょ。こっちが全然良い!!

名無し ★★ (2016-08-26 23:49:03)


Voulez-Vous / Voulez-Vous / ABBA
この曲はDancing queenより遥かにカッコいいでしょう。

名無し ★★ (2016-08-26 23:33:50)


Who Can It Be Now? / Business as Usual / Men at Work
82年はこの曲とABCのLook of loveが流行りましたねえ。こっちの方が好みですなあ。

名無し ★★ (2016-08-26 23:08:52)


Cheap Trick '97 / CHEAP TRICK

 何と言うか音のザラツキがこたえられない。
 それでメロディはキャッチーというか、本当にこの人たちはTHE BEATLESが好きなんだなぁ。卓越したポップセンスが爆発している。
 音がハードなのでロックとしてのダイナミズムも十二分に堪能できる。
 
 名盤。

帰ってきたクーカイ ★★ (2016-08-06 19:19:26)


Everything Will Be Alright in the End / WEEZER

青いWeezerが好きで、緑になっても赤になってもしっくりは来なくてもそれなりには楽しめてたが・・・これは近年では出色の出来。
ハッキリ言って、ジャケットのダメダメ感は前作ほどではないというか、センスないのは今に始まったことではないが、これで全米トップ10常連だもんねぇ(笑)
音楽的なアプローチはかなり初期に近づいたんじゃないだろうか?
キャッチーで美しいメロディの活かし方は流石クオモ。
メタラー上がりによる、エモロックはまだまだ健在のようで。
ちなみに次の白盤よりも好きです。
①、③、⑦、⑧、⑩。名盤。
[★★★★☆]

N男 ★★★ (2016-08-04 11:51:34)


You Gave Your Love to Me Softly / Pinkerton / WEEZER

ハードかつメロディアスな2分。
贅沢なボーナストラック、確かに本編入れたら浮くんだろうけど埋もれるには惜しい。

N男 ★★★ (2016-08-03 18:52:16)


PAT BOONE

1950〜1960年代においてのポップアイコンは、このパットブーン間違いなし。ヴォーカルのスタイルは早い話バリーマニロウだとかルーサーヴァンドロス、ライオネルリッチーあたりのバラードシンガーにも匹敵するほどで当時はポールアンカと比較されるタチだったろう。一つ言えるのはエルヴィスプレスリーもバラードを得意としたけれどポップヴォーカルを極めようとしていたパットブーンには叶わぬモノじゃけぇ。という事で皆さんもこのパットブーンを知っていたら遠慮なくどんどん語って下さい。

80年代 ★★★ (2016-08-02 19:03:20)