この曲を聴け!
最近の発言
ハルカ / B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” (名無し)
きみをつれて / FRIENDS II (名無し)
ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜 / B’z The Best “Treasure” (名無し)
ROSY / OFF THE LOCK (名無し)
X / THE CIRCLE (名無し)
BLACK AND WHITE / THE CIRCLE (名無し)
儚いダイヤモンド / BIG MACHINE (名無し)
白い火花 / THE CIRCLE (名無し)
MONSTER (名無し)
MONSTER / MONSTER (名無し)
Forever Mine / Green (侘びサビ)
The Gambler / RUN (risky)
永遠の翼 / ACTION (名無し)
SURVIVE (risky)
The Wild Wind / B'z The "Mixture" (risky)
/ The 7th Blues (1573)
OCEAN ~2006 MiX~ / MONSTER (1573)
OCEAN ~2006 MiX~ / MONSTER (名無し)
ultra soul 2011 / C'mon (1573)
Run / RUN (名無し)
Hi / B'z The "Mixture" (1573)
C’mon / C'mon (risky)
ザ・マイスター / C'mon (risky)
世界はあなたの色になる / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲 (risky)
Shower / SURVIVE (risky)
DIVE / MAGIC (名無し)
Freedom Train / MAGIC (名無し)
LOVE PHANTOM / LOOSE (名無し)
TONIGHT (Is The Night) / IN THE LIFE (名無し)
HOMETOWN BOYS' MARCH / ACTION (1573)
The Wild Wind / B'z The "Mixture" (侘びサビ)
ハルカ / DINOSAUR (名無し)
愛のバクダン / THE CIRCLE (名無し)
Fake Lips / B'z (1573)
Mayday! / MAGIC (名無し)
Go-go-girls / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲 (名無し)
ONE / The Ballads 〜Love & B’z〜 (名無し)
Las Vegas / EPIC DAY (名無し)
Las Vegas / EPIC DAY (名無し)
Exit To The Sun / EPIC DAY (名無し)
EPIC DAY / EPIC DAY (名無し)
ピルグリム / C'mon (名無し)
愛しき幽霊 / DINOSAUR (名無し)
ルーフトップ / DINOSAUR (名無し)
DINOSAUR (名無し)
King Of The Street / DINOSAUR (名無し)
ACTION (risky)
drive to MY WORLD / LOOSE (侘びサビ)
HEAT / B’z The Best XXV 1988-1998 (侘びサビ)
それでも君には戻れない / IN THE LIFE (risky)
ロンリースターズ / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲 (名無し)
愛しき幽霊 / DINOSAUR (kuroiyuki)
Queen Of The Night / DINOSAUR (kuroiyuki)
弱い男 / DINOSAUR (kuroiyuki)
ハルカ / DINOSAUR (kuroiyuki)
King Of The Street / DINOSAUR (kuroiyuki)
Still Alive / DINOSAUR (kuroiyuki)
Dinosaur / DINOSAUR (kuroiyuki)
世界はあなたの色になる / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲 (kuroiyuki)
OUT OF THE RAIN -OFF THE LOCK STYLE- / BAD COMMUNICATION (NaSa)


MyPage

B'Z - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


ハルカ / B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
サビのバックのメロディが好き!!

名無し ★★★ (2018-07-13 21:22:28)


きみをつれて / FRIENDS II
アウトロのギターソロがヤバすぎる。特に03:33からのソロが圧巻。

名無し ★★★ (2018-07-11 22:16:02)


ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜 / B’z The Best “Treasure”
ポップで明るい曲だけど、とても思い入れのあるB'zの数多く存在するシングル曲の中で(代表作の愛まま、ラブファン、ウルソなどもあるけど)多分一番好きなのが実はコレかもしれない。
この曲の大好きなところはサビへの入り方。これがとにかく絶妙。
意外とこのころの彼らの曲のシングル曲でもこのポップ(前後のシングルと比較すると特に感じる)さはなんとなく異色な感じがしたけど、アニメタイアップのおかげとそのアニメが好きで見ていたのでとても思い入れが深い。
シンプルにとても元気をもらえるフレッシュな曲ですよ。

名無し ★★★ (2018-07-09 07:49:38)


ROSY / OFF THE LOCK
久々に聴いた〜
ほんとイイ曲だ。。

名無し ★★★ (2018-07-04 23:12:14)


X / THE CIRCLE
リフがシンプルながらもカッコいいが、サビではやはりうまいことメロディアスに仕上げてくるところはさすがB'z。
サビへの展開が強引な曲もいくつかみられるが、この曲は成功していると思う。
この宗教的な雰囲気はほかの作品にはないですね。
たまに無性に聴きたくなります。
これかパルス辺りはシングルにしても良かったんじゃないかとも思う。

名無し ★★★ (2018-06-27 09:34:13)


BLACK AND WHITE / THE CIRCLE
超絶問題作であり、超絶スルメ曲。
稲葉さんの他の曲ではまず見られない螺旋のようなシャウトは衝撃。
歌い方も面白い。
ライブで演奏された時はとにかく痺れた。
「白黒つけることは本当に正しいのか?」というテーマで書かれた曲だそうだが、「磨いたばかりの愛車に傷をつけられ」など日常的すぎる言葉を当てはめてくるところが稲葉さんらしい。
非常に哲学的な歌詞だと思う。
TAKのギターに関しては文句なしのかっこよさ。
今作で一番TMGの影響が出ていると思う。
やや前作収録のCHANGE THE FUTUREと雰囲気が似ているなとも感じたが、確かにこれは前作には合わないね。
当初は敬遠していたが、今ではアルバムでトップクラスに好きな曲。
CDでも良いけど、ぜひこの曲はライブDVDで観ることをおすすめします。

名無し ★★★ (2018-06-27 09:30:19)


儚いダイヤモンド / BIG MACHINE
まさにB'z印のハードロック!
ライブでまたやってほしい!

名無し ★★★ (2018-06-21 08:54:00)


白い火花 / THE CIRCLE
あまり注目されないけど、シンプルにB'zらしいかっこよさが出ていて好き。
ブラフ収録のイカせておくれ!を彷彿とさせる。
それに加えて何気珍しくベースソロが短いけど入っているから、いつかライブで今のバンドメンバーで演奏してもらいたい(バリーのぶっといベースが大好きなんで)

名無し ★★★ (2018-06-19 23:24:24)


MONSTER


以前評価させていただいたので、改めてコメントだけさせてください。
このアルバムは方向性こそばらばらだけど、なぜか一枚通して聴きたくなる。
1曲目から勢いに満ちたALL-OUT ATTACK、当時久々だった打ち込みを多用したシングルのSPLASH!、B'zではかなり珍しいレゲエ調でかつ懐かしいホーンセクションが復活した恋のサマーセッション、久々にアウトロのギターソロが復活した辺りに懐かしさを感じたバラードナンバーの無言のPromise、当時のオフィシャルサイトでイントロ部分を聴いたときに凄まじい衝撃を受けたMONSTER、ブルージーなのにファンキーな雰囲気も感じるネテモサメテモ、MOTEL以上にドス暗くていろんな意味で衝撃を受けたマイナー調のブルースナンバーの雨だれぶるーずなど...非常に多彩。
それぞれの楽曲が良くも悪くもバラバラであるのにも関わらず、一枚通したくなる魅力はなんだろう。
唯一の欠点はもう少しコンパクトにまとめてもよかったところかな。
個人的には次作のACTIONには及ばないが、間違いなく00年代前半の迷走気味な雰囲気から打開しようと攻めに来た作品であることは間違いないと思う。
実際、このアルバムでどん詰まりだった雰囲気は抜けたと思うしこれ以降「バラエティに富んだ」飽きない作品が多くてうれしいです。

名無し (2018-06-19 23:19:09)


MONSTER / MONSTER
イントロのかっこよさも当時オフィシャルサイトで聴いたときは衝撃を受けたけど、終盤のアウトロで稲葉さんのシャウトと同時にで疾走するところもまた良いんだよねこれ
もう少しTAKのソロ弾き倒してほしかったけど

名無し ★★★ (2018-06-19 06:50:22)


Forever Mine / Green
いやいやいやいやこの票数はおかしいでしょ!
爽やかポップ路線のこのアルバムの中では一番「らしい」曲だと思うんだけどなあ~

侘びサビ ★★★ (2018-06-16 21:11:50)


The Gambler / RUN
ハードロックバンドとしてのB'zを宣言する名盤のオープニング
壮大なイントロ、メロディはもちろんのこと、起承転結のしっかりしているギターソロはB'zの中でも屈指の出来!

risky ★★★ (2018-06-16 11:50:19)


永遠の翼 / ACTION
Cメロ?でいいのかな。
あの部分が好きだなー

名無し ★★ (2018-06-10 00:32:06)


SURVIVE

「バラエティ豊か」と一言で言ってしまえばそれまでだが、それぞれのジャンルで名曲だらけのアルバム。
注目曲は何かって聞かれても「全部」としか答えようがない。
難しいことは考えず、とにかく一回通して聴け!という名盤。

risky ★★★ (2018-06-09 23:06:24)


The Wild Wind / B'z The "Mixture"
「哀愁」の一言に尽きる。
B'zは哀愁系が得意だけど、この手の曲では一番だと思う。

risky ★★★ (2018-06-09 21:23:28)


/ The 7th Blues
この曲、実は凄く歌詞が苦手で、B’zを聴き始めた1998年頃から何と片手で数えられるくらいしか聴いた事無かった!
で、今ジックリ聴いてみた…
うわ~メッチャえ~や~ん!
「東京」「夢見が丘」にも通ずるドラマティックロッカバラード…すんばらしい!
アウトロの松ちゃんのソロがまた良いね!
まだ聴き逃してる曲ありそう…

1573 ★★★ (2018-05-31 21:58:36)


OCEAN ~2006 MiX~ / MONSTER
↑の方の発言で超久しぶりに聴いてみた。
うーん、何であんなに毛嫌いしてたんだろう…凄くドラマティックで良いじゃないの!
まあ、毛嫌いの言い訳をすると、あの頃のバラードはちょっと単調な感じがしたんだよね、個人的にだけど。
でも久しぶりに聴いてみて良かった!
これを機に他の聴いてなかった曲も聴き直してみよう。

1573 ★★★ (2018-05-31 21:37:07)


OCEAN ~2006 MiX~ / MONSTER
ドラムとギター、ストリングの強調されたアルバムバージョンしか今はあまり聴かなくなったな
当時はアルバムバージョンは無駄に楽器が主張しすぎてくどく感じていたけど、アルバムの締めとしては悪くない
最後のコーラスがやっぱり胸が熱くなることには変わらない
間違いなく00年代B'zの代表曲ではある

名無し ★★★ (2018-05-31 16:53:13)


ultra soul 2011 / C'mon
このアルバムに収録された当初は「何でオリアルに今更この曲が?」と思った。
しかし今となっては「リメイクしてくれてありがとう」と言いたい。
スプラッシュスタイルも面白味があって大好きなのだが、やはり生粋のロック好きとしては生音によるこのアレンジは至上のサウンドとなった!

今では、B'z=ウルソ、という世間の概念に対し、中堅ファンとしてよろしくない「B'zはそんなんじゃねーから」という斜に構えた姿勢を完全に消滅させ、プレイリストには確実に入れて聴きまくっている。

1573 ★★★ (2018-05-26 14:32:54)


Run / RUN
98より断然好き。サビのハーモニーの一体感が好きすぎる。

名無し ★★★ (2018-05-26 14:20:08)


Hi / B'z The "Mixture"
A面が強力過ぎたという意見には同意。
私も久しく聞いていなかったけど、この純然たるロックな感覚は清々しさを感じるね。
最近、季節柄もあって妙にハマってる。

1573 ★★ (2018-05-24 19:51:29)


C’mon / C'mon

冒頭にしてクライマックス
正直、このアルバムの中では格が違う出来だと思う

唯一震災後に作られた曲で、それを思うとまともな感情では聴けないが、「一緒に、少しずつ、前に」というメッセージが感じられる名曲

risky ★★★ (2018-05-22 21:10:12)


ザ・マイスター / C'mon
実にB'zらしいダサかっこいい歌謡ロック
サビの言葉遣いも稲葉節って感じでクセになる

risky ★★ (2018-05-22 21:05:53)


世界はあなたの色になる / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲

終始ダークな曲調だが、ギターソロからの流れは感動的
歌詞も曲調も映画の内容とマッチしすぎてるから見てない人は一度見てほしい

risky ★★★ (2018-05-19 15:10:29)


Shower / SURVIVE
大切な人との別れを歌った美しくて純粋なバラード
有名ではないが、隠れた名曲

risky ★★★ (2018-05-19 15:04:37)


DIVE / MAGIC
この疾走感にグルーヴは好き
フメツノフェイスを彷彿とさせるダサカッコよさを踏襲した感じ
「DIVE!!!」で一気に爆発する感じが爆音で聴くといいね
「手帳」とか日常的すぎるものが歌詞に登場する辺りが実に稲葉さんらしい
ギターリフにさりげなくキーボードが入っているのも好き
当時はギターソロがやけにあっさりしていて、「なんかなぁ」と思ったものだけどこの曲に長いギターソロ入れるとダレるな
ただ「こんなんじゃいやだもん!」は未だに慣れない(笑)
久々に演奏されたLIVE DINOSAUR、参戦出来なかったので映像化を待ち望んでます

名無し ★★ (2018-05-15 13:35:46)


Freedom Train / MAGIC
ブラスとユニゾンするリフが好き
Aメロは難解なメロディだけど、サビへの入り方がカッコいい
ブラスの使い方と言い、LOOSEの頃のB'zを思い出す歌謡(これは褒めてます)ハードロック
ポップなこのアルバムではTime Fliesの次にハードな曲(それでもそこまでゴリゴリハードではないけれど)
ずっしり腰を据えたサウンドが、たまらない

名無し ★★★ (2018-05-15 13:29:39)


LOVE PHANTOM / LOOSE
かっこいい。 これに尽きる。

名無し ★★★ (2018-05-14 20:03:11)


TONIGHT (Is The Night) / IN THE LIFE
LIVE-GYM ACTION 2008 のこの曲聴いてみて下さい。

超セクシーな稲葉さんの歌声とアダルティな雰囲気を奏でるTAK達を堪能できます。

個人的な細かい見どころですが、稲葉さんのマイクスタンドの指使いがセクシーですw

今年30周年ですが、MIXTUREのようなベスト盤をリリースするのでしたら
是非この曲を歌い直して収録してほしいです。

名無し ★★★ (2018-05-14 17:20:36)


トラベリメンのテーマ / ACTION
ライブの客だしで使われてそうだね、この曲は。(実際に使われたのかな?)
こちらも遊び心がある。

1573 ★★ (2018-05-14 12:00:51)


HOMETOWN BOYS' MARCH / ACTION
超久々に聴いたら、爽やかなマーチングサウンドに楽しさと新鮮さを感じた。
ここ最近のB'zは「あいかわらずなぼくら」「夢のような日々」みたいな遊び心のある曲がちょっと少ないので、次回のアルバムではこういう軽妙な曲も作って欲しいなあ。
ハードロック路線はエピデイとダイナソーで十分やったろうから。

1573 ★★ (2018-05-14 11:57:47)


The Wild Wind / B'z The "Mixture"
哀愁ですねえ。松本節全開です。
A面のHOMEも良いがこの曲はさらに良い。超名曲。

侘びサビ ★★★ (2018-05-12 21:31:36)


ハルカ / DINOSAUR
Bメロが1フレーズ足りないような感じがして勿体無い

名無し ★★ (2018-05-12 13:24:19)


愛のバクダン / THE CIRCLE
ウルソやBANZAIと同じくなんだかんだ言いながらライブで盛り上がる曲
わかりやすいから、初心者にはいいと思う
ただB'zとは何か?と言われたら、これではないんだよなぁ
ある意味B'zがやるには異色な曲

名無し ★★★ (2018-05-12 10:25:28)


Fake Lips / B'z
ダイナソーやブラフ好きには聴くに堪えないへなちょこサウンド。(笑)
松ちゃんは売りたいから流行りのポップスにしたんだろうけど、バリバリのロック完コピ出身だから絶対内心は納得してなかっただろうな。

ただ、この曲や、そもそもこのアルバムってファンから酷評されてるけど、個人的には夜聴くのが似合っていて結構好きなんですよね…
でも絶対にウルソや愛バクイメージのB'z初心者には紹介できない…(せめてオフ・ザ・ロックかブレイクスルーだな)

1573 ★★ (2018-05-11 22:19:06)


Mayday! / MAGIC
リフはHOMEのサビと同じメロだということに最近気づいた
こういうブラスセクションのあるポップな曲はアルバムに一曲あると華がありますね
いい意味でダサい、振り切ってポップで良いですね

名無し ★★★ (2018-05-11 10:35:35)


Go-go-girls / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲
今更だけど、まさかこれを去年のショーケースでやるとは思わなかった
本人たちも確かどこかで言ってたと思うけど、もうやらないだろうなぁ

名無し ★★★ (2018-05-09 21:28:18)


ONE / The Ballads 〜Love & B’z〜
むしろこの曲がコナンの主題歌でよかったと思うね。
理由は、コナンのCDでこの曲を聴いてファンになったもの...

名無し ★★★ (2018-05-09 21:27:09)


Las Vegas / EPIC DAY
↑うっかり★入れてしまいました。申し訳ありません。

名無し (2018-05-09 21:14:33)


Las Vegas / EPIC DAY
※確か二回目の感想だと思うので★は入れません。
B'zとしては今までありそうでなかったタイプのロックンロール。
PVもいい意味でチャラさが出ていて、とても華やか。
ブラスセクションが取り入れられていて全盛期の彼らを思い出す。
ギターがいつもほどそんなにゴリゴリしすぎなくて程よい歪みでとても聴いていて心地よい。
リズム隊のうまさが際立つ曲でもあると思う。
これは表題曲に匹敵するくらい衝撃を受けました。

名無し ★★★ (2018-05-09 21:13:43)


Exit To The Sun / EPIC DAY
この曲はドラマで使われた部分とCD音源では全然違うので、CDを買ってから大きく印象が変わった曲です
正直ドラマに使われたほうは地味だと思っていたので、この曲の後半への盛り上がり方がドラマティックでとても気に入っています
光芒のような転調の仕方とは違い、自然に開けていく感じ
ストリングスが良い意味で歌謡曲的な味付けで仕事してますね
ちょっとだけこの辺はGLAYっぽさもある(GLAYも大好きなんで)
一時期もっさりしていたギターもこの曲では特に久々にTAKが調子を取り戻した感じがしてます
ラストの稲葉さんの「I will find a way」のシャウトも良いね
近年バラードがシングルになっていないのが気になるけど、この曲はシングルでリリースしても悪くはなかったと思っている

名無し ★★★ (2018-05-09 21:09:22)


EPIC DAY / EPIC DAY
パープル云々は置いといてドラムとキーボードがカッコいい
このドライブ感は本当に爽快

名無し ★★★ (2018-05-09 20:59:24)


ピルグリム / C'mon
サビへの入り方が感動する
DINOSAURのページでも書いたんだけど、最近でいう「ルーフトップ」だけにとどまらず、この情緒感はTAKにしか出せない味だよね
名曲だと思います

名無し ★★★ (2018-05-09 20:02:56)


愛しき幽霊 / DINOSAUR
ボトルネック奏法が印象的なアコースティックなナンバー。
過去作で言うと、BIGに近い雰囲気だが歌詞は全く違う。
「幽霊」とは死別した恋人とは違い、「いるはずもない」場所で、別れた恋人の影(これを幽霊と表現しているのではないかと)を追う姿が書かれていると思う。
意図的なのか、偶然なのかタイトルの意味を考えるとLOVE PHANTOMを思い浮かべるね。
あの曲も別れた恋人の影を追うような感じだし。
稲葉さんの歌い方もいつもより少し意図的に儚さを表現しているように感じる。

名無し ★★ (2018-05-07 14:40:49)


ルーフトップ / DINOSAUR
二回目の感想なので、★は入れてません。

ズシズシ重たく響くドラムが、TAKの何とも言えない切なさをより際立たせている。
各楽器隊がなんとも絶妙なハーモニーを奏でている。
シンプルながら、これは名曲だと思う。
特別派手なところがないのに、こう心をわしづかみにしてくれる曲を未だに生み出すTAKのセンスは侮れない。
どこか開ききらないところがかえって、どんよりした心情と重なって切ない。

名無し (2018-05-07 14:34:58)


DINOSAUR


改めて感想を書かせてください。
※二回目なので、★はあえてつけませんが僕の中では満点です。

前作よりもさらに深みを増して、彼らの根っこのルーツが根付いた作品
特に前半の2曲のインパクトが凄まじく強烈です。
表題曲のDinosaurのイントローの恐竜の鳴き声を再現したというアームプレイだけで痺れた。
そう来たかと。
まずこれだけ長いイントロにアーミング自体が実に懐かしい。
B'zらしいぶっとくゴリゴリでタフなHRサウンドが1曲目から堪能できる。
表題曲としては、前作のEPICDAYと同じく70年代洋楽クラシックロックからの影響を多分に感じる。
本当に近年の彼らは、自分たちで築いてきた立ち位置だからこそようやくやりたい音楽が出来ているのではないかと感じるし、聴いている側もとてもうれしくなります。
そして、CHAMP。昨年セブンイレブンでよく耳にしていたあのサビのインパクトがすごい。
そこへの入りがやや唐突気味だが、なんといってもディレイをかけたイントロからのかっこよさと懐かしさ。
そのイントロから歌いだしに入る部分がとても絶妙なんですよね。
そのあたりの雰囲気は90年代中期~00年代前半のギラギラしていたころの彼らを思い浮かべる。
同時に、昨年の夏フェス出演を経て彼らの自信や自分たちの立ち位置を改めて再確認した上での決意を感じた。
機材もいろいろ使っていて、そのためか音の質感も今までと同じようで違う。
シングル曲はStill Aliveがやや浮き気味だが、ここ数年のシングルの中でも抜群に完成度が高くて鳥肌が立つほどだったのでこれは良しだと思う。
今作は結構渋い路線を掘り起こしてきた感じもあるので、ポップサイドの曲はこれとCHAMP、SKYROCKETくらいだと思う。
THE CIRCLEほどではないが、今までよりやや異色な部分もあるので少々とっつきにくい部分もある。
あのアルバムほど統一感はないが、その分多彩なジャンルを現在のグルーヴでダレることなく昇華していることはとても素晴らしい。
各所のレビューでも書かれていると思うが、The 7th Bluesに確かに近い雰囲気。
Queen Of The Nightなんて入っていても全然違和感ないほど。
だからと言って、全然焼き直し感もないんだよね。
ルーフトップみたいな情緒感は今のTAKにしか出せない味だと思うし。
バラードもメロディに意図的に捻りを付けたと思われる部分がある(それでもやっぱり)。
使っている機材だけでなく、弾き方や稲葉さんの歌い方も細かいところでこれまでと微妙に趣向を変えてきているから面白い。
当初は思っていたほど、疾走感のある曲が少ないなと感じたが
ダレる感じもない。その辺は詳しくないがきっと、曲の配置が良いのだろう。
多分、中盤にオープニング的なイントロがインパクト大な声明を持ってきたから前作でいうA SIDE、B SIDEと聴き分けられるような雰囲気もあるからかな。
そして、最後のPurple Pink Orangeの素晴らしさ。
壮大だけど、過去作でいうALONE、GOLD、Everlasting、いつかまたここでなどような雰囲気はほとんどなく、はっきり言って暗い曲です。
どちらかというと自分は赤い河や夢見が丘、光芒、世界はあなたの色になるあたりを思い浮かべました。
それらと違って、終始どこか塞ぎこんだような暗さがあるのがいい。
ピアノもさりげなく入っているが、さりげないからこそベタな歌謡曲臭さがなくて良い。
正直、タイトルからもっと明るい曲だと思っていたので最初聴いたときはまったく想像していない展開で驚きました。
最後の一発撮りしたといわれているTAKのギターソロが弾きまくっててかっこいい。
曲の終わり方も潔くて自分は好み。

30周年イヤーということもあってか、前作以上の余裕と自信を感じられた一枚。

名無し (2018-05-07 13:32:46)


King Of The Street / DINOSAUR
ホームレスをテーマにしているのではないかと言われている歌詞の内容ですが、自分は落ちぶれたストリートミュージシャンのことを歌っている気がします。
ちょっと悲しいストーリーでもあり、前作のClassmateでも同じことを感じたのですが、今までありそうでなかった題材ですね。
曲調に関して言えば、本作は前半に勢いのある曲が集中しているので際立って激しい曲だと思います。
ギターリフもスリリングで、メタリックなギターにも痺れますね。
サビはアラクレを彷彿とさせるメロディ。
表題曲「Dinosaur」でも感じたのですが、前作でのクラシックロック+メロディアスな路線を踏襲している。
でもこの曲に関して欲を言えばもっとゴリゴリに振り切ってもよかったと思う。
あと一つな感じ。
でも、悪くないです。
ライブDVDが楽しみです。

名無し ★★★ (2018-05-07 10:35:10)


ACTION

曲数が多いのでまとまりには欠けるかもしれない。
しかし珍しく、曲作りのスランプを通して、光を求めるテーマの佳作が多い。
オススメは1.2.5.9.13
16も歳を重ねて曲の重みがわかってきた気がする。

risky ★★ (2018-05-06 14:34:01)


drive to MY WORLD / LOOSE
個人的にLooseの中ではこの曲が一番好き。
皆さん仰る通りアメリカンな感じもあるが、それに加えて良い意味で歌謡曲っぽさもある、和洋折衷な曲だと思います。
松本がアルバムで唯一この曲だけを聴き返したというのも納得の名曲。

侘びサビ ★★★ (2018-05-01 17:27:27)


HEAT / B’z The Best XXV 1988-1998
この曲いかにも90年代っぽいですよね、一言で表すとBLOWIN'に哀愁をプラスしたといったところでしょうか?
最近のB'zには珍しい曲調ですが、これは韓国の歌手に提供したことも関係しているみたいですね。

侘びサビ ★★★ (2018-05-01 12:00:06)


それでも君には戻れない / IN THE LIFE
このメロディはすごい!
そしてこの歌詞は失恋直後とかには響くね(笑)
もともと哀愁系は得意なバンドだけど、これはその中でも最高傑作の一つと言っても大げさじゃないね
アルバム曲にとどめておくのがもったいない

risky ★★★ (2018-04-28 23:20:31)


ロンリースターズ / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲
これがA面でもおかしくないクオリティ
ギターソロが唐突だけど、ダレるようなものではなく、短いがメタリック

名無し ★★★ (2018-04-28 15:16:34)


愛しき幽霊 / DINOSAUR
優しいアコギの音色、稲葉さんの落ち着いたトーンの歌声が聴かせるバラードナンバー。
次の楽曲を考えるといい感じに箸休めになっている。
それにしても曲名から『LOVE PHANTOM』と何か関連性はあるんだろうか?

kuroiyuki ★★★ (2018-04-22 23:38:50)


Queen Of The Night / DINOSAUR
ギターの音色やリズムに独特な色気がある楽曲ですよね。
確かに7th Bluesに収録されていそうな楽曲ですね。

kuroiyuki ★★ (2018-04-22 23:38:08)


弱い男 / DINOSAUR
『弱い~!弱い~!』の歌詞が印象に残る楽曲。
最近私の中でサックスやウインドシンセ系の音色ブームが来ていることもあり、サックスソロに耳が行ってしまう。

kuroiyuki ★★ (2018-04-22 23:37:30)


ハルカ / DINOSAUR
スラップベースにワウを効かせたギターのメロディーによるファンキーなノリが好き。

kuroiyuki ★★ (2018-04-22 23:36:49)


King Of The Street / DINOSAUR
この曲はやっぱりHR/HM系のギターリフに限る。(本アルバムの曲のギターリフでは間違いなく一番カッコいいと断言できる。)
ギターリフ前のドラムのフィルインもこれまたいい感じにギターリフを盛り上げるためのお膳立てになっていていい。

kuroiyuki ★★★ (2018-04-22 23:36:12)


Still Alive / DINOSAUR
煽り立てる疾走感のあるシンセの音色がカッコいい。(YOU&Iが好きな人は気に入りそう。)
『何ひとつ終わりじゃない』→シンセリフの流れはたまらなく好きです。
本アルバムの曲では上位に食い込む楽曲です。

kuroiyuki ★★★ (2018-04-22 22:27:56)


Dinosaur / DINOSAUR
曲名通りの恐竜の咆哮(MVで使用しているギターからLOUDNESSのLOUDNESSのイントロを意識しているんでしょう)から一転二転するイントロは本当にカッコいい。
サビの『Call me Dinosaur マネ出来んだろう~』からは彼等の音楽に対する姿勢がガツンと感じ取れる。

kuroiyuki ★★★ (2018-04-22 22:27:13)


世界はあなたの色になる / シングル表題曲 / 2nd Beat / 3rd Beat / その他アルバム未収録曲

サビでの高揚感、メロウかつ暖かみのあるギターリフ、ソロが心に響きますね。
タイアップが映画だったので、映画館で聞きましたが終始鳥肌立ちっぱなしでした。(B'zのライブに擬似的にいる感じがしました)

kuroiyuki ★★★ (2018-04-22 22:26:26)


OUT OF THE RAIN -OFF THE LOCK STYLE- / BAD COMMUNICATION

ハードロック調になる前の名作

NaSa ★★★ (2018-04-21 04:08:07)