この曲を聴け!
最近の発言
flower / True / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
祭りはラッパッパ / 人気者で行こう / サザンオールスターズ (名無し)
As if in a dream / DUNE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
-踏- / 9 / CALI≠GARI (Ray-I)
トイレでGO! / 13 / CALI≠GARI (Ray-I)
新宿ヱレキテル / 8 / CALI≠GARI (Ray-I)
マネキン / ≠ / CALI≠GARI (Ray-I)
マネキン / ≠ / CALI≠GARI (Ray-I)
暗中浪漫 / 11 / CALI≠GARI (Ray-I)
近代的コスメ唱歌 / 第6実験室 / CALI≠GARI (Ray-I)
さわって・変わって / 三日月ロック / スピッツ (MK-OVERDRIVE)
The Great Commandment / Voices & Images / CAMOUFLAGE (ハルディン)
娑婆乱打 / 11 / CALI≠GARI (Ray-I)
DON'T ASK ME / BEAT EMOTION / BOØWY (名無し)
Gone 2 Long / Fan The Flame (Part 1) / DEAD OR ALIVE (名無し)
twinkle, twinkle / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Kraftwerk / KRAFTWERK (うにぶ)
Stratovarius / Kraftwerk / KRAFTWERK (うにぶ)
New Temptation / 誘〜New Temptation〜惑 / Laputa (名無し)
瞳に映るもの / Tierra / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Quiet Life / Quiet Life / JAPAN (kuroiyuki)
Everybody Wants to Rule the World / Songs From the Big Chair / TEARS FOR FEARS (MK-OVERDRIVE)
Shout / Songs From the Big Chair / TEARS FOR FEARS (ハルディン)
Shout at the Devil / HEART / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Caress of Venus / True / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
HEART / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
New World / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
My Dear / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)


MyPage

ニューウェーブ/ポストパンク - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


flower / True / L'Arc〜en〜Ciel
さいこーだよこれ

名無し ★★★ (2017-07-24 22:36:03)


祭りはラッパッパ / 人気者で行こう / サザンオールスターズ
初期のレッチリっぽい曲。
サザンはある意味、日本語ミクスチャーロックの先駆けでは?

名無し ★★ (2017-07-20 21:51:43)


As if in a dream / DUNE / L'Arc〜en〜Ciel
とても好きな曲、美しいと思った
でも高速道路はなんか自分のイメージとは違った...

名無し ★★★ (2017-07-06 22:17:58)


-踏- / 9 / CALI≠GARI
石井らしいニューウェーブ要素にニヤリとする曲。
まぁ、実際にニューウェーブって直訳すると意味のない言葉並びだったり、
ギャグに走っていたりすることが往々にあったようですが。
このあたりはメタルでは中々できませんが。

Ray-I ★★ (2017-07-04 23:38:48)


トイレでGO! / 13 / CALI≠GARI
タイトルだけだと「?????」って感じですが…
歌詞を見て「あぁ、やっぱりcali≠gariやん」となります。
青姐さんお得意のグロナンバーなのでご注意を。
しかし、今までに比べてちょっとカッティングが弱いかなぁ。

Ray-I ★★ (2017-06-19 23:21:15)


新宿ヱレキテル / 8 / CALI≠GARI

青さん(新宿2丁目在住)による歌謡ディスコソング。
どちらかと言えばゲイバーというかキャバクラというか…
そんな感じの情念を孕んだナンバーとなっています。
でも…これって本来ならシングルか
「カリガリじゃないじゃない(T_T)」みたいな
ソロワーク集に入れるべき曲では?w

Ray-I ★★★ (2017-06-19 23:14:55)


マネキン / ≠ / CALI≠GARI
「マネキンマネキン…」の連呼が強烈なパンクナンバー。
こういう歪なのを作らせると秀逸なのが青姐さんですね。
どうしても石井さんだとカッコよすぎるきらいがありますから、
尖ったモノなら姐さんでしょうな。

だからかな。この曲のギターはやはりギター。
あのグッチャグチャなギターリフがあるから成立するんじゃないかと。

Ray-I ★★★ (2017-06-19 22:49:12)


マネキン / ≠ / CALI≠GARI
「マネキンマネキン…」の連呼が強烈なパンクナンバー。
こういう歪なのを作らせると秀逸なのが青姐さんですね。
どうしても石井さんだとカッコよすぎるきらいがありますから、
尖ったモノなら姐さんでしょうな。

だからかな。この曲のギターはやはりギター。
あのグッチャグチャなギターリフがあるから成立するんじゃないかと。

Ray-I ★★★ (2017-06-19 22:49:12)


暗中浪漫 / 11 / CALI≠GARI
こういう退廃的な曲ってバンドじゃやらないと思ったのですが、
流石に様になりますねぇ。

まぁ、MVの石井さん…やっぱり衣装がパリコレ。

Ray-I ★★ (2017-06-14 09:36:08)


近代的コスメ唱歌 / 第6実験室 / CALI≠GARI
まさかこれを体現したパロディバンドをやるとは当時、夢にも思いませんでしたw
ただ、歌詞は青姐さんかと思いきや石井さんなんですね、この曲作ったの。
見た目すらV系では異形なのにこの曲はより異様さが引き立ちますね。

Ray-I ★★ (2017-06-14 09:34:35)


さわって・変わって / 三日月ロック / スピッツ
もうそんなに前の曲か…いきなり福岡の天神駅で始まることからお判りの通り草野ワールド全開。それと引き換えに全国的ヒットは諦めたのかな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-06-12 20:09:40)


The Great Commandment / Voices & Images / CAMOUFLAGE
80年代中期のDEPECHE MODEが好きな人におすすめ。ほんのりゴスな哀愁メロ満載の王道エレポップナンバー。

ハルディン ★★★ (2017-06-10 03:07:05)


娑婆乱打 / 11 / CALI≠GARI
Music Videoでは石井のパリコレ衣装とバビ江姐さんに目が行きがちですが
曲は妙に癖になるスルメ曲なんですよね、これ。
なんというか、POLYSICSみたいなライブ向けのニューウェーブですよね。
ロックなんだけどどこかテクノっぽいグルーヴも混ざってるというか。
青さんのところでコールアンドレスポンスしたら楽しそう。

Ray-I ★★★ (2017-06-05 23:45:49)


DON'T ASK ME / BEAT EMOTION / BOØWY
隙のない曲です。ライブではあまり演奏されなかったので少しマイナーかもしれませんが最高です。

名無し ★★★ (2017-06-02 20:51:20)


Gone 2 Long / Fan The Flame (Part 1) / DEAD OR ALIVE
この曲聴くと何故か泣けてくるんだよね。
こんなにアップテンポなのに不思議だ。

名無し ★★★ (2017-05-19 08:04:52)


twinkle, twinkle / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel
この歌は好きだけどラルクっぽくない。
AKBやモモクロにカバーさせた方が売れた。
個人的には乃木坂46か欅坂46の方がしっくりくる。

名無し ★★★ (2017-05-12 22:55:42)


Kraftwerk / KRAFTWERK

'70年発表の1stアルバムです。この頃はまだテクノ・ポップという感じではなく、クラウト・ロックとかジャーマン・ロックと言われるような、実験的ミニマル・ミュージックという印象。インダストリアル的でもあります。
メロディには期待しないでください。ノイズとリズムが支配する前衛音楽です。もっとも、どこかひょーきんにも感じます。グループ名やアートワーク、楽器編成も、どことなくギャグっぽいんですよねー。真面目そうでふざけてる。
歌はなしで、電子オルガンの音はギンギンに歪んで、ヴァイオリンやフルートも電子ノイズと同等に耳に突き刺さるリフを刻みます。ドラムも金属的で、荒々しいです。
たった4曲ですが、ダンサブルでちょっと楽しい(1)、ノイジーでたまに突っ走る(2)、アンビエント風な(3)、怪獣映画のサントラっぽいヘヴィな(4)と、ヴァラエティ豊かで楽しく聴けます。

うにぶ ★★ (2017-05-04 22:22:36)


Stratovarius / Kraftwerk / KRAFTWERK
どうしても某バンドを思い出してしまう曲名ですね。影響があったかどうかは不明ですが。
不気味な電子音の繰り返しから、変な話し声、滅茶苦茶なドラム連打へつながり、小ばかにしたようなリフから徐々にノイズを撒き散らかして突っ走っるなどと、わけのわからん展開を見せます。
キーキーギャンギャン刺々しいこの音に、まさか本当に超高価なストラディヴァリウスを使っていたりするんでしょーか。あとストラトキャスターはクレジットにないけれど、使われているのでしょーか。
インダストリアル(メタルではないやつ)や前衛音楽が好きな人にはおすすめできますが、一般的にはただの悪ふざけにしか聞こえない曲でしょうね。

うにぶ (2017-05-04 22:13:01)


New Temptation / 誘〜New Temptation〜惑 / Laputa


サビはキャッチで演奏も相変わらずカッコいいし打ち込みも味があります。
ただ最初の演奏パートがまんま黒夢の「BARTER」なのがマイナス。

名無し ★★ (2017-04-01 10:43:28)


瞳に映るもの / Tierra / L'Arc〜en〜Ciel
PSYCHOSONIC SHAKEという初期のL'Arc~en~Cielが掲げていたキャッチコピーを確実に表現する曲。
穏やかなピアノの旋律はノスタルジックで深い安らぎを与えてくれて、まさに精神の奥底をゆりかごのようにやさしく揺さぶられるような感覚に浸れる。
Special present from Peaceful Landの「果てしない空と大地へ捧ぐ」が出てくる演出が最高。

名無し ★★★ (2017-04-01 03:27:22)


Quiet Life / Quiet Life / JAPAN
メロウかつ気だるい雰囲気とフレットレスベースの音色に何故か引き込まれてしまう。それがこの曲の魅力なのだろう。

kuroiyuki ★★ (2017-03-16 00:32:21)


Everybody Wants to Rule the World / Songs From the Big Chair / TEARS FOR FEARS
タイトルは大上段に構えた社会的テーマに見えるが、本質はラヴソングだと思う。第2次ブリティッシュインベージョン後期に当たる85年、Shoutに続いて全米№1に輝いた独自の世界観をほのぼのメロディに乗せた曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-03-06 20:03:30)


Shout / Songs From the Big Chair / TEARS FOR FEARS
ポップス離れした重厚なサウンドと雄大なスケール感に圧倒される名曲。終盤のGソロもなかなか盛り上がる。

ハルディン ★★★ (2017-02-28 18:18:58)


Shout at the Devil / HEART / L'Arc〜en〜Ciel
攻撃的で突き刺さるようなハードなロックさが良い意味でそれまでのラルクらしくなくて好きです。
全知全能と思っていた神が悪魔を生み出し、悪魔は神に背く。
神は自ら作ってしまった悪魔を消そうとするがそれこそ偽りの善であり悪そのものでは無いのか?
というこれまた攻撃的な歌詞が良いです。

これなんでシングルで出さなかったのかな~!

名無し ★★★ (2017-02-24 00:23:57)


Caress of Venus / True / L'Arc〜en〜Ciel
「君がいないと苦しくて」のところが特に好きです

名無し ★★★ (2017-02-24 00:09:28)


HEART / L'Arc〜en〜Ciel


ドラム交代という意味ではこのアルバムからが「新生ラルク」なのだろうけど印象としてはこのアルバムまでが「昔のラルク」という感がある。
聴きやすい曲が多い一方で「軽い印象」はあまりない。むしろ前作よりも全体の空気は重く、退廃的にも感じる。
sakura脱退の傷がバンドの精神面に影響した結果とも捉えられる。

名無し ★★★ (2017-02-04 20:30:13)


New World / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel
「I'm awakening in the new world」というフレーズから象徴される。
アルバム「AWAKE」全体のテーマを提示する序曲とも言うべきキラーチューン。
初めてyukihiroが明るい曲を書いたというのも興味深い。

名無し ★★★ (2017-02-04 20:18:24)


My Dear / AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel
あまりにもストレートでパワフルな愛を歌っているのだが
歌詞の主人公の精神が次元上昇気味で、スピリチュアル的壮大さを帯びているのがこの曲を好む人を選んでしまう所以ではないだろうか。
相当純真な精神状態で無ければ歌いこなせない曲と思われる。

名無し ★★★ (2017-02-04 20:13:19)


AWAKE / L'Arc〜en〜Ciel


アルバムのタイトルの通り、ハイドの内面で「覚醒」または「目覚め」が起きた作品。
そういう意味ではSMILE以前とAWAKE以降のハイドは別人と言っても過言ではない、いや過言だけど
特にこのアルバムはある種覚醒直後の初々しさというか、初期衝動のようなエネルギーに満ち溢れており、一方でバランスを崩しかねない危うさを伴っている。
7.My Dear、11.星空では、今までになく直球な「他者愛」や「未来への切望」が歌われており、このアルバムを象徴する曲と言えるのではないだろうか。
劇的な思想的覚醒体験を追体験し、その時の「大事な想い・感覚」を受け取る装置として、世の中に存在する同様の創作物と同じく価値を帯びている作品であるといえる。

名無し ★★★ (2017-02-04 20:06:45)