この曲を聴け!
ECHOES
MyPage

ECHOES
モバイル向きページ 
解説 - ECHOES
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. Have A Cigar? ★★★ (2002-03-10 08:37:19)

なんでこいつらがHMに入れられてんだかは知らんが結局HMがどう、テクノがどう、オルタナ、パンク…と言ってみたところでこいつらのサウンドにかなう奴なんていないんじゃないか。神秘的なピン、という一音から始まる壮大な物語。最初シュールな感じでメロディアスに歌った後の強烈なSE。あそこで完全に異次元の世界へ吹っ飛ばされる。その後微かな光が見えてきて徐々にその光が強さを増し、ドラムとベースが盛り上げてクライマックスに到達するところはいつ聞いても涙もの。そして再び最初の歌のメロディが深いエコーがかかって登場。ここである。この曲の最も凄いところ。Cloudless Everyday~と幻想的な空間から憂鬱な日常的なイメージへ突如として切り変わる。今まで壮大な幻想空間を味わってただけにこのパートは胸に染みる。そして歌詞が素晴らしい。ほんとに感動の部分。そして印象的な全てを飲みこんでしまいそうなコーラスが入って来る。その間ギターとキーボードがドラムとベースの優しい伴奏に合わせて悲しげに歌う。コーラスの声がだんだん高まってきてそれと同時にバンドの演奏はフェイドアウト。すると突如一番最初の冒頭で聞こえた、ピン、という神秘的な音が戻ってくる。そして最後にはコーラスとその音だけが残る。原子心母と双璧を成す人類史上の最高傑作。24分という長さは全く感じさせない。素晴らしい。完璧。



2. sootch ★★★ (2002-04-12 01:04:54)

この曲のおかげで、音楽そのものが好きになった。



3. やまねこ ★★★ (2002-05-31 13:23:42)

初期のPink Floydの中では、最も好きな曲です。
潜水艦のソナー音から神秘の霧、深淵な海に包まれた感じで、
Atom Heart Mother同様に印象的な開始と思います。
中間部のエコー音(風のSE含む)から再現部への展開は、
劇的、かつ感動的です。そして、次第に音が静かになっていき、
シンセのエコーで終結していく...最高です!
この曲を初めて聴いたのは、フィルム・ポンペイで
この曲を2部に分けて演奏していた(これもイイです)。
演奏の映像にヴェスビオ火山やポンペイ遺跡が出てきて、
曲と調和的な印象を受けたのが忘れられない。
この頃のFloydの曲は、大自然の風景が妙に似合う
曲が多かった。




4. アメンボ ★★★ (2002-10-27 23:52:05)

音楽の世界にコレを超える曲はありません。断言します。
全神経で聴いてください。いや、感じてください。
広大な自然を音で感じさせてくれます。歌詞もとても切なく泣けるものです。
どうでもいいからとにかく聴け!
なにがあっても聴いてみてください。批評はその後ですればいいんだから!
とにかく聴かないことには始まりません。




5. iggy ★★★ (2003-01-10 02:29:24)

この曲を最高傑作という人は決して少なくないはず。
深海の中で落下と浮遊を繰り返すようなイメージに、
現実世界の空虚な描写が被さっていく、
もはや音楽というジャンルでは捉えきれない域に達してます。
この曲に限らずピンクフロイドを聴いて頭に浮かんだイメージは、
人生の宝と言い切れるでしょう。
余談ですが、「Echoes」って曲名はアルバム名にも使われてますが、
まさしくピンクフロイドを一言で表したような言葉ですね。



6. エストック ★★★ (2003-03-17 20:11:22)

私は今までジャンル問わずいろんな音楽を聴いてきましたが、これほどに感動した作品はなかった。幻想的な音使い、切ない歌詞、それに伴うイメージ等が一気に畳み掛けてくる。23分の演奏時間があるが「長い」ということを気にせずにこの曲から出てくるモノを全身で感じ取ってもらいたい。是非この「芸術」を聴いてみてください。



7. braingrey ★★★ (2003-08-31 04:16:19)

超有名なソナーの音に始まる、フロイドの代表曲。何度聴いても新たな発見が・・。名曲です。
前半どこか遠くから聴こえてくるようだった曲が、後半ではすぐそばで呟かれているよう、
歌詞にも現れている通りのこの変化が好きですね。



8. Kamiko ★★★ (2003-10-21 21:27:20)

23分の超強力な大作。
ジメッとした雰囲気にナマ温かいギターとオルガンが絡みます。
静かにギョーンと鳴る最後の異様なシンセは最強です。




9. 夢想家・I ★★★ (2003-12-08 22:39:58)

これはもう魂に直接響くエコーです。聴いていると自分の奥深いところから共鳴する感じです。
もう歌がどうとか、
メロディーがどうとか、
リズムがどうとか、
テクニックがどうとか、
そんなことは一切考える必要はありません。
空間や時間すら超越する感覚を味わえます。
ただスピーカーから発せられる「ECHOES」に身をゆだねて下さい。




10. JAMES ★★★ (2004-02-07 02:56:40)

この曲で、初めて長い曲の存在をしました。でも、全然その長さを感じませんでした。
もう、言葉を失いましたね。「なぜ、このような音楽が創りえてしまうのか!?」と。
なんと言っても、メンバーの発想がすばらしい。
歌詞も神秘的でいいですね。
それに、この曲は、1番フロイドらしさが出ていると思います。
フロイドの中では、1、2を争うほどの名曲。



11. Vroom ★★★ (2004-02-19 21:57:23)

狂気のような23分。
部屋の雰囲気が変わります。



12. てらぴん ★★★ (2004-03-10 16:35:39)

サイケな雰囲気に包まれて気持ちがハイになれる
ギターとキーボードがとくにかっこいい。名曲。




13. ばるだみゅ ★★★ (2004-06-01 14:20:41)

内省的だが美しい歌詞はロックのものではない。
幻想感覚豊かなメロディは、本当に海に浮かんで漂っているかのような気分にさせる。



14. 猿葱 ★★★ (2004-06-03 21:18:18)

敢えて『MEDDLE』収録の方を
「ECHOES(完全版)」と言いたいです。
この曲を存分に楽しむのならこちらですね!
曲の中の音と音との反響。
そしてこの曲と自分自身への反響。
何か、フロイドに自分の全てを見透かされたかのように、
この曲に聴き入ってしまいますね。
全体を通して心のどこかをくすぐられますよ。
まさにフロイドが送る究極の『おせっかい』。
そして私の発言もこれから聴こうとする方々への
『おせっかい』なのかも知れませんね(笑)




15. 猿葱 ★★★ (2004-06-03 21:24:22)

…しくじった。
この曲はNWOBHMではありませんw




16. アノニマス ★★★ (2004-10-30 23:41:29)

雰囲気を楽しむタイプの曲。
始まり方からして他の曲とは違う。
ダレないとは言わないが、
途中辺りからのトリップしそうになる展開は
さすが PINK FLOYD という感じ。




17. 夢・マグナム・ナイト ★★★ (2004-12-22 00:47:27)

基本的には、ヴォーカル・パートはほんのちょっとなのですが、コレのヴォーカル・ラインが凄く切ない。
そして、どことなく凄く重さを感じる。20数分というのには意味がある。
俺の中では、最強のサイケデリックであると思う。
中間部で暗黒的なサウンドで一度狂気を見せたかと思わせて、もう一度正気にかえるところが素晴らしい。
名曲。




18. 謎の鮮魚市場 ★★★ (2005-01-08 10:17:28)

1曲で23分なんて、長すぎるんじゃ……というような声もあるかも知れませんが、耳に馴染むとどんどん気持ち良くなっていきます。
聴けば聴くほど味が出る、個人的「スルメナンバー」です。
沢山の方が語っていらっしゃるように、これはもはや音楽の枠をはみ出した不思議な音空間とでも言うべきものです。静寂に響くソナーの音、どす黒い暗黒を思わせる風の唸り、そしてひたすらに切ないメインのメロディー。歌詞も素晴らしいものです。
いつだったか、世界遺産を紹介する番組で、鍾乳洞のBGMにこの曲が使われていました。映像と曲が見事にマッチしていて、「上手い選曲だな」と感心させられたのを覚えています。また、とあるDVDでは宇宙が背景だったり……と、様々なイメージが膨らみます。
初めて聴いてから10年以上が経ちますが、いまだに聴き続けています。聴くたびに新たな発見があるような、そんな曲のように思います。未体験の方は、是非どうぞ。



19. 誠意って何かね? ★★★ (2005-06-14 21:46:10)

音の無い世界を音で表現したような世紀に残る傑作。
まさに巨大な宇宙空間に、生身一つ放り出されたような感じだ。
ピンク・フロイドの魅力はこの一曲に凝縮されていると言っても言い過ぎではないと思う。上の方々も仰っているように、この極の前ではジャンルがどうとかこうとかなんてもうどうでもよくなりますね。ただこんな物凄いものを作り上げてしまった彼らの偉大さを痛感するだけ。
それからポンペイでのこの曲の映像もお勧めである。
ただしその映像はあまりにもイメージ付けが強く、忘れられなくなるので、自分のこの曲に対する解釈を変えたくない人は無理して見る必要はないと思う。



20. ソナタ ★★★ (2005-10-02 10:44:20)

嗚呼、この曲に発言していなかったとは。
とにかく圧倒。時間を忘れます。




21. にくZ ★★★ (2005-10-28 21:43:16)

俺には長々と解説できる頭は無いがこの曲のすごさは分かる。
全人類必聴。




22. カットタン ★★★ (2005-12-13 19:35:39)

今のところ、全人類が作った曲の中で一番好きだ。本当に時間を意識することがなくなってしまう。優しさ、美しさ、儚さ、不穏な雰囲気。いつか宇宙にいけたなら先ずこの曲をかけたい。



23. ドラムス子 ★★★ (2006-04-01 21:50:08)

私はこの曲でPink Floydが好きになりました。
この曲はプログレの中でも傑作といっていいと思います。1曲に色々な気持ちが込められています。なので約20分といっても10分くらいの演奏に感じます。
シンプルながらドラムに魂を込めて叩くメイソン、驚異的なフィードバックと激しいトレモロアームによる演奏が印象的なギルモア、リズムの土台をしっかりと築いてベースを奏でるウォーターズ、怪しい雰囲気ムンムンのエレクトーンが魅力のライト、この要素が全て絡み、最高の演奏です。
私はちょっと遅れがちのテンポが特徴のメイソンのドラムをよく聴いていただきたいと思います。特に難しい技などはないのですが、いわゆる「タメ」がとても上手いです。このタメは彼でないと出来ないと思われます。他の曲でも使えそう(^^;)
少しそれますが、「ライブ・アット・ポンペイ」のエコーズⅠもおすすめです。スタジオ録音よりギターソロは激しかったり、メイソンのイカすフィルイン、よりアグレッシブなベースのウォーターズ、地味ながら効果的なエレクトーンを奏でるライトと、迫力がより増しています。
これは是非聴いていただきたいです!必聴!!



24. ELTUPA ★★★ (2006-04-12 16:15:52)

寛大さのない奴にはまず受け入れられない曲。
おせっかいどころか突き放す様な独特の世界観




25. 7th ★★★ (2006-04-17 07:47:10)

最高の名曲、長さは全く感じない!



26. 野崎 ★★★ (2006-07-24 14:37:17)

一曲目からから続く、暗い幻想美が頂点を極め
そこにヘヴィ・ロックが溶け合ったわけですから、それはもうねえ?




27. 190 ★★★ (2006-10-22 17:20:15)

超大作!
イントロの音からKOされました・・・
しかし23分はスゴイ・・・
しんみりとした前半もらしさ&味があってイイ!
そこから徐々に盛り上がってジャズチックなノリへと移り変わる所もGood!
中間部分の不思議で不気味で幻想的な世界観もまたすばらしい。
そしてまたそこからしんみりとした後半へと移り変わる“繋ぎ"の部分なんかはこれぞピンクフロイドの真骨頂!といった感じ。
流石です・・・
エンディングもしかり!
いや~でも・・・ホント“長さ"が全く感じられませんな・・・
すばらしい。




28. 邪夢 ★★★ (2006-12-10 01:34:47)

「深海から徐々に上がっていき日の光が目に入る」
そんなイメージの曲。
プログレの超名曲。




29. nogami ★★★ (2006-12-26 00:17:09)

バンドを代表する名曲であり超大作
最初のソナーの音を聴けば分かる人には一発で分かるでしょう



30. 山口 弘 ★★★ (2007-01-04 15:04:37)

曲のタイプは『幻想』 , 導入のティン!! と云う音に惹かれ——アっと謂う間に終ってしまった .
ヨル布団の中に入って真っ暗にして聴くとオモシロいと思う .




31. Dr.Strangelove ★★★ (2007-04-13 21:20:43)

フロイドの曲で一番聴いた曲。



32. エンジェルフォール ★★★ (2007-07-23 05:29:16)

プログレの代表的大作で、フロイドといえばこの“Echoes"。
イントロのソナーがなんとも印象的で幻想的なフロイドワールドに迷い込む。
人間の住む世界とは隔絶された音楽を超越した自然と神秘の調和が織り成し、紡ぎ出す世界。
ギルモアのギターはいろいろな表情を持ち、その神秘と幻想的な世界に同化している。
まさにフロイドという巨人のみに創りえた23分間の物語をご堪能あれ。




33. ひであき ★★★ (2009-05-21 04:17:35)

言わずもがなの超名曲。
原子心母と同じく、「中毒になりそうな悲しみ・哀愁」が見事に表現されている。
この曲は、LIVEの時とかを除けば、おれが落涙してしまった唯一の曲ですね……
KING CRIMSONの『太陽と戦慄パートⅠ』に衝撃を受けて以来、プログレやら現代音楽やら
フリージャズやら、「変な」音楽をいろいろと聴いて、死ぬほどすごい曲に何度も
めぐりあったけれど、それでも、今でも、ひょっとしたらこの曲はこの世で一番好きな曲かもしれない。



34. もんでご ★★★ (2009-11-07 19:00:03)

言葉で表すことはない。
まさにこの曲を聴け、だ。



35. dream evil ★★ (2009-12-11 07:23:57)

良い曲なのか駄曲なのかイマイチわからない。いつ聞いても心の中がモヤモヤする。
でもなぜだかまた聞きたくなる。
ピンクはほんとに不思議なバンドだ。



36. ハルディン ★★★ (2015-08-12 02:22:21)

およそ23分(ベスト盤のだと編集が入って16分台)にも渡ってゆったりと、バンドサウンドを交えながら内省的で壮大な精神世界へといざなう大作曲。ハモンドオルガンの醸すアナログな聴き心地に加え無尽蔵に広がる宇宙空間を当てもなく漂うような、ある種のトリップ感覚が極上モノ。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示