この曲を聴け!
アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!
MyPage

アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!
モバイル向きページ 
解説 - アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



681. 乃坂 繭士 (2015-11-26 21:02:15)

声優さんの野水いおりさんが
作詞大槻ケンヂ、作曲橘高文彦の
「球体関節人形の夜」を歌っています。



683. 洋楽大好きじーさん (2015-12-26 15:56:39)

物語シリーズの主題歌は全て傑作だと思います。あと、頭文字Dの主題歌をずっと担当してきたm.o.v.e.の曲もいいですね。



684. sd2398 (2016-02-06 00:14:17)

683の方がおっしゃているとおり物語シリーズの曲は最高ですね。
恋愛サーキュレーションは絶対聴いた方がいい!



685. 星きのこ (2016-04-09 09:46:08)

デジモンの主題歌等を歌っていた和田光司さん、亡くなられたんですね。
自分達の世代に好きなアニソンなんて聞くと真っ先に彼のButter-Flyが挙げられたもんです。
遅ればせながら追悼の意を込めて、デジモンテイマーズ主題歌のThe Biggest Dreamerをリピート中。
この曲はメロディに何処となく影があり、個人的には上記のButter-Flyよりも好きだったり。



687. 名無し (2016-05-11 13:30:52)

↑685 おおデジモンの主題歌を歌っていた方がお亡くなりに・・・RIP
 当時、小学生の娘とよく見ていました。(1~2シリーズまでですが)
 特に2シリーズのオープニングテーマ曲がカッコ良かった記憶が有りますが、その曲のシンガーですか?



689. Ray-I (2017-02-06 06:37:21)

アニメ『クラシカロイド』はNHKが本気出した良い例だと思います。
アレンジャーに関してはベテランから新鋭までよく揃えたな、と。
クラシックはメタル関係なく幅広く親しまれているので
それをどう調理してくれるのかという楽しみができたのはうれしいですね。

問題は藤田節のせいで音楽以上にネタが…w
多分、『銀魂』『おそ松さん』が嫌いな人にはヤブ蚊のごとく嫌われるだろうな。
まさかEテレで自主規制音とかモザイクを見る日が来るとは…




690. 1573 (2017-06-20 22:13:59)

たまたま耳にした「アニサマフレンズ2017/Playing The World」という曲が最高に良い!
アニソン界隈の錚々たるメンツによる、正に「さあ、音楽の祭典の始まりだ!!!」って感じのワクワクする楽し過ぎるフェスティバル・ソングとなっている。
やっぱり音楽はこうでなくては!




691. 1573 (2017-10-28 19:29:04)

余りHM/HR以外の項目を増やすのも何なのでココで…

プロジェクト・バンドリ(BanG Dream!)、バンド名・Poppin'Party(通称・ポピパ)より数曲
・走り始めたばかりのキミに
ハイミドルテンポの(やや)ハードロックナンバー。
タイトル通り応援歌なんだけど、歌詞が少し切なかったり、歌メロがバリバリ哀愁を帯びていたり(特にサビは最高!)と中々ヘヴィーな一曲。
ちなみに私はラジオで偶然聞いたこの曲でポピパ(引いてはバンドリ)のファンになりました。

・ティアドロップス
上タイトルのカップリングであり、バリバリの正統派疾走ハードロックナンバー。
ギターソロが陰陽座っぽい。
他に突出したものは特に無いが、ガールズバンドがいけるならこのサイトの人でも割と受け入れ易いんじゃないかな。

・ときめきエクスペリエンス!
(大爆死した)アニメのOPナンバー。
バンドサウンドでありながらやはりアニメOPだけあって、アニソン寄り(元々そっち系のカラーのバンドではあるが)。
しかしこれが中々中毒性を持ったものであり、結構ハマる!
アニソン好きかつバンドサウンド好きなら是非!

・1000回潤んだ空
ヘドバン必死!感涙のハードロックバラードソング。
1番はヴォーカルを前面に出し、他の楽曲郡はかなり引っ込めて弾き語りに近い静けさ。
そして1番サビの「大好きを叫びたいよ」に被せる様にリードギターとドラムが切り込んできて、一気にハードロックサウンドに!
ギターソロ後は落ちサビで一旦静けさを取り戻し、大サビで再び爆発!
ラストは激しいギターソロ、そしてその終焉と共にAメロをヴォーカルとキーボードのみで〆る。
この、ある意味でのお約束的展開は王道好きにはタマラナイものがある!

他にもまだまだ曲はあるけど、私の個人的お気に入りポピパソングでした。




692. saruyoshi (2017-12-19 21:49:57)

今年の6月に新たなソシャゲも出した「アイドルマスター ミリオンライブ!」の曲も良いですよ。
ランティスが楽曲制作を担っているためか、バンドサウンドを基調とした華やかロックナンバーを聴くことが出来ます。

ランティスは声優ソロアルバムでも色々と冒険する印象(田所あずさの「So What?」、上田麗奈の「RefRain」等)ですが、アイドルをテーマとしたコンテンツであっても臆することなく挑戦してくれています。

個人的なお気に入りとしては「深層マーメイド」、「FairyTaleじゃいられない」、「プラリネ」、「アライブファクター」でしょうか



693. 1573 (2018-01-20 12:18:00)

メチャクチャ今更感漂うけど、ラブライブサンシャイン・アクアより第1期の楽曲を全体的にかる~くレビュー…
先代のミューズの楽曲はどれもエンタメに特化した、「聴いていて楽しい曲」が多かったのに対し、アクアは「物語に沿った歌詞、聴かせる曲」が殆どです。
ぶっちゃけた事を言うと、私的には全体的なコンテンツはミューズ推しですが、こと楽曲の質に関してはアクアの方が上のように思えます。
それはやはりアニメを見てライブビューイングにも行って、その歌を体感したからに他ありません。
もし、「先代命!」って人じゃなければ一聴の価値はあります。
ただ先にも述べたとおり、アニメを見ていないと感動(特に未熟ドリーマー・想いよひとつになれ・ミライチケット)は得られないと思います。

…などと言いつつ私は2期は見ていません…(汗)




694. 1573 (2018-01-20 12:54:03)

続いて今度は、バンドリよりハローハッピーワールドを全力レビュー!
このバンドはゲームのストーリーを見ないと分かりませんが、ハッキリ言って変人・奇人の集団です(しかも1人は熊の被り物姿でDJ役という訳の分からなさ)!常識が通じるのが5人の内2人だけ(笑)
実際に曲もバンドと言ってもマーチングバンドで、今のところオリジナル曲は2曲だけですが、どちらも「バンドサウンド」と言うより「N○K教育TVで良い子の歌で流れてそうな曲」です。
同・バンドリのグループであるロゼリアやアフターグロウに比べると能天気そのものとしか言いようがありません。
さてここでその2曲を紹介!

・えがおのオーケストラっ!
…全力レビューと言ったものの何と評価したら良いのか…
とにかく先にも述べたとおり歌詞は能天気です。
曲は行進曲でありコーラスを多用したアレンジは子供向けそのもの!(言っておきますが、私はバンドリでこのバンドが一番好きです・(笑))
とにかく、普通なら「何だ?この子供向けな能天気な曲は?」と一刀両断されても何も言えません。(汗)
ただ妙に中毒性があるんですよね…
You Tubeに一番だけ動画付きで上がっているので是非一度聴いてみて欲しいです。

・ハピネスっ!ハピィーマジカルっ♪
この曲も前曲通りやはり軽快で能天気です。
…なのですが、この曲、歌詞がゲームのストーリを全て見た後聴くと泣けるんですよねぇ…
基本的には落ち込んでる人を励ます、まあ行ってしまえばありきたりな歌詞なんですが、こころ(メインヴォーカルでありこのバンドを「楽しいから」と言う理由だけで結成した諸悪の根源・笑)の純真な想いが満ち満ちているんですよ。
コーラスもパッと聴きだと子供をあやしてるように聞こえる(まあ実際ストーリーは…ゲフンゲフン)んだけど、これも疲れてる時に聴いたりするとやっぱり泣けてしまいます。
こちらは公式の動画はあがってませんが、HR/HM以外も聴くよ~って人は一度聴いて欲しいですね。
そして暇ならストーリーを動画で見て欲しいです。

以上です。
2月には新譜が出るので、今から楽しみでしょうがないです!




695. Ray-I (2018-01-30 01:39:34)

ポプテピピック…このクソアニメ、音楽だけは油断なりません。
たまにフェルト作品を使った音楽コーナーを設けるのですが、
これが元ネタ知ってるとニヤリとする内容だったり、
無駄に元ネタに寄せすぎて怒られるべき作品だったりと
クソアニメらしい無駄なクオリティを発揮しているようです。

最新回ではまさかのEarth, Wind & Fireの「Let's Groove」を
MVごとパロディにするとは予想だにしませんでした。
(歌詞はいつもの下劣なヲタクDisでしたが)




696. 1573 (2018-02-01 20:31:53)

更に今更感漂う、ラブライブサンシャインよりトリオユニットを軽く紹介!

・CYaRon!~高海千歌、渡辺曜、黒澤ルビィ from Aqours
元気印満点な、最もアニソンチックなユニット。
でも「夜空はなんでも知ってるの?」みたいな哀愁セツナキラーチューンがあったりと中々侮れない。
好き嫌いはかなり分かれるだろう。

・AZALEA~松浦果南、黒澤ダイヤ、国木田花丸 from Aqours
いわゆる渋谷系・原宿系(中田ヤスタカとか)っぽいEDMの今風都会的サウンドが特徴的。
シャレオツ的なのが好きな人にはストライクかと。

・Guilty Kiss~桜内梨子、津島善子、小原鞠莉 from Aqours
恐らく一番人気のあるユニットであろう。
テーマは「クールビューティー」(先代のBiBi的)であり、サウンドは低音の効いたロック&クラブ系。
とにかくかっこいい&ノレる曲ばかりなので、お勧め!

個人的にはこのトリオユニットの出来はどれも格別のもので、先代を遥かに凌ぐと思われる。
特にアゼリアとギルキスはアニメ的キャラ声という点を除けば、普通にJPOPとしてチャートにランクインしていてもおかしくないものばかりだ。




697. 1573 (2018-02-04 03:03:39)

eufoniusを紹介。
とは言ったものの、実は殆どユニットとしての知識は殆ど無い…(楽曲が好きなだけ・汗)
一応アニソンやゲーソン界隈で活躍している(ようだ)。
しかし曲の質はオタッキーなものとはちょっと違う、独自の世界観を構築している。

まずユニット名の由来が「耳に心地良いサウンド」というコンセプトからきている。
その為、元気な曲からバラード調の曲まで耳に刺さるような不快な高音や過剰な低音が殆ど無い。
よく疲れた時ウォークマンで聴きながら横になったりするが、自然と眠りに落ちてしまう事が多い。(退屈というわけではない)

そしてヴォーカルだが、この人の声質がとにかく凄い!
特徴が無いのが特徴…とでも言うべきか…
あえて言うならクリアでいて、高音域や低音域のどっちよりでも無い、本当にサウンドの一部として溶け込んでしまう不思議で綺麗な声質なのだ。
と言うか、こんなナチュラルな声質のヴォーカル、今まで聞いた事無い。
これはユニットのコンセプトに非常にマッチしたものになっている。

ちなみに私は「ココロコネクト」と言う(いわく付きの)アニメの「パラダイム」と言う曲でこのユニットを知った。
作・編曲担当が問題発言をして物議を醸しだしたのだが、そんなのは知ったこっちゃない!
とにかく聴いていて心地良く、ヒーリング作用もある…そんな中々稀有なユニットである。
オタク界隈の1ユニットとして捉えるのではなく、「eufonius」と言う個性豊かなユニットとして、優しい歌・曲が好きな人には是非一度触れて欲しいものだ。




698. 名無し (2018-02-08 21:35:13)

ふとした切っ掛けで、ウルトラマンオーブを見るようになり、最近ウルトラマンのCDを買ってみました。The ALFEEや高見沢さんがボーカルを担当している曲は、ヘヴィーメタルにカテゴライズされてもいいくらいの良作でした。



699. 1573 (2018-02-20 22:32:22)

ダーリンインザフランキスと言うアニメのOPが中々良い感じ。
ラルクのハイドが作詞・作曲で中島美嘉がヴォーカル。
私は元々いわゆるV系全盛期ではラルクよりグレイ派だったので、ラルクの曲は数えられるくらいしか知らないけど、この曲は全然ラルクらしさが無く、と言う事は当然ロック色は皆無で、打ち込みを用いたエレクトロポップな感じである。
まあ、ハイドがソロでこういう曲をやっていたのかも知れないけど、ちょっと最初にテロップでハイドの名前が出た時は意外だった。




700. 1573 (2018-05-21 23:08:42)

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト/スタァライト九九組」より…
私はこの作品の事は全くと言っていいほど知りません(三森すずこのラジオでプロジェクトを知った程度)が、曲が中々良かったのでレヴュー。

・Star Divine(1stシングル/1st)
もうモロにアニメのOP!この作品がアニメ化(確かするはず…?)するなら99%OPテーマでしょうな。
本当に凛とし、熱情溢れる王道一直線のメロの進行は、アニソン好きにはタマラナイはず!(又、こんなのか…と言う意見もあるかもしれないけどね…)
作品が作品なだけに、かつての「サクラ大戦/激!帝国華撃団」の現代版と言っても良い雰囲気を携えています。(間奏でセリフあっても良かったかも)
もし、彼の作品が好きだった方なら一聴の価値あり!
しつこいけど、本当に王道アニソンです。(ちょっと調べたら、作曲家の方がアイマスにも携わっているようだ)

・舞台少女心得(同シングル/2nd)
こっちもやはり1stシングルで挨拶代わりと言わんばかりの王道アニソンED的な曲。
一曲目のシュッとしたカッコよさとは打って変わって、爽やかな王道アニソンポップな感じ。
サビの「私達は“舞台少女”」というフレーズがとても印象的。


総括
基本的に1stシングルなので、ほんと~に王道中の王道な2曲。(あと1曲あるけど)
上にも書いたがサクラ大戦が好きだった人なら「あの作品が現代的に!?」ってな感じで楽しんで(燃えて)聴けると思います!

と言う訳で、久々のアニソン?的な曲の紹介でした!
思いの外良い曲揃いの作品なので、まだ追加する可能性アリ!(HR/HM好きな人、スミマセン!)



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示