この曲を聴け!
GAUZE (1999年)
MyPage

GAUZE
モバイル向きページ 
解説 - GAUZE

1999年7月28日、イーストウエスト・ジャパンよりリリースされた1stアルバム。
結成後急速に人気を獲得していたDie en greyは、インディーズでありながらオリコンのシングル・チャート上位に連続で作品を送り込む。1998年発表の「-I'll-」は最高7位を記録し、インディーズ史上最高記録(当時)を樹立。さらに同年11月にはメジャー・デビューを前にインディーズ初の日本武道館公演を実現した。また、結成からわずか1年9ヶ月であり結成からの史上最速武道館記録となる。
そして1999年1月、X JAPANのYOSHIKIをプロデュースに迎え「アクロの丘」「残-ZAN-」「ゆらめき」 のシングル3枚同時発売でメジャーデビューを果たし、すべてがオリコン・チャートのトップ10へランクインする。同月テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し「残-ZAN-」を演奏。しかしゴールデンタイムにも関わらず過激な選曲・演出だったことから、放送後に視聴者(特に子供を持つ主婦など)から苦情が多数寄せられた。同年の「Cage」「予感」で出演して以降、同番組には出演していない。
このような流れを受けて制作された本作は、Dir en grey史上最大のセールス(21.6万枚)を記録した。YOSHIKIプロデュースによるシングル曲は比較的ポップな作風が多かったが、アルバムの新曲はセルフプロデュースによる作品であり、なるべくシングルからの予想を覆すような雰囲気に、という思惑があったとのこと。
初回盤のみ特殊仕様で、イメージブックなども入っていた。また歌詞カードには数行の歌詞が付随されている。
インストゥルメンタル曲含め、全ての曲にPVが存在している。映像作品『GAUZE-62045-』で見ることが出来る。

チャート最高順位
5位 (オリコン)


Recorded:Warner Music Recording Studio, Greenbird Studio, One Voice Komazawa Recording Studios, Epicurus Studio, Tokyo Bay Studio, Victor Studio (1, 2, 4, 5, 7, 8, 10, 13)
One on One Recording North L.A. (3, 6, 9, 11, 12)
Producer:Dir en grey (1, 2, 4, 5, 7, 8, 10, 13), Yoshiki (3, 6, 9, 11, 12)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ゆーし ★★ (2002-10-16 21:58:00)

1999年発表のメジャー1st。我が心の名盤。
ちゃんと説明すると、彼らのポップな面も過激な面も実に分かりやすい形で提示されたという感じのアルバムで、インパクトの強い曲が多いです。
まぁ、合わない人には合わないだろうけど、少しでも興味があればぜひ聴いてみてほしいです。




2. N ★★ (2002-11-11 01:33:00)

基本的に彼等のアルバムに初心者向けというのは無いのかもしれないが、
始めて聴くならやはりこのアルバムを推薦。音質も良いしシングル曲が5曲も
収録されているため聴きやすい。もちろんコアな曲も満載。
メタル好きの自分が充分に満足できた凄いアルバム。
買った当時は聴きまくったな~。



3. kotora ★★ (2003-02-17 22:52:00)

俺も聴きまくったよ。キャッチーでいい曲もあるけど、えげつない曲もあるし、ジャパニーズメタルファンには充分にアピールできる内容だよね。やる事やってるし。隠れた名盤。



4. S.a ★★ (2003-03-06 11:34:00)

彼らはヴィジュアルも、サウンド、テクニック、どれをとっても◎です。
見た目に中身が伴っているバンドはそんなにいません。
僕もこのアルバムは聴きまくりました。
でも歌詞のグロさは半端じゃないですが・・・
1階聴いてみて下さい。



5. メタルン ★★ (2003-03-26 10:53:00)

自分も当時聴きまくったね。
確かに歌詞はグロいがメロディはすごい良いと思いますよ。
ディルのアルバムは全部持ってますがこのアルバムが一番好きだね。




6. 白狐 ★★ (2003-12-25 22:16:00)

☆普通の人でも聴きやすい一枚ですよね。やはり、シングルを5枚も入れてしまったせいかw
そんな中でも抑えるところは抑えてあるし、コアな人にもお勧めできます。
この手の世界になれてなかった当時はが非常にキツかった・・・。




7. しゅんぺ~ ★★ (2004-07-02 02:14:00)

おれが好きなDirは、インディーズ~この頃までなんですよね。
確かにグロいんですけど、メロディセンスは半端じゃない。
京もこの頃が一番カリスマ性があったのでは?
今の彼らって音圧的なヘウ゛ィさに頼ってしまって、グロさもメロディも中途半端な気がする。
まともに聴きもせず批判しちゃいかんとは思うんですけど、でも聴く気がしないんですよね。




8. KILLERQUEEN ★★ (2004-08-01 18:35:00)

個人的にはこのアルバムが一番気に入ってます。
曲の随所で聴ける京の語りや会話がインパクト大!かっこいいっす。
この頃は印象的なメロディが豊富です。




9. お寿司とキンタマ ★★ (2004-08-02 12:39:00)

初心者はまずこれを。



10. 五十嵐 ★★ (2004-08-05 14:18:00)

全曲名曲捨て曲なし。



11. †FUNERAL† ★★ (2004-08-17 16:38:00)

Dirのなかでは凄く聴きやすい。俺はこのアルバムが一番聴いた回数が多いです。
シングルにならなかった曲も凄く良い!




12. メタラァ ★★ (2004-10-19 11:58:00)

1stと2ndしか聴いたことないけど、その2ndと比べても"受けやすそう"なアルバムですね。
それでも「蜜と唾」などキツいものもありますが(でもこの曲、大好きです/笑)、全体的に聴きやすい………のか?(笑)まぁ、ディルのアルバムじゃ聴きやすい部類でしょう。
シングル曲は「予感」はあんまり好きじゃないんだけど、後はどの曲もかなり良いし、アルバム・オンリーの格好良いものばかり!
なんだかんだでメロディが格好良いんですよね、このバンドは。エグい曲でもしっかり格好良いメロディが入ってるから聴ける。
まだこのバンドに馴染みのない人はこれからだと入り易いでしょう。




13. ふぁうすと ★★ (2004-11-01 17:17:00)

YOSHIKIプロデュースによるメジャーデビューシングル3枚と続いてリリースされた2枚の計5枚のシングル曲を含むDir en greyメジャー1st。
シングル曲はYOSHIKIプロデュースだけあって、一寸の隙もない音の緻密さに興奮しっぱなし。
「Cage」はむちゃくちゃかっこいいし、しっかり聴き込める質が備わっていると思う。
「予感」はポップだけど何回でも聴ける。しっかり作り込んである印象がして◎。
シングル曲以外は「raison detre」「304号室、白死の桜」「蜜と唾」あたりが秀作。
これが最高傑作だったのですが、Withering to deathに最高傑作の座を譲りたいと思います。ありゃ反則だろ……。
でも、メロディセンスはこの頃が好きだなぁ。(2005/3/25)




14. ハウリング ★★ (2005-01-18 19:09:00)

この頃のディルは音がスカスカ。京の声も頼りないね。
でも,好きさ。




15. メタル伝道師 ★★ (2005-06-18 14:46:00)

1st。
ヴィジュアル系ソングですね、このアルバムのコンセプトは
シングルに負けない曲を作るという事だったので、楽曲は充実しています。
けどやっぱり今のDIRを聞いちゃうとこの頃のはとても聞けないなぁ。
普通のビジュアル系サウンドが好きな方には聞きやすくて名盤です。




16. kamito ★★ (2005-06-18 21:57:00)

今のDirと別物として聴けばいいのよ。
Schweinの椅子なんかはキャッチーかつスラッシーでスカスカしてる音質が好きだったり。
全曲PVのビデオもすごい。



17. マリリンマンソン ★★ (2005-09-28 23:16:00)

完璧V系って感じ・・個人的に嫌いな作品・・・・でもメロディーはこのころからいい。
成長したね。



18. ギース・ハワード ★★ (2005-10-12 21:37:00)

なんだかんだでかなり長い間聴いてるアルバムです
一番最初に聴いたときはその独特の世界観にかなりショックを
受けたものです。中でもmazohyst~にはかなり心を動かされるものが
ありましたね。アルバム全体が今とは違う色の毒々しさに満ちています
しかしキャッチーな曲も多く収めてあるので聴きやすいアルバム。
過激映像満載のPV集もかっこいいです
raison detreのマスク装着の薫かっこいいw



19. ★★ (2006-07-09 11:23:00)

シュヴァインの椅子が特に好き。アルバムってつまらない曲はとばすのあたりまえだったけど、このアルバムは捨て曲ない。全部通して聴けた初めてのアルバム。当時は衝撃だった。それ以降アルバム出すたびレベルが上がっていくし、一体ディルはどこまでいくんだろう。。。



20. 背徳ノ翼 ★★ (2007-06-26 01:03:00)

彼らのアルバムの中では一番聴きやすいんじゃないかと感じますが、過激な曲ももちろん入ってます。僕のヴィジュアル道の原点的な大切な作品です。



21. チャイチャイ ★★ (2009-01-03 16:04:00)

今のDIR EN GREYと比べてしまうと演奏力もかなり劣るのですが、
なにせ曲の展開やメロディセンスがいいのでこの時点で才能を感じますね。
それに音が分厚くないのがかえって独特の雰囲気を作っていて合っていると思います。
変態みたいな曲ばかりかと思いきやポップでメロディアスな曲もあります。




22. 紗葵 ★★ (2009-03-07 15:13:00)

1999年発表の1stフルアルバム。
メジャーデビューシングル3枚同時発売等で話題になったDirのフルアルバムということで、累計売上は今現在も最高位。(だったはず)
優れたメロディセンス、バラエティに富んだ歌詞など、この頃から優れた部分は多く持っていましたが、奈何せん先輩バンドの影響が濃く出ているような気がする。
特に、当時、京が大好きだった、清春率いる「黒夢」の影響が強いかも?
シングル曲以外にも「raison detre」等、ポップな曲があるので、Dirのアルバムの中では一番聴きやすいかな。
ヴィジュアル系バンドが好きな人にはオススメ。



23. Spleen ★★ (2009-07-02 13:58:00)

昔聴いた時は、ヴィジュアル系のステレオタイプ(当時の自分の偏見です)のような外見と音楽性からあまり好かず、しばらく放置していました。
で、デス・ブラック系好きになった今なら気に入るんじゃないかと思って改めて聴いてみたら、これが大当たり。確かに曲にポップさはあるんだけど、歌詞は半端じゃなく過激。時に絶叫も狂気じみてて過激。これで実力が伴ってなかったらただの話題作りかと勘繰られるところですが、彼らの場合ちゃんと「カッコよくてアブナイ」ロックになってます。




24. 「アメリカの首都は?」「江ノ島。」 ★★ (2010-07-28 13:01:00)

大雑把に説明しましょう。
「GAUZE-mode of eve-」金属音から始まりだんだんとスピードアップする曲。秒読みが最高。
「Schweinの椅子」「残-zan-」に少し似てる。ヘヴィと言うよりかはダーク。
「ゆらめき」「予感」「-I`ll-」「アクロの丘」等に似ているポップ曲。Dirらしくないかもしれない
「Raison Detre」スピード感もありポップでもある
「蜜と唾」危ないポップ
「cage」歌詞が意味深。推奨。
「Mazohyst Of Decadence」聴かない方が良い。「agitated(ry」ぐらい超危険!
「mask」絶対聴いて下さい!良すぎる!最初にヒトラー演説をいれてるところが良い。
「残-zan-」「mask」といい感じにマッチしてる。これで暴れたくなる人は虜。
以上です。最初に聴くにはもってこい



25. Arsenal / Gunners ★★★ (2010-11-22 19:01:15)

聴けば聴くほど深い 劇的の1st  ラサディースの頃やインディーズの頃は全く関心なかったが、、、このバンドにジャンルはない。
京はソロでやっても十分で、貴重なヴォーカリストであり喉で歌う低音ヴォイス、裏声、そしてデス声の吐き捨てシャウトなのだが、一つ一つが高水準にあります。 深みとエモーションをたたえ、裏声は要所要所で効果的に使われ、そしてデスヴォイスは並みの海外シンガーより◎ 当時は演奏陣も難しいことはやってないですが、カッチリとまとまり安定感のある演奏を聴かせてくれるます。
シンプルでへヴィで、突進する破壊力、メタリック感、グルーブ感あるキャッチーさもあるので、へヴィロックと言ってしまっていいほどですね。。
ぜひ多くの方々に聴いてほしい!




26. 名無し ★★★ (2011-01-02 15:08:45)

ポップを愛する人ならまだ受け入れやすい曲がいくつもありますよね。
ただ曲調とあっていない歌詞もギャップがあって大好きです。



27. 枯林 (2011-03-08 02:37:20)

まさにビジュアル系
良い曲多いですが苦手な人は苦手でしょう
7thまで出てる今あんまり聴くこともありませんがこういう彼等も私は結構好き

最近シングルで昔の曲をリメイクしてるんで「ゆらめき」とかリメイクしたら面白いなぁ




29. 音楽大好き人間 ★★ (2013-12-27 17:13:02)

まさにV系を暗示しているような作品です。
勿論名盤だと思います。けれども演奏は普通ですし、
声域はまだ発展途上です。
ですけれども、いずれロックの先導者と成る可能性を秘めたまさに新進気鋭の、狂気や悲嘆さを象徴するアルバムです。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示