この曲を聴け!
黒夢
MyPage

黒夢
モバイル向きページ 
解説 - 黒夢

1991年に岐阜県で結成されたロックバンド。
「黒夢」とは「夢が無い」「夢は叶わない」という意味で、黒夢結成前から持っていた『黒夢』という曲名による。
1994年2月9日、「for dear」でメジャーデビュー。 1995年3月、日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニューアーチスト賞受賞。1995年に発表した3rdアルバム『feminism』は オリコン・チャート初登場1位を記録。 また、同年10月にリリースされた5th Single「BEAMS」がCMタイアップ曲としてオン・エアされ、 清春自身も出演。その後も4thアルバム『FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』や5thアルバム『Drug TReatment』、6thアルバム『CORKSCREW』といったアルバムが好セールスを記録するとともに、年間100本以上のツアーをこなしていた。しかし、このハードなツアーが清春と家庭を優先する人時の間に亀裂を生み、楽屋は別々に、レコーディングのときでさえ、スタジオで会わないようになっていたという。結局活動休止の2年ほど前から人時に辞めたいと言われ、1999年1月29日から無期限活動停止。その10年目となる2009年1月29日に一夜限りの復活、同日に解散した。 しかし2010年1月29日、清春が自身のブログで活動再開を表明した。

結成当時、当時の邦楽ロック界では声を掠れさせて力強く歌う(初期のXやLUNA SEAのような)歌い方が主流であったが、ビブラートを効かせた繊細な声にファルセットやシャウトを効果的に取り入れる歌い方で人気を集め、後のヴィジュアル系バンドの歌い方の主流を創った。バンド自体は80年代の日本のパンク、ハードコア、アンダーグラウンド・ロックに影響を受けており、雑誌のインタビューではDEAD END、GASTUNK、THE WILLARD、INU等や、トランス・レコード(FOOL'S MATEの創始者である北村昌士の運営していたインディーズレーベル)の所属バンド(ASYLUM、Z.O.A、割礼等)に影響されていると発言していた。
しかし、自身は後発組のバンドにスタイルを真似される事を嫌い、途中からヴィジュアル系の路線から大きく方向転換をする。アルバムをリリースする度に前作とは全く異なる曲調、構成をとり、常に変革していったバンドだと言える。後期には90年代の日本のロックの王道ともいえるBLANKEY JET CITYやthee michelle gun elephantとも比較されるようになり、パンク路線に変更した清春のファッションが若者の支持を受け、渋谷系をもじった渋谷パンクともよばれるようになる。一度は清春曰く『商業主義のポップス路線』に進んだこともあり、後の歌で昔の自分を貶したりもした(後に雑誌上で、『垂れ流しのポップスは僕の敵』とさえ語っている)。またアルバム『FAKE STAR』以後によく見られた社会やレコード業界、ミュージシャンを痛烈に風刺した歌詞も人気だった。また、所属レコード会社・東芝EMIに対しても、「カマキリ」で強烈に皮肉っている。
とはいえ黒夢は数々のヴィジュアル系ミュージシャンから敬愛されており、インディーズ当初は化粧も音楽性もヴィジュアル系であったため、現在でもヴィジュアル系の代表格として君臨し続けている。
オフィシャルファンクラブ名は「DARKROOM」。日経エンタテインメント!調べでのヴィジュアル系部門の総売上は第5位でCD総売り上げは約531万枚。

Current members (リーダーは清春)
清春(森 清治) - lead vocals (1991-1999, 2009, 2010–present)
人時(小木曽 久時) - bass, backing vocals (1991-1999, 2009, 2010–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. シャナナ ★★ (2003-02-06 18:18:00)

皆には内緒にしていますが、清さんは俺のヴォーカルスタイルに影響を与えた一人です。下手とか言われて、好き嫌いのわかれる清さんだけど、本当に艶っぽい素晴らしい声だと思います。



2. JUPITER ★★ (2003-06-20 22:21:00)

清春さんの歌が下手って言う人は、分かってない人だと思いますがね。
あの歌い方、かなり喉の力を要しますからね。
俺はヴィジュの頃も、パンク路線も大好きです。
勿論、清春だから。



3. 241 ★★ (2003-11-10 19:28:00)

喉の力がどうとかは上手い下手に関係ないと思いますよ。実際上手いとも思いません。。シャナナさんがゆうとうり好きか嫌いかにわかれますよね、この声は。



4. z-zz ★★ (2003-11-24 20:21:00)

黒夢発見!やはり同士はいた!!
清春の歌声は好き嫌いが分かれるのは分かりますけど、歌唱力は普通にすごいと思います。
綺麗な声も激しい声も最高です。




5. 白狐 ★★ (2003-12-05 18:27:00)

☆確かに清春さんは喉強いですね~。
黒夢って、ジャンル分けが出来なさそうなバンドですよね。
ロックでもパンクでもないような…、黒夢は黒夢だ!みたいな。
人まねじゃない、流行りなんかクソくらえ!って、独自の道を進んでる感じでその姿勢が好きです。




6. ふく ★★ (2004-01-19 03:20:00)

清春の声は、最初は大嫌いでした。
黒夢はそのころ数多くいたビジュアル系の中の一つで薄っぺらいバンド、そんなイメージで見てました。
自分の中では、X以降、洋楽しか聴かなくなり、日本のロックシーンも終わったな・・なんて思ってましたので。
ところが、HIDEのトリビュートアルバムでの清原の歌声を聞いて驚きました。
本家HIDEよりかっこいい・・・。
たまたまブックオフで黒夢のベストアルバムが250円だったので買ってみたところ・・・けっこうかっこいい!
何よりバックの演奏がめちゃめちゃかっこいいぞ!
清春の声も全く抵抗なく、むしろ色っぽく感じる!
というように、昔の私のように深く聴いてない人には清春の声は受け付けないのでしょうね。
特に、腹式呼吸で歌いきるメタルリスナーには、「色気づいた気持ち悪い歌い方するヤツ」としか感じられず、なかなか抵抗を感じると思います。
うまい下手はともかく、いったんハマると何とも味わい深い歌い方ですよ。




7. samus ★★ (2004-01-29 12:55:00)

清春の歌はうまいですよ。あの声がいいです



8. Ailen ★★ (2004-08-02 13:31:00)

人によっては巧いが、声楽的には下手。



9. el ★★ (2004-10-26 12:19:00)


"上手い下手で語るならオペラでも聴いていればいい"
って何処かのアーティストのとこで誰かが言っていたのを思い出しました。
確かにロックに技量云々、上手さを求める事自体が大間違いで
どうあがいてもテクではジャズには適わないし、ロックでそれを談義する事自体が無意味である気がします。
要は個性、センス、熱を感じ取る事が出来ればロックとしては合格なんじゃないのでしょうか?
そういう意味では清春は優れたヴォーカリストであると同時に優れたパフォーマーだと思いますよ。
あとは好みの問題。僕は彼の声質が好きですがコレを生理的に受け付けない人だって当然いる。
こればっかりはしょうがない。




10. ゆりと ★★ (2004-12-16 02:34:00)

ガーゴイルとか関連着けしましょうよー
CORCSCREWのドラムめさめさかっこええ。
清春の曲はどれも歌うのがやたらしんどいです。



11. kamito ★★ (2005-06-04 23:06:00)

ヴォーカルとはロックだけでなく様々な意味での場合『表現者』ですよ。



12. 野崎 ★★ (2005-10-23 22:59:00)

中三の最初の頃、友達にSADSの「TOKYO」を貸され、音楽に全く触れてなかったためか良くわからず
何も感じないまま返し、しばらくして黒夢を薦められ、そこの記憶があやふやなんですが
いつのまにかドップリはまってしまってました。それまで音楽に興味の無かった自分に
自ら進んで音楽に近づかせた最初のグループ。最近はそんなに聴きませんが、やはり根源。いつ聴いても落ち着きます。




13. いちごだいふく ★★ (2006-01-07 20:54:00)

なんだかんだでいまだに聞いちゃうんだよなぁ、黒夢。
なんでだろう。 何があるんだろう。
テクニックは海外のバンドには全然かなわないし、メロディだって単調なものや俗に言う「売れ線」なものが多い気もする。
ボーカルだって超絶ハイトーンが響いてるわけでもない。
ジャンルわけも出来ない。 ごちゃ混ぜ。
でもその混沌としたごちゃ混ぜ感の中に、別段うまくはないが十分個性的な二人が、若さと勢いだけで突っ走って出来上がった数々の楽曲。

そこにあるのは、奇跡的な「バランス」。

黒夢の曲をカバー出来る人ってきっと現れないと思う。
彼らがあの時代の中で繰り出してきた楽曲はどれも奇跡的なバランスで「黒夢」を構築していた。
その危うさ、危うさ故の美しさ、「完璧じゃないという完璧」が、いまだに僕が魅かれる理由なんじゃないかと思う。
当時中学生、僕が黒夢を知ったときにはすでにSADSも解散していて、ちょうど清春が「EMILY」を売り出すところだった。
それでも、僕は「思春期」と呼ばれる時期に黒夢の楽曲に出会えて、本当によかった。

僕は音楽をやっている人間ではないけれど、
僕という人間の核には、確かに黒夢がある。



14. 覇王信長 ★★ (2006-10-27 23:51:00)

清春の歌い方好きだけどなぁ、独特でいい
シャープ気味なところが特にw



15. はいどん ★★ (2007-08-23 12:23:00)

清春さんの歌い方は好きです。
でも、黒夢の曲ってハード性にかけるんで
俺からしたらサビをもっと盛り上げるよう
な感じにしたらかっこいいと思うし、バラ
ード結構強いんじゃないかなと思います。



16. Nakachik/UP ★★ (2008-09-19 11:53:00)

清春ってどんな人?
キャラがいまいち分からないんです。



17. パックスロマーナ ★★ (2008-10-31 19:02:00)

黒夢一夜限りの復活ライブ決定!
人時は参加だろうが、臣は来るのだろうか?
初期(インディー時代)中心のセットリストを期待したい。
「親愛なるデスマスク」や「中絶」とかやってくれるのだろうか?
情報を請う!



18. カットタン ★★ (2008-11-01 18:57:00)

復活!!そして正式に解散・・・・
止まっていた時がほんの少し動いて凍結する
メタル愛聴の傍らで清春ファンを続けている自分にとって驚喜と寂しさを同時に感じる話です
CORKSCREW A GO GOの名前を見ただけでも10年前が鮮明に思い出せます
死んでも行きたいライブ。チケット取れるかな・・・
普段のライブが長い清春さんなれば一晩中やってくれても構わない




19. ぐったん ★★ (2008-11-02 03:06:00)

まさかの一夜限りの復活ライブ!!
正直、黒夢としての清春・人時はもう二度と見られないと思っていました。
フェミニズムを引っさげたライブを見て以来、心底惚れぬいたバンドでした。
あの頃、年を重ねるごとに凄まじさを増したライブは、本当に他の追随を許さなかったと思います。
突然の解散後、もう一度、あの二人を見れるなら死んでもいいと思える時期がありました。
10年の時間はその想いを風化させてしまっていたけれど、復活のNEWSを
聞いてから、いてもたってもいられません。
絶対、チケット取って解散を見届けるぞ!!



20. NK ★★ (2008-11-05 21:46:00)

一夜限りとはいえ復活とはまさかですね!!!
黒夢は既に過去のものだみたいな発言が多かったので。
話を持ちかけたのは人時さんだそうです。
彼はやり続けたかったそうですが、清春さんは「これを機会に黒夢に区切りを付けたい」と。
チケット、取れるかなぁ・・・。いくら武道館とはいえ。




21. NK ★★ (2009-01-01 16:07:00)

清春さんのテンションの低さがちょっと心配。
人時さんとファンのため、って感じがする。




22. shuffle ★★ (2009-01-27 02:44:00)

いや、そうでもないでしょう。
清春はシャイだからノリ気でも見せないんだよ。
活動中止早すぎたよね、だからこそカッコイイんだけどね。



23. POSE ★★ (2009-02-05 23:17:00)

チケット取れなかった(涙)ていうか取れたとしても忙しくて行けない。
残念だったな。てか大好きな黒夢がこれでもう二度と見れないって言うのが悔しい。



24. 人間 ★★ (2010-01-29 21:57:00)

解散ライブから丁度一年で復活のアナウンスが!?
ビックリしました。



25. N男 ★★ (2010-05-03 21:07:00)

黒夢、SADS、ソロ全てで活動。
期待より心配の方がでかいな。




26. 朱雲 (2010-11-19 23:05:46)

最近は全く聴かないけど、高校の頃によく聴いた。

ちゃらちゃらしているように見えるが、
意外にもリフ主体なところが好感が持てる。




27. めあ ★★★ (2011-08-09 12:12:33)

独自の道を突き進む。
キチガイといわれようが関係ない。
そんな清春の姿勢にあこがれた人もたくさん居る。
賛否両論巻き起こすのが清春であり、黒夢。
だからかっこいいんです。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示