この曲を聴け!
38 SPECIAL
MyPage

38 SPECIAL
モバイル向きページ 
解説 - 38 SPECIAL
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ヤング・ラジオ ★★ (2005-10-29 20:07:00)

僕はHR/HMが今でも一番好きだしよく聞くが、それ以外の音楽も大好きである。このバンドの渋さがわかる人とは、話しが合いそうである。こういうアメリカンロックはアメリカの中西部あたりで、一度は聞いてみたい気がする。
なんでもないアメリカンロックが、僕は結構好きである。




2. MK-OVERDRIVE ★★ (2014-12-28 10:59:00)

創設者Donnie Van Zantの兄・Ronnie Van Zantらを失ったLYNYRD SKYNYRDの悲劇より5箇月前の77年5月にアルバムデビュー、当初はツアー主体だったため初シングルは80年になってから。そんな前後関係からも判るように決してスキナードの代役や後継者ではなく、ツインDs.とトリプルG.から繰り出される音像は、もはやサザンロックと言うより典型的な80年代型メジャーアメリカンロック。SURVIVORやNIGHT RANGERなどど並んで、自分をあの時代に連れ戻してくれるバンドの1つだ。



3. ウォーランツ (2016-05-20 21:05:06)

一見むさ苦しいロックバンドであっても、実態は瑞々しさが目立つようなれっきとしたハードポップ それが彼らだったのですよね。ただこの手のバンドはHR/HMファンから蔑まれやすかったろうからメタルのコーナーに置かれず成功でしたがオラはこの38スペシャルの事を悪く思ってないですね。SOUND BAYでHR/HMとして扱われようがロック&ポップスとして扱われようが、売れ線ロックは決してバカなんかじゃない‼︎因みにMK-OVERDRIVEさんはどう思いますか?



4. 名無し (2016-05-20 21:34:23)

私は、38スペシャルは未聴なのですが、MK-OVERDRIVEさんが指摘しているように、レーナード スキナードと関係有るバンドってことは、70年代からロックを聴き、ミュージックライフ誌を愛読していたので知識としては知ってますし、レーナードも持ってはいませんが、何故かレーナードの悲劇の後、残党が結成したロッシントン コリンズ バンドは1st、2ndとも持っていたりします。他にも
バッファロー ニッケル、ルセロ、ブラック ストーン チェリー、ブラックフット(特にケン ヘンズレイ在籍時中心に)等のサザンロック系を聴いています。
サザンロックの魅力は大陸的なおおらかさの中にも、哀愁が感じられアーシーな感覚がバドカン等のブリティッシュロックと相通じるものがあって、アメリカンロックの中では琴線に触れる度合が多いですね。
本当、因みにMK-OVERDRIVEさんはどう思いますか?
メタルけいしょう娘のパソコンより



5. MK-OVERDRIVE ★★ (2016-05-21 20:36:02)

上のお2人、悪く思ってないとか琴線に触れるとか仰りながら☆を付けてないのは何なんでしょう? 自分は丁度30年前のSomebody Like Youがこのバンドにとってアリーナロックバンドとしてのピークだったと思います。また、サザンロックにしてはさほど粘っこくなくメロディックで比較的ハードな点で、メタラーの鑑賞にも十分耐え得るだろうとは思います。自分が言えるのはここまでということで。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示